表示領域を拡大する
(ギターを弾くのが)上手いの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
(ギターを弾くのが)上手い上手じょうず(ギターを弾くのが)上手い上手じょうず  絶妙 ・ 上級者 ・ 玄人はだし ・ 安心して(見て)いられる ・ (見ていて)安心できる ・ お家芸 ・ 巧者 ・ 精妙 ・ 飛鳥の早業 ・ 器用(な) ・ 小器用 ・ 小手先がきく ・ 至妙 ・ 高度な技術を持つ ・ 巧拙 ・ 巧妙 ・ 得意 ・ 上手に ・ 見事に(決める) ・ ものの見事に ・ ナイス ・ 手練しゅれん(の早業) ・ 丁寧(な対応) ・ 神がかり的(演奏) ・ 上手 ・ 素人離れ ・ 八丁 ・ テクニシャン ・ テクニックに優れる ・ まんまと(逃走する) ・ 王者(の貫禄を見せつける) ・ 底力のある(強いチーム) ・ 達者(な芸) ・ (仕事が)手の内にある ・ 手の内に入る ・ 得手 ・ 落ち着いた(議論) ・ (天才少年が)彗星の如く現れる ・ 様になっている ・ 習熟(する) ・ 見事な手さばき ・ 腕達者 ・ 手綺麗 ・ (体に)なじんだ(仕事) ・ 超絶技巧 ・ 快刀乱麻(の活躍) ・ 手際よく(進める) ・ 素早く(やってのける) ・ 水際立った(手腕) ・ 卓抜した(手腕) ・ (剣術の)腕が立つ ・ (その構え、)ただ者ではない(な) ・ (扱いが)身についている ・ 巧み(な)(投球術) ・ 巧みに(やってのける) ・ うわて ・ 巧遅 ・ 立派に ・ 名人芸 ・ 腕に覚えがある ・ (演技が)際立つ ・ 神業 ・ 神に入る ・ 入神 ・ 神がかり的な(演奏) ・ (△手際[扱い]が)鮮やか ・ 鮮やかに(決める) ・ 鮮やかな手並み(を見せる) ・ (槍の)使い手 ・ (ピアニストの)巧み(な)(指さばき) ・ 確か(な)(腕前) ・ 切れ味の鋭い ・ 危なげがない ・ 悪達者 ・ 無駄がない ・ 見事(な) ・ シャープな(頭脳) ・ 手慣れている ・ 手慣れた(様子) ・ 慣れた(手つき)(で) ・ 堪能 ・ 優れた技量(を持つ) ・ (剣術の)達人 ・ すぐれた腕前 ・ そこのけ ・ (お主)やるな ・ (監督の手腕)恐るべし ・ 剛腕(投手) ・ 早業 ・ つぼを押さえている ・ きれいに(決める) ・ 巧味 ・ スムーズに ・ 流れるように ・ かっこよく(踊る) ・ 堂に入る ・ 文句なし(の技能) ・ 稀代(のピアニスト) ・ 小気味よく(料理する) ・ 名取り ・ 本物(の職人) ・ 老巧 ・ 高度な技能を備える ・ 経験豊か(な)(整備スタッフ) ・ (車に)こだわる ・ 芸達者 ・ 職人 ・ 職人技 ・ オタク ・ 腕のいい(コック) ・ 優秀(な左官工) ・ 熟練(工) ・ 技巧派 ・ 免許皆伝 ・ ベテラン(の域に達する) ・ (フランス料理界)の巨人 ・ (ジャズ)ジャイアント ・ プロフェッショナル ・ 業師 ・ 能力が高い ・ 技能(工) ・ セミプロ ・ (野菜)ソムリエ ・ 手だれ(の剣客) ・ 熟達(している) ・ 切れ者 ・ 商売人 ・ 神の手を持つ(外科医) ・ ゴッドハンド(の整体師) ・ (バイオリンの)名手 ・ 安定している ・ 実力のある(選手) ・ 実力派(の俳優) ・ (その道の)プロ ・ 敏腕家 ・ 練達(の△士[医師]) ・ 利け者 ・ 力量のある(作家) ・ 手腕家 ・ 腕利き ・ 腕っこき ・ 仕事師 ・ 研究者 ・ 仕事熱心 ・ 頑固一徹(の職人) ・ 