表示領域を拡大する
所帯やつれの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
所帯やつれ見るからに貧弱ひんじゃく所帯やつれ見るからに貧弱ひんじゃく  情けない ・ 不景気 ・ 貧相な身なり ・ 卑しい ・ 威厳がない ・ 見劣りがする ・ みすぼらしい ・ 貧相 ・ 見る影もない ・ 哀れ ・ (何とも)情けない ・ 哀れむべき ・ 嘆かわしい ・ 成れの果て ・ しおたれる ・ 貧弱 ・ 暗い(感じのする) ・ わびしい ・ しみったれた(やつ) ・ 吹けば飛ぶような(体) ・ 卑屈 ・ 見栄えのしない ・ 弱々しい ・ 弱体 ・ 幼弱 ・ 不健康 ・ 線の細い ・ 脆弱 ・ 蒲柳(の質) ・ 薄弱 ・ 繊細な ・ 神経質(そう)な ・ 足弱 ・ ニヒルな(風貌) ・ 惰弱 ・ 多病 ・ アレルギー ・ 病的 ・ か弱い ・ 体が弱い ・ 羸弱 ・ 弱い ・ 冷え症 ・ 虚弱(体質) ・ 繊弱 ・ 劣弱 ・ 腺病質 ・ ひ弱 ・ ひ弱い ・ 柔弱 ・ 不健全 ・ (病的に)肌が白い ・ 取るに足りない(人間) ・ (傘張り)浪人 ・ うだつが上がらない ・ 微細 ・ 微賤(の身) ・ 物の数でない ・ 物の数に入らない ・ 人数に(は)入らない ・ にある(研究者) ・ 下風 ・ どこの馬の骨か分からない ・ つまらない(人間) ・ 下層(階級) ・ 最下層(の人間) ・ しがない ・ 木っ端(武者) ・ 虫けら(同然に扱われる) ・ 下っ端 ・ (男尊)女卑 ・ 小身 ・ 卑しい(身分) ・ 役に立たない ・ 人並みに扱われない ・ 鼻くそみたいな(人間) ・ 素(町人) ・ 下仕え(の者) ・ 初心者 ・ 品性の劣る ・ (ほとんど)無意味な ・ 取り柄がない ・ 下級武士 ・ 足軽 ・ (学生)風情 ・ 最底辺(の男) ・ 卑賤(の身) ・ 下手 ・ 下級(国民) ・ たかが(子ども) ・  ・ 下(の者) ・ (まだ平で)くすぶっている ・ 下働き(の女性) ・ 貧賤 ・ 巷間(の学生) ・ 下賤 ・ 底辺層(の若者) ・ (芸術家の)端くれ ・ 下々(の皆さん) ・ (私)ごとき(者) ・ ちっぽけ(な存在) ・ 雑魚 ・ 小者 ・ ミジンコ(のような)(存在) ・ 低い ・ 吹けば飛ぶよな(男) ・ 一介(の兵士) ・ 身分が低い ・ 数ならぬ ・ 悪い ・ (知恵が)後れる ・ うさんくさい(音楽) ・ 不成績 ・ 劣等 ・ お寒い(△現状[設備]) ・ (上司が)目の上のたんこぶ ・ 粗末 ・ (後輩の)風下に立つ ・ 下風かふうに立つ ・ (相手に)一目置く ・ 劣る ・ 安っぽい ・ 最低 ・ しょぼい(映画) ・ ちゃち ・ 出来損ない ・ 見劣り ・ 低劣 ・ 取り残される ・ 馬鹿げる ・ 引けを取る ・ 心劣り ・ (程度を)低める ・ (他より)劣っている ・ 不出来 ・ (一歩)及ばない ・ (新市場の開拓に)後れを取る ・ 一籌を輸する ・ 普通以下 ・ 愚劣 ・ ケチ ・ ケチくさい ・ (相手に)一日の長がある ・ 人後 ・ 無価値(な△仕事[土地]) ・ 負ける ・ 一歩を譲る ・ (他社の)後塵を拝する ・ (首位に)次ぐ ・ ひどい(出来ぐあい) ・ 安価 ・ 二番 ・ 哀れ(△を誘う[な物語;を感じる]) ・ 哀れをとどめる ・ 哀れを誘う ・ 哀れに思う ・ 哀れさ(を感じる) ・ 哀れみ(を△感じる[覚える]) ・ (お)いたわしい ・ いたわしく思う ・ 哀れを催す ・ (サラリーマンの)悲哀(が漂う) ・ 悲痛(な叫び) ・ 痛々しい ・ 心を動かされる ・ 胸がいっぱいになる(物語) ・ 