表示領域を拡大する
過去に遡るの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
(過去に)遡る前にあったことを思い出す(おもす)(過去に)遡る前にあったことを思い出す(おもす)  (半生を)顧みる ・ 想起 ・ (記憶を)呼び起こす ・ (記憶の)糸をたぐる ・ (当時を)振り返る ・ 思い起こす ・ 記念(写真) ・ 追想 ・ 思い浮かべる ・ 思い出される ・ 思い返す ・ 遡及 ・ 後顧 ・ 追憶 ・ 回想 ・ (注意)喚起 ・ 思い出 ・ 思い出す ・ 思い当たる ・ 一顧 ・ 追懐 ・ 記憶が蘇る ・ こうべを巡らす ・ (忘れていたことを)思いつく ・ 過去に立ち返る ・ 回顧 ・ (面影がまぶたに)浮かぶ ・ (全盛期を)彷彿とさせる(プレイ) ・ 走馬灯のように ・ (自らを)省みる ・ 内観(する) ・ 反省(会) ・ 自省 ・ 振り返ってよく考える ・ (過去を)内省(する) ・ (自分の行いを)振り返る ・ 自照 ・ 省察(する) ・ 三省 ・ 後世に伝える ・ 記念碑 ・ いしぶみ ・ 石碑 ・  ・ モニュメント ・ 思い浮かぶ ・ 現れる ・ 姿を現す ・ ふと思う ・ (初恋の人というと)意識にのぼる(のは彼女だ) ・ 脳裏に浮かぶ ・ 頭をもたげる ・ (詩の一節が)胸に浮かぶ ・ (不安が)忍び込む ・ (スイスというとアルプスを)連想する ・ (学生時代を)思い起こす ・ (誤りに)気付く ・ (新しい思想が)芽生える ・ (ふとした疑念が)頭をもたげる ・ まざまざと(思い出す) ・ くっきり(と)(浮かび上がる) ・ (決定的な)(一瞬を)切り取った(写真) ・ 鮮烈(△な印象[に覚えている]) ・ 鮮明に(思い出される) ・ 強烈な(体験) ・ 衝撃的(な出来事) ・ 生き生き(と)(△蘇る[描き出す]) ・ ありあり(と)(△覚えている[目に浮かぶ]) ・ 昨日のことのように ・ 忘れられない ・ はっきり(と)(覚えている) ・ (災害現場を)目の当たり(にする) ・ 手に取るように(思い出す) ・ 明瞭(に)(記憶する) ・ 鮮やか(に思い出す) ・ しみじみ(思う) ・ 改めて(思い知る) ・ いまさらのように(思い出す) ・ 返す返す(残念なことだ) ・ やはり(あれは正しかった) ・ 実感(する) ・ いまさらながら ・ つくづく(感じる) ・ 最古(の人類) ・ 最古級(の建造物) ・ いにしえ ・ とうから ・ 当時 ・ 近古 ・ 一昨 ・  ・ 一時(はだめかと思った) ・ ひと時(は大変景気がよかった) ・ 一時期(はやった歌) ・ ひと頃(栄えた町) ・ 往年 ・ (時が)流れる ・  ・ 昔々 ・ 今は昔 ・ 経過 ・ 先(日) ・ 時分 ・ 往古 ・ (ずっと)前 ・ その昔 ・ 過ぐる ・ 従前(より) ・ すでに終わったできごと ・ 終ぞ ・ 既に ・ とうに ・ (過ぎ去った)昔 ・ 大昔 ・ 古くから ・ 其の上 ・ 過去 ・ 過ぎ去る ・ 過ぎ去った(△日々[時]) ・ 日が経っている ・ 来し方 ・ 昔日(の面影はない) ・ 一度(見たことがある) ・ 往時 ・ 去る ・ 去んぬる ・ 神話時代 ・ 神代の昔 ・ 以前(に) ・ (この道は)いつか(来た道) ・ いつだったか ・ いつぞや ・ かつて ・ 元(は)(野原だった) ・ 旧時 ・ ある日 ・ つとに ・ 一昨々 ・ 在りし日 ・ 既往 ・ とっく ・ 一昔(前) ・ 一時代前 ・ あの時(は死ぬかと思った) ・ 早くから ・ 先刻 ・ 服膺 ・ (心に)記す ・ 胸に刻む ・ (頭から)離れない ・ 肝に銘じる ・ 記銘(力) ・ (忠告を)(胸に)畳み込む ・ 忘れない ・ 物覚え ・ 記憶(する) ・ 牢記 ・ 覚える ・ 銘記 ・ 覚え ・ 心覚え(がある) ・ 思い出せる ・ 刻みつける ・ 覚えている ・ (心に)銘じる ・ 心に留める ・ 頭に入れる
キーワードをランダムでピックアップ
手に掛ける垂れ流し高弟にこよん隠し立てしない北国書式空谷の跫音表情を崩す添え書き珠玉シューズ爪皮蹂躙憐憫以前のような生活が出来なくなくなる文章を読み上げるだけ子供をうまくとりなす互いに対立する群ぐん
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. (過去に)遡る前にあったことを思い出す(おもす)