表示領域を拡大する
(父親を)彷彿(とさせる)の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
(父親を)彷彿(とさせる)似ている(父親を)彷彿(とさせる)似ている  (母親に)生き写し(の顔) ・ 血は争えない ・ 色違い ・ 似せる ・ (彼氏と)(お)そろい(の服) ・ おそろ ・ めく ・ (哲学者)めいた(風貌) ・ 類縁(関係)(にある植物) ・ 通じるところがある ・ 丸写し(の答案) ・ 類似(の建築物) ・ ものまね ・ 類同 ・ 派生(商品) ・ 分身 ・ (昔の祭りを)そのまま(に再現) ・ 近似(した図柄) ・ (ライバル商品を)意識した(デザイン) ・ (地球に)最近(の状態にある天体) ・ 同系色 ・ 足して二で割ったような ・ 二番煎じ ・ 置き換え可能 ・ 置き換えることができる ・ 似通う ・ (この二つの分野は)重なり合う部分がある ・ 憑依 ・ (両者間に)違いがない ・ (エー)ダッシュ ・ (芝居)がかる ・ (モデル)ばり(の)(美脚) ・ 実寸大(の鹿の置物) ・ 幽霊の正体見たり枯れ尾花 ・ 著作権侵害 ・ 様相を呈する ・ (ロレックス)譲り(の無骨なデザイン) ・ 区別できない ・ いずれアヤメかカキツバタ ・ まがう ・ 連想させる ・ そっくり ・ (有名人の)そっくりさん ・ (とてもよく)似る ・ (どこかで)見たことがある ・ (味も香りも)ほぼ(松茸) ・ 工夫がない ・ (味の)再現度が高い ・ もどき ・ (見た目が)(△まったく[ほぼ])同じ ・ 和製(プレスリー) ・ (言うなれば)日本版(ウエストサイドストーリーだ) ・ 一致する ・ 目くそ鼻くそを笑う ・ 見せかける ・ (怪物を)思い起こさせる(奇岩) ・ 印刷(された) ・ 疑似(コレラ) ・ 疑似餌ぎじえ ・ (刃物)様(の凶器) ・ (娘に亡き妻の)姿を重ねる ・ (悠々自適と退屈は)背中合わせ ・ 似寄り(の品) ・ 原寸模型 ・ (ウォークマンの)発展型(のスマートフォン) ・ (児戯に)類する ・ 同一人物 ・ (寸分)たがわない ・ (各産業)濃淡(の差)はあっても(どこも人手不足だ) ・ 似た者同士 ・ 偶然の一致とは言い切れない ・ 似姿 ・ (大人)びる ・ なりきる ・ あやかる ・ あなたの幸運にあやかりたい ・ (醤油を)ベースにした(ソース) ・ 双子(のように似た造り) ・ 一卵性(の姉妹) ・ 兄弟(のようによく似る) ・ (本物と)間違える ・ (他人の)空似 ・ 伯仲 ・ 見分けられない ・ 見分けがつかない ・ めおと茶碗 ・ 似つく ・ 重なる部分がある ・ (京都そっくりの町並みの)小京都 ・ ~のように見える ・ かえるの子はかえる ・ (同じではなく)似ている ・ 近い ・ 一見すると(~に似ている) ・ 見間違える ・ (日本列島を)型抜きしたような(雨雲) ・ 亜種 ・ 変種 ・ 派生種 ・ (黄)ばむ ・ (本物)らしく見える ・ どっちもどっち ・ 様子を帯びる ・ 紛らわしい ・ 目新しさがない ・ (判別するのに)紛らわしい ・ (年寄り)じみる ・ 酷似(する) ・ リメイク ・ 相似 ・ 本物に見える ・ ノットイコール(≠) ・ ニアリーイコール(≒) ・ 面影がある ・ (学者)のようなもの ・ 金太郎飴(のような)(新入社員たち) ・ うり二つ ・ 似通っている ・ (過去作の)焼き直し ・ (飲むヨーグルトという)大きなくくり(の中にラッシーが含まれる) ・ (ライオンは猫の)仲間 ・ 同種類 ・ 同類 ・ 同系 ・ 共通(する) ・ 一類 ・ (狼と犬は)親類 ・ (カリフラワーはブロッコリーと)親戚(の野菜) ・ (種類が)同じ ・ 一種 ・ 一種類 ・ (ぶどう)品種 ・ (みかんの)たぐい(の果物) ・ 同種 ・ 同列(に扱う) ・ (それに)類する(話) ・ (アルコールの)種類(に分類される) ・ (野菜)類 ・ 共通点がある ・ 同格 ・ 同じカテゴリーに△分類される[分けられる] ・ ケース ・  ・ 先例 ・ 実例 ・ 前例 ・ 一例 ・ 例え ・ 事例 ・ 寓意 ・ (あの人は)言わば(平成の坂本龍馬だ) ・ 言うなれば ・ 言ってみれば ・ (思いの丈を歌に)託す(る) ・ 例える ・ (ハートのデザインは祝福の)気持ちの現れ ・ よそえる ・ 国花 ・ 見立てる ・ 比喩(法) ・ メタファー ・ 暗喩 ・ 隠喩 ・ (出発の朝の雨が不吉な未来を)暗示(する) ・ 風刺(画) ・ 諷喩 ・ 直喩 ・ 象徴 ・ (築山を富士に)擬する ・ 引喩 ・ 準じる ・ (人生を旅に)なぞらえる ・ アレゴリー ・ 等号 ・ 等式 ・ イコール ・ 同義語 ・ 類句 ・ 縁語 ・ 類語 ・ 言い換えることができる ・ シノニム ・ おっつかっつ(の勝負) ・ (酒に)く(ものはない) ・ 相手に不足はない ・ 相手にとって不足はない ・ 五分 ・ 五分五分 ・ 五分と五分(の対決) ・ (他と比べても)負けない ・ (十分)通用する ・ 敵する ・ 張り合う ・ 匹敵(する) ・ 勝るとも劣らない ・ (実力、人気ともに)並ぶ ・ 互角 ・ (両者が)(よく)似る ・ (美女たちが)妍を競う ・ 選びようがない ・ いずれ劣らぬ(強者ぞろい) ・ 対等(に△戦う[渡り合う]) ・ 同着 ・ (比べても)遜色がない ・ 肩を並べる ・ 比肩(する) ・ 対抗できる ・ 負けず劣らず ・ (彼の腕に)立ち並ぶ(者はない) ・ (プロ)並 ・ 手応えのある(相手) ・ 同レベル ・ 甲乙なし ・ 甲乙つけがたい ・ 侮られない ・ (二人の成績は)ちょぼちょぼ(だ) ・ (いずれも)すばらしい ・ どんぐりの背比べ ・ 一寸法師の背比べ ・ バカにされない ・ 優劣の差が△ない[少ない] ・ (いずれか)優劣つけがたい ・ 相手としてふさわしい ・ 対(の力量) ・ 敵う(者はいない) ・ (両者間に)差はない ・ 劣らない ・ 劣っていない ・ 見くびられない ・ 二大(巨頭) ・ (日本)三大(夜景) ・ 比類 ・ 譲らない ・ 帯に短しタスキに長し ・ 優劣がない ・ 兄たり難く弟たり難し ・ (男に)なめられない ・ 似たり寄ったり ・ 伍する ・ (玄人)そこのけ(の出来ばえ) ・ (ドラクエと)双璧(をなす)(RPG、ファイナルファンタジー) ・ 及ぶ ・ 面白い勝負が期待できる ・ 引けを取らない ・ 目移り(がする) ・ 人後に落ちない ・ 相星あいぼし(決戦) ・ 追いつく ・ (比べて)見劣りしない ・ タイ(に持ち込む) ・ 大差はない ・ どっこいどっこい(の実力) ・ (デザインを)盗む ・ (アイデアを)盗用(する) ・ イミテーション ・ (前例に)倣う ・ (芸術家を)気取る ・ 真似(をする) ・ 見習う ・ (手本を)参考(にする) ・ にせもの ・ 手本にする ・ 偽装(する) ・ 右へならえ ・ 移り舞い ・ 連れ舞い ・ 模擬 ・ 擬する ・ 本物らしく見せる ・ リスペクト ・ (過去のヒット作を)焼き直す ・ コピー ・ 似せて作る ・ 模する ・ 他人と同じ行動をする ・ (手本を)まねる ・ (いくつかの)バリエーション(が生まれる) ・ (名前から)一字もらう ・ 見よう見まね(で)(仕事を覚える) ・ なぞらえる ・ 複製 ・ 模倣 ・ 真似事 ・ (雰囲気を)再現(する) ・ 手本を見る ・ 真似する ・ 擬態 ・ 同じものを作る ・ 型通り(の展開) ・ ごっこ ・ (他社に)追随(して値下げ) ・ (文豪)張り(の文章) ・ のれん分け(の店) ・ モデル(となる) ・ 発音が似ている ・ 韻(を踏む) ・ だじゃれ ・ 語呂合わせ ・ (意味を)重ねる ・ 重ね合わせる ・ 大概にしろ ・ いい加減にしろ ・ 再犯(者) ・ 学ばない ・ (この道は)いつか来た道 ・ (人類が)過去にたどった道 ・ 無反省(に繰り返される) ・ 二の舞(になる) ・ (同様のことを)(また)繰り返す ・ (過去のつらい経験を)(また)なぞろうとしている ・ 前車のてつを踏む ・ 前轍ぜんてつを踏む ・ 第二次世界大戦 ・ 二次創作 ・ (名画)素材にした(風刺画) ・ オマージュ ・ 借り物(のデザイン) ・ (聖書を)下敷きにした(ファンタジー映画) ・ 替え歌 ・ パロディ(ー) ・ パクリ ・ もじり ・ (白雪姫を)引用(した作品) ・ 参照 ・ 盗作 ・ コピペ(論文) ・ 著作権違反 ・ 無断転載 ・ 自分のアイデアとする ・ アイデアを盗む ・ 剽窃 ・ 人のふんどしで相撲を取る ・ 論文の盗用 ・ 著作権法に違反する ・ 引用 ・ 盗用 ・ (個別の違いを無視して)一般化(する) ・ どれも同じに扱う ・ (全体を)ひとくくり(にする) ・ (一つに)まとめる ・ (全部)まとめて(面倒を見る) ・ (英語)即(国際語とは限らない) ・ 同視 ・ 視する ・ 同列視(する) ・ 同列に置く ・ 同一視(する) ・ (同じと)見なす ・ (他人に)成り済ます ・ 成り済まし ・ (本物とは似ても似つかない)別物 ・ 模型 ・ モデル(ガン) ・ 中国にいそうな(ドラえもん) ・ まやかし物 ・ それらしい(様子) ・ (ミッキーマウス)ぽい(やつ) ・ (ピカチュウ)もどき ・ コピー(製品) ・ (バルミューダ)風(のトースター) ・ 模造品 ・ 新味のない ・ 銀流し(の紳士) ・ えせ(文化人) ・ 影武者 ・ 亜流 ・ 中身は違うがラベルは同じ ・ パチモン ・ (食品)サンプル ・ 邪道 ・ うそ(の世界史) ・ (人の形をまねて作った)人形 ・ 人造人間 ・ (スーパーカーの)ミニチュア ・ (ダイソン)的な(デザインの掃除機) ・ 人工(いくら) ・ 造花 ・ なんちゃって(家族) ・ 作り物(のダイヤの指輪) ・ 欠陥商品 ・ (美容)整形 ・ (とんだ)代物(をつかまされる) ・ (とんだ)食わせ物(をつかまされる) ・ まがい物 ・ フェイク(ファー) ・ (表面的に)似せる ・ いかもの(をつかまされる) ・ おもちゃ(の指輪) ・ こけおどし(のおもちゃのピストル) ・ (学者)ぶる ・ (大物)ぶった(小者) ・ レンタル(彼女) ・ レベルの低い(コピー商品) ・ 程度の低い ・ (クマの)はく製 ・ 疑似(科学) ・ にせ(の領収書) ・ 偽物 ・ いんちき(商品) ・ 変造(された)(小切手) ・ 改ざん(された)(報告書) ・ 例題 ・ 類題 ・ (その木はブロッコリーの)ように見える ・ さながら(絵のようだ) ・ (滝の)ような(雨) ・ いかにも(楽しそう) ・ まるで ・ (海かと)見まがう(ばかり)(の大湖) ・ さも(迷惑そうな顔をする) ・ ちょうど(盆のような月) ・ あたかも(嵐の前のよう) ・ (春を)思わせる(陽気) ・ バーチャル(世界) ・ ありあり(と)(再現される) ・ (チャップリンが)憑依(してる) ・ 訴える力が強い ・ 迫真(の演技) ・ 真に迫る(映像) ・ (△ジェームズディーン[実際のカップル]を)彷彿(と)させる(演技) ・ 演技であることを忘れさせる ・ 真に迫っている ・ 実感がある ・ 同じ穴のむじな ・ 民族 ・ 人種 ・ 同形 ・ 型抜き(したように同じ形) ・ 相似形 ・ 同上 ・ 均等 ・ 合同 ・  ・ 同じ ・ おんなじ ・ 同じく ・ (今年も)ご多分に漏れず(忙しい) ・ 一事が万事 ・ 軌を一にする ・ (両者の間に)違いはない ・ 相違するところはない ・ 以外の何物でもない ・ 同一視できる ・ (それ)にほかならない ・ 共通 ・ (死んだも)同然 ・ (経験は百の知識に)値する ・ 同工異曲 ・  ・ (本質的に)変わらない ・ 同様 ・ 分かず ・ もともと ・  ・ 同前 ・ (その成功は努力の結果に)他ならない ・  ・ 同一(人物) ・ (主語と補語は)イコール(の関係) ・ (日本の首都)つまり(東京) ・ (千グラム)すなわち(一キロ) ・ (日本の表玄関)である(成田国際空港) ・ 同等 ・ 同断 ・ 粒が揃っている ・ (これでは子供のすることと)選ぶところがない ・ 一つ ・ (AとBは)一緒 ・ 一如 ・ まさにそれである ・ 等しい ・ 大同小異 ・ (自分探しは)形を変えた(承認欲求) ・ 代わり映えのしない ・ 少しの違い ・ わずかに違う ・ 多かれ少なかれ(みな生きづらさを抱えている) ・ ほとんど一緒 ・ ほぼ一緒 ・ 五十歩百歩 ・ 同趣(の作品) ・ (素人に)少し毛が生えた程度 ・ 類似(している) ・ 似て非なる ・  ・ (大して)違わない ・ 同型(の犯罪) ・ ほとんど同じ ・ ほぼ同じ ・ 紙一重(の差) ・ (両者)似たようなもの ・ 小異 ・ 代わり ・ 掛け替え ・ 見本にする ・ (一フィートはほぼ一尺に)当たる ・ △同類[同格]とみなす ・ (すいかを果物の)分野に入れる ・ (犬を食用家畜に)分類する ・ (黄身を月に)見立てる ・ (本人に)成り代わる ・ (木立ちを敵兵と)見なす ・ 代わる ・ 代わってもらう ・ 代える ・ 置き換わる ・ 委任 ・ 取って代わる ・ 分け隔てなく(扱う) ・ すべて(削除される) ・ (品質を)均一(にする) ・ 同じように(仕上がる) ・ 一貫(して)(携わる) ・ いずこも同じ秋の夕暮れ ・ (どれをとってもほとんど)変わらない ・ (誰もが)皆 ・ 金太郎飴的(なショッピングモール) ・ (今年の稲作は)おしなべて(出来がいい) ・ (ここの生徒は)概して(礼儀正しい) ・ 猫も杓子も(花見に繰り出す) ・ 一律(に)(二割引) ・ 個性がない ・ 画一的(な教育) ・ 例外なく ・ (歓迎ムード)一色 ・ 平均的に(力を入れる) ・ (毎月)固定的に(かかる費用) ・ 規格品 ・ (どれも)同じ(様子) ・ (肥満は世界中で増加しており日本も)(その)例に漏れない ・ 一面(△の銀世界[に霧が立ち込める]) ・ (全員に)均等(に)(割り当てる) ・ 千篇一律 ・ (大人も子供も)等し並みに(扱う) ・ (誰もが)一様(に)(反対する) ・ まんべんなく(愛嬌を振りまく) ・ (どれも)同じ ・ 同じ具合 ・ むらなく(塗る) ・ 一律(に扱う) ・ (万人)等しく(仰ぐ) ・ (どのメーカーも)軒並み(値上げ) ・ (前の事件と)同様(の手口) ・ 単一(の民族による国家) ・  一定の割合で(生じる) ・ 模様 ・  ・ (保守的)色彩(が強い) ・ (混乱の)色合い(を濃くする) ・ 在り方 ・ 振り ・ 形相 ・  ・ 様態 ・ 概況 ・ 態様 ・ コンディション ・ 状態 ・ ばつ ・ ありさま ・  ・ 様子 ・ ありよう ・  ・  ・ 動向 ・ がましい ・ たたずまい ・  ・ 光景 ・ 風情 ・  ・ 状況 ・ 臭い ・ 面目 ・ 様相 ・ しい ・ (具体的)姿 ・ 事相 ・ がわしい ・ 雰囲気(が漂う) ・ 面影 ・ 事情 ・ 増殖 ・ 生殖 ・ 殖やす ・ 殖える ・ 同じ種類の固体を作る ・ 繁殖
彷彿はっきりしない彷彿はっきりしない  はっきりしない ・ はっきりしていない ・ 何らか(の)(対応) ・ にぶい ・ 漠然(と) ・ いい加減(な記憶) ・ ぼんやり ・ つまびらかでない ・ そこはかとなく ・ 半透明 ・ 曇り ・ 漠(とした)(返事) ・ 未詳 ・ おぼろげ(ながら) ・ (本質が)ぼける ・ 曖昧模糊 ・ 何らかの ・ なにがしかの(心の準備) ・ 模糊 ・ 茫々 ・ 隠然 ・ (よく)分からなくなる ・ ファジー(な) ・ 不可測 ・ 迷宮 ・ 弱々しく(微笑む) ・ 確かでない ・ かすれる ・ 不可知の(分野) ・ 不透明 ・ 明確でない ・ ぼうっと(見える) ・ 濃度が薄まる ・ おぼろ(月夜) ・ ほのか(に見える) ・ (間に)紛れる ・ 不明 ・ 埒もない ・ 判然としない ・ 鮮明でない ・ 霧の向こうに見える ・ 大ざっぱ(な質問) ・ ぼやける ・ 淡い ・ 淡く ・ ほんのり ・ もやもや ・ 紛れ込む ・ (詳細は)分からない ・ 薄々(気付いている) ・ 隠微 ・ 縹渺 ・ 定かでない ・ ぼかされる ・ 紗幕を通したように(おぼろげ) ・ (焦点が)拡散する ・ 不詳 ・ (向こう側に)透けて見える ・ (形が)崩れる ・ 区別がつかない ・ 不確か(な) ・ エックス(デー) ・ 大局的(な見方) ・ 雲をつかむよう ・ ほのぼの ・ 夢のように(おぼろげ) ・ 見境がつかない ・ 冥々 ・ ある(日) ・ お先真っ暗 ・ 照明が暗い ・ 難解 ・ 判別がつかない ・ 朦朧 ・ 不正確 ・ 漠々 ・ 晦渋 ・ なんとなく ・ 未知 ・ 自明ではない ・ 不測 ・ 杳として ・ 八方塞がり ・ 要領を得ない ・ 曖昧(になる) ・ 不明瞭 ・ 不分明 ・ どことなく(似ている) ・ 明らかでない ・ つかみどころがない ・ のっぺり(している) ・ かすむ ・ かすんで見える ・ 茫乎(として) ・ 不鮮明 ・ 不明確 ・ (特徴が)影をひそめる ・ (呼びかけにも)気付かない ・ 気がつかない ・ 気抜け ・ (周囲の声も)耳に届かない ・ (心は)空っぽ ・ 昼あんどん ・ 気持ちが足りない ・ 気が抜ける ・ うつけ(者) ・ ほうけたように ・ ぼやぼや ・ うつけたように ・ 気持ちが宙を浮く ・ ぼう然 ・ ぼさぼさ ・ ぼそっと ・ 放心(状態) ・ (話を)聞いてない ・ (手元が)おろそかになる ・ ぼやっと ・ うつろ ・ きょとんと ・ 視線の定まらない(目) ・ 自失 ・ ぼんやり(する) ・ ぼうっと ・ (目の前の課題への)意識が途切れる ・ (気持ちが)空白になる ・ ぽっと ・ 心ここにあらず ・ うわの空 ・ つくねんと ・ 夢うつつ(で話を聞く) ・ うつろ(な表情) ・ もさっと ・ ぼさっと ・ ぽかんと ・ 夢遊病者(のように)(ぼんやりと前を見つめる) ・ 注意が散漫 ・ (神経が)行き届かない ・ (理解が)怪しい ・ (理解が)あやふや ・ 知識が浅い ・ かいなで ・ (認識)不足 ・ いい加減(な理解) ・ (このウイルスについて)学ぶべきことはまだ山ほどある ・ 中途半端に理解する ・ 浅学 ・ 生かじり ・ 聞きかじり(の知識) ・ 読みかじり(の知識) ・ (よく)分からない ・ 蒙昧 ・ ぼんやりした ・ まだら(模様)(の知識) ・ (自分でも)自信が持てない ・ 知識が十分に自分のものになっていない ・ 付け焼き刃 ・ 認識が足りない ・ 生半可(な知識) ・ 半可通(な知識) ・ 一知半解 ・ (よく)知らない ・ 生かじり(の知識) ・ 暗い ・ (あいつの言うことは)信用できない ・ 生兵法 ・ 詰めが甘い ・ 曖昧(な理解) ・ 認識が甘い ・ 当てにならない ・  ・ 弱々しく(光る) ・ 希薄 ・ うっすり ・ ぼやけている ・ シャーベットカラー ・ かすれ ・ 淡泊 ・ 淡色 ・ (濃度が)薄い ・ (ごく)薄く ・ スモーキーカラー ・ パステル(調)(の色合い) ・ (赤みを)帯びる ・ おとなしい(色) ・ ぼんやりと ・ 浅い ・ 褪せる ・ ソフト(な色彩) ・ 消え消え ・ (無地の)ぼかし(の着物) ・ 甘やか(な香り) ・ 薄目 ・ (みずみずしい)水彩画 ・ 薄口(醤油) ・ 淡々 ・ あっさり ・ ライト ・ 淡彩 ・ うっすら(と) ・ かすかす ・ あえか(な) ・ 消える ・ ほのか(に漂う)わずかに ・ はけで刷いたよう(な夜霧) ・ 寝ぼけた色(の服) ・ (黄色っ)ぽい ・ かすか(に)(青い) ・ そこはかとなく(感じられる) ・ ほんのり(△色づく[桜色]) ・ 穏やか(な印象) ・ 宵闇 ・ たそがれ時 ・ (辺りが)たそがれる ・ 暗がり ・ ほのかな闇 ・ ほの暗い ・ ほのかに暗い ・ (光が)足りない ・ 薄暗がり ・ 小暗こぐら ・ 小暗おぐら ・ かわたれ時 ・ おぼろ月 ・ おぼろにかすむ月 ・ 蒼然 ・ 幽暗(の中) ・ (周りが)ぼんやりと見える ・ (岩場の)陰の部分 ・ 薄暗い ・ 薄闇 ・ かろうじて様子が知覚できる ・ 薄墨色(の闇) ・ 目を凝らす(と見える) ・ (光が)十分でない ・ おぼろげな光 ・ 薄明るい ・ 薄明かり ・ 薄ら明かり ・ 薄明 ・ にぶい光 ・ (日没後の)余光 ・ 弱い光 ・ 雪明かり ・ 微光(を放つ)ぼんやりした明かり ・ 軟調(な写真) ・ 花明かり ・ 日だまり ・ 柔らかな光 ・ 柔らかい光 ・ 障子ごしの明かり ・ 火影 ・ 月明かり ・ 月明 ・ 門灯 ・ 星明かり ・ 蛍雪(の功) ・ 淡い光 ・ ほの明るい ・ ほの明かり ・ 常夜灯 ・ 夜光(雲) ・ トワイライト(ゾーン) ・ かすかな光 ・ 収差 ・ ピンぼけ ・ 軟調 ・ (動きが)一定でない ・ 不得要領 ・ おぼつかない ・ (選挙は)水物 ・ 薄弱 ・ はかない ・ 約束できない ・ それかあらぬか ・ 危ない ・ 曖昧 ・ 不確か ・ あやふや ・ うやむや ・ 根拠がない ・ 不確定 ・ 根無し ・ 不確実 ・ (△金が必要だと[引退を])匂わせる ・ (将来を)予言(する) ・ 意味の深い(言葉) ・ (人の心理に)投影する ・ ぼやかす ・ ほのめかす ・ ほのめかし ・ (悔しさを)にじませる ・ (~という)含意で ・ (不思議な)符号が見られる ・ (苦しい内実が)言わず語らず(に)(伝わる) ・ (将来を)暗示(する)(事件) ・ (多くを)語らずに(出来上がった物に内容を)語らせるり ・ (肝心な点を)ぼかす ・ (そっと)表わす ・ (問題を解く)手がかり ・ それとなく△示す[分からせる] ・ 暗に(示す) ・ (言外に)示す ・ (願い事の成就を)意味する(星モチーフのアクセサリ) ・ 控えめに提案する ・ (所有物に自身の価値を)仮託(する) ・ 言わず語らず(のうちに)(分かる) ・ サジェスト(する) ・ 陰伏的(な) ・ (結末を読者の)想像に託す(終わり方) ・ (良好な関係を)物語る(逸話) ・ (無言の)メッセージ ・ (言動には心の内面が)表現される ・ シンボリック(な)(描写) ・ (今後の動向が)読める ・ (意見の)よりどころ(となる資料) ・ (現代を)象徴(する)(出来事) ・ (民意を表す)象徴的(な意見) ・ (なんとなく)感じさせる ・ 以心伝心(で) ・ どっちつかず ・ (先に立って)案内(する) ・ 想像させる ・ (深海を)想起させる(店内) ・ (製作側の意図が)見え隠れ(する) ・ こっそり(伝える) ・ 意味ありげ(に)(目をそらす) ・ ヒント(を与える) ・ 腹芸(のできる政治家) ・ (どうにかしたいという意図が)にじむ ・ 寓する ・ (目くばせで)サイン(を送る) ・ シグナル(を送る) ・ 黙示(録) ・  あうんの呼吸(で) ・ はっきり言わない ・ (言外の意味を)喚起(させる) ・ (可能性を)示唆(する) ・ 暗黙のうちに(伝える) ・ 不明瞭(に物を言う) ・ これ以上は言わない ・ 言いよどむ ・ ほのめかす(だけ) ・ 遠回し(に言う) ・ 確答を避ける ・ もごもご(と)(したしゃべり方) ・ むにゃむにゃ(と言葉を濁す) ・ あれこれ解釈できる ・ (焦点を)ぼかす ・ 要領を得ない(説明) ・ 言を左右にする ・ 持って回った(言い方) ・ 婉曲な言い回し ・ のらりくらり(と)(質問をかわす) ・ ぬらりくらり ・ 次回までに答えます ・ 明言しない ・ 明言を避ける ・ いい加減(な態度) ・ (よく考えると)意味不明 ・ (はっきり)言わない ・ 言葉を濁す ・ 口を濁す ・ あやふや(な)(表現) ・ 含みのある(表現) ・ 含みを残した(言い回し) ・ 言いにくそう(に言う) ・ しどろもどろ(の釈明) ・ すっきりしない(物言い) ・ (真意が)よく分からない ・  ・ もどかしい ・ 煮え切らない(返事) ・ 微妙(な言い回し) ・ 言いはぐらかす ・ 言いはぐらかし ・ 正面からの回答を避ける ・ (△見方[立場]よって)いろいろに解釈できる ・ 口ごもる ・ 禅問答(のようなやり取り) ・ 何かを隠している ・ 歯切れが悪い ・ どっちつかず(の返答) ・ 生煮え(の返事) ・ 回りくどい ・ 奥歯に物が挟まったよう(な)(言い方) ・ 玉虫色(の答弁) ・ 生返事(に終始) ・ 曖昧(に言う) ・ しゃんとしない ・ (言を左右にして)言い逃れる ・ 言い逃れ ・ のぼせる ・ 気が遠くなる ・ のぼせ(状態) ・ 頭がぼうっとなる ・ ぼーっと(なる) ・ 意識が薄くなる ・ 夢かうつつか(幻か) ・ (△頭[意識]が)ぼんやり(する) ・ (意識が)混濁(こんだく)(している) ・ 意識がしっかりしない ・ 意識が曖昧 ・ (頭が)朦朧(とする) ・ 寝ぼけた(声) ・ 微妙な(思い) ・ あやふや(な気持ち) ・ 漠とした(思い) ・ 形にならない(不安) ・ (どうにも)心もとない ・ なんとなく(感じる) ・ 曖昧な△態度[行動] ・ 真意が分かりにくい ・ 芯がない ・ とらえどころがない ・ 飄々ひょうひょう(とした態度) ・ 神秘的(な笑い) ・ いい人っぽすぎて逆に怖い ・ 得体が知れない ・ 奇怪な行動 ・ 中途半端(な態度) ・ 謎(だらけ) ・ 怪しい ・ 不可解(な行動) ・ 謎の(行動) ・ 謎めいた(笑み) ・ (メッセージが)明確でない ・ (周りを)けむに巻く ・ ミステリアス ・ いかがわしい ・ 腰が定まらない ・ イエスでもノーでもない ・ 腹の底が知れない ・ うさんくさい ・ 優柔不断(な態度) ・ (豊かさの定義が)問われている ・ グレーゾーン ・ (結論がないまま)中途半端に終わる ・ (責任論が)宙に浮く ・ うやむや(になる) ・ (真実かどうか)疑わしい ・ (生命の)神秘 ・ 非論理的 ・ (根拠が)あやふや ・ (捜査が)腰砕け(に終わる) ・ 非科学的 ・ 玉虫色(の決着) ・ (虚実)皮膜の間 ・ 不透明な(部分) ・ (真偽の)区別がつかない ・ 本質がつかめない ・ 明白でない ・ (特徴が)ぼやける ・ 中途半端(な説明) ・ 隔靴掻痒かっかそうよう(の文章) ・ いい加減(な説明) ・ 意味不明(の文章) ・ 焦点が定まらない ・ どうとも取れる(表現) ・ 紛らわしい(表現) ・ (言っていることが)抽象的(過ぎる) ・ 曖昧(な表現) ・ ずさん(な議論) ・ 議論に具体性がない ・ 毒にも薬にもならない(内容) ・ (あぶり出しのように)浮かび上がる ・ 概念化(する) ・ あぶり出す ・ ぼんやり(した記憶) ・ 歴史の中に埋もれる ・ (記憶が)定かでない ・ ところどころ△覚えている[思い出せる] ・ (歴史的事実が)風化(していく) ・ おぼろげ(な記憶) ・ おぼろ(な記憶) ・ (よく)覚えていない ・ 曖昧(な記憶) ・ (記憶が)曖昧になる ・ 茫々(たる記憶) ・ 往事茫々 ・ 中途半端(な記憶) ・ 空覚え ・ 頼りない ・ あやふや(な記憶) ・ 記憶が風化する ・ うろ覚え ・ 淡い記憶 ・ ぼんやりと覚えている ・ (徐々に)忘れ去られる ・ (頭の中が)混乱 ・ おぼつかない(記憶) ・ まだら模様(の記憶) ・ (記憶が)怪しい ・ (記憶が)後景に退く ・ (震災の)記憶が希薄化(する) ・ (記憶が)はっきりしない ・ 確かでない記憶 ・ 濃度が落ちる ・ 嫌みがない ・ 離乳食 ・ 薄めの味 ・ 水っぽい(酒) ・ 水くさい(酒) ・ 出がらし(のコーヒー) ・ 味が薄い ・ さっぱり(した後味) ・ (後味が)さらっとしている ・ 淡泊な味 ・ 薄味 ・ (素材の)持ち味を生かす ・ あっさりした味 ・ 味がぼやける ・ 薄口(の味付け) ・ 薄塩(味) ・ 大味(になる) ・ どんより ・ 黄濁 ・ よどむ ・ 白濁 ・ 透明でない ・ 混濁 ・ 混じりものがある ・ 向こうが見えない ・ 汚れている ・ 濁す ・ よどみ ・ 濁流 ・ どす黒い(川) ・ 底だまり(する) ・ 濁り ・ 沈殿 ・ 濁る ・ 汚濁 ・ 透き通らない ・ 霞がかかる ・ 曇らす ・ ぼんやり(見える) ・ (画像が)ぼやける ・ 曇る ・ あぶり出し ・ ぼかす ・ 煙る ・ おぼろにかすむ(月) ・ (霧の中に姿が)ほのめく ・ ほの見える ・ (小じわが)浮き出る ・ 見えにくい ・ 見え始める ・ シルエット(として浮かび上がる) ・ 影のようなものが見える ・ (うっすら)(と)見える ・ ベールをかぶせる ・ ぼかし ・ (しみが)浮き出す ・ ぼける ・ (△輪郭が[砂ぼこりの中に])かすむ ・ 掠れる ・ にじみ出る ・ コントラストが低い ・ 視界不良 ・ (世間の目を)ごまかす ・ ぼけ ・ ディテールが残っていない ・ 薄明かり(の世界) ・ (映像が)ぼうっと(浮かび上がる) ・ 浮き上がってくる ・ 浮き出る ・ (文様が)浮き出す ・ かすか(に見える) ・ 姿が曖昧 ・ 視力が弱い ・ (背景から)浮かび上がる ・ 度の合わない(眼鏡) ・ ハレーション(を起こす) ・ 画像が白く濁る ・ 透けて見える ・ 透かし見える ・ 霧の中に(朦朧と人影が浮かぶ) ・ (霧の)(とばりが)かかる ・ 個性がない ・ 特徴がない ・ 無個性 ・ のっぺり(した)(印象) ・ 一毫 ・ 一つまみ ・ 細い ・ 一掬 ・ 九牛の一毛 ・ 一部分 ・ (全体の)一部 ・ 部分的(に手直しする) ・ いくぶん ・ いささか ・ 一二 ・ 微少 ・ ちっと ・ 一抹(の不安) ・ 微々 ・ 二三 ・ ちょっと ・ 些少 ・ 一分一厘 ・ 小さい ・ ちょっぴり ・ 最少 ・ 少々 ・ 一点 ・ 融通が効かない ・ 一片 ・ 数える程(しかない) ・ 希少 ・ 些細 ・ 秋毫 ・ 数個 ・ 複数個 ・ 小出し ・ 紙一重 ・  ・ 寸毫 ・ あってないような(△もの[金利]) ・ (ごく)わずか(な) ・ 有るか無し ・ みじん ・ ちょいと ・ 極少 ・ 微量 ・ 毫末 ・ 不自由する ・ わずかしかない ・ ほんの少し ・ 零細 ・ たった ・ ないわけではない ・ 僅少 ・ 僅か ・ いくらか ・ さざ波 ・ 心ばかり ・ 小幅 ・ 軽少 ・ ぽっちり ・ 少し ・ 鮮少 ・ 露(ほども疑わない) ・ 一縷 ・ 万分の一 ・ 僅々 ・ いくつか(ある) ・ なきにしもあらず ・ 雀の涙 ・ 蚊の涙 ・ 少ない ・ 爪の垢 ・ ちと ・ 一紙半銭 ・ ささやか ・ 小刻み ・ 寥々 ・ 控えめ ・ 寸分 ・ 少量 ・ 少しある ・ 厘毛 ・ なけなし ・ (彼より二つ)下 ・ 少しはある ・ 多少 ・ 形ばかり
彷彿(未分類)彷彿(未分類)  彷彿 ・ 寸分違わぬ ・ 絵に描いた ・ 明らか ・ 如実 ・ はっきり ・ 確か ・ 歴然 ・ 明白 ・ まざまざ ・ 確実 ・ 顕著 ・ 明瞭に ・ 見え見え ・ 髣髴させる ・ 連想する ・ 髣髴 ・ 思う ・ 聯想する ・ 思い出す ・ 覚束無い ・ 顔に書いてある ・ 間違いない ・ 紛れもない ・ あらわ ・ 隠れもない ・ 明け透け ・ あからさま ・ 剥き出し ・ 疑う余地もない ・ 露骨 ・ 大っぴら ・ 浮き彫りになる ・ 手放し ・ 喩えれば ・ 換言すると ・ 言い換えれば ・ みたい ・ ふうな ・ らしい ・ げな ・ っぽい ・ ばかりの ・ よろしく ・ 紛いの ・ 間違えかねない ・ なんのその ・ 見紛う ・ まさに ・ まさしく ・ まるきり ・ そのもの ・ 似た ・ 負けじと ・ かくや ・ 勝る ・ 凌ぐ ・ 凌駕 ・ 越えて ・ 以上 ・ かなわぬ ・ 色を失う ・ 色褪せる ・ 青ざめる ・ はだし ・ 負けそう ・ 及ばぬ ・ 欺く ・ 顔負け ・ 伍す ・ ふさわしい ・ 名に恥じない ・ 擬す ・ 準ずる ・ 模写 ・ 模す ・ 範疇 ・ タイプ ・ 気質 ・ こじつける ・ ほうふつ ・ まざまざと
