表示領域を拡大する
人心地の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
人心地平常の意識(正気しょうき人心地平常の意識(正気しょうき  正体 ・ 本性 ・ 確かな精神状態 ・ 人心 ・ △平常[正常]な意識 ・ 本心 ・ 正気 ・  ・ (酔いを)覚ます ・ 酔い覚め ・ 夜昼 ・ ずっと ・ 恒常 ・ 一年中 ・ 通年(営業) ・ 相変わらず ・ 平素 ・ 時無し ・ 欠かさず ・ 日頃 ・ 毎回 ・ 毎々 ・ 起き伏し ・ 日常(用いる道具) ・ 日常的(に) ・ 通常 ・ 経常 ・ 絶えず ・ 寝ても覚めても ・ 毎日 ・ 日々 ・ 明け暮れ ・ 明けても暮れても ・ 昼夜 ・  ・ 常に ・ 常住 ・ 不断 ・ 年がら年中 ・ 時(を)分かたず ・ 朝夕あさゆう ・ 朝夕ちょうせき ・ 休みなく ・ (お噂は)かねがね(伺っている) ・ 連続した ・ 常時 ・ 朝に晩に ・ 毎年 ・ 折に触れて(くり返される) ・ 随時 ・ 始終 ・ いっときも(離さない) ・ 間断なく ・ 平生 ・ いつも ・ (部活)漬け(の生活) ・ 毎度 ・ どんな時にも ・ 年百年中 ・ 片時も(忘れない) ・ 毎次 ・ 絶え間なく ・ 連日連夜 ・ 万年(補欠) ・ ぶっ通し(で) ・ 常々 ・ いつでも ・ 朝な夕な ・ しょっちゅう ・ 年中 ・ 常住坐臥 ・ 朝晩 ・ 日夜 ・ 昔から ・ 常日頃(主張している) ・ 旦夕 ・ 普段(テレビはあまり見ない) ・ 執念 ・ (固定)観念 ・ 意識を取り戻す ・ 魂(が抜ける) ・ (美しいと思う)心 ・ (美的)センス ・ 知的活動 ・ 起きている状態にある ・ 自意識 ・ (先代の)DNA(を受け継ぐ) ・ (研ぎ澄まされた)神経 ・ 心事 ・ 主観 ・ 我に返る ・ (今の瞬間に)意識を戻す ・ 意識(がある) ・ 物ごころ(がつく) ・ 五感(が働く) ・ 認識 ・ 物事に気が付いている ・ 思考力 ・ 正気(に戻る) ・ (夢が)覚める ・ 注意力(が散漫) ・ 気がつく ・ 精神活動 ・ 心理 ・ △自分の今ある状態[周囲の状況]が認識できる ・ (正常な)見当識 ・ 自我意識 ・ 意思 ・ 意地 ・ 知性 ・ 心象(風景) ・ 覚醒 ・ 自覚 ・ 理解 ・ 小宇宙 ・ 気つけ
人心地(未分類)人心地(未分類)  人心地 ・ ひとごこち ・ 人ごこち
日本語WordNetによる、人心地の類義語

意義素類語・同義語
快適もしくはほっとした状態(特に苦痛が除かれて楽になった後の)放心安堵楽になること安心心ゆるび心弛び心弛緩和
荷の重いことが除かれるか軽減した時に起こる感情安堵安心
キーワードをランダムでピックアップ
同輩雪片陰茎実技普通の生活に戻る作図異物を取り除く探勝抗日ゾンビ一家団らんマスプロダクション世界最強都会的なわきまえがない指示を出す思うままに動かす使い勝手がよく手放せない宗教家を賛美する干からびた思想
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. 人心地平常の意識(正気しょうき
  2. 人心地(未分類)