表示領域を拡大する
踏ん張りどころの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
実力や能力などを見せるべき場面(腕の見せどころ)  踏ん張りどころ ・ (これからの結果で)真価が問われる ・ (ここが)男の見せどころ ・ (能力を示す)いいチャンス ・ (底力を示す)重要な機会 ・ (自分の)得意技が披露できるチャンス ・ 勝負どころ ・ (そこが)評価の分かれ目(になる) ・ (かっこ)いいところを見せないと ・ (開発者たちの)苦心のしどころ ・ 存在感を見せつける ・ 鼎の軽重を問われる ・ 腕の振るいどころ ・ 力を発揮する ・ 本領を発揮する ・ (自慢の料理に)腕を振るう ・ (力量発揮の)正念場 ・ 腕の見せどころ ・ 腕によりをかけて(料理を作る) ・ (本領を)発揮する ・ 自慢の技を披露する ・ (周囲を)脱帽させる ・ 底力を見せつける ・ かっこいい姿を見せる ・ いいところを見せる
(未分類)  堪え場 ・ 踏ん張りどころ ・ 極めて重要 ・ 千番に一番の大勝負 ・ 大一番 ・ 重要な ・ 一世一代 ・ 胸突き八丁 ・ 死活的な ・ ここ一番のとき ・ 命運がかかる ・ 試金石 ・ いばらの道 ・ 山場 ・ 大勝負 ・ 大詰めを迎える ・ 天王山 ・ 困難 ・ 重要なゲーム ・ 壁にぶつかる ・ 辛抱のしどころ ・ 一か八か ・ 試される ・ 大事な局面 ・ 状況 ・ 正念場を迎える ・ 大事な勝負 ・ 岐路 ・ ポイント ・ 見せどころ ・ 勝負手に出る ・ 死活的局面 ・ 節目 ・ 天下分け目の戦い ・ 鼎の軽重が問われる ・ 進行中に ・ 遠く険しい ・ 半ばで ・ 前途遼遠 ・ 途中 ・ 難問 ・ 試練のとき ・ 挑戦を受ける ・ 狭き門 ・ 難物 ・ 難壁 ・ 剣が峰 ・ 難しい時期 ・ 難題 ・ 修羅場 ・  ・ 場所 ・ 国際舞台 ・ 表舞台 ・ 出る幕 ・ 軌道 ・ 掛かった正念場 ・ 隘路にかかる ・ 一番の山場 ・ 四苦八苦する ・ 苦労する ・ 我慢のしどころ ・ 分岐点 ・ 死活にかかわる ・  ・ 背水の陣で臨む ・ 鼎の軽重を問われる場面 ・ 踏ん張り所 ・ テストを受ける ・ 飛躍のチャンス ・ 試練の場 ・ 登竜門 ・ 乾坤一擲 ・ 厳しい局面 ・ 大事な場面 ・ 四苦八苦する出口なし ・ 難局 ・ 重大な岐路 ・ 苦境 ・ 難関 ・ 絶対負けられない一番 ・ ネック ・ ここ一番の勝負 ・ 長丁場 ・ 潮目の局面 ・ ここぞという時 ・ ふるいどころ ・ 勝負服で臨む勝負どころ ・ ここ一番の時 ・ 分かれ目 ・ 存亡のとき ・ 面で重要 ・ 成否がかかった ・ 生煮えのまま ・ 道半ばで ・ さなかに ・ 未完成のまま ・ 尽くさないまま ・ 胸突き八丁にさしかかる ・ 逆境 ・ 難所 ・ 超難関 ・ やっかいな問題 ・ 窮地 ・ 世界 ・ 舞台 ・  ・ 盤上 ・ 戦場 ・ 活動分野 ・ 出口なし ・ 決戦 ・ 盛り ・ 勝負のとき ・ 胸突き八丁山場 ・ 生死の分かれ目
キーワードをランダムでピックアップ
秘書一端丸儲け効率金に飽かせる千万無量緩める見入る読みこなす口調頼み込む長押はしけ種をまくそれ弾寒い世界ゆすりたかり組織にかけられた呪縛定価に掛け値をする