(全盛期を)彷彿とさせる(プレー)職人やスポーツ選手のみごとな技(全盛期を)彷彿とさせる(プレー)職人やスポーツ選手のみごとな技  機敏な(動き) ・ しなやか(な身のこなし) ・ 人間離れ(した)(動き) ・ ほれぼれする(ような筆さばき) ・ (棋士が深い読みの入った)巧手(を放つ) ・ 名手(を打つ) ・ 胸のすく(ようなプレー) ・ 強烈な(パンチ) ・ ドンピシャの(タイミングで) ・ 絶妙の ・ (高難度のゴールを)鮮やか(△に決める[な着地]) ・ 鮮やかさ ・ ファインプレー ・ 軽業(的な身のこなし) ・ 目の覚めるような ・ 鮮烈な(一撃) ・ 華麗(な一本背負い) ・ クリーン(ヒット) ・ 超絶技巧 ・ 対戦相手も絶賛する ・ 見栄えのする働き ・ すばらしい ・ 称賛される行為 ・ 怪物的(なプレー) ・ ラスト二秒の ・ スーパープレイ ・ スーパー(ロングシュート) ・ ミラクル(キャッチ) ・ 奇跡(の大逆転) ・ 流れるような(華麗な動き) ・ 記憶に残る(プレー) ・ 鮮烈(なデビュー) ・ 忍者的(スーパーキャッチ) ・ 見事 ・ 高度な技術 ・ 妙技(を見せる) ・ 絶妙さ ・ 目の覚める(ような)(ホームラン) ・ ため息の出る(ような)(バッティングセンス) ・ 目立つ活躍 ・ 離れ技(を演じる) ・ 神業(△的な包丁さばき[と言うしかない]) ・ 豪快(な技) ・ (妙技に)舌を巻く ・ 美技(を披露する) ・ 躍動美 ・ 神技 ・ 人間業とは思われない ・ 神業 ・ 抜群の身体能力 ・ 早業(的な送球) ・ 関心を引く ・ 目を見張る(ような)(活躍ぶり) ・ (強く)印象に残る ・ (心を)つかんで離さない ・ 瞠目すべき(成果) ・ 心をつかむ ・ 目を奪う ・ 彗星のように(現れる) ・ (新人の活躍ぶりが)目を引く ・ 魅了(する) ・ 目覚ましい(躍進ぶり) ・ (人の)心を盗む(芸術家) ・ 一時代を築く ・ ひとつの時代を形成する ・ 華々しく活躍する ・ 恐るべき(新人) ・ (僕のハートを)ノックアウト(する) ・ 大成功を収める ・ 衝撃的(デビュー) ・ ショックを与える ・ 離れ技 ・ 大技 ・ ウルトラC(を決める) ・ 難度の高い技 ・  ・ キャリア(を磨く) ・  ・ 研鑽(を積む) ・ 技量 ・ 能力 ・ 技芸 ・ 技能 ・ 技巧 ・ 腕一本(で生きる) ・  ・ 技術 ・ スキル ・ テクニック ・ すぐれた腕前 ・ シャープな(頭脳) ・ (手芸は)プロの域 ・ ドンピシャ(のタイミング)(で打つ) ・ (与えられた仕事を)手堅く(こなす) ・ (能力に)優れる ・ 快刀乱麻(の活躍) ・ (語学が)堪能 ・ (中国語が)ぺらぺら ・ お家芸 ・ 巧妙 ・ (槍の)使い手 ・ (腕の)冴えた(職人) ・ 的を射た(助言) ・ (天才少年が)彗星の如く現れる ・ 熟達(している) ・ かっこよく(踊る) ・ きれいに(決める) ・ 習熟(した動作) ・ (体に)なじんだ(仕事) ・ (君にしては)上出来 ・ 丁寧(な対応) ・ 危なげがない ・  ・ (技術的に)うまい ・ (道具を)うまく(扱う) ・ 年季が入った(技)(を見せる) ・ 名人芸 ・ (事を)手回しよく(進める) ・ 技あり(の一打) ・ 頭脳的(な試合運び) ・ 頭脳プレー(を見せる) ・ 絶妙 ・ 巧味 ・ 無駄がない ・ 安心して(見て)いられる ・ (見ていて)安心できる ・ 稀代(のピアニスト) ・ 上手に ・ 見事に(決める) ・ ものの見事に ・ (仕事が)手の内にある ・ 手の内に入る ・ (見る者を)引きつける ・ (対応が)落ち着いている ・ 技巧(派) ・ つぼを押さえている ・ 剛腕(投手) ・ 発想がすごい ・ 心憎い(出来ばえ) ・ ナイス(ピッチング) ・ 様になっている ・ (△手際[扱い]が)鮮やか ・ 鮮やかに(決める) ・ 鮮やかな手並み(を見せる) ・ 上手 ・ スムーズに ・ 流れるように ・ 高度な技術を持つ ・ 他の追随を許さない ・ いい味を出している(役者) ・ 得意(技) ・ まんまと(逃走する) ・ 堂に入る ・ (英語なら)(誰にも)負けない ・ 早業 ・ 神がかり的(演奏) ・ 手際よく(進める) ・ 素早く(やってのける) ・ (扱いが)身についている ・ 立派に ・ 適正な判断 ・ 玄人はだし ・ 本職はだし(の腕前) ・ (演技が)際立つ ・ 適正な判断(をする) ・ 適正に処理(する) ・ (剣術の)腕が立つ ・ 至妙 ・ 手練しゅれん(の早業) ・ (漱石)ばり(の)(文章) ・ 能力が高い ・ 巧遅 ・ 優れた技量(を持つ) ・ (努力の)天才 ・ うわて ・ 王者(の貫禄を見せつける) ・ 底力のある(強いチーム) ・ 精妙(な技術) ・ 小味(な演奏) ・ 渋い(バッティング) ・ 小気味よく(料理する) ・ 見事な手さばき ・ 見事(な)(技) ・ 得手えて ・ 手綺麗 ・ 確か(な)(腕前) ・ 八丁 ・ (剣術の)達人 ・ 流れるような(所作) ・ (△詩[楽器]を)くする(人) ・ 巧打(を見せる) ・ 神に入る ・ 入神 ・ 神がかり的な(演奏) ・ (監督の手腕)恐るべし ・ 巧(拙) ・ 腕達者 ・ 落ち度がない ・ 落ち度なく(役目を終える) ・ 飛鳥の早業 ・ (左官職人の)技術が光る(漆喰の家) ・ 素人離れ(した腕前) ・ 腕に覚えがある ・ 水際立った(手腕) ・ たやすく(扱う) ・ 達者(な芸) ・ (やる事に)そつがない ・ そつなく(こなす) ・ テクニシャン ・ テクニックに優れる ・ スキルがある ・ 退屈させない ・ あきさせない ・ 切れ味の鋭い ・ 好きこそ物の上手なれ ・ 上級者 ・ 手慣れている ・ 手慣れたもの ・ 手慣れた(様子) ・ 慣れた(手つき)(で) ・ 抜きん出た(能力) ・ 文句なし(の技能) ・ (試合)巧者 ・ (ギターの)キレがいい ・ (ピアニストの)巧み(な)(指さばき) ・ 巧みに(△操る[やってのける]) ・ 悪達者 ・ (本職)そこのけ(の腕前) ・ 堂に入ったもの ・ (守備力に)定評がある(選手) ・ 器用(にこなす) ・ 小器用 ・ 小手先がきく ・ (動作に)迷いがない ・ 卓抜(△した手腕[なセンスの持ち主]) ・ ファイン(プレー) ・ (大きな)ショックを与える ・ (世間を)震撼させる ・ 慌てさせる ・ 驚かせる ・ パニくらせる ・ 不意打ち(をかける) ・ 奇抜(な髪型) ・ 驚嘆させる ・ 瞠目(すべき)(成果だ) ・ 不意を打つ ・ ひと泡吹かせる ・ 虚をつく ・ 迫力ある(映画) ・ (相手の)生き肝を抜く ・ びっくりさせる ・ 慌てふためかせる ・ (何か)でかいこと(をしたい) ・ あっと言わせる ・ 天地を揺るがす(出来事) ・ (心理的に)混乱させる ・ 予想外(の展開) ・ (大方の)予想を覆す ・ 目の覚めるような(美人) ・ 度肝を抜く ・ 離れ技(をやってのける) ・ (打者を)凍りつかせる(魔球) ・ 仰天させる ・ はっとさせる ・ 思いがけない(どんでん返し) ・ (わっと言って)脅かす ・ 脅す ・ (相手の)尻毛を抜く ・ 困惑させる ・ 感心させる ・ 怖がらせる ・ 鬼面人を脅す ・ 鬼面人を驚かす ・ ドラマチック(な展開) ・ まごつかせる ・ 想定外(の事態) ・ 電撃(結婚) ・ 冷水を浴びせる ・ 舌を巻かせる ・ 意表を突く ・ どっきり(カメラ) ・ (本領を)発揮する ・ かっこいい姿を見せる ・ (周囲を)脱帽させる ・ いいところを見せる ・ 底力を見せつける ・ 自慢の技を披露する ・ 仕事師 ・ 技術のある(会社) ・ 研究者 ・ 耳うるさい(オーディオマニア) ・ (車に)こだわる ・ 腕利き ・ 腕っこき ・ 業師 ・ 目の肥えた(消費者) ・ 技巧派 ・ 手腕家 ・ 高度な技能を備える ・ 老巧 ・ プロフェッショナル ・ (バイオリンの)名手 ・ 安定している ・ 経験豊か(な)(講師) ・ (会社の)稼ぎ頭 ・ 芸達者 ・ 頑固一徹(の職人) ・ 遣り手 ・ 力量のある(作家) ・ 名取り ・ 敏腕家 ・ 腕のいい(コック) ・ 切れ者 ・ (その道の)プロ ・ 玄人 ・ 本物(の職人) ・ 練達(の△士[医師]) ・ 腕自慢(の料理人) ・ (一流の)腕を誇る(シェフ) ・ 腕に自信のある(技術者) ・ (野菜)ソムリエ ・ 技能(工) ・ ベテラン(の域に達する) ・ 手だれ(の剣客) ・ 実力のある(選手) ・ 実力派(の俳優) ・ 専門家 ・ 知る人ぞ知る ・ 利け者 ・ 優秀(な左官工) ・ 経験豊か(な)(整備スタッフ) ・ 優れた技量を持つ ・ セミプロ ・ エキスパート ・ (ホームベーカリーの)魔術師 ・ 手利き ・ 専業(作家) ・ 仕事熱心 ・ 商売人 ・ 免許皆伝 ・ 神の手を持つ(外科医) ・ ゴッドハンド(の整体師) ・ したたかな(△商売人[交渉人]) ・ 日本のピカソ(と呼ばれる) ・ オタク ・ 有段者 ・ (フランス料理界)の巨人 ・ (ジャズ)ジャイアント ・ 職人 ・ 職人技 ・ (ピアノの)貴公子 ・ (ソフトボール界の)イチロー ・ 熟練(工)
