表示領域を拡大する
目隠しをするの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
目隠しをする事実や情報を隠す目隠しをする事実や情報を隠す  (証拠を)隠滅(する) ・ 証拠隠滅 ・ ひた隠し(にする) ・ 未公表(という対応) ・ (国民を)つんぼ桟敷(に置く) ・ 証拠を無くす ・ (情報を)握り潰す ・ 隠蔽(する) ・ 偽装工作 ・ 嘘で塗り固める ・ (足がつかないように)処分する ・ (△事実[犯行]を)隠す ・ ごまかす ・ ごまかし ・ 発覚を恐れる ・ (闇に)葬る ・ (事実を)韜晦とうかいする ・ (事件を)揉み消す ・ 明らかにしようとしない ・ 包み隠す ・ (詳細を)伏せる ・ (失敗を)糊塗こと(する) ・ なかったことにする ・ (マネー)ロンダリング ・ (事実[情報]を)秘密にする ・ (すべて)腹に収める ・ 隠し立て(する) ・ (△真実[臭い物]に)ふたをする ・ 虚偽(報告) ・ 粉飾(決算) ・ (帳簿)操作 ・ (情報源を)秘匿する ・ (誰にも)知らせない ・ (胸に)封じ込める ・ (証拠隠滅のために)放火(する) ・ (事実を)偽る ・ 封印(する) ・ (欠陥)隠し ・ (民は)よらしむべし知らしむべからず ・ 胸にしまっておく ・ 覆い隠す ・ (国民を)だます ・ (不正アクセスの)痕跡を消す ・ (現実からの)逃避 ・ 黒塗り(の文書) ・ 伏せ字(にする) ・ ほにゃらら ・ 隠す ・ 表ざたにしない ・ 素振りも見せない ・ (△意図[計画]を)秘密にする ・ (たくらみを)隠す ・ 漏らさない ・ 口を割らない ・ 腹黒い ・ 内緒(にする) ・ いんに籠もる ・ 雌伏(する) ・ 押し隠す ・ (殺意を)抱く ・ 言いはぐらかす ・ 言いはぐらかし ・ 一言も触れない ・ 韜晦とうかい(する) ・ (質問を)はぐらかす ・ (腹に)一物(ありそう)(な) ・ (出かかった言葉をぐっと)飲み込む ・ 胸(の奥)にしまい込む ・ (謀反のことなど)おくびにも出さない ・ (手の内を)明かさない ・ △情報[計画内容]を明かさない ・ 秘密主義 ・ (△情報[内容]を)明かさない ・ 秘する ・ (△心中深くに感情を[胸一つに])畳み込む ・ しゃべらない ・ 口をつぐむ ・ (周囲の人間を)ごまかす ・ (思惑を)秘めて ・ 密かに思う ・ (△胸に[胸の内に])しまい込む ・ (ひとり)胸の内にしまう ・ (事実を)伏せる ・ 内密 ・ 厳秘 ・ 極秘 ・ (知っていて)知らんふり ・ (情報を)囲う ・ 囲い込む ・ 隠れる ・ 裏(番長) ・ (その話には)裏(がある) ・ 密室性 ・ 隠蔽 ・ 掩蔽 ・ 閉鎖性 ・ 陰ながら ・ 隠し事 ・ 対外秘 ・ アンダーカバー ・ 闇の(組織) ・ 黒い~ ・ まる秘 ・ 隠密(行動) ・ 部外秘 ・ (大きな)謎に包まれる ・ 沈黙を守る ・ 陰に ・ それとなく ・ 他聞をはばかる(話) ・ 内聞 ・ (経営者の)隠れた(愛読書といわれる「韓非子」) ・ 枢密 ・ 一人で抱え込む ・ 隠蔽(体質) ・ 内分 ・  ・ 秘密のベール(につつまれたまま) ・ 暗に ・ ひそむ ・ ひそめる ・ 秘匿(事項) ・ 包む ・ 機密 ・ 仮面をかぶる ・ 公開しない ・ 非公開(の情報) ・ 未公開(情報) ・ 言わず語らず ・ 秘し隠す ・ 私事 ・ (不都合な部分を)黒塗り(にする) ・ 秘めやか ・ (△言論[情報]を)統制(する) ・ 黙秘(する) ・ (秘密を)握り込む ・ 猫かぶり ・ 秘める ・ 不透明 ・ 忍びやか ・ 無断 ・ 秘密にする ・ 秘め事 ・ 開示しない ・ 照れ隠し ・ 不都合(な意図) ・ 隠し立て ・ 口外しない ・ (家族には)黙っている ・ 不明朗 ・ 葬る ・ 忍ばせる ・ 表に出てこない ・ 秘密(にする) ・ 秘中の秘 ・ 煙幕を張る ・ (~のことを)隠す ・ 隠れ(△ミッキー[キリシタン]) ・ 隠し(△金庫[味]) ・ (トップ)シークレット ・ 人に知られては困る ・ 忍ぶ ・ 胸の内に留めておく ・ 胸奥に収める ・ 蔽う ・ 楽屋落ち ・ 伏せる ・ 秘密を守る ・ 守秘(義務により保護される) ・ 公表を避ける ・ 言わぬが花 ・ 沈黙は金 ・ 知らぬが花 ・ 知らぬが仏 ・ (何を聞いても)無言の行 ・ 言わない ・ 口が堅い ・ (御)内聞(に願います) ・ (取材に)応じない ・ (秘密を)墓場まで持っていく ・ 緘黙(する) ・ (従業員の)秘密を保持する ・ 守秘義務(を持ち出す) ・ (秘密)厳守 ・ かん口令(を敷く) ・ (情報について)話さない
キーワードをランダムでピックアップ
参事身体うじうじ獄舎独裁見返り吉左右事触れ見本化学直覚お捻り男食い裏街道の人物引っ掛かかる風波が小船を翻弄する根元に土を寄せる手慰みに鉛筆を転がす面白い仕掛け親しみにあふれた口調