表示領域を拡大する

(醜い欲望が心の中で)脈打つの類語、関連語、連想される言葉

 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
(△伝統[ものづくりの精神]が)脈打つ昔から続いているしきたりや、やり方(伝統)(△伝統[ものづくりの精神]が)脈打つ昔から続いているしきたりや、やり方(伝統)  (親から子へと)伝えられる ・ 旧套 ・ (伝統を)頑固に守る ・ 生き続ける ・ 生き残っていく ・ 旧来からある(やり方) ・ (村の)風習 ・ 温存される ・ (前時代の)尻尾(を引きずる) ・ (封建時代の)尾てい骨(を残している) ・ (植民地時代の)残滓ざんし ・ 封建的な慣行 ・ (なお)健在 ・ 伝統が生き残る ・ 古くさい(やり方) ・ 遺風 ・ 旧習 ・ (しぶとく)存続する ・ 因習 ・ (古くからある)習わし ・ 古式(マッサージ) ・ 旧式 ・ (地域の)ルール ・ (昔からの)習慣 ・ 前近代的なシステム ・ 古い上着(を脱ぎ捨てる) ・ (昔からの)しきたり ・ 旧弊な制度 ・ 迷信(にもとづく) ・ 伝統 ・ 古流 ・ 遺制 ・ 旧慣 ・ 遺習 ・ (神仏習合思想の)名残 ・ 文明的でない ・ 時代錯誤の仕組み ・ (一つの)価値観 ・ 維持される ・ 旧例 ・ (村の)決めごと ・ 旧風 ・ (行事を)型のごとく(済ませる) ・ 形ばかり(の手続き) ・ 慣習 ・ 定例 ・ 型の如く ・ 昔からそうやってきた ・ (村の)習わし ・ 古例 ・ 民俗 ・ 前例 ・ 習慣 ・ 儀式的 ・ 基本(的に) ・ 従来のやり方 ・ (伝統の)型 ・ 手風 ・ (村祭りは春に行うのが)決まり(だ) ・ お決まり(の流れ) ・ 慣例 ・  ・ しきたり ・ 形式 ・ 形式的(な対応) ・ 歯磨き(のようなもの) ・  ・ 手本 ・ お定まり(の自慢話が始まる) ・ 先例 ・ 通例 ・  ・ 俗習 ・ 常例 ・ しゃんしゃん(総会) ・ 言い習わす ・ 言い習わし ・ 原則 ・ お定まり ・ 風儀 ・ (一定の)決まり ・ 習い ・ 恒例 ・ 慣行 ・ (以前からの)やり方 ・ 事務的 ・ 流俗 ・ 動かしがたい ・ 世故 ・ 典例 ・ 型通り(の手続き) ・ 生き残る ・ DNA ・ (先祖代々受け継がれたものが私の)(中に)脈打っている ・ 受け継がれる ・ 脈々と(受け継がれる) ・ 存立(する) ・ 引き継がれる ・ 保存(する) ・ (家族の)歴史をつなぐ(家) ・ (伝統芸能が)息づいている(街) ・ (娘が父の)夢をつなぐ ・ (代々)継がれる ・ (禅の)精神が伝わる(空間) ・ (城跡の石垣が)名残りをとどめる ・ 存続(△する[させる]) ・ (子から孫へと)伝えられる ・ 踏襲される ・ 継続する(伝統の技) ・ 旧制
(鈍痛が)脈打つ(肉体的に)痛い(鈍痛が)脈打つ(肉体的に)痛い  (痛くて)悲鳴をあげる ・ つらい ・ ひりひり(する) ・ ひりつく ・ かさぶたをはぎ取るような痛み ・ (舌が)ぴりぴり(する) ・ ぴりっと ・ (傷口が)じんじん(する) ・ 苦痛(が押し寄せる) ・ 痛み(が△ある[襲う]) ・ 痛痒 ・ うずく ・ うずき ・ (傷口に)染みる ・ 痛い(と感じる) ・ きりきり(△した痛み[と胃が痛む]) ・ キリをもみ込まれるような(鋭い)(痛み) ・ もみ込むような痛み(が食い入ってくる) ・ (パンチが)効く ・ 鈍痛 ・ 体に問題が生じる ・ ずきんずきん ・ 排尿痛 ・ 無理がたたる ・ 焼け付くように痛い ・ 焼け付くような痛み ・ 刺激 ・ ちくちく ・ 痛める ・ (後頭部に)衝撃が走る ・ 激痛(△を感じる[に襲われる]) ・ 痛がる ・ (刺された背中が)焼けるように熱い ・ 飛び上るほど痛い ・ 疼痛(がある) ・ 焼け火箸を当たられたような痛さ ・ 筋肉痛 ・ (腹が)しくしく(する) ・ (頭が)ガンガン(する) ・ 神経痛 ・ 電気が走るような痛み ・ びりびり(と)(電気が走る) ・ 灼熱感 ・ 痛い目(を見る) ・ 痛む ・ 生理痛 ・ ずきずき(する) ・ ちくり ・ 疝気 ・ しびれる ・ ちくりと ・ (筋肉痛に)見舞われる ・ 苦痛(を感じる) ・ ひりりと ・ 刺すような痛み ・ 病める ・ 差し込み ・ 手を当てる ・ ドライ(な空気) ・ (鼻の奥が)ひりひり(する) ・ ごまかす ・ のどに違和感を覚える ・ 腹痛 ・ (頭が)割れるよう(に痛い) ・ 痛みを鎮める ・ 食あたり ・ 痛みを感じない ・ いがらっぽい ・ え辛っぽい ・ 歯痛 ・ 焦げくさい ・ 疝痛 ・ 頭痛 ・ 乾いた(喉) ・ 頭が痛い ・ きな臭い ・ 胃痛 ・ 胃けいれん ・ 腰痛 ・ 鎮痛 ・ 差し込む ・ 刺激的なにおい ・ 陣痛 ・ 胸痛 ・ 無痛 ・ のどが炎症を起こす ・ (のどが)イガイガする ・ ちくちく(する) ・ 煙たい ・ 胸焼け ・ むずがゆい ・ かゆい ・ 痛痒つうよう ・ むずむず ・ 隔靴掻痒かっかそうよう ・ 感覚を起こさせる外的条件 ・ 感覚的
脈打つわずかに動く脈打つわずかに動く  蠢動 ・ 微動(だにしない) ・ もぐもぐ ・ 不活発に動く ・ 胎動 ・ うごめく ・ うごめかす ・ ぴくぴく ・ 脈動 ・ 蠕動 ・ もぞもぞ ・ わずかな揺れ ・ うずく ・ 震撼 ・ 震動 ・ わなわな ・ マナーモード ・ 振動 ・ 震わせる ・ 震える ・ 震え ・ がくがく ・ 揺らぎ ・ ひくひく ・ 顫動 ・ 小刻み(に震える) ・ 痙攣したよう(に)(震える) ・ がたがた ・ (心臓の)脈動 ・ (船の)動揺 ・ ぶるぶる ・ (宇宙の)鼓動 ・ 身震い ・ がくんがくん ・ 震う ・ ぴくりと ・ バイブレーション ・ 形ばかり(のお礼) ・ (装置の)駆動(部) ・ 限定的ながら(意思疎通ができる英会話力) ・ ささやか ・ いくらか(気分が良くなる) ・ 控えめ ・ 円運動 ・ うっすら(と) ・ 少し(ばかり) ・ おまけ(が付く) ・ 色をつける ・ 最小 ・ ほんのり ・ 高々 ・ ほのか ・ わずかに ・ わずかな ・ わずか(ながら) ・ わずかばかり(の餞別) ・ 移り変わり ・ ちょっぴり ・ かすかな ・ 一縷(の望み) ・ わらにもすがる(思い) ・ 僅かに ・ 軽く(踏み込む) ・ 軽い(病) ・ 薄々 ・ 一部 ・ 作動 ・ 流動 ・ せいぜい ・ 少々(つらい) ・ たかが ・ 動く ・ 小さい ・ 大したことはない ・ 大した~でない ・ 弾む ・ 動かす ・ 淡い ・ 淡く ・ 何か(変だぞ) ・ ちょっとした ・ (原子の)運動 ・ 薄ら ・ 心持ち(大きい) ・ ちょっと ・ いくばく(か)(残っている) ・ いくぶん(気が引ける) ・ いくぶんか(分けてやる) ・ 浅い ・ どこか(おかしい) ・ どこかしら(面影がある) ・ 心なし(か)(顔色が悪い) ・ (△汗[悔しさ]が)にじむ ・ 少々 ・ 余り~ない ・ 小さな ・ 大して ・ 一端(の責任を感じる) ・ ちっと ・ 慣性(の法則) ・ 多少 ・ じんわり(温かい) ・ 一風(変わっている) ・ 何らか(の)(影響があるだろう) ・ あるか無きか(の風) ・ 波動 ・ 少しく ・ ある程度 ・ かすか(ににおう) ・ ほんの ・ (星の)移動 ・ 僅か ・  ・ 弱々しく(光る) ・ 薄い ・  ・ そこそこ ・ 心ばかり(の)(品) ・  ・ 力学 ・ 軽微(の損害) ・ ちっとやそっと ・ いささか ・ 一つ ・ 気持ちばかり(のお値引き) ・ (よく)分からない ・ しるしばかり(のお礼) ・ 申し訳程度(の謝礼) ・ 軽少 ・ 過小 ・ 若干(涼しい) ・ 一抹(の)(寂しさ) ・ 一脈(の)(不安) ・ 毛筋ほど(の)(迷いもない) ・ やや(△暑い[好転する]) ・ 動き
(醜い欲望が心の中で)脈打つ表からはうかがい知れない物事の隠された(みにくい)部分(暗部)(醜い欲望が心の中で)脈打つ表からはうかがい知れない物事の隠された(みにくい)部分(暗部)  奥(の部分) ・ (うかがい知れない)暗がり ・ 水面下(でのやり取り) ・ 不透明な部分 ・ 光の届かない部分 ・ (経済発展の)陰(で広がる貧富の格差) ・ (地下に)潜行(する)(秘密組織) ・ 影の部分 ・ 人知れない ・ 裏面 ・ 不明朗(なやり方) ・ 水面下(の部分) ・ 裏街道(を行く) ・ (政界の)暗流(に迫る) ・ 隠された部分 ・ 最奥 ・ 暗黒面 ・ (ネット社会の)ダークサイド ・ (社会の)隠微(な側面) ・ 裏側(の現実) ・ 暗部 ・ (企業の)恥部 ・ (巨大組織の)腐敗部分 ・ 暗闇 ・ (社会の)深部 ・ 必要悪 ・ ダーティ(ー)(な部分) ・ (ホワイトハウスの)奥の院 ・ ダークサイド ・ (巨大組織の)聖域(に踏み込む) ・ (森の)奥深く(で起こる) ・ (事件の)深層部分 ・ 深層部 ・ 汚い部分 ・ (実相に)からめ手(から迫る) ・ (芸能界の表と)裏 ・ 深奥 ・ アングラ(ビジネス) ・ サブ(カルチャー) ・ マイナー(な文化) ・ 醜い部分 ・ (現代社会の)闇 ・ (すべては)やぶの中 ・  ・ 内情 ・ 内界 ・ 失われた(大陸) ・ (関係者以外)誰も知らない(話) ・ (心の内に)鬼(を飼う) ・ (内なる)悪 ・ 百鬼夜行(の内部) ・ (業界の)内側(を暴露) ・ ひと皮むけば(問題だらけ) ・ ひと皮めくると(恐るべき実態がある) ・ 闇夜(が続く) ・ 深い闇 ・ (事態の)裏側(が見えてきた) ・ (政界の)裏面りめん ・ (政界の)裏話 ・ 裏の裏(まで知っている) ・ 実際(は)(どうなのか) ・ 真相 ・ (経営の)実態 ・ 絶望(的な状態) ・ (事件の)背後(を洗う) ・ (事件の)裏 ・ 裏(の事情) ・ (記憶の)古層 ・ (日本の抱える)黒歴史 ・ 内部事情 ・ 暗い(時代) ・ 謎に包まれる ・ 裏社会 ・ 圧政(による息苦しさ) ・ 影(の部分) ・ 闇の部分 ・ 本性 ・ (特定業界における)伏魔殿 ・ 裏情報 ・ 心の内側 ・ 