有段者 ・ 優れた技量を持つ ・ 技術のある(会社) ・ (会社の)稼ぎ頭 ・ 遣り手 ・ 腕自慢(の料理人) ・ (一流の)腕を誇る(シェフ) ・ 腕に自信のある(技術者) ・ エキスパート ・ 玄人 ・ 専門家 ・ したたかな(△商売人[交渉人]) ・ 手利き ・ 手だれ(の使い手) ・ 的確に処理する ・ 超人的(な) ・ すさまじい ・ すご腕 ・ (誰にも)引けを取らない(家具職人) ・ 能力がある ・ 剛腕 ・ 怪腕 ・ 優れた腕前 ・ けた外れの(人間) ・ 昔取った杵柄 ・ 器用 ・ 天才的(な) ・ 常識で計れない ・ らつ腕 ・ ゴッドハンド(と呼ばれる) ・ (弁舌に)長ける ・ 敏腕(プロデューサー) ・ 途方もない ・ 頭が切れる ・ 凄みのある ・ 道理が分かっている ・ 有能 ・ ドンピシャの(タイミングで) ・ 絶妙の ・ 華麗(な一本背負い) ・ 鮮烈(なデビュー) ・ 美技 ・ 目立つ活躍 ・ 見栄えのする働き ・ 離れ技(を演じる) ・ 称賛される行為 ・ (全盛期を)彷彿とさせる(プレー) ・ すばらしい ・ 強烈な(パンチ) ・ ラスト二秒の ・ 忍者的(スーパーキャッチ) ・ 鮮烈な(一撃) ・ 神業(△的な包丁さばき[と言うしかない]) ・ 絶妙さ ・ クリーン(ヒット) ・ しなやか(な身のこなし) ・ 怪物的(なプレー) ・ 目の覚めるような ・ 胸のすく(ようなプレー) ・ ため息の出るような(バッティングセンス) ・ 軽業(的な身のこなし) ・ 妙技 ・ (高難度のゴールを)鮮やか(に決める) ・ ファインプレー ・ 高度な技術 ・ 記憶に残る(プレー) ・ 機敏な(動き) ・ スーパー(ロングシュート) ・ ミラクル(キャッチ) ・ 奇跡(の大逆転) ・ 対戦相手も絶賛する ・ ほれぼれする(ような筆さばき) ・ 躍動美 ・ 鮮やかさ ・ 年功 ・ 老練 ・ 達筆 ・ 能筆 ・ 美しい△文字[筆跡] ・ 麗筆 ・ 繊細な筆跡 ・ すらすらと書く ・ 字がうまい ・ のびのびとした字 ・ 端正な字 ・ 大人のたしなみ ・ 雄渾(ゆうこん)な(筆の線) ・ 力強い(筆致) ・ 健筆 ・ 能書 ・ 美文字 ・ 筆が立つ ・ 書き立てる ・ 手筋がいい ・ 能文 ・ 文章がうまい ・ 人間業とは思われない ・ 神技 ・ 抜群の身体能力 ・ 熱演 ・ 力演 ・ 好演 ・ 百発百中 ・ し慣れる ・ 慣熟 ・ (難しい技を)確実に成功させる ・ 老成(した文章) ・ 失敗(すること)がなくなる ・ 熟練 ・ 練熟 ・ 渋味を持つ ・ 熟す(る) ・ 老熟 ・ 不自然さがなくなる ・ (芸が)枯れる ・ 安定した(芸) ・ 習熟 ・ 円熟 ・ (本当の)芸が萎縮している ・ (調子が)上向きになる ・ (包丁さばきが)さえる ・ (料理の)手が上がる ・ (作家として)成熟(する) ・ (書道に)達する ・ 熟達(する) ・ (成績が)ぐんとアップ ・ (尻上がりに)よくなる ・ 技量が上がる ・ 力がつく ・ 次のレベルに進む ・ レベルアップ(する) ・ 進級する ・ 能力が上がる ・ (ゴルフの)腕が上がる ・ 腕を上げる ・ 手慣らす ・ (プレーに)磨きがかかる ・ 成長(する) ・ (能力的に)進歩(する) ・ 練達 ・ 向上する ・ 進境著しい ・ (さらに)上達(する) ・ 手慣れる ・ 全く自然 ・ 板につく ・ ぴったり(する) ・ 様になる ・ ちょうどいい ・ しっくり(する) ・ インスタント(ラーメン) ・ 