表示領域を拡大する
結論がないまま中途半端に終わるの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
話がまとまらない、結論が出ない  (結論がないまま)中途半端に終わる ・ くねり道が続く ・ 平行線をたどる ・ (話が)まとまらない ・ ああでもないこうでもない ・ (責任論が)宙に浮く ・ 堂々巡り ・ (会議が)だらだら(と長引く) ・ (国会審議が)空転(する) ・ 同じところを回る ・ 果てしない(議論) ・ 延々と続く ・ 結論が出ない ・ (議論が)迷走(する) ・ (議論が)進まない ・ (条件が)折り合わない ・ 会議は踊る(、されど進まず) ・ 無駄(な議論) ・ 利害が合わない ・ 小田原評定 ・ (議論は)すれ違い(に終わる) ・ (意見に)ずれ(がある) ・ (話が)噛み合わない ・ (お互いに)言いっぱなし(で終わる) ・ ピントが合わない ・ (生命の)神秘 ・ つかみどころがない ・ 非論理的 ・ ファジー(な) ・ (豊かさの定義が)問われている ・ (虚実)皮膜の間 ・ 玉虫色(の決着) ・ (真偽の)区別がつかない ・ グレーゾーン ・ 不透明な(部分) ・ 非科学的 ・ (真実かどうか)疑わしい ・ (結論がないまま)中途半端に終わる ・ うやむや(になる) ・ (根拠が)あやふや ・ 蜂の巣をつついたよう(な)(騒ぎ) ・ 大揺れ(の家族会議) ・ (あれこれ)かまびすしい ・ (会議が)荒れる ・ 賛否が入り交じる ・ 多角的に検討する ・ (議論が)ごちゃごちゃ(する) ・ 口角泡を飛ばす ・ 支離滅裂(の対応) ・ 二転三転(会議) ・ 右往左往 ・ まとまらない ・ 混乱(する) ・ 喧々囂々けんけんごうごう ・ 侃々諤々かんかんがくがく ・ 乱戦(模様) ・ (議論が)紛糾(する) ・ 乱闘(国会) ・ 不満が渦巻く ・ (会議が)大荒れ(する) ・ 議論百出 ・ すったもんだ(する) ・ 四分五裂(の党内) ・ 波乱(の幕開け) ・ 意見が分かれる ・ てんでに(しゃべり出す) ・ わいわい(言い合う) ・ 好き勝手(に)(意見を言う) ・ 実りがない ・ 同じことの繰り返し ・ (したのに)報われない ・ ピント外れの努力 ・ 空転 ・ (とんだ)お笑いぐさ(だぜ) ・ 無駄に回転する ・ 無配 ・ 無配当 ・ 空回り ・ ああ言えばこう言う ・ 口げんか ・ 水掛け論 ・ 蒸し返す ・ 宙に浮いている ・ 際限なく続く ・ (互いに)譲らない ・ 決着がつかない ・ (どちらも)妥協しない ・ 口論 ・ 迷宮入り ・ (犯人不明のまま)(捜査が)打ち切り(となる) ・ 留保 ・ (真相は)闇の中に葬られる ・ 未解決 ・ 解決がつかない ・ 棚上げ
真相がはっきりしない  (結論がないまま)中途半端に終わる ・ (責任論が)宙に浮く ・ うやむや(になる) ・ グレーゾーン ・ ファジー(な) ・ (真実かどうか)疑わしい ・ (豊かさの定義が)問われている ・ (真偽の)区別がつかない ・ 非科学的 ・ (生命の)神秘 ・ (虚実)皮膜の間 ・ (根拠が)あやふや ・ 玉虫色(の決着) ・ つかみどころがない ・ 不透明な(部分) ・ 非論理的 ・ おかしい ・ 首をひねる ・ 不信感を抱く ・ 納得できない ・ (いまいち)納得がいかない ・ 納得しない ・ 狐に摘まれたよう ・ 変だと思う ・ 抵抗感 ・ 理解できない ・ (~との間に)距離を感じる ・ 不可解に思う ・ (そいつは)考え物だ ・ 何だかなあ ・ 訳が分からない ・ (今ひとつ)ピンとこない ・ 抵抗を覚える ・ 承知できない ・ 不思議に思う ・ (判断が)微妙 ・ (論理的に)すっきりしない ・ 落ち着かない(感覚) ・ 不可解な思い ・ ざらっとした ・ 腑に落ちない(風情) ・ 賛成しかねる ・ 浮かない顔 ・ そういうもんかなあ ・ もやもや(する) ・ 合点がいかない ・ 真意を測りかねる ・ 妙な気分(になる) ・ 戸惑いを感じる ・ 中途半端(な気持ち) ・ おぼつかない ・ 理解に苦しむ ・ 腑に落ちない ・ 解せない ・ (真意を)測りかねる ・ 釈然としない ・ (釈然としない)ざらざら(した気分)(になる) ・ ざらざらした(気分) ・ いぶかる気持ち ・ 何だかなぁ ・ 合点(がてん)がいかない ・ 怪訝(△な顔[そう;に思う]) ・ 自己矛盾に陥る ・  ・ (説明に強い)違和感を持つ ・ 疑問に思う ・ (今ひとつ)(という)思いをぬぐえない ・ よく分からない ・ (返事が)重い ・ 腑に落ちない(顔) ・ ざらりとした(感触) ・ いぶかる ・ いぶかしむ ・ いぶかしがる ・ 怪訝(に思う) ・ (気持ちの上で)引っかかるところがある ・ (どうにも)引っかかる ・ わだかまり(が残る) ・ 疑問を抱く ・ 危ぶむ(ような目) ・ 半信半疑(だ) ・ 不審(△がる[に思う]) ・ 不審げ ・ 眉に唾をつける ・ 危ながる ・ 信憑性に問題がある ・ 納得いかない(という風に眉をひそめる) ・ 疑問(△に思う[が生じる]) ・ 疑問を覚える ・ (どこか)おかしい(と思う) ・ 疑義(がある) ・ 曖昧(な証言) ・ (容疑者として)マークする ・ 目をつける ・ 信じない ・ 信じられない ・ 信じかねる ・ 疑わしい ・ 怪しむ ・ (あのアリバイは)怪しい(と思う) ・ すっきりしない(話) ・ 懐疑(的) ・ 疑惑 ・ 勘ぐる ・ 疑懼ぎく(の念)(をいだく) ・ 疑問視(する) ・ 謎(△が深まる[の行動]) ・ 信用しない ・ 疑点 ・ 引っかかり(を感じる) ・ 目を疑う ・ 探るような目で見る ・ 目をこすって見る ・ 疑いの目で見る ・ 疑いの目を向ける ・ うろんな目で見る ・ 猜疑(△心[を持つ]) ・ (なれなれしさを)警戒する ・ わだかまるものがある ・ 虚実ない交ぜ(の持ちかけ話) ・ どうも変だ ・ (あの素振りはどうも)臭い ・ 邪推(する) ・ 見とがめる ・ 信を置かない ・ (疑問が)芽生える ・ 信用できない ・ 疑心(を抱く) ・ 真に受けられない ・ (△事実と違うのではないかと[真意を])疑う ・ 疑い(を△挟む[差し挟む]) ・ 疑いを持つ ・ 疑いをかける ・ 不信をあらわにする ・ 灰色(高官) ・ インチキくさい ・ 疑問なしとしない ・ つじつまが合わない ・ (誰もが)疑心暗鬼(になる) ・ (そんなの)うそに決まっている ・ 不思議がる ・ 不思議そう(な目をする) ・ (限りなく)黒に近い ・ うそっぽい ・ 頭をひねる ・ (小)首をかしげる ・ 疑ってかかる ・ 警戒(の念) ・ 額面どおりには受け取れない ・ なぜだろう ・ (気持ちに)引っかかるところがある ・ いぶかしげ(な表情) ・ (疑念が)晴れない ・ 疑念(を△持つ[抱く]) ・ くさい(情報) ・ 疑団 ・ いぶかり(つつ) ・ いぶかしく思う ・ (△どうも[何か])引っかかる ・ 鵜呑みにはできない ・ 嫌疑 ・ はっきりしない ・ (ゲスの)勘ぐり ・ うたぐる ・ いぶかしい ・ 不信感(を持つ) ・ (疑惑が)頭をもたげる ・ (説明に)納得しない ・ (収賄の)容疑 ・ (本当かどうか)分かったものではない ・ 不正の臭いがする ・ 無駄(な議論) ・ 延々と続く ・ (条件が)折り合わない ・ 平行線をたどる ・ 結論が出ない ・ (議論が)迷走(する) ・ (会議が)だらだら(と長引く) ・ 会議は踊る(、されど進まず) ・ (話が)まとまらない ・ ああでもないこうでもない ・ 堂々巡り ・ 利害が合わない ・ (結論がないまま)中途半端に終わる ・ (議論が)進まない ・ くねり道が続く ・ (国会審議が)空転(する) ・ 同じところを回る ・ 果てしない(議論) ・ 小田原評定 ・ 難解 ・ 何となく ・ 濃度が薄まる ・ おぼろ(月夜) ・ 不分明 ・ 未知 ・ 半透明 ・ 霧の向こうに見える ・ 漠然(と) ・ 自明ではない ・ 不透明 ・ 不正確 ・ 区別がつかない ・ 紛れ込む ・ ぼうっと ・ 曖昧(になる) ・ ぼやける ・ かすむ ・ 鮮明でない ・ (詳細は)分からない ・ 不可測 ・ (間に)紛れる ・ 隠然 ・ 照明が暗い ・ ぼんやり ・ 彷彿 ・ (形が)崩れる ・ 何らかの ・ なにがしかの(心の準備) ・ 曇り ・ (よく)分からなくなる ・ にぶい ・ 茫々 ・ 八方塞がり ・ お先真っ暗 ・ 朦朧 ・ ほのか ・ 杳として ・ 迷宮 ・ 不明瞭 ・ はっきりしていない ・ (本質が)ぼける ・ 不明 ・ 冥々 ・ 明確でない ・ 不可知の(分野) ・ かすれる ・ ある(日) ・ 見境がつかない ・ 隠微 ・ 縹渺 ・ 確かでない ・ 明らかでない ・ (焦点が)拡散する ・ おぼろげ ・ 薄々 ・ つまびらかでない ・ ぼかされる ・ 不鮮明 ・ 雲をつかむよう ・ 曖昧模糊 ・ 淡い ・  ・ 未詳 ・ 判然としない ・ もやもや ・ そこはかとなく ・ 模糊 ・ ほんのり ・ ほのぼの ・ 茫乎(として) ・ 晦渋 ・ 判別がつかない ・ エックス ・ 漠々 ・ (特徴が)影をひそめる ・ 定かでない ・ いい加減(な記憶) ・ 不詳 ・ 何らか(の)(対応) ・ 要領を得ない ・ 不確か(な) ・ 埒もない ・ 不明確 ・ 不測
キーワードをランダムでピックアップ
学閥直取引清新暗がり桁が違う遠出げてもの食い機転が利く飽くたぎるぐずつく後頭部どうやら蜂の巣をつついたようやらずぼったくり一途な歌声に心がとろける子どもっぽい練習の相手になる人の思念が通じる