魑魅魍魎ちみもうりょう(の世界) ・ 表に出せない(話) ・ 表に出ない部分 ・ 深層心理 ・ 暗黒(街) ・ (警察力の入らない)暗黒地帯 ・ 暗黒大陸 ・ (政界の)裏面 ・ (社会の)暗黒面 ・ 全貌の一部 ・ 秘密の事柄 ・ 悪夢(のような状況) ・ (夜の世界の)底の底 ・ 後ろ暗さ(がつきまとう) ・ 底なし(の腐敗ぶり) ・ 暴露話 ・ (うまい話には)裏(がある) ・ 温床 ・ ひと皮めくると ・ (航空業界の)舞台裏(に迫る) ・ (心の)内奥ないおう ・ 秘密情報 ・ (考えの)底(を知ることができない) ・ 楽屋(話) ・ 楽屋裏(を話す) ・ (心の)ひだ(の奥) ・ 隠蔽情報 ・ 非公式情報 ・ (帝国の光と)影 ・ (政界の)うみ ・ (事件の)いきさつ(を知る人) ・ 内部の事情 ・ (心の)奥底 ・ 希望が持てない ・ 内幕(を語る) ・ 内幕話 ・ 閉ざされた(世界) ・ (社会の)断面(を描く) ・ いわく(付き)(の物件) ・ (あの話には)からくり(がある) ・ (人生に対する)(果てしない)虚無 ・ 内実 ・ 知られざる(真相) ・ (我が家の)台所事情 ・ (大企業の)闇 ・ (社会の)暗部 ・ 特殊事情 ・ 水面下(の動き) ・ 毒巣 ・ (社会的底辺の)悲惨な実態 ・ 秘められた(大人の事情) ・ △世間に[一般には]知られていない ・ 家庭の事情 ・ (芸能界の)うわさ(に通じている) ・ 闇の情報(に詳しい) ・ 隠れた部分 ・ 隠された(真実) ・ (人間の)内面 ・ 裏事情 ・ 内部世界 ・ (監視の届かない)ブラックボックス ・ (心の)闇 ・ 内在(する) ・ ディープスポット ・ 奥地 ・ 奥深い(所) ・ (袋小路の)突き当たり ・ 奥の奥 ・ (芸能界の)裏の闇 ・ 奥底 ・ 裏側 ・ 深(南部) ・ (店は道路から)引っ込んだところ(にある) ・ 深奥しんおう(部) ・ 真実 ・ (京都の)奥座敷 ・ (奥)深い(山中) ・ 遠く ・ (延命治療の)悲惨な実態 ・ 表面化しない ・ 覆い隠された部分 ・ 不明部分 ・ 山奥 ・ (経済成長の)ひずみ ・ 山懐やまふところ(にいだかれた村) ・ 山里 ・ 負の部分 ・ 底の底 ・ (洞窟の)深いところ ・ ネガの部分 ・ (炭坑の)深部 ・  ・ 奥まったところ ・ 人跡未踏(の地) ・ 治外法権(の場所) ・ (社会の)グロテスクな部分 ・ 秘奥 ・ (湾の)奥部 ・ (押し入れの)隅(の方) ・ 負の側面 ・  ・ 人目に触れない ・ (路地を左に)入ったところ ・ (高度成長の)隠れた側面 ・ 奥の院 ・ 深窓 ・ (体の)心(まで冷える) ・ マイナス面 ・ 内陸部 ・ (心の)内奥 ・ (森の)奥懐おくふところ ・ (副作用としての)吹き出物 ・ (ビンの)底(の方) ・ 山深い(地) ・ 分かり辛い ・ (よく)分からない ・ 不明朗(な金のやり取り) ・ たやすく理解できない ・ 観念的(な作品) ・ 複雑怪奇(な国際情勢) ・ 難しい ・ 読みにくい ・ 理解しにくい ・ 難解 ・ 前衛的(な作品) ・ (説明が難しすぎて)消化不良(を起こす) ・ 分かりにくい ・ 晦渋かいじゅう(な文章) ・ (ひどく)難しい
