表示領域を拡大する
鼻くそみたいなの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
鼻くそ(みたいな)(ほくろ)ほくろ鼻くそ(みたいな)(ほくろ)ほくろ  入れぼくろ ・ ほくろ ・ 黒い斑紋 ・ 傍点 ・ ドット ・  ・ 一点 ・ ぽち ・ ぽっち ・ さいの目 ・ ぼつぼつ ・ 目印 ・  ・ つぶら(な瞳) ・ 鈴を張ったような(目) ・ しじみみたいな目 ・ 黒点 ・ ちょぼ ・ 粒子 ・ 微粒子 ・ 小さくて丸い ・ 粒状 ・  ・ 小粒 ・ 諸肌 ・  ・ 皮膚 ・ 人肌 ・ 覆っている膜 ・ 身の皮 ・ 粟粒 ・  ・ 原種 ・  ・  ・ けし粒 ・ 種物 ・ 菜種 ・ 胚乳 ・ 種子 ・ 
鼻くそみたいな(人間)身分が低い鼻くそみたいな(人間)身分が低い  弱者 ・ 低い(身分) ・ 品性の劣る ・ ちっぽけ(な存在) ・ 雑魚 ・ 小者 ・ ミジンコ(のような)(存在) ・ 困っている(人) ・ 下級(国民) ・ うらなり(の子ども) ・ 素(町人) ・ しがない ・ 底辺層(の若者) ・ (まだ平で)くすぶっている ・ 雑兵ぞうひょう ・ 下級武士 ・ 足軽 ・ (傘張り)浪人 ・ 小身 ・ 身分が低い ・  ・ 最底辺(の男) ・ 貧しい ・ 取るに足りない(人間) ・ 微細 ・ (ほとんど)無意味な ・ 吹けば飛ぶような(男) ・ どこの馬の骨か分からない ・ 下っ端 ・ 下仕え(の者) ・ 下(の者) ・ 一介(の兵士) ・ 卑賤(の身) ・ 下々(の皆さん) ・ 数ならぬ ・ (学生)風情 ・ 微賤(の身) ・ にある(研究者) ・ (男尊)女卑 ・ (私)ごとき(者) ・ うだつが上がらない ・ 人並みに扱われない ・ 下層(階級) ・ 最下層(の人間) ・ つまらない(人間) ・ 下手 ・ 貧賤 ・ 下賤 ・ 虫けら(同然に扱われる) ・ 取り柄がない ・ 下風 ・ 下働き(の女性) ・ 初心者 ・ 端役 ・ 役に立たない ・ 巷間(の学生) ・ (社会的立場が)劣る ・ 卑しい(身分) ・ (芸術家の)端くれ ・ 物の数でない ・ 物の数に入らない ・ 人数に(は)入らない ・ 小侍 ・ たかが(子ども) ・ 木っ端(武者) ・ 下人 ・ へっぽこ ・ ぺいぺい ・ 賤民 ・ ゲス ・ (学者として)二流(どころ) ・ 落ちぶれる ・ 斜陽階級 ・ 下流 ・ 下層 ・ 末席 ・ 下座 ・ 末座 ・ 泥水稼業 ・ 醜業 ・ 賤業 ・ 三業 ・ (ここら界隈の)ワル ・ 札つき(のワル) ・ 小悪党 ・ (町の)ダニ ・ 外道 ・ 嫌われ者 ・ (社会の)鼻つまみ者 ・ 怖い(兄さん) ・ 憎まれっ子(世にはばかる) ・ ネズミ ・ 小ネズミ ・ (所詮ヤツは)道化(に過ぎん) ・ かす ・ 鉄砲玉 ・ ろくでなし ・ 鼻つまみ(者) ・ 地回り ・ チンピラ ・ 虫けら ・ うじ虫 ・ (盗賊の)手先 ・ 素行が悪い ・ ゴキブリ ・ 寄生虫 ・ ボウフラ(ども) ・ ゴロツキ ・ 晴れがましいこととは無縁(の人生) ・ 名もない(名匠) ・ 名利と無縁(の生涯) ・ 栄利聞達えいりぶんたつを求めない ・ (隠れた)有為の人 ・ 巷の偉人 ・ 無名の実力者 ・ 逆境にある(有徳の人) ・ 端役(ばかり) ・ 知る人ぞ知る(人物) ・ 無冠(の帝王) ・ 埋もれた才能 ・ (野に)遺賢いけん(あり) ・ 見識者 ・ (市井の)隠士 ・ 世の片隅(の)(才能) ・ 世に埋もれたまま ・ 顧みられない ・ 高士 ・ 在野(の人材) ・ (人知れない)貴重な存在 ・ ノーマークの人物 ・ 未発見 ・ 縁の下の力持ち ・ 埋もれ木 ・ 砂の中のダイヤモンド ・ 隠れた実力者 ・ 運がない ・ 民間の研究者 ・ 学徒 ・ 世に認められない ・ 高潔の士 ・ 無名(の宝) ・ 篤学の人 ・ 隠れた人材 ・ 地の塩(として生きる) ・ (巷間の)書生 ・ 無位無官(の賢者) ・ 注目されない ・ (世に)埋もれた(人材) ・ 野にある逸材 ・ 不遇(△をかこつ[の人]) ・ 見る影もない ・ 所帯やつれ ・ 威厳がない ・ (何とも)情けない ・ 哀れむべき ・ 嘆かわしい ・ 不景気 ・ しみったれた(やつ) ・ 貧弱 ・ 見劣りがする ・ 成れの果て ・ 哀れ ・ 情けない ・ わびしい ・ しおたれる ・ 吹けば飛ぶような(体) ・ 卑屈 ・ 見栄えのしない ・ 暗い(感じのする) ・ 貧相(な身なり) ・ 卑しい ・ みすぼらしい(姿) ・ (酒に)溺れる ・ (平社員に)降格(する) ・ 降職 ・ 零落れいらく(する) ・ 落ち武者 ・ やつれる ・ 評判を落とす ・ 風采が上がらない ・ 落伍(する) ・ (背中に)哀愁が漂う ・ 脱落(する) ・ あまりにもさびしいカリスマの最期 ・ 降任 ・ うらぶれる ・ 枯れすすき ・ 転落(の道をたどる) ・ 落ち目(の芸能人) ・ (△どん底の生活[社会の底辺]に)沈む ・ 沈淪 ・ 都落ち(する) ・ 落ち行く(先は奥州平泉) ・ 路頭に迷う ・ (栄光と)挫折 ・ 没落(する) ・ 没落武士 ・ 置いていかれる ・ 転覆 ・ 蹴落とされる ・ (ばくちで)身を持ち崩す ・ (親にも)合わせる顔がない(ような酷い生活) ・ (△地位が[物乞いにま​で])落ちる ・ 落ちた(偶像) ・ どん底(の生活) ・ 栄枯盛衰 ・ たそがれる ・ たそがれて(生気のない人) ・ 哀れ(な△姿[末路をたどる]) ・ 逆境にある ・ 落ちぶれ果てる ・ 落ちこぼれる ・ ぱっとしない ・ 食い詰める ・ 淪落りんらく(△した女[の淵に沈む]) ・ (担当から)外れる ・ 精彩を失う ・ (かつての)輝きを失う ・ (過去の栄光も)今は昔 ・ しな下る ・ 凋落ちょうらく(する) ・ (無一文に)成り果てる ・ 成り下がる ・ 惨め(な境遇)(に陥る) ・ 落後 ・ 破産(する) ・ (役者)崩れ ・ (娼婦に)身を落とす ・ 尾羽おは打ち枯らす ・ リストラ候補 ・ (道楽者の)成れの果て ・ みすぼらしい(格好)(をさらす) ・ 失脚(する) ・ (昔の)面影はない ・ 格下げ ・ (酒が)身の破滅(を招く) ・ 身を滅ぼす ・ わびしい(姿) ・ (背中に)わびしさが漂う ・ (支店勤務に)飛ばされる ・ 破滅型(人間) ・ 貧する ・ 貧すれば鈍する ・ 飽きられる ・ (郷里に)逼塞ひっそく(する) ・ (失言が)命取り(になった) ・ 失格(になる) ・ 誇りも何もなくす ・ 雌伏 ・ (人気が)失墜しっつい(する) ・ 敗残(の人生) ・ (社会の)敗残者 ・ 落魄らくはく(の身) ・ 落魄無残(な姿) ・ うらさびしい(姿) ・ ミジンコのような(存在) ・ 悲しい(境遇) ・ わびしい(食事) ・ (自らの立場に)悲哀を感じる ・ 普通以下(の生活) ・ みすぼらしい ・ 哀れ(な人) ・ 人並み以下 ・ 奴隷のよう(に働く) ・ 野良犬のような(△自分[惨めさ]) ・ 社畜 ・ 悲惨(な生活) ・ 惨め(な姿) ・ しがない(サラリーマン) ・ 吹けば飛ぶような(存在) ・ 鼻くそみたいな(もの) ・ 営業が苦手 ・ 営業下手 ・ どんくさい ・ 芽が出ない ・ (長い)下積み(の生活) ・ 悲哀を背負った(サラリーマン) ・ 収入のない(芸術家) ・ お金がない(アーティスト) ・ 昼あんどん(のような)(男) ・ (二軍で)くすぶる ・ 器用貧乏 ・ 小心者 ・ うだつの上がらない(夫) ・ ぺいぺい(のサラリーマン) ・ 取るに足りない(存在) ・ たそがれた(中年男) ・ さえない(中年社員) ・ 売れない(役者) ・ 人の後について行くだけ(の人生) ・ 敏腕でない ・ 人気が出ない ・ ダサい ・ ケチ(なやくざ) ・ (質素な暮らしを)ほそぼそ(と)(続ける) ・ 小者の域を出ない ・ 鳴かず飛ばず ・ 不遇(の時代) ・ 粗末(な食事) ・ 粗雑(な作り) ・ 中途半端(な出来) ・ (出来が)よくない方 ・ 惨めな(音) ・ しょぼい(映画) ・ (他に比べて)落ちる ・ 未整備 ・ (強者の)陰に回る ・ 心劣り ・ 足元にも及ばない ・ いい加減(なやり方) ・ 一籌を輸する ・ 無価値(な△仕事[土地]) ・ 二番手(に甘んじる) ・ (相手に)一目置く ・ (後輩の)風下に立つ ・ 下風かふうに立つ ・ (新市場の開拓に)後れを取る ・ 取り残される ・ 先を越される ・ 引けを取る ・ 不備が目立つ ・ 劣勢(にある) ・ 非力 ・ くず ・ 旧式 ・ 低い(次元の話) ・ 低水準(の利回り) ・ (△一歩[遠く])及ばない ・ 劣等 ・ (今回のは)外れ(だな) ・ 後方に下がる ・ お寒い(△現状[設備]) ・ 芸がない ・  ・ 悪い ・ 段違い ・ 力不足 ・ 拙劣 ・ (他より)劣る ・ 劣っている ・ 低俗(な番組) ・ 未成熟 ・ 形勢不利 ・ 合格点に達しない ・ 分が悪い ・ 物の数ではない ・ (他社の)後塵を拝する ・ 不出来 ・ (平均点に)届かない ・ 不成績(に終わる) ・ 普通以下 ・ 最低(△の出来[な映画]) ・ 安っぽい(品) ・ 下手(な図書館より本がある) ・ 二番 ・ 見劣り(がする) ・ 二線級(の選手) ・ ケチ ・ ケチくさい ・ (勝負に)負ける ・ (相手に)一日の長がある ・ 一段下 ・ 至らない ・ うさんくさい(音楽) ・ (首位に)次ぐ ・ (程度を)低める ・ (生半可では)通用しない ・ (上司が)目の上のたんこぶ ・ 味わいがない ・ 不十分 ・ 愚劣(な見せ物) ・ (標準を)下回る ・ (知恵が)後れた(子) ・ (勉強が人より)遅れる ・ (他より)劣位(にある) ・ 劣悪 ・ 大したことはない ・ 差をつけられる ・ 低劣 ・ 力及ばず(負ける) ・ (彼の能力には)及ぶべくもない ・ 人後に落ちる ・ (先輩の)背中は遠い ・ 貧相(な家並み) ・ ついて行けない ・ (高級店としては)落第(点) ・ 程度が知れる ・ 凡庸 ・ ひどい(出来ぐあい) ・ 安価 ・ 出来損ない ・ 標準以下 ・ 格下 ・ (あいつには)敵わない ・ (何とも)貧弱 ・ 安手(の生地) ・ 二流(どころ) ・ 馬鹿げる ・ (ライバルに)抜かれる ・ 欠点が目立つ ・ 立ち遅れが目立つ ・ ランクが下 ・ ちゃち(な作り) ・ 低位 ・ 水をあけられる ・ 人後 ・ 稚拙(な文章) ・ 最低 ・ 低級 ・ どん底 ・ 低次 ・  ・ 下等 ・ 低度 ・ 低い ・ 下位 ・ 最下 ・ 初等 ・ 初級 ・ 三流 ・ (婉曲表現として)普通 ・ 下級 ・ 初段 ・ 二流にも及ばない ・ さんピン(侍) ・ さんピン奴 ・ 下僚 ・ 三下 ・ 目下 ・ 下役 ・ 軽輩(の分際) ・ 下の人 ・ ジュニア ・ 下級生 ・ 直下 ・  ・ 下部 ・ 下段 ・ 位置の低い所 ・ (垂れ幕の)すそ ・ 真下 ・ 下側 ・ 下方 ・ 足元 ・ 低み ・ 低め ・ スペースが限られる ・ 狭窄 ・ 面積が狭い ・ 狭まる ・ 広狭 ・ 所狭い ・ 猫の額 ・ 狭める ・ せせこましい ・ 狭小 ・ 狭い ・ 範囲が小さい ・ 尺寸 ・ 狭苦しい ・ 方寸 ・ 幅がない ・ 手狭 ・ 猫額 ・ 狭隘 ・ 知る人も少ない ・ 名無し ・ (世に)埋もれた ・ 見向きもされない ・ 興味を持たれない ・ 無名(の俳優) ・ (あまり)知られていない ・ マイナー ・ (貴様など)物の数ではない ・ 裏面史 ・ 世に入れられない ・ 売れない ・ 記憶に残らない ・ 知る人ぞ知る
鼻くそみたいな(もの)人並み以下鼻くそみたいな(もの)人並み以下  悲しい(境遇) ・ 悲惨(な生活) ・ わびしい(食事) ・ 奴隷のよう(に働く) ・ ミジンコのような(存在) ・ 哀れ(な人) ・ しがない(サラリーマン) ・ 普通以下(の生活) ・ (自らの立場に)悲哀を感じる ・ 社畜 ・ 惨め(な姿) ・ 野良犬のような(△自分[惨めさ]) ・ みすぼらしい(姿) ・ 吹けば飛ぶような(存在) ・ 人並み以下 ・ みすぼらしい ・ (とかく)メダカ(は群れたがる) ・ 役に立たない ・ 野人 ・ 小侍 ・ 鼠輩 ・ 泡沫(候補) ・ 蚊虻ぶんぼう ・ 雑魚 ・ 匹夫 ・ へなちょこ ・ くず ・ 匹婦 ・ 馬の骨 ・ 取るに足りない ・ 小人 ・ 三流(の選手) ・ 陣笠(代議士) ・ つまらない人 ・ 吹けば飛ぶような(連中) ・ 器が小さい ・ 度量の狭い ・ 群小 ・ 雑兵 ・ 小者 ・ 小物 ・ スケールの小さい ・ 卑しい(身分) ・ 