表示領域を拡大する
(言葉が)空虚(な響き)(を持つ)の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
空虚むなしい(虚無きょむ空虚むなしい(虚無きょむ  デカダン ・ むなしい ・ ニヒル ・ デカダンス ・ 虚無 ・ 無さ ・ ブランク ・ 影も形もない ・  ・ 皆無 ・ 跡形がない ・ 跡形もない ・ (そこに)何もない ・ (何も)無い ・ 薬にしたくも無い ・ 空漠 ・ 絶無 ・ 全くない ・ 存在しない ・ 無げ ・ 空々漠々 ・ ナッシング ・ ヌル ・ 無し ・ 無い ・ がらんと ・ がらんどう ・ (中が)うつろ(な巨木) ・ からっけつ ・ もぬけの殻 ・ 中身がない ・ 空虚 ・ 空白 ・ すっからかん ・ うろ ・ 中空(の茎) ・ から ・ くう ・ うろ ・ がら空き ・ 穴ぐら ・ 胎内(くぐり) ・ 空間(がある) ・ 真空 ・ ほら ・ 空洞 ・ 空き缶 ・ 中に何もない ・ 空っぽ ・ ゼロ(を意味する) ・ がらがら ・ うろ穴 ・ 空疎 ・ (セミの)抜け殻 ・ (内部が)空
空虚中に何もない空虚中に何もない  (中が)うつろ(な巨木) ・ から ・ くう ・ うろ ・ 胎内(くぐり) ・ からっけつ ・ 無い ・ 空間(がある) ・ すっからかん ・ 空洞 ・ 中身がない ・ 真空 ・ (セミの)抜け殻 ・ ゼロ(を意味する) ・ 穴ぐら ・ (内部が)空 ・ 空疎 ・ 中に何もない ・ もぬけの殻 ・ 空き缶 ・ うろ ・ がらんと ・ 空白 ・ がら空き ・ がらがら ・ うろ穴 ・  ・ 空っぽ ・ がらんどう ・ 中空(の茎) ・ ほら ・ 石窟 ・ 洞窟 ・  ・ 岩穴 ・ 金坑 ・ 洞門 ・ 樹洞 ・ ほら穴 ・ 洞穴 ・ ほら ・ 岩室 ・ 鍾乳洞 ・ 風穴 ・ 炭坑 ・ (黒い穴が不気味に)口を開く ・ 虎穴 ・ 廃坑 ・ 岩屋 ・ (ありの)巣 ・ (うさぎの)巣穴 ・ 岩窟 ・ 台風眼 ・ 台風の目 ・ 空洞部分 ・ 安全地帯 ・ デカダンス ・ 空虚 ・ デカダン ・ ニヒル ・ 虚無 ・ むなしい ・ 気配がない ・ 気配がしない ・ 不在 ・ 人影がない ・ 居留守 ・ 外出中 ・ 出払う ・ がらん(としている) ・ 家を空ける ・ 無人 ・ 人っ子一人いない ・ (誰も)いない ・ 無住(の寺) ・ 留守 ・ その場にいない ・ 無人島 ・ 家を外にする ・ (姿が)見えない ・ だるま ・ 犬張り子 ・ 指人形 ・ 張り子 ・ 張りぼて ・ 格好だけ ・ 実がない ・ 実質がない ・ おとり商品 ・ 上げ底(の菓子箱) ・ (不毛な)議論 ・ うわべ(だけ) ・ 名ばかり店長 ・ 名だけ(の) ・ (会長とはいっても)(単なる)飾り(でしかない) ・ 名目だけ(の重役) ・ わら人形 ・ 建前(上)(は恋愛禁止のアイドル) ・ うどの大木 ・ あだ花 ・ 形式的(なあいさつ) ・ 見え透いた(お世辞) ・ 大げさ(な見出し) ・ 置物(の会長) ・ 表面だけ(の友達) ・ 有名無実(な法律) ・ 仮面(夫婦) ・ 空文(化した条約) ・ 形は立派なものの(中身がない) ・ 中身が伴わない ・ 見せかけ(だけ) ・ (単なる)パフォーマンス ・ (単なる)ポーズ ・ (規則が)形骸化(する) ・ (歴史年表は)項目を並べただけ(の製品カタログのようなもの) ・ 絵に描いた餅 ・ 絵空事 ・ (心のない)薄っぺら(な言葉) ・ 空虚(な言葉) ・ お茶を濁しただけ ・ フィクション ・ 外見だけの存在 ・ 心がこもっていない ・ 欺瞞(に満ちた世界) ・ 派手なだけ ・ メッキ(がはげる) ・ 内容が伴わない ・ 目くらまし ・ (制度の)空洞化 ・ 空ゼリフ ・ 実質が不足している ・ 無内容 ・ 虚飾(に満ちた生活) ・ 偽り(の人生) ・ 張り子(の虎) ・ 仏作って魂入れず ・ 見栄えがいいだけ ・ バーチャル(△世界[な体験]) ・ 仮想(の空間) ・ 留守宅 ・ 無主(の土地) ・ 人の住まない家 ・ 空き巣 ・ (家人が)出払う ・ (家を)留守(にする) ・ (家人)不在(の家) ・ 廃屋 ・ 空き家 ・ 無人(の家) ・ 居抜きの店舗 ・ (中身を)出す ・ (食堂が)すく ・ 空く ・ 留守にする ・ (場所を)譲る ・ (席が)あく ・ 空ける ・ 空間を作る ・ (他の入れ物に)移す ・ 空かす ・ すかす ・ (グラスを)空にする ・ 不足(が生じる) ・ ミッシングリンク ・ 鎖の輪が欠ける ・ 欠損 ・ 真空(地帯) ・ ブランク(ができる) ・ 孔穴 ・ えぐれた(地面) ・ 横穴 ・ 大穴 ・ ホール ・ 縦穴 ・ 決壊部分 ・ 雪洞 ・ 隙間 ・  ・ 土坑 ・ 穿孔 ・ ヌル ・ 影も形もない ・ ナッシング ・ 無げ ・ 絶無 ・ ブランク ・ (何も)無い ・ 無さ ・ 空漠 ・ 皆無 ・ 存在しない ・ 空々漠々 ・ 薬にしたくも無い ・ 跡形がない ・ 跡形もない ・ 無し ・ (そこに)何もない ・ 全くない
空虚(な胸の内)何となく悲しい(物悲ものがなしい)空虚(な胸の内)何となく悲しい(物悲ものがなしい)  懐かしい ・ 憂愁 ・ 沈んだ ・ 寂しげ(な風景) ・ わびしげ(な雰囲気が漂う) ・ 哀しみ ・ 悲愁 ・ 悲しみ ・ (思い出すと)甘酸っぱい ・  ・ 孤独感 ・ 陰り(のある) ・ 何とはなしに ・ 泣きそう(な気分) ・ (何だか)泣きたい(気分) ・ エレジー ・ 哀愁(△が漂う[を帯びた]) ・ 悲しげ ・ ペーソス ・ どこか寂しい ・ どこか惹かれる ・ 胸を騒がせる ・ うら寂しさ ・ 春愁 ・ 胸に染みる ・ 哀感 ・ 物悲しい ・ 物悲しさ ・ あきらめ(が漂う) ・ 諦観 ・ 運命を受容する ・ しみじみ(した) ・ うら悲しさ ・ 旅愁 ・ センチメンタルジャーニー ・ 悲しくて滑稽(な) ・ しんみり ・ プチうつ ・ 陰影(のある空間) ・ 憂い(を帯びる) ・ 愁い(をたたえる) ・ (なにか)暗い雰囲気を持つ ・ うら悲しい ・ 愁い(を帯びる) ・ 寂寥感 ・ メランコリー(な気分) ・ メランコリック(な気分) ・ ウェット(な) ・ (やさしくて)ほろ苦い(思い出) ・ ほろ苦さ ・ 叙情的(な文章) ・ (ちょっぴり)切ない ・ 切なさ ・ 哀愁を含んだ(メロディー) ・ 哀れさ ・ 哀しい ・ 悔しさ ・ むせぶ ・ むせび泣く ・ 暗い ・ 寂しげ(な) ・ 陰影のある ・ 感傷的(な気分) ・ センチメンタル(な夜) ・ 感傷旅行 ・ 秋(になると物悲しい) ・ 満たされない(思い) ・ 悲哀(を感じる) ・ けだるい ・ (都会の)孤愁 ・ 寂しい ・ たそがれた(気分) ・ マイナー(な曲調) ・ 哀愁をたたえた(音色) ・ 哀調を帯びる ・ 悲歌 ・ バラード ・ 哀歌 ・ 挽歌 ・ メランコリック(な曲) ・ ブルース(調)(の曲) ・ すがれた(音色) ・ 切ない(メロディ) ・ 人生がにじみ出た(歌) ・ 感傷的(な歌詞) ・ レイジー(な節回し) ・ 哀調(を帯びた旋律) ・ 悲しみを歌う ・ 悲しげな曲 ・ ブルージー(な音調) ・ 憂いを帯びた(曲) ・ ものうい(曲調) ・ 風情のある ・ やるせない(メロディ) ・ 悲しみを抑えた(歌い方) ・ 投げ出すような(歌い方) ・ むせび泣くような(ギターソロ) ・ けだるい(雰囲気) ・ 秋愁 ・ 枯れすすき ・ メランコリック(な人) ・ 涙とため息(の日々) ・ 陰影がある ・ 感傷的 ・ 不幸の影を背負った ・ 思い(にふける) ・ 笑顔のない ・ 倦怠感(が漂う) ・ 陰り(を帯びる) ・ 孤愁 ・ 愁心を抱える ・ ミステリアス(な人) ・ 物思い(にふける) ・ 影がある ・ 愁思 ・ 寂しげ ・ 離愁(を味わう) ・ 路地裏の(人生) ・ 物思わしげ ・ 曇った顔 ・ 憂いを含む ・ 明るくない ・ 悩みを秘めた(様子) ・ 沈んだ(表情) ・ 浮かない(様子) ・  ・ 悲しげ(な音調) ・ 冬ざれ(の野) ・ 場末(の映画館) ・ 心さびしい ・ (△背中[佇まい]に)わびしさが漂う ・ (母のいない家は)火の消えたよう(だ) ・ もの寂しい ・ 哀調を帯びた(音楽) ・ ブルース調(の曲) ・ 寒々とした(風景) ・ うらさびしい ・ むせぶような(汽笛) ・ (何かに)すがりたい(ような)(気持ち) ・ うらぶれる ・ うらぶれた(姿) ・ 見捨てられた(気分) ・ 孤独感を募らせる(風景) ・ ぱっとしない ・ どことなく寂しい ・ 悲しみ(に暮れる) ・ 救いのない ・ 暗然 ・ 救われない(気分) ・ 悲しむ ・ 悲痛 ・ 悲哀 ・ 身も世もない(姿) ・ 悶々(の情) ・ 心が痛む ・ 憂う ・ 胸が塞がる ・ 憂える ・ 憂うべき(事態) ・ めいる ・ 嘆く ・ 感傷(△に浸る[的になる]) ・ 腸を断つ ・ 暗い(気分) ・ どうしたらいいか分からない ・ 紅涙を絞る ・ 心を重くする ・ (言うべき)言葉もない ・ 断腸の思い ・ やりきれない(思い) ・ 憂愁(に△沈む[とらわれる]) ・ うれ ・ 暗うつ ・ (ご)愁傷(様) ・ 心を痛める ・ 悲しい ・ 悲しがる ・ 悲しく思う ・ 悲愴 ・ (一人暮らしを)侘びる ・ (友の死に)(胸が)張り裂ける(思い) ・ 哀れ(を催す) ・ 傷心(△する[を抱く]) ・ 哀切 ・ ペーソス(を感じる) ・ 寂しがる ・ 哀傷 ・ 嘆き悲しむ ・ 沈痛 ・ (突然の悲報に)胸が潰れる ・ 胸が裂ける ・ 胸を痛める ・ 胸が詰まる ・ 胸ふたがる(思い) ・ 哀れ ・ 言葉が出ない ・ 悲嘆 ・ 愁嘆 ・ 悲傷 ・ (悲しそうに)顔を歪める ・ 哀愁
空虚(な言葉)見かけだけで実質を伴わない空虚(な言葉)見かけだけで実質を伴わない  うどの大木 ・ 名ばかり店長 ・ 名だけ(の) ・ わら人形 ・ 目くらまし ・ (会長とはいっても)(単なる)飾り(でしかない) ・ 名目だけ(の重役) ・ 空ゼリフ ・ 上げ底(の菓子箱) ・ 建前(上)(は恋愛禁止のアイドル) ・ 実質がない ・ 欺瞞(に満ちた世界) ・ あだ花 ・ 形は立派なものの(中身がない) ・ 見え透いた(お世辞) ・ 内容が伴わない ・ 外見だけの存在 ・ 中身がない ・ 置物(の会長) ・ 実質が不足している ・ (心のない)薄っぺら(な言葉) ・ フィクション ・ 格好だけ ・ (制度の)空洞化 ・ (実力より人気が)先行(する) ・ 空文(化した条約) ・ (歴史年表は)項目を並べただけ(の製品カタログのようなもの) ・ 見せかけ(だけ) ・ バーチャル(△世界[な体験]) ・ 仮想(の空間) ・ うわべ(だけ) ・ 心がこもっていない ・ 張り子(の虎) ・ 仏作って魂入れず ・ 中身が伴わない ・ 絵に描いた餅 ・ 絵空事 ・ 仮面(夫婦) ・ 実がない ・ 空疎 ・ 虚飾(に満ちた生活) ・ 偽り(の人生) ・ (不毛な)議論 ・ 見栄えがいいだけ ・ (単なる)パフォーマンス ・ (単なる)ポーズ ・ 有名無実(な法律) ・ 表面だけ(の友達) ・ 無内容 ・ 派手なだけ ・ メッキ(がはげる) ・ 形式的(なあいさつ) ・ (規則が)形骸化(する) ・ おとり商品 ・ お茶を濁しただけ ・ 大げさ(な見出し) ・ 皮相な(見解) ・ 皮相的(な捉え方) ・ (威勢のいい)上ずった(意見) ・ 俗見 ・ 厚みがない ・ △思想[見方]が浅い ・ 退屈(な議論) ・ 根が浅い ・ くだらない(質問) ・ 貧弱(な思想) ・ 深みがない ・ 上っ調子(な態度) ・ 言葉が軽い ・ (お世辞)たらたら(の人) ・ 安っぽい ・ 空疎(な論争) ・ 小ぎれい(な表現) ・ 愚劣な(言い分) ・ ミーハー ・ 料簡が狭い ・ 小利口(な娘) ・ お粗末(な政策) ・ 通俗的な(解釈) ・ 幼稚(な思想) ・ 大味な(文章) ・ 凡庸(な悪) ・ 貧しい(発想) ・ 児戯に等しい ・ 粗雑(な論理) ・ 単細胞 ・ (△議論[歌詞]が)走り過ぎている ・ 重みがない ・ 戦略的でない ・ (成功の法則を)鵜呑み(にする) ・ (△主張[発想]が)浅はか ・ 抜本的でない ・ おざなりな ・ 