表示領域を拡大する
我にもなくの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
我にもなく無意識のうちに気付かないで物事を行う我にもなく無意識のうちに気付かないで物事を行う  見るともなく(見る) ・ 自然な成り行き ・ ぽろり(と)(本音を漏らす) ・ 無念無想 ・ 我を忘れて ・ 我知らず ・ 知らず知らず ・ 知らず知らずのうちに ・ 特に意識せず ・ うっかり(やってしまう) ・ ふと ・ 無くて七癖有って四十八癖 ・ 覚えず ・ 知らずに ・ 何としたことをしてしまったのか ・ (努力によってでなく)自然に湧き上がる ・ 意図せず(法を犯す) ・ 我とはなしに ・ とっさに ・ 思わず ・ 無意識のうちに(行う) ・ 反射的に(する) ・ 図らずも ・ 意識がはっきりしないまま ・ 我ながら(△あきれる[よく歩いたものだ]) ・ 運悪く ・ 意識下(の行動) ・ 無意識(のうちに) ・ 無意識的(な行動) ・ 無意識のうちに ・ 悪気なく ・ 不注意(から置き忘れる) ・ 我ともなく ・ 不覚(にも)(涙が出る) ・ 潜在意識(から出たひと言) ・ 潜在意識的(に相手を拒否する) ・ 巧まざる(ユーモア) ・ 気づかずに(する) ・ 気づかないうちに ・ 無我夢中(で逃げる) ・ (口を)滑らせる ・ 過って(けがをさせる) ・ つい(してしまう) ・ 無自覚 ・ 夢遊病者(のように)(無意識に歩き回る) ・ 故意ではなく ・ (他のことに)気を取られる ・ 注意散漫 ・ 手落ち ・ ミスをする ・ うかと ・ 至らない(ところがある) ・ 緊張感の欠如 ・ 初歩的な間違い ・ 見落とす ・ うかつ ・ ケアレス(ミス) ・ 気がつかない ・ 気付かない ・ 不注意 ・ うっかり(ミス) ・ (手元が)おろそか(になる) ・ 不覚(を取る) ・ 片手落ち ・ そこつ(を詫びる) ・ 気が抜けている ・ 注意が足りない ・ (注意が)行き届かない ・ 注意不足 ・ うかうか ・ (気の)緩み ・  ・ 散漫 ・ ぼんやり(する) ・ 不用意(な発言) ・ 注意を欠く ・ うわ言(で何か口走る) ・ むにゃむにゃ(と寝言を言う) ・ (あらぬことを)口走る ・ 寝言 ・ (無意識の)つぶやき ・ (△夢[熱]に)うなされる ・ 熱に浮かされる ・ 意味不明の言葉 ・ 随想 ・ 偶感 ・ 想念 ・ 雑感 ・ 随感 ・ 一徹(な性格) ・  ・ (女に)のぼせ上がる ・ (遊び)ほうける ・ (研究を)自らの使命と思う ・ 黙々(と)(筆を走らせる) ・ 耽溺(する) ・ せっせと(働く) ・ (欲の)かたまり ・ 没入(する) ・ (押し入れで)ごそごそ(と探し物をする) ・ 真剣(に) ・ (学ぶ態度は)真剣そのもの ・ (読書に)淫する ・ (意欲が)旺盛 ・ 全身全霊を傾ける ・ 全身全霊を傾けて(試合に挑む) ・ 寝る間も惜しんで(取り組む) ・ (強い)思い入れ(を抱く) ・ 没頭(する) ・ のめり込む ・ 意欲的に取り組む ・ (目先のことに)汲々きゅうきゅう(と)(する) ・ 身が入る ・ 熱狂(する) ・ 病膏肓に ・ 本腰 ・ フリーク ・ (それ以外)眼中にない ・ (テレビに)かじりつく ・ そればかりして日を送る ・ 虚々実々 ・ 虚実(を尽くす) ・ (△目標に向かって[奔放に])突き進む ・ まっすぐ(に) ・ (夢に向かって)一直線(に)(突き進む) ・ 