表示領域を拡大する
死に直面するの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
どうすることもできない危険な状況にある(絶体絶命ぜったいぜつめい  (死に)直面(する) ・ 重大な危機に直面している ・ 危機 ・ 逃げられない ・ 不可避 ・ とどめを刺される ・ (△命[経営]が)危ない ・ (もう)だめ(だ) ・ (もはや)おしまい ・ 死の淵(に立たされる) ・ (△死[危険]と)紙一重 ・ 逃げ道を塞がれる ・ 再起不能に追い込まれる ・ 息の根を止められる ・ 極限状況 ・ 苦境 ・ どうにもならない ・ 生命が脅かされる ・ 限界状況 ・ やばい ・ (相手側には)チャンス ・ 絶体絶命 ・ (死と)隣り合わせ ・ 殺される ・ 生存確率0% ・ 決定的なダメージを受ける ・ 万策尽きる ・ 無限の砂漠 ・ (崖っぷちに)追い詰められる ・ 切羽詰まる ・ 窮する ・ (破滅の)寸前まで行く ・ 非常時 ・ 南無三(!) ・ あわや(、と思う間もなく) ・ どうすることもできない ・ (衝突)寸前 ・ 命乞い ・ ピンチ ・ 万事休す ・ 土壇場 ・ 出口がない ・ 生き残る道が残されていない ・ 戦時 ・ 苦肉の策 ・ 窮策 ・ (指導を)仰ぐ ・ 助け(を求める) ・ (救援を)請う ・ (支援を)要請(する) ・ 最後の最後には ・ いよいよとなったら ・ 危急の場合 ・ 最悪の場合 ・ あわやの場合 ・ いざとなれば ・ いざとなったら ・ いよいよ困れば ・ 行き着くところまで行ったら ・ くぐり抜ける ・ 虎口を脱する ・ 虎口を逃れる ・ (かろうじて)命をつなぐ ・ 九死に一生(を得る) ・ あわや(△大事故になるところだった[というところで助かる]) ・ 生存(者) ・ 窮地を脱する ・ すんでのところで(命を救われる) ・ 助かる ・ 生きる ・ 負けない ・ 死に遅れる ・ 死に遅れて(このざま) ・ 不死身(の△体[男]) ・ (△修羅場を[しぶとく])生き残る ・ (かろうじて)生き延びる ・ サバイバル ・ 乗り越える ・ (今なお)死ねない ・ しぶとい ・ 奇跡的(に助かる) ・ 生き延びる ・ (一命を)取り留める ・ 命冥加 ・ (どっこい)生きている ・ 危機一髪で回避 ・ 老いさらばえる ・ 老いさらばえて(生き残る) ・ 援軍が来る ・ 命拾い(する) ・ (競争に)勝ち抜く ・ ぎりぎり(のところ)(でふんばる) ・ (無事に)生還(する) ・ (瞬間的)回避 ・ (包囲網を)すり抜ける ・ (なお)健在 ・ 帰還(する) ・ (困難を)くぐる ・ (苦難を)乗り切る ・ 死に損なう ・ 寸止め(攻撃) ・ 死線を越える ・ (危機を)切り抜ける ・ 生き恥をさらす(羽目になる) ・ 長生き(する) ・ 運よく(救助される) ・ 危うく(難を免れる) ・ 危ういところで(助かる) ・ もう少しで(死ぬところだった) ・ 生き抜く ・ 生き残っていく ・ 急いで ・ 急遽 ・ 情緒を欠く ・ 先に行く ・ 緊切 ・ 切迫している ・ 急激 ・ 火急 ・ 全速力 ・ 急ぐ ・ 早急 ・ 特急 ・ 間に合わせる ・ 高速 ・ 急ぎ ・ 緊急 ・ 至急 ・ 大急ぎ ・ 