表示領域を拡大する
大詰めの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
大詰め(を迎える) ・ 大詰め物事が終わろうとするころ/最終段階大詰め(を迎える) ・ 大詰め物事が終わろうとするころ/最終段階  最終段階 ・ (捜査が)詰め(の段階)(に入る) ・ エピローグ ・ (完成が)間近 ・ 土壇場(に至る) ・ フィナーレ ・ (人生の)秋 ・ 終末 ・ 最終場面 ・ カタストロフィー ・ 引け時 ・ 終わりに近づいている ・ 最終章 ・ (いよいよ)山場(を迎える) ・ (いよいよ)切羽詰まる ・ 引き際 ・ 第四コーナー(を回る) ・ 引け際 ・ 末葉 ・ あとひと息 ・ 末つ方 ・ 終了直前 ・ カウントダウン(に入る) ・ 秒読み(に入る) ・ 結末近く ・ ゴール目前 ・ (ゴールが)目前に迫る ・ 泣いても笑っても(これで最後) ・ 大切り ・ 終幕 ・ (終わりまで)(もう)ひと息 ・ (あと)ひと息 ・ 仕上げ(の工程) ・ 総仕上げ(の段階) ・ 大団円(を迎える) ・ 終盤 ・ 九回裏 ・ (完了)直前 ・ クライマックス ・ 天王山(を迎える) ・ (江戸)末期 ・ 蛍の光 ・ 最終局面 ・ 追い込み(に入る) ・ 最後の一幕 ・ 手じまい(の段階) ・ 去り際 ・ 分かれ際 ・ 幕切れ近く ・ 年の夜 ・ 行く年 ・ 大晦 ・ 歳暮 ・ 除夜 ・ 年の瀬 ・ 歳末 ・ 盆暮れ ・ 暮れ ・ 年の暮れ ・ 年末 ・ 節季 ・ 大晦日 ・ 半ドン ・ ウイークエンド ・ 週末 ・ 土曜日 ・ 金曜日 ・ 安息日 ・ (三十年間の出来事が)走馬灯(のように浮かぶ) ・ 終焉 ・ 死に際 ・ 断末魔 ・ 終わり ・ 今際の際 ・ 死期 ・ 臨終 ・ 最期 ・ 命が絶える直前 ・ 往生際 ・ 今際 ・ まさに死のうとする時 ・ 死に目 ・ 末期 ・ 晩期 ・ (人生の)午後 ・ 下期 ・ 期末 ・ こう(半生) ・ (ゲームの)後半 ・ 晩発(性)(の症状) ・ 終期 ・ 晩秋 ・ (江戸時代)後期 ・ 終曲 ・ (仕事が)追い込みに入る ・ (あと)ひと押し ・ あと一歩(という段階) ・ 追い込んで(期日に間に合わせる) ・ 猛チャージ(をかける) ・ ラストスパート ・ 追い込み(をかける) ・ (勢いを)落とす ・ 弱り目(の業界) ・ (産業が)衰退(する) ・ 危急存亡のとき ・ 精彩を欠く ・ 下火(になる) ・ 弱まる ・ 廃る ・ 屋台骨が傾く ・ 顧みられない ・ 末期(的)(状況) ・ (景気)退潮 ・ 衰微(する) ・ 弱化 ・ 頽唐 ・ 栄華が去る ・ (伸びが)鈍化する ・ 影が薄くなる ・ (新聞業界の)地盤沈下 ・ 勢いが弱まる ・ 勢いがなくなる ・ 勢いを失う ・ (商店街が)寂れる ・ 衰運の一途をたどる ・ 衰運に見舞われる ・ 家運が傾く ・ (王朝の)秋 ・ 盛者必衰 ・ 廃れる ・ (△勢力[影響力]に)秋風が吹く ・ 見捨てられる ・ 衰勢(に向かう) ・ 劣化(する) ・ 弱体化(する) ・ 下り坂 ・ たそがれ(の銀行業界) ・ 時流に乗れない ・ 消沈 ・ (人気)下降 ・ 没落(する) ・ (影響力が)風化(する) ・ (農業が)疲弊(する) ・ 神通力の低下 ・ (かつての)輝きを失う ・ 沈む ・ 沈みかける ・ (旧体制の)弔鐘を聞く ・ 落ちる ・ 退廃 ・ 弱める ・ (周囲が)よそよそしい ・ 衰亡(△する[に向かう]) ・ (人生の)夕暮れ(時) ・ (人気が)低落(する) ・ 旬を過ぎる ・ 