表示領域を拡大する
未練が残るの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
未練が残る別れるのがつらい・辛い別れ未練が残る別れるのがつらい・辛い別れ  泣きの涙(で手放す) ・ 後朝きぬぎぬ(の別れ) ・ 残り惜しい ・ 身を切られるような(思い)(で離別する) ・ つらい(別れ) ・ 泣き別れ(になる) ・ 悲しい(別離) ・ 離愁 ・ 名残惜しい ・ 別れがたい ・ 去りがたい ・ 離れがたい ・ 切ない(思い) ・ 立ち去りがたい ・ 泣く泣く(諦める) ・ 後ろ髪を引かれる ・ 弔意 ・ (人の死を)惜しむ ・ (死が)惜しまれる ・ 惜しい(人を亡くした) ・ (大切な人を失った)寂しさ ・ (人の死を)哀れむ ・ 死児の齢を数える ・ 慰霊(祭を催す) ・ 弔意を表する ・ (お)悔やみを言う ・ ご愁傷さまです ・ (本当に)残念です ・ (友の死を)悔やむ ・ (友人を失って)寂しく思う ・ 弔う ・ 弔い ・ 弔する ・ 御霊安かれ(と祈る) ・ (死を)いた ・ 寂寥感 ・ 黙祷(する) ・ 慶弔 ・ 哀悼(の意)(を表する) ・ 半旗を掲げる ・ 回向(する) ・ 冥福を祈る ・ (目をとじて)祈る ・ (死者への)祈り ・ 合掌(する) ・ 慟哭(の思い) ・ (位牌の前で)瞑目(する) ・ (お)悔やみ(申し上げる) ・ (犠牲者の)霊安かれ(と祈る) ・ 愛惜(の念に堪えない) ・ 追悼(△する[の辞]) ・ 安らかにお眠りください ・ 深悼 ・ めそっとする ・ (遺族への)弔慰(金) ・ (人の死を)悲しむ ・ (別れを)悲しく思う ・ (失って)残念に思う ・ (訃を聞いて)落ち込む ・ 痛惜(に堪えない) ・ 哀惜(の念)(に堪えない) ・ (早すぎる死が)悔やまれる ・ 忘れられない ・ 悲しみ惜しむ ・ 悲しみがつのる ・ 望郷(の念)(にかられる) ・ 故郷が恋しい ・ 思郷 ・ ノスタルジア ・ 懐郷 ・ ホームシック ・ 旅愁 ・ 甘い感傷 ・ (風景に)懐かしさ(を覚える) ・ 心細い ・ 郷愁 ・ (勝負に負けて)ふてくされる ・ (大臣の椅子に)しがみつく ・ 思いを残す ・ いじましい ・ (態度が)見苦しい ・ (いつまでも)うじうじ(する) ・ いじいじ(と思い悩む) ・ やせ犬の遠吠え ・ 無念(の思い) ・ ごまめの歯ぎしり ・ 気持ちが割り切れない ・ 恨めしい(気持ち) ・ (死者の)怨念 ・ 後ろ髪を引かれる(思い) ・ (いつまで経っても)ぐずぐず(と)(駄々をこねる) ・ 無駄な抵抗 ・ (態度が)素直でない ・ 強がり(を言う) ・ 負け惜しみ(を言う) ・ 潔くない ・ 潔さがない ・ 我執むき出し(の態度) ・ 未練を残す ・ 往生際が悪い ・ 泣きの涙で(手放す) ・ 負けを認めない ・ 責任逃れ(の言動) ・ (意味なく)あがく ・ 粘る ・ (ぶすぶすと思いが)くすぶる ・ (△地位[金銭]に)恋着(する) ・ (地位に)恋々(とする) ・ 女々しい(態度) ・ 女々しく ・ 男らしくない ・ (彼女を)思い切れない ・ 思い切りが悪い ・ 消えない(思い) ・ 躊躇(する) ・ 