表示領域を拡大する

斬りつける(ように)(言う)の類語、関連語、連想される言葉

 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
斬りつける(ように)(言う)はげしい口調で言う斬りつける(ように)(言う)はげしい口調で言う  売り言葉 ・ 捨てゼリフ ・ 武張った(物言い) ・ 押しかぶせるように(言い放つ) ・ 乱暴な(言葉) ・ (語気が)鋭い ・ たんか ・ 暴言 ・ 買い言葉 ・ 激語 ・ 唾を飛ばして言う ・ 斬りつける(ように)(言う) ・ (世相を)斬る ・ 浴びせかけるように(言う) ・ 強く言う ・ 言葉がとがる ・ 激しい(野次) ・ 頭ごなし(に叱る) ・ (針小棒大に)話を拡大する ・ 吹きまくる ・ 与太話 ・ (話を)大ごとにする ・ 虚実皮膜(の物語) ・ (千年使えるという)触れ込み(のフライパン) ・ (事実を)脚色(△する[を加える]) ・ 色をつけて(話す) ・ 色づけ(する) ・ 掛け値(をして話す) ・ 言葉のあや(でそう言ったまでだ) ・ いい加減(な話) ・ 吠える ・ 体裁のいいことを言う ・ センセーショナル(に書き立てる) ・ 事々しく(言い立てる) ・ 誇張(して話す) ・ 虚実とりまぜて ・ あることないこと(言い触らす) ・ (ちょっとしたことを)大層(に言う) ・ (事実を)誇大(に言う) ・ 時代がかった(言い回し) ・ 大時代(的)(なセリフ) ・ (事実を)ゆがめる ・  大口を叩く ・ 白髪三千丈 ・ 尾ひれを付けて(話す) ・ 大言(壮語) ・ 潤色(する) ・ (報告書を)セクシーにする ・ (話の内容を)盛る ・ (ストーリーを)肉付け(する) ・ 粉飾(する) ・ うそぶく ・ 針小棒大(に言う) ・ 吹っかける ・ 大風呂敷(を広げる) ・ 言い過ぎる ・ 言い過ぎ ・ うそ(を言う) ・ (マスコミが)騒ぐ ・  ・ 大げさ(に言う) ・ 水増し(する) ・ 過言(ではない) ・ 事実を曲げる ・ オーバー(に語る) ・ 話半分(としてもすばらしい) ・ (俺にできないことはないと)吹く ・ らっぱを吹く ・ (言葉を)発する ・ おとがいを叩く ・ 物言う ・ 口に出す ・ 果敢(に攻める) ・ むずと ・ 苦言 ・ 言い事  ・ 腕ずく ・ 過激 ・ いわく ・ 呼ぶ ・ 減らず口(をたたく) ・ 話せる ・ 話す ・ やかまし屋 ・ 荒っぽい ・ 勢いよく(キーボードを叩く) ・ 言う ・ (フレーズを)放つ ・ 力ずく ・ 粗暴(な振る舞い) ・ 暴言(を吐く) ・ 憎まれ口 ・ 無神経(な発言) ・ 力任せ ・ 余計な一言 ・  ・ 険のある(物言い) ・ 粗削り(な若者) ・ 呼び上げる ・ 述べる ・ (悪罵を)浴びせる ・ けちょんけちょんに言う ・ 悍馬かんば(のような若者) ・ 発声 ・ 声を放つ ・ (お)しゃべり(する) ・ (毒を)吐く ・ 小言 ・ 剽悍 ・ 言葉のナイフ ・ 語句 ・ 言語 ・ 言説 ・ よく言わない ・ 獅子奮迅(の活躍) ・ 発言(する) ・  ・ 口が悪い ・ 口供(する) ・ 誹謗(する) ・ 怨言 ・ 肉声を聞かせる ・ 悪意のある(一言) ・ (物言いに)悪意がこもっている ・ 口を利く ・ ラフ ・ 