表示領域を拡大する
(眼前の光景に)声が出ないの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
声が出ない予想外の出来事にあっけにとられる(あっけにとられる)声が出ない予想外の出来事にあっけにとられる(あっけにとられる)  絶句(する) ・ ぼう然(と見守る) ・ 言葉が出ない ・ (言いぐさが)振るっている ・ 驚愕する ・ 恐るべき(自信家) ・ 腰が抜ける ・ 腰が抜けそう ・ 口を開けて ・ 呆然(とする) ・ 驚くばかり ・ 毒気を抜かれる ・ あっけにとられる ・ きょとん(とする) ・ お粗末な(言い訳) ・ 唖然(とする) ・ 鳩が豆鉄砲を食ったよう(に) ・ ぽかん(とする) ・ 気抜けする ・ 途方もない(計画) ・ 度肝を抜かれる ・ ぼんやり(する) ・ 思考が(一瞬)止まる ・ 愕然(とする) ・ トンデモ(本) ・ とんでもない(ことをしでかす) ・ 返す言葉もない ・ (思い切り)間抜けた(顔) ・ (素敵な雰囲気に)ぼーっと(なる) ・ 開いた口が塞がらない ・ 口がきけない ・ (口を)あんぐり(させる) ・ あごが外れたかのように(口をあんぐり) ・ 言葉にならない ・ ひっくり返る ・ しらける ・ おやおや(、おかしいぞ)、あらら ・ (二人の仲に)当てられる ・ 目を点にする ・ 目が点になる ・ 声を失う ・ 目を丸くする ・ (礼儀知らずに)腹が立つ ・ あまりのことに(返事ができない) ・ ノックアウトされる ・ 二の句が継げない ・ 仰天(する) ・ 耳を疑う ・ 言葉を失う ・ 言うべき言葉もない ・ いやになる ・ あっけらかんと ・ 五里霧中 ・ 目をむく ・ 言い返せない ・ 収拾がつかない ・ 恐れ入る ・ (予想外の出来事に)驚く ・ よく言うよ ・ (大人も)顔負け ・ あきれて物も言えない ・ 聞いてあきれる ・ (つまらない冗談に)引く ・ 閉口(する) ・ (言うべき)言葉もない ・ (ひどく)困惑(する) ・ (非常識さに)驚く ・ あきれ顔 ・ あきれる ・ あきれ果てる ・ あきれ返る ・ (皮肉で喜んでいるなんて)世話がない(ね) ・ 驚きあきれる ・ あろうことか(~するとは) ・ ぼそっと ・ 気が抜ける ・ (気持ちが)空白になる ・ 夢遊病者(のように)(ぼんやりと前を見つめる) ・ うわの空 ・ 放心(状態) ・ ぽっと ・ (心は)空っぽ ・ 気抜け ・ ぼうっと ・ うつけたように ・ うつろ ・ 視線の定まらない(目) ・ 気持ちが宙を浮く ・ (話を)聞いてない ・ 注意が散漫 ・ つくねんと ・ (周囲の声も)耳に届かない ・ ぽかんと ・ 夢うつつ(で話を聞く) ・ (手元が)おろそかになる ・ きょとんと ・ ほうけたように ・ ぼさっと ・ 心ここにあらず ・ 気持ちが足りない ・ ぼやぼや ・ (神経が)行き届かない ・ (目の前の課題への)意識が途切れる ・ ぼやっと ・ うつけ(者) ・ (呼びかけにも)気付かない ・ 気がつかない ・ 自失 ・ うつろ(な表情) ・ ぼさぼさ ・ もさっと ・ ぼう然 ・ 昼あんどん ・ 腰を抜かす ・ 目の玉が飛び出る ・ 肝を潰す ・ 胸が潰れる ・ 肝がでんぐり返る ・ (突然の音に)慌てる ・ ぎくり ・ ぎくっ(と)(する) ・ 驚く ・ 驚き(の白さ) ・ 驚かされる ・ 驚いたも驚いた ・ うっそー(!) ・ (驚いて)失神(する) ・ サプライズ ・ 驚き桃の木山椒の木 ・ はっとする ・ 口から心臓が飛び出すかと思うほど(驚く) ・ (とっさのことに)(頭が)混乱(する) ・ (混乱して)言葉が見つからない ・ 震駭 ・ あろうことか(元カノと同席) ・ うわわっ(!) ・ すわ(っ)(、一大事) ・ 泡を食う ・ (驚嘆の)ため息(を発する) ・ 聳動 ・ 喫驚(する) ・ びっくらこいた ・ 狼狽 ・ 呆けたようになる ・ (「再テスト!?」