表示領域を拡大する

哀れの類語、関連語、連想される言葉

 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
哀れ見るからに貧弱哀れ見るからに貧弱  暗い(感じのする) ・ わびしい ・ 見る影もない ・ 不景気 ・ 成れの果て ・ (何とも)情けない ・ 哀れむべき ・ 嘆かわしい ・ 吹けば飛ぶような(体) ・ 貧弱 ・ 威厳がない ・ 卑しい ・ 見栄えのしない ・ みすぼらしい(姿) ・ 卑屈 ・ しみったれた(やつ) ・ 情けない ・ 見劣りがする ・ 所帯やつれ ・ しおたれる ・ 貧相(な身なり) ・ 哀れ ・ アレルギー(体質) ・ 特異体質 ・ 異常体質 ・ ひ弱 ・ ひ弱い ・ 腺病質 ・ 惰弱 ・ 幼弱 ・ か弱い ・ 多病 ・ 薄弱 ・  ・ はかなげ(な人) ・ 脆弱 ・ 足弱 ・ 虚弱(体質) ・ 不健全 ・ 弱々しい ・ 弱い ・ 繊細な ・ 線が細い ・ 劣弱 ・ 羸弱 ・ 神経質(そう)な ・ 体が弱い ・ 不健康 ・ 弱体 ・ 柔弱 ・ ニヒルな(風貌) ・ (病的に)肌が白い ・ 繊弱 ・ 冷え症 ・ 病的 ・ 蒲柳(の質) ・ (後輩の)風下に立つ ・ 下風かふうに立つ ・ 芸がない ・ 分が悪い ・ 前座(をつとめる) ・ 期限切れ(のビジネスモデル) ・ 駆け出し ・ 虫けら(同然の存在) ・ (相対的に)見劣り(する) ・ 旧式 ・ 木っ端(武者) ・ 小侍 ・ ブービー賞 ・ (君では)力不足(だ) ・ (私)ごとき(者) ・ 人並みに扱われない ・ イエスマン ・ ノンキャリア(官僚) ・ 脱帽する ・ へっぽこ(役人) ・ 百姓(の子) ・ (実物を見ると)心劣り(する) ・ (技術面で)(一歩)譲る ・ ばかげた(質問) ・ 不十分 ・ 凡人 ・ (~の)足元にも及ばない ・ 先を越される ・ 先んじられる ・ (主役が)かすむ ・ 不出来 ・ 次席 ・ 未整備 ・ (社会的立場が)劣る ・ うさんくさい(音楽) ・ 低い地位 ・ 微臣 ・ 卑賤(の身) ・ 数ならぬ ・ (ライバルに)抜かれる ・ (いつまでも)下手したて(でいる) ・ 劣等(生) ・ (素人に負けてプロも)形なし ・ (他社の)後塵を拝する ・ 愚劣(な見せ物) ・ 後方に下がる ・ くず ・ 粗末(な食事) ・ 安手(の生地) ・ 卑しい(身分) ・ 取り残される ・ 小禄(の身) ・ 微禄(の身) ・ 劣勢(にある) ・ さんピン(侍) ・ さんピン奴 ・ 雑用係 ・ 差をつけられる ・ 初心者 ・ (持つ者と)持たざる者 ・ 魅力が半減する ・ (男尊)女卑 ・ (今回のは)外れ(だな) ・ 序列の低い ・ 雑魚 ・ 不成績(に終わる) ・ 物の数ではない ・ (二大勢力の間で)埋没する ・ 下積み(時代) ・ 下座(に座る) ・ ひどい(出来ぐあい) ・ 格落ち(の米) ・ ちゃち(な作り) ・ マイナー(な映画) ・ 下(の者) ・ 吹けば飛ぶような(男) ・ 安っぽい(品) ・ 劣位(にある) ・ 下風 ・ 二線級(の選手) ・ 軽輩(の身) ・ 味わいがない ・ (知恵が)後れた(子) ・ (勉強が人より)遅れる ・ 大したことはない ・ (平均点に)届かない ・ いい加減(なやり方) ・ ランクが下 ・ しがない ・ 底の方 ・ 貧乏人 ・ (相手に)一日の長がある ・ 劣る ・ (他より)劣っている ・ 人後じんご(に落ちる) ・ にある(研究者) ・ 微細(の身) ・ 合格点に達しない ・ ちっぽけ(な存在) ・ 小者 ・ ミジンコ(のような)(存在) ・ 非力 ・ (出来が)よくない方 ・ 拙劣 ・ しもじも(の皆さん) ・ 下々げげ ・ 低い(身分) ・ お寒い(△現状[設備]) ・ 低位 ・ ふんどし担ぎ ・ 素(町人) ・ 下位 ・ 中途半端(な出来) ・ (本物の前では)色あせて見える ・ (犬にも)劣る ・ 二番 ・ 二番手(に甘んじる) ・ (先輩の)背中は遠い ・ (子役に)食われる ・ 凡庸 ・ ついて行けない ・ 立ち遅れが目立つ ・ 劣悪 ・ 末職 ・ 粗雑(な作り) ・ (他に比べて)落ちる ・ かんばしくない(成績) ・ 引けを取る ・ (芸術家の)端くれ ・ 貧賤 ・ 品性の劣る ・ 形勢不利 ・ (何とも)貧弱 ・ どこの馬の骨か分からない ・ 程度が知れる ・ 一籌いっちゅうする ・ (想像力の)貧しい(人) ・ 低俗(な番組) ・ 下手(な図書館より本がある) ・ 弱小(チーム) ・ しず ・ 段違い ・ (生半可では)通用しない ・ 惜しい(ところで勝利を逃がす) ・ (学生の)分際(で生意気だ) ・ 一介(の兵士) ・ 稚拙(な文章) ・ (傘張り)浪人 ・ うらなり(の子ども) ・ 一段下 ・ ぱっとしない ・ ケチ ・ ケチくさい ・ 最下層(の人間) ・ 身分が低い ・ (勝負に)負ける ・ 役に立たない ・ (相手に)一目置く ・ 格が違う ・ (学生)風情 ・ しょぼい(映画) ・ 末位 ・ (ライバルに)水をあけられる ・ 力及ばず(負ける) ・ (~の)次 ・ 並び大名 ・ (相手に)頭が上がらない ・ 格下(のチーム) ・ (△一歩[遠く])及ばない ・ 物の数でない ・ 物の数に入らない ・ 人数に(は)入らない ・ 低い(次元の話) ・ 低水準(の利回り) ・ 脇役 ・ 末端(社員) ・ 組織の末端 ・ (あいつには)敵わない ・ 陣笠(代議士) ・ 影が薄い ・ 安価(な美容液) ・ 最低(△の出来[な映画]) ・ 低劣 ・ 雑兵ぞうひょう ・ 無価値(な△仕事[土地]) ・ 欠点が目立つ ・ 取り柄がない ・ つまらない(人間) ・ 存在感が薄くなる ・ 不備が目立つ ・ 小身 ・ 格下 ・ うだつが上がらない ・ 至らない ・ (彼の能力には)及ぶべくもない ・ 下賤げせん(の者) ・ 微賤びせん(の身) ・ 大部屋女優 ・ わんさガール ・ 貧相(な家並み) ・ 貧しい(人々) ・ 惨めな(音) ・ 取るに足りない(人間) ・ 着外(に終わる) ・ 卑劣(な男) ・ (ほとんど)無意味な ・ 出来損ない ・ 平(社員) ・ 未成熟 ・ (他より)劣位(にある) ・ 鼻くそみたいな(人間) ・ (首位に)次ぐ ・ 従属的(立場) ・ 下働き(の女性) ・ 下っ端 ・ (強者の)陰に回る ・ (高級店としては)落第(点) ・ 圧倒される ・ (新市場の開拓に)後れを取る ・ (グループの)パシリ ・ たかが(子ども) ・ 悪い ・ (普通)以下 ・ 標準以下 ・ (~より)下 ・ 下人 ・ (上司が)目の上のたんこぶ ・ (標準を)下回る ・ 足りない ・ (社会的)弱者 ・ (まだ平で)くすぶっている ・ 下仕え(の者) ・ 下級武士 ・ 足軽 ・ 微官 ・ 最底辺(の男) ・ (大資本に)押される ・ 二流(どころ) ・ 下級(国民) ・ 目立たなくなる ・ (程度を)低める ・ 印象のいろいろ
哀れ(な姿)見ていられないほど痛ましい哀れ(な姿)見ていられないほど痛ましい  悲痛(な訴え) ・ 引く ・ 唾棄すべき(行為) ・ 深刻(な被害) ・ 悲劇(の物語) ・ 悲劇的(な最後) ・ 猟奇的(な殺し方) ・ 正視できない ・ 耳を覆いたくなる(ような)(ニュース) ・ 心配でたまらない ・ 目を覆う(惨状) ・ 生き地獄 ・ 地獄(絵図) ・ 見ていられない ・ 顔色を変える ・ 目を覆う(ような現場) ・ 目を覆わずにはいられない ・ 目を背ける ・ (続く事件に)暗澹(たる思い) ・ 呪わしい(運命) ・ 阿鼻地獄 ・ 身のすくむ(ような)(光景) ・ 居たたまれない(△事件[気持ちになる]) ・ 悽愴 ・ ケダモノのやること(だ) ・ 痛ましい(光景) ・ 顔を背ける(ような)(光景) ・ 悲惨(な事故) ・ ひりひりするような(現実) ・ 切ない ・ 常軌を逸した(やり方) ・ (気持ちが)乱れる ・ 悪夢のような(光景) ・ 悪夢的(な現実) ・ 身震い(する)(ような光景) ・ 混乱と叫喚 ・ (話を聞くのが)つらい ・ おぞましい(光景) ・ 戦慄(すべき光景) ・ 惨憺 ・ 恐ろしい(光景) ・ えぐい(描写) ・ 見るに忍びない ・ 冷血 ・ 酸鼻(△な光景[を極める]) ・ (死体が)折り重なる(光景) ・ 持って行き場のない(気持ち) ・ 