出て行けがし(の物言い) ・ 乱暴(に扱う) ・ 悪罵 ・ バッシング ・ 悪しざまに言う ・ 悪たれ(口) ・ 荒法師 ・ 皮肉(な物言い) ・ (生意気な)口を叩く(な) ・  ・ (首相の)談話 ・ 強引(に開ける) ・ 繊細さがない ・ ラフ(プレー) ・ 問わず語り ・  ・ △思想[感情]を伝達する ・ 心ない(言葉) ・ (口汚い)野次(を飛ばす) ・ (議会での)不規則発言 ・ 罵倒 ・ 腕力に訴える ・ 思い切り(引っ張る) ・ ぐっと ・ 礼儀も作法も知らない ・ そしり ・ 呪いの言葉(を浴びせる) ・ 罵声(を浴びせる) ・ ワイルド(な音楽) ・ 野性的 ・ プリミティブ(な作風) ・ 迫力がある ・ (偉そうな)批評 ・ (厳しく)批評(する) ・ 酷評(する) ・ 悪口 ・ ディスる ・ ぼろかすに言う ・ 毒づく ・ くそ食らえ ・ 狂ったように(踊る) ・ 鬼神のごとく(暴れる) ・ 手荒てあら(に扱う) ・ 手荒い(扱い) ・ 語る ・ ほざく ・  ・ 暴力的(なキス) ・ コメント(する) ・ 無謀(な運転) ・ 悪態(をつく) ・ 辛辣(な言葉) ・ 命令を下す ・ 荒い ・ 言辞 ・ 悪口雑言 ・ 口頭(で伝える) ・ 波乱(の生涯) ・ 人語 ・ 悪口(を言う) ・ 攻撃的(な言葉) ・ 激しく(踊る) ・ 憎まれ口(をたたく) ・ 言葉 ・ けなす ・ 悪く言う ・ 怪気炎(を上げる) ・ 嫌み(を言う) ・ 嫌みったらしい(物言い) ・ 文句言い(の姑) ・ 荒技師 ・ 雑言 ・ ヤクザまがい(の取り立て) ・ 言いたい放題 ・ 大ざっぱ ・ 荒々しい ・ 荒々しく(ドアを閉める) ・ 発音 ・ 言葉を吐く ・ あざけり ・ (弱者への)毒舌 ・ 口汚い ・ 毒(を振りまく) ・ (同僚を)讒訴ざんそ(する) ・ 言霊 ・ しゃべる ・ 恨み言 ・ 毒を含んだ(一言) ・ 毒のある(言葉) ・ とげのある(言い方) ・ (言葉に)とげがある ・  言文 ・ どの口が言うか ・ 悪態をつく ・ 攻撃的な(質問) ・ (気持ちを)伝える ・ ぐんと ・ 力強い ・ ののしる ・ むんずと ・ (事の顛末を)物語る ・ ばたん(とドアを閉める)
斬りつける刃物で相手を襲う斬りつける刃物で相手を襲う  (人に)刃物を振るう ・ 斬りかかる ・ 小切る ・ 焼き切る ・ 断ち切る ・ ぽっきり ・ すり切れる ・ ぶっつり ・ そぐ ・ 薄切り ・ 寸断 ・ 轢断 ・ ばっさり ・ 叩き切る ・ 挽く ・ 裁つ ・ 切る ・ 乱切り ・ スライス ・ 切り込む ・ 挟み切る ・ ずばり ・ 半分こ ・ 太刀さばき ・ 両断 ・ (魚を)切り身にする ・ 縦断 ・ 細かくする ・ 摘む ・ 刈る ・ 刻む ・ 切り落とす ・ 薙ぐ ・ (釣った魚を)さばく ・ ぷつん(と) ・ ぶつ切り ・ ぽきん(と) ・ ぽっくり ・ 切り下ろす ・ 切り取る ・ すかっと ・ 切り細裂く ・ ぷすりと ・ ずぶりと ・ ちょん切る ・ 斬る ・ ふっつり ・ ぶすりと ・ 断裁 ・ ちょきちょき ・ 裂ける ・ はさ ・ はさ ・ 切り離す ・ ちぎれる ・ 剣戟 ・ 撫で斬り ・ 横断 ・ ぷつり(と) ・ 挽き切る ・ 裁断 ・ カット ・ 割れる ・ つばぜり合い ・ 試し切り ・ 切り込み ・ 刻み ・ ちょきん(と) ・ 切り結ぶ ・ 断つ ・ 絶つ ・ 切り回す ・ 切りつける ・ 接近戦 ・ ぶった切る ・ 半切 ・ 切断(する) ・ 火花を散らす ・ しのぎを削る ・ ちゃんばら ・ ざくりと ・ ぐさりと ・ 切れる ・ 輪切り ・ 尻切れ ・ 寸切り ・ 切り返す ・ 一刀両断 ・ ぷっつり ・ 掻っ切る ・ 切りかける ・ (刃物で)二つにする ・ ぽきぽき ・ ふつり(と) ・ 斬り合う ・ 断線 ・ 刃物で立ち向かう ・ (体当たり)戦法 ・ (敵に)向かっていく ・ 攻撃(する) ・ 攻めのぼる ・ 圧力をかける ・ 攻め立てる ・ 痛撃 ・ 力を加える ・ アグレッシブ ・ 攻めかける ・ 出撃 ・ 攻める ・ 襲う ・ 追い詰める ・ (敵に)挑む ・ (束になって)かかる ・ 食ってかかる ・ 攻撃をしかける ・ 攻めかかる ・ 襲いかかる ・ 突く ・ (弱者を)標的にする ・ 果敢 ・ (敵陣に)突っ込む ・ 攻め寄せる ・ 壊滅(させる) ・ 攻め寄る ・ (傷を)負わせる ・ 危害を加える ・ 攻勢に出る ・ (敵に)立ち向かう ・ やっつける ・ (犬を)けしかける
もしかしてログインすると表示されますもしかしてログインすると表示されます
斬りつける(ように)(言う)(未分類)斬りつける(ように)(言う)(未分類)  仕掛ける ・ かかって行く ・ 飛びかかる ・ 斬りつける ・ 組み打ちになる ・ むしゃぶりつく ・ 挑みかかる ・ 圧倒的力による ・ ほふる ・ 血祭りに上げる ・ 突撃する ・ 銃口を向ける ・ 城に押し寄せる ・ 突っかかる ・ 突進する ・ つっかける ・ ぶつかっていく ・ 論難する ・ 断罪する ・ ブーイング ・ 指弾 ・ 矛先を向ける ・ 追及 ・ だめを出す ・ バッサリ斬る ・ 噴出する ・ 排撃する ・ 痛撃する ・ かかっていく ・ もみ合いになる ・ つかみかかる襲いかかる ・ ケンカを始める ・ 組みつく ・ 突っかける ・ 手を出す ・ 暗殺を企てる ・ 襲撃する ・ 武力で呑み込もうとする ・ 領土を席捲する ・ 怒涛の進撃 ・ お命頂戴 ・ 急襲する ・ おどりかかる ・ 挑発する ・ つかみかかる ・ 直撃する ・ 体当たりする ・ 手出しをする ・ 打ちかかる ・ 打ってかかる ・ ぶちかます ・ 飛びつく組みつく ・ 糾弾 ・ 非難する ・ やり玉に挙げる ・ 弾劾する ・ 斬り捨てご免 ・ 非をならす ・ 理不尽な攻撃 ・ 痛罵する ・ 難じる ・ 告発する ・ 流血沙汰 ・ けんかざた ・ ケンカざた ・ ケンカ沙汰 ・ 刃傷ざた ・ 殺傷事件 ・ 流血ざた ・ 刃傷沙汰 ・ 殺傷 ・ 喧嘩沙汰 ・ 刀剣 ・ 一刀 ・ 一太刀 ・  ・ 一太刀浴びせる
キーワードをランダムでピックアップ
水脹れ払い下げる送話白炭育児下がらせる批判される言わずとも分かるほぐれお申し越しの件は承知しました禁断の愛に胸を痛める自己陶酔のためのマスタベ的作品あんた芋ねやにわに走り出す万が一のための受け皿を設ける女房がつのを出す事件のよってきたる所を説明する問題があるのは明らか万歳するどう聞いても嘘としか思えない
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 4