地に落ちる ・ 老大国 ・ 下りになる ・ 衰弱 ・ (△体制[産業])衰え ・ 衰残 ・ (かつての)面影はない ・ (様相が)様変わり(する) ・ 落日(を迎える) ・ 落陽(を迎える) ・ 見向きもされなくなる ・ 陰り(が見える) ・ (力が)陰る ・ 斜陽化(する) ・ 斜陽(産業) ・ さびれ行く ・ (勢いが)影をひそめる ・ 落ちぶれる ・ 精彩を失う ・ 下り坂(にある) ・ たそがれる ・ おごれる者は久しからず栄枯盛衰(は世の習い) ・ 売れなくなる ・ 沈滞 ・ 制度疲労(を起こす) ・ 凋落ちょうらく(する) ・ (人気が)色あせる ・ 色あせて見える ・ 力を失う ・ (貴族制が)遠景に退く ・ 遠景に去る ・ (前景から)フェードアウト(する) ・ (力の)後退 ・ 落伍(する) ・ 朽ちる ・ 盛りが過ぎる ・ (優勝)劣敗 ・ (△力[影響力]が)衰える ・ 萎靡いび ・ (売上げ)ダウン ・ (問題が)片づく ・ 落とし前をつける ・ 帰する ・ 終止符(を打つ) ・ けりがつく ・ 終わる ・ ピリオドを打つ ・ (ある結論に)帰着(する) ・ (ひとつの結論に)到達(する) ・ 折り合いをつける ・ 片づける ・ (△波乱が[収まるところに])収まる ・ 帰結 ・ 決着(△がつく[する]) ・ 決着をつける ・ (なんらかの結果に)落ち着く ・ (金で)かたをつける ・ (騒動の)幕引きを行う ・ 始末(をつける) ・ 結果が出る ・ けりをつける ・ (物事の)帰趨きすう(が決する) ・ 結論(△を出す[が出る]) ・ (~という)結論に達する ・ 話をつける ・ (すべての)かたがつく ・ 結末 ・ 一段落(する) ・ 帰一 ・ 決まり△がつく[をつける] ・ (音楽活動の)総決算(となるラストライブ) ・ (話を)結ぶ ・ 締めくくる ・ (三角関係を)精算(する) ・ (裁判が)結審(する) ・ 落ち(がつく) ・ 解決(する) ・ (一件)落着(する) ・ 収まりがつく ・ (勝負は)げたを履く(までわからない) ・ 済む ・ 演技が終わる ・ 一段落つく ・ 幕が終わる ・ 幕が閉まる ・ きりがつく ・ 幕切れ ・ 終い ・ (宴会が)果てる ・ (この一番にて本日の)打ち止め ・ (△雨が[風呂から])上がる ・ (定時で)上がりにする ・ (これで)(お)しまい ・ 究極 ・ (騒動が)ちょん(になる) ・ (予定を)済ます ・ (宿題を)済ませる ・ (仕事が)いち段落(する) ・ ひと段落(させる) ・  ・ 散会 ・ ピリオド(にする) ・ 早じまい ・ (捜査を)打ち切る ・ けじめをつける ・ 閉じる ・ 閉止 ・ 幕を引く ・ 有終 ・ 限り ・ 尽きる ・ 土壇場 ・ 済み ・ 看板(△をおろす[にする]) ・ (オーダー)ストップ ・ (この辺で)切り上げる ・ 切り ・ (会合を)終える ・ 究竟 ・ 果て ・ 終極 ・ 終了(する) ・ けり(がつく) ・ 打ち上げ ・ (これで)最後 ・ 既済 ・ オメガ ・ ゲームセット ・ (ジ)エンド ・ (会社が)引ける ・ 終息 ・ 投了 ・ これまで ・ 掉尾 ・ ひと区切りつける ・ 終局 ・ し終える ・ 仕納め ・ 終止 ・ 結び(の一番) ・ 終決 ・ (会が)お開き(になる) ・ 終結 ・ 完結 ・ やめる ・ 千秋楽 ・ 締め切る ・ 手じまい(に)(する) ・ 上げる ・ ラスト ・ 議了 ・ 総じまい ・ 終業 ・ 最終 ・ 了する ・ 果たす ・ (鍋料理を雑炊で)締める ・ 大尾 ・ 終わらせる ・  ・ 仕しまう ・ 解散(する) ・ 弾み ・ 瞬間 ・ 際して ・  ・ 途端 ・ 間際 ・ 拍子 ・ 寸前 ・ すぐ後に ・ 矢先 ・ それっきり ・ こっきり ・ それきり ・ それなり ・ これだけ ・ それだけ ・ それ限り ・ (それで)最後 ・ これきり ・ これっきり ・  ・ 一幕 ・ (ワン)シーン ・ (映画の)ひとコマ ・  ・ 場面 ・ 山場 ・ 盛り ・ 盛り上がる ・ 真っ最中 ・  ・ 真っ盛り ・ 出盛り ・ 花盛り ・ 最高潮 ・ (宴も)たけなわ ・  ・ (秋の)最中もなか
大詰め(を迎える)今後を左右する大事な試合大詰め(を迎える)今後を左右する大事な試合  (前半の)山場 ・ 危急存亡のとき ・ (人生の)岐路 ・ (運命の)分かれ目(に差し掛かる) ・ (人生の)大事な場面 ・ ここ一番(のとき) ・ (際どい)節目 ・ 今後を左右する ・ 勝負どころ ・ 乾坤一擲けんこんいってき ・ 天下分け目(の戦い) ・ 緊褌一番(の取り組み) ・ 正念場(を迎える) ・ 腕の見せどころ ・ 大試合 ・ 生死を分ける ・ 生きるか死ぬか ・ 重要なゲーム ・ (絶対)負けられない ・ 大事な局面 ・ (最後の)大仕事 ・ (人生における)大一番 ・ 大事な勝負 ・ (今大会における)天王山 ・ (ここ一番の)大勝負 ・ 見せ場 ・ 正念場 ・ ハイライト ・ (国のために)命を捧げる ・ 退路を断つ ・ 危険な任務 ・ 一生の大事として(取り組む) ・ 体当たり(攻撃) ・ (仕事と)討ち死に(する) ・ 全身全霊を傾ける ・ 身を挺して(守る) ・ 覚悟を決める ・ 史を賭す ・ 死を賭して(戦う) ・ 大胆に ・ 決死の覚悟(で) ・ (ここが)正念場(だ) ・ 決死(隊) ・ 一生懸命 ・ のるかそるか(の大勝負) ・ 天地神明に誓って(恥ずることはない) ・ (生きるために)命を削る ・ 死闘(を繰り広げる) ・ 豪胆(な性格) ・ 背水の陣で臨む ・ (何かに)憑かれたように(突き進む) ・ 命を削って(働く) ・ 危険を顧みず ・ 命を的に懸ける ・ 犠牲的精神(で尽くす) ・ 冒険に挑む ・ 死力(を尽くす) ・ 最大のリスクを負う ・ 不退転の決意で臨む ・ 矢でも鉄砲でも(持って)来い ・ 身を捨てる(覚悟) ・ 捨て身(の戦法) ・ 熱誠あふれる(説得) ・ 体を張って(進める) ・ 命を的に(して)(働く) ・ (危険など)ものともしない ・ 向学心に燃える ・ (国難に)殉じる ・ 引き返せない ・ 死ぬほど(勉強する) ・ 生か死か(の分かれ道) ・ (武士の)面目(にかけて) ・ 血涙を絞って(被災地の訴える) ・ (他人のために)命を張る ・ 綱渡り(の毎日) ・ (この一球に)命を懸ける ・ 死ぬ気でやる ・ 水杯みずさかずきを交わして(出陣する) ・ (大切な人のためなら)命もいとわない ・ 必死(に) ・ 死に物狂い ・ 命を投げ出す ・ 首を賭ける ・ 一身を投げ出す ・ 必死の思い(で) ・ 死力を尽くす ・ 身命を賭す ・ 万一を恐れず ・ 悲壮(な覚悟) ・ 悲壮な決意(で臨む) ・ 命を懸ける ・ 命がけ(で進める) ・ (国のために)死ぬ覚悟(である) ・ 使命第一に(行動する) ・ (問題を解決するに当たって)手段を選ばない ・ たとえ火の中水の中
