表示領域を拡大する
まさに死のうとする時の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
まさに死のうとする時まさに死のうとする時まさに死のうとする時まさに死のうとする時  死に目 ・ 末期 ・ 最期 ・ 死に際 ・ 終わり ・ 命が絶える直前 ・ 臨終 ・ 死期 ・ 今際の際 ・ 終焉 ・ (三十年間の出来事が)走馬灯(のように浮かぶ) ・ 断末魔 ・ 今際 ・ 往生際 ・ 万死 ・ (今にも)呼吸が止まりそう ・ 命脈を保つ ・ 気息奄々 ・ (生命維持装置で)生き続ける ・ 死期が迫っている ・ 半死半生 ・ 瀕死 ・ 生死をさまよう ・ 仮死 ・ 到底助からない ・ 致命的 ・ 体力を使い果たす ・ 飢餓(状態) ・ 死にかけ ・ 重体 ・ 重症 ・ 重篤 ・ 死にかかっている ・ 幻覚を見る ・ (今にも)死にそう ・ かろうじて生きている ・ 命取り ・ (生命が)危うい ・ 風前の灯 ・ 危篤(状態) ・ 天上 ・ この世の別れ ・ 亡き ・ 死亡 ・ 消える ・  ・ 生命を終える ・ 朽ち果てる ・ 戸籍から除かれる ・ 除籍 ・ 故(美空ひばり) ・ 没する ・ お隠れ ・ 成仏(する) ・ 絶え果てる ・ 致命 ・ 亡くなる ・ 亡くする ・ 寂する ・ 身罷る ・ 他界 ・  ・ 果てる ・ あの世に行く ・ 黄泉の客となる ・ 命の火が消える ・ 燃え尽きる ・ 逝去 ・ 瞑目(する) ・ (永遠に)目を閉じる ・ 目をつぶる ・ 陥る ・ 瞑する ・ 絶え入る ・ (世界からの)登録抹消 ・ 息が絶える ・ 死没 ・ 辞世 ・ 死出の旅 ・ (この)世を去る ・ (誰でもいずれは)骨になる ・ 死傷 ・ 逝く ・ 土に成る ・ 浄土に生まれる ・ 帰らぬ旅 ・ 物故 ・ 天国に旅立つ ・ 不帰の客となる ・ 息絶える ・ お星さまになったのよ ・ ゲームオーバー ・ くたばる ・ 空しくなる ・ 事切れる ・ 消え入る ・ 先立つ ・ 往生(を遂げる) ・ 大往生(△する[を遂げる]) ・ (この)世界から強制的に退場させられる ・ 長逝ちょうせい(する) ・ 絶息(する) ・ 力が尽きる ・ 幽明境を異にする ・ (ここから落ちれば)お陀仏(だ) ・ 一死 ・ 昇天(する) ・ 人生の幕が降りる ・ お迎えが来る ・ 命が尽きる ・ 仏になる ・ ごねる ・ 冷たくなる ・ 眠る ・ 永眠 ・ 絶命(する) ・ 亡き数に入る ・ 失う ・ 鬼籍に入る ・ 寂滅 ・ 死去 ・ 息を引き取る ・ 死ぬ ・ 卒する ・ (ジ)エンド ・ (親戚に)不幸(があった) ・ 目から光が失われる ・ 弾み ・ 間際 ・ 寸前 ・  ・ 拍子 ・ 矢先 ・ すぐ後に ・ 瞬間 ・ 途端 ・ 際して ・ 最終場面 ・ 引き際 ・ 末つ方 ・ 引け時 ・ 最終局面 ・ 土壇場(に至る) ・ (完成が)間近 ・ 手じまい(の段階) ・ 幕切れ近く ・ 大詰め(を迎える) ・ 天王山(を迎える) ・ 泣いても笑っても(これで最後) ・ 結末近く ・ カウントダウン(に入る) ・ 秒読み(に入る) ・ 分かれ際 ・ (完了)直前 ・ フィナーレ ・ 最終章 ・ エピローグ ・ 蛍の光 ・ (いよいよ)切羽詰まる ・ (捜査が)詰め(の段階)(に入る) ・ 終盤 ・ 追い込み(に入る) ・ ゴール目前 ・ (ゴールが)目前に迫る ・ クライマックス ・ 大団円(を迎える) ・ 大詰め ・ カタストロフィー ・ (人生の)秋 ・ (江戸)末期 ・ 最終段階 ・ 最後の一幕 ・ 末葉 ・ (終わりまで)(もう)ひと息 ・ (あと)ひと息 ・ (いよいよ)山場(を迎える) ・ 終末 ・ 終わりに近づいている ・ 九回裏 ・ 第四コーナー(を回る) ・ 終了直前 ・ 終幕 ・ 引け際 ・ 仕上げ(の工程) ・ 総仕上げ(の段階) ・ 去り際 ・ 大切り
キーワードをランダムでピックアップ
見た処戻る食い合う心理描写画板午後零時見つけるのが早い明けし勃起不全緊迫度合い蜂ミツ三大そばガソリン代込み料金セクター歯車ユースバルジ胴輪リグ・ヴェーダガルニシア・ダイエットクローン・ペットクリスタル・ナハト
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. まさに死のうとする時まさに死のうとする時