表示領域を拡大する
あたかも事実であるかのように言うの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
嘘を言って真実だと思い込ませる  あたかも事実であるかのように言う ・ (言葉巧みに)言い訳(をする) ・ はぐらかす ・ うそをつく ・ 言を構える ・ 口車に乗せる ・ 巧言で釣る ・ かたる ・ (甘い言葉で)たらし込む ・ 朝三暮四 ・ お茶を濁す ・ 空言 ・ 偽り ・ 二言 ・ ヨタ(話) ・ 根無し言 ・ 造言 ・ 妄語 ・ いい加減(なニュース) ・ 二枚舌 ・ 駄法螺 ・ 空音 ・ 虚言 ・ うそ ・ 虚誕 ・ ほら(話) ・ 大ぼら ・ (言い分を)飲み込ませる ・ 言い逃れる ・ (巧みな弁舌で)煙に巻く ・ (うまく)言い訳(する) ・ 詭弁(を弄する) ・ たぶらかす ・ (何となく)納得させる ・ (言葉巧みに)信用させる ・ 言い抜ける ・ (△交渉相手[質問者]を)信用させる ・ 言い負かす ・ (病気を)口実(に欠席する) ・ 口実を△設ける[作る] ・ ごまかす ・ 言い紛らす ・ 言いくるめる ・ (質問を)はぐらかす ・ (口先で)丸め込む ・ うそとも本当ともつかない(話で言いくるめる) ・ いい加減(なやつ) ・ うそを重ねる ・ (嘘を重ねて)ほころびが出る ・ 整合性を失う ・ 二枚舌(を使う) ・ (単なる)リップサービス ・ ほころび ・ (知っている内容を)少し変えて話す ・ ちぐはぐ(な言動) ・ 偽る ・ (嘘は)心の弱さ(である) ・ 感情がこもっていない ・ 無責任 ・ いかさま(師) ・ まやかしを言う ・ だます ・ (言うことが)信用できない ・ 口だけ ・ 空念仏 ・ 口先だけ ・ 称する ・ (病気と)称して(欠席する) ・ いい加減なことを言う ・ から約束 ・ (口から)でまかせ(△を言う[の話]) ・ 口ばっかり(の男) ・ 口任せ ・ 八方美人(頼むに足らず) ・ 偽証 ・ 実行が伴わない ・ (理屈ばかりの)詭弁(家) ・ 話し上手 ・ 口巧者 ・ 能弁 ・ 口上手 ・ 話がうまい ・ ああ言えばこう言う ・ 口がうまい ・ 弁が立つ ・ 口達者 ・ 裏切り ・ 不軌(をはかる) ・ 反逆 ・ 貸し倒れ ・ (上司の)足をすくう ・ 友を売る ・ 謀反 ・ (幕府に)背く ・ 変わり身が早い ・ 背信(行為) ・ 反旗を翻す ・ (味方を)裏切る ・ 大逆 ・ (敵側に)寝返り(打つ) ・ (反対派に)寝返る ・ 煮え湯を飲ます ・ (身内が)足を引っ張る ・ 化かす ・ 狐に化かされる ・ (有名人の名を)かたる ・ 作り上げる ・ (地位を)利用して ・ 歪曲 ・ 担ぐ ・ でっちあげ ・ (まっ赤な)にせもの ・ 本当だと思わせる ・ 詐欺(△を働く[的なやり口]) ・ 芝居を打つ ・ 虚構 ・ 欺瞞(する) ・ 目をごまかす ・ (うまい話には)罠(がある) ・ 惑わす ・ ペテン(にかける) ・ 詐術 ・ 出し抜く ・ (弱者を)食い物にする ・ (罠に)はめる ・ (罠に)はまる ・ うそ(をつく) ・ (こちらのペースに)乗せる ・ 瞞着 ・ (事件を)でっちあげる ・ 欺く ・ だまし ・ 謀る ・ ゆがめる ・ 術中にはめる ・ たぬき寝入り(する) ・ (話を)こしらえる ・ (病人を)装う ・ (国民への)背信(行為) ・ 形だけ(の審査) ・ (世を)忍ぶ(仮の姿) ・ (言葉に)まやかし(がある) ・ 迷彩(を施す) ・ 一杯食わす ・ 一杯食わせる ・ ちょろまかす ・ まんまと誘いに乗る ・ 山勘 ・ だまくらかす ・ (言葉巧みに)丸め込む ・ いんちき ・ (事実を)隠蔽(する) ・ トリック ・ (上司の目を)盗んで ・ (陰で)舌を出す ・ 偽善の皮をかぶる ・ 手品(を使う) ・ 巧詐 ・ だまし討ち(にする) ・ (人心を)惑わす ・ 引っかける ・ 引っかかる ・ 糊塗 ・ まやかす ・ 誑す ・ (親の目を)かすめる ・ 知能犯 ・ たばかる ・ ずるい ・ 狐狸(の輩) ・ 覆面(パトカー) ・ 粉飾(決算) ・ ぺてん ・ 猿芝居 ・ ごまかし ・ 寝首をかく ・ 不正 ・ いかさま ・ だまかす ・ “不実”の(男) ・ だまし込む ・ すかす ・ (現金を)だまし取る ・ 詐偽 ・ たらし込む ・ 籠絡(する) ・ 卑怯(者) ・ してやる ・ してやったり ・ いかがわしい(手法) ・ (善良な人々を)手玉に取る ・ 陥れる ・ 形だけ ・ (嘘をついて)損害を与える ・ 見せかける ・ (薬局を)隠れ蓑(に大麻を扱う店) ・ 表向き ・ 実態を見えなくする ・ 尻尾をつかませない ・ (度を越えた)いたずら ・ (うそを)信じ込ませる
キーワードをランダムでピックアップ
旬余腹が太い消え消え喪に服するひゅんひゅん無限に続く普通折り曲げる付け加わる進み出る無声音一言一行抒情詩ヒューズしつらえる小才が利くだけそれぞれの長所だけを抽出して一つのものに盛り込む基礎部分を構築する微妙な節回し