片手間(仕事) ・ 心配はない ・ 易い ・ 嚢中の物を探る ・ 楽(に勝てる) ・ (お)手軽(に読める短編小説) ・ 手軽い ・ 児戯に等しい ・ 何でもない ・ 何のことはない ・ (△するのが[(極めて);拍子抜けするほど])簡単 ・ みすみす ・ 無造作(に) ・ 造作(も)ない ・  ・ むざむざ ・ 事もなげに(やってのける) ・ どうという事はない ・ うまく(やってのける) ・ 平易 ・ 生易しい ・ (いとも)たやすい ・ たやすく ・ ハードルが低い ・ お手のもの ・ イージー ・ 屁のかっぱ ・ すらすら ・ 一寸 ・ 易しい ・ 鮮やか(なプレー) ・ 見事な(勝ちっぷり) ・ 見事に ・ 容易 ・ 余裕(がある) ・ 手もなく(ひねられる) ・ 抵抗なく ・ 楽勝 ・ 手間がかからない ・ 安直 ・ (人の物を)気安く(使うな) ・ すぐできる ・ 問題なく(できる) ・ 問題ではない ・ 楽々(と)(やってのける) ・ 苦もなく(やってのける) ・ あっけなく ・ 難なく ・ 器用に(こなす) ・ お安い(御用) ・ 安易 ・ 朝飯前 ・ すぐわかる ・ 序の口 ・ ゆとりを持って(できる) ・ いとも簡単に ・ 世話がない ・ まんまと(金を巻き上げる) ・ 赤子の手をひねるよう ・ たわいない ・ 上手に(やる) ・ ちょろい ・ 簡易 ・ 軽易 ・ 易々 ・ やすやす(と)(やってのける) ・ お茶の子(さいさい) ・ あっさり(やってのける) ・ 掌を返す ・ 平たい ・ (~するのは)訳(が)ない ・ 訳なく ・ 手っ取り早い ・ 手慣れたもの ・ 物ともせずに ・ 見世物 ・ あっと言わせる ・ (仕事としての)芸 ・ 人々を楽しませる ・ 人前で演じる ・ パフォーマンス ・ 底力を見せつける ・ いいところを見せる ・ (周囲を)脱帽させる ・ 自慢の技を披露する ・ かっこいい姿を見せる ・ (本領を)発揮する ・ 十八番 ・ おはこ ・ (その芸は彼の)専売特許(だ) ・ 特技 ・ いみじくも ・ 目もくらむ(ような)(景色) ・ ぼう然(とする) ・ 一番 ・ 豪儀 ・ 至高 ・ 越す ・ 胸を打たれる ・ 抜群 ・ 優等 ・ 独特の雰囲気を持つ ・ 突出(している) ・ 優秀 ・ (目を)見張る ・ 最高 ・ 息をのむ(奇観) ・ 息が止まりそう ・ 優れている ・ 称賛する ・ 美しい(音楽) ・ 秀逸 ・ 水際立つ ・ 飛び抜ける ・ 匂い立つ(美しさ) ・ 頭角を現す ・ 輝かしい ・ 右に出る ・ 特出 ・ 見事 ・ あっぱれ ・ 褒める ・ 軽妙 ・ 追い抜く ・ 卓出 ・ 精彩 ・ 傑出(する) ・ 最高傑作 ・ 光彩 ・ 優れた ・ 冠絶 ・ 長じる ・ 声もない ・ 言葉をのむ ・ えも言われぬ ・ 卓越(した技術) ・ 圧巻 ・ 抜け出る ・ 超絶 ・ 卓絶 ・ 目を丸くする ・ 心憎い ・ 凌駕 ・ 高い ・ 鮮やか ・ 上乗 ・ 不滅(の作品) ・ 良い ・ 結構 ・ 天来(の妙技) ・ 敬意を表する ・ (才能が)光る ・ 尤なる ・ 赫々 ・ 抜きん出る ・ 度肝を抜かれる ・ 立派 ・ 超越 ・ 勝つ ・ 天晴 ・ 華々しい ・ 穎脱 ・ 豪華版 ・ きらびやかで精緻(なステンドグラス) ・ 光彩陸離 ・ 特筆すべき ・ 大書すべき ・ すこぶる(つき) ・ 見栄え ・ 不朽(の名作) ・ 追い越す ・ すごい ・ 高まる ・ 長ける ・ 高める ・ キラキラした(言葉) ・ まぶしい(言葉) ・ 群を抜く ・ 上出来 ・ 親勝り ・ 映える ・ 優れる ・ 並を超えている ・ 重立つ ・ 規格外(の選手) ・ 目立つ ・ 卓抜 ・ しのぐ ・ 輝かす ・ 傑作 ・ 迫真(の演技) ・ (こっちの方が)断然(いい) ・ 代わり映え ・ 素敵 ・ 出来栄え ・ 異彩(を放つ) ・ 凄絶(な)(魅力) ・ 際立つ ・ 輝く ・ 偉大 ・ 引き立つ ・ ずば抜ける ・ ずば抜けている ・ (他より)目覚ましい ・ 見上げる ・ 見上げた(度胸) ・ 勝る ・ 畢生(の大作) ・ 秀でる ・ 比倫を絶する ・ (演歌は)日本の心 ・ えも言われぬ(美しさ) ・ (高く)評価する ・ 目を奪われる ・ 抜群(の成績) ・ 優越 ・ 感心(する) ・ 振るった ・ スケールが大きい ・ 圧倒的 ・ 一頭地を抜く
(芝居が)上手いその物からそれとなく感じられるいい意味での特徴(深いあじわい)(芝居が)上手いその物からそれとなく感じられるいい意味での特徴(深いあじわい)  (街の)繊細な表情(を描く画家) ・ ひねりのきいた(セリフ) ・ (作者の)嗜好 ・ (破調の)美 ・ 詩情(△が感じられる[豊かな]) ・ しみじみとした ・ 潤いのある(表現) ・ 滋味(△掬すべし[豊かな詩文]) ・ とろりとした(歌声) ・ コクがある ・ コクのある(文) ・ 渋い(△映画[二枚目]) ・ 感覚的な要素 ・ 趣がある ・ (異国的な)フィーリング(があるレストラン) ・ 幽玄(の美) ・ 成熟した(日本文化) ・ よさ ・ (何とも言えない)(生地の)風合い ・ 肌触り ・ (独特の)肌合い ・ 大人の△文章[休日;チョコレート] ・ 小味(△をきかす[な仕上がり;きいた話]) ・ 時代がついた(家具) ・ 時代がつく ・ 古雅な(文体) ・ 雰囲気がある ・ 特色 ・ じんわりくる ・ 悪くない ・ 奥深い ・ (先代の)芸風(を受け継ぐ) ・ 妙味(がある) ・ 胸に染みる(音楽) ・ 心に染みる(物語) ・ (言いようのない)魅力 ・ 魅力的(な) ・ 傾向(がある) ・ (ボサノバ)風味 ・ ラテンっ(ぽい) ・ 風情がある ・ 意味の深い ・ (話に)色つや(を添える) ・ 色つやのある(話) ・ 感性を刺激する(アート) ・ (本来の)持ち味 ・ 深みのある ・ 豊かな(人間性) ・ 風趣 ・ (哀愁)漂う(旋律) ・ (内容に)深みがある ・ そこはかとない(△懐かしさ[おかしさ]) ・ 捨てがたい味(の映画).温かみのある(イラスト) ・ 温かい(感じの)(色調) ・ 落ち着いた(△雰囲気[色調の壁紙]) ・ 人肌感がある ・ 手作り感がある ・ 想像をかきたてる ・ (気持ちを)豊かにさせる ・ 含蓄(のある話) ・ 面白い ・ 面白み(のある) ・ 静かで深い(和の香り) ・ (作者の)こだわり ・ いぶし銀 ・ 余韻(△が残る[;のある作品]) ・ 余韻を残す’終わり方) ・ (作品の)方向性 ・ (古式)ゆかしい(催し) ・ いい味(を出す) ・ 噛めば噛むほど味が出る ・ スルメのような ・ にじみ出るもの(がある) ・ 苦労人 ・ (独特の)個性 ・ 印象深い ・ 独特(のやり方) ・ 質感 ・ (色彩の)ニュアンス ・ 陰影(のある文章) ・ (言葉の)あや ・ 想像力に訴える ・ (下町の)香り(が漂う) ・ フレーバー ・ 円熟(した人間味) ・ 機微に通じた(言葉) ・ 醍醐味 ・ スロー(ライフ) ・ (物語が)ゆっくり(立ち上がる) ・ 色合い ・ 風格のある(文章) ・ いい雰囲気の(お店) ・ 情趣がある ・ しっとり(と)した(感じの住まい) ・ 小粋な(日本画) ・ (都会の)哀愁 ・ 魅力を内に秘める ・ 微妙な(節回し) ・ 快味 ・ 情緒がある ・ 通好み(の△音楽[時計]) ・ 調子 ・ いぶし銀(の演技) ・ 味(のある絵) ・ 味がある ・ 深い ・ (優しく)包み込まれるような(ハープの音色) ・ 示唆に富む ・ 風雅な ・ 秘すれば花 ・ (いつの間にか)引き込まれる ・ いい味が出ている ・ 重厚(な作品) ・ 作風 ・ 奥行きがある(作風) ・ 奥行きを感じさせる ・ (独自の)テイスト ・ 情感(△あふれる詩[に訴える]) ・ 一面的でない ・ (作者の)味付け ・ (△独特の[深い])味わい(のある) ・ 味が深い ・ 味わい深い ・ 味わい豊かな ・ 歌風 ・ 芸風 ・ 画風 ・ 心がこもった ・ 心がこもる ・ 手作り(感)(がある) ・ (作品に)味がある ・ ぬくもりを感じる ・ ぬくもりを感じさせる(家) ・  ・ 玄妙 ・  ・ 妙味 ・ 妙趣 ・ 妙所 ・ 霊妙 ・ つや消しの銀色 ・ にぶく光る ・ 黒光りのする ・ 時代のついた(茶道具) ・ 抑制された美しさ ・ 古くなった ・ 底光りする ・ 地味 ・ 落ち着いた美しさ ・ 渋い(色目) ・ 渋みのある ・ 年輪を刻む ・ 抑制された輝き ・ ロマンスグレー ・ 古色のついた(茶器) ・ くすんだ輝き ・ 古雅(な味わい) ・ 古びた ・ 美しい ・ さびた(美しさ) ・ 味のある ・ 飽きのこない ・ 名人芸 ・ 古武士を思わせる ・ 滋味あふれる ・ 渋い(バッティングができる) ・ 玄人好み(の渋さ) ・ 秘すれば花(なり) ・ 魅力的 ・ 完成された芸 ・ 本物の味わい ・ 何ともいえない(味) ・ 渋い魅力 ・ 老巧 ・ 熟練(の技) ・ 言うに言われない ・ 安定している ・ 技巧派 ・ 円熟 ・ (亀の甲より)年の功 ・ 経験豊か ・ (今年六十になる)老練(な弁護士) ・ (浪曲の)名調子 ・ (芸の)つや ・ 重みがある ・ 甘さがない ・ 渋みがある ・ 枯れた味わい ・ 渋い味 ・ 頑固一徹(の職人) ・ 名うて(の剣客) ・ 奥行きがある ・ (演技が)渋く光る ・ 磨かれた(技) ・ 練達 ・ 年季が入っている ・ ダンディ ・ ベテラン ・ 深みがある ・ 甲羅を経る ・ 甲羅を経た(存在感) ・ 気味 ・ 気配 ・ (社会の)様相 ・ 情緒 ・ 陰影 ・ 感じ ・ 気分 ・ (△様子が[状況が不利だと])見て取れる ・ (改善の兆しが)見える ・ (落ち着いた)トーン(の店内) ・  ・ (いやな)ムード ・ 情調 ・ (北欧が)テーマ(のレストラン) ・  ・ (敗北の)色(が濃い) ・ 様子 ・ (時代の)空気 ・ ニュアンス ・ 雰囲気 ・ 気色
(芝居が)上手い(未分類)(芝居が)上手い(未分類)  いい線を行く ・ 上手い ・ たくみ ・ 工匠 ・ 大工
キーワードをランダムでピックアップ
松原青木死線馬の骨大剛落飾呼び付ける切り回す尾行頭書安打口が堅い酢だこそら豆カサノバたこ配当畜産業運を天にまかせるあれくらいさりげなく面白みを入れる
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. (ギターを弾くのが)上手い上手じょうず
  2. (芝居が)上手いその物からそれとなく感じられるいい意味での特徴(深いあじわい)
  3. (芝居が)上手い(未分類)