直線的 ・ 恥も外聞もなく(懇願する) ・ 必死(になる) ・ 躍起(になる) ・ 真面目(に) ・ 背水の陣(を敷く) ・ (△一つのことに心を[練習に])打ち込む ・ 大変な打ち込みぶり ・ (浸食も忘れるという)打ち込みよう ・ しきりに ・ 無心に(遊ぶ子供) ・ 盲目的(にのめり込む) ・ 食い入る(ように)(見つめる) ・ (愛情を)そそぐ ・ 命がけ(でやる) ・ (被災地の復興に)命を懸ける ・ 身命を賭する ・ (食い)道楽 ・ たゆみなく(続ける) ・ 諦めない ・ 取り紛れる ・ 大車輪(で仕上げる) ・ 気を入れる ・ (全力を)傾注(する) ・ (家業に)身を入れる ・ (そのこと)だけ(を) ・ (そのこと)しかない ・ 寸暇を惜しんで ・ (一つの物事に)こだわり続ける ・ かまける ・ 心酔(する) ・ (△愛に[息もできないほど])溺れる ・ 浮かされる ・ (野球)気違い(毎日酒に)浸る ・ ストイック(に取り組む) ・ 専心(する) ・ 一意専心(に) ・ 一目散 ・ 傾倒 ・ 思い込んだら百年目 ・ 非妥協的 ・ 一心不乱(に) ・ (ゴルフに)血道を上げる ・ 一極集中的 ・ (ロックに)しびれる ・ 惑溺 ・ 専一 ・ 他を忘れる ・ (そのことだけに)関わる ・ 雑念なく ・ こつこつ ・ 鋭意(研究に努める) ・ 倦むことなく(働く) ・ 一辺倒 ・ (畑仕事に)精を出す ・ 心が奪われる ・ (問いと私の)一対一の真剣勝負(の様相) ・ (勉強の)鬼 ・ 無邪気 ・ 信じて疑わない ・ 貪欲(に取り組む) ・ 真摯 ・ いちず(に) ・ 丹精(を込める) ・ (部活に)燃える ・ (叶わない恋に)燃え上がる ・ 好きこそ物の上手なれ ・ 脇目も振らず(に) ・ しゃかりき(になる) ・ (仕事)オンリー(の人) ・ (こけの)一念(、岩をも通す) ・ (成果に)こだわる ・ (物作りに)こだわり(が強い) ・ (特定の思想に)とらわれる ・ (耳を)凝らす ・ (盆栽に)凝る ・ (凝りに)凝る ・ 腕まくり(する) ・ (一方に)偏る ・ あくせく ・ (日夜)努力(する) ・ 憑き物がついたように(没頭) ・ 飽くなき(挑戦) ・ 飽くことのない(知識欲) ・ 捨て身で立ち向かう ・ (ギャンブル)狂い ・ ひたすら(務める) ・ (政治活動に)終始(する) ・ 取りつかれたように ・ かれたように(~する) ・ ナチュラルハイ(になる) ・ (家業に)徹する ・ (議論が)熱する ・ ほれる ・ 専ら(~する) ・ 生きがい(を感じる) ・ 情熱のおもむくままに・(何かに)突き動かされるように ・ 熱を上げる ・ 無二無三 ・ 熱中(する) ・ 血まなこ(になる) ・ ひた押し(に攻め立てる) ・ (どこか)狂気を漂わせて ・ 狂気の人 ・ 頑な(△な態度[にこだわる]) ・ 本気(で)(取り組む) ・ 全力(で)(取り組む) ・ (思索に)沈潜(する) ・ 睡眠時間を削って(頑張る) ・ 思い詰める ・ 変わらない ・ (女に)入れあげる ・ かかずらう ・ けなげ(に)(頑張る) ・ (今は)それどころではない ・ 沈湎 ・ うつつを抜かす ・ ひたぶる(な努力) ・ 理性を失って(暴れる) ・ (どっぷり)つかる ・ ひたむき(△に[な姿勢]) ・ 孜々 ・ 一本気(な性格) ・ 猪突猛進(する) ・ (資金集めに)狂奔(する) ・ (練習の)虫 ・ 専念(する) ・ (一つのことに)熱くなる ・ 一生懸命(になる) ・ 切々 ・ (研究を)事とする ・ (それ以外)見向きもしない ・ (他を)顧みない ・ 迷いなく ・ 熱っぽい(誘い) ・ (学問)ひと筋(に)(生きる) ・ (額に)汗する ・ 汗を流す ・ (サッカー)命 ・ 明け暮れる ・ 励む ・ (賭け事に)憂き身をやつす ・ 耽る ・ (全てを)なげうって(一つのことに専念する) ・ (文学)かぶれ(の女) ・ (クラシックに)かぶれる ・ あの入れ込み方は半端じゃない ・ (勉学に)いそしむ ・ (ホテルに)缶詰め(になって執筆する) ・ 肩ひじを張る ・ しゃにむに(突き進む) ・ 心血を注ぐ ・ (情熱を)傾ける ・ 邁進(する) ・ (式典の準備に)大わらわ ・ 見える視界が限定されてる ・ 心を奪われる ・  ・ 熱い(△思い[男]) ・ 無我 ・ 無我夢中 ・ 献身的(に)(働く) ・ まっしぐら(に) ・ (家に)飛んで(帰る) ・ すっ飛んで(帰る) ・ (読書)三昧 ・ 徹底(する) ・ 烈々 ・ (激しく)入れ込む ・ (海外進出に)力を入れる ・ 骨を埋める(覚悟) ・ 根を詰めて(取り組む) ・ (真実)一路 ・ (精力を)集中(する) ・ (神経を)集中させる ・ 精神一到(何事か成らざらん) ・ (ゴルフに)のぼせる ・ (切手)マニア ・ 愚直(に)(頑張る) ・ 熱病にかかったように ・ 寝もやらず(絵筆をふるう) ・ (思いが)凝り固まる ・ 力が入る ・ 営々(と)(働く) ・ 熱烈 ・ 凝り固まる ・ (宗教に)固まる ・ (自伝の執筆に)余念がない ・ 情熱的に(打ち込む) ・ ひとえに ・ がむしゃら(に)(進める) ・ 前後を考えない ・ 一心(に)(励む) ・ (物事に)一心になる ・ 二心のない ・ (研究に)埋没(する) ・ 視野が狭い ・ (一種の)視野狭窄(に陥る) ・ リキが入る ・ (会社の再建に)腐心(する) ・ 前向き(に)(努力する) ・ 熱心(に) ・ 商売熱心 ・ 仕事熱心 ・ 勉強熱心 ・ (研究)熱心 ・ (仕事に)我を忘れる ・ 我を失う(ほどはまる) ・ 忘我 ・ (仕事を)面白がる ・ 懸命(に) ・ 激しい思い ・ 鬼気迫る(表情) ・ ムキになる ・ ムキになって ・ 他のことが留守になる ・ 容易に崩せない ・ 目の色を変えて ・ 一本槍 ・ よく(勉強する) ・ (難問と)格闘(する) ・ (目標達成のためには)労を惜しまない ・ (名演奏に)酔う ・ やたら(に)(頑張る) ・ 精魂(を)込める ・ 精魂(を)込めて(作り上げる) ・ 精魂を傾ける ・ 病みつき(になる) ・ (実現に)心を砕く ・ 取り組む ・ はまる ・ (野球)ひと筋(の高校生活) ・ 夢中(になる) ・ 熱を入れる ・ 寝食を忘れる ・ すべてを忘れて ・ むさぼる(ようにして本を読む)
日本語WordNetによる、我にもなくの類義語

意義素類語・同義語
認識なしで覚えず心ともなくわれ知らず無意識に知らず知らずついつい我しらず思わず知らず識らずつい我知らず我にも無く
キーワードをランダムでピックアップ
桿菌基部主産地都庁日暮らし有意義真理勅諚アクセントぐむイクラ宝剣高所恐怖症もつれ込む化けの皮をはがす家計に穴をあける飼い猫を愛撫するカラッと受け流すまるで人ごとのよう
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. 我にもなく無意識のうちに気付かないで物事を行う