断腸の思い(で断念する) ・ プライドがない ・ (自分を)抑制できない ・ 未練がましい ・ 未練がましく ・ しつこい ・ 悪あがき(する) ・ (残念な思いが)後を引く ・ 心の置き所がない ・ (過去に)執着する ・ 泣くに泣けない(結果) ・ (万策尽きても)じたばた(する) ・ (体面に)こだわって(訂正しない) ・ 醜い ・ 未練たっぷり ・ 忘れかねる ・ (いかにも)見苦しい ・ 気持ちの持って行き場がない ・ 身を切られる(ような)(思い) ・ 泣く泣く(別れる) ・ 恨めしそう(な顔) ・ 未練たらしい ・ 未練たらしく ・ 未練のこもった(顔) ・ 諦めない ・ 諦めきれない ・ 諦めが悪い ・ 諦めがつかない ・ (満たされない思いが)くすぶり続ける ・ (任期が切れてもトップの座に)居座る ・ (気持ちが)吹っ切れない ・ 嘆く ・ 悲しい ・ 悲しむ ・ 悲しがる ・ 悲しく思う ・  ・ 哀愁 ・ めいる ・ 身も世もない(姿) ・ うれ ・ やりきれない(思い) ・ 心が痛む ・ 心を痛める ・ (一人暮らしを)侘びる ・ 感傷(△に浸る[的になる]) ・ (言うべき)言葉もない ・ 胸が塞がる ・ (悲しそうに)顔を歪める ・ 哀感 ・ 悲嘆 ・ 愁嘆 ・ (突然の悲報に)胸が潰れる ・ 胸が裂ける ・ 胸を痛める ・ 胸が詰まる ・ 胸ふたがる(思い) ・ 嘆き悲しむ ・ 心を重くする ・ 哀切 ・ ペーソス(を感じる) ・ 傷心(△する[を抱く]) ・ 悲愴 ・ 悲しみ(に暮れる) ・ 哀れ ・ (友の死に)(胸が)張り裂ける(思い) ・ 暗い(気分) ・ 悲哀 ・ 寂しがる ・ 哀傷 ・ 断腸の思い ・ 紅涙を絞る ・ 悶々(の情) ・ 物悲しい ・ 救われない(気分) ・ 言葉が出ない ・ 憂う ・ 暗然 ・ 沈痛 ・ うら悲しい ・ 暗うつ ・ 憂える ・ 哀れ(を催す) ・ 憂愁(に△沈む[とらわれる]) ・ 救いのない ・ 憂うべき(事態) ・ (ご)愁傷(様) ・ 悲傷 ・ どうしたらいいか分からない ・ 腸を断つ ・ 悲痛 ・ 重圧を受ける ・ (痛みに)うめく ・ うめき(声)をもらす ・ 耐えられない ・ (精神的に)参る ・ やるせない ・ 煙たい ・ 物狂おしい ・ 切ない ・ 苦しい ・ (格差社会に)痛めつけられる ・ 骨身に堪える ・ (心理的に)追い詰められる ・ 不如意 ・ 息苦しい ・ 喉が詰まる(のを感じる) ・ 真綿で首を絞められる(ような思い) ・ 術無い ・ (不運に)泣く ・ 悩ましい ・ 呻吟(する) ・ 天を仰ぐ ・ 苦い ・ 心が休まらない ・ 苦労 ・ 胸苦しい ・ 敵わない ・ (苦難に)見舞われる ・ 塗炭(の苦しみ) ・ 四苦八苦 ・ 痛い ・ 苦しめられる ・ 重荷 ・ やりきれない ・ 心理的影響(を受ける) ・ (もう)押し潰されそう ・ (人手不足に)悲鳴を上げる ・ ストレスを感じる ・ 悩む ・ 低迷する ・ 困難(に直面する) ・ 苦悩する ・ (重税に)あえぐ ・ 苦しむ ・ 悶々 ・ 気苦労 ・ (貧困に)苦しむ ・ 憂い ・ 狂おしい ・ 火宅(の人) ・ 痛し痒し ・ たまらない ・ 疲れ切る ・ (偏頭痛に)たたられる ・ 