表示領域を拡大する

(客がなく)閑散(とする)の類語、関連語、連想される言葉

 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
(客がなく)閑散(とする)不本意ではあるが、やることがない(退屈)(客がなく)閑散(とする)不本意ではあるが、やることがない(退屈)  有閑(マダム) ・ つまらない ・ 時間が過ぎるのを待つ ・ 開店休業(状態) ・ 時間が余る ・ 無意義(な時間) ・ どうしたらいいか分からない ・ 閑居 ・ 手持ち無沙汰(になる) ・ (仕事の)隙 ・ (一人では)時間を使いきれない ・ 自由になる時間がふんだんにある ・ 予定がない ・ 眠そう(な顔) ・ 時間を持て余す ・ 時間つぶしに苦慮する ・ 無聊 ・ 間が持てない ・ 間が持たない ・ 退屈(する) ・ 頬づえ(をつく) ・ 余暇 ・ 無聊(をかこつ) ・ (待ち人にとって)時間はゆっくり流れる(もの) ・ 閑人 ・ アンニュイ ・ 空き ・ 悠々自適 ・ つれづれ ・ やることがない ・ することがない ・ 用事がない ・ 無為に過ごす ・ ぶらぶら(と過ごす) ・ 不景気 ・ 手透き ・ 倦怠(感) ・ 暇(を持て余す) ・ 暇で暇でしょうがない ・ 途方に暮れる ・ 徒然 ・ いとま ・ 所在ない ・ 所在なげ ・ 閑暇 ・ (エンタメのない世界は人間としての)緩慢な死 ・ 手空き ・ 農閑 ・ お茶を挽く ・ 灰色(の青春) ・ レジャー ・ 面白くない ・ (妙に)落ち着かない ・ 解雇 ・ 隙間 ・ 暇つぶしに苦痛を感じる ・ 飽き飽きする(ような)(毎日) ・  ・ ぜいたくな時間が流れる ・ 休憩(時間) ・ 自由時間 ・ 自由になる時間 ・ (忙しい)合間(を△見て[縫って]) ・ 幕間 ・ 寸隙 ・ 暇(△ができる[になる]) ・ ブランクの(時期) ・ 隙間時間 ・ 休漁(期) ・ トイレに行く時間(もない) ・ 暇々ひまひま(に編み物をする) ・ (仕事の)隙(を見つけて伺う) ・ 予定のない(時間) ・ 休み ・ 都合のいい(日時) ・ (忙しい日々の)谷間 ・ 空き時間 ・ (お)手すき(際に) ・ 時間に余裕がある ・ △用[仕事]が済む ・ 空白(期間) ・ (忙中)閑あり ・ (~をする)余裕(がある) ・ 農閑(期) ・ 短時間 ・ (忙しさから)解放される ・ 閑日月 ・ 寸暇 ・ エアポケットのような(時間) ・ 手が空く ・ 手がすく ・ 働いていない ・ 浪士 ・ 時間を潰す ・ 少閑 ・ (おまんまの)食い上げ(になる) ・ ごろつく ・ 暇を潰す ・ ニート ・ 手すさび(に絵を描く) ・ 日陰者 ・ 仕事にありつけない ・ 手慰み(に鉛筆を転がす) ・ 時間稼ぎ ・ 時間を稼ぐ ・ (仕事に)あぶれる ・ あぶれ者 ・ (定員から)はみ出す ・ フーテン(の寅) ・ 瘋癲ふうてん ・ 売れない(バンドマン) ・ 無任所 ・ 浪人 ・ 消閑 ・ 手ぶら(で帰る) ・ 毎日が日曜日(の身分) ・ 無頼(の徒) ・ 働くという選択肢はない ・ 休職中 ・ 閑職 ・ 遊び半分(に)(本棚を作る) ・ 退屈しのぎ(に)(散歩をする) ・ 退屈紛れ(に)(雑誌を読む) ・ いじめ ・ (契約を)打ち切られる ・ プー ・ プー太郎 ・ 失業者 ・ 食い詰め者 ・ 働けない ・ (仕事を)取りはぐれる ・ わずか ・ (仕事に)ありつけない ・ 徒に(雑書を乱読する) ・ 引きこもり ・ 働かない ・ 非職 ・ 時間潰し ・ 閑地 ・ くび ・ 暇つぶし ・ 無職(者) ・ 名誉職 ・ オフシーズン ・ とろり(とした)(昼下がり) ・ かったるそう ・ (順番待ちに)じれる ・ (もう)嫌い ・ (長期化を)嫌がる ・ 通俗的 ・ (単調な作業に)うみ疲れる ・ 愚劣(な作品) ・ 退屈(な時間) ・ 単調 ・ 浮き立たない ・ 食傷(気味) ・ たっぷり(と)(体験した) ・ いい加減にしてくれ ・ 散文的 ・ (つらく)長い(一日) ・ (心が)浮き立たない ・ 退屈 ・ 貧弱(な文章) ・ そっけない ・ 盛り上がらない ・ 気の抜けたビールのような(仕上がり) ・ くそ(みたいな)(映画) ・ これでもかというほど ・ (△節約[SNS])疲れ ・ (だらだらと長い)水っぽい(文章) ・ いまいち ・ 凡手 ・ 堪能(する) ・ 新しい空気を求める ・ 感興をそがれる ・ 倦怠感を漂わせる ・ 平板 ・ やる気を失う ・ きょくがない ・ 耳にたこができる(ほど聞かされる) ・ マラソン(外交) ・ 潤いがない ・ ブルージー(に歌う) ・ 投げ出す(ように)(歌う) ・ 面白くも何ともない ・ 味わいがない ・ 気が進まない ・ 堅い ・ 類型的 ・  面倒くさい ・ 退廃(した)(ムード) ・ 話が長い ・ けだるげ ・ 聞き飽きる ・ 型にはまった(アイデア) ・ 砂を噛むような(思い) ・ だらだら(した)(日々) ・ 果てしなく(続けられる) ・ お粗末(な映画) ・ 根気が続かない ・ 弾まない ・ ありきたり ・ 不十分 ・ 無味乾燥 ・ これ以上の相手はできない ・ 辟易(する) ・ 辟易感 ・ (気持ちが)だれる ・ 中途半端(な) ・ 深みがない ・ ときめかない ・ ときめきがない ・ どきどきしない ・ 無難 ・ 見限る ・ 趣がない ・ くだらない ・ たいがいにしろ ・ 愛想がない ・ やる気が失せる ・ やる気が出ない ・ 見る人を選ぶ(映画) ・ いやというほど(聞かされる) ・ 眠気を誘う ・ 根気負け ・ 没個性(的) ・ マンネリ(に陥る) ・ だらけた(生活) ・ ゆるり(とした)(生活) ・ (心が)弾まない ・ 水が入る ・ 味気ない ・ しらける ・ 感興に乏しい ・ 気持ちが冷める ・ (ごちそう)責めにされる ・ 飽きる ・ 飽き飽き(する) ・ 飽き(がくる) ・  ・ とろん(とした)(目) ・ スリルのない ・ けだるい(感じ) ・ だるい ・ ダル(ゲーム) ・ 月並み ・ 画一的 ・  ・ (同じことの)繰り返し ・ ドライ(な印象) ・ 季節はずれ ・ 嫌気(がさす) ・ 無粋 ・ 粋でない ・ (もう)こりごり ・ 凡庸(な作品) ・ (作品として)劣る ・ (すっかり)しらける ・ 紋切り型 ・ どうということのない ・ シーズンオフ ・ 気力が失せる ・ 気力がなくなる ・ 物憂い(気分) ・ 意欲がしぼむ ・ 意欲が萎える ・ (いい加減)いやになる ・ 緊張感がない ・ (心が) ・ 味もそっけもない ・ 大味 ・ 芸がない ・ (心が)萎える ・ 無風流 ・ (何の)感興も沸かない ・ 屈託(する) ・ 熱が冷める ・ 力が入らない ・ がらん(としている) ・ 毒にも薬にもならない ・ 新味のない ・ 気分が晴れない ・ (△遊び[いい加減])疲れる ・ くたびれる ・ 工夫がない ・ 味けない ・ 読み飽きる ・ まどろんでいる ・ わくわくしない ・ 面倒くさそう ・ 出来が悪い ・ 見飽きる ・ もうたくさん(だ) ・ 殺風景 ・ なげやり(になる) ・ げっぷが出る ・ (やる気が)疲弊(する) ・ 張りがない ・ だらんとした(様相) ・ 百万遍(の説教) ・ 抑揚に欠ける ・ 由無い(長話) ・ 倦怠(期) ・ ストレスを感じる ・ だるそう ・ 興ざめ(のする) ・ 教科書通り ・ 農閑期 ・ 起伏に乏しい ・ (避難生活が)長引く ・ 興趣の薄い ・ (もう)見るのもいや(だ) ・ 生硬 ・ うんざり(する) ・ げんなり(する) ・ ゲシュタルト崩壊 ・ 物憂そう ・ あくびが出る ・ 憂うつ ・ どうでもいい(ように) ・ 面白みに欠ける ・ 面白みがない ・ 平凡 ・ 刺激がない ・ メランコリー(な気分) ・ 退屈(△する[至極]) ・ 評価が低い ・ 弛緩(した気分) ・ 眠たい(答弁) ・ 興味を引かない ・ 興味が湧かない ・ 愚作 ・ (気持ちが)晴れない ・ 見ばえのしない ・ ピンとこない ・ 噴飯もの ・ 半端(な印象) ・ 眠たげ ・ 同じことが続く ・ 同じ状態が続く ・ 生気がない ・ 根負け ・ やり尽くす ・ 気を許す ・ 暴君(的) ・ 放恣 ・ (説明終了後)適宜てきぎ(解散とする) ・ 虚(をつかれる) ・ その日の風の吹き回し次第で ・ 自己中 ・ 自己中心的(な人) ・ 自分中心(に生きる) ・ (△感情[欲望]の)赴くまま(に)(好きなことをする) ・ 我意を通す ・ まぶたが重い ・ 手抜かり ・ 思いのまま(に)(振る舞う) ・ 眠気(を覚える) ・ ブレーキが効かない ・ 睡魔に襲われる ・ 勝手な行動をする ・ 盗んだバイクで走り出す ・ 好きにする ・ 好きなように ・ エゴをむき出しにする ・ エゴイスト ・ エゴ丸出し ・ (大臣の)食言 ・ 甘やかされて育った(という感じ) ・ 目を離す ・ (努力を)怠る ・ 怠り ・ 催眠 ・ (対策が)なおざりにされる ・ 無法 ・ 無軌道 ・ ワンマン(△的[経営]) ・ 暴走(する)(経営者) ・ 俺がルールだ ・ お手盛り ・ (世間の)常識にとらわれない ・ (何ものにも)とらわれない ・ (世間に)気兼ねしない ・ (過去の栄光の)(上に)あぐらをかく ・ うつらうつら ・ 手放し(で)(喜ぶ) ・ 思うさま(行動する) ・ 欲望むき出し ・ 破滅型(人間) ・ あるがまま(に生きる) ・ 自分らしく(生きる) ・ 不意をつかれる ・ (思った)まま(を書く) ・ 自由(に)(振る舞う) ・ 自分ファースト(な人) ・ 鬼の居ぬ間に洗濯 ・ 高をくくる ・ 法界 ・ 不行き届き ・  ・ 気まぐれ ・ 独裁(国家) ・ 独裁的(な経営) ・ (世間を)押し渡る(タイプ) ・ 好き放題(~する) ・ マイペース(を保つ) ・ (会議中に)意識が飛ぶ ・ 誰の指図も受けない ・ (すっかり)油断(する) ・ 自分で決める ・ (まだ)完全には眠りから抜け出していない ・ 勝手気まま(にふるまう) ・ 思うように(生きる) ・ 気任せ ・ 横暴 ・ 遠慮しない ・ 遠慮なく ・ 好き勝手(に) ・ (金の力で世の中を)闊歩かっぽ(する) ・ 恩を仇で返す ・ 思い切り(表現する) ・ 手薄(になる) ・ 型にはまらない ・ 思い通り(にする) ・ 専制的 ・ 強気一辺倒 ・ 睡眠障害 ・ 奔放(に振る舞う) ・ 自由奔放(に生きる) ・ 漫然 ・ ちゃらぽこ ・ 意のまま ・ 存分(に)(体を動かす) ・ 放埒 ・ 気がゆるむ ・ 気のゆるみ(からミスを犯す) ・ 心の緩み(から事故を招く) ・ いい加減 ・ 剛腕(政治家) ・ 野放図(に)(振る舞う) ・ (ぜいたく)三昧 ・ (自分の)快楽のためだけに(腰を振る) ・ 手前勝手 ・ 強引(に進める) ・ 勝手 ・ 思いつくまま ・ 思うまま(に) ・ 思うがまま ・ 勝てば官軍(とばかりに)(やりたい放題) ・ 放縦 ・ (ばれないのを)いいことに(悪事を働く) ・ (勉強しながら)船をこぐ ・ 自由勝手(な行動) ・ (問題が)看過される ・ 俺が良ければいい ・ 専横(な△振る舞い[領主]) ・ (不如意を)如意(にする) ・ (配慮が)欠ける ・ 恣意的決定 ・ 専断(的)(に業務を行う) ・ 我田引水(の議論) ・ 気随(が過ぎる) ・ 気随気まま(に)(生きる) ・ 気まま(な一人旅) ・ 自分勝手 ・ (人間の)エゴ(でしかない) ・ そこのけそこのけ(お馬が通る) ・ 目いっぱい(遊ぶ) ・ (危険地帯に)のこのこ(出かける) ・ 独断的(な態度) ・ 勝ち逃げ ・ 食い逃げ ・ 独立不羈どくりつふき ・ 不覊ふき(奔放) ・ 常軌を逸する ・ 勝手次第 ・ 身勝手(な生き物) ・ 自儘 ・ 肩で風を切る ・ 放漫 ・ 暴君 ・ 心の声に従う ・ 目がキマってる ・ 傍若無人(に振る舞う)直情径行ちょくじょうけいこう(型)(の人間) ・ 子ども(か) ・ (警備が)甘い ・ 感情を解放(する) ・ 得手勝手 ・ 見境なく(ナンパする) ・ (軍部が)独走(する) ・ 独断専行(のやり方) ・ 気が散る ・ 心任せ ・ 俺が俺が(の人) ・ 誰はばかることなく ・ (練習を)おろそかにする ・ 抜かり(なく頼むぞ) ・ 抜かる(なよ) ・ (注意が)おろそかになる ・ おろそかにされる ・ (し)放題 ・ したい放題 ・ こっくりこっくり ・ こくりこくり ・ 無責任 ・ 緊張感の欠如 ・ 跳ね上がる ・ 放逸ほういつ(の振る舞い) ・ タガがゆるむ ・ 利己的 ・ 武装解除 ・ とろん(と)(した目) ・ (権力を)ほしいまま(にする) ・ 太平楽(を並べる) ・ 我先に(逃げる) ・ 鉄則を平気で破る ・ 放れ駒 ・ 放れ馬 ・ 気の向くまま(に) ・ (問題が)見過ごしにされる ・ 専ら ・ わがまま(△を通す[に生きる]) ・ (自分の)思う通りに ・ (子どもが)伸び伸び(と)(育つ) ・ 隙(△がある[だらけ]) ・ (努力を)なおざり(にする) ・ 自由自在(に振る舞う) ・ 尻暗い観音 ・ 他人のことなどどうでもいい ・ 辺り構わず(しゃべる) ・ (相手の都合など)お構いなし(に) ・ 不注意 ・ 眠たい ・ 眠い ・ 眠たそう ・ 眠そう ・ 型破り ・ やりたい放題 ・ じゃじゃ馬(娘) ・ (自分の)感情に忠実 ・ (問題が)後回しにされる ・ とっぴ(な発想) ・ 突拍子もない(考え) ・ 檻から解き放たれた獣 ・ 警戒心を持たない ・ 催眠術 ・ 屈託がない ・ (心が)平ら ・ 伸びやか(に育つ) ・ 満ち足りている ・ のどか ・ 浩然 ・ 明鏡止水(の心境) ・ ケセラセラ ・ ぬくぬく ・ こだわりがない ・ 楽観的(に生きる) ・ (根っからの)楽天家 ・ 心穏やか ・ 充足した(気持ち) ・ 平穏(な心) ・ 安い ・  ・ 安らか ・ 穏やか(な心) ・ 青天白日 ・ 心安らか(に過ごす) ・ 安気(に暮らす) ・ 閑々 ・ のうのう ・ 安閑(としている) ・ 安息(の日々) ・ (将来は)安泰 ・ 静か(な心) ・ のんき ・ 安穏(な暮らし) ・ 快適 ・ 伸び伸び ・ 安逸(な日々を送る) ・ あっけらかん(とした態度) ・ 苦痛でない ・ 光風霽月 ・ (気持ちが)和らぐ ・ まどろんでいる(ような)(心地) ・ 安住 ・ 落ち着いた(暮らし) ・ 安心できる ・ 安楽(な生活を送る) ・ 高枕(で眠る) ・ 心地よく(眠れる) ・ 心地いい ・ 平らか ・ 安易 ・ 楽天的 ・ (気持ちが)和む ・ 太平楽 ・ 波風のない(心) ・ 安らいだ(気分) ・ のんびり(過ごす) ・ 静心しずごころ日々にちにちこれ好日 ・ 余裕がある ・ くつろぎを感じる ・ まゆの中にいるような(心地) ・ 閑適(な気分) ・ 心配(が)ない ・ 幸せ ・ 身軽 ・ 心を鎮める ・ 悠々 ・ 心置きなく(楽しめる) ・ 心残りなく(出発できる) ・ 後顧の憂いなく(引退できる) ・ 心静か ・ 楽々 ・ 気楽 ・ リラックス(した気分) ・ (精神的に)満たされる
閑散人けが無く静まり返っている閑散人けが無く静まり返っている  わびしい ・ (佇まいに)わびしさが漂う ・ 蕭条 ・ 寂寞 ・ 寥々 ・ 物寂しい ・ 索莫 ・ 荒涼 ・ 喪失感 ・ うらさびしい ・ 殺風景 ・ 貧寒 ・ 活気のない(商店街) ・ シャッター通り ・ 門前雀羅を張る ・ 蕭然 ・ 落莫 ・ ひっそり(としている) ・ 蕭殺 ・ 寂寥 ・ 寂しい(夜道) ・ 蕭々 ・ 物哀れ ・ 何の楽しみもない(漁村) ・ 在郷 ・ ディープスポット ・ 交通が不便 ・ 村落 ・ 近郷 ・ 近在 ・ 北辺 ・ 僻遠へきえん(の地) ・ 文化果つる(地) ・ 田舎 ・ ローカル(路線バス) ・ 辺陬 ・ 片田舎 ・ 僻陬 ・ (大都市の)近郊 ・ 田園 ・ 中心から外れたところ ・ 国境地帯 ・ ゆっくりと時間が流れるところ ・ 村里 ・ 辺境 ・ 片ほとり ・ 風光明媚(な土地) ・ (埼玉の)在 ・ 郷里 ・ 都会の喧騒を離れた(生活) ・ 貧寒の地 ・ 辺地 ・ 農村(地帯) ・ 漁村 ・ 在所 ・  ・ 辺土 ・ 奥(伊豆) ・ 僻村 ・ 山深い(町) ・  ・ へんぴ(な所) ・ 名古屋から車で二時間 ・ (日本の)原風景 ・ 最果ての地 ・ 都会から離れた ・ 奥地 ・ (東京の)郊外 ・ 通勤圏 ・  ・ 郡部 ・ (網走)くんだり(まで来た) ・ 