修羅場(となる) ・ 大混乱 ・ ハード(な内容) ・  ・ 同情を禁じ得ない ・ 背筋が凍る ・ 背筋を寒くさせる ・ (ひどく)当惑する ・ グロテスク(な暴力シーン) ・ 嫌悪(感)(を催す) ・ 凄絶 ・ 血生臭い(惨事) ・ 虐げられた(姿) ・ (気持ちの上で)耐えられない ・ 哀れ(な姿) ・ どうしようもない ・ いや(なニュース) ・ 凄惨せいさん(な事故現場) ・ 惨烈 ・ 壮絶(ないじめ) ・ ショッキングな(事件) ・ ふた目とみられない(惨状) ・ やりきれない(△ニュース[気持ちになる]) ・ 悪逆非道(のやり方) ・ 哀れをとどめぬ(姿) ・ 惨事 ・ 無惨 ・ 救いのない(映画) ・ 惨め ・ (題材が)重い ・ 血も涙もない(やり方) ・ 苦痛 ・ 変わり果てた(肉親) ・ 惨状(を呈する) ・ 騒ぎ ・ まがまがしい(事件) ・ 流血(現場) ・ ひどい ・ 不快 ・ 胸が悪くなる(ような)(行為) ・ 鬼畜のなせる(わざ) ・ 眉をひそめる ・ むごい ・ むごたらしい ・ 魂を凍らせる(サイコホラー) ・ うろたえる ・ 救いのなさを感じる ・ ドン引き ・ 気の毒(な境遇) ・ この世のものとは思えない ・ 悲しい ・ 血の海 ・ 陰惨(な事件) ・ 阿鼻叫喚 ・ 寒々とした(姿) ・ 思いやりがない ・ 鬼哭啾啾きこくしゅうしゅう(たる激戦地の跡) ・ (見るも)あさましい ・ 惨劇 ・ 最悪(の状況) ・ 修羅場(のような) ・ 暴虐(の嵐) ・ 終末 ・ 悲惨な ・ いたましい事件 ・ 不運な(出来事) ・ 最悪の(事態) ・ うそのような(光景) ・ 凄惨な ・ (収拾のつかない)混乱 ・ 悪夢(のような状態) ・ 救いがたい△世[状況] ・ アクシデント(に見舞われる) ・ (この世の)地獄 ・ 悲劇 ・ ひどい(状態) ・ 悲喜劇 ・ 世も末 ・ 煉獄 ・ 三悪道 ・ 地獄 ・ 見兼ねる ・ 餓鬼道 ・ 奈落 ・ 目を逸らす ・ 目を離す ・ ひりひりする痛み ・ (痛みに)うめく ・ うめき(声)をもらす ・ ありがた迷惑 ・ 悩ましい ・ (子供の病気に)心痛(する) ・ めげる ・ (貧困に)苦しむ ・ (強い)ショックを受ける ・ 無力感に支配される ・ (心の)悲鳴 ・ どん底に落ちる ・ 憂い ・ やりきれない ・ 悲惨(な少年時代) ・ 身にこたえる ・ 痛撃 ・ (精神的に)参る ・ 試練(の時) ・ (親の介護に)身を削る ・ 困難(に遭遇) ・ (身も心も)すり減らす ・ 呻吟(する) ・ 苦しむ ・ (精神的に)ぺしゃんこ(になる) ・ (精神的に)重苦しい ・ (生きるのが)しんどい ・ (△心理的[精神的]に)追い込まれる ・ たまらない ・ (重税に)あえぐ ・ 煙たい ・ 心が悲鳴を上げる ・ 過酷(な労働) ・ 痛し痒し ・ 身を切られる思い ・ 苦しい(状況) ・ 敵わない ・ 心の痛み ・ 悲しみ ・ (偏頭痛に)たたられる ・ 耐えられない ・ 血の出るような ・ 厳しい(労働) ・ 重圧を受ける ・ 苦労 ・ 慟哭(する) ・ 天を仰ぐ ・ ショックを受ける ・ 苦悩(する) ・ 息苦しい ・ 喉が詰まる(のを感じる) ・ 疲れ切る ・ 窮状(を訴える) ・ (心を)かきむしる ・ ひしがれる ・ 火宅(の人) ・ 辛酸をなめる ・ 辛酸(をなめる) ・ (精神的に)動揺する ・ (精神的に)痛い ・ つらい ・ 狂おしい ・ 迷惑 ・ 塗炭(の苦しみ) ・ 胸苦しい ・ 普通でない(心理状態) ・ 耐えがたい ・ 悔恨の思い ・ (精神的に)打ちのめされる ・ (心理的に)追い詰められる ・ (心の)痛手 ・ 術無い ・ 血みどろ ・ 鋭い痛み ・ (一敗)地にまみれる ・ 忍びない ・ (まっすぐ)立っていられない ・ 低迷する ・ (精神的に)押し潰される ・ (もう)押し潰されそう ・ ひりつく(ような思い) ・ 苦難(の日々) ・ しょげかえる ・ 断腸の思い ・ 憂さ ・ 痛恨の思い ・ 苦役 ・ 心が休まらない ・ 心が折れる ・ 敗北感 ・ 真綿で首を絞められる(ような思い) ・ 苦しい ・ 苦い ・ 悶々もんもん(とする) ・ 困難(に直面する) ・ 悩む ・ (不運に)泣く ・ 印象のいろいろ ・ 悩み ・ 心理的影響(を受ける) ・ 傷心 ・ 気苦労 ・ 苦しめられる ・ 胸の痛み ・ やりきれない(思い) ・ (苦難に)見舞われる ・ 骨身に堪える ・ 窮余 ・ (格差社会に)痛めつけられる ・ (人手不足に)悲鳴を上げる ・ 打撃(を受ける) ・ 嘆き ・ 苦しみ ・ (苦しみに)さいなまれる ・ ガクン(と来る) ・ 四苦八苦 ・ ストレスを感じる ・ へこむ ・ 悲痛な(叫び) ・ 憔悴(△した顔[し切る]) ・ 屈託(を抱える) ・ 重い ・ へこたれる ・ 重荷 ・ 胸が張り裂けんばかり ・ 物狂おしい ・  ・ 死体にムチ打つ(ような)(行為) ・ むかつくような ・ 毒婦 ・ 情け無用 ・ 強面(のお兄さん) ・ 冷血漢 ・ 野蛮(な連中) ・ 苛酷(な刑罰) ・ 情欲むき出し ・ (そんな)殺生(な) ・ カッとなりやすい ・ こく(なようだが) ・ 猟奇的(事件) ・ 鬼畜(のような人物) ・ 鬼嫁 ・ 鬼ばば(あ) ・ 鬼女 ・ 身の毛がよだつ ・ 人の不幸は蜜の味 ・ 血生臭い(事件) ・ 血の通った人間のすることでなはい ・ 忌まわしい(事件) ・ 冷酷(な人殺し) ・ 躊躇しない ・ 悪魔的 ・ デーモン的な ・ 鬼(のような奴だ) ・ デモニッシュな ・ 血塗られた(神話) ・ 迷いなく(殺す) ・ (コントロール不能の)モンスター ・ メスカマキリ ・ 憐憫の情を持たない ・ ルール無用(の悪党) ・ 殺人鬼 ・ 獣性むき出し(の犯罪) ・ ぞっとする ・ 心胆を寒からしめる(犯行) ・ 心肝を寒からしむる ・ 過激 ・ 容赦がない ・ 容赦しない ・ ホラー(映画)  ・ 人間のくず ・ やりきれない(事件) ・ 陰湿(な殺し方) ・ ブルータル(な) ・ 手ひどい(扱いを受ける) ・ 過酷 ・ 悪鬼(の形相) ・ 酸鼻な事件 ・ 陰惨(な記憶) ・ 目を背けたくなる(ような制裁) ・ 狂暴(な人) ・ 命知らず(の男) ・ 怖いもの知らず ・ ヘドが出る(ような事件) ・ 短気 ・ 反社会的(勢力) ・ 暴戻 ・ 非人道的 ・ 卑劣(な犯罪) ・ 残酷(なやり方) ・ 非情(な殺し方) ・ 残忍(な) ・ 罪作り ・ 手荒(なまねはよせ) ・ 人の心がない ・ 遠慮しない ・ 残虐 ・ ためらいなく(人を傷つける) ・ 嫌悪の情をもよおす ・ 血も涙もない ・ ケダモノ(のやること)(だ) ・ えぐい ・ (海の)ギャング ・ どう猛 ・ 後先を考えない(振る舞い) ・ 因業(なやり方) ・ 苛烈(な拷問) ・ むごい(仕打ち) ・ むごたらしい(殺し方) ・ 酷薄 ・ 平然(と)(刺す) ・ 粗暴(な) ・ 何でもあり(のデスマッチ) ・ 平気で苦しみを与える ・ 野獣のような行為 ・ 獣的(な行為) ・ 胸が悪くなる ・ (人使いが)荒い ・ 非人間的(な扱い)(をする) ・ 冥府魔道に生きる(者) ・ 非道(な) ・ 最低 ・ 暴力的 ・ 陰湿(ないじめ) ・ (口にするのも)おぞましい(事件) ・ 無慈悲 ・ 凶悪 ・ ずいぶん(な人ね) ・ つらい(仕打ち) ・ 冷血極まる ・ (お前は)人間じゃない ・ 勘弁しない ・ (世界を震撼させた)異常(な事件)