救いのない ・ 同情を誘う ・ 同情したくなる ・ 同情を禁じ得ない ・ 同情に堪えない ・ 同情すべき(事) ・ (恵まれない境遇の人に)同情(△する[を感じる]) ・ 同情に値する ・ 哀切(△な物語[極まりない]) ・ (被害に遭った子どもが)いとおしい ・ (聞いていて)切ない ・ 見るに忍びない ・ 聞くに忍びない(話) ・ いたいけ ・ (歌詞が)共感を呼ぶ ・ 酸鼻(な事件) ・ かわいそう ・ (道楽者の)成れの果て ・ みじめ(な姿) ・ 憫笑(を買う) ・ 哀れっぽい ・ 見ていられない(様相) ・ 胸が締め付けられる ・ (哀れな境遇が)いとしい ・ 涙ぐましい(努力) ・ 悲しみが惻々と伝わる ・ 痛ましい(△姿[と思う]) ・ 身につまされる(苦労話) ・ (宴会を)しんみり(させる) ・ (どうにも)情けない(結末) ・ かける言葉が見つからない ・ (苦しむ姿に)胸が痛む ・ 憐憫(を感じる) ・ 不憫(に思う) ・ 健気(な子ども) ・ (やつれた姿が)悲しい ・ (悲運を)(共に)悲しむ ・ 悲しみを誘う ・ 泣かせる(セリフ) ・ 見ていてつらい ・ 心が痛む ・ 心を痛める ・ (けなげな姿が)涙を誘う(話) ・ (苦労話に)涙を誘われる ・ 胸が苦しくなる ・ 気の毒(に思う) ・ お気の毒に ・ いや(な気分) ・ 哀憐の情を感じる ・ (その過酷な運命には)言葉もない ・ 悲恋(物語) ・ いじらしい ・ いじらしく思う ・ やりきれない(気持ちになる) ・ 励ましたくなる ・ 印象のいろいろ
所帯やつれ(した女)中年ちゅうねん所帯やつれ(した女)中年ちゅうねん  小母さん ・ 閉経期 ・ 壮年期 ・ 老嬢 ・ 壮年 ・ 分別がある(はずの年齢) ・ 世間知らずでは通らない年齢 ・ おっさん ・ 壮者 ・ 小父さん ・ 壮丁 ・ 若輩ではない ・ 熟女 ・ 更年期 ・ 中年増 ・ 年増 ・ 大年増 ・ 相当の年齢 ・ 中年 ・ オールドミス ・ いい年 ・ 分別盛り ・ 年配 ・ 初老 ・ 姥桜 ・ 若く(は)ない ・ 破瓜 ・ 而立 ・ 三十路 ・ 三十歳 ・ 不惑 ・ 四十路 ・ 四十歳 ・ 五十歳 ・ 知命 ・ 十路 ・ 大人おとな ・ 大人だいにん ・ 自立(した人) ・ 成人 ・ 宝算 ・ 年格好 ・ 馬齢 ・ 年歯 ・ 数え年 ・ 年端 ・ 満年齢 ・ 年齢 ・ 春秋 ・  ・ 生年 ・ 年頃 ・ 暦年齢 ・  ・ 高年 ・ 老後 ・ 老年期 ・ 中老 ・ 晩年 ・ 末路 ・ 老年 ・ 人生の収穫期(を迎える) ・ 老境 ・ 高齢 ・ 老齢
所帯やつれつかれる所帯やつれつかれる  過労 ・ あっぷあっぷ ・ へたり込む ・ (過労で)伸びる ・ 疲労感 ・ 油が切れる ・ 困ぱい ・ ぐたぐた ・ 疲れ切る ・ くたびれ ・ くたびれ果てる ・ 元気がない ・ 気息奄々 ・ 疲労 ・ エネルギーが切れる ・ 旅疲れ ・ いっぱいいっぱい ・ 活動の原動力がなくなる ・ 疲労の濃い顔 ・ (横顔に)濃い疲労の翳がある ・ 目の下にクマがある ・ 音を上げる ・ くらくら ・ へばる ・ へたばる ・ 疲れている ・ 倦怠 ・ (精神的に)参る ・ 疲れやすい ・ ぐったり ・ へこたれる ・ うんうん ・ 体にこたえる ・ グロッキー ・ 体力を使い果たす ・ ばてる ・ くたびれる ・ (体のあちこちが)きしむ ・ (その場に)うずくまる ・ くたくた(になる) ・ うだる ・ ふうふう ・ あご(を出す) ・ 疲れる ・ へとへと(になる) ・ 息が弾む ・ 息を弾ませる ・ 息も絶え絶え(に) ・ (空気を求めて)あえぐ ・ あえぐように話す ・ やっと空気を吸う ・ 息苦しい ・ 息が苦しい ・ 気息奄々(きそくえんえん) ・ 息せき切る ・ 息が上がる ・ 呼吸が乱れる ・ 苦しそう(に呼吸をする) ・ はあはあ ・ 息が止まりそう ・ 息が続かない ・ ひいこら(言う) ・ 荒い息(を吐く) ・ 息が荒い ・ 呼吸が荒い ・ (呼吸が)ハーハー(する) ・ (息を)フーフー(させる) ・ (息を)ゼーゼー(させる) ・ ひいひい(言う) ・ 息切れ(する) ・ 肩で息をする ・ 激しい息づかい ・ 激しく呼吸する ・ 小鼻を膨らませて(呼吸する) ・ 片息 ・ 力が続かない ・ 限界に来る ・ 苦しげに息をする ・ 息せき切って ・ 息をするのもつらい ・ えっちらおっちら(坂を上る) ・ やっと息をする ・ 息を切らす ・ 息が切れる ・ 息を切らせる ・ 胸を弾ませる ・ 倦怠感 ・ 賢者タイム ・ しんどい ・ かったるい ・ だるい ・ やりたくない ・ けだるい ・ 苦労が水の泡 ・ 無駄骨 ・ 損になる ・ ただ働き ・ 骨折り損 ・ 骨折り損のくたびれ儲け ・ くたびれ儲け ・ 徒労 ・ 得にならない ・ 無駄足 ・ 空振り ・ 画餅に帰する ・ ばかばかしい ・ 徒労に終わる ・ 無駄骨折り ・ 利益にならない ・ 搾取(によって肥大化する) ・ 追い使う ・ 酷使 ・ ブラック企業 ・ 追い回す ・ むちゃなノルマ(を課す) ・ 休む間を与えない ・ 仕事がきつい ・ こき使う ・ 人権蹂躙 ・ ワンマン経営 ・ (仕事に)追いまくられる ・ 火を吹くような(忙しさ) ・ 息苦しい(職場) ・ 虐使 ・ あれこれ気を使う ・ 気配り ・ 気を配る ・ 気を使う ・ 気苦労 ・ 気疲れ ・ 気遣い ・ 精神的な疲労 ・ 精神的に疲れる ・ 所帯やつれ(した女) ・ 心労 ・ 気骨が折れる ・ 足を引きずる(ように歩く) ・ (あちこち)歩き回る ・ 歩いて回る ・ (忙しく)立ち働く ・ 歩き疲れる ・ 足を使って(書いた記事) ・ 足を使った(捜査) ・ 捜査は足で稼げ ・ 捜し回る ・ (活発に)動き回る ・ 甲斐甲斐しく(働く) ・ (足が)疲れる ・ (もう)歩けない ・ (もう)一歩も動けない ・ (もう)足が動かない ・ 立ち回る ・ 長い時間歩く ・ (長い距離を)歩く ・ (営業して)回る ・ のろのろ ・ 足が棒になる ・ 足が棒のようになる ・ 足を棒にする ・ 仕振り ・ アクション ・ 物腰 ・  ・ 身ごなし ・ ジェスチャー ・ しぐさ ・ そぶり ・ 態度 ・ 振り ・ 居住まい ・ 動作 ・ 身振り ・ しこなし ・ 所作 ・ 身振り手振り ・ こなし ・ 気振り ・  ・ 故障 ・ 弱める ・ 弱くなる ・ 弱る ・ 弱り切る ・ 弱り果てる ・ 弱化 ・ にぶる ・ (△体[包丁]が)なまる ・ 壊れる ・ 鈍化 ・ 麻痺 ・ 痩せる ・ 弱まる ・ ぺたりと ・ どっかり ・ どっかと ・ でんと ・ ちょこなんと ・ 腰を下ろす ・ (ベンチに)腰を据える ・ 着席 ・ 座っている ・ ちょこんと ・ ぺたんと ・ 座する ・ へなへなと ・ (ソファに)背を預ける ・ 休む ・ 尻餅(をつく) ・ へたへたと ・ 腰掛ける ・ 座る ・ 腰を掛ける ・ △席[食卓]に着く ・ えんこ ・ 着座 ・ うつらうつら ・ (勉強しながら)船をこぐ ・ 眠気 ・ 眠い ・  ・ こっくりこっくり ・ こくりこくり ・ 催眠 ・ 眠たい ・ 催眠術 ・ 睡魔に襲われる ・ 空き腹 ・ 腹がすく ・ 腹をすかす ・ ぺこぺこ ・ ひもじい ・ (食物が)乏しい(時代) ・ 