田園風景が広がる ・ 率土 ・ (街の)中心部から離れる ・  ・ 地方 ・ 豊かな自然 ・ (美しい)自然環境に恵まれた(地域) ・  ・ 在方 ・ 人口千人(の村) ・ 僻地 ・ 在地 ・ 牧歌的(な風景) ・ 場末ばすえ(の飲み屋) ・ 部落 ・ 発展途上国 ・ (日本の)片隅 ・ 山奥 ・ 山村 ・ ひなびた(風情の)(温泉地) ・ (小さな)集落 ・ のんびりした(景色) ・ 地域(の活性化) ・ (関東の)草深い(土地) ・ (関東の)眠れる獅子 ・ 山間(の町) ・ 山間部 ・ リージョナル(な新聞社) ・ 人けが少ない ・ 一軒家 ・ むせぶような(汽笛) ・ すがれた(音色) ・ 一人 ・ 悲しげ ・ ぱっとしない ・ (母のいない家は)火の消えたよう(だ) ・ 人っ子一人 ・ (駐車場に)空きができる ・ 身寄りがない ・ 自分だけ ・ (混雑が)緩和される ・ 哀感 ・ 心寂しい ・ (何かに)すがりたい(ような)(気持ち) ・ (駅が)すく ・ 冬ざれ(の野) ・ 単独犯 ・ 孤独感を募らせる(風景) ・ 人けがない ・ 孤立無援 ・ 寒々とした(風景) ・ 暗い ・ (席が)空(あ)く ・ 単騎 ・ 支援する者がない ・ 単身 ・ 寂寥せきりょう(感) ・ 哀調を帯びた(音楽) ・ 身一つ ・ ブルース調(の曲) ・ 閑散とする ・ 話し相手がいない ・ 独り ・ どことなく寂しい ・ (△背中[佇まい]に)わびしさが漂う ・ 孤影(悄然)(として去る) ・ (電車内が)すいてくる ・ 単独 ・ 空席(ができる) ・ もの寂しい ・ がらがら(になる) ・ 寂しげ ・ 過疎化 ・ 場末ばすえ(の映画館) ・ 孤独 ・ 人けが(少)なくなる ・ 見捨てられた(気分) ・ 一介 ・ 誰はばかることなく(号泣する) ・ 無人島 ・ 部屋にこもる ・ うらぶれる ・ うらぶれた(姿) ・  ・ 一人ぼっち ・ 小寂しい ・ 寄る辺ない(身の上) ・ ただ一人 ・ 絶海(の孤島) ・ (人が)まばら(になる) ・ 幽寂 ・ 寂々 ・ ミュート ・ 消音(化) ・ 通い ・ 閑静 ・ 嵐の前の静けさ ・ (場内)粛(として)(声なし) ・ (一人暮らしを)侘びる ・  ・ 悲痛 ・ 静める ・ 上下(する) ・ 清閑 ・ 人通り(が多い) ・ 切ない ・ (切なさに)息が詰まる ・ うれ ・ ひっそり ・ 断腸の思い ・ 寂(として)(声なし) ・ 感傷(△に浸る[的になる]) ・ 深々 ・ 通う ・ (ああ、)なんということだ ・ 胸が塞がる ・ 哀れ(を催す) ・ 暗うつ ・ 音のない(世界) ・ 沈痛 ・ 深閑 ・ 悲しみ(に暮れる) ・ 静か ・ 静まる ・ 静まり返る ・ 来往 ・ 水を打ったよう(な館内) ・ 人足 ・ やりきれない(思い) ・ 哀愁 ・ (友の死に)(胸が)張り裂ける(思い) ・ 憂う ・ 哀切 ・ 傷心(△する[を抱く]) ・ (儀式が)粛々しゅくしゅく(と)(進む) ・ 悶々(の情) ・ (悲しそうに)顔を歪める ・ 閑寂 ・ 寝静まる ・ 哀れ ・ 心が痛む ・ 心を痛める ・ うら悲しい ・ ひそやか ・ どうしたらいいか分からない ・ (言うべき)言葉もない ・ 静けさ ・ 音も無く ・ 通行 ・ 寂しがる ・ 往来 ・ しめやか(な通夜) ・ 悲傷 ・ 紅涙を絞る ・ 悲哀 ・ 身も世もない(姿) ・ 静閑 ・ (歩道に)人の流れ(ができる) ・ 言葉が出ない ・ 憂うべき(事態) ・ 悲嘆 ・ 愁嘆 ・ にぎわい ・ 静寂 ・ 交通 ・ 救いのない ・ ペーソス(を感じる) ・ 嘆く ・ 腸を断つ ・ 往復 ・ 行き戻り ・ 物悲しい ・ しじま ・ 哀傷 ・ 物音がしない ・ 行き来 ・ 悲しい ・ 悲しむ ・ 悲しがる ・ 悲しく思う ・ 無声 ・ 暗然 ・ (人々が)行き交う ・ 行き交い ・ 救われない(気分) ・ (ご)静粛(にお願いします) ・ 憂える ・ 寂しい ・ 往還 ・ アラームが鳴らない ・ (突然の悲報に)胸が潰れる ・ 胸が裂ける ・ 胸を痛める ・ 胸が詰まる ・ 胸ふたがる(思い) ・ 無音 ・ めいる ・ 静けさが部屋を満たす ・ 憂愁(に△沈む[とらわれる]) ・ 心を重くする ・ 嘆き悲しむ ・ 哀苦 ・ ひそまる ・ ひそめる ・ しんと ・ (式が)粛然(と行われる) ・ (ご)愁傷(様) ・ 悲愴 ・ 行き帰り ・ 物静か ・ 寂然 ・ 時間が止まったような(静寂) ・ ひっそり閑 ・ 寒村 ・ (人家が)ひしめく ・ 山里 ・ 集落 ・ 農村 ・ 田畑が多い ・ 人家が集まる ・ 人里 ・ 片山里 ・ (家が)密集(する) ・ (家の)集まり ・ 遠山里
閑散(とした夜の街)景気が悪い(不景気)閑散(とした夜の街)景気が悪い(不景気)  物が売れない ・ 金詰まり ・ (業界に)冬の時代(が訪れる) ・ 霜枯れ ・ 気重 ・ (△消費[両国の関係]が)冷え込む ・ (経済の)冷え込み ・ (経済が)後退(する) ・ (消費が)退化(する) ・ 冬枯れ ・ しけ ・ 不景気 ・ 不入り ・ 需要が少ない ・ 付け景気 ・ お茶を挽く ・ 売れゆきが悪い ・ 世知辛い ・ (株が)下がり目 ・ 開店休業(状態) ・ (景気が)停滞(する) ・ (経済用語としての)パニック ・ (金融)恐慌 ・ 軟調 ・ 空景気 ・ 失われた十年 ・ ロストジェネレーション ・ 客の入りが悪い ・ 物価高 ・ (景気が)陰る ・ (国民の)元気がなくなる ・ マイナス成長(になる) ・ 以前のような生活が出来なくなる ・ (景気の)腰が折れる ・ (景気の)腰折れ ・ 不活発 ・ (産業が)疲弊する ・ 不況 ・ 閑古鳥が鳴く ・ 夏枯れ ・ 資金繰りが厳しい ・ 市況低迷 ・ 商売あがったり ・  ・ 過疎化 ・ (駅が)すく ・ 減給 ・ 減作 ・ 魚が捕れない ・ 凶荒 ・ (人が)まばら(になる) ・ 飢饉 ・ 減俸 ・ (混雑が)緩和される ・ 閑散とする ・ 収穫が少ない ・ (席が)空(あ)く ・ 減収 ・ 半作 ・ 不漁 ・ すぐれたものが現れない ・ がらがら(になる) ・ 作物の出来が悪い ・ 空席(ができる) ・ 減額 ・ 凶作 ・ 人けが(少)なくなる ・ 減税 ・ 漁獲高が少ない ・ 減資 ・ (電車内が)すいてくる ・ 減配 ・ (駐車場に)空きができる ・ 不作 ・ (客の)食いつきが悪い ・ (販売)予想を下回る ・ 需要がない ・ (株価が)底割れ(する) ・ 客足がまばら ・ 閑散とした(会場) ・ 不人気(の商品) ・ (思ったより)(物が)売れない ・ (経済活動が)収縮(する) ・ (顧客に)そっぽを向かれる ・ (経済が)冷え込む ・ 受けない ・ (景気が)後退(する) ・ (経済の)下振れ ・ (売り物が)はけない ・ (売れ行きが)はかばかしくない ・ (収益が)圧迫される ・ (取引が)不活発 ・ (経済が)きりもみ状態(に入る) ・ 低迷を余儀なくされる ・ 売れ行きが悪い ・ さばけない ・ 買い手がつかない ・ 客足が遠のく ・ タコを打つ ・ (今日は)ボウズ(だった) ・ 思わしくない ・ 不入り(の映画) ・ (景気が)しぼむ ・ 薄商い ・ (株価が)下落(する) ・ 増税にあえぐ ・ 売れ足がにぶい ・ (品物が)売れ残る ・ (円高の)あおりを受ける ・ 販売不振 ・ 期待外れ ・ 病に冒される ・ すかんぴん ・ 勢いを失う ・ 負け組 ・ (ファンの)支持を失う ・ 株価 ・ 下げ過程(に入る) ・ 減衰(する) ・  ・ 熱が冷める ・ 熱気が冷める ・ 正直者が割を食う世の中 ・ (生活に)行き詰まる ・ 窮迫(する) ・ 身代限り ・ 遠景に去る ・ 色男金と力は無かりけり ・ 商状 ・ 貧しい ・ 衰微(する) ・ 相場 ・ 侘住まい ・ おとなしくなる ・ (生活苦に)あえぐ ・ あえぐような(学生時代) ・ (伸びが)鈍化(する) ・ 苦学生 ・ (人生は)思った通りにいかない ・ 虐げられた(人々) ・ 賃下げ ・ はかない(ものだ) ・ (△薬[景気対策]の)効果が薄れる ・ 元気がない ・ 元気がなくなる ・ 内輪 ・ (給料に)不満 ・ (景気に)ブレーキがかかる ・ しがない(暮らし) ・ 一文無し ・ (△流行[人気]が)下火(になる) ・ (もう)限界 ・ 老年期に入る ・ 市況 ・ 盛りを過ぎる ・ 財政難 ・ 目立たなくなる ・ 無一文 ・ 勢いが見られない ・ 切れが見られない ・ 衰亡(に向かう) ・ (△勢い[伸び]が)にぶる ・ (人気が)衰える ・ 衰えが見える ・ 勢いが衰える ・ 力が衰える ・ 飢える(しかない) ・ 影響力が低下する ・ 自転車操業(の状態) ・ 失速(する) ・ エンゲル係数が高い ・ (物価高で)青息吐息(だ) ・ 競争社会 ・ 安値 ・ 高値 ・ 新聞少年 ・ 下り坂(に差し掛かる) ・ (人気が)下降(する) ・ (勢いが)低下(する) ・ (全盛期の)面影はない ・ 暮らしにくい ・ 踊り場 ・ ふところが寂しい ・ (勢いが)弱まる ・ 弱くなる ・ 力が弱まる ・ 水位が下がる ・ ジリ貧 ・ 極貧(の暮らし) ・ 勢いが止まる ・ 伸びが止まる ・ つわもの共が夢の跡 ・ 過酷(な環境) ・ 求心力が下がる ・ 峠を越える ・ 立ち枯れる ・ フェードアウト(する) ・ こんなご時世(ですが) ・ 景気 ・ (往年の輝きが)色あせる ・ (経済が)落ち込む ・ 存在感を失う ・ 力を落とす ・ 衰運(に見舞われる) ・ (国が)荒廃(する) ・ 貧富の差が激しい(世界) ・ (支持率が)頭打ち(になる) ・ 勢いがなくなる ・ 食い潰す ・ 絶えて久しい ・ 金欠(病) ・ お金を借りる ・ 借金漬け ・ (連日、)取り立てに追われる ・ (経済の)浮揚力がなくなる ・ (△だいぶ[思想が])風化(する) ・ かつかつの暮らし ・ 気力が失せる ・ ふうふう言ってる ・ 一服(する) ・ やりくりに苦しむ ・ (節約)疲れ ・ 活力を失う ・ 活力が損なわれる ・ すってんてん ・ ジリ貧(に陥る) ・ 生活保護(以下の暮らし) ・ 貧者 ・ (経済政策の)効果が続かない ・ 萎える ・ (憲法が定める)健康で文化的な最低限度の生活 ・ 厳しい現実 ・ ゲルピン ・ (経済的に)余裕がない ・ 精彩を欠く ・ 精彩を失う ・ 下降(する) ・ 手に入らない ・ 売れ行き ・ 守勢 ・ (産業が)衰退(する) ・ 生活苦 ・ 生きづらい ・ (食物が)乏しい(時代) ・ 地獄(のような)(現実) ・ (上り調子が)一段落(する) ・ 無一物 ・ (△往年[かつて]の)輝きを失う ・ 光を失う ・ やっとの生活 ・ (勢いが)下り坂(になる) ・ 求心力を失う ・ 宵越しの金は持たない ・ (やっと)息をつなぐ ・ (景気が)減速(△する[傾向を示す]) ・ 飽きられる ・ 文無し ・ (新事業に手を出したのが)つまずきの始まり(だった) ・ 