表示領域を拡大する
揺り戻しの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
揺り戻し何かが終わっても、その気配や影響があとに残る揺り戻し何かが終わっても、その気配や影響があとに残る  (状態が)停滞(する) ・ (正月気分が)抜けない ・ (従来の)惰性(で漫然と続く) ・ 去らない ・ (余震が)続く ・ 根に持つ ・ 余韻(を残す) ・ (光の)残像 ・ (影響を)後に残す ・ 影響(△が残る[を残す]) ・ (自然災害の影響が)影を落とす(経済) ・ (震災の)(落とした)影(はまだ色濃い) ・ (いまだ)ほとぼりの冷めやらぬ(面持ち) ・ (不況が)長引く ・ (ある出来事の)残響 ・ (前時代の)尻尾(△が残る[を引きずる]) ・ 余情(を味わう) ・ 名残 ・ 尾を引く ・ 余熱が残る ・ (過去を)引きずる ・ (ずっと)後まで続く ・ 遺制 ・ (三年前の事故が)後を引く ・ 消えない ・ (景気対策の)後遺症(としての財政赤字) ・ (悪習が)存続(する) ・ (栄耀栄華の)残映 ・ 後々まで(響く) ・ 問題が残る ・ ほとぼり(が冷めるまで~) ・ (親の)余光をこうむる ・ (面影が)揺曳ようえい(する) ・ 余波 ・ 波紋 ・ ほとぼり ・ 潜熱 ・ ほてり ・ 余熱 ・ (余韻)嫋々じょうじょう(として尽きず) ・ (鐘の音が)(しばらく)響く ・ (鐘の)響き ・ 余韻 ・ 残響 ・ 響かせる ・ とどろく ・ とどろかせる ・ とどろき ・ とどろき渡る ・ 鳴り響く ・ 響く ・ うなる ・ 響動き ・ 殷々 ・ 響動す ・  ・ 音響 ・ 響き ・ 響き渡る ・ 響動く ・ 高鳴る ・ 鳴り渡る ・ 轟々 ・ 轟然ごうぜん(たる大音響) ・ 響動む ・ 後味 ・ 後口 ・ 慣性 ・ 慣性(の法則) ・ 余勢 ・ 回転力 ・ モメンタム ・ 惰力 ・ 惰性 ・ 弾み ・ 余威 ・ 後味の悪い ・ (不信感が)消えない ・ (疑いが)晴れない ・ 悶々(とする) ・ 納得できない ・ 釈然としない ・ すっきりしない(胸中) ・ 後々の厄介 ・ あとの面倒 ・ (台風の)爪あと(が残る) ・ (戦争の)傷あと(を残す) ・ 癒えない(心の傷) ・ (心の奥が)いがらっぽい ・ (気持ちが)吹っ切れない ・ 未消化(のまま) ・ 火種(が残る) ・ 心の奥に消えずに残る ・ 疑わしい ・ 未解決のまま ・ (不安が)(頭から)離れない ・ 心理的な影響(が残る) ・ (不満が)くすぶる ・ (怒りの)余燼よじんがくすぶる ・ (満たされない思いが)くすぶり続ける ・ なお続く ・ すっきりしない ・ もやもや(する) ・ (あとには)何か嫌なものが残る ・ (まだ)腑に落ちない ・ ほとぼりが冷めない ・ じくじたる思い ・ 禍根(を残す) ・ (感情的)しこり(△が残る[を残す]) ・ わだかまる ・ 思い切れない ・ 長引く ・ 後腐れ(がない) ・ 後味が悪い ・ (心の)整理がつかない ・ (△問題[疑問]が)くすぶる ・ (過去の恋愛を)引きずる ・ 悪影響(が残る) ・ (心の傷が)癒えない ・ (懸念が)去らない ・ 割り切れなさが残る ・ (思いが)後を引く ・ うじうじ(と煮え切らない) ・ 後ろ髪を引かれる思い ・ 諦めきれない ・ 屈折した(感情) ・ 思いを残す ・ 燃焼しきれない ・ 心残り(がある) ・ 発散しきれない ・ (気持ちが)晴れない ・ 返す返す残念 ・ 未練(が残る) ・ 未練を残す ・ (△気分[思い]が)くすぶる ・ 後ろ髪を引かれる(思い) ・ うつうつ(とする) ・ 憂うつ ・ (いつまでも)ぐずぐず(言う) ・ 敗北を抱きしめる ・ 