表示領域を拡大する
一の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
それ以外それ以外  それ以外(のもの) ・ 別(の) ・ (それを)除く(なにか) ・ あらぬ ・  ・ 自余 ・ その他 ・ そのほか ・ 別格 ・ 別個 ・ 山荘 ・ アジト ・ 隠れ家 ・ 二番目(の家) ・ セカンドハウス ・ 別宅 ・ 別邸 ・ 本宅でない ・ 別荘 ・ 秘密基地 ・ 別口 ・ 異種 ・ 別種 ・ 別法 ・ 別途 ・ 対案 ・ 代案 ・ 別命 ・ 新館 ・ 数寄屋 ・ 別館 ・ 離れ ・ 別棟 ・ 旧館 ・ 別室 ・  ・ よそ ・ 
 ・ 一(の鳥居)何らかの順序に従って番号を付けた場合に最初に当たるもの(順序が一番・一番前) ・ 一(の鳥居)何らかの順序に従って番号を付けた場合に最初に当たるもの(順序が一番・一番前)  最前 ・ 音頭(を取る) ・ 先鞭 ・ 先頭 ・ 真っ先(に知らせる) ・ 一番前 ・ ファースト ・ 筆頭 ・ 互い先 ・ トップ ・ 急先鋒 ・ 一番 ・ 機先 ・ 陣頭 ・ 最初 ・  ・ 先陣 ・ 一次 ・ 先頭を切る ・ 一番乗り ・ 嚆矢 ・ 先鋒 ・ 巻頭 ・ いの一番 ・ 露払い ・  ・ 先手 ・ 先端 ・ 一番槍 ・ 第一 ・  ・ 一番手 ・ イニシアチブ ・ 左端 ・  ・ 尻っぽ ・ 上端 ・ 片脇 ・ (崖の)間際(の展望台) ・ 傍ら ・ (他の物に接する)限界の部分 ・ (道路の)きわ ・ 磁極 ・ 両極 ・ のき ・ 末端 ・  ・ エッジ ・ 両端 ・ 片端 ・ 前端 ・ (衣服の)すそ ・ 南端 ・ 中心から一番遠い ・ 片っ端 ・ (紙の)耳(を揃える) ・ (棒の)はし ・ 端っこ ・ (岬の)はな ・ (道の)はた(に車を停める) ・ 道端 ・ 炉端 ・ 井戸端 ・ (山の) ・ (帽子の)つば ・ (目の)ふち(が赤い) ・ (畳の)へり ・ 極地 ・ 北端 ・ 一端 ・ 第一版 ・ 初版 ・ 第一刷 ・ 第一刷り ・ 初刷り ・ 初刷 ・ 初期 ・ 上半期 ・ 前期 ・ 前半期 ・ 早期 ・ 上期 ・ 序盤 ・ 端緒 ・ (物語の)入り口 ・  ・ 太初 ・ 初期の段階 ・ (事の)発端 ・ 初っ端 ・ いろは ・ (まだほんの)序の口(だ) ・ 冒頭 ・ (ダンスの)ABC ・ 初めて ・ 一(から出直す) ・ 初歩 ・ (会社の)揺籃ようらん(期) ・ 始まり ・ 出始め ・ たん(を発する) ・ 口切り ・  ・ 当初 ・ 起源 ・ 初め ・ 滑り出し ・ (会社の)創成(期) ・ 始め ・ 処女 ・ お初 ・ 第一(試合) ・ 頭から ・ (話の)糸口 ・ てんから ・ (開会)劈頭へきとう(から紛糾する) ・ 取りつき ・ とっつき ・ 出だし ・ 手始め ・ ぶっつけ ・ いまさら ・ はつ ・ うい ・ (解決の)とばくち(にたどり着く) ・  ・ 初っ切り ・ のっけから ・ 開闢 ・ 皮切り ・ 口開け ・ 濫觴 ・ 振り出し ・ アルファ ・ 序開き ・ 出はな ・ 序幕 ・  ・ 第一段階 ・ 二葉 ・ 初手 ・ 初頭 ・ 頭文字 ・ イニシャル ・ 親文字 ・ 先発 ・ 初発 ・ 始発 ・ 初音 ・ 初声 ・ 産声 ・ 第一声(を上げる) ・ 初巻 ・ 首巻 ・ ロケットスタート ・ 自分が先に行う ・ (相手を)出し抜く ・ 先取 ・ 先取り(する) ・ こけら落とし ・ 顔見世 ・ 封切り ・ ロードショー ・ 