苦痛 ・ 血の出るような ・ 窮余 ・ 忍びない ・ (老朽化に)さいなまれる ・ 血みどろ ・ 迷惑 ・ 憂さ ・ 惨憺 ・ 辛酸をなめる ・ 辛い ・ ありがた迷惑 ・ 離れ離れ ・ 会えない ・ 離れる ・ 別れ ・ 惜別(の念に堪えない) ・ 離別 ・ 行き別れる ・ 別れる ・ 別離 ・ 泣き別れ ・ 決別 ・ 別れ別れ(になる) ・ たもとを分かつ ・ 一別 ・ 留別 ・ (△別れ[名残]を)惜しむ ・ 滅びの美(学) ・ 滅びに美を見る ・ (荒廃の)詩情 ・ 未練がある ・ 大切に思う ・ (捨てるのは)惜しい ・ (失って)悔やむ ・ 失いたくない(という強い気持ち) ・ (過ぎゆく青春を)いとおしむ ・ もったいない ・ (故人を)しの ・ (別れを)悲しむ ・ 捨てがたい(味わいがある) ・ もったいない(と思う気持ち) ・ 惜別(の情) ・ 失いたくない ・ (捨てるに)忍びない ・ やるせない(思い) ・ 愛着がある ・ (失われたものへの)追想 ・ (遠ざかるほど)思いが募る
未練(が残る)心残りがある未練(が残る)心残りがある  未練を残す ・ 後味の悪い ・ 返す返す残念 ・ 発散しきれない ・ 諦めきれない ・ 屈折した(感情) ・ 思いを残す ・ 思い切れない ・ うっ屈(する) ・ (いつまでも)ぐずぐず(言う) ・ 後ろ髪を引かれる(思い) ・ (不満が)くすぶる ・ 燃焼しきれない ・ うじうじ(と煮え切らない) ・ うつうつ(とする) ・ (気持ちが)晴れない ・ 憂うつ ・ もやもや(する) ・ (△気分[思い]が)くすぶる ・ 敗北を抱きしめる ・ 悲しみを抱える ・ 心残り(がある) ・ 後ろ髪を引かれる思い ・ (いつまで経っても)ぐずぐず(と)(駄々をこねる) ・ (いつまでも)うじうじ(する) ・ いじいじ(と思い悩む) ・ 悪あがき(する) ・ 女々しい(態度) ・ 女々しく ・ 男らしくない ・ (彼女を)思い切れない ・ 思い切りが悪い ・ 往生際が悪い ・ (態度が)素直でない ・ プライドがない ・ (満たされない思いが)くすぶり続ける ・ (残念な思いが)後を引く ・ 未練がましい ・ 未練がましく ・ 泣くに泣けない(結果) ・ 忘れられない ・ 忘れかねる ・ 泣く泣く(諦める) ・ (死者の)怨念 ・ (△地位[金銭]に)恋着(する) ・ (地位に)恋々(とする) ・ (気持ちが)吹っ切れない ・ (ぶすぶすと思いが)くすぶる ・ 未練たらしい ・ 未練たらしく ・ 未練のこもった(顔) ・ 粘る ・ しつこい ・ 恨めしい(気持ち) ・ 諦めない ・ 諦めが悪い ・ 諦めがつかない ・ 負けを認めない ・ ごまめの歯ぎしり ・ (意味なく)あがく ・ いじましい ・ (態度が)見苦しい ・ 身を切られる(ような)(思い) ・ (任期が切れてもトップの座に)居座る ・ 断腸の思い(で断念する) ・ 気持ちが割り切れない ・ 我執むき出し(の態度) ・ (万策尽きても)じたばた(する) ・ (体面に)こだわって(訂正しない) ・ 心の置き所がない ・ やせ犬の遠吠え ・ (大臣の椅子に)しがみつく ・ 泣きの涙で(手放す) ・ 恨めしそう(な顔) ・ 