表示領域を拡大する
湯水のように使うの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
湯水のように使う思い切って金を出す湯水のように使う思い切って金を出す  散財 ・ 蕩尽 ・ 使い果たす ・ 金に糸目を付けない ・ 奮発(△する[して買う]) ・ 張り込む ・ (巨費を)投じる ・ 札片を切る ・ 高価 ・ つぎ込む ・ 金に飽かせる ・ 無駄遣い ・ 叩く ・ 気張る ・ (金を)突っ込む ・ 宵越しの金は持たない ・ 投入する ・ (公的資金を)注入する ・ チップを弾む ・ 乱費 ・ 浪費 ・ 身代を棒に振る ・ 破産 ・ 買い物依存症 ・ 擦る ・ 徒費 ・ 空費 ・ (女に)入れあげる ・ 奢る ・ 豪遊 ・ 総揚げ ・ 大尽遊び ・ 奢侈 ・ あっさり ・ 分に過ぎた消費 ・ 豪華 ・ 暖衣飽食 ・ 贅沢 ・ 高級 ・ 夢のような(ケーキ) ・  ・ デラックス ・ 奢り ・ 必要以上に金を使う ・ 栄耀栄華 ・ ぱっぱと金を使う ・ 豪華絢爛 ・ むざむざ ・ 豪奢 ・ 驕奢 ・ 身分不相応 ・ 度が過ぎる ・ 豪勢 ・ 惜しげもなく ・ 穴を空ける ・ 使い込む ・ つまみ食い ・ ばらまき(予算) ・ 総花的(予算) ・ (FXで百万円)溶かす ・ ばらまく ・ 放漫(財政) ・ 買い替える ・ 買収 ・ 購売 ・ 調える ・ 購う ・ 買う ・ (札束が)乱舞(する) ・ 買い取る ・ 買い入れる ・ ショッピング ・ 用意 ・ (金が)乱れ飛ぶ ・ 資金が動く ・ 買い上げる ・ 買い込む ・ 買い受ける ・ 求める ・ 買い物 ・ 購入(する) ・ 買い時 ・ 銭遣い ・ △金[時間]を掛ける ・ 費消 ・ 金離れ ・ 遣う ・ 費やす ・ 金遣い ・ 賭ける ・ 消費 ・ △金[時間]を食う
湯水のように(使う)ある数量より多くてあまる(あまる)湯水のように(使う)ある数量より多くてあまる(あまる)  過剰(な供給) ・ 剰余 ・ 余す ・ 余白 ・ 余り ・ 有余 ・ 残り ・ 残る ・ 立錐の余地 ・  ・ 余力がある ・ はみ出す ・ はみ出る ・ (暇を)持て余す ・ 残余 ・ 以上 ・ ゆとりがある ・ あふれる(ほど)(の情熱) ・ 余地 ・ 余剰 ・ 遊休(施設) ・ 有り余る ・ 多すぎる ・ ありすぎる ・ だぶつく ・ 行き場を失う(未利用食材) ・ 余裕(がある) ・ 多い ・ 必要以上にたくさんある ・ 過ぎる ・ 余計 ・ 余分 ・ 余る ・ 使いきれない ・ 使いこなせない ・ 余りある ・  ・ 十分すぎる ・ 十分以上(の性能) ・ 十二分(の報酬) ・ 不必要なほど(の広さ) ・ (状態が)停滞(する) ・ 尾を引く ・ (三年前の事故が)後を引く ・ (悪習が)存続(する) ・ (余震が)続く ・ 余韻(を残す) ・ (いまだ)ほとぼりの冷めやらぬ(面持ち) ・ (影響が)残る ・ 名残 ・ 根に持つ ・ (不況が)長引く ・ 余財 ・ 遺産 ・ 余臭 ・ 微香 ・ 移り香 ・ 残香 ・ 余香 ・ 残り香 ・ 残された人生 ・ 余生 ・ 残生 ・ 見切り品 ・ 売れ残り ・ お払い物 ・ 洗い物 ・ 残り物 ・ 残物 ・ (ハンドル)の遊び ・ (必要な)緩み ・ 自由度(が高い) ・ (△バネ[クッション;タイヤ]が)ショックを吸収する ・ (まだ)余裕(がある) ・ (一定の)幅(を持たせる) ・ 余地(がある) ・ (動力伝達には直接関係しない)遊び車 ・ 不感帯 ・ 中立帯 ・ 余分(な部分) ・ 余り(の部分) ・ 無用の用 ・ (能力の)伸びしろ(が大きい) ・ (経済的な)ゆとり ・ (心に)ゆとり(を持つ) ・ (万一に備えて)取り置く ・ (力を)温存(する) ・ 余力を残す ・ 余らせる ・ 予備 ・ スペア ・ 余裕(を見せる) ・ (経費を)浮かす ・ 切れ端 ・ (革の)端 ・ (利用後の)残り ・ 廃材 ・ 半端物 ・ 残存物 ・ 古材 ・ お釣り(の人生) ・ (人生の)余白 ・ 余分(な時間) ・ 不用品 ・ 使用済み(の乾電池) ・ 解体ごみ ・ (食べ)かす ・ 食べ残し ・ おこぼれ(にあずかる) ・ 切りくず ・ 余資 ・ 余得 ・ (費用が)浮く.浮いた(お金) ・ (失敗を補ってなお)余りある ・ (差し引きして)得になる ・ 身に余る(お言葉) ・ (なお)余裕がある ・ (引き算しても)(十分)プラスになる ・ 十分すぎる(広さ) ・ 十分に補うことができる ・ (マイナス面を差し引いても)お釣りがくる(ほどの魅力) ・ (二時間を)下回らない(時間) ・ (二十歳)以上(の男性) ・ (一つや二つ)(では)きかない ・ (九割)強 ・ (百万では)足りない ・ (合格)ライン(に届く) ・ (大会で)メダル(を目指す) ・ (年収一千万円)超(のサラリーマン) ・ (三年を)下らない(期間) ・ (二歳)上(の人) ・ 上回る ・ (収入)(より)多い(出費) ・ (三位)以内(に入る) ・ (三万人を)超える(観衆) ・ (五十の)坂を越える ・ 少なくとも ・  ・ 分量 ・  ・ もう(これ以上)いらない ・ あれもこれも(欲しい) ・ 巨万 ・ 枚挙に遑が無い ・ (金が)うなる(ほど)(ある) ・ (使われなくなった信号機の)墓場 ・ 数多あまた ・ 数多すうた ・  ・ 巨億 ・ 無尽 ・ 自由になる ・ 数々 ・ 大幅 ・ 降るほど ・ 億兆 ・ たんまり ・ 無尽蔵 ・ たくさん ・ たくさんある ・ 多数 ・ 過多 ・ おびただしい ・ 最多 ・  ・ (夫婦)(の)数だけ答えがある ・ 山ほど(の仕事) ・ (問題が)山積 ・ 百千 ・ (言いたいことは)100(ほどある) ・ 大部 ・ 多く ・ 億万 ・ 大きい ・ 少なからず ・ ごろごろ ・ 幾多(の困難) ・ 売るほどある ・ 最大 ・ わんさと ・ 多き ・ ふんだん ・ 無数(の星) ・ 盛りだくさん ・ うじゃうじゃ ・ 夥多 ・ 莫大 ・ 数多く(の) ・ 大多数 ・ うんと ・ 無限大 ・ 桁外れ ・ 尽きせぬ ・ 絶対多数 ・  ・ ミリオン ・ 多分 ・  ・ 融通が利く ・ 多大 ・ 無量 ・ 千万 ・ 汗牛充棟 ・ うようよ ・ いくつも(ある) ・ 多々 ・  ・ しこたま ・  ・ たんと ・ 浩瀚 ・ 少なくない ・ もじゃもじゃ ・ (そんな例は)ざら(にある) ・ どっさり(取れる) ・ 膨大 ・ 仰山 ・ もも ・ (数が)多い ・ 多目 ・ 豊か(な) ・ たっぷり ・ 飽食(の時代) ・ 多量 ・ 豊潤 ・ ふんだん(△に使える[な資源]) ・ 満ち足りている ・ 不足がない ・ 豊富(な) ・ (見どころ)満載 ・ 盛りだくさん(のごちそう) ・ 恵まれる ・ (ライス)大盛り ・ (牛丼)特盛り ・ 山盛り ・ てんこ盛り ・ いっぱい ・ 大量 ・ 大入り ・ 潤沢(な) ・ 万斛 ・ 次々(と)(登場する) ・ (名曲の)オンパレード ・ 余るほど(ある) ・ 残るほど(ある) ・ 満々 ・ どっさり ・ 圏外 ・ 線を超える ・ 基準を超えている ・ アウト ・ 等外 ・ 枠外 ・ 別格 ・ (音程が)外れる ・ 格外 ・ 限界を超える ・ 範囲外 ・ 範囲の外 ・ 範囲を超える ・ (枠から)はみ出す ・ (仕事)以外(の話) ・ ファウル ・ 番外 ・ (限界を超えて)他の領分を侵す ・ らち外 ・ 売れ残る ・  ・ 剰員 ・ 残存 ・ (お)こぼれ ・ 書き残す ・ 残す ・ 余蘊 ・ 途中でやめる ・ 残留 ・ 残っている ・ し残す ・ 消え残る ・ 残部 ・ 取り残す ・ 焼け残る ・ 浮く ・ 燃え残る ・ なくならない ・ 過剰 ・ 越える ・ 過ごす ・ 足が出る ・ 通り越す ・ 入超 ・ オーバー ・ 出超 ・ 越す ・ 貸し越し ・ やり過ごす ・ 行き過ぎ ・ 超過 ・ 突破 ・ 長じる
湯水のように(使う)(未分類)湯水のように(使う)(未分類)  産を傾ける ・ 財布の底をはたく ・ 湯水のように使う ・ 金に飽かす ・ 浪費する ・ 贅を尽くした ・ 惜しみなくつぎ込む ・ 金に糸目をつけない ・ あるに任せて使う ・ 金次第 ・ 寛容 ・ 金に飽かせて ・ 惜しまない ・ 豪快に ・ 景気よく ・ 豪勢に ・ 乱用 ・ 乱獲 ・ 乱開発 ・ 無駄使い ・ 悪所通い ・ 飲み食い ・ 道楽 ・ 遊び ・ 遊興 ・ 贅沢三昧 ・ 気前よく使う ・ 羽振りがよい ・ ざあざあと継ぎ込む ・ 使いたいだけ使う ・ 金を惜しまない ・ 贅沢に使う ・ 気前がよい ・ 大金をつぎ込む ・ 贅沢な ・ 羽振りをきかせる ・ 豪勢な ・ 気前よく ・ 大名旅行 ・ 羽ぶりよく ・ 派手に ・ もったいない ・ 湯水のように使うじゃぶじゃぶ使う ・ 無駄にする ・ 利用 ・ 飲食 ・ 乱痴気騒ぎ ・ 飲めや歌え ・ 飲む打つ買う ・ どんちゃん騒ぎ ・ 札びらを切る ・ むだ遣い ・ 湯水の様に遣う ・ むだ使い ・ 無駄づかい ・ ウエースト ・ 冗費
キーワードをランダムでピックアップ
沃土丸髷若げ虚実共に奇跡開設決まっていない貿易先鞭求心もつれる断水仕着せ遺言状競争凸面鏡リビングダイニング合致する目鼻をつける
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. 湯水のように使う思い切って金を出す
  2. 湯水のように(使う)ある数量より多くてあまる(あまる)
  3. 湯水のように(使う)(未分類)