愚者は教えたがり(、賢者は学びたがる) ・ ごまかし(の政策) ・ 薄っぺらい(プライド) ・ 薄っぺら(な人間) ・ ベタな(企画) ・ 一面的(な見方) ・ さかしら(を言う) ・ つじつま合わせ(の政策) ・ 安物(の博愛主義) ・ 安手(の△合理主義[政策]) ・ チープ(な発想) ・ 受け狙い(の政治) ・ 書生論 ・ 借り物(の思想) ・ (水の上を滑る油みたいに)つるりとした言葉(を使う) ・ にせもの(の知識) ・ 非合理的(な考え) ・ えせ文化人 ・ (上辺だけで)深く考えていない ・ おざなり(の政策) ・ (物事の表面だけを見て)本質をとらえていない ・ 現実が分かっていない ・ 底が浅い ・ かいなで(したに過ぎない) ・ 短見 ・ 浅見 ・ 知性がない ・ 浅く薄い ・ 洞察力のない ・ 安直な ・ (論理が)散漫 ・ お寒い(計画) ・ 深く掘り下げない ・ (考えが)薄っぺら(い) ・ 上っ面をなぞる(だけ)(の論評) ・ ありきたり(の意見) ・ 安易な行動 ・ 底が知れてる ・ 表面的な(見方) ・ たわ言(をぬかすな) ・ 小手先による(策) ・ 浅薄な ・ 表層的な(論理思考) ・ つまらない(意見) ・ 大人でない ・ 浅薄(な演説) ・ 卑俗(な見方) ・ イージーな考え ・ 短絡的(な考え) ・ 上滑り ・ 薄手(の感傷) ・ 俗な(考え) ・ 棒読み(の演説) ・ 熱病のような(マイブーム) ・ 流行病のような(恋) ・ ぬか喜び(に終わる) ・ (一時の)ブーム ・ (△当今の[単なる])流行りもの ・ 目新しいだけ ・ (すぐ)飽きられる ・ バブル(景気) ・ むなしい(騒ぎ) ・ 見捨てられる ・ 人騒がせ(なだけ) ・ 長続きしない ・ あえなく消える ・ はしか(のようなもの) ・ (円高も一時的であって為替市場における)ノイズのようなもの ・ 一発屋(芸人) ・ (△浮かんでは[すぐに])消えていく ・ (人気が)線香花火(△に終わる[的な恋]) ・ (打ち上げ)花火(のように) ・ うたかた(の夢) ・ 泡(のような)(存在) ・ 泡沫(候補) ・ 無意味に終わる ・ (短い)流行 ・ (すぐ消えてなくなる)にせもの ・ まがい物 ・ 地に足がつかない ・ メッキがはげる ・ 一時的人気 ・ (一時の人気者 ・ あだ花(に終わる) ・ 実を結ばない ・ (何も)生み出さない ・ 予測される結果を伴わない(で終わる) ・ (急速に)しぼむ ・ 紋切り型(のあいさつ) ・ 事務的(な対応) ・ 儀礼的(なあいさつ) ・ 本質をないがしろにする(行為) ・ とげを隠す ・ 血の通わない(対応) ・ 真摯でない ・ (上辺だけの)安っぽい(言葉) ・ 形だけ(の謝罪) ・ 取り澄ました(態度) ・ マニュアル通り ・ 略式の(敬礼) ・ ビジネスライク ・ 笑って(斬る) ・ 上面だけ ・ (行政の)杓子定規(な対応) ・ 芝居がかった(謝罪) ・ 慇懃無礼 ・ ありきたり(の応答) ・ 表面的な(関係) ・ 愛想(笑い) ・ 型通り(の対応) ・ 裏で舌を出す ・ 通りいっぺん(のあいさつ) ・ (内容が)乏しい ・ もの足りない ・ 水増し(された) ・ こじんまりとした(演奏) ・ 薄手(な評論) ・ すかすか(の文章) ・ 水っぽい ・ 面白くない ・ 奥行きがない ・ 確かでない ・ (多くの中で)引き立たない ・ (構成的に)弱い ・ 安手(の三文小説) ・ 薄っぺらい ・ 味気ない ・ 劣っている ・ だだっ広い ・ 薄っぺら(なストーリー) ・ 貧弱 ・ 小ぎれい(な社会派ドラマ) ・ 毒がない ・ 刺激がない ・ ぴりっとしない ・ (自己検閲により)漂白された(作品) ・ (無難に)脱色された(作品) ・ 妙味のない(作品) ・ 大味 ・ 安っぽい(映画) ・ 安易(なストーリー展開) ・ 誰でも思いつく ・ 不十分 ・ 上げ底(景気) ・ 俗物(学者) ・ (内容が)薄い ・ だらだらした(展開) ・ (歌詞が)走り過ぎている ・ 水ぶくれ(した経済) ・ (内部が)空 ・ 穴ぐら ・ 空っぽ ・ 