表示領域を拡大する

手が込むの類語、関連語、連想される言葉

 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
手が込む込み入っていて面倒(繁雑)手が込む込み入っていて面倒(繁雑)  煩瑣 ・ 煩多 ・ ごたごたしている ・ (お)手数てすう(ですが) ・ 手数てかず(のかかる)(料理) ・ (対応に)てこずる ・ 冗漫 ・ 造作(をかける) ・ (手続きがやたらと)うるさい ・ 手間がかかる ・ 繁簡 ・ 面倒 ・ 七面倒 ・ 煩わしい ・ 煩雑 ・ うるさい ・ うまくいかない ・ やっかい(な仕事) ・ 込み入っている ・ 冗長 ・ ややこしい(問題) ・ 繁雑 ・  ・ 事細かい ・ (手続きが)難しい ・ 複雑 ・ もつれる ・ 繁文縟礼 ・ (利害が)絡み合う ・ (議論が)紛糾(する) ・ 手間仕事 ・ (利害が)錯綜(する) ・ 三すくみ ・ 手仕事 ・ (思惑が)入り乱れる ・ (問題が)ややこしい ・ ややこしい問題 ・ 多元(方程式) ・ こつこつ(と)(働く) ・ 絡み合う ・ 雑役 ・ (会議が)迷走(する) ・ 三つどもえ(の戦い) ・ 手間 ・ (△問題[利害関係]が)入り組む ・ (問題が)こんがらがる ・ 芋を洗うよう ・ 整理されない ・ 整理できていない ・ 飛び違う ・ ごてごて(と飾りつける) ・ わい雑(な裏町) ・ 不整 ・ (言葉の)海 ・ (言葉の)樹海 ・ (金言の)森 ・ 鼎の沸くが如し ・ 鼎の沸くよう ・ (学) ・ やっかいな(操作法) ・ 押すな押すな ・ かく乱 ・ こう乱 ・ 混迷 ・ 使いづらい ・ 使いにくい ・ 何が何やらわからない ・ 混ぜるな危険 ・ 不整頓 ・ もみ合う ・ まんじ巴(に闘う) ・ ごちゃごちゃ ・ (落花)狼藉ろうぜき ・ 三つどもえ ・ 懐乱 ・ 不便な ・ しどろ ・ 繚乱 ・ 混ぜ返す ・ 散漫 ・ 使い勝手がよくない ・ 使い勝手のよくない ・ (いつものとは)勝手が違う ・ 手がかかる ・ 扱いづらい ・ 扱いにくい ・ まんじ巴 ・ (扱いが)やっかい ・ 作り手側の都合に合わせた ・ (ユーザーの立場を)無視した(作り) ・ ユーザー目線でない ・ 混乱 ・ 収拾がつかない(状態) ・ 所狭し(と) ・ 乱雑 ・ 蜂の巣をつついたよう ・ 実用的でない ・ 押し合いへし合い ・ 紛々 ・ かき乱す ・ 世話が焼ける ・ 紛乱 ・ 混線 ・ ごった(煮)(的) ・ 雑多(な展示物) ・ 拡散(した印象)(を受ける) ・ 四分五裂(の状態) ・ カオス ・ 錯乱 ・ 百鬼夜行 ・ おもちゃ箱を引っくり返したよう ・ ごしゃごしゃ ・ 紊乱 ・ ごっちゃ ・ 蕪雑 ・ (全体が)乱れる ・ 交錯 ・ ぐちゃぐちゃ ・ カラフル ・ 取り扱い注意 ・ 入り乱れる ・ 手数がかかる ・ 乱れる ・ 乱脈 ・ やっかい ・ 群がる ・ 乱れている ・ ごたごた ・ 乱す ・ 面倒くさい ・ 決まりがなくなる ・ まとまりがない ・ ひっかき回す ・ かき回す ・ 紛然 ・ 雑然(とした部屋) ・ 無秩序(に入り乱れる) ・ 星雲状態 ・ 上を下への ・ (使い勝手に)違和感(を覚える) ・ 堪え難い ・ タフ(な仕事) ・ (上位の)壁は厚い ・ 障害(になる) ・ 難い ・ 苦しい ・ 小難しい ・ 難易度が高い ・ 高難易度 ・ 初見殺し ・ 邪魔(になる) ・ 一難 ・ 骨が折れる ・ 手ごわい ・ しにくい ・ 険しい ・ 生なかではいかない ・ 荊棘 ・ てこずる ・ きつい(仕事) ・ (目標達成が)実現されない ・ 度しがたい ・ たやすくない ・ はかどらない ・ 可能性はゼロに近い ・ (するのが)難しい ・ 難題 ・ 至難 ・ ひと筋縄ではいかない ・ やりにくい ・ できない ・ 困難 ・ どうしようもない ・ しち難しい ・  ・ 無理(な頼み) ・ (完璧を期すには)無理がある
