表示領域を拡大する
お化け(かぼちゃ)の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
お化けその道で長年仕事をしてきた功績の大きい人お化けその道で長年仕事をしてきた功績の大きい人  (政界の)怪物 ・  ・ (財界の)巨頭 ・ 巨匠 ・ 雲上人 ・ 巨星 ・ (特定分野の)オーソリティー ・ 君臨(する) ・ 睨みを利かせる ・ (財界の)大立て者 ・ (最高)実力者 ・ 存在感がある ・ 有力者 ・ (最)長老 ・ (政界の)大物 ・ 文豪 ・ 重鎮 ・ (芸能界の)大先輩 ・ 大御所 ・ 清濁あわせ呑む(人物) ・ (財界の)大どころ(が集まる) ・ (〜から)神様と崇められる ・ 権臣 ・ (~界における)ゴッドファーザー ・ 大成(する) ・ 大(政治家) ・ 第一人者 ・ (建築学の)大家たいか ・ (日本画の)老大家 ・ 揺るぎない地位(にある) ・ (政界の)OB ・ (日本画で)一家をなした(人物) ・ ビッグネーム ・ 重職にある ・ 元老 ・ 一大勢力を持つ ・ 御大おんたい ・ 傑人 ・ 怪傑 ・ ただ者でない(人物) ・ 底の知れない(人物) ・ 男の中の男 ・ メジャー(リーガー) ・ 傑士 ・ 学匠 ・ (柔道部の)猛者 ・ 逸材 ・ 出来物 ・ (相撲界の)大樹 ・ 人物 ・ 茶聖 ・ 楽聖 ・ 詩聖 ・ カリスマ(美容師) ・ 哲人 ・ 雲の上の存在 ・ 目明き ・ 天下(の)(大泥棒) ・ 逸足 ・ 高僧 ・ (日本ジャズ界の)至宝 ・ 適格者 ・ 良材 ・ 人間国宝 ・ 無形文化財 ・ (文壇の)大御所 ・ 神わざと言うしかない ・ 指折り(の選手) ・ エリート ・ 人傑 ・ (メタル界の)巨頭 ・ 国士 ・ 偉人 ・ らつ腕家 ・ (日本彫刻界の)最高峰 ・ 大物 ・ 大した(人物) ・ 呑舟の魚 ・ ヒーロー ・ スケールが大きい ・ 勢力家 ・ 立志伝中の人 ・ 優秀 ・ 周りから一目置かれる存在 ・ (優勝候補の)最右翼 ・ (政界の)ドン ・ できる男 ・ 一人物 ・  ・ 腕利き(のシェフ) ・ 文句のない ・ 度量が大きい ・ 多士 ・ (日本画の)大家たいか ・ スーパーマン ・ 不世出(の天才) ・ 生き神(様) ・ 誰もが認める ・ 押しも押されもしない ・ 偉い(人) ・ (実に)立派(な)(人物) ・ 女傑 ・ すばらしい(人材) ・ 貢献者 ・ 名流 ・ 数々の伝説を身にまとう(男) ・ 偉物 ・ 霊長 ・ 開拓者 ・ オーラ(がある) ・ 雰囲気がある ・ (王者の)風格(がある) ・ (腕前は)師範級 ・ ソフトパワーに秀でる ・ (職人は)国の宝 ・ (雑魚の)とと(交じり) ・ 自省力を備える ・ (画)仙 ・ 適材 ・ 著名人 ・ 聖人君子 ・ 先駆者 ・ 途方もない(人物) ・ 才能豊か(な)(人) ・ 得がたい(人材) ・ 並外れた(才能) ・ (ロック界の)レジェンド ・ 大人君子 ・ (明治の)元勲 ・ 大器(晩成) ・ 超一流 ・ 