哀れ(△を誘う[な物語/を感じる])かわいそう哀れ(△を誘う[な物語/を感じる])かわいそう  身につまされる(苦労話) ・ 哀れ(△を誘う[な物語/を感じる]) ・ 哀れをとどめる ・ 哀れを誘う ・ 哀れに思う ・ 哀れさ(を感じる) ・ 哀れみ(を△感じる[覚える]) ・ (宴会を)しんみり(させる) ・ (お)いたわしい ・ いたわしく思う ・ 酸鼻(な事件) ・ 憫笑(を買う) ・ かわいそう(に思える) ・ いたいけ(な遺児) ・ 涙ぐましい(努力) ・ 哀れっぽい ・ 哀れを催す ・ 悲痛(な叫び) ・ (歌詞が)共感を呼ぶ ・ (聞いていて)切ない ・ (けなげな姿が)涙を誘う(話) ・ (苦労話に)涙を誘われる ・ (その過酷な運命には)言葉もない ・ 見ていてつらい ・ 憐憫(を感じる) ・ (道楽者の)成れの果て ・ (被害に遭った子どもが)いとおしい ・ (どうにも)情けない(結末) ・ 励ましたくなる ・ 気の毒(△に思う[そうな顔をする]) ・ お気の毒に ・ 心が痛む ・ 心を痛める ・ (かわいそうだと思うことが)見下している ・ (苦しむ姿に)胸が痛む ・ いじらしい ・ いじらしく思う ・ やりきれない(気持ちになる) ・ いや(な気分) ・ 不憫(に思う) ・ 痛々しい ・ 胸が苦しくなる ・ 胸が締め付けられる ・ 悲恋(物語) ・ 悲しみが惻々と伝わる ・ 痛ましい(△姿[と思う]) ・ 同情を誘う ・ 同情したくなる ・ 同情を禁じ得ない ・ 同情に堪えない ・ 同情すべき(事) ・ (恵まれない境遇の人に)同情(△する[を感じる]) ・ 同情に値する ・ 惨め(な姿) ・ 心を動かされる ・ 泣かせる(セリフ) ・ けなげ(な子ども) ・ 救いのない ・ 哀憐の情を感じる ・ (サラリーマンの)悲哀(が漂う) ・ (哀れな境遇が)いとしい ・ かける言葉が見つからない ・ 哀切(△な物語[極まりない]) ・ 見ていられない(様相) ・ 胸がいっぱいになる(物語) ・ 見るに忍びない ・ 聞くに忍びない(話) ・ (やつれた姿が)悲しい ・ (悲運を)(共に)悲しむ ・ 悲しみを誘う ・ 哀話 ・ 泣き笑い(人生) ・ 悲喜(こもごも) ・ 悲話 ・ (吉野朝)哀史 ・ (サラリーマン)残酷物語 ・ (人生勝負の)負けを知る ・ 悲しくて滑稽な(恋の物語) ・ ウェット(な表現) ・ 共感を誘う ・ 同情を引く ・ 同情(を誘う) ・ 哀訴 ・ 寒々とした(姿) ・ 同情を買う ・ 感動ポルノ ・ (相手の)△同情心[良心]に訴える ・ 共感を求める ・ (新派)悲劇 ・ 感動的(な光景) ・ お涙ちょうだい(の物語) ・ (相手に)配慮(する) ・ 相哀れむ ・ (不幸な人々に)心を寄せる ・ 気の毒だと思う ・ (死を)悼む ・  ・ 大慈大悲 ・ 涙を誘う ・ 慈悲(を△かける[施す/の心]) ・ (情に)ほだされる ・ 哀憐(の情) ・ (頑張る姿に)心を打たれる ・ 思いやり ・ 仁慈 ・ (苦労話を聞いて)身につまされる ・ 憐憫(の情)(を抱く) ・ (相手のことを)心配(する) ・ 養老(年金) ・ 温かい(目で見る) ・ 温かさ ・ お大事に ・ お気をつけて ・ (貧乏な彼を)(見るに)忍びない ・ 惻隠そくいん(の情)(を示す) ・ 仁恕 ・ (智に働けば角が立つ)情に棹させば流される ・ 敬老(精神) ・ 哀れむ ・ 哀れに思う(気持ち) ・ 哀れみ(をかける) ・ 憐れみの目を向ける ・ かわいそうに思う ・ おかわいそうに ・ (よく)分かるよ ・ いとおしむ ・ 印象のいろいろ ・ 同情(△する[を禁じ得ない]) ・ 判官びいき ・ 一体感 ・ 人情 ・ 不憫がる ・ (敗者に)情け(をかける) ・ (武士の)情け ・ (弱者を)いたわる ・ いたわり(の気持ち) ・ (相手の胸中を)察する ・ (他者への)理解を示す ・ 仁愛 ・ もらい泣き ・ 心を汲む ・ 気持ちを汲む ・ 感情移入 ・ 優しさ ・ △心[気持ち]を動かされる ・ (弱者への)温情 ・ (その人の)身になる ・ 共感(する) ・ つい仏心を出してしまう ・ おつらいでしょうね ・ 傷む心 ・ (彼の胸中を)思いやる ・ (戦災孤児を)慈しむ ・ 慈しみ ・ 顔面凶器 ・ 爬虫類(のような)(顔) ・ 好みでない ・ お亀 ・ すべた ・ 顔面偏差値35 ・ メスゴリラ ・ パグ(みたいな顔) ・ 冷遇(される) ・ グロテスク(な姿) ・ 下ぶくれ(の顔) ・ 不細工(な顔) ・ モンスター(と形容できる) ・ 老醜(をさらす) ・ いびつ ・ 醜男ぶおとこ ・ 醜女ぶおんな ・ 醜女しゅうじょ ・ 醜悪(な容貌) ・ 美人でない ・ (周囲の)引き立て役 ・ 器量の悪い(女) ・ お多福 ・ (お世辞にも)美人とは言えない ・ 仲間外れ(にする) ・ ファニー(フェイス) ・ 妖怪 ・ お岩さん ・ (見た目が)恐ろしい ・ 異形いぎょう(の者) ・ 醜婦 ・ 不器量 ・ 負け組 ・  ・ ブス ・ みにくい ・ 醜怪(な容貌) ・ 異相 ・ 深海魚 ・ 顔がゆがんでいる ・ 化け物 ・ フランケンシュタイン ・ 他人を不幸にする顔 ・ 怪物(扱い) ・ 怪物的(な姿) ・ みぎわさん ・ ちんくしゃ ・ オペラ座の怪人
哀れ(を催す) ・ 哀れ悲しい哀れ(を催す) ・ 哀れ悲しい  うれ ・ めいる ・ 嘆く ・ 沈痛 ・ 心が痛む ・ 救われない(気分) ・ (一人暮らしを)侘びる ・ やりきれない(思い) ・ 悲嘆 ・ 愁嘆 ・ 悲哀 ・ 悲傷 ・ 哀愁 ・ 言葉が出ない ・ 感傷(△に浸る[的になる]) ・ 暗い(気分) ・ ペーソス(を感じる) ・ 切ない ・ (切なさに)息が詰まる ・ (悲しそうに)顔を歪める ・ 寂しがる ・ 哀苦 ・ 哀れ ・ (言うべき)言葉もない ・ 傷心(△する[を抱く]) ・ 腸を断つ ・ 悶々(の情) ・ 救いのない ・ 憂うべき(事態) ・ 悲痛 ・ 哀れ(を催す) ・ 暗うつ ・ (友の死に)(胸が)張り裂ける(思い) ・ 悲愴 ・ 哀傷 ・ 暗然 ・ (突然の悲報に)胸が潰れる ・ 胸が裂ける ・ 胸を痛める ・ 胸が詰まる ・ 胸ふたがる(思い) ・ (ご)愁傷(様) ・ 悲しみ(に暮れる) ・ 憂う ・ 胸が塞がる ・ 悲しい ・ 悲しむ ・ 悲しがる ・ 悲しく思う ・ 憂愁(に△沈む[とらわれる]) ・ 物悲しい ・ うら悲しい ・ 断腸の思い ・ 嘆き悲しむ ・ 憂える ・ 紅涙を絞る ・ 哀切 ・ 立っていることもままならない ・ (顔を押さえて)その場に座り込む ・ 心を痛める ・ 心を重くする ・ 身も世もない(姿) ・ (ああ、)なんということだ ・ 哀感 ・ どうしたらいいか分からない ・ 悲しくて滑稽(な恋の物語) ・ ブルース(調)(の曲) ・  ・ 泣き ・ 哀悼(の意)(を表する) ・ (△気持ち[不満]が)くすぶる ・ 名残惜しい ・ 半旗を掲げる ・ 嗟嘆 ・ 蕭条 ・ 悲喜(こもごも) ・ マイナー(な曲調) ・ 抑うつ(状態) ・ (世を)慨する ・ 哀愁をたたえた(音色) ・ えぐえぐ(と泣く) ・ (心が)屈する ・ 慶弔 ・ 泣きそう(な気分) ・ (何だか)泣きたい(気分) ・ どんより(とした気分) ・ 暗い(表情) ・ むせ返る ・ 身を切られるような(思い)(で離別する) ・ 思い沈む ・ 歔欷 ・ しゃくり泣き ・ 哀しみ ・ 胸のあたりが重たい ・ せいせいしない ・ 感傷的(な歌詞) ・ 長嘆 ・ よよ(と泣き崩れる) ・ 辛気 ・ 後味が悪い ・ 咽び泣き ・ 陰影(のある空間) ・ 弔う ・ 弔い ・ 弔する ・ 憂愁(の秋) ・ 大儀 ・ 悲しみを気持ちを強く表す ・ (気持ちが)沈む ・ 袖を絞る ・ 涙をぬぐう ・  ・ 閑散 ・ 寂しい(夜道) ・ (気持ちが)よどむ ・ よどんだ(顔) ・ 泣き伏す ・ 陰々滅々 ・ 春愁 ・ 回向(する) ・ 腹ふくるる(思い) ・ (気持ちの)わだかまり ・ 胸がいっぱいになる(物語) ・ (友の死を)悔やむ ・ (期待を)重荷に感じる ・ 屈託(を抱える) ・ 憂いに沈む ・ (位牌の前で)瞑目(する) ・ 憂うつ(を感じる) ・  わびしさ(が漂う) ・ 息苦しい(気分) ・ 息が詰まる ・ (不安に)息を詰まらせる ・ しっとり(した)(曲) ・ バラード ・ 叙情的(な文章) ・ (ちょっぴり)切ない ・ 切なさ ・ あきらめ(が漂う) ・ 諦観 ・ 運命を受容する ・ すがれた(音色) ・ 死児の齢を数える ・ 楽しめない ・ 去りがたい ・ わびしげ(な雰囲気が漂う) ・ (胸の内が)もやもや(する) ・ 離れがたい ・ 痛嘆 ・ 余情(にひたる) ・ うら寂しさ ・ (悩みを)かかえ込む ・ むせぶ ・ むせび泣く ・ (絶望に)とらえられる ・ 沈む ・ 落莫 ・ 切ない(思い) ・ 冥福を祈る ・ (目をとじて)祈る ・ (死者への)祈り ・ (思いが)屈折(する) ・ 屈折した(感情) ・ 哀愁(△が漂う[を帯びた]) ・ 泣かせる ・ (ユーモアの中に)ペーソス(の漂う作品) ・ 