表示領域を拡大する
ぬたくるの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
ぬたくる乱暴に書くぬたくる乱暴に書く  いたずら描き ・ 乱暴に書く ・ 戯書 ・ 粗削り(な原稿) ・ なぐり書き ・ 書き散らす ・ 落書き ・ (街角の)グラフィティ ・ 乱筆 ・ 書き捨てる ・ 書きなぐる ・ 下書き ・ 散らし書き ・ 書き流す ・ 筆に任せて書く ・ 走り書き ・ くずした文字 ・ メモ ・ 断簡零墨 ・ 思い切り(引っ張る) ・ 礼儀も作法も知らない ・ ワイルド(な音楽) ・ 野性的 ・ プリミティブ(な作風) ・ 迫力がある ・ 波乱(の生涯) ・ 暴力的(なキス) ・ 力任せ ・ 力ずく ・ 無謀(な運転) ・ 荒技師 ・ ラフ(プレー) ・ むんずと ・ 力強い ・ 剽悍 ・ 腕ずく ・ 大ざっぱ ・ ラフ ・ 手荒てあら(に扱う) ・ 手荒い(扱い) ・ 粗暴(な振る舞い) ・  ・ ばたん(とドアを閉める) ・ ぐっと ・ 勢いよく(キーボードを叩く) ・ 荒法師 ・ 繊細さがない ・ 狂ったように(踊る) ・  ・ 果敢(に攻める) ・ 悍馬かんば(のような若者) ・ 獅子奮迅(の活躍) ・ 強引(に開ける) ・ むずと ・ 乱暴(に扱う) ・ ヤクザまがい(の取り立て) ・ 腕力に訴える ・ ぐんと ・ 荒々しい ・ 荒々しく(ドアを閉める) ・ 激しく(踊る) ・ 荒っぽい ・ 鬼神のごとく(暴れる) ・ 荒い ・ 勢いだけ(の漫画) ・ いい加減(な作り) ・ 適当 ・ (設定の)穴(が目立つ脚本) ・ 大づかみ ・ 生硬(な訳文) ・ 硬い(文章) ・ 男性的(な大ざっぱさ) ・ (詰めが)甘い ・ 甘い(ボール) ・ 甘さ(が目立つ) ・ 未熟(な文章) ・ 大局的(な見方) ・ 神経が行き届かない ・ 大きな部分だけ扱う ・ ずさん(な仕事) ・ 大まか(に述べる) ・ (金銭に)無頓着 ・ (だらだらと長い)水っぽい(文章) ・ あらまし(片付いた) ・ 無造作(△に置く[な筆遣い]) ・ (やることが)粗雑 ・ (あえて)細部を省略する ・ 雑駁ざっぱく(な論文) ・ ちぐはぐ(な言動) ・ (いささか)乱暴(なまとめ方) ・ 大様おおよう(に深く追求しない) ・ (野菜を)ざくざく(に)(切る) ・ 粗め(に刻む) ・ 男っぽい(料理) ・ 豪快(な盛り付け) ・ 若書き(の作品) ・ 融通むげ ・ おおよそ ・ およそ ・ 大体(でいいよ) ・ 平均的(な市民) ・ ラフ(なスケッチ) ・ 丁寧でない ・ (時間に)ルーズ ・ 慎重でない ・ 欠点の多い ・ ま、いっか ・ 繊細さに欠ける ・ 乱雑(な書き方) ・ 野趣に富む(味) ・ 生のまま(味わう) ・ ごつい(印象) ・ アバウト(な議論) ・ ざっくり(とした話し合い) ・ 小事にこだわらない ・ 荒さ(が目立つ) ・ (やり方が)荒い ・ 粗い ・ 緻密でない ・ 雑(な仕事ぶり) ・ 荒木を利用した(宮居) ・ 無関心 ・ (細部に)とらわれない ・ 大筋では問題ない ・ 不備(がある) ・ こだわらない ・ 粗い(仕事ぶり) ・ 粗っぽい ・ 粗さが目立つ ・ 隙がある ・ 目分量 ・ 目の子(勘定) ・ (結果が)大味 ・ 筆をふるう ・  ・ 筆を走らせる ・ 揮毫 ・ 筆法 ・ 筆を執る ・ 文字を並べる ・ 謳う ・ (文字を)書く ・ 筆を染める ・ 書字 ・ 書き物 ・ 文章表現 ・ 執筆 ・ 叙する ・ 筆談 ・ 染筆 ・ 述べる ・ 書き表す ・ 書する
ぬたくる(未分類)ぬたくる(未分類)  のたうちまわる ・ ぬたくる ・ のたうつ ・ 輾転 ・ ぬたうつ ・ のたくる ・ 捩る ・ くねくねし ・ うねる ・ うねうねする ・ うねり ・ うねくる ・ くねくねする ・ うねくねする ・ くねり ・ くねる ・ 曲がりくねる ・ 交ぜ書き ・ 書き交ぜ ・ 下手な字や歌をかきつける
日本語WordNetによる、ぬたくるの類義語

意義素類語・同義語
ねじったり、よじったりして動くこと(特にもがいているとき)すじりもじる悶える身悶え身を捩らす身を捩る身悶のたくる身悶える身もだえ捻転
キーワードをランダムでピックアップ
有事凍みる底を叩くよくない行い純文学掃き捨てる徴集教養主義杓子薄口醤油ドラキュラ正社員公正でない誰もがそうだと判断する心臓バクバクと速くなるコテコテの関西人暖炉のそば冗談にことよせて変わらず~
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. ぬたくる乱暴に書く
  2. ぬたくる(未分類)