後景に退く ・ 貧乏(する) ・ (女の)細腕(で一家を養う) ・ 統率力を失う ・ (利益が)薄い ・ (△財政[国力]が)疲弊(する) ・ 力を失う ・ たそがれる ・ 裸一貫 ・ (弁護士でさえ)食いっぱぐれる時代 ・ (騒ぎが)沈静化(する) ・ 無産 ・ 窮乏(する) ・ 落ちぶれる ・ 食い倒す ・ 凋落(する) ・ 食っていけない ・ 切り詰めた(生活) ・ 中だるみ ・ 何も持っていない ・ 路頭に迷う ・ お金に困る ・ (やりくりに)四苦八苦(する) ・ 逼迫 ・ (経済の)スローダウン ・ (賞味)期限切れ(の芸能人) ・ (芸が)曇ってくる ・ 勢いが陰る ・ 力が陰る ・ 窮迫する ・ 峠を過ぎる ・ (社会への)インパクトを失う ・ ダメージを受ける ・ (△勢い[人気/景気]が)しぼむ ・ 転がり落ちる ・ 衰勢(に向かう) ・ 息切れ(する) ・ (すっかり)牙を抜かれる ・ (売り上げが)先細り(になる) ・ (市場が)細る ・ 生活に追われる ・ もろくなる ・ (家業が)左前(になる) ・ きゅうきゅう ・ 落ち目(になる) ・ (きれい事しか言えない)漂白社会 ・ 限界が見える ・ (売上が)減る ・ スランプに陥る ・ (好景気の)谷間 ・ 理想は現実の前に打ち砕かれる(のが世の習い) ・ (景気が)中だるみ(する) ・ (京の)着倒れ ・ 秋風が吹く ・ 秋風が立つ ・ (生活に)困窮(する) ・ 限界状態 ・ 金はあっという間に無くなる ・ (二大勢力の間で)埋没(する) ・ 貧乏暮らし ・ (景気が)沈滞(する) ・ (手元)不如意(である) ・ ぱっとしない ・ (成長の)エネルギーを失う ・ 尻すぼみ(に終わる) ・ 竜頭蛇尾りゅうとうだび(に終わる) ・ 鳴りをひそめる ・ (△収入[財産]が)少ない ・ 格差社会(に痛めつけられる) ・ (生活必需品にも)不自由(する) ・ 不活発(になる) ・  ・ 右肩下がり ・ 無銭 ・ (もう)鼻血もでない ・ 乏しい ・ (芸が)枯れる ・ とうが立つ ・ 旬を過ぎる ・ (エンジンの)油切れ ・ 勢いが弱まる ・ 倦怠感が漂う ・ 景況 ・ ギャンブル依存症 ・ 干上がる ・ ぴいぴい ・ 食いはぐれ ・ 食いはぐれる ・ 食いっぱぐれ ・ 食いっぱぐれる ・ 金に困る ・ 手薄 ・ (借金で)首が回らない ・ (人気が)下がり目 ・ お金がない ・ 中休み ・ 食い詰める ・ 落ち目 ・ 硬直化(する) ・ (勢いが)影をひそめる ・ (すっかり)影が薄くなる ・ 影を薄くする ・ 存在感が薄くなる ・ 夢破れる ・ 孤城落日こじょうらくじつ(の観がある) ・ (台所は)火の車 ・ (家計が)火だるま(状態) ・ 伸び悩む ・ 伸び悩み(が見られる) ・ 寒村(で育つ) ・ 気弱になる ・ どか貧 ・ 劣勢(になる) ・ 急落 ・ (持つ者と)持たざる者 ・ 減退(する) ・ パンの耳をもらう ・ 紙一重のところでどうにか人生を維持している ・ 脆弱化(する) ・ 貧乏人 ・ 生活が苦しい ・ 生活が苦しくなる ・ 機能不全に陥る ・ 行き悩む ・ 落花流水 ・ (経済的に)追い詰められる ・ (今月)ピンチ(なんだ) ・ 落日(を迎える) ・ エネルギーを喪失(する) ・ ぎりぎりの生活 ・ (博打打ちが)身ぐるみはがされる ・ 商況 ・ (おまんまの)食い上げ ・ 食い倒れ ・ 不振 ・ 泣き暮らす ・ パワーが失われる ・ ペースダウン ・ (火が)消えかかる ・ 消えていく ・ レベルダウン(する) ・ (日本経済に)地盤沈下(が起こる) ・ (効果が)ガクンと下がる ・ 生活にゆとりがない ・ (勢いを)落とす ・ (速力が)落ちる ・ エネルギーを失う ・ 貧困(層) ・ 前景気 ・ 丸裸 ・ 退勢 ・ あごが干上がる ・ (経済的)敗者 ・ 露命をつなぐ ・ (ワーキング)プア(に属する) ・ プア(ー)な(日雇い派遣) ・ 食い兼ねる ・ (あの人気も)今は昔 ・ (当時の最新技術も今は)色あせて見える ・ (勢いに)陰りが出る ・ 低迷(する) ・ 無い袖は振れない ・ 晩節を汚す ・ 赤貧(の日々) ・ 活気を失う ・ (衣食住にも)困る
(客がなく)閑散(とする)(未分類)(客がなく)閑散(とする)(未分類)  閑疎 ・  ・ 闊疎 ・  ・ すいている ・ 透いている ・ 明く ・ 景気が悪い ・ 疎ら ・ 御茶を挽く ・ 振るわない ・ がらがら ・ シンとした ・ にぎわいが消える ・ 寂れる ・ ガランと ・ さっぱり ・ 廃れる ・ 廃都 ・ 様変わりする ・ 寂しい寂れる ・ 客足がとまる ・ 灯が消えたよう ・ 失われる ・ 見捨てられる ・ 動かない ・ 沈静 ・ 湿っぽい ・ とどまる ・ 出足が鈍い ・ ガラあき ・ 空席ばかり ・ かんばしくない ・ 不評 ・ 埋まらない ・ 受け入れられない ・ 相手にされない ・ ヒットしない ・ コケる ・ 評判が悪い ・ 人気低落 ・ 顧みられない ・ 売上げダウン ・ 総スカン ・ 認められない ・ 評価の低い ・ 見向きもされない ・ 軽視される ・ 大こけ ・ さえない ・ 天気がぐずつく ・ 効果がない ・ 良くない ・ おぼつかない ・ 不十分な ・ 火がつかない ・ 失敗する ・ 影が薄い ・ うまく回っていかない ・ ウケない ・ 当たらない ・ 人気が出ない ・ 勢いがない ・ イマイチの評判 ・ 成績が振るわない ・ 芳しくない ・ しけた ・ 不成績 ・ にぶい ・ 苦戦中 ・ 喜べない ・ 失敗 ・ ぐずぐずと ・ 的を外す ・ し損じる ・ 不満足な ・ 線香花火のような ・ 評価されない ・ 効き目がない ・ 安心できない ・ 低調 ・ 予断を許さない ・ 計算違い ・ 外れる ・ 怪しい雲行き ・ すいた ・ ガラ空き ・ 閑散ムード ・ 閑散期 ・ 賑わいを失う ・ 火の消えたような ・ 閑古鳥がなく ・ 客足が途絶える ・ シャッター通り ・ 客離れが起きる ・ ひっそりする ・ 廃市 ・ 不景気風が吹く ・ 輝きがなくなる ・ 賑わいを失った ・ 見る影もない ・ 不景気な ・ 活気のない ・ 静止 ・ 生気なく ・ だれも踊らない ・ 流行らない ・ 人気下降 ・ 見向きもされなくなる ・ 出番がない ・ 褒められない ・ 過小評価に甘んじる ・ 承認されない ・ 売れなくなる ・ 軽んじられる ・ 不調 ・ 期待できない ・ 深刻な事態 ・ 暗雲が漂う ・ 不都合が生じる ・ 不本意 ・ 下位 ・ ブービー ・ 期待はずれに終わる ・ すっきりしない ・ 成績が低迷 ・ 進まない ・ 難航する ・ 鳴かず飛ばず ・ 気になる ・ 好結果につながらない ・ 話題にならない ・ じくじたる思い ・ 悪い ・ 明るくない ・ 思うに任せない ・ 分野で振るわない ・ 不成功 ・ 大たたきする ・ 否定的な ・ 人気がない ・ 命中しない ・ 雲行きが怪しい ・ それる ・ 撃ち損じる ・ 当て外れ ・ こける ・ 先行きは暗い ・ 思わしい結果が出ない
閑散とする人けが少なくなる閑散とする人けが少なくなる  人けが(少)なくなる ・ がらがら(になる) ・ (人が)まばら(になる) ・ (空席は)心配するほどではない ・ (席が)空(あ)く ・ (電車内が)すいてくる ・ (混雑が)緩和される ・ (駅が)すく ・ (駐車場に)空きができる ・ 空席(ができる) ・ 過疎化 ・ 索莫 ・ 欠員(が△出る[できる]) ・ 落莫 ・ (メンバー欠席でチームに)穴(があく) ・ (課長の)ポストが空く ・ わびしい ・ (佇まいに)わびしさが漂う ・ 寂寞 ・ 寂寥 ・ 寥々 ・ 蕭然 ・ 物哀れ ・ 空席ができる ・ 蕭条 ・ うらさびしい ・ 蕭殺 ・ 席が空く ・ ひっそり(としている) ・ 物寂しい ・ 蕭々 ・ 荒涼 ・ 殺風景 ・ 寂しい(夜道) ・ キャンセルが出る ・ 門前雀羅を張る ・ 活気のない(商店街) ・ シャッター通り ・ 閑散 ・ 貧寒 ・ エネルギーを失う ・ 急落 ・ 統率力を失う ・ 勢いが見られない ・ 切れが見られない ・ ゆるい ・ 熱が冷める ・ 熱気が冷める ・ (目が)粗い ・ とびとび ・ (△勢い[伸び]が)にぶる ・ たそがれる ・ (産業が)疲弊する ・ 閑散(とした夜の街) ・ (景気の)腰が折れる ・ (景気の)腰折れ ・ (芸が)曇ってくる ・ 飽きられる ・ 点々 ・ エネルギーを喪失(する) ・ (景気が)沈滞(する) ・ 勢いがなくなる ・ 中休み ・ 力を落とす ・ 精彩を欠く ・ 精彩を失う ・ 資金繰りが厳しい ・ さざ波(のような拍手) ・ (経済の)下振れ ・ (火が)消えかかる ・ 消えていく ・ (伸びが)鈍化(する) ・ ダメージを受ける ・ 中だるみ ・ 勢いを失う ・ 伸び悩む ・ 伸び悩み(が見られる) ・ 勢いが止まる ・ 伸びが止まる ・ (△だいぶ[思想が])風化(する) ・ (家業が)左前(になる) ・ 遠景に去る ・ (△消費[両国の関係]が)冷え込む ・ (経済の)冷え込み ・ (ファンの)支持を失う ・ 力を失う ・ 元気がなくなる ・ 右肩下がり ・  ・ (経済用語としての)パニック ・ (金融)恐慌 ・ (人気が)下がり目 ・ 一つにまとまらない ・ 不景気 ・ 開店休業(状態) ・ (経済の)浮揚力がなくなる ・ つわもの共が夢の跡 ・ ばら ・ 存在感を失う ・ (国が)荒廃(する) ・ ちらりほらり ・ 脆弱化(する) ・ 機能不全に陥る ・ (業界に)冬の時代(が訪れる) ・ レベルダウン(する) ・ パワーが失われる ・ 盛りを過ぎる ・ (経済が)冷え込む ・ 金詰まり ・ (成長の)エネルギーを失う ・ 客の入りが悪い ・ 影響力が低下する ・ 後景に退く ・ (経済の)スローダウン ・ (景気が)陰る ・ はかない(ものだ) ・ ちりぢり(になる) ・ 雲散霧消 ・ 離れ離れ ・ (エンジンの)油切れ ・ 落花流水 ・ 元気がない ・ (棚が)寂しい ・ (勢いが)影をひそめる ・ (すっかり)影が薄くなる ・ 影を薄くする ・ 存在感が薄くなる ・ 透いている ・ 過疎(地) ・ (新事業に手を出したのが)つまずきの始まり(だった) ・ 立ち枯れる ・ すかすか ・ (売り上げが)先細り(になる) ・ (市場が)細る ・ (日本経済に)地盤沈下(が起こる) ・ (産業が)衰退(する) ・ 不入り ・ 失われた十年 ・ ロストジェネレーション ・ (勢いが)弱まる ・ 弱くなる ・ 力が弱まる ・ 水位が下がる ・ (節約)疲れ ・ 鳴りをひそめる ・ (景気に)ブレーキがかかる ・  ・ 行き悩む ・ 秋風が吹く ・ 秋風が立つ ・ 勢いが弱まる ・ 霜枯れ ・ (あの人気も)今は昔 ・ (当時の最新技術も今は)色あせて見える ・ 分布が薄い ・ (芸が)枯れる ・ おとなしくなる ・ 世知辛い ・ (騒ぎが)沈静化(する) ・ (社会への)インパクトを失う ・ しけ ・ (経済が)後退(する) ・ (消費が)退化(する) ・ (△勢い[人気/景気]が)しぼむ ・ 需要が少ない ・ 不活発(になる) ・ まばら ・ 衰亡(に向かう) ・ 減退(する) ・ (すっかり)牙を抜かれる ・ スランプに陥る ・ 落ち目(になる) ・ 孤城落日こじょうらくじつ(の観がある) ・ 物が売れない ・ (経済が)きりもみ状態(に入る) ・ 歯の抜けたよう ・ 萎える ・ 勢いが陰る ・ 力が陰る ・ (支持率が)頭打ち(になる) ・ 絶えて久しい ・ お茶を挽く ・ 病に冒される ・ 商売あがったり ・ 活力が損なわれる ・ 劣勢(になる) ・ もろくなる ・ 軟調 ・ 活力を失う ・ 不況 ・ 以前のような生活が出来なくなる ・ 峠を過ぎる ・ 落ち目 ・ 衰微(する) ・ 密度が粗い ・ 気重 ・ (にきびが)ぽつぽつ(ある) ・ 踊り場 ・ 退勢 ・ ぱっとしない ・ 峠を越える ・ 硬直化(する) ・ 過疎 ・ (国民の)元気がなくなる ・ ぶかぶか ・ 付け景気 ・ 隙間が△ある[できる] ・ 下げ過程(に入る) ・ 求心力が下がる ・ (勢いに)陰りが出る ・ 衰勢(に向かう) ・ 限界が見える ・ (売上が)減る ・ (二大勢力の間で)埋没(する) ・ (△往年[かつて]の)輝きを失う ・ 光を失う ・ ゆっくり ・ ばらばら ・ たっぷり ・ 気弱になる ・ (賞味)期限切れ(の芸能人) ・ (往年の輝きが)色あせる ・ 活気を失う ・ (好景気の)谷間 ・ 一服(する) ・ 物価高 ・ 老年期に入る ・ 不活発 ・ (景気が)後退(する) ・ (上り調子が)一段落(する) ・ 低迷(する) ・ 目立たなくなる ・ 失速(する) ・ 倦怠感が漂う ・ ぱらぱら ・ (景気が)停滞(する) ・ 夏枯れ ・ 落日(を迎える) ・ 凋落(する) ・ 転がり落ちる ・ ジリ貧 ・ (人気が)衰える ・ 衰えが見える ・ 勢いが衰える ・ 力が衰える ・ (経済政策の)効果が続かない ・ (勢いを)落とす ・ (速力が)落ちる ・ 減衰(する) ・ 息切れ(する) ・ ペースダウン ・ とうが立つ ・ 旬を過ぎる ・ ぱらっと ・ 売れゆきが悪い ・ 市況低迷 ・ 空景気 ・ 密度が薄い ・ 下り坂(に差し掛かる) ・ (人気が)下降(する) ・ (勢いが)低下(する) ・ 不振 ・ 空間に余裕がある ・ フェードアウト(する) ・ (△流行[人気]が)下火(になる) ・ ちょぼちょぼ ・ だぶだぶ ・ (効果が)ガクンと下がる ・ 冬枯れ ・ がらがら(の電車) ・ 気力が失せる ・ (全盛期の)面影はない ・ 衰運(に見舞われる) ・  ・ 守勢 ・ 尻すぼみ(に終わる) ・ 竜頭蛇尾りゅうとうだび(に終わる) ・ 落ちぶれる ・ ちらほら ・ 求心力を失う ・ (経済が)落ち込む ・ 三々五々 ・ (△薬[景気対策]の)効果が薄れる ・ (勢いが)下り坂(になる) ・ ゆったり ・ (景気が)中だるみ(する) ・ (景気が)減速(△する[傾向を示す]) ・ 晩節を汚す ・ 下降(する) ・ 分散している ・ 閑古鳥が鳴く ・ マイナス成長(になる) ・ (経済活動が)収縮(する)
(客がなく)閑散(とする)(未分類)(客がなく)閑散(とする)(未分類)  静まり返る ・ 客が少ない ・ 不景気風に吹かれる ・ 閑散とする ・ がらがら ・ 寂れる ・ 空席ばかり ・ ガラあきの ・ 客が絶える ・ 売れない ・ 振るわない ・ 客足が途絶える ・ 客足が遠のく ・ 不人気 ・ 波が引くように ・ 潮が退くように ・ 離れていく ・ いつの間にかいなくなる ・ かつての人気が嘘のよう ・ 底を這う ・ 買い手がつかない ・ 退潮 ・ 離散 ・ 避けるようになる ・ 縁遠くなる ・ 廃市 ・ 火の消えたような ・ しんとする ・ 灯りが消えたよう ・ 寒々しい ・ 寂れた ・ ガランとする ・ しめやか ・ 沈黙 ・ 人気が感じられない ・ 人の気配がない ・ 寂とした ・ 音がしない ・ 静穏 ・ 寂然と ・ 賑わいを失う ・ シャッター通り ・ 景気が悪い ・ ヒマ ・ 閑古鳥がなく ・ 不景気風が吹く ・ さっぱり ・ ひっそりする ・ 賑わいがない ・ すいている ・ ガランとした ・ 顧客を失う ・ 客が逃げる ・ そっぽを向かれる ・ 客が離れる ・ 客離れが起きる ・ 潮が引くように ・ 櫛の歯が欠けるように ・ 遠ざかる ・ 去っていく ・ 周囲が寂しくなる ・ 暗雲がかかる ・ 縮小 ・ 気息奄々 ・ 湿っぽい ・ 乏しい ・ 低調 ・ 冷え ・ 疎遠になる ・ 距離をおく ・ 客離れが起きる遠のく ・ 近づかない ・ 賑わいが失われる ・ 火が消えたよう ・ 静まる ・ 見捨てられた ・ 廃都 ・ もの音一つしない ・ 静寂 ・ しーんと ・ しんと ・ にぎわいが消える ・ 閑静 ・ ひっそりかん ・ 森閑とする ・ しけた顔をする ・ 灯が消えたよう ・ 氷河期
キーワードをランダムでピックアップ
出目劣位やぼったい白濁兼ね合い人の尻馬に乗るだいだい営為目を潤ませる実態を隠す思いが叶う威張った小泉チルドレン感情の発露として涙がこぼれる生命感が横溢する王家の人々身分に応じた服装管楽器を吹奏する小姑一人は鬼千匹に向かう絶頂とどん底を味わう
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 6