大詰め(を迎える)(未分類)大詰め(を迎える)(未分類)  袋小路 ・ どん詰まり ・ 大詰め ・ みそか ・ 断末摩 ・ おおみそか ・ 結果 ・ 終いに ・ あげく ・ 仕舞い ・ 終戦 ・ 万事休す ・ 手打ち ・ エンディング ・ 試合終了 ・ 最終日 ・ 打ち切り ・ ノーサイド ・ ラストシーン ・ 締めくくり ・ 最後の場面 ・ 重大な局面 ・ 最重要の場面 ・ 大事な一番 ・ 勝敗の分かれ目 ・ 幕引き ・ 最終ページ ・ 最終ステップ ・ 追い込み段階 ・ 土たん場 ・ 仕上げの段階 ・ 滅び ・ ぎりぎりのところ ・ 終盤戦 ・ 危うい ・ 存亡の秋 ・ 危機 ・ 非常事態 ・ 浮沈をかけて ・ 決戦のとき ・ クライマックスシーン ・ なだれ込む ・ 胸突き八丁 ・ 目前 ・ 王手をかける ・ 死活的に重要な ・ 存亡 ・ 瀬戸際 ・ 崖っぷちに立つ ・ イチかバチかの大勝負 ・ 激突 ・ 存亡の危機 ・ 因縁の対決 ・ 破局 ・ 急転直下 ・ 完成間近 ・ ひかえた ・ 目の先 ・ 切迫する ・ 迫る ・ 盛り上がり ・ さわりの部分 ・ 感動的シーン ・ 最終段階山場 ・ 名場面 ・ 着地点 ・ 打ち上げる ・ 楽日 ・ 閉幕 ・ 幕引きする ・ 閉会 ・ ゲームオーバー ・  ・ 出番 ・ 運命をかけた大勝負 ・ まとめ ・ 追い詰める ・ 煮詰まる ・ 最終盤 ・ 終わり近く ・ 終局間近 ・ 追い詰められる ・ 瀬戸際に立つ ・ 緊急事態 ・ 命運がかかる ・ 最後の段階 ・ のるかそるか生死をかけた ・ 後がない ・ 負けられないゲーム ・ 決戦 ・ 死活 ・ 掛かった正念場 ・ 大ばくちを打つ ・ 崖っぷちに立たされる ・ 背水の陣 ・  ・ 一番の勝負 ・ ぎりぎり ・ 当面 ・ 押し迫る ・ 時間の問題 ・ 一歩手前 ・ ほぼ ・ 圧巻 ・ 中心 ・ ピーク ・ 劇的場面 ・ 佳境 ・ 上がり ・ お終い ・ あげくの果て ・ 末尾 ・ 挙げ句の果て ・ 終えん ・ 終尾 ・ フィニッシュ ・ とどのつまり ・ ハッピーエンド ・ おわり ・ 終章 ・  ・ 成れの果て ・ 末路 ・ カタストロフィ ・ しんがり ・ 末年 ・ お仕舞い ・ 酔余 ・ ゴール ・ 揚げ句 ・ よす ・ 大詰 ・ おおづめ ・ 大づめ ・ 窮まる ・ 終り ・ リザルト ・ 名残 ・ 至り ・ 幕を閉じる ・ 一巻の終わり ・ ending ・ 観終わる ・ タイムアップ ・ 止む ・ 手を離れる ・ バッドエンド ・ 手が離れる ・ はねる ・ 悲劇的結末 ・ 満了 ・ 文末 ・ どんじり ・ 後詰め ・  ・ びり ・ 一番うしろ ・ 後番 ・ 終段 ・ 一番後ろ ・ 最後部 ・ 順番 ・ つきる ・ end ・ 内済 ・ リア ・ 修了 ・ ビハインド ・ 見終える ・ アップ ・ お終いになる ・ 終始 ・ 事終わる ・ 幕が下りる ・ 完了 ・ 満期 ・ ほこを納める ・ めでたしめでたし ・ 破滅的結末 ・ 失敗 ・ 不成功 ・ アクト ・ 終演 ・ とう尾 ・ 帳じり ・ 後尾 ・ 一番最後 ・ いまわの際 ・ いちばん最後 ・ けつ ・ 人生最期 ・ 巻末 ・ 仕納める ・ しり ・ 末段 ・ 楽屋オチ ・ 悲惨な結末 ・ 破たん ・ 絶頂 ・ 畢竟 ・ 極点 ・  ・ 際限 ・ きり ・ 善かれ悪しかれ ・ 果てし ・ 結句
日本語WordNetによる、大詰めの類義語

意義素類語・同義語
いろんな公演の終了部分フィナーレフィニッシュエピローグ終曲大詰大団円終幕大切りフイナレ大づめ大切
キーワードをランダムでピックアップ
熱気三百代言酷い目院政勘定頂ける再検討自由にする性教育題簽分かち合う競争相手開けた人身の証しを立てる危機感をあおる江戸時代の赤本楽曲進行の速度フライパンで焼かれる暑さあの言い方には引っ掛かる