悲しみを抱える ・ うっ屈(する) ・ 後味(がいい) ・ (胃が)もたれない ・ 胃もたれしない ・ 淡泊(な味) ・ さっぱり(した)(味) ・ (味に)嫌味がない ・ 癖がない ・ 口当たりがいい ・ (後口が)すっきり(する) ・ 苦渋(の決断)(だった) ・ (過去の行為に対する)罪の意識(が消えない) ・ じくじたる(思い) ・ (むごい仕打ちをした後は)寝覚めが悪い ・ (うそをつくのは)気がとがめる ・ 気まずい(思い) ・ さっぱりしない ・ 割り切れない(思い) ・ (思い出すと)気分が悪い ・ (事件は解決したが)後味が悪い ・ 苦い(結果) ・ 自己嫌悪(する) ・ ほろ苦い(思い) ・ (後悔が)澱のように(沈む) ・ (後遺症が)後を引く ・ (気分が)晴れない ・ (先人に)追随(する) ・ (家族の)歴史をつなぐ(家) ・ (先人の)夢をつなぐ ・ 伝統を継ぐ ・ (△伝統[精神]が未来に)引き継がれる ・ (伝統として)生きる ・ (△文化[思想]を)受け継ぐ ・ (代々)受け継がれてる ・ 生き続ける ・ (師の)衣鉢を継ぐ ・ (ものづくりの)(精神が)脈打つ ・ (師匠)譲り(の芸) ・ (古くから)脈々と(伝わる風習) ・ 脈々(と)(生きている) ・ (技能を)伝承する ・ 生き残る ・ (先例を)踏襲(する) ・ 命脈を保つ ・ 命をつなぐ ・ (象徴派の)流れをくむ ・ (いにしえの技を)後世に伝えるべく(努める) ・ 存続する ・ (△伝統[精神]が)生きている ・ (師の)精神を継承する(弟子) ・ 続ける ・ 維持する ・ (美風が)維持される ・ (武道の奥義を)師承(する) ・ (天皇の)系譜(に連なる) ・ (~に)連なる ・ (現代に)息づく(古典) ・ (伝統を)守っていく ・ (先人の教えはなお)有効である ・ 生き延びる ・ (時代を超えて)(暮らしの中に)息づいている ・ 興奮冷めやらぬ ・ 余韻に浸る ・ 余韻が残る ・ 勝利の美酒に酔う ・ 余剰を味わう ・ 余白 ・ 余り ・ 余分 ・ 有り余る ・ 立錐の余地 ・ 剰余 ・ (供給)過多 ・ (にせものの)横行 ・ 余りある ・ 過ぎる ・ 過剰(な供給) ・ 多すぎる ・ あふれる(ほど)(の情熱) ・ 氾濫はんらん(している) ・ だぶつく ・ 残る ・ (暇を)持て余す ・  ・ 余地 ・ 余裕(がある) ・  ・ 以上 ・ 湯水のように(使う) ・ 十分すぎる ・ 十分以上(の性能) ・ 十二分(の報酬) ・ (粗製)濫造らんぞう ・ 乱立(する) ・ 遊休(施設) ・ 多い ・ はみ出す ・ はみ出る ・ 有余 ・ ゆとりがある ・ 余力がある ・ 使いきれない ・ 使いこなせない ・ 余剰 ・ 飽和(状態) ・ 余る ・ 残余 ・ 掃いて捨てるほど ・ 不必要なほど(の広さ) ・ ありすぎる ・ 必要以上(にある) ・ 残り ・ 行き場を失う(未利用食材) ・ 余す ・ 余計 ・ 浜の真砂まさごは尽きるとも世に盗人の種は尽きまじ ・ その ・ そののち ・ (それ)以後 ・ あとになって ・ のちになって ・ 今まで ・ 後(になって) ・ (十年の歳月を)経て ・ 先日来 ・ (△終戦[事件])直後 ・ 後代 ・ 朝来 ・ 爾後 ・ 夜来(の雨) ・  ・ 将来 ・ その時より後 ・ 結果 ・ 後日 ・ 後年 ・ 次代 ・ 後世の(人々) ・ 後嗣(の代) ・ 次期 ・ 事後(に) ・ 時代が下る ・  ・ 爾来 ・ アフター(△サービス[ファイブ]) ・ (それ)以降 ・ (生まれて)このかた ・ 追って ・ 続いて ・ しばらくして ・ (ある時より)遅い ・ 以往 ・ (三時間)後 ・ 後日談 ・ 晩発性(の症状) ・ 後期 ・ 以来 ・ 病後 ・ これまで ・ (それから)先 ・ あげく ・ し残す ・ 途中でやめる ・ 残っている ・ 売れ残る ・ 剰員 ・ 残存 ・ 取り残す ・ 残部 ・ 残す ・ 浮く ・ (お)こぼれ ・  ・ 書き残す ・ 燃え残る ・ 余蘊 ・ 消え残る ・ 焼け残る ・ 残留 ・ なくならない ・ (後に)残す ・ (脱落者を)顧みない ・ 目を背ける ・ (貨車を)切り離して(進む) ・ (道ばたに)放置(する) ・ 置いていく ・ (無責任に)逃げる ・ うば捨て(山) ・ 見捨てる ・ 水をあける ・ 忘れ去られる ・ (生徒を)見放す ・ 無視(する) ・ 去る ・ (山中に子供を)置き去る ・ 置いてけぼり(にする) ・ 先に行く ・ (一人)残す ・ 差し置いて ・ (自分だけ)先に行く ・ (死体を)遺棄(する) ・ 置き去り(にする) ・ 残して去る ・ ほったらかし(にする) ・ 見殺し(にする) ・ 余党 ・ 余類 ・ 残党 ・ 藁灰 ・ 焚き殻 ・ 焚き落とし ・ 燃えた後の残りかす ・  ・  ・ 灰燼 ・ 燃え残り ・ がら ・ 燃え差し ・ 死の灰 ・  ・ 木灰 ・ 余燼 ・ 吸い殻 ・ 燃え殻 ・ 灰神楽
揺り戻し悪影響揺り戻し悪影響  (不摂生の)ツケ(が回る) ・ 逆効果 ・ (親切のつもりが)あだ(になる) ・ (将来に)るい(を及ぼす) ・ 負の連鎖 ・ (職場全体に)伝染する ・ 差し障り(がある)(ので名前は伏せる) ・ 余震(が広がる) ・ (ストレスが)原因(となって)(体に不調が起こる) ・ (人心を)毒する ・ 毒される ・ (人を)ダメにする(ソファ) ・ (マイペースな性格が)災いして ・ 悪影響(を及ぼす) ・ 被害(△が及ぶ[を被る]) ・ (グローバル化)(に)よる(失業) ・ (物質的な豊かさの)代償(として)(精神的な豊かさを失う) ・ 悪い作用 ・ (行政の)ひずみ(を是正する) ・ 反発を呼ぶ ・ 踏みつけにさせる ・ (自信が)理由(で失敗) ・ (資源高が製品コストに)跳ね返る ・ (増税による景気への)跳ね返り(がある) ・ 返り血(を浴びる) ・ (悪い)結果 ・ (精神を)侵す ・ 当たり障り(のない返事) ・ しわ寄せ(△が及ぶ[を受ける]) ・ (汚職事件が各方面に)飛び火(する) ・ 火の粉(△をかぶる[が及ぶ]) ・ (大臣の発言が)物議を醸す ・ (思わせぶりが)罪作り ・ 後腐れ(がないように) ・ 人聞きの悪い(こと言わないで) ・ (長い休みは景気への)かく乱要因(となる) ・ 負の影響 ・ 影響 ・ 割を食う ・ ネガティブな結果(をもたらす) ・ 副作用 ・ 負の効果 ・ マイナス効果 ・ とばっちり ・ 波及効果 ・ 害悪(を及ぼす) ・ バックラッシュ ・ (~が)水をさす ・ (不況の)波をかぶる ・ (時代の)大波をかぶる ・ (人手不足に)起因(した)(値上げ) ・ (退職)したため(に)(ローンが組めない) ・ 悪い影響 ・ (△徹夜が仕事に[増税が家計に])響く ・ (あいつの)おかげ(で)(面倒なことになった) ・ あおり(を受ける) ・ (ストの)あおりで(客足が伸びない) ・ 打撃(を与える) ・ (物価高が家計を)圧迫(する) ・ マイナスの作用 ・ (マイナスに)作用(する) ・ (悪い考えに)汚染(される) ・ 制約を受ける ・ (差別による)被害 ・ デメリット ・ (嘘をついた)報い(で嫌がらせを受ける) ・ (子どもには)目の毒 ・ (大変な)迷惑 ・ (夫婦の関係に)波風を起こす(女性) ・ はた迷惑 ・ わずらわされる ・ 余波(△が及ぶ[を受ける/を広げる]) ・ (列車事故の)余波(で)(観光客が減る) ・ (周辺が)ざわつく ・ (無理が)たたる ・ (不況に)たたられて(さんざん) ・ (コロナが世界中に)暗い影(を落とす) ・ 親の因果が子に報う ・ (経験が)邪魔をする ・ (自由は他人の)迷惑 ・ (腰に)負荷(がかかる) ・ 足を引っ張る ・ 弊害が生じる ・ (△肌[環境]への)負担(が大きい) ・ 有害 ・ (年の)せい(で)(忘れっぽくなる) ・ 悪条件となる ・ 因果応報 ・ (制度変更による)不利益 ・ (市街地へ)延焼(する) ・ 害(を与える) ・ (台風の)爪あと ・ ダメージ(を与える) ・ 弊害(が生まれる) ・ (スキャンダルが)尾を引く ・ (高度経済成長の)名残(により依然として長時間労働) ・ 負の遺産 ・ 痕跡 ・ (旧体制の)遺物 ・ (過去の)亡霊(に△取りつかれる[悩まされる]) ・ 放置された問題 ・ しわ寄せ ・ (戦争の)落とし子 ・ 鬼子 ・ 後遺症(が残る) ・ 悪弊(が生じる) ・ (低金利政策の)成れの果て ・ (朝鮮出兵が日韓に)(深い)傷(を残す) ・ (長びく戦争が国民生活に)影を落とす ・ 積み残したの問題 ・ (高度経済成長の)ひずみ(に泣く中小企業) ・ 悪条件を抱える ・ 悪条件にたたられる ・ (ゴルフは風が)大敵 ・ つらい ・ 不利な条件 ・ ける) ・ 厳しい状況に見舞われる ・ 苦難(を克服) ・ 壁にぶつかる ・ (消費者にとっての)不利益(をもたらす) ・ 困難 ・ 障害(となる) ・ (反対勢力から)抵抗(を受ける) ・ 深刻な(事態) ・ (締め切りという)制約 ・ 障り ・ 条件が悪い ・ 悪い条件 ・ (~が)不安材料 ・ 向かい風(を受ける) ・ 支障 ・ 不都合 ・ 逆境にある ・ (仕事をする上での)妨げ ・ 拘束性 ・ 条件が悪すぎる ・ (費用が)重荷になる ・ 悪環境 ・ 不利な立場に立たされる ・ 問題 ・ (古いしきたりが)かせになる ・ ハンディキャップ ・ ハンデ(を抱える) ・ (円高は輸出企業の)マイナス要因 ・ いばらの道 ・ (米中関係悪化の)悪影響を受ける ・ 思わしくない(天気) ・ 苦しい(時期) ・ 悪条件(を抱える) ・ 余波 ・ 側杖 ・  ・ (渦に)巻き込む ・ 巻き添え ・ (思うように船が)進まない ・ 虐げられた(人々) ・ (情報化社会の光と)影 ・ 泣きを見る ・ 白羽の矢が立てられる ・ しわ寄せ(△を受ける[が及ぶ]) ・ きしみ(が生じる) ・ スムーズにいかない ・ 尻ぬぐい(をさせられる) ・ (衝撃を)身に受ける ・ お鉢が回る ・ (おかげで)災難に遭う ・ (嫌な役目を)引き受ける羽目になる ・ とばっちり(を受ける) ・ 不運にも ・ 不利な(立場) ・ 衝撃を受ける ・ (~の結果)迷惑する ・ (負担を)押しつけられる ・ (国民に)犠牲を強いる ・ 低迷を余儀なくされる ・ (大雪の)影響を受ける ・ 悪影響を受ける ・ 火の粉が飛ぶ ・ 貧乏くじを引く ・ 巻き添え(を食う) ・ あおりを食う ・ (△強風[突発的変化]の)あおりを受ける ・ 逆風にさらされる ・ (おかげで)ひどい目にあう ・ (台風の)余波の影響で ・ (事故の)余波で(風評に苦しむ) ・ (他人の)ツケが回ってくる ・ (同僚が休んだ)せいで(残業になる) ・ 犠牲(を強いられる) ・ 民間人の犠牲者(が出る) ・ 累が及ぶ ・ (強風に)煽られる ・ 悪い結果につながる ・ 副作用(が出る) ・ 火に油を注ぐ ・ (事を)荒立てる ・ 皮肉な結果 ・ 助長(する) ・ (予想を)裏切る結果 ・ ツケが回る ・ あだになる ・ (好意が)マイナスに働く ・ 墓穴を掘る ・ (強行の)とがめを受ける ・ 実を結ばない ・ 思わぬ結果 ・ こじらせる ・ (事態を)しこらせる ・ (近代化に伴う)悪影響 ・ (かえって)傷口を広げる ・ 足をひっぱる ・ ダメージを受ける ・ (自分で)自分の首を絞める ・ (親切が)逆効果を生む ・ 予想外の成り行き ・ 害(になる) ・ 死の接吻 ・ ネガティブな結果 ・ 痕跡(が残る) ・ (他からの)働きかけ(がある) ・ 力が及ぶ ・ 働きが他に及ぶ ・ 反映 ・ アナウンス(メント)効果 ・ (ホルモンの)働きによって(心身が変化する) ・ (富豪の)遺産 ・ 響き ・ 波(が立つ) ・ 風が吹けば桶屋が儲かる(の理論) ・ 差し響く ・ 波及(する) ・ (太陽の)反射 ・ (夏の日の)照り返し ・ 波紋(を投げかける) ・ 誘発(効果) ・ 反響 ・ (文学は時代精神の)投影(である) ・ あおり ・ (目に見えない)共鳴現象 ・ 相互作用 ・ 同化作用 ・ 共振(する) ・ 刺激を受ける ・ 名残 ・ 反応 ・ 響く ・ (他に)影響(を与える)
揺り戻し(が起きる)他に力や作用を及ぼしたときに、その反作用で押し返される(反動)揺り戻し(が起きる)他に力や作用を及ぼしたときに、その反作用で押し返される(反動)  反動 ・ 打ち返す ・ 押し返す ・ 応戦 ・ バックラッシュ ・ 反作用 ・ バウンド ・ 弾む ・ 反発 ・ はねる ・ 受け付けない ・ 弾力がある ・ 跳ね返り ・ はじける ・ 跳ね返す ・ 跳ね返る ・ (勢いよく)元へ戻す ・ 弾み ・ 爆ぜる ・ ゴムまり(のよう) ・ ゴムボール ・ 撥ねかす ・ はじく ・ 抵抗(する)
揺り戻し(が起きる)(未分類)揺り戻し(が起きる)(未分類)  揺り戻し ・ 揺り返す ・ 揺り戻す ・ 跳ね反り ・ リバウンド ・ 揺り返し ・ 自分に跳ね返る ・ 回帰 ・ 退行 ・ 逆流 ・ 巻き起こす ・ 蜂の巣をつついたような騒ぎ ・ 打ち返し ・ 波紋 ・ しっぺ返し ・ 冷え込み ・ 火に油を注ぐ結果になる ・ 引き起こす ・ 関心を呼ぶ ・ あおられる ・ 波紋を広げる ・ 効果 ・ 元の木阿弥 ・ 元に戻る ・ 返り ・ 後退する ・ 逆戻り ・ 関心を呼び起こす ・ 乱反射 ・ 波紋が広がる ・ 共感 ・ レスポンス ・ 巻き返し ・ 倍返し ・ とがめ ・ 戻ってくる ・ 洗礼 ・ 歓迎 ・ 迷惑を受ける ・ しわよせを受ける ・ 後戻り ・ 反対運動 ・ はね返り ・ はね返る ・ 自律反発 ・ 津波地震 ・ 遠隔地地震 ・ 地動 ・ アースクエイク ・ 地鳴り ・ アースクエーク ・ 連動地震 ・ 想定地震 ・ 地震動 ・ 地震波 ・ 地響き ・ 群発地震 ・ 予震 ・ 大規模地震 ・ 初期微動 ・ 長周期震動 ・ 前震 ・ 深部微動 ・ 本震 ・ earthquake ・ 地震 ・ 震動 ・ バウンス ・ 跳ねる ・ 火が付く ・ 影響を及ぼす ・ 応答 ・ 政治的反動 ・ 感化 ・ 動く ・ 初動 ・ 初動対応 ・ ピー波 ・ 主要動 ・ セカンダリー波 ・ 基準地震動 ・ 想定地震動 ・ はね返す ・ 撥ね返る ・ 急反発 ・ 跳ね上がる ・ 災難 ・ 天災 ・ 自然災害 ・ 天変地異
キーワードをランダムでピックアップ
嫡男領内慎重不審火公売来てもらう同じことを繰り返す写実アイスホッケー内応早教育一喝危害を加えるふりをするフルート刀剣揉み失われたものへの追想髪の乱れた思いきりがいいしている途中で
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. 揺り戻し何かが終わっても、その気配や影響があとに残る
  2. 揺り戻し悪影響
  3. 揺り戻し(が起きる)他に力や作用を及ぼしたときに、その反作用で押し返される(反動)
  4. 揺り戻し(が起きる)(未分類)