表示領域を拡大する

記録的の類語、関連語、連想される言葉

 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
記録的(な猛暑)多くの中で特にすぐれている(抜きん出る)記録的(な猛暑)多くの中で特にすぐれている(抜きん出る)  隔離された(立場) ・ (大人も)顔負け(の知識) ・ 押しも押されもしない ・ 光彩を放つ ・ 錚々そうそう(たる)(連中が集まる) ・ 尤物ゆうぶつ ・ ヘビー級(の作家) ・ 上澄み(の部分) ・ 飛び抜けている ・ 独歩 ・ (西の)横綱(と言われる温泉地) ・ 横綱級(の活躍) ・ (日本文学の)金字塔 ・ 特(賞) ・ えり抜き(の品) ・ 普通でない ・ 破天荒(の大安売り) ・ 秀抜 ・ ひとかど(の人物) ・ 屈指(の名曲) ・ 燦然と輝く(功績) ・ 指折り ・ 出色 ・ (うれしさは)ひとしお ・ (当代)無二(声楽家) ・ (当代)無比(の詩人) ・ 最高峰 ・ 何より(の好物) ・ (同類の中で)ぴか一 ・ 非凡 ・ 出る杭(は打たれる) ・ 超凡 ・ 並び無い ・ 際立った(出来栄え) ・ (科学技術の)すい(を集める) ・ 無類(の酒好き) ・ 粒より ・ 日本一 ・ 日の下開山(の横綱) ・ 得がたい(△品[人材]) ・ (関東)随一(の温泉地) ・ 抜群(に面白い) ・ (勇気)絶倫 ・ 卓抜 ・ 最愛(の人) ・ 有数 ・ 粒ぞろい ・ (~界でひときわ)屹立(した)(存在) ・ (文学界に)そびえ立つ ・ (天下)無双(の大力だいりき ・ 同日の論ではない ・ たぐいない(美しさ) ・ いっぱし(の職人) ・ (料理の味は)天下一品 ・ かけがえのない(時間) ・ 優れている ・ 抜きん出る ・ 抜きん出ている ・ 白眉 ・  ・ 名刀 ・ 利鎌とがま ・ 神業 ・ 名実とも(に)(日本一) ・ 秋水 ・ 利剣りけん ・ 確固とした(人気) ・ (大)業物わざもの ・ (他の)追随を許さない ・ 半月刀 ・ 剛刀 ・ 銘刀 ・ 快刀 ・ 人間業とは思われない ・ 早業(的な送球) ・ (横綱を)張る ・ 不動(の四番打者) ・ 神技 ・ 抜群の身体能力 ・ ぴか一 ・ 上位10%(に入る) ・ (高級品) ・ 優秀な五人の中に入る ・ 超一流 ・ (花は吉野に)とどめを刺す ・ (三強の)一角を占める ・ えも言われぬ(美しさ) ・ 最上(ランク) ・ この上ない ・ 極めて(価値がある) ・ 右に出るものはない ・ 極々 ・ 最高(の笑顔) ・ かけがえのない(日々) ・ 何よりも(愛する) ・ 何と言っても(これが一番いい) ・ なんてったって ・ なんたって ・ 最も ・ えりすぐり(の品) ・ 最高水準(にある) ・ 一等 ・ 至上(の名誉) ・ (町内)きっての(美人) ・ 世界に冠たる(企業) ・ ツートップ ・ (特に)いい ・ (これに)勝るものはない ・ (三角形の)頂点(をなす) ・ (風呂上がりのビールは)格別(に)(うまい) ・ 類のない(美しさ) ・ (他に)類を見ない(レベル) ・ 不滅(の名作) ・ (我が家が)一番 ・ 究極(の奥義) ・ 特選(物件) ・ 最重要(の課題) ・ 一に~、二に~(、三四がなくて、五に~) ・ 一位 ・ 至極 ・ 双璧をなす ・ 無上(の幸せ) ・ 天下(の)(大泥棒) ・ (夏はビールに)限る ・ それ以上のものがない ・ 誰もが認める ・ (県内)随一(の観光名所) ・ てっぺん ・ ベスト(△ファイブ[メンバー]) ・ 比類(の)ない(美声) ・ Aクラス ・ トップクラス ・ 一級(品) ・ (世界)一 ・  ・ (全国)屈指(の強豪校) ・ 並を超えている ・ 至高 ・ 重立つ ・ 度肝を抜かれる ・ 抜け出る ・ 褒める ・ 超越 ・ ぼう然(とする) ・ 最高傑作 ・ 凄絶(な)(魅力) ・ 劣らない ・ 特筆すべき ・ 大書すべき ・ 見事 ・ ずば抜ける ・ ずば抜けている ・ 目立つ ・ (中でも)こと(すぐれている) ・ 優れた ・ 不朽(の名作) ・ (先生を)追い越す(ほどの腕前) ・ (成績でライバルを)追い抜く ・ 一頭地を抜く ・ 長ける ・ 目もくらむ(ような)(景色) ・ 振るった ・ 代わり映え ・ 穎脱 ・ 驚くべき ・ (同業他社より)卓越(した技術) ・ 目を奪われる ・ (△能力[結果]が)上回る ・ スケールが大きい ・ 匂い立つ(美しさ) ・ 豪華版 ・ (ひときわ)目立つ ・ 胸を打たれる ・ 精彩 ・ 敬意を表する ・ 結構 ・ 豪儀 ・ 驚嘆(に値する) ・ 絶妙 ・ 見上げる ・ 見上げた(度胸) ・ (高く)評価する ・ すばらしい ・ 抜群 ・ 称賛する ・ 畢生(の大作) ・ (才能が)光る ・ 桁違い(に) ・ 桁が違う ・ すごい ・ 感心(する) ・ 心憎い(演技) ・ (凡人には)及びもつかない(発想) ・ 飛び抜ける ・ 赫々 ・ 頭角を現す ・ (どれもいいが)中でも(これが好き) ・ 長じる ・ 華麗(なダンス) ・ (こっちの方が)断然(いい) ・ 出来栄え ・ 息をのむ(奇観) ・ 息が止まりそう ・ とびきり(かわいい) ・ 別格 ・ 大いなる(業績) ・ 良い ・ 立派(に見える) ・ 天来(の妙技) ・ 引き立つ ・ 際立つ ・ 優越 ・ 卓絶 ・ 卓出 ・ 高い ・ 突出(している) ・ (今日は)特別(暑い) ・ 圧巻 ・ 傑作 ・ きらびやかで精緻(なステンドグラス) ・ 光彩陸離 ・ 高まる ・ 特に ・ 声もない ・ 言葉をのむ ・ えも言われぬ ・ (前作を)しのぐ(傑作) ・ 天晴 ・ 特異(な才能) ・ 輝かしい ・ 秀でる ・ 上出来 ・ (彼とは)格が違う ・ 偉大 ・ 輝く ・ 素敵 ・ 抜群(の成績) ・ 映える ・ 輝かせる ・ (仕事のあとのビールは)たまらない ・ キラキラした(言葉) ・ まぶしい(言葉) ・ 見栄え ・ 優位に立つ ・ 右に出る(者はいない) ・ 優秀 ・ 独特の雰囲気を持つ ・ 不滅(の作品) ・ (売上高で他社を)凌駕(する) ・ いみじくも ・ 傑(物) ・ 光彩 ・ (一枚)うわて ・ あっぱれ ・ (ライバルの)上を行く ・ 冠絶 ・ 水際立つ ・ 優等 ・ 越す ・ 美しい(音楽) ・ 映えた(写真) ・ (他より)目覚ましい ・ 一番 ・ 秀逸 ・ 圧倒的 ・ 迫真(の演技) ・ (演歌は)日本の心 ・ 勝る ・ 上には上がある(ものだ) ・ 異彩(を放つ) ・ (彼が)断然(優秀だ) ・ なかんずく(この点が重要だ) ・ 規格外(の選手) ・ (ひときわ)光芒を放つ ・ 最高 ・ 尤なる ・ 並外れ ・ 圧倒的(強さ) ・ 華々しい ・ すこぶる(つき) ・ 軽妙 ・ 傑出(する) ・ 一流(のサービス) ・ 際立って(良好) ・ 神がかり的(演奏) ・ 特出 ・ 親勝り ・ (今年の冬は)とりわけ(寒い) ・ (他を断然)引き離す ・ 比倫を絶する ・ 勝つ ・ 群を抜く ・ 目を丸くする ・ 上乗 ・ 並外れる ・ 鮮やか ・ (目を)見張る ・ 称賛に値する ・ (師より)優れる ・ 高める ・ 超絶 ・ しのぐ
記録的(な体験)はっきりと覚えている記録的(な体験)はっきりと覚えている  明瞭(に)(記憶する) ・ (決定的な)(一瞬を)切り取った(写真) ・ ありあり(と)(△覚えている[目に浮かぶ]) ・ トラウマ ・ はっきり(と)(覚えている) ・ まざまざと(思い出す) ・ 生々しい(記憶) ・ 鮮明に(思い出される) ・ 忘れられない ・ 昨日のことのように ・ 鮮やか(に思い出す) ・ 強烈(な体験) ・ 衝撃的(な出来事) ・ くっきり(と)(浮かび上がる) ・ 鮮烈(△な印象[に覚えている]) ・ (災害現場を)目の当たり(にする) ・ 手に取るように(思い出す) ・ 生き生き(と)(△蘇る[描き出す]) ・ (記憶を)繰る ・ (過去を)追懐ついかい(する) ・ 走馬灯のように ・ 好印象を抱く ・ (ふるさとの味を)連想(させる)(みそ汁) ・  ・ 昨日のことのように(思い出す) ・ 往時を思う ・ (故人の)(面影を)しの ・ 印象に残る ・ 昔に帰る ・ 鮮烈(な△印象[デビュー]) ・ 伝説(の試合) ・ 昔はよかった ・ (強く)心に残る ・ (幼いころを)想起(する) ・ 思い起こす ・ (往時を)回顧(する) ・ 感慨(にふける) ・ (走馬灯のように)去来(する) ・ (△昔のこと[亡き母]を)思う ・ 刻み込まれる ・ (忘れていたことを)思いつく ・ 感銘を受ける ・ (全盛期を)彷彿とさせる(プレイ) ・ 琴線に触れる ・ 面白い(CM) ・ 心に響く ・ (故郷を)恋しがる ・ 印象的(な場面) ・ (過去の出来事を)思い返す ・ (母の言葉が)(頭を)よぎる ・ (胸に)焼きついている ・ アピールする(力がある) ・ (記憶を)喚起(する) ・ インパクトを与える ・ (当時の様子が)目に浮かぶ ・ (今年の音楽シーンを)総決算(する) ・ (往時を)追憶(する) ・ 追憶にふける ・ (戦争)記念(館) ・ (記憶が)呼び覚まされる ・ 脳裏に浮かぶ ・ (故人を)追想(する) ・ 親の意見と冷や酒は後で効く ・ (強く)印象づけられる ・ (面影がまぶたに)浮かぶ ・ (ふるさとの情景が)思い浮かぶ ・ 思い浮かべる ・ (走馬灯のように)浮かんでは消える ・ (師の言葉を)反芻はんすう(する) ・ 好感度(ナンバーワン) ・ (意外な結末が)胸をつく ・ 記憶をたどる ・ (半生を)顧みる ・ 印象を受ける ・ (学生時代に)思いをはせる ・ 記憶を探る ・ 印象深い ・ (過去に)遡る ・ 今も覚えている ・ (あの頃が)思い返される ・ (優しさが)心に染みる ・ (懐かしく)思い出す ・ 懐旧(の情) ・ 記憶が蘇る ・ (記憶の)糸をたぐる ・ 遡及 ・ 記憶に残る ・ (在りし日のことに)こうべを巡らす ・ パンチの効いた(ポスター) ・ 胸に響く ・ (いろいろと)思い合わせる(と彼女の行動も理解できる) ・ (学生時代を)懐古(する) ・ (記憶が)胸をかすめる ・ 過去に立ち返る ・ 強烈(な印象) ・ (災害の)記憶を新たにする(写真展) ・ (故人を)追慕(する) ・ (失敗の原因について)思い当たる(ふしがある) ・ 訴求力のある(広告) ・ (往時を)懐かしむ ・ (古い記憶を)呼び起こす ・ 思い出される ・ 思い出(になる) ・ (今年のニュースを)総ざらい(する) ・ (当時を)振り返る ・ 心に染み渡る ・ 思い出(の味) ・ (学生時代を)回想(する) ・ (あの頃を)想う ・ 心に焼き付ける ・ 空を画する(鉄塔) ・ ありあり(と) ・ シャープ(な画面) ・ (胸に)刻む ・ 心に刻む ・ 記憶(する) ・ (目に)焼き付ける ・ 輝いている ・ 明暗の差が強調される ・ 見知り置く ・ 硬調 ・ (顔に)覚え(がある) ・ (思い出を)心にしまう ・ 胸の奥にしまい込む ・ 肝に銘じる ・ 鮮やか ・ 銘記(する) ・ (戒めを)服膺ふくよう(する) ・ 記銘(力) ・ (知識を)インプット(する) ・ 物覚え(がいい) ・ 際やか ・ 思い出せる ・ (心に)しる ・ 心にとどめる ・ 記憶にとどめる ・ (頭から)離れない ・ (いつまでも)忘れない ・ フルカラーでゆがみのない映像 ・ 牢記 ・ (心に)銘じる ・ (節電を)心がける ・ (単語を)覚える ・ 覚えている ・ 鮮明(な色) ・ (輪郭が)はっきり(している) ・ (忠告を)(胸に)畳み込む ・ (胸に)刻みつける ・ 心覚え(△する[がある]) ・ 透明 ・ くっきり(と)(した画像) ・ 清か ・ (脳裏に)刻み込む ・ 頭に入れる ・ (情報を)(頭に)叩き込む ・ 定か ・ (心に)刻印(された戦争体験) ・ 澄明
記録的(未分類)記録的(未分類)  ギネス・ブックもの ・ 記録に残る ・ ギネス ・ 記録的 ・ 記録を塗りかえる ・ ベストレコード ・ 例を見ない ・ 記録を破る ・ 未曾有 ・ 最多 ・ 壮挙 ・ 過去に例のない ・ 初出も ・ 初の ・ 記念碑的な ・ 記録的な ・ 歴代 ・ 金字塔を打ち立てる ・ 初耳 ・ これまでにない ・ 前人未踏 ・ 史上初 ・ 初登頂 ・ 新記録 ・ 最初 ・ 記録を更新する ・ 前例のない ・ 初めて ・ 空前 ・ 最高値 ・ 値を飛ばす ・ ワースト記録 ・ 気象庁始まって以来 ・ 記録破り ・ ニューフェイス ・ 前代未聞 ・ 過去にない ・ かつてない ・ 振りの客 ・ 快挙 ・ 一見 ・ 今までにない ・ 前人未到の記録 ・ 初現 ・ 第一号 ・ 処女作 ・ 初め ・ 以前にはない
日本語WordNetによる、記録的の類義語

意義素類語・同義語
以前に確立した記録を凌ぐさま記録破り
キーワードをランダムでピックアップ
聖誕祭黒変物事の本質を探る感化鑽仰ちらっとばっかり顔がパッと輝く狂っている散乱する怒りのマグマ押されっぱなし秘めた怒り忘れな盆何も問題ない高歩き状況になるこの対戦はまさに究極のカード娯楽的自己同一視
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 3