表示領域を拡大する

群盲の類語、関連語、連想される言葉

 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
群盲特にすぐれた点もない、普通の人群盲特にすぐれた点もない、普通の人  老骨 ・ 俗輩 ・ 凡人 ・ 凡(たる)(人間) ・ 俗人 ・ ただ者 ・ 一般市民 ・ 凡俗 ・ 常人 ・ 何も成し得ていない(男) ・ 凡骨 ・ 平均的(な日本人) ・ 何者でもない ・ 日の当たらない場所の(裏方) ・ エリートでない ・ 非エリート ・ 俗物 ・ 名もない(人々) ・ 凡夫 ・ ごく普通 ・ 庶民 ・ 世俗 ・ 張三李四 ・ 一般人 ・ 有象無象 ・ 熊公八公 ・ つまらない人 ・ 甲斐性なし ・ 野人 ・ 馬の骨 ・ 雑魚 ・ 三流(の選手) ・ 半人前 ・ 小侍 ・ (貴様など)物の数ではない ・ 卑小(な存在) ・ 度量の狭い ・ 吹けば飛ぶような(連中) ・ 小者 ・ 小物 ・ 器が小さい ・ 匹婦 ・ 泡沫(候補) ・ へなちょこ ・ 取るに足りない ・ 雑兵 ・ イエスマン ・ 小人 ・ (とかく)メダカ(は群れたがる) ・ みそっかす ・ 蚊虻ぶんぼう ・ つまらない(人間) ・ 陣笠(代議士) ・ 匹夫 ・ スケールの小さい ・ くず ・ 役に立たない ・ 鼠輩 ・ 群小 ・ 一面的(な見方) ・ 驚くにはあたらない ・ (~など)何のことはない ・ 分かりきった(結末) ・ 普通(の現象) ・ 普通に見かける ・ 相変わらず(のやり方) ・ 何でもない ・ 代わり映え(の)しない(毎日) ・ マニュアル的 ・ いつもながら ・ 日常的(な光景) ・ 定常(の) ・ 可もなく不可もない(男性) ・ 型通り ・ 世間一般の人 ・ 意外性がない ・ 標準的(な家庭) ・ 安っぽい(△世辞[映画]) ・ 通俗的(な読物) ・ おざなり(の計画) ・ 退屈(な毎日) ・ どこにでもある ・ (駅前の風景は)どこも同じ(だ) ・ 尋常(の手段) ・ 王道 ・ いつもの ・ 絵はがきのような(富士山) ・ ご多分に漏れず ・ 在家 ・ 何度も聞いた ・ 聞き古し(のジョーク) ・ 聞き古した ・ 還俗 ・ どうということのない(出来事) ・ 日常茶飯(である) ・ 日常茶飯事 ・ (底が)浅い ・ (どこにでも)転がっている(話) ・ 古めかしい(作品) ・ 古典的(手法) ・ オーソドックス(な展開) ・ 空気のような(存在) ・ 呼吸をするような(もの) ・ 平凡(な家庭) ・ 中間的(な所得の世帯) ・ 紋切り型(の発想) ・ ステロタイプ ・ ステレオタイプ ・ 金太郎飴(のような)(新入社員たち) ・ 在俗 ・ 出家しない ・ (辺りを見回せば)いずこも同じ秋の夕暮れ ・ 陳腐(なストーリー) ・ 古手(の手法) ・ お仕着せ(の祝辞) ・ ありがち ・ 恒常化(している) ・ 常態化(している) ・ 習慣化(している) ・ 差し障り(の)ない(話題) ・ 見え透いた(お世辞) ・ (その程度の作品なら)ざら(にある) ・ 予測を越えない ・ うんざり(する) ・ 目になじんだ(光景) ・ (同様の失敗例は)枚挙にいとまがない ・ つまらない ・ おなじみ(の)(味) ・ (いつもと)変わらない ・ 個性がない ・ 没個性(的) ・ 干からびた(内容) ・ 公式通り(の解答) ・ 面白くない(映画) ・ (なんの)変哲もない ・ 並(の人間) ・ 形式化した(やり方) ・ 平均的(な顔) ・ 克服できない ・ 負け癖が抜けない ・ 知恵が足りない ・ (沼から)抜けられない ・ ごく普通の人 ・ (こんな事例は)浜の真砂ほど(ある) ・ マンネリ(化している) ・ よくある(△やつ[話]) ・ 出来合い(の思想) ・ 既成(的)(な言葉) ・ 月並み(な表現) ・ ベタ(な展開) ・ 出家していない ・ 何でもないこと(だ) ・ 特別でない ・ 常套(△の手法[句]) ・ 俗っぽい(デザイン) ・ 通常(の反応) ・ 常套句 ・ 慣れがある ・ (複数の中の)その他大勢 ・ 進歩がない ・ 珍しくない ・ 珍しくもなんともない ・ 新鮮味がない ・ 俗世間の人 ・ 大したことではない ・ (別に)珍しいことではない ・ 麻痺△する[が生じる] ・ いつもの通り ・ しがち ・ お約束(通り)(の展開) ・ ワンパターン(のストーリー) ・ パターン通り ・ 見慣れた(パターン) ・ 画一的(な教育) ・ 手あかにまみれた(表現) ・ あるある(ねた) ・  ・ 平常の ・ 類型的 ・ ありふれている ・ ありふれる ・ ありふれた(事件) ・ ありきたり(の意見) ・ 標準(家庭) ・ 些事さじ ・ いつもの(こと) ・ がち ・ いくらでもどこにでもある ・ (これといった)特徴がない ・ 名利ばかりとらわれる ・ 僧俗 ・ 使い古した ・ 使い古し(の言葉) ・ 凡庸(な△人物[回答]) ・ (ごく)当たり前(の人間) ・ 新味のない(計画案) ・ 一般(社員) ・ 一般的(な考え方) ・ 前と変わらない
群盲(未分類)群盲(未分類)  衆愚 ・ 群盲 ・ モッブ ・ 衆盲
キーワードをランダムでピックアップ
儀容うつらうつら盛り返すブランコ腰掛けてこ入れ官選弁護人最優秀作品他のことに気を取られるちらりと見せる自分勝手な存在かけ隔たる言わずもがなの胸の内自分で蒔いた種は自分で刈り取らねばならない相手が抱える弱み波とたわむれる本への濃い思いプロジェクトを取り仕切るライバルに水をあけられる何かを間に置く
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 2