表示領域を拡大する
巧拙の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
巧拙上手じょうず巧拙上手じょうず  稀代(のピアニスト) ・ 無駄がない ・ 文句なし(の技能) ・ 八丁 ・ 小気味よく(料理する) ・ 器用(な) ・ 小器用 ・ 小手先がきく ・ (お主)やるな ・ 絶妙 ・ 神業 ・ 神に入る ・ 入神 ・ 神がかり的な(演奏) ・ テクニシャン ・ テクニックに優れる ・ 上級者 ・ 巧妙 ・ シャープな(頭脳) ・ 上手 ・ 手綺麗 ・ かっこよく(踊る) ・ (△手際[扱い]が)鮮やか ・ 鮮やかに(決める) ・ 鮮やかな手並み(を見せる) ・ 立派に ・ (その構え、)ただ者ではない(な) ・ 巧み(な)(投球術) ・ 巧みに(やってのける) ・ 達者(な芸) ・ 卓抜した(手腕) ・ 安心して(見て)いられる ・ (見ていて)安心できる ・ 悪達者 ・ 見事な手さばき ・ 王者(の貫禄を見せつける) ・ お家芸 ・ 手練しゅれん(の早業) ・ 玄人はだし ・ 堪能 ・ 精妙 ・ (剣術の)達人 ・ 巧遅 ・ 落ち着いた(議論) ・ 至妙 ・ 高度な技術を持つ ・ (ピアニストの)巧み(な)(指さばき) ・ 腕に覚えがある ・ (体に)なじんだ(仕事) ・ 神がかり的(演奏) ・ 超絶技巧 ・ 手慣れている ・ 手慣れた(様子) ・ 慣れた(手つき)(で) ・ 水際立った(手腕) ・ 得意 ・ 切れ味の鋭い ・ (天才少年が)彗星の如く現れる ・ 得手 ・ つぼを押さえている ・ 上手に ・ 見事に(決める) ・ ものの見事に ・ 丁寧(な対応) ・ 危なげがない ・ (演技が)際立つ ・ 素人離れ ・ うわて ・ すぐれた腕前 ・ 手際よく(進める) ・ 素早く(やってのける) ・ (槍の)使い手 ・ 様になっている ・ 剛腕(投手) ・ まんまと(逃走する) ・ 優れた技量(を持つ) ・ ナイス ・ スムーズに ・ 流れるように ・ (剣術の)腕が立つ ・ 早業 ・ 確か(な)(腕前) ・ 習熟(する) ・ 底力のある(強いチーム) ・ きれいに(決める) ・ (ギターを弾くのが)上手い ・ 飛鳥の早業 ・ 快刀乱麻(の活躍) ・ (監督の手腕)恐るべし ・ そこのけ ・ (仕事が)手の内にある ・ 手の内に入る ・ 巧味 ・ 巧者 ・ 堂に入る ・ 名人芸 ・ 腕達者 ・ (扱いが)身についている ・ 見事(な) ・ 業師 ・ 技術のある(会社) ・ 能力が高い ・ (車に)こだわる ・ (会社の)稼ぎ頭 ・ 頑固一徹(の職人) ・ したたかな(△商売人[交渉人]) ・ 熟練(工) ・ 実力のある(選手) ・ 実力派(の俳優) ・ 腕のいい(コック) ・ 敏腕家 ・ 仕事師 ・ 安定している ・ オタク ・ 玄人 ・ ベテラン(の域に達する) ・ 腕自慢(の料理人) ・ (一流の)腕を誇る(シェフ) ・ 腕に自信のある(技術者) ・ 仕事熱心 ・ 技巧派 ・ 研究者 ・ 手だれ(の剣客) ・ 手利き ・ 経験豊か(な)(整備スタッフ) ・ 力量のある(作家) ・ 高度な技能を備える ・ (野菜)ソムリエ ・ 優れた技量を持つ ・ セミプロ ・ エキスパート ・ 熟達(している) ・ 利け者 ・ (その道の)プロ ・ 練達(の△士[医師]) ・ 有段者 ・ 技能(工) ・ 専門家 ・ (フランス料理界)の巨人 ・ (ジャズ)ジャイアント ・ 老巧 ・ (バイオリンの)名手 ・ 芸達者 ・ 腕利き ・ 腕っこき ・ 