一流中の一流 ・ その道を極めた(人) ・ 人材 ・ 存在感のある ・ 重量感のある(作家) ・ ヘビー級(の作家) ・ 重量級(の議員) ・ 名家 ・ 傑物 ・ 非凡(な才能)(の持ち主) ・ 神格的人物 ・ 最高(の指導者) ・ 実力者 ・ 抗し難い(オーラ) ・ 心が広い ・ 手腕家 ・ (後人の)師表(となる) ・ 偉大(な人) ・ スーパースター ・ 先哲 ・ 秀才 ・ 俊傑 ・ 大(芸術家) ・ 超人 ・ (政界の)ゆう ・ (財界の)巨人 ・ (知の)巨岩 ・ 優れた人物 ・ (頭脳的に)優れる ・ 天才 ・ 大いなる(存在) ・ (画壇の中で)異彩を放つ(新人) ・ 優等生 ・ 大衆を支配する ・ 俊秀 ・ 偉い人 ・ ひとかど(の人物) ・ 名だたる(学者) ・ 名人 ・ 大(作曲家) ・ (斯界の)名士 ・ (医学界の)権威 ・ 異才 ・ (画)聖 ・ 成功者 ・ (彼が加勢すれば)百人力(だ) ・ (世界でも)第一級(の製作者) ・ 有能 ・ 大人物 ・ 偉材 ・ (日本の)(歴史上に)燦然と輝く(武将) ・ 実力派(の俳優) ・ ベテラン ・ 諸家 ・ オーソリティー ・ 経験を積んだ(技術者) ・ 名工 ・ (文)豪 ・ 経験豊富 ・ (その道の)権威 ・ 権威ある(先生) ・ (学界の)泰斗たいと ・ 年の功 ・ 練達(の士) ・ 名うて(の剣客) ・ 名手 ・ 大家 ・ 妙手 ・ 巧者 ・ 手だれ(の交渉人) ・ 古強者ふるつわもの ・ いぶし銀(のゴルファー) ・ 老練家 ・ (その道にかけては)剛の者(だ) ・ 古豪 ・ 達人 ・ 巧手 ・ 耆宿 ・ 名匠 ・ 耳うるさい(オーディオマニア) ・ 熟達(している) ・ (ホームベーカリーの)魔術師 ・ 職人 ・ 職人技 ・ 手だれ(の剣客) ・ 敏腕家 ・ (ソフトボール界の)イチロー ・ 専門家 ・ 知る人ぞ知る ・ (野菜)ソムリエ ・ 優秀(な左官工) ・ 日本のピカソ(と呼ばれる) ・ 腕のいい(コック) ・ 技能(工) ・ 免許皆伝 ・ 老巧 ・ 頑固一徹(の職人) ・ 安定している ・ 商売人 ・ 経験豊か(な)(講師) ・ (会社の)稼ぎ頭 ・ 神の手を持つ(外科医) ・ ゴッドハンド(の整体師) ・ 練達(の△士[医師]) ・ 芸達者 ・ 技巧派 ・ 業師 ・ したたかな(△商売人[交渉人]) ・ (ピアノの)貴公子 ・ 高度な技能を備える ・ 利け者 ・ 優れた技量を持つ ・ 能力が高い ・ 切れ者 ・ (フランス料理界)の巨人 ・ (ジャズ)ジャイアント ・ 専業(作家) ・ 実力のある(選手) ・ (その道の)プロ ・ 目の肥えた(消費者) ・ 経験豊か(な)(整備スタッフ) ・ 腕達者 ・ プロフェッショナル ・ エキスパート ・ 仕事熱心 ・ 技術のある(会社) ・ 熟練(工) ・ 腕利き ・ 腕っこき ・ (車に)こだわる ・ 手利き ・ 腕自慢(の料理人) ・ (一流の)腕を誇る(シェフ) ・ 腕に自信のある(技術者) ・ 仕事師 ・ 本物(の職人) ・ セミプロ ・ 研究者 ・ 遣り手 ・ オタク ・ 力量のある(作家) ・ 有段者 ・ ベテラン(の域に達する) ・ (バイオリンの)名手 ・ 名取り ・ 玄人 ・ 真打ち ・ トリ ・ 最後を締めくくる ・ 主宰(者) ・ (部落の)重立ち ・ (暗黒街の)帝王 ・ (署名活動の)音頭取り ・ 主柱 ・ (財界の)天皇 ・ 主席(顧問) ・ 筆頭(株主) ・ (部族の)首長 ・ たばね役 ・ (部落の)総代 ・ 集団を率いる ・ (バンド)マスター ・ 指導者 ・ (絶対)支配者 ・ (最高)指揮官 ・ (国家の)柱石ちゅうせき ・ ボス ・ (一番)偉い(人) ・ (民主化運動の)中心人物 ・ (お)かしら ・ (最高)責任者 ・ 親玉 ・ 代表(者) ・ 代表格 ・ 長老 ・ (経済界の)大物 ・ (序列の)トップ ・ リーダー ・ (最)有力者 ・ 全体を取りまとめる ・ 天下の存在 ・ (派閥の)領袖りょうしゅう ・ (一国一城の)あるじ ・ ヘッド(コーチ) ・ 酋長しゅうちょう ・ 統領 ・ 統率者 ・ (暗黒街の)顔役 ・ 権力者 ・ ちょう ・ (村の)おさ
お化け悪さをする魂お化け悪さをする魂  悪しき霊 ・ 妖気 ・ 邪気 ・ (不気味な)影 ・ 邪霊 ・ 幽鬼 ・ 亡者 ・ もののけ ・ 怨霊 ・ 死霊 ・ 悪鬼 ・ 化け物 ・ 生き霊 ・ 災いをもたらす ・ 悪魔 ・ 亡魂 ・ デーモン ・ 亡霊 ・ ゾンビ ・ 悪霊 ・ 動物霊 ・ 憑き物 ・ 災いをなす ・ 憑依霊 ・ (この世に)未練を残す ・ 浮遊霊 ・ 死霊しりょう ・ (死者の)恨み ・ (落ち武者の)怨霊おんりょう ・ 安らかに眠れない(彼我ひがさかいを)さまよう ・ (ファラオの)呪い ・ この世に迷い出る ・ 化けて出る ・ 亡者となる ・ 執念深い ・ 霊が迷う ・ 貞子 ・ 伽耶子 ・ 成仏できない ・ 恨みを飲んで(死ぬ) ・ たたり ・ 恨みを残す ・ 恨めしい ・ 無念(の死) ・ 無駄死に(する) ・ 犬死に(する) ・ 怨念(を残す) ・ (死して)浮かばれない ・ 幽霊 ・ 地縛霊 ・ もののけ(と化す) ・ (故人の)魂が迷う ・ 不知火 ・ 怪火 ・ 燐火 ・ 火の玉 ・ きつね火 ・ きつねの嫁入り ・ 鬼火 ・ 青白い火の玉 ・ 陰火 ・ 人魂 ・  ・ (死者の)魂 ・ 超常的存在 ・ 超自然的存在 ・ 精霊 ・ (死者の)霊 ・ 魂魄 ・ 死者 ・ 新仏 ・ 心霊 ・  ・ 霊魂 ・ 幽魂
お化け人間離れした異様なもの(化け物)お化け人間離れした異様なもの(化け物)  妖術使い ・ モンスター ・ 鬼ばば ・ 百鬼(夜行) ・ 化け物 ・ 妖怪変化 ・ 変化 ・ 妖怪 ・ 怪物 ・ 妖婆 ・ 魔女 ・  ・ 幻妖 ・ 邪鬼 ・ 魔物 ・ ドラキュラ ・ 怪しげな姿 ・ ヌエ ・ 魑魅魍魎 ・ 想像上の生き物 ・ 正体が分からない ・ 人食い鬼 ・ 食人鬼 ・ 怪異 ・ もののけ ・ 不気味な姿(の) ・ 人間でない ・  ・ ゾンビ ・ エイリアン ・ 幽鬼 ・ あやかし ・ 魑魅 ・ グール ・ 食屍鬼 ・ 他人を不幸にする顔 ・ フランケンシュタイン ・ 醜悪(な容貌) ・ 深海魚 ・ 負け組 ・  ・ 醜婦 ・ すべた ・ 不細工 ・ いびつ ・ 顔面偏差値35 ・ お亀 ・ グロテスク(な姿) ・ (周囲の)引き立て役 ・ 老醜(をさらす) ・ 仲間外れ(にする) ・ 不器量 ・ 下脹れ ・ (見た目が)恐ろしい ・ お岩さん ・ ブス ・ 冷遇(される) ・ パグ(みたいな顔) ・ 狆くしゃ ・ お多福 ・ 醜男ぶおとこ ・ 醜女ぶおんな ・ 醜女しゅうじょ ・ モンスター(と形容できる) ・ 顔面凶器 ・ 顔がゆがんでいる ・ みにくい ・  ・ 悪魔 ・ 妖魔 ・ 魔王 ・ 魔界の帝王 ・ デビル ・ サタン ・ 恐ろしい魔力を持つ ・ 天魔 ・ デーモン ・ 人喰い鬼 ・ 天灯鬼 ・ 鬼神 ・ なまはげ ・ 悪鬼 ・ 風神 ・ 雷神 ・ 吸血鬼 ・ 餓鬼 ・ 般若 ・ 小鬼 ・ 羅刹 ・ 夜叉 ・ 呪神 ・ 竜灯鬼 ・ 赤鬼 ・ 青鬼 ・ 修羅 ・ 屍鬼 ・ 鬼畜 ・ 鬼ばば(あ) ・ 鬼子 ・ 阿修羅 ・ 鬼子母神 ・ 恐ろしい顔 ・ 海坊主 ・ 入道 ・ 雪女 ・ イエティ ・ 雪男 ・ かっぱ ・ 河太郎 ・ 人魚 ・ 幽霊 ・ 山うば ・ やまんば ・ 骸骨男 ・ 人魂 ・ 座敷わらし ・ 一つ目小僧 ・ ろくろ首 ・ からかさ小僧 ・ 天狗 ・ 破れちょうちん ・ 小悪魔 ・ 宇宙人 ・ ET ・ 地球外生物 ・ 別の星の人 ・ 火星人 ・ 異星人 ・ ヴァンパイア ・ 妖女 ・ 魔法使い ・ 変形 ・ 奇形 ・ 異相 ・ 異形いけい ・ 異形いぎょう
お化け(かぼちゃ)正常でなくなるお化け(かぼちゃ)正常でなくなる  (条件の)悪化 ・ 珍しい ・ (極めて)まれ(な事態) ・ 自然でない ・ 異状 ・ 心霊現象 ・ 狂わす ・ 普通でない ・ 例外的(な事例) ・ 異常事態 ・ 尋常でない ・ (月経)不順 ・ 異常 ・ 変調 ・ 事故 ・ 不健全 ・ 齟齬(を生じる) ・ (計画に)狂い(が生じる) ・ 狂う ・ 正常でなくなる ・ (価値の)転倒 ・ 異例(のこと) ・ 天と地がひっくり返る(ような)(出来事) ・ 珍事(が起きる) ・ 違和 ・ 異変(が起きる) ・ 石が流れて木の葉が沈む ・ 変則事態 ・ つり合いを失う ・ 酒焼け ・ 酔態 ・ (酒で)悲しみを紛らす ・ 心地いい ・ 酔眼 ・ 麻酔 ・ (酔って)足を取られる ・ 酩酊感 ・ いい気分 ・ 客観的に自分を見られなくなる ・ 現実からの逃避 ・ 陶然 ・ いい心持ち(になる) ・ 酔っ払い(気分) ・ ひょろひょろ(歩く) ・ うっとり ・ 花見酒に酔う ・ 酔っ払う ・ たじたじ ・ 一杯機嫌 ・ 陶酔 ・ 酔い ・ 脳がしびれる ・ 酔う ・ (酔って)あられもない(姿) ・ 酔いしれる ・ (アルコールによる脳の)麻痺 ・ (つまづいて)こける ・ ひっくり返る ・ ひっくり返す ・ 押し倒す ・ 轢き倒す ・ ずでんどうと ・ スリップ ・ 尻餅(をつく) ・ 卒倒 ・ 昏倒 ・ ばたりと ・ なぎ伏せる ・ 寄り倒す ・ 切り伏せる ・ うっちゃる ・ 立っていられない ・ ぱったり ・ ばったり ・ 倒す ・ 蹴倒す ・ 横倒し ・ 突き倒す ・ ぶっ倒す ・ ぶちのめす ・ のめる ・ どっと ・ どうと ・ 倒伏 ・ つんのめる ・ 張り倒す ・ 転倒 ・ すてんと ・ 転げる ・ 突っ転ばす ・ (強風が稲を)なぎ倒す ・ 横転 ・ 転ばす ・ 踏み倒す ・ のめす ・ すってんころりと ・ 打ち倒す ・ 屏風倒し ・ 切り倒す ・ 倒れる ・ ダウン ・ 転ぶ ・ 引き倒す ・ 逆さま(にする) ・ 倒錯 ・ どんでん返し ・ でんぐり返る ・ 転覆 ・ 反転 ・ 裏返る ・ 天と地がひっくり返る ・ (船が)腹を見せる ・ かえ ・ 逆立ち(させる) ・ 裏返す ・ 寝返り(を打つ) ・ 驚天動地 ・ でんぐり返す ・ 跳ね返す ・ 覆す ・ 逆転 ・ 覆る ・ 翻る ・ 上を下へ(の大騒ぎ) ・ 逆になる ・ (大波が船体を)覆す ・ 翻す ・ 逆とんぼ(返り) ・ 偏倚 ・ 左傾 ・ 跛行はこう(状態) ・ 不公平 ・ 右傾 ・ (均衡が)破れる ・ 偏見に満ちる ・ 一面的(議論) ・ 傾く ・ 不均衡 ・ 釣り合いを失う ・ 偏る ・ 偏する ・ バランスを欠く ・ 片寄る ・ 偏向 ・ 僻する ・ 傾向 ・ (ますます)結論から遠ざかる ・ ずれる ・ ずれが生じる ・ (本論から)離れる ・ (道から)はみ出す ・ 変則的(なやり方) ・ 異例のこと ・ (ルートを)間違う ・ 反則(行為) ・ (話が)“脱線”する ・ 逸する ・ (道筋から)それる ・ (計画に)齟齬(をきたす) ・ (予定が)ずれ込む ・ (庶民感情から)遊離(した政策) ・ 狂い ・ 問題行動 ・ (話が)飛ぶ ・ (デザインが私の)趣味に反する ・ (脇道へ)それる ・ そらす ・ (規定路線を)踏み外す ・ (△ルール[一般常識]と)一致しない ・ 逸脱 ・ (迷路に)入り込む ・ 脱線 ・ (話が)もつれる ・ あらぬ方向に進む ・ (△ぬかるみ[迷路]に)はまり込む ・ ゆがみ(が生じる) ・ (本筋から)外れる ・ (△頭[精神]が)おかしくなる ・ 気が違う ・ 危ない(印象) ・ プッツン(△する[女優]) ・ (精神の)歯車が狂う ・ 発狂 ・ 目が血走っている ・ 気違い(じみたことをする) ・ 気違い沙汰 ・ まともでない ・ まともでなくなる ・ はちゃめちゃ(な人生) ・ 中二病 ・ 人が変わる ・ 精神異常 ・ 狂気(にとり憑かれた)(殺人者) ・ 狂気をはらんだ表情 ・ 乱心(する) ・ (思わぬ行動に)腰が引ける ・ バカになる ・ 陰湿(ないじめ) ・ 精神を損なう ・ 奇行(が目立つ) ・ 異様な(言動) ・ 精神が崩壊する ・ 人格障害 ・ 気が触れる ・ 気が触れた(人間) ・ 狂れる ・ 狂気(△を感じさせる[の沙汰]) ・ 狂気じみている ・ マッド(サイエンティスト) ・ のぼせる ・ 過激な(行動) ・ 陰惨(な事件) ・ 奇矯(な振る舞い) ・ 怪(女優) ・ 狂っている ・ (精神に)異常をきたす ・ 逆上 ・ 異常なほどの(執着) ・ (悪霊に)(取り)憑かれたような(家政婦) ・ (愛欲に)溺れる ・ 非常識な言動 ・ 惑乱 ・ 奇異(な行動) ・ 悩乱 ・ 偏執的(なファン) ・ 性格破綻(者) ・ (社会常識を)欠く ・ (精神の)ちょうつがいが外れる ・ 上ずる ・ 凄絶(な振る舞い) ・ 精神がおかしい ・ 乱心 ・ 瘋癲 ・ 猟奇的(犯罪) ・ (頭の)いかれた(人) ・ 精神のバランスを失う ・ 正気を失う ・ (気が)狂う ・ 頭が狂う ・ 血迷う ・ 取りのぼせる ・ 異常性格 ・ (頭の)ねじが飛ぶ ・ 気が変になる ・ △気[人間性]がおかしくなる ・ 目に鬼火を燃やす ・ 頭が変(になる) ・ (人格が)破壊される ・ 狂乱 ・ 不審 ・ 狂気をまとう ・ (精神に)変調をきたす ・ 怪異(な姿) ・ 良くない言動 ・ 頭がおかしい ・ 唾棄すべき(振る舞い) ・ (△頭[精神]が)いかれる ・ 卑劣(な犯行) ・ 得体が知れない ・ (精神が)正常でなくなる ・ サイコパス ・ 死刑囚 ・ すさまじい(形相) ・ 変な言動 ・ 常軌を逸する ・ (美人を前に)おどおど(する) ・ 頭に血が上る ・ (気持ちが)上ずる ・ (無駄に)力む ・ 緊張 ・ 縮み上がる ・ 人見知り(する) ・ 冷静さを失う ・ 冷静でない ・ (雰囲気に)押される ・ しびれる ・ ガチガチ(になる) ・ カチカチ(になる) ・ 気後れする ・ (緊張のあまり)震える ・ 地に足がつかない ・ (ひどく)緊張する ・ (人前に出てすっかり)舞い上がる ・ 興奮する ・ 雰囲気に飲まれる ・ (心身が)こわばる ・ 落ち着きを失う ・ (気分が)落ち着かない ・ (気持ちに)落ち着きがない ・ ぎこちない(あいさつ) ・ (精神的)プレッシャーがかかる ・ (人前で)あがる ・ (本番の前で)上がる ・ (すっかり)のぼせる ・ (精神的に)萎縮する ・ 平常心を失う ・ こちこち(になる) ・ (頭の中が)まっ白になる ・ (頭の中が)空白になる ・ (心の)動揺 ・ (経済界が)色めき立つ ・ (平静を装いながら)心の中は嵐 ・ (求刑に)身じろぎ(する) ・ (大臣の発言が)物議を醸す ・ (周辺が)ざわつく ・ 極限的な状態に達する ・ (新サービスが旧態依然の業界に)波紋を投げかける ・ さざ波が立つ ・ 冷静さも吹っ飛ぶ ・ (的確な)判断力を失う ・ 平静(さ)を失う ・ 神妙(な面持ち) ・ (自分の)鼓動が聞こえる ・ 口が乾く ・ 締める ・ (身が)締まる(思い) ・ (ほほが)こわばる ・ しゃちほこ張って(お辞儀をする) ・ (どうなることかと)声をのむ ・ 声をのんで(成り行きを見守る) ・ 緊張が走る ・ (気持ちの)ねじが締まる ・ (緊張で)硬くなる ・ 余計な力が入る ・ (指先に)神経を集中させる ・ (たるんでいる)ねじが締まってくる ・ ひりつく(ような感覚) ・ ひりひり(とした)(時間を過ごす) ・ 眉間にしわを寄せる ・ 拳を強く握る ・ 身のすくむ思い ・ (だらけているのを)締めつける ・ 固唾をのむ ・ 顔つきが変わる ・ 緊張(する) ・ (緊張するのは)真剣(に向き合っている証拠) ・ (神経を)張り詰める ・ (緊張して)汗をかく ・ 冷や汗(をかく) ・ 息詰まる ・ 息を凝らす ・ 凛々しい ・ 息が抜けない ・ (心が)引き締まる ・ (気を)引き締める ・ 息が詰まる(ほどの緊張) ・ 気が張る ・ (いつもと)違う ・ 死にざま ・ 異常(な)現象 ・ 別状 ・ 非常事態(発生) ・ 変態 ・ 異変(が生じる) ・ 症状(が出る) ・ ただごとではない ・ モンスター化 ・ 論外 ・ 乱調子 ・ 激しい ・ 特殊(な環境) ・ 醜態 ・ 不規則 ・ (調子が)おかしい ・ 普通の状態と違う ・ 醜状 ・ 変わり ・ (普通ではなくて)(どこか)変わったところがある ・ 奇態 ・ 弊害 ・ 窮状 ・ ただならない(状況) ・ 過度 ・ 惨状 ・ アブノーマル ・ やばい(状況) ・ 変則的 ・ 正常な状態が失われている ・ 怪異 ・ 別条(はない) ・ 不自然
お化け霊の仕業と考えられる現象(怪奇現象)お化け霊の仕業と考えられる現象(怪奇現象)  怪奇現象 ・ ポルターガイスト ・ あやかし ・ ひとりでに(戸が開く) ・ 心霊現象 ・ 異様な(出来事) ・ 超常現象 ・ 生き霊 ・ 憑依霊 ・ 憑き物 ・ もののけ ・ 死霊 ・ 災いをなす ・ 動物霊
お化け奇怪な姿の人物お化け奇怪な姿の人物  奇怪な姿 ・ 化け物 ・ 悪趣味(なタレント) ・ 怖いもの(見たさ) ・ キワモノ(芸能人) ・ ゲテモノ(タレント) ・ (様子が)おかしい ・ 腹に一物ありそう(な)(人物) ・ 一癖ありげ(な)(人物) ・ 怪女 ・ 油断のならない ・ (芸能界の)怪人 ・ キモイ ・ 腹の底の知れない(人物) ・ 見覚えのない(人物) ・ 身元不明(の人物) ・ 謎に包まれた(過去) ・ いわれも知らぬ者 ・ 清濁あわせ呑む(政治家) ・ ひと筋縄ではいかない ・ 不明の部分が多い ・ 要注意人物 ・ うろん(な者) ・ うさんくさい(人) ・ 謎めいた(女) ・ 謎の人物 ・ 悪徳(医) ・ ただ者ではない ・ 何を考えているか分からない ・ 茫洋(とした)(人物) ・ (よく)分からない(人物) ・ 油断のならない(相手) ・ 三文弁護士 ・ 見慣れない(男) ・ (どこの)馬の骨(か分からない) ・ とかくの噂のある(人物) ・ 正体不明(の人物) ・ いかがわしい(手合い) ・ 不審(な動き) ・ 知らない(顔) ・ 胸に一物ありそう ・ 不気味(な人物) ・ (昭和の)妖怪(と呼ばれる) ・ (どこか)薄気味(が)悪い ・ 勿体顔 ・ 訳あり(の美女) ・ 下心を持つ ・ ヌエ(△のような人[的存在]) ・ 