ちりぢりの類語、関連語、連想される言葉
ちりぢりの類語、関連語、連想される言葉
半狂乱で ・ 気も狂わんばかり ・ 気持ちを乱す ・ 興奮状態 ・ 心が騒ぐ ・ 泣きじゃくる ・ 取り乱す ・  ・ 整理ができていない ・ 揺さぶられる ・ 浮足立つ ・ ちりぢり ・ 支離滅裂 ・ 動揺 ・ 気が転倒する ・ 興奮 ・ こんがらかる ・ 収拾がつかない ・ 入り交じる ・ 暴れる ・ 自分を見失う ・ 半狂乱になって ・ 交錯する ・ 惑乱する ・ 揺れる ・ 物狂おしい ・ 愁嘆場 ・ 脳乱する ・ 迷う ・ 泣き叫ぶ ・ ただならぬ ・ 不安にかられる ・ 興奮する ・ 落ち着きを失う ・ 身も世もなく ・ ヒステリックに ・ 錯乱する ・ 身もだえする ・ 狂ったように ・ 理性を失う ・ 逆上する ・ 荒れる ・ 思い悩む ・ 惑う ・ 混乱する ・ 堂々めぐり ・ 茫然とする ・ 千々に乱れる ・ 整理がつかない ・ こまごました ・ 断面 ・ 断章 ・ 小片 ・ 思い出の1ページ ・ あれこれ ・ 嘆き ・ せつない ・ 愁嘆 ・  ・ 失意 ・ 慟哭 ・ 憂い ・ 悲嘆 ・ 嘆き節 ・ 詠嘆 ・ 苦しみ ・ 断腸の思い ・ くよくよする ・ はり裂けんばかり ・ うしろめたい ・ 安定しない ・ ただならない ・ 心乱れる ・ 心がざわめく ・ 穏やかでない ・ 悶々とする ・ 乱れる ・ 悩む ・ 狂乱的な ・ 狂的な ・ あわてる ・ 情念の渦巻く ・ 恋い焦がれる ・ もの狂おしい ・ いじいじと思い悩む ・ かき乱される ・ 神経をすり減らす ・ 平静さを失う ・ 心が千々に乱れる ・ 動転する ・ 慌てふためく ・ 憑かれたように ・ 乱される ・ 気迷い ・ パニックを起こす ・ へどもどする ・ 異常な ・ 冷静さを失う ・ うじうじと ・ 頭を悩ます ・ 気分が塞ぐ ・ 幻覚による ・ あさましい姿をさらす ・ 思い迷う ・ 激しい ・ 鬱々とする ・ さざ波が立つ ・ 胸がいっぱい ・ 眉間にしわを寄せる ・ もみくちゃになる ・ 思いが交錯する ・ 思いわずらう ・ つらい ・ 悲嘆にくれる ・ 気持ちが千々に乱れる ・ 苦悩する ・ 張り裂けるような ・ 胸がしぼられるような ・ 嘆く ・ 乱心 ・ 惑乱 ・ 泣く ・ 胸を締めつけられる ・ 思い乱れる ・ 錯乱状態 ・ 動転 ・ 混同する ・ 錯乱 ・ 混乱 ・ まだら模様 ・ 逆上 ・ 困惑する ・ 一喜一憂する ・ クラクラッとする ・ 血迷う ・ 引きつらす ・ 狂おしい ・ 狂乱状態 ・ 嘆き悲しむ ・ 取り憑かれる ・ 我を忘れる ・ 半狂乱になる ・ 恐慌状態 ・ オロオロする ・ 泣き崩れる ・  ・ 狂う ・ 収まりがつかない ・ 途方に暮れる ・ どうしていいか分からない ・ ふん切りがつかない ・ 藻屑 ・ 断簡 ・ 断片 ・ 一場面 ・ 断編 ・ ひとコマ ・ 一断面 ・ 恨み節 ・ 落胆 ・ 悲しみ ・ 悲憤 ・ ぼやき ・ 繰り言 ・ 痛哭 ・ 嘆息 ・ 憤り ・ 悲泣の心 ・ 精神衛生上よくない ・ 胸が千々に乱れる ・ 不安 ・ 神経質になる ・ 気にやむ ・ 身の細る思い ・ 落ち着かない思い ・ 疚しい ・ うろたえる ・ 思いが募る ・ 悩みをしょい込む ・ ままならない ・ 青くなる ・ 怒涛のように ・ 気に病む ・ 狼狽する ・ ふさぎ込む ・ 周章狼狽する ・ 惑いの心 ・ 悩みを抱え込む ・ 身を焦がす ・ 泡を食う ・ 熱狂的 ・ 気違いじみた ・ 考え込む ・ 気が狂いそう ・ 考え悩む ・ 現実の中でもがく ・ おたおたする ・ 醜態を演じる ・ 切ない ・ 難しい顔をする ・ ちりぢりの思い ・ 動揺する ・ 乱す ・ 狂態を演じる ・ 胸を焦がす ・ 焦がれる ・ 懊悩する ・ 掻きむしる ・ 胸をかきむしる ・ 心をかきむしる ・ 狂乱 ・ 脳乱 ・ ばらばら ・ 散り散り ・ 一家離散 ・ 別れわかれ ・ 別れ別れ ・ 津波てんでんこ ・ 散り散りばらばら ・ わかれわかれ ・ 離散 ・ 離ればなれ ・ 家族離散 ・ 離れ離れ ・ てんでんばらばら ・ ばら ・ 民族離散 ・ 散る ・ 別離 ・ 散ずる ・ 別れ
日本語WordNetによる、ちりぢりの類義語

意義素類語・同義語
範囲、面積または容積に点在する空間的または地理的な特性ばらつき配布乱離拡散散乱離散散りぢり別れ別れ散々乱離撒布散散ディストリビューション離れ離れ散り散り
統一されていないこと離れ離れ散り散り分離
キーワードをランダムでピックアップ
価額剰余明暮れ神経ブロック療法ホテル挙式トワリストユーの字状ラマダーンやぐら太鼓警戒的姿勢八坂移籍金相場独占禁止法適用免除カサノリ属屋外広告物法手を揉む頭の上の蠅も追われぬ気持ちの奥底が晴れない