喉が鳴る ・ ひだるい ・ あごが干上がる ・ 飢渇 ・ 兵糧攻め(にあう)(飯の)食い上げ(だ) ・ 飢寒 ・ 飢餓 ・ ハングリー(な状態) ・ 飢える ・ 飢え ・ かつえる ・ 欠食(児童) ・ 腹ぺこ ・ 食べるものがない ・ 食うものがない ・ 食えない ・ 食っていけない ・ 空腹 ・ 食べ物が手に入らない ・ 腹を減らす ・ 欲する ・ 腹が減る ・ 集中できない ・ (何も)口に入らない ・ 干ぼし(になる) ・ 仮眠 ・ うたた寝 ・ 居眠り ・ うとうと(する) ・ 一寝入り ・ 一眠り(する) ・ 華胥の国に遊ぶ ・ 一睡 ・ 座ったまま眠る ・ 座睡 ・ 机に伏せて寝る ・ 食べながら眠る ・ まどろむ ・ (心地いい)まどろみ ・ 仮睡 ・ 昼寝 ・ うつらうつら(する) ・ 仮寝 ・ 午睡 ・ (こっくりこっくり)船をこぐ ・ ゆっくりする ・ プライベートタイム ・ 憂さ晴らし ・ (景気が)踊り場(に入る) ・ 無関係なことをする ・ 息抜き(する) ・ 息を抜く ・ 休める ・ 骨休め ・ ストレスを開放する ・ ストレスから解放される ・ いとまをもらう ・ 一服 ・ 手足を伸ばす ・ 英気を養う ・ 休息 ・ 静養(する) ・ 休らう ・ ひと息(入れる) ・ 息を入れる ・ ほっとする ・ まったり(過ごす) ・ ゆったり(する) ・ お茶(にしよう) ・ 安息 ・ 休暇(を取る) ・ ストレス解消(する) ・ (昼の)休み ・ 遊び球を投げる ・ 一球外す ・ 少憩 ・ (自分を)リセット(する) ・ 息休め ・ レクリエーション ・ (仕事を)休む ・ 気分転換 ・ 関心を他に移す ・ 休眠(設備) ・ エアポケットのような時間 ・ リラックス(する) ・ (疲れを)癒やす ・ 癒やし(のひと時) ・ 肩の力が抜ける ・ ひと休み(する) ・ 中休み(する) ・ 元気を取り戻す ・ のどかな時を過ごす ・ 深呼吸(する) ・ (途中で)遊ぶ ・ のんびり過ごす ・ くつろぐ ・ (授業が)脱線(する) ・ 息継ぎ ・ 心身を楽にする ・ 休養(をとる) ・ 憩い(の時) ・ 憩う ・ 休憩(する) ・ (ちょっと)を置く ・ 昼休み ・ 休まる ・ 手を休める ・ 食休み ・ 羽を伸ばす ・ 羽を休める ・ リフレッシュ(する) ・ 緊張が解ける ・ (忙中)閑(あり) ・ ゆっくり過ごす ・ 中入り ・ 小休止 ・ 余暇
所帯やつれ(した女)精神的な疲労所帯やつれ(した女)精神的な疲労  気疲れ ・ 心労 ・ 気遣い ・ 気骨が折れる ・ あれこれ気を使う ・ 気配り ・ 気を配る ・ 精神的な疲労 ・ 精神的に疲れる ・ 気苦労 ・ 気を使う ・ 食事ものどを通らない ・ 屈託 ・ 考え事(があって眠れない) ・ 浮かない顔 ・ 憂わしい ・ 晴れ晴れしない ・ (子供の病気に)心痛(する) ・ 疑懼ぎく(の念)(をいだく) ・ 頭痛のたね ・ 頓着 ・ 生きた心地がしない ・ 生きた空もない ・ 苦悩(の△色を浮かべる[表情]) ・ 気に病む ・ 気にかかる ・ 気にかける ・ (先行きが)気がかり ・ 心がかり ・ 心にかける ・ (事態を)憂える ・ 大患 ・ 胸の奥が痛む ・ 顧慮 ・ 鬼胎(を抱く) ・ 心が休まらない ・ 心が痛む ・ (事で)心を痛める ・ 苦労 ・ (△心配[考え]が)堂々巡り(する) ・ (将来のことを)とつおいつ(考える) ・ 高配 ・ すっきりしない ・ 失敗を恐れる ・ (秘密が漏れる)気遣い(はない) ・ (安否を)気遣う ・ (安否が)気遣われる ・ 気遣わしい ・ 心遣い ・ 心安まらない ・ 憂患 ・ 