中に何もない ・ (セミの)抜け殻 ・ がらんと ・ うろ穴 ・ から ・ くう ・ うろ ・ うろ ・ 空き缶 ・ 胎内(くぐり) ・ 空洞 ・ 空虚 ・ 中空(の茎) ・ 空白 ・ がら空き ・ もぬけの殻 ・ ゼロ(を意味する) ・ がらがら ・  ・ すっからかん ・ からっけつ ・ 空間(がある) ・ (中が)うつろ(な巨木) ・ 無い ・ がらんどう ・ 真空 ・ ほら ・ 瓦石 ・ (お前に指導者の)資格はない ・ (努力しても)甲斐がない ・ 無価値 ・ 値打ちがない ・ たわいない ・ たあいない下らない ・ むなしい(△努力[かけ声]) ・ 無駄(な△行為[出費]) ・ 時間の無駄 ・ 空疎(な議論) ・ (批判するだけでは)(何の)プラスにもならない ・ (夫婦喧嘩は)犬も食わない ・ くだらない(雑誌) ・ (使い道がない)死蔵(特許) ・ (単なる)気休め ・ 愚劣(な文章) ・ 青い鳥を探す ・ (見るに)値しない ・ 価値がない ・ (参加する)価値はない ・ 価値のない(土地) ・ 使い道がない ・ 由無い ・ 論ずるに値しない ・ 《誤用》語るに落ちる ・ 死んで花実が咲くものか ・ たかが知れている ・ (関心の)らち外(にある) ・ 的外れ ・ 利用不能 ・ 数に入らない ・ 屁のような(人生) ・ (怒っても)始まらない ・ 烏滸の沙汰 ・ 言うに足りない ・ ナンセンス ・ (こんな物に大金を払うなんて)(とんだ)お笑いぐさ(だ) ・ 無意義 ・ 不毛(な議論) ・ 取りとめのない ・ 滑稽 ・ ぼろくそ ・ (浅瀬の)あだ波 ・ 下手の考え休むに似たり ・ つまらない(考え) ・ ろくでもない(番組) ・ 話にならない ・ 存在理由がない ・ 無意味(な討論) ・ (研究するほどの)意味はない ・ 意味がない ・ 意味をなさない ・ 意味不明(なことを言う) ・ いまさら(の告白) ・ 論外 ・ 愚にも付かない ・ 阿呆の鳥好き貧乏の木好き ・ ばかばかしい ・ 子供だまし ・ かす ・ へったくれ ・ 非生産的(な時間) ・ 形式だけ(の定例会議) ・ 無用 ・ 役に立たない ・ 役立たず ・ △(報復[課金]しても)何も残らない ・ 価値を感じない ・ 無内容(の本) ・ 何が言いたいのかわからない ・ 建設的でない ・ 非建設的 ・ 三文の値打ちもない ・ 形だけ(の友達) ・ 取るに足りない ・ バカらしい ・ 物の数ではない ・ 二階から目薬 ・ 実のない(話) ・ 論ずるに足りない ・ ばか臭い ・ 弊履 ・ ちりあくた ・ バカ
(言葉が)空虚(な響き)(を持つ)うそっぽい(言葉が)空虚(な響き)(を持つ)うそっぽい  空虚(な謝罪の言葉) ・ うつろ(な謝罪の言葉) ・ 寒気がする(口説き文句) ・ むなしい(謝罪文) ・ (疑わしくて)白い目で見る ・ 宗教っぽい(オンラインサロン) ・ しらじらしい ・ 疑わしい ・ うそのよう(な) ・ 歯の浮くような(世辞) ・ 薄っぺら(い)(言葉) ・ うさんくさい ・ 誠実でない ・ 偽善的(な態度) ・ (二枚目ぶった)嫌み(な口説き文句) ・ (どこか)薄気味悪い ・ 不明朗(な会計) ・ インチキくさい ・ 作為的(な感じがする) ・ 不自然 ・ 自然でない ・ (あの素振りはどうも)臭い ・ 大げさ(なリアクション) ・ (どこか)引っかかる ・ 虚飾(の町) ・ しらじらしい(弁解) ・ うそっぽい ・ うそくさい ・ 不信感がある ・ 不信を感じる ・ 芝居っぽい ・ リアルっぽくない ・ 曰くありげ ・ 長い(言い訳) ・ (水の上を滑る油みたいに)つるりとした言葉(を使う) ・ 釈然としない ・ 腑に落ちない ・ 疑問がある ・ 信じられない ・ (言葉に)まやかし(がある) ・ 信用できない ・ 空々しい ・ 信頼が置けない ・ わざとらしい ・ あり得ない ・ 面妖(な話) ・ 疑いが持たれる ・ 首をかしげたくなる(ような) ・ (どう聞いても)嘘としか思えない ・ 不可解 ・ (出所の)あいまい(な話) ・ お寒い(言い訳) ・ いかがわしい(人物) ・ 訳あり(の人物) ・ 疑惑の人物 ・ 胸に一物ありそう(な)(人物) ・ 臭い ・ (見るからに)怪しい ・ 不明朗(な交際) ・ 怪しい(存在) ・ 不審(な男) ・ 変な態度 ・ 後ろ暗い(△感じのする男[ところのある連中]) ・ 危険な雰囲気を持つ(男性) ・ 灰色(高官) ・ (真意を)測りかねる ・ 生臭い(政治家) ・ (あまり)よくない前歴がある ・ 訳ありな様子(の男) ・ 正体不明(の人物) ・ 正体が定かでない ・ 良からぬ(連中) ・ (本当かどうか)分かったものではない ・ (あれには)任せられない ・ 偽善的 ・ 危険(なグループ) ・ うろん(な人物) ・ 評判がよろしくない ・ 素性の知れない ・ 影のある(人物) ・ 気は許せない ・ 気の許せない(男) ・ 不信感(がある) ・ 良からぬ(人物) ・ 疑惑を抱えた人物 ・ 裏切る ・ 面妖(な人) ・ いい加減(な人物) ・ 怪しげ(な人物) ・ 要注意(人物) ・ いぶかしい ・ いぶかしむ ・ いぶかしく思う ・ 食わせ者 ・ 不信任 ・ まともでない(人間) ・ 不信 ・ ちゃらちゃら(した)(医者) ・ パーリーピーポー ・ 油断できない(相手) ・ (笑顔の裏に)企みを隠した(男) ・ 気になる(ところがある) ・ 背信 ・ 信用しない ・ 疑わしい(態度) ・ 警戒を要する ・ 警戒が必要 ・ 頼りにならない ・ 怪しい(雰囲気が漂う) ・ 本心はどこにある(?) ・ 鼎の軽重を問う ・ 不正直 ・ どこの馬の骨か(も)分からない ・ 疑う ・ 裏世界とつながりのある ・ 素姓の知れない(人物) ・ 胡散 ・ 疑惑がある ・ ヌエ(△のような人[的存在]) ・ 信頼関係にない ・ (何か)やばそう ・ 虚飾(の青年実業家) ・ (妻に別の男の)影を感じる ・ (主張に)違和感(を覚える) ・ (あの素振りはどうも)くさい ・ 謎めいた(動き) ・ 不審(な△行動[動き]) ・ 妙に(張り切っている) ・ (統合失調症に似た)奇異(な行動) ・ 嫌らしい(腰つき) ・ 下品な ・ 余分な(手の動き) ・ 奇妙(な動き) ・ 変態的な ・ 怪しい(行動) ・ 妙な(△動き[手つき]) ・ 鵜呑みにできない(話) ・ あやふや(な供述) ・ ばか話 ・ ちぐはぐ(な言動) ・ 憶測の域を出ない(情報) ・ 当てにできない ・ 妙(なうわさ) ・ オカルト(理論) ・ 心は遺伝する*/nolink* ・ いかがわしい(儲け話) ・ 危ない(儲け話) ・ 甘い(誘い) ・ (言うことが)怪しい ・ うそっぽい(話) ・ まともでない(話) ・ オーラが見える ・  ・ 眉唾(の話) ・ 香具師やし(めいた口上) ・ 怪しい(△話[勧誘電話]) ・ 真偽の定かでない(情報) ・ 怪しい(勧誘電話) ・ 半信半疑 ・ 歯が浮くようなセリフ ・ (歯が浮くような)寒々しい(セリフ) ・ 聞こえのいい(言葉) ・ 薄っぺら(な言説) ・ 根拠がない ・ うさんくさい(話) ・ (いまいち)ピンとこない ・ 香具師めいた(口上) ・ 大言壮語 ・ (正確ではないが)俗にいう(ところの~) ・ キワモノ(理論) ・ つじつま合わせ(の話) ・ 曖昧(な話) ・ まがい物(理論) ・ (説明が)釈然としない ・ (証言の)信憑性が(大きく)揺らぐ ・ まことしやか(な話) ・ (言うことが)二転三転 ・ 眉唾(の儲け話) ・ 得体の知れない(商品への投資話) ・ 罠への入り口 ・ ろくでもない話(に飛びつく) ・ 都合のいい(儲け話) ・ いかさまの話(を持ちかける) ・ 虚実ない交ぜ(の持ちかけ話) ・ 怪しげな誘い ・ 錬金(術)(な話) ・ (身に)覚えのない(メール) ・ (怪しい)儲け話 ・ うまい(話) ・ 俗な(誘い) ・ うさんくさい(芝居) ・ 大仰(な身振り) ・ アピール(する) ・ 大げさ(に)(驚く) ・ これ見よがし ・ (歌舞伎役者が)見えを切る ・ 演劇性が△ある[高い] ・ 芝居気たっぷり(に話す) ・ (いかにも)うそっぽい ・ 時代がかった(言い回し) ・ 大時代(的)(なセリフ) ・ 芝居がかる ・ 芝居じみた(しぐさ) ・ オーバーアクション ・ オーバーリアクション ・ どたばた(喜劇) ・ 大衆演劇(のよう) ・ 見えすいた嘘 ・ 過剰演技 ・ 調子のいい(話) ・ 芝居のような態度 ・ 空々しい(褒め言葉) ・ 疑問を抱く ・ 心理的な影響(が残る) ・ 自己矛盾に陥る ・ 納得できない ・ (いまいち)納得がいかない ・ 納得しない ・ 怪訝(△な顔[そう/に思う]) ・ (今ひとつ)ピンとこない ・ 認められない ・ もやもや(する) ・ 抵抗を覚える ・ (説明に強い)違和感を持つ ・ よく分からない ・ 間違っている ・ 怪しい(話) ・ わだかまり(が残る) ・ 理解できない ・ 非論理的(な行動) ・ 中途半端(な気持ち) ・ 首をひねる ・ 適当でない ・ (△常識的[理論的]に見て)おかしい ・ いぶかしがる ・ 解せない ・ 疑問符がつく ・ 腑に落ちない(△風情[顔]) ・ (論理的に)すっきりしない ・ おかしな話(で合点がいかない) ・ おぼつかない ・ 不思議に思う ・ つじつまが合わない ・ 合点がいかない ・ 不合理(な制度) ・ 抵抗感 ・ 訳が分からない ・ 変だと思う ・ (気持ちの上で)引っかかるところがある ・ (どうにも)引っかかる ・ 理解に苦しむ ・  ・ 不可解に思う ・ 浮かない顔 ・ いぶかる ・ (釈然としない)ざらざら(した気分)(になる) ・ ざらざらした(気分) ・ ざらっとした ・ ざらりとした(感触) ・ 賛成しかねる ・ (今ひとつ)(という)思いをぬぐえない ・ なんだかなぁ ・ 承知できない ・ 異な事(をおっしゃる) ・ 落ち着かない(感覚) ・ 疑問に思う ・ 真意を測りかねる ・ (返事が)重い ・ 不信感を抱く ・ (判断が)微妙 ・ 狂ってる(としか言いようがない) ・ 妙な気分(になる) ・ 狐に摘まれたよう ・ 戸惑いを感じる ・ (そいつは)考え物だ ・ 不可解な思い ・ 怪訝(に思う) ・ 矛盾(を感じる) ・ 割り切れない(気持ち) ・ そういうもんかなあ ・ (~との間に)距離を感じる ・ いぶかる気持ち ・ (説明に)納得しない ・ 信憑性に問題がある ・ なぜだろう ・ 疑惑(を感じる) ・ わだかまるものがある ・ (疑問が)芽生える ・ 嫌疑(をかける) ・ (誰もが)疑心暗鬼(になる) ・ (そんなの)うそに決まっている ・ 猜疑(△心[を持つ]) ・ 目を疑う ・ 探るような目で見る ・ 目をこすって見る ・ 疑いの目で見る ・ 疑いの目を向ける ・ うろんな目で見る ・ (△事実と違うのではないかと[真意を])疑う ・ 疑い(を△挟む[差し挟む]) ・ 疑いを持つ ・ 疑いをかける ・ 怪しむ ・ (あのアリバイは)怪しい(と思う) ・ 危ぶむ(ような目) ・ 真に受けられない ・ 疑問視(する) ・ 妙(な動き) ・ (どうも)変(だ) ・ 頭をひねる ・ (説明に)首をひねる ・ (小)首をかしげる ・ 懐疑(的) ・ (容疑者として)マークする ・ 目をつける ・ (収賄の)容疑 ・ 眉に唾をつける ・ 鵜呑みにはできない ・ (限りなく)黒に近い ・ 疑念(を△持つ[抱く]) ・ (疑惑が)頭をもたげる ・ (疑念が)晴れない ・ 曖昧(な証言) ・ 疑点(を残す) ・ 額面どおりには受け取れない ・ 疑団 ・ 見とがめる ・ くさい(情報) ・ 疑問なしとしない ・ 信じない ・ 信じかねる ・ 疑ってかかる ・ 疑心(を抱く) ・ 疑義(がある) ・ 邪推(する) ・ 不信感(を持つ) ・ 疑問(△に思う[が生じる]) ・ 疑問を覚える ・ 疑問が湧く ・ (どこか)おかしい(と思う) ・ 危ながる ・ 不審(△がる[に思う]) ・ 不審げ ・ はっきりしない ・ いぶかしげ(な表情) ・ いぶかり(つつ) ・ 納得いかない(という風に眉をひそめる) ・ 疑懼ぎく(の念)(をいだく) ・ (△どうも[何か])引っかかる ・ (気持ちに)引っかかるところがある ・ 引っかかり(を感じる) ・ 信を置かない ・ 不思議(に思う) ・ 不思議がる ・ 不思議そう(な目をする) ・ 半信半疑(だ) ・ すっきりしない(話) ・ 不信をあらわにする ・ 警戒(の念) ・ (なれなれしさを)警戒する ・ 勘ぐる ・ (ゲスの)勘ぐり ・ 謎(△が深まる[の行動]) ・ 不正の臭いがする ・ うたぐる ・ (やましいことがあるのではと)邪推される ・ うさんくさい目で見られる ・ 目をつけられる ・ (ガンの)疑いがある ・ いわれのない嫌疑(をかけられる) ・ 怪しいと思われる ・ 疑いを抱かれる ・ 疑念を抱かれる ・ 痛くもない腹を探られる ・ 不信感を持たれる ・ 警戒心を持たれる ・ 疑いの目で見られる ・ いぶかられる ・ 警戒される ・ ぬれぎぬを着せられる ・ (裏切る)恐れがある ・ (犯罪に加担しているという)疑いが持たれる ・ 不審に思われる ・ 不審がられる ・ 不審の目で見られる ・ (自殺の)危険性がある ・ 不審者と思われる ・ 疑いをかけられる ・ 勘ぐられる ・ 怪しまれる ・ 疑われる ・ 眉唾(物)(の話) ・ 頼みがたい ・ 口先だけ ・ 心もとない ・ 八方美人(頼むに足らず) ・ 優柔不断な(性格) ・ 信頼できない ・ 風来坊 ・ 糸の切れたたこ(のような奴) ・ 信用しがたい ・ 当てにならない ・ 当てにしがたい ・ いい加減(なやつ) ・ 期待できない ・ 根拠のない(噂) ・ 実体がない ・ 口ばっかり(の男) ・ 甲斐性がない ・ 頼みにならない ・ (期待するだけ)無駄 ・ 浮動(票) ・ から約束 ・ 頼りがいがない
(言葉が)空虚(な響き)(を持つ)(未分類)(言葉が)空虚(な響き)(を持つ)(未分類)  虚しい ・ ぽっかりと穴が明いたよう ・ 空しい ・ 空々 ・  ・ 虚ろ ・ 儚い ・ 淋しい ・ 心細い ・ さみしい ・ 離人症 ・ 侘しい ・ 心寂しい ・ ない ・ も抜けのから ・ 空無 ・ 太虚 ・ 虚空 ・ ニヒリズム ・ 空の ・ 茫々 ・ 無常 ・ 空々寂々 ・ 虚妄 ・ 空疎な ・ 内容のない ・ 心に穴が空いたような ・ 寂寞感 ・ うそ寒い ・ 索漠 ・ うそ寂しい ・ 荒れ野 ・ 喪失感 ・ 頼りない ・ むなしいうつろな ・ うつろな ・ 次元のない ・  ・ 何より ・ 何もしない ・ ガランとした ・ むなしさ ・ 露の世は露の世ながらさりながら ・ 変動 ・ 空蝉 ・ 世の移ろい ・ 有為転変 ・ はかなさ ・ 生滅流転 ・ 空しさ ・  ・  ・ 空寂 ・ 茫漠 ・ 劇場型 ・ 虚栄 ・ マスタベ的 ・ 色即是空 ・ 疑似的 ・ 空漠たる ・ 背筋が寒くなるような ・ 深沈と ・ 風が吹き抜ける ・ 荒漠とした ・ 空虚感 ・ 空白感 ・ 徒労感 ・ 置いてけぼりを食ったような ・ ほらあな ・ 奈落 ・ ブラックホール ・ 底なし ・ 闇が広がる ・ 索漠とした ・ 茫々たる ・ 流れ ・ 人生模様 ・ 寂寞とした ・ 滅び ・ 諸行無常 ・ おごれる者は久しからず ・ 有り無し ・ 為し ・ あるかないか ・ ないないづくし ・ 生し ・ なし ・ まったくありません ・ あるなし ・ 全然ありません ・ 有無 ・ 空乏 ・ くぼみ ・ からっぽ ・ 洞くつ ・ ケーブ ・ 
キーワードをランダムでピックアップ
腹心蜘蛛手浸透耐え忍んで続ける意気投合誇る凶弾勝ち抜きふがいないつべこべ言う見通しが立たない束にする印象深い不可能に近い真実をうがつ血液が体内を循環する手当たり次第に声をかける限りなく透明数字を割り増しする楽観的に考える
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. 空虚むなしい(虚無きょむ
  2. 空虚中に何もない
  3. 空虚(な胸の内)何となく悲しい(物悲ものがなしい)
  4. 空虚(な言葉)見かけだけで実質を伴わない
  5. (言葉が)空虚(な響き)(を持つ)うそっぽい
  6. (言葉が)空虚(な響き)(を持つ)(未分類)