悲話 ・ 合掌(する) ・ 煩累 ・ 泣き沈む ・ 悔しさ ・ (表情に)陰り(のある) ・ 声涙倶に下る ・ 鬱積(する) ・ 哀歌 ・ 追悼(△する[の辞]) ・ 物悲しさ ・ 物憂い ・ 涙腺がゆるむ ・ (気が)めいる ・ 悲しみ ・ うつ念 ・ 寂寞 ・ どこか寂しい ・  ・ 貧寒 ・ メランコリック(な曲) ・ 愛惜(の念に堪えない) ・ 泣きの涙(で手放す) ・ 涙に咽ぶ ・ 癇が立っている ・ (都会の)孤愁こしゅう ・ 気分が晴れない ・ 気持ちが晴れない ・ (心が)晴れない ・ 晴れ晴れしない ・ スカッとしない ・ (気持ちが)じめじめ(する) ・ 泣き入る ・ ブルース(の曲) ・ フラストレーション(がたまる) ・ 寂しげ ・ 満たされない(気持ち) ・ (友人を失って)寂しく思う ・ リリシズム ・ 叙情(的)(な絵) ・ 深悼 ・ 残り惜しい ・ いらいら(する) ・ いらだつ ・ いらだち ・ エレジー ・ (不満が)たまる ・ 離愁 ・ 気持ちが塞ぐ ・ 嗚咽 ・ 俗念(を払う) ・ (△不満[憤り]を)かかえる ・ 悲哀(を感じる) ・ 涙する ・ 泣きじゃくる ・ 不定愁訴 ・ 物思わしげ(な風情) ・ 哀調(を帯びた旋律) ・ 塞ぎ込む ・ 気塞ぎ ・ (気持ちが)ふさ ・ 後朝きぬぎぬ(の別れ) ・ うらさびしい ・ 哀愁を含んだ(メロディー) ・ 不透明な気分 ・ △心[気持ち]が弾まない ・ 荒涼 ・ 悲しみを歌う ・ (気分が)重い ・ 気が重い ・ 陰うつ ・ 感嘆 ・ しみじみ(した) ・ (吉野朝)哀史 ・ 慨嘆 ・ 満たされない(思い) ・ 憂さ ・ 別れがたい ・ メランコリー(な気分) ・ メランコリック(な気分) ・ (死を)いた ・ うつ(状態) ・ ひっそり(としている) ・ 泣き崩れる ・ 煩(に堪えない) ・ なんだかなぁ ・ 眉間にしわを寄せて(座り込む) ・ (素直に)喜べない ・ 秋(になると物悲しい) ・ ほろり(とする) ・ 哀しい ・ 孤独感 ・ (早すぎる死が)悔やまれる ・ 弔意を表する ・ (お)悔やみを言う ・ ご愁傷さまです ・ (本当に)残念です ・ 咳き上げる ・ (気分が)塞ぐ ・ 慟哭 ・ 気が滅入る ・ 感傷的(な気分) ・ センチメンタル(な夜) ・ 感傷旅行 ・ 感情が高ぶる ・ 憂悶 ・ 涙が出る ・ (気持ちが)わだかまる ・ 旅愁 ・ センチメンタルジャーニー ・ 未練が残る ・ 何かを溜め込んだ(顔) ・ 暗澹あんたん(△とする[とした気分がとぐろを巻く]) ・ しんみり ・ 蕭殺 ・ 心理的な影響(が残る) ・ 沈うつ ・ いい気分ではない ・ 気重きおも(な毎日) ・ (胸の内の)気重さ ・ (犠牲者の)霊安かれ(と祈る) ・ レイジー(な節回し) ・ 悶々(とする) ・ 気うつ(が続く) ・ 悲歌 ・ (涙は女を)セクシーにする ・ 愁い(をたたえる) ・ (なにか)暗い雰囲気を持つ ・ 哀話 ・ 哀惜(の念)(に堪えない) ・ (思い出すと)甘酸っぱい ・ 弔意 ・ 後ろ髪を引かれる ・ 泣ける ・ (人の死を)哀れむ ・ 悲しみがつのる ・ 心が沈む ・ (不満を)ため込む ・ 気が進まない ・ めそっとする ・ ありがた涙(を流す) ・ 寥々 ・ 蕭然 ・ 殺風景 ・ やりきれない ・ すっきりしない ・ 念仏を唱える ・ 嘆息(する) ・ つらい(別れ) ・ (哀悼の)弔鐘(を響かせる) ・ 切ない(メロディ) ・ 人生がにじみ出た(歌) ・ 寂寥感 ・ 泣き濡れる ・ 物寂しい ・ 面白くない(気分) ・ 泣く ・ 慰霊(祭を催す) ・ 慨世 ・ ペーソス ・ (人の死を)惜しむ ・ (死が)惜しまれる ・ 惜しい(人を亡くした) ・ 御霊安かれ(と祈る) ・ 門前雀羅を張る ・ (人の死を)悲しむ ・ (別れを)悲しく思う ・ 灰色(の青春) ・ くすんだ(色の)(日々) ・ プチうつ ・ 悲しげ ・ (人生勝負の)負けを知る ・ 寂しげ(な) ・ 泣き出す ・ しゃくり上げる ・ (嫌なことばかりで)むしゃくしゃ(する) ・ 重苦しい(気分) ・ 鬱然 ・ (やさしくて)ほろ苦い(思い出) ・ ほろ苦さ ・ 立ち去りがたい ・ 影のある(美人) ・ 涕泣 ・ 索莫 ・ 黙祷(する) ・ 心がおさまらない ・ 忘れられない ・ わびしい ・ (佇まいに)わびしさが漂う ・ 哀れさ ・ 憂い(を帯びる) ・ うれい(を帯びる) ・ ストレスを感じる ・ 挽歌 ・ 悲愁 ・ 蕭々 ・ (心中)穏やかでない ・ ウェット(な) ・ 心に傷を持つ ・ うつうつ(と)(する) ・ (お)悔やみ(申し上げる) ・ すすり泣く ・ すすり泣き ・ ダーク(な気分) ・ 欲求不満 ・ ローテンション ・ うっとうしい(気分) ・ 鬱する ・ 空虚(な胸の内) ・ 気になる ・ 気にかかる ・ 飽き足りない(ものを感じる) ・ 悲しい(別離) ・ 荒涼とした(精神世界) ・ うっぷん ・ (気持ちが)どよん(とする) ・ 泣き別れ(になる) ・ 聞くに忍びない(話) ・ (サラリーマン)残酷物語 ・ 寂しい ・ 沈んだ ・ (失って)残念に思う ・ (訃を聞いて)落ち込む ・ 寂寥 ・ けだるい ・ 複雑な(胸の内) ・ 悲嘆(に暮れる) ・ うら悲しさ ・ 陰影のある ・ 悲しくて滑稽な(恋の物語) ・ 浮かない顔(をする) ・ 気分がよくない ・ やるせない(思い) ・ 哀調を帯びる ・ うっ屈(△する[した心情]) ・ 億劫 ・ たそがれた(気分) ・ 泣きの涙 ・ 寂しげ(な風景) ・ (気分が)くしゃくしゃ(する) ・ 泣く泣く(諦める) ・ 活気のない(商店街) ・ シャッター通り ・ 痛惜(に堪えない) ・ 悲しみ惜しむ ・ 胸に染みる ・ 泣き笑い(人生) ・ (遺族への)弔慰(金) ・ 吼える ・ 哭する ・ (大切な人を失った)寂しさ ・ (精神的に)参る ・ くよくよ ・ 重たい ・ すすり上げる ・ 物哀れ ・ 嘆じる ・ (誰はばかることなく)号泣 ・ 涙を搾り尽くす ・ 滂沱ぼうだ(の涙) ・ 好きなだけ泣く ・ 人前で泣くことを我慢しない ・ 一しきり泣く ・ センチメンタル(な気分) ・ (気が)くさくさ(する) ・ 安らかにお眠りください ・ 慟哭(の思い) ・ 悲しみで打ちひしがれた心 ・ 人の痛み(が分かる) ・ 傷心(の身) ・ 心の痛み ・ 痛恨(の思い) ・ 心が傷つく ・ (プライドが)傷つく ・ 喜び ・ 身にこたえる ・ 哀歓 ・ 悩む ・ (生きるのが)しんどい ・ 休戚 ・ (まっすぐ)立っていられない ・ 苦痛 ・ (強い)ショックを受ける ・ 重荷 ・ 狂おしい ・ (△心理的[精神的]に)追い込まれる ・ 辛酸をなめる ・ (精神的に)押し潰される ・ つらい ・ 疲れ切る ・ 窮状(を訴える) ・ 苦しい(状況) ・ 血みどろ ・ 厳しい(労働) ・ 天を仰ぐ ・ (精神的に)重苦しい ・ 痛撃 ・ へこむ ・ (精神的に)動揺する ・ 苦い ・ 真綿で首を絞められる(ような思い) ・ 苦悩(する) ・ (精神的に)痛い ・ 敵わない ・ 呻吟(する) ・ 悔恨の思い ・ ひりひりする痛み ・ (心を)かきむしる ・ 心理的影響(を受ける) ・ 試練(の時) ・ (不運に)泣く ・ (苦難に)見舞われる ・ 苦しみ ・ 苦しむ ・ 悶々もんもん(とする) ・ (親の介護に)身を削る ・ 困難(に遭遇) ・ (身も心も)すり減らす ・ 息苦しい ・ 喉が詰まる(のを感じる) ・ 悲痛な(叫び) ・ (心の)痛手 ・ 慟哭(する) ・ (痛みに)うめく ・ うめき(声)をもらす ・ 悲喜 ・ (偏頭痛に)たたられる ・ 普通でない(心理状態) ・ 心が折れる ・ ひしがれる ・ 過酷(な労働) ・ 心が休まらない ・ 辛酸(をなめる) ・ 悩み ・ (精神的に)打ちのめされる ・ めげる ・ 憔悴(△した顔[し切る]) ・ (苦しみに)さいなまれる ・ 忍びない ・ 苦難(の日々) ・ 鋭い痛み ・ 骨身に堪える ・ (格差社会に)痛めつけられる ・ 打撃(を受ける) ・ (子供の病気に)心痛(する) ・ 悩ましい ・ 胸苦しい ・ 塗炭(の苦しみ) ・ (心理的に)追い詰められる ・ 低迷する ・ (人手不足に)悲鳴を上げる ・ 胸の痛み ・ 火宅(の人) ・ 耐えがたい ・ 痛し痒し ・ 憂い ・ 喜びと悲しみ ・ 耐えられない ・ 重い ・ (もう)押し潰されそう ・ 重圧を受ける ・ しょげかえる ・ ひりつく(ような思い) ・ (精神的に)ぺしゃんこ(になる) ・ (重税に)あえぐ ・ 物狂おしい ・ 迷惑 ・ 敗北感 ・ 苦労 ・ (一敗)地にまみれる ・ 四苦八苦 ・ たまらない ・ 苦しい ・ 心が悲鳴を上げる ・ ショックを受ける ・ (心の)悲鳴 ・ ガクン(と来る) ・ 惨憺 ・ へこたれる ・ 血の出るような ・ 一喜一憂 ・ 術無い ・ 悲惨(な少年時代) ・ 無力感に支配される ・ 気苦労 ・ ありがた迷惑 ・ 身を切られる思い ・ 痛恨の思い ・ 苦しめられる ・ 胸が張り裂けんばかり ・ 煙たい ・ 困難(に直面する) ・ どん底に落ちる ・ 傷心 ・ (貧困に)苦しむ ・ 嘆き ・ 窮余 ・ 苦役