泣く泣く(別れる) ・ 強がり(を言う) ・ 負け惜しみ(を言う) ・ (いかにも)見苦しい ・ 未練たっぷり ・ 消えない(思い) ・ (自分を)抑制できない ・ 潔くない ・ 潔さがない ・ 気持ちの持って行き場がない ・ 躊躇(する) ・ (過去に)執着する ・ 無駄な抵抗 ・ 醜い ・ 無念(の思い) ・ 責任逃れ(の言動) ・ (勝負に負けて)ふてくされる ・ あとひと息(のところ) ・ 健闘(した) ・ 足りない ・ あと一歩(届かない) ・ (今一歩)及ばない ・ (頑張りが)実らない ・ いまひとつ(満足いかない) ・ 惜しい ・ 残念(だ) ・ もう少しで悔やまれる ・ あと少しで ・ あとちょっとで ・ くやしい ・ 遺制 ・ (三年前の事故が)後を引く ・ 余韻(を残す) ・ (自然災害の影響が)影を落とす(経済) ・ (震災の)(落とした)影(はまだ色濃い) ・ (景気対策の)後遺症(としての財政赤字) ・ (状態が)停滞(する) ・ (ある出来事の)残響 ・ 問題が残る ・ 余熱が残る ・ 余情(を味わう) ・ 消えない ・ 尾を引く ・ 後々まで(響く) ・ (従来の)惰性(で漫然と続く) ・ (いまだ)ほとぼりの冷めやらぬ(面持ち) ・ ほとぼり(が冷めるまで~) ・ (過去を)引きずる ・ (面影が)揺曳ようえい(する) ・ (栄耀栄華の)残映 ・ (親の)余光をこうむる ・ (光の)残像 ・ 揺り戻し ・ 名残 ・ (不況が)長引く ・ (正月気分が)抜けない ・ 影響(△が残る[を残す]) ・ (影響を)後に残す ・ 根に持つ ・ (悪習が)存続(する) ・ (余震が)続く ・ 去らない ・ (ずっと)後まで続く
未練(が残る)(未分類)未練(が残る)(未分類)  未練が残る寂しい ・ 投棄する ・ 出す ・ 放す ・ やっつける ・ 片づける ・ 思い切る ・ 放棄する ・ 見切る ・ 整理する ・ 焼き捨てる ・ 叩き売る ・ 譲る ・ 捨てる始末する ・ たれ流す ・ 未練が残る ・ 廃棄する ・ 省く ・ バッタ屋に流す ・ 捨て値で売る ・ 放置する ・ 捨てる ・ 売り払う ・ 手放す ・ 譲渡する ・ うしろ髪を引かれる思い ・ 寂しい ・ じくじたる思い ・ 唇を噛む ・ 悔いる ・ 後悔する ・ 慚愧に堪えないほぞを噛む ・ 殺す ・ お祓い箱にする ・ 排出する ・ 畳む ・ 処分する ・ かき出す ・ やっかい払いする ・ 諦める ・ 渡す ・ 一掃する ・ 間引く ・ 売り渡す ・ 捨て去る ・ 売る ・ 断捨離 ・ 料理する ・ 始末する ・ 追想する名残惜しい ・ 悔恨 ・ 覆水盆に返らず ・ 痛い目を見る ・ 悔いが残る ・ 後悔先に立たず ・ 悔悟
キーワードをランダムでピックアップ
半島おっぱい次官戦士隣家キューピッド陰核獅子の子落とし観劇目板コンソメ取り組むベースアップところてんへんてこ危機感を抱かせる子供をうまくとりなす天来の妙技こずるい小商人癖が抜けない
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. 未練が残る別れるのがつらい・辛い別れ
  2. 未練(が残る)心残りがある
  3. 未練(が残る)(未分類)