(全盛期を)彷彿とさせる(プレー)多くの経験を積んで巧みである(全盛期を)彷彿とさせる(プレー)多くの経験を積んで巧みである  昔取った杵柄 ・ 老巧 ・ 老練 ・ 年功 ・ 巧手 ・ (その道の)権威 ・ 権威ある(先生) ・ 巨匠 ・ 経験豊富 ・ いぶし銀(のゴルファー) ・ 名匠 ・ 古豪 ・ 名手 ・ 耆宿 ・ 大家 ・ 古強者ふるつわもの ・ 名人 ・ (文)豪 ・ 名工 ・ 名うて(の剣客) ・ 達人 ・ 諸家 ・ 巧者 ・ 年の功 ・ 妙手 ・ (その道にかけては)剛の者(だ) ・ (日本画の)老大家 ・ ベテラン ・ 経験を積んだ(技術者) ・ 練達(の士) ・ オーソリティー ・ 老練家 ・ 手だれ(の交渉人) ・ (学界の)泰斗たいと ・ 玄人はだし ・ 本職はだし(の腕前) ・ 悪達者 ・ 巧(拙) ・ 腕達者 ・ 他の追随を許さない ・ 手慣れている ・ 手慣れたもの ・ 手慣れた(様子) ・ 慣れた(手つき)(で) ・ 絶妙 ・ ナイス(ピッチング) ・ (剣術の)達人 ・ 抜きん出た(能力) ・ 至妙 ・ 適正な判断 ・  ・ うわて ・ 好きこそ物の上手なれ ・ 切れ味の鋭い ・ 小味(な演奏) ・ 八丁 ・ 確か(な)(腕前) ・ (△詩[楽器]を)くする(人) ・ (手芸は)プロの域 ・ (努力の)天才 ・ 丁寧(な対応) ・ 腕に覚えがある ・ 無駄がない ・ (演技が)際立つ ・ (槍の)使い手 ・ 早業 ・ 名人芸 ・ (動作に)迷いがない ・ 頭脳的(な試合運び) ・ 頭脳プレー(を見せる) ・ 危なげがない ・ ドンピシャ(のタイミング)(で打つ) ・ 水際立った(手腕) ・ すぐれた腕前 ・ 流れるような(所作) ・ 上手 ・ 底力のある(強いチーム) ・ 巧遅 ・ (腕の)冴えた(職人) ・ (やる事に)そつがない ・ そつなく(こなす) ・ 習熟(した動作) ・ (△手際[扱い]が)鮮やか ・ 鮮やかに(決める) ・ 鮮やかな手並み(を見せる) ・ お家芸 ・ 巧妙 ・ 精妙(な技術) ・ (天才少年が)彗星の如く現れる ・ 上級者 ・ 得意(技) ・ 技巧(派) ・ 立派に ・ (与えられた仕事を)手堅く(こなす) ・ 安心して(見て)いられる ・ (見ていて)安心できる ・ 稀代(のピアニスト) ・ (剣術の)腕が立つ ・ (事を)手回しよく(進める) ・ (ピアニストの)巧み(な)(指さばき) ・ 巧みに(△操る[やってのける]) ・ シャープな(頭脳) ・ 神がかり的(演奏) ・ 高度な技術を持つ ・ (英語なら)(誰にも)負けない ・ 卓抜(△した手腕[なセンスの持ち主]) ・ 見事な手さばき ・ 見事(な)(技) ・ (ギターの)キレがいい ・ 王者(の貫禄を見せつける) ・ 的を射た(助言) ・ 素人離れ(した腕前) ・ (対応が)落ち着いている ・ (扱いが)身についている ・ 退屈させない ・ あきさせない ・ 年季が入った(技)(を見せる) ・ 堂に入る ・ 達者(な芸) ・ 技あり(の一打) ・ (体に)なじんだ(仕事) ・ (語学が)堪能 ・ (中国語が)ぺらぺら ・ 手際よく(進める) ・ 素早く(やってのける) ・ スキルがある ・ (漱石)ばり(の)(文章) ・ (見る者を)引きつける ・ (君にしては)上出来 ・ (左官職人の)技術が光る(漆喰の家) ・ 熟達(している) ・ (監督の手腕)恐るべし ・ まんまと(逃走する) ・ 文句なし(の技能) ・ (守備力に)定評がある(選手) ・ 器用(にこなす) ・ 小器用 ・ 小手先がきく ・ テクニシャン ・ テクニックに優れる ・ 落ち度がない ・ 落ち度なく(役目を終える) ・ いい味を出している(役者) ・ 堂に入ったもの ・ 超絶技巧 ・ きれいに(決める) ・ 巧打(を見せる) ・ 剛腕(投手) ・ (本職)そこのけ(の腕前) ・ (能力に)優れる ・ 渋い(バッティング) ・ 適正な判断(をする) ・ 適正に処理(する) ・ かっこよく(踊る) ・ たやすく(扱う) ・ 快刀乱麻(の活躍) ・ 小気味よく(料理する) ・ 能力が高い ・ ファイン(プレー) ・ 様になっている ・ 得手えて ・ 心憎い(出来ばえ) ・ (試合)巧者 ・ スムーズに ・ 流れるように ・ 手練しゅれん(の早業) ・ 発想がすごい ・ (技術的に)うまい ・ (道具を)うまく(扱う) ・ つぼを押さえている ・ 上手に ・ 見事に(決める) ・ ものの見事に ・ 巧味 ・ 飛鳥の早業 ・ 手綺麗 ・ 優れた技量(を持つ) ・ 神業 ・ 神に入る ・ 入神 ・ 神がかり的な(演奏) ・ (仕事が)手の内にある ・ 手の内に入る
(全盛期を)彷彿とさせる(プレイ)前にあったことを思い出す(思い出す)(全盛期を)彷彿とさせる(プレイ)前にあったことを思い出す(思い出す)  記憶を探る ・ (幼いころを)想起(する) ・ 過去に立ち返る ・ (記憶が)呼び覚まされる ・ 後顧 ・ 追懐 ・ (当時を)振り返る ・ (面影がまぶたに)浮かぶ ・ (ふるさとの情景が)思い浮かぶ ・ (匂いによって)(記憶が)呼び起こされる ・ 走馬灯のように ・ 思い返される ・ 眼底に再現される ・ (故人の)(面影を)しの ・ (記憶を)喚起(する) ・ 思い起こす ・ 遡及 ・ 回顧 ・ (故人を)追想(する) ・ 一顧 ・ 思い出される ・ フラッシュバック(する) ・ (過去の出来事を)思い返す ・ (学生時代を)回想(する) ・ 思い当たる ・ 思い出す ・ 思い出 ・ (時間を)巻き戻す ・ (記憶の)糸をたぐる ・ (半生を)顧みる ・ 脳裏に浮かぶ ・ 昨日のことのように(思い出す) ・ (記憶を)まさぐる ・ (今年の音楽シーンを)総決算(する) ・ 記念(写真) ・ 記憶をたどる ・ (△昔のこと[亡き母]を)思う ・ (古い記憶を)呼び起こす ・ (忘れていたことを)思いつく ・ (師の言葉を)反芻はんすう(する) ・ (過去に)遡る ・ こうべを巡らす ・ (往時を)追憶(する) ・ 記憶が蘇る ・ 思い浮かべる ・ (学生時代に)思いをはせる ・ 振り返ってよく考える ・ 三省 ・ (過去を)内省(する) ・ 内観(する) ・ 反省(会) ・ 自照 ・ (自らを)省みる ・ (自分の行いを)振り返る ・ 省察(する) ・ 自省 ・ いしぶみ ・ 後世に伝える ・ 記念碑 ・  ・ モニュメント ・ 石碑 ・ ふと思う ・ 思い浮かぶ ・ 心が動く ・ (初恋の人というと)意識にのぼる(のは彼女だ) ・ (スイスというとアルプスを)連想する ・ (詩の一節が)胸に浮かぶ ・ 想起(される) ・ (殺意が)芽生える ・ (不安が)忍び込む ・ (ふとした疑念が)頭をもたげる ・ (学生時代を)思い起こす ・ 現れる ・ 姿を現す ・ (誤りに)気付く ・ 気が向く ・ 手に取るように(思い出す) ・ 昨日のことのように ・ くっきり(と)(浮かび上がる) ・ (災害現場を)目の当たり(にする) ・ 鮮明に(思い出される) ・ 生き生き(と)(△蘇る[描き出す]) ・ 衝撃的(な出来事) ・ (決定的な)(一瞬を)切り取った(写真) ・ 鮮烈(△な印象[に覚えている]) ・ ありあり(と)(△覚えている[目に浮かぶ]) ・ 忘れられない ・ 鮮やか(に思い出す) ・ まざまざと(思い出す) ・ はっきり(と)(覚えている) ・ 明瞭(に)(記憶する) ・ 強烈な(体験) ・ 実感(する) ・ やはり(あれは正しかった) ・ しみじみ(思う) ・ いまさらのように(思い出す) ・ 改めて(思い知る) ・ いまさらながら ・ つくづく(感じる) ・ 返す返す(残念なことだ) ・ 昔々 ・ 今は昔 ・ いにしえ ・ 先刻 ・ 去る ・ 一昨 ・ すでに終わったできごと ・ 時分 ・ 当時 ・ そのかみ ・ 経過 ・  ・ 往古 ・ 過ぎ去る ・ 過ぎ去った(△日々[時]) ・ 近古 ・ 早くから ・ 来し方 ・ 元(は)(野原だった) ・ 日が経っている ・ とっく ・ 往年 ・  ・ 一度(見たことがある) ・ 古き良き時代 ・ 既往 ・ 先(日) ・ とうに ・ 旧時 ・ (過ぎ去った)昔 ・ 大昔 ・ 一時(はだめかと思った) ・ ひと時(は大変景気がよかった) ・ 一時期(はやった歌) ・ ひと頃(栄えた町) ・ 従前(より) ・ ある日 ・ あの時(は死ぬかと思った) ・ (この道は)いつか(来た道) ・ いつだったか ・ いつぞや ・ かつて ・ 過去 ・ 往時 ・ その昔 ・ つとに ・ 既に ・ (ずっと)前 ・ 古くから ・ (時が)流れる ・ 最古(の人類) ・ 最古級(の建造物) ・ 昔日せきじつ(の面影) ・ 以前(に) ・ 去んぬる ・ 一昨々 ・ 過ぐる ・ 在りし日 ・ とうから ・ ひと昔(前) ・ 一時代前 ・ 終ぞ ・ 神話時代 ・ 神代の昔 ・ 胸に刻む ・ 心に刻む ・ 記銘(力) ・ 思い出せる ・ (心に)しる ・ (忠告を)(胸に)畳み込む ・ 忘れない ・ 心覚え(△する[がある]) ・ 刻みつける ・ 牢記 ・ 記憶(する) ・ 覚え ・ 見知り置く ・ (単語を)覚える ・ 覚えている ・ (頭から)離れない ・ 心にとどめる ・ 記憶にとどめる ・ (心に)刻印(された戦争体験) ・ (心に)銘じる ・ 頭に入れる ・ (情報を)頭に叩き込む ・ (戒めを)服膺ふくよう(する) ・ 物覚え(がいい) ・ 肝に銘じる ・ 銘記(する)
(かつての栄華を)彷彿とさせる(遺跡群)関連した他の物事や考えが思い浮かぶ(かつての栄華を)彷彿とさせる(遺跡群)関連した他の物事や考えが思い浮かぶ  (昔を)しのばせる(品) ・ (香りが記憶を)呼び覚ます ・ 思い返される ・ 連想(させる) ・ (風景が)記憶を蘇らせる ・ 思い起こす ・ (写真が記憶を)呼び起こす ・ 関連させる ・ つなぎ合わせる ・ (音楽が過去を)想起させる ・ (春を)思わせる(陽気) ・ 結び合わせる ・ イメージの連鎖(を生む作業) ・ (血痕が悲劇を)思い出させる ・ 思い起こさせる ・ 照合(する) ・ (記憶と)符合させる ・ (他の事柄と)照らし合わせる ・ (他のことと)合わせて考える ・ 重ね合わせる ・ 連想(する) ・ 総合的に考える ・ 思い合わせる ・ 考え合わせる ・ (記憶を)思い起こす ・ 有縁 ・ 因縁浅からぬ(両雄) ・ (王家と)縁のある(人間) ・ (日本と)縁が深い(台湾) ・ お互いの間に関わりがある ・ 関係 ・  ・ つながりがある ・ (頭の中に)イメージが現れる ・ (想像であればいくらでもどこまででも)自由に飛び立つ(ことができる) ・ (想像が)羽を広げる ・ (イメージが自由に)大空に舞う ・ (思いが自由に)羽ばたく ・ 雲の上にいるような気分(で) ・ (気のおもむくままに)絵筆を取る ・ (イメージが)膨らむ ・ (未来都市を)構想(する) ・ 創造の世界(に夢を見る) ・ イメージ(する) ・ (故郷の景色が)目に浮かぶ ・ (空想世界が)広がる ・ (イメージを)頭に浮かべる ・ (イメージの世界を)逍遥(する) ・ (ありありと)思い出す ・ (心の中に)思い描く ・ (情景を)想見(する) ・ 想定(する) ・ 思い浮かべる ・ △精神[イメージ]を遊ばせる ・ (気ままに)絵筆を走らす ・ 創作(する) ・ (△イメージを[まぶたの裏に])描く ・ △心[頭]の中に描く ・ (未来を)脳裏に描く ・ 像を結ぶ ・ 想像(する) ・ (気の赴くままに)詠じる ・ 想像力を高める ・ (夢の中で)浮遊する ・ (その時の気分に任せて)デザイン(する) ・ (盛んに)五感が△動く[活動する] ・ (先行きを)シミュレーション(する) ・ 予想(する) ・ 思う
(△ジェームズディーン[実際のカップル]を)彷彿(と)させる(演技)表現されたものが現実のようすとそっくり(迫真)(△ジェームズディーン[実際のカップル]を)彷彿(と)させる(演技)表現されたものが現実のようすとそっくり(迫真)  迫真(の演技) ・ (チャップリンが)憑依(してる) ・ 実感がある ・ ありあり(と)(再現される) ・ 真に迫っている ・ 訴える力が強い ・ 真に迫る(映像) ・ 演技であることを忘れさせる ・ 生き生き(した描写) ・ その場にいるような感じ ・ 生々しい(映画) ・ (自然の)息づかいを感じる(風景画) ・ 息づかいを映し出す ・ ’(春の)息吹を伝える(写真) ・ 生気をたたえた(姿) ・ 強烈な印象(をもたらす) ・ 迫真的(な戦いの場面) ・ 鮮烈(な映像) ・ ビビッド(な描写) ・ (戦争の一瞬)を切り取った(写真) ・ (乙女心を)鮮明(に描き出す) ・ リアル(な描写) ・ 露骨(な性描写) ・ 刺激的(なラブシーン) ・ ドキュメンタリーのような(映画) ・ 現実味がある ・ 生動感がある ・ (画面に)生動(する春の気配) ・ 臨場感(がある) ・ (微細な心理のひだを)鮮やかに描き出す ・ 史実 ・ 正真正銘 ・ 実に ・ 本当(△の姿[にあった]) ・ ありのまま ・ 真正 ・ 紛れもない(事実) ・ 迫真 ・  ・ 誠に ・ まさに ・ 実地 ・ 本に ・ 事実 ・  ・ 如実 ・ (サンタの)正体(はパパとママ) ・ 内実 ・  ・ 実物 ・ ほんま ・ 正しい ・ (証言に)偽りはない ・ まさしく ・ (表層を)ひと皮むけば(△真実が見えてくる[恐るべき実態がある]) ・ 実際 ・ 名実 ・ 真性 ・ 現実 ・  ・ (証言に)間違いはない ・ リアル ・ その通り ・ まやかしでない ・  ・ うそ偽りのない ・ ありてい ・ 真実 ・ 本物 ・ めく ・ (哲学者)めいた(風貌) ・ (娘に亡き妻の)姿を重ねる ・ (エー)ダッシュ ・ ~のように見える ・ (各産業)濃淡(の差)はあっても(どこも人手不足だ) ・ 伯仲 ・ 派生(商品) ・ (刃物)様(の凶器) ・ (地球に)最近(の状態にある天体) ・ 幽霊の正体見たり枯れ尾花 ・ (味の)再現度が高い ・ 色違い ・ (寸分)たがわない ・ (醤油を)ベースにした(ソース) ・ もどき ・ まがう ・ なりきる ・ (とてもよく)似る ・ (味も香りも)ほぼ(松茸) ・ (モデル)ばり(の)(美脚) ・ 似寄り(の品) ・ (母親に)生き写し(の顔) ・ (同じではなく)似ている ・ 印刷(された) ・ 近似(した図柄) ・ (この二つの分野は)重なり合う部分がある ・ いずれアヤメかカキツバタ ・ 面影がある ・ 分身 ・ (見た目が)(△まったく[ほぼ])同じ ・ あやかる ・ あなたの幸運にあやかりたい ・ 連想させる ・ 酷似(する) ・ 似通っている ・ 見間違える ・ 金太郎飴(のような)(新入社員たち) ・ かえるの子はかえる ・ 血は争えない ・ (児戯に)類する ・ (両者間に)違いがない ・ 見分けられない ・ 見分けがつかない ・ (他人の)空似 ・ 足して二で割ったような ・ 工夫がない ・ (ロレックス)譲り(の無骨なデザイン) ・ 見せかける ・ (昔の祭りを)そのまま(に再現) ・ 亜種 ・ 変種 ・ 派生種 ・ めおと茶碗 ・ 相似 ・ 紛らわしい ・ (判別するのに)紛らわしい ・ (大人)びる ・ 類似(の建築物) ・ 似通う ・ 近い ・ そっくり ・ (有名人の)そっくりさん ・ (どこかで)見たことがある ・ 重なる部分がある ・ どっちもどっち ・ (彼氏と)(お)そろい(の服) ・ おそろ ・ うり二つ ・ (ウォークマンの)発展型(のスマートフォン) ・ 区別できない ・ 似つく ・ 類同 ・ 目くそ鼻くそを笑う ・ 本物に見える ・ 二番煎じ ・ ものまね ・ 疑似(コレラ) ・ 疑似餌ぎじえ ・ リメイク ・ ノットイコール(≠) ・ ニアリーイコール(≒) ・ (本物)らしく見える ・ 丸写し(の答案) ・ (京都そっくりの町並みの)小京都 ・ 似た者同士 ・ (学者)のようなもの ・ 和製(プレスリー) ・ (言うなれば)日本版(ウエストサイドストーリーだ) ・ 著作権侵害 ・ (黄)ばむ ・ (過去作の)焼き直し ・ 様相を呈する ・ 原寸模型 ・ (年寄り)じみる ・ 似姿 ・ 