(ものづくりの)(精神が)脈打つ伝統や精神が生きている、受け継ぐ(ものづくりの)(精神が)脈打つ伝統や精神が生きている、受け継ぐ  (武道の奥義を)師承(する) ・ (象徴派の)流れをくむ ・ (天皇の)系譜(に連なる) ・ (~に)連なる ・ (師の)衣鉢を継ぐ ・ 生き続ける ・ (伝統を)守っていく ・ 生き残る ・ (家族の)歴史をつなぐ(家) ・ 生き延びる ・ (先人の教えはなお)有効である ・ (△文化[思想]を)受け継ぐ ・ (代々)受け継がれてる ・ 伝統を継ぐ ・ (先人に)追随(する) ・ (いにしえの技を)後世に伝えるべく(努める) ・ (師匠)譲り(の芸) ・ (先人の)夢をつなぐ ・ (△伝統[精神]が未来に)引き継がれる ・ 存続する ・ (技能を)伝承する ・ (伝統として)生きる ・ 維持する ・ (美風が)維持される ・ 命脈を保つ ・ 命をつなぐ ・ 続ける ・ (古くから)脈々と(伝わる風習) ・ 脈々(と)(生きている) ・ (現代に)息づく(古典) ・ (△伝統[精神]が)生きている ・ (先例を)踏襲(する) ・ (時代を超えて)(暮らしの中に)息づいている ・ (師の)精神を継承する(弟子) ・ 余熱が残る ・ (禅の)精神が伝わる(空間) ・ 去らない ・ 余情(を味わう) ・ (代々)継がれる ・ 踏襲される ・ 次期(会長) ・ 遺制 ・ 後を継ぐ ・ 襲名(する) ・ (状態が)停滞(する) ・ 地位を奪う ・ (いまだ)ほとぼりの冷めやらぬ(面持ち) ・ コネ(△がある[を頼る]) ・ 襲業 ・ (面影が)揺曳ようえい(する) ・ 衣鉢を継ぐ ・ 引き継ぐ ・ 爪あと(を残す) ・ 根に持つ ・ (光の)残像 ・ 継承(する) ・ 継承者 ・ (三年前の事故が)後を引く ・ 継続 ・ 名残 ・ (部長の)後(を決める) ・ (子から孫へと)伝えられる ・ 消えない ・ 跡目(を継ぐ) ・ (過去を)引きずる ・ (従来の)惰性(で漫然と続く) ・ 継続する(伝統の技) ・ 余韻(を残す) ・ 尾を引く ・ (悪習が)存続(する) ・ (先代の)(跡を)襲う ・ (正月気分が)抜けない ・ 遺産を受け継ぐ ・ 跡継ぎ ・ (ずっと)後まで続く ・ (不況が)長引く ・ (家を)継ぐ ・ 受け継がれる ・ 脈々と(受け継がれる) ・ ほとぼり(が冷めるまで~) ・ (伝統芸能が)息づいている(街) ・ 世継ぎ ・ 後々まで(響く) ・ 引き継がれる ・ 後継(者) ・ 後継候補 ・ バトンタッチされる ・ (世代交代の)バトンを受ける ・ バトンを受け取る ・ (支援の)(バトンを)つないでいく ・ 世襲 ・ 武士の子は武士、農民の子は農民 ・ 人事異動 ・ 影響(△が残る[を残す]) ・ (先祖代々受け継がれたものが私の)(中に)脈打っている ・ (影響を)後に残す ・ DNA ・ 相続(する) ・ (娘が父の)夢をつなぐ ・ 当主となる ・ 後任 ・ 後釜(に座る) ・ (ある出来事の)残響 ・ (親の)余光をこうむる ・ 襲爵 ・ (栄耀栄華の)残映 ・ (余震が)続く ・ 後事を託される ・ (城跡の石垣が)名残りをとどめる ・ 揺り戻し ・ 問題が残る ・ (財産を)譲られる ・ 後に入る ・ 次代(の国王) ・ (前任者の)(あとを)引き受ける ・ 直系(の弟子) ・ 直門じきもん(の弟子) ・ 保存(する) ・ 存立(する) ・ 存続(△する[させる])