哀れ地味であり周囲との違和感がない/しずかで落ち着いた味わいがある(趣がある/落ち着いている)哀れ地味であり周囲との違和感がない/しずかで落ち着いた味わいがある(趣がある/落ち着いている)  穏やか(な時間) ・ 抑制のきいた(雰囲気) ・ 味わい(深い) ・ 味わい深さ ・ (ほのかな)色気 ・ 情感に訴える ・ 風流(な庭) ・ ほっとする(雰囲気) ・ 一風 ・ 興趣 ・ 陰影(をもたせる) ・ 心和む(風景) ・ 陰影のある(表情) ・ しっとり(した感じの女性) ・ しっとり(と)した(たたずまい) ・ 神韻 ・ 幸せを運ぶ(声) ・ 風致(地区) ・ アメニティのある(環境) ・ 風致 ・ 居心地がいい ・ 詩的(な文章) ・ 風雅(な住まい) ・ (雰囲気が)落ち着いている ・ 清雅(な色調の絵) ・ 静か(な雰囲気) ・ 都会のオアシス ・ 快適 ・ 渋い(声) ・ いい雰囲気(の日本庭園) ・ 豊潤さ ・ 曲(がない) ・ 品のよさ(が漂うコーデ) ・ 風情ふぜい(がある) ・ 重み(がある) ・ (周囲との)違和感がない ・ 上品(な茶会) ・ 重厚(な造り) ・  ・ 安らぎ(を感じる) ・ 秘すれば花 ・  ・ 趣向 ・ 遊び心 ・ 幽寂 ・ 柔らか(な曲調) ・ 落ち着いた(△雰囲気[街並み]) ・ 落ち着きのある ・ 落ち着いている ・ 気韻きいん(を感じさせる) ・ 余情(をたたえた)(詩) ・ 優しい ・ 余韻(が残る) ・ 潤い(のある)(文章) ・ 持ち味(がよく出ている) ・ 和風 ・ しっぽり ・ 上品 ・ 神気 ・ 趣味 ・ 物の哀れ(を感じる) ・ 地味 ・ 趣(がある) ・ 哀れ ・ (どこか)懐かしい ・ 風韻(が漂う) ・ びた(味わい) ・ 情感 ・ 静かで落ち着きがある ・ 古き良き(時代) ・ 閑寂(なたたずまい) ・ ゆったりした(雰囲気) ・ (生きるうえでの)慰め ・ 情味じょうみ(のある)(下町の夜景) ・ つくづく思う ・ しみじみ思う ・ 風格 ・ ひなびた(山里) ・ ゆっくり時間が流れる ・ 閑雅(な庭園) ・ リラックスできる ・ (日本)情緒 ・ 江戸情緒 ・ 下町情緒 ・ 癒やし(の空間) ・ 情趣 ・ (秋の)名残(の枯れすすき) ・ 大人っぽい(装い) ・ 色つや ・ 古雅 ・ たまねぎの皮をむくような ・ みやび ・ 渋み ・  ・ (意味)深長 ・ 深遠(な思想) ・ 気高い ・ 味わい深い ・ 醍醐味 ・ 厚みがある ・ 妙味 ・ 枯淡(な画風) ・ 底が知れない ・ 雅致がち(が感じられる) ・ 思索的(なデザイン) ・ 玄妙 ・ 筆致 ・ 計り知れない ・ 含みが多い ・ 興味深い(世界) ・ 風雅 ・ 霊妙 ・ 知り尽くせない(世界) ・ 俗離れ ・ 高踏 ・ 汲めども尽きない(魅力) ・ 興味は尽きない ・ 格調高い(文章) ・ 雅趣がしゅ(に富む作品) ・ ひと筋縄ではいかない ・ 哲学的 ・ 底が深い ・ 高遠 ・ 幽遠(な趣き) ・  ・ 深謀遠慮(の策) ・ 野趣 ・ 茶味 ・ 玄人受け(がする) ・ 雅やか ・ エレガント ・ 難解 ・ 高尚 ・ ふところが深い ・ 重層的(な構造) ・ 二重底三重底(の構成) ・ 俳味 ・ (いくらやっても)分からない(魅力) ・ 含蓄のある(言葉) ・ 奥行き(がある) ・ 風流 ・ 詩趣 ・ 手が込む ・ (その道を)極めきれない ・ 深い(学問) ・ 高雅(な筆致) ・ 閑雅 ・ 孤高 ・ 禅味 ・ 妙趣 ・ 深奥(な哲理) ・ 深みがある ・ 奥深い(△内容[考え]) ・ (行けども行けども)きりがない ・ 妙所 ・ 幽玄(の美) ・ 奥が深い ・ 奥の深い(問題) ・ 切れ味 ・ わび(さび) ・ いい味が出ている ・ 清楚 ・ 静かで深い(和の香り) ・ しみじみとした ・ 育ちがいい ・ 底光りする ・ (内容に)深みがある ・ 趣がある ・ 情趣がある ・ 捨てがたい味(の映画) ・ 風情がある ・ 示唆に富む ・ おつ(な事を言う) ・ 品(がある) ・ 興趣(に富む) ・ ひねりの効いた(セリフ) ・ 流れるような(所作) ・ 味のある ・ 楚々そそ(とした姿) ・ 高潔(な人格) ・ 特色 ・ 重厚(な作品) ・ 軽やか(な外観) ・ 垢抜けている ・ 凛(としている) ・ (独特の)個性 ・ (いつの間にか)引き込まれる ・ ドレッシー(な服装) ・ (独自の)テイスト ・ ロマンスグレー ・ 渋い(芸) ・ 胸に染みる(音楽) ・ 心に染みる(物語) ・ 質感 ・ とろりとした(歌声) ・ 艶然(とほほ笑む) ・ (落ち着きがあって)面白い ・ 面白み(のある) ・ (本来の)持ち味 ・ 落ち着きがある ・ 落ち着いた美しさ ・ 大人(の)(恋) ・ ぬくもりのある(住まい) ・ 時代がついた(家具) ・ 時代がつく ・ 古雅な(文体) ・ 典雅(な音楽) ・ 情感(△あふれる詩[に訴える]) ・ 豊かな(人間性) ・ 新味 ・ いぶし銀 ・ 黙然(と)(座っている) ・  潤いのある(表現) ・ 想像力に訴える ・ (言いようのない)魅力 ・ 魅力的(な) ・ 出しゃばらない ・ (色彩の)ニュアンス ・ 陰影(のある文章) ・ (言葉の)あや ・ 調子 ・ (先代の)芸風(を受け継ぐ) ・ 心引かれる ・ つつましやか ・ 温かみのある(イラスト) ・ 温かい(感じの)(色調) ・ 落ち着いた(△雰囲気[色調の壁紙]) ・ 人肌感がある ・ 手作り感がある ・ 控えめ ・ 小味(△をきかす[な仕上がり/きいた話]) ・ 一趣向(凝らす) ・ ゆかしい ・ 奥ゆかしい ・ 古びた ・ (あなたと話すのは)楽しい ・ (古い街並みを散策するのも)一興 ・ 妙味(がある) ・ くすんだ輝き ・ 渋みのある ・ (挙措)端正 ・ 雰囲気がある ・ スロー(ライフ) ・ (物語が)ゆっくり(立ち上がる) ・ 感性を刺激する(アート) ・ 敷居が高い ・ 風韻を漂わせた(老人) ・ (都会の)哀愁 ・ つつましい ・ おかしみ ・ 貴婦人(然)(としたトリカブトの花) ・ 快味 ・ しとやか(に振る舞う) ・ 円熟(した人間味) ・ 機微に通じた(言葉) ・ 抑制された輝き ・ 風雅(な遊び) ・ 出過ぎない ・ 軽妙さ ・ 情緒がある ・ (古式)ゆかしい(催し) ・ いぶし銀(の演技) ・ 古風(な女性) ・ 余韻(△が残る[のある作品]) ・ 深みのある ・ じんわりくる ・ たおやか(な女性) ・ 滋味あふれた ・ 分をわきまえる ・ 想像をかきたてる ・ 滋味(△掬すべし[豊かな詩文]) ・ 一面的でない ・ たしなみ(を忘れない女性) ・ 貴族的 ・ シック(な装い) ・ 優しい(物腰) ・ たしなみのいい(服装) ・ 感覚的な要素 ・ 成熟した(日本文化) ・ 面白い ・ 面白味がある ・ 品格(がある) ・ よさ ・ 温雅(な人柄) ・ 興趣(が高まる) ・ さりげない(気配り) ・ 美しい ・ 晴れやか ・ 麗しい(女性) ・ 画興(をそそられる) ・ がさつでない ・ (街の)繊細な表情(を描く画家) ・ (人柄が)落ち着いている ・ 落ち着いた(雰囲気) ・ 噛めば噛むほど味が出る ・ スルメのような ・ にじみ出るもの(がある) ・ 苦労人 ・ 詩情あふれた(作品) ・ 抑制された美しさ ・ シック ・ 印象深い ・ 都会的 ・ 品がいい ・  