置き換え可能 ・ 置き換えることができる ・ (怪物を)思い起こさせる(奇岩) ・ 同系色 ・ 憑依 ・ (父親を)彷彿(とさせる) ・ 双子(のように似た造り) ・ 一卵性(の姉妹) ・ 兄弟(のようによく似る) ・ 通じるところがある ・ 目新しさがない ・ 一致する ・ (日本列島を)型抜きしたような(雨雲) ・ 一見すると(~に似ている) ・ 様子を帯びる ・ 似せる ・ 類縁(関係)(にある植物) ・ (芝居)がかる ・ ずば抜ける ・ ずば抜けている ・ 優位に立つ ・ 優れた ・ 目を丸くする ・ 劣らない ・ キラキラした(言葉) ・ まぶしい(言葉) ・ 高まる ・ (先生を)追い越す(ほどの腕前) ・ (成績でライバルを)追い抜く ・ 目立つ ・ (前作を)しのぐ(傑作) ・ 不滅(の作品) ・ 最高 ・ 畢生(の大作) ・ 抜け出る ・ 右に出る(者はいない) ・ しのぐ ・ 光彩 ・ 一流(のサービス) ・ 輝かしい ・ 匂い立つ(美しさ) ・ 息をのむ(奇観) ・ 息が止まりそう ・ 至高 ・ 優等 ・ 独特の雰囲気を持つ ・ 目を奪われる ・ 優秀 ・ (仕事のあとのビールは)たまらない ・ (演歌は)日本の心 ・ 頭角を現す ・ 凄絶(な)(魅力) ・ 超絶 ・ 驚くべき ・ 特筆すべき ・ 大書すべき ・ 抜きん出る ・ 突出(している) ・ 規格外(の選手) ・ すばらしい ・ 絶妙 ・ いみじくも ・ 上乗 ・ 偉大 ・ 出来栄え ・ (彼とは)格が違う ・ 高い ・ 優れている ・ 卓出 ・ 見上げる ・ 見上げた(度胸) ・ 飛び抜ける ・ 群を抜く ・ 重立つ ・ 立派 ・ (同業他社より)卓越(した技術) ・ スケールが大きい ・ 冠絶 ・ 華々しい ・ 越す ・ 称賛する ・ 一頭地を抜く ・ 上出来 ・ (ライバルの)上を行く ・ 声もない ・ 言葉をのむ ・ えも言われぬ ・ 長じる ・ (△能力[結果]が)上回る ・ 輝かす ・ 素敵 ・ (他より)目覚ましい ・ 赫々 ・ 尤なる ・ 心憎い(演技) ・ すこぶる(つき) ・ (高く)評価する ・ 映える ・ ぼう然(とする) ・ 卓抜 ・ (師より)優れる ・ 圧倒的 ・ えも言われぬ(美しさ) ・ (才能が)光る ・ 上には上がある(ものだ) ・ 比倫を絶する ・ 際立つ ・ 軽妙 ・ 抜群(の成績) ・ すごい ・ 引き立つ ・ 長ける ・ 水際立つ ・ 代わり映え ・ 特出 ・ 不朽(の名作) ・ 良い ・ 一番 ・ (一枚)うわて ・ (目を)見張る ・ 勝る ・ 敬意を表する ・ 天来(の妙技) ・ 見栄え ・ 褒める ・ 並を超えている ・ 天晴 ・ 親勝り ・ 神がかり的(演奏) ・ 結構 ・ 傑(物) ・ 振るった ・ 豪儀 ・ 高める ・ 称賛に値する ・ 胸を打たれる ・ 最高傑作 ・ 異彩(を放つ) ・ 驚嘆(に値する) ・ 目もくらむ(ような)(景色) ・ 度肝を抜かれる ・ 超越 ・ 鮮やか ・ (売上高で他社を)凌駕(する) ・ 抜群 ・ あっぱれ ・ 秀逸 ・ 豪華版 ・ 傑出(する) ・ 精彩 ・ 秀でる ・ 美しい(音楽) ・ 見事 ・ きらびやかで精緻(なステンドグラス) ・ 光彩陸離 ・ 穎脱 ・ 華麗(なダンス) ・ 圧巻 ・ 大いなる(業績) ・ 感心(する) ・ (こっちの方が)断然(いい) ・ 傑作 ・ 輝く ・ 優越 ・ 勝つ ・ 卓絶
(△ジェームズディーン[実際のカップル]を)彷彿(と)させる(演技)(未分類)(△ジェームズディーン[実際のカップル]を)彷彿(と)させる(演技)(未分類)  意識させる ・ まるで~のよう ・ ~風の作り ・ ~を思い出させる ・ 感じさせる ・ ~によって記憶を呼び起こす ・ 想像させる ・ あたかも~のような ・ 心当たりがある ・ 察する ・ 不鮮明な記憶をたどる ・ 過去の情景が思い浮かぶ ・ カンが働く ・ 噛みしめる ・ 過ぎし日を振り返る ・ 感じる ・ 思い至る ・ 何かを感じさせる ・ ~の香りがある ・ うかがせる ・ 偲ばれる ・ 思いを凝らす ・ 推量 ・ 太刀打ちできる ・ 検証する ・ 郷愁を感じる ・ 調査する ・ 父母を思う ・ 跡をたどる ・ 確かめる ・ 旧友と歓談する ・ 懐古する ・ 懐かしく思う ・ 考証する ・ 過去を振り返る ・ 追跡調査する ・ 実証的 ・ 点検する ・ 追憶に浸る ・ 旧懐を覚える ・ 追懐する ・ 足あとをたどる ・ 澄んだ ・ 瞼に浮かぶ ・ 研ぎ澄まされた ・ 鮮明な ・ 解像度が高い ・ さえる ・ その一瞬を切り取った ・ すい星のように登場する ・ ビビッドに ・ 脳裏に焼きついて離れない ・ ビビッドな ・ クリア ・ 忘れ難い思い出 ・ 耳にこびりつく ・ 印象深い ・ 息づく ・ 鮮やか鮮明 ・ すばらしい見事な ・ 鮮やかな ・ トップクラス ・ 目に焼きついた光景 ・ 嚇々たる ・ 華麗な ・ 気付かせる ・ 注意を促す ・ 盛り上がる ・ 覚醒する ・ 往時を偲ぶ ・ 蘇る ・ 記憶を取り戻す ・ 自覚する ・ 寝起き ・ 起きる ・ 気づかされる ・ 目を覚ます ・ 眠りから覚める ・ ~ような ・ イメージさせる ・ 記憶をよみがえらせる ・ ~を呼び起こす ・ 喚起させる ・ ~が頭の隅をよぎる ・ 感知する ・ ピンとくる ・ 気付く思い起こす ・ 記憶をまさぐる ・ 知る ・ 印象を与える ・ 意味を持たせる ・ 促す ・ 自覚させる ・ 推測 ・ 直感する ・ 睨む ・ 推察 ・ 推しはかる ・ 似た ・ 類似する ・ ~張り ・ 回顧する ・ 捜査を重ねる ・ 旅して回る ・ たどる ・ 温故 ・ 変遷をたどる ・ 昔を振り返る ・ 懐かしがる ・ 故郷を偲ぶ ・ 歴史を紐解く ・ 訪ねて回る ・ 懐かしむ ・ 跡付ける ・ 思い出に浸る ・ 軌跡をたどる ・ 懐かしいと思う ・ 評価をおこなう ・ 旧交を温める ・ 確認する ・ まっすぐな ・ リアルに ・ 明瞭な ・ 透明な ・ 一点の曇りもなく ・ 現実味が吹き込まれて ・ 冴えわたる ・ 声が耳に残る ・ すっきり ・ 迫真的な ・ ストレートな ・ 息吹 ・ はなやかな ・ 独り舞台 ・ 独壇場 ・ 生じる ・ 呼びさます ・ 意識が戻る ・ 目覚める ・ 蘇生する ・ 目が覚める ・ 気付くはっとする ・ 〜を意識した ・ メモリ ・ 想い出 ・ メモリー ・ おもいで ・ ほうふつさせる ・ 思い出話 ・ メモリアル ・ 悔やむ ・ 悼惜 ・ 追悼演説 ・ めい福を祈る ・ 追弔 ・ 哀惜 ・ 哀悼 ・ 悔やみ ・ 追悼行動 ・ 愁傷 ・ 追とう ・ 追悼 ・ フラッシバック ・ 懐旧 ・ 懐慕 ・ 思いめぐらす ・ 思いを巡らせる ・ 思い巡らす ・ 思い回す ・ フラッシュバック ・ 思いを巡らす ・ 追臆 ・ 思いをめぐらせる ・ 振り向く ・ 思い巡らせる ・ 思いめぐらせる ・ 懐郷 ・ ふりかえる ・ 思いをめぐらす ・ ほうふつとさせる ・ 追思 ・ 想慕 ・ アモール ・ 恋愛 ・ 情愛 ・ リーベ ・ 想う ・ つや事 ・ 追慕 ・ 首を回らす ・ 慕う ・ 懐古
キーワードをランダムでピックアップ
馬の脚しょんぼり校正平作分遣気密果たす稿そびれる不賛成むせぶ風采の上がらない昔の人そっけないいじめを受ける次のやさしい言葉を使う一部分を露出手あかにまみれる
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. (父親を)彷彿(とさせる)似ている
  2. 彷彿はっきりしない
  3. 彷彿(未分類)
  4. (全盛期を)彷彿とさせる(プレー)職人やスポーツ選手のみごとな技
  5. (全盛期を)彷彿とさせる(プレー)多くの経験を積んで巧みである
  6. (全盛期を)彷彿とさせる(プレイ)前にあったことを思い出す(思い出す)
  7. (かつての栄華を)彷彿とさせる(遺跡群)関連した他の物事や考えが思い浮かぶ
  8. (△ジェームズディーン[実際のカップル]を)彷彿(と)させる(演技)表現されたものが現実のようすとそっくり(迫真)
  9. (△ジェームズディーン[実際のカップル]を)彷彿(と)させる(演技)(未分類)