表示領域を拡大する
目を覆う(ばかりの惨状)の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
部屋がひどく散らかっている  目を覆う(ばかりの惨状) ・ 乱雑な(部屋) ・ ぶっ散らかす ・ (床が)埋め尽くされる ・ 過密(状態) ・ まともに立てる場所がない ・ おもちゃ箱をひっくり返したような(惨状) ・ 足の踏み場もない ・ 散らかる ・ 片付いていない ・ 片付けられない(人) ・ 整理されていない ・ (物が)いっぱい ・ 雑然と ・ (ものが)散乱 ・ (物で)あふれる ・ あふれ返る ・ 所狭し(と)(物が積まれる) ・ (部屋の中が)ごちゃごちゃ ・ まとまりなく(置かれる) ・ (物が)多すぎる ・ 手狭になる ・ (場所的に)余裕がない ・ (物を置く)スペースがない ・ (これ以上収納の)余地はない ・ 所狭し(と物が置かれる) ・ (部屋が)物でいっぱい ・ (もう)満杯 ・ (物が部屋を)満たす ・ (受け入れも)手いっぱい ・ 乱脈 ・ 上を下への ・ 所狭し(と) ・ 交錯 ・ 三つどもえ ・ 雑然(とした部屋) ・ ごしゃごしゃ ・ 紛乱 ・ 不整 ・ 雑多 ・ 入り乱れる ・ 不整頓 ・ 蜂の巣をつついたよう ・ 混線 ・ 群がる ・ 混乱 ・ ごてごて(と飾りつける) ・ 蕪雑 ・ (落花)狼藉 ・ 紛々 ・ 押し合いへし合い ・  ・ しどろ ・ 無秩序(に入り乱れる) ・ 乱れている ・ ごっちゃ ・ 決まりがなくなる ・ 混ぜ返す ・ ごった(煮)(的) ・ まんじ巴 ・ まんじ巴(に闘う) ・ 何が何やらわからない ・ もみ合う ・ (言葉の)海 ・ (言葉の)樹海 ・ 乱す ・ 芋を洗うよう ・ 乱雑 ・ 整理されない ・ かき回す ・ かき乱す ・ 押すな押すな ・ 紊乱 ・ 乱れる ・ かく乱 ・ こう乱 ・ 鼎の沸くが如し ・ 鼎の沸くよう ・ 百鬼夜行 ・ ごちゃごちゃ ・ まとまりがない ・ わい雑(な裏町) ・ 懐乱 ・ 繚乱 ・ 四分五裂(の状態) ・ ごたごた ・ ひっかき回す ・ 複雑 ・ 紛然 ・ 飛び違う ・ (全体が)乱れる ・ 錯乱 ・ 混迷 ・ 住み荒らす ・ (自然を)破壊(する) ・ (畑を)踏み荒らす ・ 荒らす ・ 荒らしまくる ・ まとまりがなくなる ・ 食い荒らす ・ 荒れ果てる ・ 荒廃 ・ 散らかす ・ そそける ・ 荒れる ・ (猿が)悪さをする ・ 取り乱す ・ 散らばる ・ ずたずた(にする) ・ 取り散らす ・ 食い散らす ・ うっ散らかす ・ 振り乱す ・ 散乱 ・ めちゃめちゃ(にする) ・ 潤沢(にある) ・ どこにでもある ・ (もので)埋まる ・ 飽和状態 ・ 雨後のたけのこ(のように) ・ (物質文明が)栄える ・ (部屋を)埋め尽くす ・ 濫造(される) ・ 有り余る(ほど)(ある) ・ だらけ ・ 豊か(な資源) ・ 飽食の(時代) ・ 豊富(にある) ・ 集まる ・ (部屋が本で)いっぱい ・ 多い ・ (人が)あふれる
(未分類)  横を向く ・ 目を伏せる ・ 俯く ・ 目を覆う ・ そっぽを向く ・ 目を逸らす ・ 目も当てられない ・ わや ・ 窮する ・ まずい ・ 窮地 ・ 進退きわまる ・ ヤバい ・ 目を背ける ・ 二目と見られぬ ・ 目に余る ・ 見るに堪えない ・ 憎さげ ・ 伏目 ・ 目を落とす ・ 睫毛を伏せる ・ 瞼を伏せる ・ 瞼れる ・ 目を塞ぐ ・ 命辛々 ・ 這々の体で ・ 孤立無援 ・ 四面楚歌 ・ 俎上の鯉 ・ 不退転 ・ 袋の鼠 ・ 捨て身 ・ 後へは引けない ・ 騎虎の勢い ・ 乗りかかった船 ・ 背水の陣 ・ 目の前が真っ暗 ・ 絶望的 ・ 崖っぷち ・ お先真っ暗 ・ どうにもこうにも ・ にっちもさっちも ・ 抜き差しならない ・ のっぴきならない ・ 動きがとれない ・ やむを得ず ・ 背に腹は代えられぬ ・ 大目に見る ・ お目こぼし ・ 見て見ぬふり ・ 目線をはずす ・ 目玉が飛び出る ・ 目の敵にする ・ 目の色 ・ 正視できない ・ ひどい ・ 光景に耐えられない ・ おぞましい ・ グロテスクな ・ まともに見ない ・ 視線をそらす ・ 顔をそむける ・ 醜悪な ・ 目を側める ・ 胸が悪くなるような ・ 不快な ・ 目をそむける
キーワードをランダムでピックアップ
伝染病風貌凶猛外国ねた日頃部門相身互い会わせる仁徳飛揚腹鼓を打つ単衣潜水服明朝活字伸子木々赦し何としても欲しい一夜の夢