(醜い欲望が心の中で)脈打つ(未分類)(醜い欲望が心の中で)脈打つ(未分類)  血脈 ・ 脈搏つ ・ 息荒く ・ 寝息 ・ 波動する ・ 小浮動する ・ 高下する ・ 波及していく ・ そよぐ ・ 揉まれる ・ ゆすり上げられる ・ 波状的に ・ 変動する ・ 起伏する ・ 脈動する ・ 振れ幅が大きい ・ 激動する ・ 浮動する ・ ざわざわする ・ 起伏を描く ・ 揺らめく ・ 揺れる ・ リズムを打つ ・ 揺れ動く ・ 波乱 ・ 暴れる ・ 実在する ・ 生息する ・ 名を連ねる ・ 雑居する ・ 心拍 ・ 早鐘のように ・ 胸の轟き ・ 変遷する ・ 向かう ・ 胎動する ・ 移り変わる ・ 昇華される ・ 移りゆく ・ 変革 ・ うねる ・ 変化する ・ 変わる ・ 傾向がある ・ 縦に動く ・ たて揺れする ・ がたがた揺れる ・ ゆさゆさする ・ 上下する ・ 鳴動する ・ ぐらり ・ 動揺する ・ 踊る ・ 波状的に寄せる ・ 大揺れする ・ 騒動が持ち上がる ・ ぷるんぷるん ・ ドッキンドッキン ・ うねるように ・ 波打つ ・ 危機の到来 ・ 鼓動を打つ ・ もつ ・ 有する ・ 含有する ・ 盛り込まれる ・ 備える ・ 具有する ・ 変わりやすい ・ 高められる ・ 突入 ・ 推移する ・ 変貌 ・ 風穴があく ・ 移行する ・ はじける ・ 流れが変わる ・ 流転する ・ 別の風が吹きはじめる ・ 押しのける ・ 展開する ・ 浮動 ・ 転化する ・ 飲み込む ・ すみに追いやる ・ 息がある ・ 不整脈 ・ ドキンドキン ・ 活動する ・ ある ・ うねり ・ 息づく生き続ける ・ 存在し続ける ・ 朽ちることなく ・ 次々と ・ 息遣い ・ 息吹 ・ 深呼吸 ・ 呼吸 ・  ・ 生命 ・ 弾むバウンドする ・ ウェーブする ・ けいれんする ・ 舞い上がる ・ まにまに ・ 翻弄される ・ 沸騰する ・ 乱高下する ・ 揺さぶられる ・ 騒動になる ・ 盛り上がる ・ 振れる ・ 神経質に ・ ゆらゆらする ・ ゆさゆさ揺れる ・ 群棲する ・ 居る住む ・ 在住する ・ 存在する ・ 呼吸する ・ 脈拍 ・ 心拍数 ・ 心臓の鼓動 ・ どっきんどっきん ・ 激しく脈打つどきどき ・ 転換する ・ 訛る ・ 変わりゆく ・ 流れる ・ 移ろう ・ 発展する ・ 音変化する ・ 混乱 ・ 横揺れする ・ ぶらぶらする ・ 揺らぐ ・ 大騒ぎになる ・ 激震が走る ・ ぐらぐらする ・ バウンドする ・ たぷんたぷん ・ 右往左往 ・ 動乱 ・ 網羅する ・ 謳われる ・ 横溢する ・ 含む ・ 内蔵する ・ 帯びて ・ 所収 ・ 反転する ・ 地殻変動 ・ 移り気な ・ 転回 ・ 移る ・ 変動 ・ 分散化 ・ 変転 ・ 新たな展開 ・ 移ろいゆく ・ 転化 ・ 様変わりする ・ 搏動 ・ 脈々と流れる ・ 底流としてある ・ 受け継がれている ・ 絶え間なく ・ 途絶えずに ・ 連綿と ・ バイオリズム ・ リズム ・ 律韻 ・ 身の丈リズム ・ リズミック ・ 律動
キーワードをランダムでピックアップ
光る造言低声検札幕の内この上なく目が見えない伺いを立てる恭順の意しゃしゃり出ない世間に知られない返答に窮する生ぬるい印象へこへこ設備を近代化させる思いがたまりにたまる赤い糸に導かれる蜜に群がるアリのよう武器を供与
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 8