表示領域を拡大する
霊長の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
優れた人物  霊長 ・ 名士 ・ 著名人 ・ 呑舟の魚 ・ カリスマ ・ 怪傑 ・ ヒーロー ・ 周りから一目置かれる存在 ・ 群雄 ・ 傑士 ・ 偉材 ・ 目明き ・ 偉物 ・ 国士 ・ 優れた人物 ・ 巨人 ・ 女傑 ・ 巨星 ・ 超人 ・  ・ オーラ(がある) ・ 人物 ・ 大衆を支配する ・ 両雄 ・ 俊傑 ・ 適材 ・ 抗し難い(オーラ) ・ 人傑 ・ 逸材 ・ 偉人 ・ 非凡な超能力の持ち主 ・ 傑物 ・ 名家 ・ 傑人 ・ 一人物 ・ 偉い人 ・ 多士 ・  ・ 名流 ・ スーパーマン ・ 先哲 ・ 人材 ・ 大人物 ・ 逸足 ・ 出来物 ・ 良材 ・ できた人間 ・ 聖者 ・ 人格の高い ・ 理想的 ・ 君子 ・ 紳士 ・ 徳のある ・ 器量人 ・ 隠君子 ・ 大聖 ・ 亜聖 ・ 高士 ・ 大人 ・  ・ 聖哲 ・ 聖人 ・ 立派な人 ・ 人士 ・ 徳が高い ・ 人格者 ・ ジェントルマン ・ 四聖 ・ 士人 ・ 哲人 ・ 大賢 ・ 賢女 ・ 才物 ・ 才女 ・ 賢哲 ・ 俊秀 ・ 才人 ・ 才媛 ・ 通人 ・ 賢人 ・ 才子 ・ 西哲 ・ 先賢 ・ 英俊 ・  ・ 博士 ・ インテリ ・ 麒麟児 ・ 俊英 ・ 識者 ・ 知者 ・ 聖賢 ・ 賢者 ・ 巧手 ・ 諸家 ・ 名手 ・ 老大家 ・ 老練家 ・ 妙手 ・ 名工 ・ 権威 ・ 大家 ・ 古豪 ・ 耆宿 ・ 名人 ・ 泰斗 ・ 年の功 ・ 達人 ・ 巨匠 ・ 名匠 ・ ベテラン ・ オーソリティー ・ 古兵 ・ 巧者 ・ (車に)こだわる ・ 専門家 ・ 業師 ・ 玄人 ・ (野菜)ソムリエ ・ 切れ者 ・ 仕事師 ・ 利け者 ・ 有段者 ・ 免許皆伝 ・ 手利き ・ 遣り手 ・ 腕利き ・ 腕っこき ・ 仕事熱心 ・ エキスパート ・ 敏腕家 ・ 研究者 ・ セミプロ ・ 名取り ・ 商売人 ・ 手腕家 ・ プロフェッショナル ・ オタク ・ (その道の)プロ ・ 明星 ・ 花形 ・ 肩で風を切る ・ 肩で風を切って歩く ・ ホープ ・ スター ・ 新鋭 ・ (時代の)寵児(ともてはやされる) ・ もてはやされる ・ 天下を取った気分 ・ 惑星 ・ (メディアに)出ずっぱり(の芸人) ・ うなぎのぼり(の人気) ・ 勢いがある ・ 上り坂(にある)(俳優) ・ スター街道まっしぐら ・ 旬(の女優) ・ 人気者 ・ 新星 ・ 流行児 ・ 輝いている(人) ・ 売れっ子 ・ 一発屋 ・ 新進 ・ 新進気鋭 ・ 今をときめく(俳優) ・ (売り出し中の)ちゃきちゃき ・ 意気盛ん ・ 遠い存在 ・ 救世主(待望論) ・ (ファッション)アイコン ・ 強く心を惹かれる ・ まぶしい(存在) ・ (学園の)アイドル ・ 憧れ(の人) ・ 高嶺の花 ・ 能力がある ・ 道理が分かっている ・ 英才 ・ 途方もない ・ 驥足 ・ 目立つ ・ 傑僧 ・ (文壇の)至宝 ・ (誰もが)一目置く ・ 異才 ・ 偉才 ・ 鬼才 ・ 出る杭(は打たれる) ・ 異端(の画家) ・ 規格外(の選手)規格外れ ・ 非凡(の才) ・ 天才 ・ 的確に処理する ・ 秀才 ・ 異能(の人物) ・ 奇才 ・ 異彩を放つ ・ 俊才 ・ 大才 ・ (教授の)秘蔵っ子 ・ スケールの大きい ・ (△監督の手腕[家康の炯眼])恐るべし ・ 本物の(器量人) ・ 手ごわい(相手)(なかなかの)くせ者 ・ 油断できない(技量) ・ 油断ならない(相手) ・ 気が抜けない ・ 凡手ではない ・ 怪物的(な男) ・ (自分にとって)強敵 ・ しぶとい ・ 容易ならざる(相手) ・ 用心がいる(相手) ・ 半端な相手ではない ・ 尋常でない(腕前) ・ 底の知れない ・ なめてはいけない ・ (味方にすれば)頼もしい ・ (敵にすれば)恐ろしい ・ なかなか(の腕前) ・ (なかなか)やるな ・ バカにできない ・ 凄みのある ・ 侮りがたい(相手) ・ はかり知れない ・ (あいつは)ただのネズミではない ・ ただ者ではない ・ 隅に置けない(存在) ・ 侮れない(相手) ・ 一筋縄でいかない ・ タフ(な交渉相手) ・ 油断できない ・ 端倪たんけいすべからざる(人物) ・ 食えない(商売人) ・ したたか(なやつだ) ・ 十年に一人(の)(逸材) ・ 人後に落ちない ・ 怪童 ・ 主人公 ・ ヒロイン ・ 中心的な役割の人 ・ 立て役者 ・ 立役 ・ 中心人物 ・ 主役 ・ 大立者 ・ 大物 ・ 大所 ・ 大御所 ・ 長老 ・ 重鎮 ・ 元老 ・ 英雄 ・ 風雲児 ・ 英傑 ・ 人を救う尊い仕事
キーワードをランダムでピックアップ
先細敷居が高い悔しい永別付けるイデー紊乱準用策謀ごまをする声枯れ腹がすく基礎を築く金属の表面が赤茶ける大地を踏み締める見えたり隠れたり裏情報に通じる一日中開いている切ない気持ち