速い ・ フルスピード ・  ・ 慌ただしい ・ 早い者勝ち ・ 遅れ取り戻す ・ 王手(飛車取り) ・ 秘訣 ・ 封じ手 ・ 伝家の宝刀を抜く ・ 秘術 ・ 奥の手 ・ 秘計 ・ 密計 ・ 非常手段(△をとる[に訴える]) ・ 切り札 ・ 秘策 ・ 取って置き(の手段) ・ 秘法 ・ 窮余の一策 ・ 抜け道 ・ 活路 ・ 土俵際 ・ 徳俵に足がかかる ・ 押し込まれる ・ 追い込まれる ・ 窮地(に立たされる) ・ (停学に)リーチがかかる ・ 逃げ場がない ・ (危機が)迫る ・ (背後は)断崖絶壁 ・ 退路を断つ ・ 退路が断たれる ・ 剣が峰(に立たされる) ・ 背水の陣 ・ 瀕死(の状態) ・ テンパる ・ これ以上は負けられない ・ 次のチャンスはない ・ ラストチャンス ・ (もはや)後がない ・ ルビコン川を渡る ・ 差し迫る ・ あわや(のところ) ・ (これ以上)後ろに下がれない ・ 壁に突き当たる ・ 壁際に立たされる ・ (人生の)角番かどばん(に立つ) ・ 崖っぷち(に立たされる) ・ どん底(に行き着く) ・ 瀬戸際 ・ ぎりぎり(のところ)(△に来る[でふんばる]) ・ 際どい(ところ)(で大事を防ぐ) ・ (もう)後に引けない ・ 後に下がれない ・ 後に戻れない ・ 後戻りできない ・ 進退きわまる ・ ガラス細工(の合意) ・ 脅かされる ・ (屋台骨が)傾く ・ 窮地(に陥る) ・ (蜜月関係に)ひびが入る ・ 不確実(な未来) ・ 危急の(事態) ・ (問題が)のしかかる ・ (国家)存亡のとき ・ ぐらつき(を示す) ・ 危地 ・ 累卵の危うき ・ (△現状維持[存続]が)危うい ・ 危うくなる ・ △屋台骨[正当性]が揺らぐ ・ 綱渡り(のような)(経営) ・ 曲芸的な(行動) ・ (危ない状況に)追い込まれる ・ (極めて)不安定 ・ 危篤(状態) ・ 一寸先は闇 ・ (根幹を)揺さぶられる ・ 磐石ではない ・ 脆弱な(均衡) ・ 危険が迫っている ・ 斜陽化する ・ 危険な立場に立たされる ・ 危ない ・ 風前の灯 ・ 危機(に瀕する) ・ もろい(バランス) ・ (破綻の)縁にある ・ (シナリオが)崩れかける ・ (いよいよ)追い詰められる ・ (△現状維持[立場]が)危うい ・ 土台がきしむ ・ (不良債権という)爆弾を抱えている ・ 危険にさらされる ・ 危殆(に瀕する) ・ ピンチ(に△立たされる[見舞われる]) ・ 心もとない ・ いざ必要という時 ・ 緊急時の場合 ・ 一大事という時(に) ・ まさかの時 ・ ここ一番の時 ・ (一朝)有事の際 ・ (極めて)重要な場面(で) ・ 万一の時 ・ いざという時 ・ ここぞという時 ・ 際どい ・ 鍔際 ・ 先途 ・ 関頭 ・ 関が原 ・ 天下分け目 ・ 運命の分かれ目 ・ 剣が峰に立つ ・ 危急存亡の秋 ・ 天王山 ・ 死活にかかわる(問題) ・ 危機一髪 ・ 将来が決まる ・ 一触即発 ・ 追い詰める ・ 決断を迫る
死に直面の類語、関連語、連想される言葉
死に直面の類語、関連語、連想される言葉
キーワードをランダムでピックアップ
柱石お祭り気分極地短距離抵当学事滴下潜航書き抜く誰何スペリング石造り応手おどおど液状以前のような生活が出来なくなくなる杖を突く作品に味がある