神の手を持つ(外科医) ・ ゴッドハンド(の整体師) ・ 本物(の職人) ・ 名取り ・ 遣り手 ・ 商売人 ・ プロフェッショナル ・ 免許皆伝 ・ 手腕家 ・ 切れ者 ・ 職人 ・ 職人技 ・ 優秀(な左官工) ・ すさまじい ・ 能力がある ・ 天才的(な) ・ 優れた腕前 ・ 怪腕 ・ 道理が分かっている ・ 敏腕(プロデューサー) ・ 超人的(な) ・ 器用 ・ 頭が切れる ・ けた外れの(人間) ・ 剛腕 ・ (誰にも)引けを取らない(家具職人) ・ 凄みのある ・ 有能 ・ 常識で計れない ・ らつ腕 ・ (弁舌に)長ける ・ すご腕 ・ ゴッドハンド(と呼ばれる) ・ 手だれ(の使い手) ・ 途方もない ・ 的確に処理する ・ 昔取った杵柄 ・ 怪物的(なプレー) ・ ファインプレー ・ クリーン(ヒット) ・ 鮮烈(なデビュー) ・ 称賛される行為 ・ 離れ技(を演じる) ・ 美技 ・ 鮮やかさ ・ 記憶に残る(プレー) ・ 高度な技術 ・ ため息の出るような(バッティングセンス) ・ (高難度のゴールを)鮮やか(に決める) ・ ラスト二秒の ・ 華麗(な一本背負い) ・ 機敏な(動き) ・ 軽業(的な身のこなし) ・ 対戦相手も絶賛する ・ ほれぼれする(ような筆さばき) ・ しなやか(な身のこなし) ・ 忍者的(スーパーキャッチ) ・ 目の覚めるような ・ 目立つ活躍 ・ (全盛期を)彷彿とさせる(プレー) ・ 絶妙さ ・ 神業(△的な包丁さばき[と言うしかない]) ・ 見栄えのする働き ・ 胸のすく(ようなプレー) ・ すばらしい ・ スーパー(ロングシュート) ・ ミラクル(キャッチ) ・ 奇跡(の大逆転) ・ 強烈な(パンチ) ・ 妙技 ・ ドンピシャの(タイミングで) ・ 絶妙の ・ 鮮烈な(一撃) ・ 躍動美 ・ 年功 ・ 老練 ・ のびのびとした字 ・ 大人のたしなみ ・ 健筆 ・ 能筆 ・ すらすらと書く ・ 字がうまい ・ 繊細な筆跡 ・ 麗筆 ・ 能書 ・ 美しい△文字[筆跡] ・ 達筆 ・ 美文字 ・ 力強い(筆致) ・ 端正な字 ・ 雄渾(ゆうこん)な(筆の線) ・ 能文 ・ 文章がうまい ・ 筆が立つ ・ 書き立てる ・ 手筋がいい ・ 神技 ・ 抜群の身体能力 ・ 人間業とは思われない ・ 力演 ・ 好演 ・ 熱演 ・ 習熟 ・ 安定した(芸) ・ (本当の)芸が萎縮している ・ (芸が)枯れる ・ (難しい技を)確実に成功させる ・ 渋味を持つ ・ 老熟 ・ 熟練 ・ 円熟 ・ 熟す(る) ・ 不自然さがなくなる ・ 慣熟 ・ 失敗(すること)がなくなる ・ 老成(した文章) ・ し慣れる ・ 練熟 ・ 百発百中 ・ 手慣れる ・ 成長(する) ・ 熟達(する) ・ 手慣らす ・ 技量が上がる ・ (書道に)達する ・ (調子が)上向きになる ・ (プレーに)磨きがかかる ・ 能力が上がる ・ (成績が)ぐんとアップ ・ 練達 ・ 向上する ・ 次のレベルに進む ・ レベルアップ(する) ・ 進級する ・ (料理の)手が上がる ・ (作家として)成熟(する) ・ 進境著しい ・ (包丁さばきが)さえる ・ (尻上がりに)よくなる ・ (さらに)上達(する) ・ (能力的に)進歩(する) ・ 力がつく ・ (ゴルフの)腕が上がる ・ 腕を上げる ・ 全く自然 ・ しっくり(する) ・ ぴったり(する) ・ ちょうどいい ・ 様になる ・ 板につく ・ イージー ・ 赤子の手をひねるよう ・ お茶の子(さいさい) ・ 楽(に勝てる) ・ 事もなげに(やってのける) ・ 容易 ・ 世話がない ・ お安い(御用) ・ ハードルが低い ・ 安易 ・  ・ 児戯に等しい ・ (いとも)たやすい ・ たやすく ・ 苦もなく(やってのける) ・ すぐできる ・ 楽々(と)(やってのける) ・ 易しい ・ 手慣れたもの ・ (お)手軽(に読める短編小説) ・ 手軽い ・ 生易しい ・ 嚢中の物を探る ・ 問題なく(できる) ・ 問題ではない ・ (~するのは)訳(が)ない ・ 訳なく ・ (△するのが[(極めて);拍子抜けするほど])簡単 ・ どうという事はない ・ 序の口 ・ 器用に(こなす) ・ 無造作(に) ・ 造作(も)ない ・ 軽易 ・ ちょろい ・ たわいない ・ 安直 ・ 簡易 ・ 朝飯前 ・ みすみす ・ いとも簡単に ・ (人の物を)気安く(使うな) ・ 手間がかからない ・ すぐわかる ・ あっけなく ・ 掌を返す ・ 片手間(仕事) ・ 余裕(がある) ・ 何でもない ・ 何のことはない ・ 屁のかっぱ ・ すらすら ・ 易い ・ 手っ取り早い ・ 平易 ・ 一寸 ・ 物ともせずに ・ 易々 ・ やすやす(と)(やってのける) ・ お手のもの ・ 平たい ・ 手もなく(ひねられる) ・ 難なく ・ インスタント(ラーメン) ・ 心配はない ・ 鮮やか(なプレー) ・ 見事な(勝ちっぷり) ・ 見事に ・ 抵抗なく ・ あっさり(やってのける) ・ 楽勝 ・ 上手に(やる) ・ ゆとりを持って(できる) ・ むざむざ ・ まんまと(金を巻き上げる) ・ うまく(やってのける) ・ あっと言わせる ・ 人々を楽しませる ・ (仕事としての)芸 ・ 見世物 ・ 人前で演じる ・ パフォーマンス ・ (周囲を)脱帽させる ・ 自慢の技を披露する ・ 底力を見せつける ・ (本領を)発揮する ・ かっこいい姿を見せる ・ いいところを見せる ・ 十八番 ・ 特技 ・ (その芸は彼の)専売特許(だ) ・ おはこ ・ 卓越(した技術) ・ 親勝り ・ 美しい(音楽) ・ 目もくらむ(ような)(景色) ・ 並を超えている ・ (他より)目覚ましい ・ 抜け出る ・ 抜群 ・ 特出 ・ 長じる ・ 卓出 ・ 特筆すべき ・ 大書すべき ・ 豪華版 ・ 独特の雰囲気を持つ ・ 追い越す ・ 飛び抜ける ・ 最高傑作 ・ 圧倒的 ・ 天晴 ・ 目立つ ・ 優等 ・ 勝つ ・ 頭角を現す ・ ずば抜ける ・ ずば抜けている ・ 息をのむ(奇観) ・ 息が止まりそう ・ キラキラした(言葉) ・ まぶしい(言葉) ・ (高く)評価する ・ 突出(している) ・ 秀逸 ・ 傑出(する) ・ 超越 ・ 追い抜く ・ 輝かしい ・ 尤なる ・ 圧巻 ・ 凌駕 ・ 優れている ・ 不滅(の作品) ・ 右に出る ・ 匂い立つ(美しさ) ・ 比倫を絶する ・ 越す ・ 結構 ・ 輝かす ・ ぼう然(とする) ・ (演歌は)日本の心 ・ 傑作 ・ 見事 ・ 上乗 ・ 映える ・ 胸を打たれる ・ 超絶 ・ 光彩 ・ 称賛する ・ 感心(する) ・ 度肝を抜かれる ・ 抜きん出る ・ 立派 ・ 引き立つ ・ しのぐ ・ 素敵 ・ 優れた ・ 畢生(の大作) ・ 目を丸くする ・ 卓絶 ・ 高まる ・ 異彩(を放つ) ・ 不朽(の名作) ・ 高い ・ 優れる ・ 一頭地を抜く ・ 目を奪われる ・ 最高 ・ 声もない ・ 言葉をのむ ・ えも言われぬ ・ 良い ・ 豪儀 ・ 軽妙 ・ 天来(の妙技) ・ 卓抜 ・ 華々しい ・ 赫々 ・ 出来栄え ・ いみじくも ・ 見栄え ・ 高める ・ あっぱれ ・ 精彩 ・ 重立つ ・ 鮮やか ・ 凄絶(な)(魅力) ・ えも言われぬ(美しさ) ・ 抜群(の成績) ・ 秀でる ・ 至高 ・ 長ける ・ 優越 ・ すごい ・ (才能が)光る ・ 上出来 ・ 冠絶 ・ 群を抜く ・ 優秀 ・ 振るった ・ 迫真(の演技) ・ 輝く ・ 心憎い ・ (こっちの方が)断然(いい) ・ 勝る ・ 規格外(の選手) ・ 水際立つ ・ スケールが大きい ・ 一番 ・ (目を)見張る ・ すこぶる(つき) ・ 褒める ・ 見上げる ・ 見上げた(度胸) ・ 敬意を表する ・ きらびやかで精緻(なステンドグラス) ・ 光彩陸離 ・ 際立つ ・ 穎脱 ・ 代わり映え ・ 偉大
巧拙下手へた巧拙下手へた  なじまない ・ 素人っぽい ・ 素人くさい ・ 空っ下手 ・ 借り物のような(△不自然な印象[小手先の技巧]) ・ てきぱきと進まない ・ 下手 ・ (演技に)違和感(がある) ・ もどかしい ・ 下手くそ ・ 不堪 ・ ぎくしゃく(した歩き方) ・ 弱い(チーム) ・ 苦手 ・ (仕事ぶりが)様にならない ・ 拙速 ・ 慣れない ・ 空下手 ・ まずい ・ 感心できない ・ ぎこちない(手つき) ・ ぎごちない ・ (見ていて)危なっかしい ・ 危うい ・ 不得手 ・ 拙劣 ・ (動作が)板につかない ・ たどたどしい ・ つたない ・ ぶきっちょ ・ へぼ ・ 不細工(な手作りの机) ・ 見劣りする ・ 不得意 ・ (どこか)場違い ・ (動きが)スムーズでない ・ (することが)滑らかでない ・ ざる碁 ・ スマートでない ・ 手際が悪い ・ しっくりこない ・ しっくりしない ・ 古拙 ・ 無器用 ・ やぶ(医者) ・ 代替医療 ・ ホメオパシー ・ 藪井竹庵 ・ 筍医者 ・ オカルト ・ 若気の至り ・ こせがれ ・ 経験の乏しい ・ 新参(者) ・ チンピラ ・ 若い(身空) ・ 気負いが目立つ ・ 白面 ・ 駆け出し ・ 青年 ・ 未熟者 ・ 若輩(者) ・ ねんね ・ チキン ・ 大人でない ・ (まだ)子ども ・ 稚拙 ・ かじっただけ(の) ・ (固い)つぼみのような(ところがある) ・ (中二)小僧 ・ 小僧っ子 ・ (こ)わっぱ ・ はなたれ(小僧) ・ 大人気ない ・ 生兵法(は大けがのもと) ・ 思慮が足りない ・ (経験が)浅い ・ 書生 ・ 実力はまだまだ ・ 鍛えられていない ・ くちばしが黄色い ・ がんぜない ・ 青臭い ・ 若造 ・ うぶ(な) ・ (精神的に)幼い ・ しょんべん臭い(ガキ) ・ ひよっこ ・ ひよこ ・ 慣れていない ・ 世慣れない ・ 世慣れていない ・ 発達が遅い ・ (人間として)未熟 ・ 不慣れ(な手つき) ・ ガキ ・ 円熟していない ・ 貧弱(な腕前) ・ 若書き(の文章) ・ 形だけ ・ 半人前 ・ かいなで(しただけ) ・ 一人前のつもり ・ まだまだだな ・ 十年早い ・ 年甲斐もない ・ 青二才 ・ 修行が足りない ・ (まだ)青い ・ キャリア不足 ・ 乳臭い ・ 未成熟 ・ 青侍 ・ 小侍 ・ もたもた(している) ・ 初心者 ・ ごまかしが言えない ・ 口脇が白い ・ 成熟していない ・ 幼稚 ・ 一本気(な男) ・ 経験不足 ・ 謎の線 ・ みみずの這ったような(字) ・ 走り書き ・ 乱雑な書き方 ・ 筆跡が子どもっぽい ・ (△本人にしか[本人にも])読めない ・ 読みにくい(筆跡) ・ 下手くそな字 ・ 下手な字 ・ 達筆 ・ 筆下手 ・ 金くぎ流 ・ 折れくぎ流 ・ 字が下手 ・ 字が汚い ・ 禿筆 ・ なぐり書き(に近い) ・ 乱筆(乱文) ・ 悪筆 ・ 踊ったような字 ・ くせ字 ・ 崩し字 ・ 拙筆 ・ 象形文字 ・ 文章を読み上げるだけ  ・ たどり読み ・ お経読み ・ 抑揚がない ・ 棒読み ・ 駄文 ・ 難文 ・ 衍文 ・ 戯文 ・ 欠文 ・ 冗文 ・ 迷文 ・ 脱文 ・ 悪文 ・ 拙文 ・ 音の感覚が鈍い ・ (義太夫を)うなる ・ 音痴 ・ 正しい音程で歌えない ・ 歌を正確に歌えない ・ にわか ・ 村芝居 ・ 猿芝居 ・ 安物のドラマ(を見せられる) ・ 茶番 ・ お涙ちょうだい(の三文芝居) ・ 三文芝居 ・ 新前 ・ 習い始めたばかり ・  ・ アマ ・ へっぽこ ・ アマチュア ・ 藤四郎 ・  ・ 豎子 ・ へな猪口 ・ 弱輩 ・ 素人 ・ (細かいところまで)意識が向かない ・ 繊細でない ・ 独り善がり(の考え) ・ 独善的(行動) ・ 気が回らない ・ 気働きがない ・ ひんしゅくを買う(振る舞い) ・ 失敗 ・ 融通が利かない ・ 十把ひとからげ(の扱い) ・ さえない(話) ・ 及ばない ・ 頭が回らない ・ 礼儀作法に通じていない ・ 粗野(なふるまい) ・ しゃれが分からない.生真面目 ・ 面白くない ・ 感情に任せた(言動) ・ 気が利かない ・ 殺風景(な△話題[人]) ・ (人の)機微に通じない ・ 不行き届き ・ 粋でない ・ つまらない(人) ・ 退屈(な夫) ・ 残念(な旦那) ・ 気がつかない ・ 品がない ・ 感覚が鈍い ・ (細かい)配慮に欠ける ・ 配慮が足りない ・ 行き届かない ・ 粗末(な扱い)(を受ける) ・ 鈍感 ・ (勘が)にぶい ・ 大事にしない ・ 至らない(点はお許しください) ・ ぶま ・ 無粋(な質問) ・ ふつつか(者)(ですが) ・ 不調法(者) ・ (断られることなど)思いも寄らない ・ つや消し(なことを言う) ・ 柔軟性がない ・ 石部金吉 ・ がさつ ・ 抑制のない(振る舞い) ・ 野暮(な質問) ・ 無神経 ・ (見るからに)危ない ・ (足元が)おぼつかない ・ 不安定(な状態) ・ 心配 ・ (どこか)たどたどしい ・ 危なっかしい(手つき) ・ 危なかしい ・ 無邪気(な対応) ・ よろよろ(する) ・ (足が)ふらつく ・ ひょろひょろ(歩く) ・ 無防備(な振る舞い) ・ (見ていて)はらはら(する) ・ ひやひや(する) ・ しっかりしない ・ 不安がいっぱい ・ 大丈夫かと思う ・ 手慣れない ・ 見ていられない ・ 危なげ ・ 危うい(状況) ・ 優柔不断(の態度) ・ (包丁を持つ手が)心もとない ・ 頼りない ・ 問題がある ・ 安心できない
巧拙(未分類)巧拙(未分類)  上手下手 ・ 巧拙 ・ 達意 ・ 座布団一枚 ・ 円熟した ・ いい味を出す ・ 年期の入った ・ いぶし銀 ・ 発想がすごい ・ 達文 ・ キレがよい ・ 書をよくする ・ ぴったりの言い回し ・ 本職はだし ・ 的確な ・ 要領を得た旨い ・ 冴えてる ・ 言い得た表現 ・ 巧せつ
キーワードをランダムでピックアップ
泥道生魚胃の腑避寒がっくり乗り物に体を移すトレモロ腹が膨れる唐桟手足となるうどの大木ベローズめでたしめでたし赤熱説得されるすぐに消えていく斡旋料ワールドレコード成長に悪影響を及ぼすハードな姿勢
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. 巧拙上手じょうず
  2. 巧拙下手へた
  3. 巧拙(未分類)