見知らぬ(人物) ・ 曰くありげ(な人物) ・ つかみどころのない(人物) ・ 信用できない ・ 食わせ者 ・ うかがい知れない(思惑) ・ ひと癖ありそう ・ 怪人物 ・ 怪しげ(な男) ・ 得体の知れない(男) ・ 素性の知れない(人間) ・ 素性の分からない ・ 素性不明 ・ 企みを隠した(手合い) ・ 魑魅魍魎ちみもうりょう(が跋扈する政治の世界) ・ 自己顕示的(な人物) ・ 不信感がある
お化け(未分類)お化け(未分類)  ゴースト ・ お化け ・ 化身 ・ 食い物にする ・ 妖鬼 ・ メデューサ ・ 化生 ・ 生まれ変わりとしての化け物 ・ 生き血をすする魔物 ・ 怪獣 ・ ヒモ ・ 土の精 ・ 地の精 ・ 身代わり ・ 霊気 ・  ・ 妖精 ・ スピリット ・ 霊力 ・  ・ 釣り天狗天狗 ・ 大天狗 ・ キョンシー ・ 醜い ・ 戦闘マシーン ・ 魔獣 ・ 吸血動物 ・ ジャガーノート ・ 魔性 ・ 忍び寄る影 ・ 不気味な気配 ・ 人にとりつく ・ 鬼気迫る ・ 化け猫 ・ 野獣 ・ コントロール不能 ・ ゴルゴン ・ デモン ・ 生き返った死人 ・ 鬼女 ・ ミイラ ・ ファントム ・  ・ 守護神 ・ 水の精 ・ 精気 ・ エーテル ・ 花の精 ・ 森の精 ・ 火の精 ・ コートの中には魔物が住む ・ カラス天狗 ・ ドラゴン ・ 猛女 ・ 猛獣 ・ 魔神 ・ 悪趣味な ・ 生き返ったミイラ ・ 操られる死体 ・ 山姥 ・ 得体の知れない ・ スペクター ・ お化ける ・ おばけ ・ ばけもの ・ ばけ物 ・ つき物 ・ 山男 ・ 妖異 ・ 御化け ・ モンスタ ・ 化けもの ・ 化物 ・ 狐狸妖怪 ・ 化けもん ・ スフィンクス ・ 架空の動物 ・ スペクタ ・ monster ・ ろくろっ首 ・ 雷獣 ・ 妖怪へんげ ・ よう怪変化 ・ 三つ目小僧 ・ ウイッチ ・ フライングウイッチ ・ よう怪 ・ つきもの ・ 付物 ・ 物のけ ・ ノッペラボー ・ ずんべらぼう ・ スポーツマン ・ 登山家 ・ なぞ ・ ミステリー ・  ・ 不可思議 ・ ミステリ ・ ミステリアス ・ 怪しい ・ 御霊 ・ 精魂 ・ み霊 ・ 幽霊船 ・ よう鬼 ・ リン火 ・ ひとだま ・ ちみもうりょう ・ ルシファ ・ 魔鬼 ・ ルシファー ・ メフィストフェレス
キーワードをランダムでピックアップ
明るむ霧雨片輪交点納骨面と向かって油脂野砲すすり泣くしっかりすり臼上手い処世術選択肢が限られる驚くばかり選手の層が厚い傲慢な鼻をひしぐ提案をスルーする環境との相互作用から頭はただの飾りか
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. お化けその道で長年仕事をしてきた功績の大きい人
  2. お化け悪さをする魂
  3. お化け人間離れした異様なもの(化け物)
  4. お化け(かぼちゃ)正常でなくなる
  5. お化け霊の仕業と考えられる現象(怪奇現象)
  6. お化け奇怪な姿の人物
  7. お化け(未分類)