興味をかき立てられる ・ たしなみがある ・ 風格のある(文章) ・ (下町の)香り(が漂う) ・ フレーバー ・ 通好み(の△音楽[時計]) ・ 味(のある絵) ・ 味がある ・ 誇らしげ ・ 独特(のやり方) ・ いき(な着こなし) ・ 古くなった ・ 作風 ・ 奥行きがある(作風) ・ 奥行きを感じさせる ・ いい雰囲気(のお店) ・ 微妙な(節回し) ・ 年輪を刻む ・ 気品(がある) ・ 気品を感じさせる ・ 優艶 ・ 物腰が柔らかい ・ 物柔らか(な人柄) ・ エスプリ(の効いた)(会話) ・ つや消しの銀色 ・ いい味(を出す) ・ 教養人 ・ 臈長ろうたけた(美しさ) ・ にぶく光る ・ 気位 ・ 黒光りのする ・ 芸術的香気を放つ ・ 渋い(色目) ・  ・ 崇高(な理念) ・ (破調の)美 ・ 面白さ ・ 優雅 ・ (独特の)色合い ・ コクがある ・ コクのある(文) ・ (気持ちを)豊かにさせる ・ 清艶(な女性) ・ 奥深い ・ (何とも言えない)(生地の)風合い ・ 肌触り ・ (独特の)肌合い ・ しっとり(と)した(感じの住まい) ・ 風趣 ・ 古雅(な味わい) ・ 繊細(なデザイン) ・ (お)行儀がいい ・ 意味の深い ・ 大人の△文章[休日/チョコレート] ・  深みのある ・ 含蓄(のある話) ・ 魅力を内に秘める ・ 時代のついた(茶道具) ・ 面白み ・ おとなしい(女性) ・ 遠慮がち ・ 遠慮深い ・ 詩情(△が感じられる[豊かな]) ・ 高級感の漂う(レストラン) ・ 小粋な(日本画) ・ (芝居が)うまい ・ (作者の)味付け ・ (△独特の[深い])味わい(のある) ・ 味が深い ・ 味わい豊かな ・ グレースフル(な) ・ 飽きのこない ・ (作者の)こだわり ・ 閑雅かんが(な挙措) ・ 悪くない ・ エレガント(な身のこなし) ・ そこはかとない(△懐かしさ[おかしさ]) ・ (話に)色つや(を添える) ・ 色つやのある(話) ・ 鷹揚(に構える) ・ (優しく)包み込まれるような(ハープの音色) ・ 匂やか(な美人画) ・ 落ち着いた(女性) ・ 慎み深い ・ 優美 ・ しゃしゃり出ない ・ さびた(美しさ) ・ (哀愁)漂う(旋律) ・ コクのある(仕上がり) ・ 渋い(△映画[二枚目]) ・ 深い ・ 節度がある ・ ゆかしい(人柄) ・ 古色のついた(茶器) ・ 品位 ・ (異国的な)フィーリング(があるレストラン) ・ しゃれっけ(がある) ・ 風趣に富んだ(情景) ・ 感興(を△催す[そそる]) ・ かぐわしい(乙女の姿) ・ (作品の)方向性 ・ (作者の)嗜好 ・ 傾向(がある) ・ (ボサノバ)風味 ・ ラテンっ(ぽい) ・ 風雅さ ・ (今)風(のイラスト) ・ (人情の)機微(に触れる) ・ (いやな)ムード ・ (美術館のような)趣(のある)(レストラン) ・ 微かに感じられる ・ 雰囲気 ・ 情緒 ・ (民謡)調ちょう(の歌) ・ (江戸時代の)息づかい(を感じる) ・ 様子 ・ (△様子が[状況が不利だと])見て取れる ・ (改善の兆しが)見える ・ 気分 ・ 気味 ・  ・ (北欧が)テーマ(のレストラン) ・ (現場の空気を)肌で感じる ・ (社会の)様相 ・ (落ち着いた)トーン(の店内) ・ ニュアンス ・ 気配 ・ (職場の)空気(になじむ) ・ (独特の)空気感 ・ 毛色(の違う作品) ・ (夏の)装い ・ (様子を)帯びる ・ 気色 ・  ・ (80年代)フレーバー(の曲) ・ 色合い ・ (政治的)色彩(が強い) ・ 情調 ・ 陰影 ・ 感じ ・ (カレー)風味(の野菜炒め) ・ (敗北の)色(が濃い) ・ 雅俗 ・ 単純な論評を許さない ・ 機微 ・ 簡単に言い尽くせない ・ 微妙 ・ 言葉では△簡単に[うまく]言い表せない ・ 容易には察せられない ・ 言うに言われない
哀れ(な△姿[末路をたどる])(個人が)地位や財産を失って惨めな状態になる(落ちぶれる)哀れ(な△姿[末路をたどる])(個人が)地位や財産を失って惨めな状態になる(落ちぶれる)  降任 ・ 評判を落とす ・ 落伍(する) ・ 落後 ・ 食い詰める ・ 落ち目(の芸能人) ・ 落ち武者 ・ 凋落ちょうらく(する) ・ うらぶれる ・ 失脚(する) ・ しょぼくれた(貧乏人) ・ 神通力を失う ・ 落魄らくはく(の身) ・ 落魄無残(な姿) ・ 風采が上がらない ・ 降職 ・ 路頭に迷う ・ 淪落りんらく(△した女[の淵に沈む]) ・ 逆境にある ・ どん底(の生活) ・ (かつての)威勢はない ・ 路地裏(で暮らす) ・ (すっかり)衰える ・ 解雇(される) ・ うらさびしい(姿) ・ (親にも)合わせる顔がない(ような酷い生活) ・ 転覆 ・ (郷里に)逼塞ひっそく(する) ・ ぱっとしない ・ 都落ち(する) ・ 落ち行く(先は奥州平泉) ・ 諸行無常(の響きあり) ・ (栄光と)挫折 ・ 蹴落とされる ・ リストラ候補 ・ 敗残(の人生) ・ (社会の)敗残者 ・ (△どん底の生活[社会の底辺]に)沈む ・ 枯れすすき ・ 雌伏 ・ (娼婦に)身を落とす ・ 脱落(する) ・ ダメになる ・ (役者)崩れ ・ 野垂れ死(にする) ・ 沈淪 ・ (酒が)身の破滅(を招く) ・ 身を滅ぼす ・ 見放される ・ 置いていかれる ・ (無一文に)成り果てる ・ 成り下がる ・ 誇りも何もなくす ・ あまりにもさびしいカリスマの最期 ・ (△地位が[物乞いにま​で])落ちる ・ 落ちた(偶像) ・ 没落(する) ・ 没落武士 ・ 貧する ・ 貧すれば鈍する ・ 惨め(な境遇)(に陥る) ・ 破産(する) ・ たそがれる ・ たそがれて(生気のない人) ・ 栄枯盛衰 ・ 尾羽おは打ち枯らす ・ (ばくちで)身を持ち崩す ・ (酒に)溺れる ・ みすぼらしい(格好)(をさらす) ・ 身をやつす ・ わびしい(姿) ・ (背中に)わびしさが漂う ・ (支店勤務に)飛ばされる ・ 蹌踉ろうそう(たる姿) ・ (担当から)外れる ・ (平社員に)降格(する) ・ (悲しみに)打ちひしがれる ・ (ワンマン社長の)行き着いた先 ・ 飽きられる ・ しな下る ・ (道楽者の)成れの果て ・ 零落れいらく(する) ・ (過去の栄光も)今は昔 ・ 様変わり(する) ・ 不人気 ・ 破滅型(人間) ・ 哀れ(な△姿[末路をたどる]) ・ 落ちぶれる ・ 落ちぶれ果てる ・ 落ちこぼれる ・ 見る影もない ・ (昔の)面影はない ・ 転落(の道をたどる) ・ (背中に)哀愁が漂う ・ (人気が)失墜しっつい(する) ・ やつれる ・ 失格(になる) ・ 精彩を失う ・ (かつての)輝きを失う ・ (失言が)命取り(になった) ・ 地に落ちる ・ 負け犬(の道を歩み始める) ・ (悪魔に)魂を売る ・ 堕ちる ・ 悪の道に走る ・ 正道から外れる ・ 淪落(する) ・ (どん底に)沈む ・ 誇りをなくす ・ 転落(する) ・ 自分を見失う ・ 毒まんじゅうを食う ・ ダークサイドに落ちる ・ 邪道に落ちる ・ 手を汚す ・ (悪の道に)迷い込む ・ 堕天使 ・  ・ 身を持ち崩す ・ 堕落(する) ・ 悪魔に魅入られる ・ (△裏稼業[悪事]に)手を染める ・ 正道から落ちる ・ 衰亡(△する[に向かう]) ・ 不安定(になる) ・ 不安定化(する) ・ (基盤が)揺らぐ ・ 一文無し ・ 堕落する ・ 取り柄がない ・ 微官 ・ (意欲)消沈(する) ・ (人気が)低落(する) ・ 倒産 ・ 昼あんどん(のような)(男) ・ (もう)鼻血もでない ・ 無銭 ・ (生活に)困窮(する) ・ 鳴かず飛ばず(の二十年) ・ 弱化(する) ・ きゅうきゅう ・ 収入のない(芸術家) ・ お金がない(アーティスト) ・ 窮乏(する) ・ しがない(暮らし) ・ 財政難 ・ (ほとんど)無意味な ・ 失業(する) ・ 道を誤る ・ 降格 ・ 降等(する) ・ 下火(になる) ・ 朽ちる ・ 末期(的)(状況) ・ (人生の)夕暮れ(時) ・ 芽が出ない ・ (業績が)悪化(する) ・ 貸し倒れ ・ 盛者必衰じょうしゃひっすい ・ (学生の)分際(で生意気だ) ・ 並び大名 ・ 不摂生(な生活) ・ バカ(な飲み方) ・ (屋台骨が)傾く ・ 衰勢(に向かう) ・ 裸一貫 ・ 