と)すっとんきょう(な声)(を上げる) ・ 思いがけないことが起きる ・ (わが)目を疑う ・ 驚異(の切れ味) ・ びっくり仰天 ・ 仰天 ・ 天地を揺るがす(出来事) ・ びっくり(する) ・ 目(の玉)がでんぐり返る ・ (驚いて)飛び起きる ・ (驚いて)(椅子から)飛び上がる ・ 珍事 ・ おやおや ・ あれあれ ・ あり得ない ・ (意外なニュースに)ぶっ飛ぶ ・ (世界を)震撼(させた事件) ・ 立ちすくむ ・ なんてことだ ・ 驚き入る ・ 動転(する) ・ うつけたように(立ち尽くす) ・ ひっくり返る(ほど驚く) ・ 面食らう ・ 息が止まるかと思った ・ パニる ・ 青天の霹靂 ・ (驚いて)(目を)ぱちくり(させる) ・ 目を白黒させる ・ (相手の無礼に)恐れ入る ・ 息をのむ ・ 息が止まる ・ 耳目を驚かす ・ (驚きのあまり)卒倒(する) ・ まさか(の展開) ・ オーマイゴッド ・ 一驚(を喫する) ・ 驚天動地(の偉業) ・ 震天動地(の大事件) ・ たまげる ・ ぶったまげる ・ 寝耳に水 ・ どきっ(とする) ・ 驚倒(する) ・ 驚愕
(眼前の光景に)声が出ない(大自然や神仏など)偉大な存在に対しておそれ敬う(畏敬の念を抱く)(眼前の光景に)声が出ない(大自然や神仏など)偉大な存在に対しておそれ敬う(畏敬の念を抱く)  (自然への)おそれ(を感じる) ・ (大自然への)慎み(の心) ・ (人として)謙虚な気持ち(になる) ・ (神と)(まで)あがめる ・ たじろぐ ・ たじろぎ(を感じる) ・ (荘厳さに)心が震える ・ (山岳)信仰 ・ 心服する ・ 脱帽 ・ (大自然に対して)敬虔な気持ち(になる) ・ 粛然とする ・ 頭が上がらない ・ (自然に)こうべを垂れる ・ 厳粛な気持ち ・ ぴりぴり(△する[と神経をとがらせる]) ・ (神の前に)ひざまずく ・ 敬けん(な気持ち) ・ (偉大な存在を前に)恐れ入る ・ びびる ・ 厳か(な雰囲気) ・ 崇高(な雰囲気) ・ (圧倒されて)言葉を失う ・ 畏れあがめる ・ 敬虔な気持ちになる ・ 謙虚になる ・ 神秘性 ・ 敬服(する) ・ 崇敬 ・ (大仏を)見上げる ・ 体が動かない ・ 立ちすくむ ・ (神を)畏れかしこむ ・ 尊敬(の念) ・ 敬意を表する ・ すくみ上がる ・ (神を)畏怖(する) ・ (貴人の前で)かしこまる ・ (神前に)平伏(する) ・ (地に)ひれ伏す(思い) ・ おののく ・ (未知の存在への)おののき ・ 有無を言わさぬ(壮麗さ) ・ (自分が)卑小に見える ・ 威圧を感じる ・ 魂の戦慄 ・ 戦慄する ・ 畏敬(の念)(を抱く) ・ 敬い(の念) ・ 敬う ・ 敬天(愛人) ・ 身の引き締まる思い ・ 戦々恐々 ・ 生きた心地がしない ・ 生きた空もない ・ そら恐ろしい ・ そら恐ろしくなる ・ ショッキング(な事件) ・ 薄氷を踏む思い ・ (命が)おびかされる ・ 蛇に見込まれた蛙 ・ (怖いから)知らないふり ・ 怖くて怖くて(たまらない) ・ 衝撃を受ける ・ 衝撃を覚える ・ おどおど(する) ・ パニック(△状態[寸前]) ・ パニくる ・ おびえる ・ おびえ(を感じる) ・ おびえた目をする(事件が人々を)おびえさせる ・ 怖じる ・ (スピードを出して)スリル(を味わう) ・ スリル満点 ・ スリリング(な急流すべり) ・ ひるむ ・ びくり(とする) ・ 怪奇(現象) ・ うつけたように(立ち尽くす) ・ 震えが止まらない ・ 寒気(がする) ・ 心が凍る ・ (一発殴られて)たじたじ(となる) ・ (捨て身の攻勢に)たじろぐ ・ 脅威を感じる ・ 背筋が凍る ・ 背筋が寒くなる ・ (体が)凍りつく ・ すごい(ことになった) ・ (気迫に)すごみ(がある) ・ 顔面蒼白(になる) ・ 物おじ ・ (成り行きを)見つめる ・ 鬼気迫る(演技) ・ 冷や汗が出る ・ 逃げ惑う ・ 油断ならない ・ 険悪(な空模様) ・ 寒気立つ ・ 命が縮む(思い) ・ 寿命が縮む ・ 怖気立おじけだ ・ 怖気立おぞけだ ・ 涼味満点(の吊り橋) ・ 恐る恐る ・ 徐行(運転) ・ 後ずさり(する) ・ 怖さ ・ 怖くなる ・ (怖がって)震え上がる ・ どきどき ・ がたがた(震える) ・ 身の縮む(思い) ・ ひやひや ・ 恐るべき(破壊力) ・ びくつく ・ びくつき ・ (顔から)血の気が引く ・ 畏怖(する) ・ 恐れおののく ・ (恐怖に)震える ・ 恐々 ・  ・ 怖じ怖じ ・ うろたえる ・ 悚然 ・ 臆する ・ 恐れる ・ 恐れ(を△なす[抱く]) ・ おろおろ(する) ・ 気を呑まれる(ほどの恐怖) ・ 怖気おぞけ(がつく) ・ おじけづく ・ おじける ・ 怖じけ ・ 憮然 ・ (痛いほど)緊張(する) ・ 体が固まる ・ 及び腰(になる) ・ 怖じける ・ (恐怖に)酔いがさめる ・ 小心翼々 ・ 腰を抜かす ・ 戦慄(する) ・ (総身に)戦慄が走る ・ 寒心(に堪えない) ・ 気圧される ・ おぞましい(事件) ・ 身の毛がよだつ ・ おっかない ・ 恐ろしい ・ 恐ろしくなる ・ 恐ろしさ ・ 腫れ物に触るよう(な)(扱い) ・ おののき ・ 日和る ・ 縮み上がる ・ 息をのむ ・ 腰が引ける ・ 恐がらせる ・ ひざががくがくする ・ 首をすくめる ・ 肌にあわを生じる ・ どぎまぎ ・ (△足[身]が)すくむ ・ 身をすくませる ・ 受け身に回る ・ 護身 ・ 怖い ・ 怯えた泣き声 ・ 泣く ・ 恐るべき ・ ぬらり(とするような恐怖感) ・ 危機感を抱く ・ こわごわ ・ 心臓をわしづかみされたような(恐怖感) ・ 勇気がいる ・ 恐慌(をきたす) ・ 恐慌状態(に陥る) ・ 物恐ろしい ・ 息を詰める ・ 息をひそめる ・ 息を押し殺す ・ 固唾をのむ ・ どきん ・ (一瞬)青ざめる ・ 青くなる ・ (顔から)表情が消える ・ 肝を冷やす ・ 身震い(する) ・ 慄然(とする) ・ ぞっとする ・ 不安がる ・ 不安にかられる ・ (強い)不安を感じる ・ 不安感 ・ 不安心理 ・ 怖がる ・ (小便を)ちびる ・ 心胆を寒からしめる ・ 総毛立つ ・ 恐怖(する) ・ (言い知れぬ)恐怖を感じる ・ 恐怖感(に襲われる) ・ (頼み申し上げ)奉る ・ (師として)仰ぐ ・ (ひそかに)敬愛(する) ・ 鑽仰さんぎょう(する) ・ (彼の功績を)たたえる ・ 尊崇 ・ 恐れ入る ・ (高い)敬意(を△払う[表する]) ・ ひざまずく ・ (意見を)尊重(する) ・ 敬する ・ 尊敬(△する[に価する/の念]) ・ 相手を立てる ・ (誰もが)一目置く(人物) ・ 一目も二目も置く ・ ただ者ではない ・ 敬慕(する) ・ (関係者の苦労を)多とする ・ (トランプ氏に)熱狂(する)(支持者) ・ (本当に)立派(だね) ・ 見上げる ・ 見上げた(△行い[精神]) ・ 私淑 ・ 頭が下がる ・ 憧憬(の△人[思いが表れる]) ・ (勇気ある行動に)感じ入る ・ よくやっているな(という感じ) ・ 思慕 ・ (力量を)認める ・ (相手を)重んじる ・ (先生の)(徳を)慕う ・ 崇敬(する) ・ (スポーツ選手を)アイドル化(する) ・ 脱帽(する) ・ うやうやしい(態度) ・ うやうやしく(接する) ・ あがめる ・ 立派(な行い) ・ (後輩に)花を持たせる ・ 敬仰(する) ・ (密かに)ライバル視する ・ (強烈に)意識する ・ 気になる(存在) ・ 兄事(する) ・ 感嘆(する) ・ 仰望 ・ あがめ仰ぐ ・ 畏敬(する) ・ 畏敬の念 ・ (織田信長に)憧れる ・ (立派な人ゆえ)敬う ・ 敬(は礼の本なり) ・ 普通じゃできない ・ 誰にでもできることではない ・ (能力を)買う ・ 油断できない(相手) ・ 景仰(する) ・ (リンカーンの人格に)傾倒(する) ・ 尊ぶ ・ たっとぶ ・ 礼を尽くす ・ (個人)崇拝 ・ 仰ぎ見る ・ 心酔 ・ 敬服(△する[に値する]) ・ リスペクト(する) ・ 盲目的(に従う) ・ すごい(人だ) ・ (人を)歓呼して迎える ・ (相手に対して)気を使う ・ (相手に)敬譲(心を持つ) ・ 感心(する) ・ 感服(する) ・ 敬けん(な気持ちになる) ・ (能力を)(高く)評価する ・ (主婦への)讃歌 ・ 英雄視 ・ 英雄に祭り上げる ・ 神格化(する) ・ (教祖を)絶対視(する) ・ (完全)屈服 ・ 恐れをなす ・ (△気迫に[気持ちの上で])押される ・ (王の威光の前に)ひれ伏す ・ 怪物的(な男) ・ 畏怖を感じる ・ 畏怖の念 ・ (身を)慎む ・ (雰囲気に)飲まれる ・ (敵を前に)たじろぐ ・ たじたじ(となる) ・ 凄みを感じる ・ 貫録負け(する) ・ 恐るべき(新人) ・ 恐怖を感じる ・ 恐怖を覚える ・ (精神力に)圧倒される ・ (高位高官の前で)恐れ入る ・ くじける ・ 気を呑まれる ・ (相手の勢いに)ひるむ ・ (心理的に)白旗を上げる ・ おののきを感じる ・ 気弱になる ・ 弱気(になる) ・ 気後れ(する) ・ 位負け(する) ・ (権力の前に)ひれ伏す ・ 威圧感を感じる ・ (強者の)陰に回る ・ 威圧される ・ 地にひれ伏す(思い) ・ 小さくなる ・ 畏れを感じる ・ おずおず(と)(進み出る) ・ 苦手意識 ・ (相手に)呑まれる ・ 及び腰 ・ 煽られる ・ 気圧けおされる ・ 取って食われるわけではない(が) ・ 抵抗不能(な相手) ・ 謙虚な気持ちになる ・ 気合い負けする ・ (相手の)勢いに押される ・ 射すくめられる ・ 恐れ多い ・ 萎縮(する) ・ 犯しがたい(美しさ) ・ (精神力が)圧倒する ・ 周囲を圧する ・ ひれ伏す思いにさせる ・ 顔色なからしめる ・ たじたじ(とさせる) ・ 崇高(な霊山) ・ 射すくめる ・ 金縛り(にする) ・ 荘厳(な式典) ・ 自分の存在の小ささを思い知らせる ・ すごみ(△がある[を感じる]) ・ 小が大を呑む(展開) ・ 神々しい ・ 金色に光る ・ 有無を言わさぬ(説得力) ・ 恐るべき(相手) ・ 圧倒的雰囲気(を放つ) ・ 震え上がらせる ・ (ひと睨みで)黙らせる ・ (相手を)呑んでかかる ・ 畏怖(させる) ・ 畏怖の念を抱かせる ・ ひれ伏させる
(眼前の光景に)声が出ない(未分類)(眼前の光景に)声が出ない(未分類)  立ち尽くす ・ ぼう然とする ・ 二の句が告げない ・ 黙然とする ・ 言葉をなくす ・ 何といってよいか分からない ・ 返事に窮する ・ 返す言葉がない ・ パノラマ ・ 雄大な ・ 絶景 ・ 崇高な ・ 筆舌に尽くしがたい ・ 声が出ない ・ 返事に困る ・ 声もない ・ ショックを受ける ・ 暗然とする ・ モノが言えない ・ 言葉がない ・ 言葉をのむ ・ 言葉に詰まる ・ やりきれない ・ えも言われぬ ・ 目のくらむような ・ 声が出ないすばらしい ・ 神々の庭 ・ 黙るしかない ・ 一言もない ・ 次の言葉が出ない
キーワードをランダムでピックアップ
朝露泥田鳴禽全癒埴土隠亡厄年引退傾ける休止経費を絞るバイアスがかかる食べぶり声が掠れる勢い盛ん精神の修養をはかる膨大な財政赤字打撃を与える資源高が製品コストに跳ね返る奇跡の大逆転敵の首級
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. 声が出ない予想外の出来事にあっけにとられる(あっけにとられる)
  2. (眼前の光景に)声が出ない(大自然や神仏など)偉大な存在に対しておそれ敬う(畏敬の念を抱く)
  3. (眼前の光景に)声が出ない(未分類)