表示領域を拡大する
穂の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
  穂波(が揺れる) ・ 花房 ・ 初穂 ・  ・ 花穂 ・ 落ち穂 ・  ・ 刈り穂 ・ 穂並み ・ 稲穂 ・ 木の実 ・ 漿果 ・  ・ 果樹 ・ 松毬 ・  ・ 果物 ・  ・  ・ もみ ・ 種もみ ・ 果実 ・ どんぐり ・ 落果 ・ 草花 ・ 雌花 ・ 落花 ・ 国花 ・ 盛り花 ・ 雄花 ・ 頭状花 ・ 菜の花 ・ 咲いて実を結ぶ ・ 万朶 ・ 妖花 ・ 風媒花 ・ 尾花 ・ 切り花 ・ 虫媒花 ・ 花木 ・ フラワー ・ つぼみ ・ 桜花 ・ 生花 ・ 名花 ・ 梅花 ・ あだ花 ・ 無駄花 ・  ・ 菊花 ・ 団子状 ・ とかくメダカは群れたがる ・ 呼集 ・ 混雑(する) ・ 蝟集いしゅう(する) ・ 団体になる ・ (客を)寄せる ・ 集団(になる) ・ 仲間意識が強い ・ 群集 ・ 呼び集める ・ (巣の中で)肩を寄せ合う(ように) ・ 群(をなす) ・ 門前市をなす ・ 持ち寄る ・ (大昔地球は恐竜たちの)王国(だった) ・ 寄せ集める ・ 満員 ・ (ひどく)多い ・ たくさん ・ (猿)だんご ・ (虫が集まって)団子(状)になる ・ 押し合いへし合い(の羊の群れ) ・ 鈴なり(の見物人) ・ 過密(都市) ・ ごった返す ・ 群落 ・ 固まり ・ (町民が公民館に)寄り合う ・ (一か所に)寄り合う ・ 寄り集まる ・ 一団 ・ 群れいる(カモメ) ・ 集団性が強い ・ 社会性が強い ・ (エサに)群がる ・ 群がり ・ 群れる ・ 群れをなす ・ 群れ(をつくって行動する) ・ (会議に)参集(する) ・ (人が)わんさ(と押し寄せる) ・ (見物客が)わんさか(集まる) ・ 一群れ(の牛) ・ (羊の)一群 ・ (アリの)大群 ・ 寄り集まり ・ 勢ぞろい(する) ・ 集まる ・ 人だかり(がする) ・ 押すな押すな(の大盛況) ・ 分団 ・ (動物の)群れ ・ (猫)会議(が始まる) ・ (ハエが)たかる ・ (ファンで)埋まる ・ 群れ集まる ・ 凝集(する) ・ (エキストラを)駆り集める ・ (スタジアムを)埋め尽くす ・ 集合(する) ・ マス(ゲーム) ・ (部屋の隅に)固まる ・ (一か所に)かたまる ・ (野次馬の)かたまり ・ (虫が)かたまりになる ・ (会場から)はみ出す ・ うじゃうじゃ(と)(いる) ・ (毛虫が)うようよ(いる) ・ (三人)寄れば(文殊の知恵) ・ 密集(する) ・ 肩を寄せ合って(生きる) ・ (人が)ひしめく ・ 黒山(を築く) ・ 黒山の人だかり ・ 集める ・ 打ちつど ・ (群集が)あふれる ・ (人の)寄り(が悪い) ・ (ひとは)社会的な動物 ・ (人の)集まり ・ 詰めかける ・ (全国から)つど
(未分類)(未分類)  筆鋒 ・  ・ 毫端 ・ 穂先 ・ がまの穂 ・ たわわに ・ 先端 ・ すすきの穂 ・ 穂なみ ・ フラワ ・ 嘉穂 ・ 落穂 ・ 瑞穂 ・ おちぼ ・ 刈穂 ・ 初度 ・ お初穂 ・  ・ 初穂料 ・ 最初 ・ 初めて ・ 一番 ・ 船井 ・ 南高来 ・ 垂れ穂 ・ 岐阜 ・ 秀穂 ・ 麦穂
日本語WordNetによる、穂の類義語

意義素類語・同義語
穀類の植物、特にトウモロコシから生ずる下穂頭状花序
尖っている先端尖端穂先先端
矢印の棒の一端にあるV型の記号先端尖端穂先先登先頭
キーワードをランダムでピックアップ
絶命元も子も無くなるソナタ犠牲にする強がるラージまぐれ当たり助走期間名ばかり今世紀最大級迷って無駄に回転する自分の勢力範囲にする妙な動き存外な好成績文化が広まる手応えのある作品うまく客を取り持つ売り上げが伸びるセキュリティーの穴
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 2