追放(される) ・ (人気に)陰り(が見える) ・ (△力[勢い]が)陰る ・ 神通力の低下 ・ 求心力を失う ・ 身分が低い ・ うだつの上がらない(夫) ・ 貧しい ・ (食物が)乏しい(時代) ・ (人気が)下降(する) ・ (やっと)息をつなぐ ・ 罪を犯す ・ (評価を)下落(させる) ・ (売上げが)ダウン(する) ・ 逸失(する) ・ (△財政[国力]が)疲弊(する) ・ 衰弱(する) ・ 下り坂 ・ 身上しんしょうを潰す ・ 廃れる ・ (格付けを)引き下げる ・ うらなり(の子ども) ・ (新聞業界の)地盤沈下 ・ ケチ(なやくざ) ・ 食い倒す ・ 最底辺(の男) ・ (勢力が)退潮(する) ・ 下積み(時代) ・ 人並みに扱われない ・ (~の)次 ・ ぎりぎりの生活 ・ 品性の劣る ・ 栄華が去る ・ 貧乏人 ・ 小侍 ・ つまらない(人間) ・ 微臣 ・ 下っ端 ・ 老大国 ・ すってんてん ・ 露命をつなぐ ・ 取るに足りない(存在) ・ (経済的に)追い詰められる ・ 光を失う ・ しず ・ 前座(をつとめる) ・ 時流に乗れない ・ 経営難(に陥る) ・ 卑賤(の身) ・ (人間としての)誇りを失う ・ 過ちを犯す ・ みすぼらしい(風体) ・ (日本経済が)沈む ・ 沈みかける ・ 落ち目(になる) ・ 殺伐(とした雰囲気) ・ (主任の)地位を棒に振る ・ パンの耳をもらう ・ (優勝)劣敗 ・ (官位を)剥奪(される) ・ 顧みられない ・ お金がない ・ 劣敗者 ・ 限界状態 ・ 無一文 ・ (家屋が)流失する ・ (もう)限界 ・ (力が)弱まる ・ 弱める ・ 弱くなる ・ (台所は)火の車 ・ (家計が)火だるま(状態) ・ (女の)細腕(で一家を養う) ・ ノンキャリア(官僚) ・ (道を)外す ・ 低い地位 ・ 寒村(で育つ) ・ (貴族制が)遠景に退く ・ 遠景に去る ・ (前景から)フェードアウト(する) ・ (△存在感[力]が)後退(する) ・ 逸脱する ・ 不正を働く ・ 金はあっという間に無くなる ・ 極貧(の暮らし) ・ 下働き(の女性) ・ 衰残 ・ (任を)解かれる ・ おとしめる ・ 賃下げ ・ 格差社会(に痛めつけられる) ・ 志を失った(政治家) ・ ダサい ・ 生活が苦しい ・ 生活が苦しくなる ・ 踏み迷う ・ 秩序が失われる ・ 苦学生 ・ (長い)下積み(の生活) ・ 文無し ・ かつかつの暮らし ・ けんかに次ぐけんか(の日々) ・ 負け組 ・ 生活に追われる ・ 開店休業(状態) ・ (質素な暮らしを)ほそぼそ(と)(続ける) ・ 凡人 ・ 落日(を迎える) ・ 落陽(を迎える) ・ 終わりに近づいている ・ (手元)不如意(である) ・ 虫けら(同然の存在) ・ 健全さを失う ・ (産業が)斜陽化(する) ・ 斜陽(産業) ・ 人の後について行くだけ(の人生) ・ 手に入らない ・ 見向きもされなくなる ・ とかげの尻尾(にされる) ・ (衣食住にも)困る ・ 踏み外す ・ うだつが上がらない ・ 騒ぎを起こす ・ (王朝の)秋 ・ 弱り目(の業界) ・ 下位 ・ 金に困る ・ 旬を過ぎる ・ (△勢力[影響力]に)秋風が吹く ・ 軽輩(の身) ・ (物価高で)青息吐息(だ) ・ ひたむきな心を失う ・ 小心者 ・ (おまんまの)食い上げ ・ やさぐれる ・ たそがれ(の銀行業界) ・ どんくさい ・ 劣化(する) ・ (競争社会の)敗者 ・ 晩節を汚す ・ 何も持っていない ・ 窮迫(する) ・ 劣位(にある) ・ 貧困(層) ・ 衰えが見える ・ 大部屋女優 ・ わんさガール ・ へっぽこ(役人) ・ 手薄 ・ (全てが) 無くなる ・ 遊びほうける ・ 無い袖は振れない ・ 辞令が出る ・ パーにする ・ 荒れた(学校) ・ 金欠(病) ・ 器用貧乏 ・ (社会的立場が)劣る ・ (二軍で)くすぶる ・ (勢いが)影をひそめる ・ 制度疲労(を起こす) ・ ぶざま(な老い姿) ・ 荒い(言葉使い) ・ ちっぽけ(な存在) ・ 雑魚 ・ 小者 ・ ミジンコ(のような)(存在) ・ 下人 ・ 下級武士 ・ 足軽 ・ 影が薄くなる ・ お役ご免(になる) ・ (△体制[産業])衰え ・ 小身 ・ (経済的に)余裕がない ・ 脇役 ・ 窮迫する ・ (相手に)頭が上がらない ・ (利益が)薄い ・ (借金で)首が回らない ・ 放逐(される) ・ 反抗的(生き方) ・ (学生)風情 ・ 悲哀を背負った(サラリーマン) ・ しもじも(の皆さん) ・ 下々げげ ・ (日本の)没落 ・ △酒[女遊び]にふける ・ (ワーキング)プア(に属する) ・ プア(ー)な(日雇い派遣) ・ 最下層(の人間) ・ (地位から)追われる ・ (組織から)追い払われる ・ (閑職に)追いやられる ・ 道に迷う ・ 身を誤る ・ ふうふう言ってる ・ 人気が出ない ・ 地位を失う ・ (深い森に)迷い込む ・ 定職を持たない ・ (品性が)が落ちる ・ 虐げられた(人々) ・ さびれ行く ・ イエスマン ・ 底の方 ・ (後輩の)風下に立つ ・ (株で)大損(をする) ・  ・ おごれる者は久しからず ・ (持つ者と)持たざる者 ・ 下級(国民) ・ しがない(サラリーマン) ・ 貧しい(人々) ・ 下賤げせん(の者) ・ 微賤びせん(の身) ・ 生活保護(以下の暮らし) ・ 駆け出し ・ すってんてん(になる) ・ 食い倒れ ・ 食い潰す ・ (経済的)敗者 ・ 末端(社員) ・ 組織の末端 ・ (傘張り)浪人 ・ (理事の)職を失う ・ 卑しい(身分) ・ 微細(の身) ・ たそがれた(中年男) ・ (正道から)外れる ・ 一介(の兵士) ・ 陣笠(代議士) ・ 色男金と力は無かりけり ・ 小者の域を出ない ・ あごが干上がる ・ 危急存亡のとき ・ 生活苦 ・ 末職 ・ 精彩を欠く ・ 丸裸 ・ (財産を)食い潰す ・ 雑用係 ・ 食いはぐれ ・ 食いはぐれる ・ 食いっぱぐれ ・ 食いっぱぐれる ・ 次席 ・ 老醜(をさらす) ・ 初心者 ・ (会社を)しくじる ・ 営業が苦手 ・ 営業下手 ・ 百姓(の子) ・ (役から)外される ・ 遊蕩 ・ 木っ端(武者) ・ (△力[影響力/勢い]が)衰える ・ (競馬で財産を)する ・ 役目を終える ・ 役目を取り上げられる ・ (罪を)犯す ・ リストラ(される) ・ (商店街が)さびれる ・ 新聞少年 ・ 切り詰めた(生活) ・ 退廃 ・ 食い兼ねる ・ (周囲が)よそよそしい ・ 貧者 ・  ・ にある(研究者) ・ (私)ごとき(者) ・ 衰運の一途をたどる ・ 衰運に見舞われる ・ 宵越しの金は持たない ・ 貧賤 ・ (自分を)見失う ・ 貧乏(する) ・ (影響力が)風化(する) ・ 痛手を受ける ・ 弱小(チーム) ・ 無一物 ・ エンゲル係数が高い ・ やりくりに苦しむ ・ 免職(になる) ・ どか貧 ・ 食っていけない ・ おはらい箱(になる) ・ (芸能界を)干される ・ 首になる ・ 首を切られる ・ 首をすげ替えられる ・ (かつての)面影はない ・ (様相が)様変わり(する) ・ (社会的)弱者 ・ ゲルピン ・ 不遇(の時代) ・ 盛りを過ぎる ・ (人の道に)背く ・ 取るに足りない(人間) ・ お金を借りる ・ 借金漬け ・ (連日、)取り立てに追われる ・ (芸術家の)端くれ ・ (火事で)丸裸(になる) ・ 格下(のチーム) ・ (閑職に)左遷(される) ・ 数ならぬ ・ ぐれる ・ どこの馬の骨か分からない ・ 身代限り ・ (給料に)不満 ・ 詰め腹(を切らされる) ・ 道楽 ・ 不況 ・ (今月)ピンチ(なんだ) ・ 辞任に追い込まれる ・ (儲けを)ふいにする ・ (産業が)衰退(する) ・ 下りになる ・ 荒くれる ・ ジリ貧(に陥る) ・ 小禄(の身) ・ 微禄(の身) ・ (生活必需品にも)不自由(する) ・ ぺいぺい(のサラリーマン) ・ 格下げ ・ やっとの生活 ・ 家運が傾く ・ 頽唐たいとう(する) ・ 鼻くそみたいな(人間) ・ 売れない(役者) ・ 役を下ろされる ・ 吹けば飛ぶような(男) ・ すっからかん ・ (進むべき)道を間違える ・ 物の数でない ・ 物の数に入らない ・ 人数に(は)入らない ・ 序列の低い ・ 従属的(立場) ・ しがない ・ 産を傾ける ・ 生活にゆとりがない ・ たかが(子ども) ・ (やりくりに)四苦八苦(する) ・ 弱体化(する) ・ 下(の者) ・ (男尊)女卑 ・ (身を)持ち崩す ・ お金に困る ・ 財産を失う ・ 下仕え(の者) ・ (犬にも)劣る ・ 腑抜け(になる) ・ 見捨てられる ・ (生活態度が)荒れる ・ ぴいぴい ・ △生き方[人の道]を誤る ・ (いつまでも)下手したて(でいる) ・ 萎靡いび ・ 更迭される ・ すかんぴん ・ さんピン(侍) ・ さんピン奴 ・ 雑兵ぞうひょう ・ (かつての)にぎわいを失う ・ (評価を)下げる ・ 飢える(しかない) ・ (生活が)乱れる ・ (悪の道に)入り込む ・ 下ろされる ・ (不正がばれて会社を)ちょんになる ・ 暴れる ・ (農業が)疲弊(する) ・ 干上がる ・ (グループの)パシリ ・ ランクを落とす ・ 栄枯盛衰(は世の習い) ・ 下風 ・ 廃る ・ 倒れる ・ タガがゆるむ ・ 乏しい ・ 売れなくなる ・ (旧体制の)弔鐘を聞く ・ 内輪 ・ 末位 ・ (生活苦に)あえぐ ・ あえぐような(学生時代) ・ 無産 ・ ふところが寂しい ・ 自転車操業(の状態) ・ (博打打ちが)身ぐるみはがされる ・ 下り坂(にある) ・ (生活に)行き詰まる ・ ふんどし担ぎ ・ (予選で)失格(する) ・ 下座(に座る) ・ すさんだ(生活) ・ ギャンブル依存症 ・ 低い(身分) ・ 放蕩 ・ 逼迫 ・ 素(町人) ・ 落伍者 ・ 成り果てる ・ 失職(する) ・ 力を失う ・ (人気が)色あせる ・ 色あせて見える ・ 破産 ・ さえない(中年社員) ・ 役に立たない ・ 欲に満ちた生活を送る ・ ゲームオーバー ・ 平(社員) ・ (△収入[財産]が)少ない ・ (まだ平で)くすぶっている ・ (憲法が定める)健康で文化的な最低限度の生活 ・ (すべてを)焼かれる ・ (戦災で)焼け出される ・ (家財が)焼失(する) ・ (家宝を)手放す ・ (どこかで人生の)歯車が狂う ・ 敏腕でない ・ 支持が下がる ・ (京の)着倒れ ・ 赤貧(の日々) ・ (自分の)席がなくなる ・ 下り ・ 下りる ・ 低い所へ行く ・ 駆け降りる ・ (屋根の雪を)滑り落とす ・ 下す ・ (荷物を)下ろす ・ (大会旗を)降納(する) ・ (山の頂上から)くだ ・ 降りる ・ (棚板を一段)下げる ・ 降ろす ・ 高いところから低いところへ移る ・ 下がる ・ 下降
哀れ(な人)人並み以下哀れ(な人)人並み以下  みすぼらしい ・ (自らの立場に)悲哀を感じる ・ 悲惨(な生活) ・ 惨め(な姿) ・ 哀れ(な人) ・ 普通以下(の生活) ・ 吹けば飛ぶような(存在) ・ 鼻くそみたいな(もの) ・ ミジンコのような(存在) ・ 社畜 ・ しがない(サラリーマン) ・ わびしい(食事) ・ 奴隷のよう(に働く) ・ みすぼらしい(姿) ・ 人並み以下 ・ 野良犬のような(△自分[惨めさ]) ・ 悲しい(境遇) ・ 下(の者) ・ 小侍 ・ 不遇(の時代) ・ たそがれた(中年男) ・ 雑魚 ・ (傘張り)浪人 ・ 初心者 ・ 小者の域を出ない ・ ノンキャリア(官僚) ・ 低い地位 ・ 下級武士 ・ 足軽 ・ (ほとんど)無意味な ・ 貧賤 ・ 軽輩(の身) ・ しがない ・ にある(研究者) ・ 吹けば飛ぶような(連中) ・ (学生)風情 ・ 脇役 ・ 劣位(にある) ・ 逆境にある ・  ・ 最下層(の人間) ・ 貧しい(人々) ・ (学生の)分際(で生意気だ) ・ 匹夫 ・ (私)ごとき(者) ・ 虫けら(同然の存在) ・ 凡人 ・ 雑兵ぞうひょう ・ 低い(身分) ・ (犬にも)劣る ・ (芸術家の)端くれ ・ くず ・ 悲哀を背負った(サラリーマン) ・ 下風 ・ 微細(の身) ・ (社会的立場が)劣る ・ 馬の骨 ・ へなちょこ ・ 末端(社員) ・ 組織の末端 ・ 陣笠(代議士) ・ 下っ端 ・ さんピン(侍) ・ さんピン奴 ・ 序列の低い ・ 一介(の兵士) ・ 百姓(の子) ・ 前座(をつとめる) ・ 卑小(な存在) ・ どこの馬の骨か分からない ・ どんくさい ・ (グループの)パシリ ・ 軽蔑(に値する) ・ しもじも(の皆さん) ・ 下々げげ ・ 芽が出ない ・ 泡沫(候補) ・ 嘆かわしい(姿) ・ ふんどし担ぎ ・ 小人 ・ 末位 ・ しず ・ 三流(の選手) ・ 取り柄がない ・ 役に立たない ・ (相手に)頭が上がらない ・ 小身 ・ 下賤げせん(の者) ・ 微賤びせん(の身) ・ 売れない(役者) ・ 貧しい ・ ぱっとしない ・ 人並みに扱われない ・ 品性の劣る ・ 素(町人) ・ 平(社員) ・ 失意 ・ 身分が低い ・ 蚊虻ぶんぼう ・ 器用貧乏 ・ 小禄(の身) ・ 微禄(の身) ・ (長い)下積み(の生活) ・ 小心者 ・ 大部屋女優 ・ わんさガール ・ (~の)次 ・ ケチ(なやくざ) ・ 末職 ・ 救いようがない(男) ・ 営業が苦手 ・ 営業下手 ・ みそっかす ・ 下座(に座る) ・ 情けない ・ 収入のない(芸術家) ・ お金がない(アーティスト) ・ (二軍で)くすぶる ・ 唾棄だき(すべき行為) ・ 見下げ果てた(やつ) ・ (社会的)弱者 ・ 開店休業(状態) ・ 器が小さい ・ 並び大名 ・ 昼あんどん(のような)(男) ・ つまらない(人間) ・ 度量の狭い ・ うらなり(の子ども) ・ 弱小(チーム) ・ へっぽこ(役人) ・ 数ならぬ ・ 底の方 ・ 駆け出し ・ ちっぽけ(な存在) ・ 小者 ・ ミジンコ(のような)(存在) ・ 鼠輩 ・ 吹けば飛ぶような(男) ・ (持つ者と)持たざる者 ・ 木っ端(武者) ・ 次席 ・ 男らしくない ・ (男の)風上に(も)置けない ・ 女の腐ったような(やつ) ・ イエスマン ・ あさましい ・ 格下(のチーム) ・ 下級(国民) ・ 卑しい(身分) ・ (とかく)メダカ(は群れたがる) ・ 鳴かず飛ばず(の二十年) ・ 人の後について行くだけ(の人生) ・ (まだ平で)くすぶっている ・ 取るに足りない(存在) ・ ぺいぺい(のサラリーマン) ・ 微臣 ・ (質素な暮らしを)ほそぼそ(と)(続ける) ・ (貴様など)物の数ではない ・ 雑用係 ・ 微官 ・ さえない(中年社員) ・ 人気が出ない ・ スケールの小さい ・ (いつまでも)下手したて(でいる) ・ 半人前 ・ 下位 ・ 小物 ・ 下仕え(の者) ・ 最底辺(の男) ・ 鼻くそみたいな(人間) ・ うだつが上がらない ・ 期待外れ ・ うだつの上がらない(夫) ・ 下働き(の女性) ・ 下積み(時代) ・ 群小 ・ 野人 ・ 取るに足りない ・ 下人 ・ 匹婦 ・ ダサい ・ たかが(子ども) ・ 敏腕でない ・ 従属的(立場) ・ 物の数でない ・ 物の数に入らない ・ 人数に(は)入らない ・ (男尊)女卑 ・ 甲斐性なし ・ (後輩の)風下に立つ ・ 卑賤(の身) ・ 貧乏人 ・ 取るに足りない(人間) ・ 雑兵 ・ つまらない人
日本語WordNetによる、哀れの類義語

意義素類語・同義語
訴えかける軽蔑に満ちた哀れみ哀れ
人の苦しみへの深い理解と同情思い遣り憐憫思遣同情憐れみ憐み憐情哀み不憫思遣り惻隠憐愍哀れみ不愍思い遣思いやり
非常に劣った品質または状態の憐れすぼらしいみすぼらしい果敢無い果敢ない惨め浅ましい情け無い見窄らしいけち佗しい果無い情けないしがない侘びしい嘆かわしい愍然たるミゼラブル儚い情無いあさましい情ない侘しい憫然たる
非常に不幸な悲惨気の毒ミゼラブル不愍愍然たる傷ましい侘びしい佗しい侘しい惨め気のどく憫然たる痛ましい憐れ不憫惨たる
軽蔑と哀れみが混合した刺激不愍傷々しい無惨あさましいいたいたしい涙ぐましい傷傷しい憐れ浅ましい不憫気の毒痛ましい情け無い痛々しい気のどく情ないお気の毒痛痛しいいじましい可哀相御気の毒かわいそういたわしい情無い無残可哀想傷ましい
キーワードをランダムでピックアップ
湿り気強酸才気茶話会グラビア遠大震え鉄漿駅伝恥じ入るボディブロー包括交渉幸不幸を占う力の限りを尽くす古典を読む段階にある問題点が顕在化する背後霊となる人物個々の人
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 7