深憂 ・ (△安否不明による[やり場のない])いらだち ・ どうしたらいいか分からない ・ 気が気でない ・ 気にする ・ ブルーな気分 ・ 重苦しい空気(に包まれる) ・ 気持ちが晴れない ・ 気兼ね ・ (先が)思いやられる ・ 思い煩う ・ 遺憾 ・ 思案(の種) ・ 暗い顔 ・ 懸念(する) ・ 不安 ・ 気になる ・ 配慮 ・ 頼りない(返事) ・ 押しつぶされそう(な不安) ・ 憂慮(する) ・ (気持ちが)浮き立たない ・ 気を揉む ・ 顧みる ・ 目まい(を感じる) ・ 期待できない ・ (△行く末[病状]を)案じる ・ 先案じ(する) ・ 焦慮(△する[に駆られる]) ・ 悩む ・ 思い悩む ・ 心配(△する[でたまらない]) ・ 気が重そう ・ 晴れやかでない ・ 心が塞ぐ ・ 重い時間(が流れる) ・ 悲観 ・ 心が乱れる ・ 物思い ・ 痛心 ・ はらはら ・ (将来を思うと)安心できない ・ 思案に暮れる ・ 心置き(なく行ける) ・ 不眠(に悩まされる) ・ 胸を痛める ・ 心を砕く ・ 沈痛(な面持ち) ・ 気分が弾まない ・ 不安な気持ちは頑張っている証拠 ・ 憂色(が濃い) ・ 憂い ・ 寒心(に堪えない) ・ 体調不良 ・ (精神的)緊張 ・ ストレス ・ へたり込む ・ 音を上げる ・ 疲れ切る ・ 油が切れる ・ いっぱいいっぱい ・ ぐたぐた ・ くたくた(になる) ・ うんうん ・ くたびれ ・ 疲れやすい ・ 所帯やつれ ・ 体力を使い果たす ・ くたびれる ・ 旅疲れ ・ あっぷあっぷ ・ くたびれ果てる ・ エネルギーが切れる ・ へばる ・ へたばる ・ 元気がない ・ ふうふう ・ (体のあちこちが)きしむ ・ くらくら ・ へとへと(になる) ・ ばてる ・ グロッキー ・ あご(を出す) ・ へこたれる ・ (その場に)うずくまる ・ (過労で)伸びる ・ 疲労の濃い顔 ・ (横顔に)濃い疲労の翳がある ・ 目の下にクマがある ・ 過労 ・ (精神的に)参る ・ 疲労感 ・ 活動の原動力がなくなる ・ 疲労 ・ うだる ・ 疲れる ・ 困ぱい ・ 体にこたえる ・ ぐったり ・ 疲れている ・ 気息奄々 ・ 倦怠 ・ 構う ・ 心を留める ・ 目が届く ・ 心をそちらに向ける ・ 警戒 ・ 意に介する ・ 大事を取る ・ 御念(の入った話) ・ 注意(を払う) ・ 念を入れる ・ 戒める ・ 気がつく ・ 留意 ・ 念(を押す) ・ 用意(を怠らない) ・ 心を用いる ・ 気をつける ・ 戒厳 ・ 戒心 ・ 着意 ・ 目が離せない ・ 介意 ・ (目が)行き届く ・ 心がける ・ 気が回る ・ 厳戒 ・ 用心 ・ 気を回す ・ 心配
所帯やつれ所帯じみる所帯やつれ所帯じみる  気苦労が多い ・ 疲労感が漂う ・ おばさん ・ しみが浮き出す ・ 小じわが浮き出る ・ 既婚者(と間違われる) ・ 所帯じみる ・ くすみが現れる
所帯やつれ(未分類)所帯やつれ(未分類)  やつれる ・ 所帯窶れ
キーワードをランダムでピックアップ
辺鄙常温初見放課描き出す昼餐清鑑通謀気が回るうろたえる問題にならないうどん粉後退を余儀なくされる出来不出来の差が少ない無地の着物に帯が映える月をめでる印象的な場面上司が一般社員を支える逆三角形
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. 所帯やつれ見るからに貧弱ひんじゃく
  2. 所帯やつれ(した女)中年ちゅうねん
  3. 所帯やつれつかれる
  4. 所帯やつれ(した女)精神的な疲労
  5. 所帯やつれ所帯じみる
  6. 所帯やつれ(未分類)