巷間(の学生) ・ 数ならぬ ・ 微賤(の身) ・ 低い(身分) ・ 貧賤 ・ 下風 ・ 下仕え(の者) ・ 虫けら(同然に扱われる) ・ (男尊)女卑 ・ 一介(の兵士) ・ (社会的立場が)劣る ・ 小身 ・ 木っ端(武者) ・ 初心者 ・ 下(の者) ・ 素(町人) ・ (まだ平で)くすぶっている ・ 下級武士 ・ 足軽 ・ 品性の劣る ・ (ほとんど)無意味な ・ つまらない(人間) ・ 雑兵ぞうひょう ・ 最底辺(の男) ・ どこの馬の骨か分からない ・ 下級(国民) ・ 下層(階級) ・ 最下層(の人間) ・ 身分が低い ・ (傘張り)浪人 ・ しがない ・ 卑賤(の身) ・ たかが(子ども) ・ 吹けば飛ぶような(男) ・ にある(研究者) ・ 人並みに扱われない ・ 下っ端 ・ うだつが上がらない ・ (芸術家の)端くれ ・ 弱者 ・ 微細 ・ うらなり(の子ども) ・ 底辺層(の若者) ・  ・ 取り柄がない ・ (学生)風情 ・ ちっぽけ(な存在) ・ ミジンコ(のような)(存在) ・ 下手 ・ 鼻くそみたいな(人間) ・ 下々(の皆さん) ・ 貧しい ・ 下賤 ・ 下働き(の女性) ・ 取るに足りない(人間) ・ 物の数でない ・ 物の数に入らない ・ 人数に(は)入らない ・ (私)ごとき(者) ・ 軽蔑(に値する) ・ 嘆かわしい(姿) ・ 情けない ・ 男らしくない ・ (男の)風上に(も)置けない ・ 女の腐ったような(やつ) ・ 期待外れ ・ あさましい ・ 唾棄だき(すべき行為) ・ 失意 ・ 救いようがない(男) ・ 見下げ果てた(やつ) ・ たそがれた(中年男) ・ 不遇(の時代) ・ 小者の域を出ない ・ 昼あんどん(のような)(男) ・ 売れない(役者) ・ 敏腕でない ・ 悲哀を背負った(サラリーマン) ・ さえない(中年社員) ・ うだつの上がらない(夫) ・ 収入のない(芸術家) ・ お金がない(アーティスト) ・ 器用貧乏 ・ ぱっとしない ・ 小心者 ・ 営業が苦手 ・ 営業下手 ・ どんくさい ・ 人の後について行くだけ(の人生) ・ 逆境にある ・ (二軍で)くすぶる ・ ぺいぺい(のサラリーマン) ・ ケチ(なやくざ) ・ 人気が出ない ・ (質素な暮らしを)ほそぼそ(と)(続ける) ・ 取るに足りない(存在) ・ 芽が出ない ・ (長い)下積み(の生活) ・ 鳴かず飛ばず ・ ダサい ・ いじらしい ・ いじらしく思う ・ (宴会を)しんみり(させる) ・ 不憫(に思う) ・ 悲しみが惻々と伝わる ・ 同情を誘う ・ 同情したくなる ・ 同情を禁じ得ない ・ 同情に堪えない ・ 同情すべき(事) ・ (恵まれない境遇の人に)同情(△する[を感じる]) ・ 同情に値する ・ 気の毒(△に思う[そうな顔をする]) ・ お気の毒に ・ いや(な気分) ・ 酸鼻(な事件) ・ 悲恋(物語) ・ 胸がいっぱいになる(物語) ・ 胸が締め付けられる ・ 痛々しい ・ 痛ましい(△姿[と思う]) ・ 見るに忍びない ・ 聞くに忍びない(話) ・ 悲痛(な叫び) ・ (聞いていて)切ない ・ (やつれた姿が)悲しい ・ (悲運を)(共に)悲しむ ・ 悲しみを誘う ・ 哀れを催す ・ 哀れっぽい ・ 身につまされる(苦労話) ・ いたいけ(な遺児) ・ かわいそう(に思える) ・ (サラリーマンの)悲哀(が漂う) ・ (けなげな姿が)涙を誘う(話) ・ (苦労話に)涙を誘われる ・ (お)いたわしい ・ いたわしく思う ・ (被害に遭った子どもが)いとおしい ・ 憫笑(を買う) ・ 涙ぐましい(努力) ・ (道楽者の)成れの果て ・ 励ましたくなる ・ 心を動かされる ・ 見ていられない(様相) ・ 胸が苦しくなる ・ 泣かせる(セリフ) ・ 救いのない ・ 哀切(△な物語[極まりない]) ・ 見ていてつらい ・ かける言葉が見つからない ・ 哀憐の情を感じる ・ 哀れ(△を誘う[な物語/を感じる]) ・ 哀れをとどめる ・ 哀れを誘う ・ 哀れに思う ・ 哀れさ(を感じる) ・ 哀れみ(を△感じる[覚える]) ・ (苦しむ姿に)胸が痛む ・ 心が痛む ・ 心を痛める ・ (哀れな境遇が)いとしい ・ 憐憫(を感じる) ・ (どうにも)情けない(結末) ・ (その過酷な運命には)言葉もない ・ (歌詞が)共感を呼ぶ ・ やりきれない(気持ちになる) ・ けなげ(な子ども)
鼻くそみたいな(奴)軽蔑に値する人物鼻くそみたいな(奴)軽蔑に値する人物  腐臭を放つ ・ 堕落(した動物) ・ 非道徳的 ・ 低劣(な人間) ・ 堕ちる ・ ダーティー(な人物) ・ (人間として)下の下 ・ 情けない ・ 軽蔑に値する ・ 人間のくず ・ 心が薄汚い ・ 薄汚れている ・ 陰険 ・ 人格劣等(な男) ・ 鼻につく ・ 卑しい(人間性) ・ 唾棄すべき(男) ・ くだらない(人間) ・ 卑小(な言動) ・ ガラガラヘビのような(連中) ・ 品性に欠ける ・ 身の毛もよだつ(ような)(男) ・ 恥を知らない ・ グロテスク(な人間性) ・ 苦々しい(振る舞い) ・ 人でなし ・ 不純 ・ 人の風上にも置けない ・ 《誤用》語るに落ちる ・ 腐りきっている ・ 誠実でない ・ (どこの)馬の骨(か分からない) ・ ゲス ・ 高潔でない ・ 清潔でない ・ 見下げ果てる ・ (品性)下劣 ・ ケチ ・ 恥知らず ・ 卑劣(な人) ・ 嫌われる(性格) ・ (町の)ダニ ・ ろくでもない(連中) ・ 下卑 ・ 小者 ・ 最低の人間 ・ 最低(な男) ・ 気取りやがって ・ ヘドが出る ・ 失意 ・ 期待外れ ・ 嘆かわしい(姿) ・ 唾棄だき(すべき行為) ・ あさましい ・ 軽蔑(に値する) ・ 男らしくない ・ (男の)風上に(も)置けない ・ 女の腐ったような(やつ) ・ 見下げ果てた(やつ) ・ 救いようがない(男) ・ 人並み以下 ・ 恥ずべき感情 ・ 俗念(が出る) ・ (気持ちが)卑しい ・ さもしい ・ さもしく ・ せこい ・ (人間として)最低 ・ (品性が)あさましい ・ 浅ましく(も) ・ 業が深い ・ 執拗 ・ 寒々しい(心根) ・ よこしまな(考え) ・ 汚れた ・ 節度がない ・ 節度なく ・ あくどく(儲ける) ・ 品性下劣 ・ (精神の)貧しい ・ 品がない ・ 犬畜生な ・ たかり根性 ・ 泥仕合 ・ どろどろ(の争い) ・ 恥ずべき状態 ・ いぎたない ・ 恥ずかしい(限り) ・ 見るに堪えない ・ (周囲の)ひんしゅくを買う ・ おぞましい ・ 醜い ・ 忌まわしい ・ 見苦しい ・ 醜態(をさらす) ・ 老醜(をさらす) ・ (貧すれば)鈍する ・ 寒々とした(姿) ・ 狂態(を繰り広げる) ・ あきれた ・ 感じが悪い ・ うじ虫(△野郎[のような人間]) ・ 鼻つまみ者 ・ 嫌われ者 ・ 鼻持ちならない ・ いかがわしい(人物) ・  ・ 嫌み(な性格) ・ けがらわしい ・ (人望がなく)受け入れられない ・ 不潔 ・ 目障り(な奴) ・ 不愉快(な言動)
鼻くそみたいな(奴)器が小さい人物(器が小さい)鼻くそみたいな(奴)器が小さい人物(器が小さい)  (目くそ)鼻くそ(を笑う) ・  ・ ちっちゃなやつ(だ) ・ こせこせ(した人物) ・ ずるい ・ 見苦しい(振る舞い) ・ (やることが)姑息 ・ 狭量 ・ スケールが小さい ・ 品性に欠けた ・ (人間が)小さい ・ 小心者 ・ 小ずるい ・ ひんしゅくを買う(行為) ・ 甲斐性がない ・ 毒にも薬にもならない(人物) ・ (ささいな欠点に)目くじらを立てる ・ つまらない(人間) ・ ちまちま(している) ・ 人徳がない ・ ケチくさい ・ 料簡が狭い ・ 小人しょうじん ・ 大人気ない ・ 小者 ・ 貫禄がない ・ (やることが)せこい ・ 腹が据わらない ・ 要領だけ(の人物) ・ 口先だけ ・ 凡夫 ・ 心が狭い ・ 器が小さい ・ 小心 ・ 度量が小さい ・ 器量が小さい ・ けつの穴が小さい ・ 卑小(な人物) ・ 鼠輩 ・ つまらない人 ・ 群小 ・ 蚊虻ぶんぼう ・ 雑兵 ・ 馬の骨 ・ 陣笠(代議士) ・ 小侍 ・ へなちょこ ・ くず ・ (とかく)メダカ(は群れたがる) ・ 野人 ・ スケールの小さい ・ 雑魚 ・ 泡沫(候補) ・ 取るに足りない ・ 小人 ・ 三流(の選手) ・ 匹夫 ・ 匹婦 ・ 度量の狭い ・ 吹けば飛ぶような(連中) ・ 小物 ・ 役に立たない
鼻くそみたいな(奴)(未分類)鼻くそみたいな(奴)(未分類)  ちっぽけな ・ やせガエル ・ あり ・ 価値のない ・ 軽んじられる ・ マイナーな ・ スーパーマイナー ・ なめられる ・ ないも等しい ・ チリのような ・ バカにされる ・ 哀れな ・ 軽い ・ 軽く見られる ・ 意味のない ・ 一寸の虫にも五分の魂
キーワードをランダムでピックアップ
近日降り頻る坂道咲き初める平手読心術吉左右宣布旧態諺文透ける不合格にする旧交を温める対応する固くなるいがらっぽい険のある鋭い角うそみたいに過ぎる
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. 鼻くそ(みたいな)(ほくろ)ほくろ
  2. 鼻くそみたいな(人間)身分が低い
  3. 鼻くそみたいな(もの)人並み以下
  4. 鼻くそみたいな(奴)軽蔑に値する人物
  5. 鼻くそみたいな(奴)器が小さい人物(器が小さい)
  6. 鼻くそみたいな(奴)(未分類)