手が込む(意味や内容に深みがあって)本質が容易に理解できない手が込む(意味や内容に深みがあって)本質が容易に理解できない  エスプリの効いた(会話) ・ たまねぎの皮をむくような ・ 含みが多い ・ 厚みがある ・ 幽遠(な趣き) ・ (その道を)極めきれない ・ 高踏的(な文学) ・ ひと筋縄ではいかない ・ 幽玄(の美) ・ 思索的(なデザイン) ・ (行けども行けども)きりがない ・ 深謀遠慮(の策) ・ ふところが深い ・ (いくらやっても)分からない(魅力) ・ 計り知れない ・ 奥深い(△内容[考え]) ・ 興味は尽きない ・ 難解 ・ わび(さび) ・ 滋味あふれた(逸品) ・ (意味)深長 ・ 奥行き(がある) ・ 哲学的 ・ 枯淡(な画風) ・ 知り尽くせない(世界) ・ 深遠(な思想) ・ 重層的(な構造) ・ 二重底三重底(の構成) ・ 深奥(な哲理) ・ 底が知れない ・ 奥が深い ・ 底が深い ・ 含蓄のある(言葉) ・ 味わい深い ・ 深みがある ・ 玄人受け(がする) ・ 汲めども尽きない(魅力) ・ 深い(学問) ・ 興味深い(世界) ・ 奥の深い(問題) ・ 簡単に言い尽くせない ・ 単純な論評を許さない ・ 容易には察せられない ・ 言うに言われない ・ 機微 ・ 微妙 ・ 言葉では△簡単に[うまく]言い表せない ・  ・ 風韻(が漂う) ・ 秘奥 ・ 居心地がいい ・ 風格 ・ 幸せを運ぶ(声) ・ 持ち味(がよく出ている) ・ 閑雅(な庭園) ・ びた(味わい) ・ 深み ・ しみじみ思う ・ (どこか)懐かしい ・ (秋の)名残(の枯れすすき) ・ 癒やし(の空間) ・ 情感 ・ 趣味 ・ 情感に訴える ・ 柔らか(な曲調) ・ 陰影のある(表情) ・ 渋い(声) ・ 風情ふぜい(がある) ・ (ほのかな)色気 ・ いい雰囲気(の日本庭園) ・ 抑制のきいた(雰囲気) ・ (穴が)深い ・ (雰囲気が)落ち着いている ・ 哀れ ・ 和風 ・ 快適 ・ 情味じょうみ(のある)(下町の夜景) ・  ・ 千尋せんじん(の谷) ・ 千尋ちひろ(の海底) ・ 一風 ・ 大人っぽい(装い) ・ 上品 ・ 風致 ・ 神韻 ・ 神気 ・ 目深 ・ つくづく思う ・ 豊潤さ ・ 潤い(のある)(文章) ・ ひなびた(山里) ・ (日本)情緒 ・ 江戸情緒 ・ 下町情緒 ・ 穏やか(な時間) ・ 詩的(な文章) ・ 幽寂 ・ 趣(がある) ・ 優しい ・ 閑寂(なたたずまい) ・ しっとり(した感じの女性) ・ しっとり(と)した(たたずまい) ・ ほっとする(雰囲気) ・ 安らぎ(を感じる) ・ 落ち着いた(△雰囲気[街並み]) ・ 落ち着きのある ・ 落ち着いている ・ 上品(な茶会) ・ 物の哀れ(を感じる) ・ (生きるうえでの)慰め ・ 深間 ・ 興趣 ・ 余韻(が残る) ・ 風致(地区) ・ ゆっくり時間が流れる ・ 清雅(な色調の絵) ・ 気韻きいん(を感じさせる) ・ 奥深い ・ 味わい(深い) ・ 味わい深さ ・  ・ (周囲との)違和感がない ・ 色つや ・ 深層 ・ 風流(な庭) ・ 板子一枚下は地獄 ・ 深浅 ・ ゆったりした(雰囲気) ・ 古き良き(時代) ・ 余情(をたたえた)(詩) ・ 地味 ・ しっぽり ・ 根深い ・ 品のよさ(が漂うコーデ) ・ 陰影(をもたせる) ・ 曲(がない) ・ 深深と ・ 趣向 ・ (どれくらいなのか)見当がつかない ・ 風雅(な住まい) ・ 静かで落ち着きがある ・ リラックスできる ・ アメニティのある(環境) ・ 心和む(風景) ・ 都会のオアシス ・ 情趣
手が込む(未分類)手が込む(未分類)  工夫する ・ 手が込む ・ 目先を変える ・ 趣向を凝らす ・ 芸が細かい ・ 突き詰めて ・ 趣向をこらす ・ 凝り性 ・ 工夫に工夫を重ねた ・ 凝りに凝る ・ 趣味の域をこえた ・ 精緻な ・ 細かい作業による ・ 複雑な ・ 巧妙な ・ カムフラージュの施された ・ 入り組んだ ・ 悪賢い ・ タチが悪い ・ 悪質な ・ 手の込んだ ・ 手のかかる ・ 面倒な ・ 細かい ・ 凝った ・ 洗練されている ・ 念入りに ・ 凝っているこごる ・ 徹底的に ・ 細部にも手を抜かない ・ 完全主義 ・ 細部にこだわる ・ 周到に ・ 手間のかかった ・ 巧みな ・ 緻密な ・ 悪辣な ・ 奇怪な ・ 裏の裏をいく ・ 裏をかく ・ 隠されている ・ 見えない ・ 手間をかけた ・ 神経の行き届いた ・ 精密な ・ 根のいる ・ 簡単ではない
キーワードをランダムでピックアップ
善良でない精薄流動メモはかが行く介護用品推薦図書涵養する頭をしぼる急にはできない沈静化しない不運をかこつパズルのピースが埋まるシニカルな態度指名手配する生きた化石と呼ばれる生物たち後腐れのない関係社長の覚えがめでたい刃物を覆う鞘予断を持って答える
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 3