初演 ・ 試演 ・ オードブル ・ 前菜 ・ 突き出し ・ (昇進や上司の)胸三寸となる ・ 主導権 ・ ヘゲモニー ・ 全体をリードする ・ 導く ・ 主導 ・ (団体を)リード(する) ・ 誘導 ・ 引導 ・ 音頭を取る ・ 先駆け ・ 先攻 ・ 先制攻撃 ・ (新システムの開発に)先鞭をつける ・ 早々に(支持) ・ (計画推進の)露払い(を務める) ・ いち早く ・ さっさと(逃げ出す) ・ 一番に(行動する) ・ 誰よりも早く ・ まっ先に(駆けつける) ・ いの一番(に)(申し込む) ・ 筆頭(弟子)(になる) ・ 始発(列車) ・ はじめ ・ 初回 ・ 第一ラウンド ・ 第一回 ・ 初めて(のこと) ・ 一号機 ・ 初号機 ・ 元祖 ・ 最優先(課題) ・ 最初に ・ (まず)第一に(取り組むのは~) ・ 最も(重要な) ・ おっとり刀(で駆けつける) ・ 最優先(で行う) ・ 何よりも(まず) ・ 真っ先に(駆けつける) ・ 本命(の大学) ・ 何を置いても ・ (小泉改革の)一丁目一番地(である不良債権の処理) ・ (華々しく)スタート(△する[させる]) ・ 始業 ・ 緒に就く ・ 火蓋を切る ・ 口火を切る ・ 設立(△する[される]) ・ 始める ・ (新しい仕事に)手を出す(経営者) ・ 発足(する) ・ 創立(△する[される]) ・ 開会 ・ (第)一歩(を踏み出す) ・ 歩を踏み出す ・ 踏み出す ・ (一歩)前へ出る ・ (従来の枠から)出る ・ 発動 ・ 始まる ・ 開基 ・ 幕開き ・ (実現に向けて)歩を進める ・ 出発点 ・ (新しい)船出 ・ (厄介ごとに)首を突っ込む ・ 開設 ・ 蓋を開ける ・ 発する ・ 初める ・ 開く ・ 開始(する) ・ 取りかかる ・ 出発(する) ・ 木口 ・ 切れ口 ・ 切断面 ・ 断面 ・ 切り口 ・ 檣頭 ・ 竿頭 ・ 柱頭 ・ 手前 ・ この先 ・ 前の方 ・ 先番 ・ 敵前 ・ 前半 ・ 面前 ・ 前面 ・ 先方 ・ 優先 ・ 前方 ・ 前部 ・ 序列 ・ 道筋 ・ 番号 ・ 順番 ・ 順序 ・ 間を置かずに続く ・ 秩序だって決めた△番号[位置] ・ 順位 ・ 階級 ・  ・ 配列 ・ 前後 ・ 道順 ・ 運び ・ 輪番 ・ 出番 ・ 順送り ・ 次第 ・ 順々(に) ・ 順(を追う) ・ 逓次 ・ 序次 ・ 順繰り ・  ・ 順次 ・ 道筋を示す ・ 筋道 ・ 寸法 ・ 手順(を考える) ・ あんばい(よくする) ・ 段取り ・ ロードマップ ・ 後先(を取り違える) ・ 押しも押されもしない ・ 頂点(に立つ) ・ トップクラス(の実力) ・ 総大将(となる) ・ ぴか一 ・ 看板(役者) ・ トップランナー ・ 先頭走者 ・ (△百獣の[三冠])王 ・ 盟主 ・ (我が社で)一二を争う(営業マン) ・ (現代画壇の)最高峰 ・ ナンバーワン ・ (恋愛小説界の)旗手 ・ 超一流 ・ 一流中の一流 ・ (現代文学の)極北(である~) ・ 成功者 ・ 筆頭(格) ・ (当代)随一(の建築家) ・ (政界の)ドン ・ (経済界の)代表 ・ 並ぶ者はない ・ (恐竜研究の)第一人者 ・ (サッカー界の)英雄(マラドーナ) ・ (日米野球界の)ヒーロー(イチロー) ・ (彼の)右に出る者は(い)ない ・ (この分野は彼の)独壇場どくだんじょう(だ) ・ 独擅場ぞくせんじょう ・ 独り舞台 ・ 一流(の人物) ・ (野球界)きっての(理論家) ・ (医学界の)権威 ・ エース ・ (ロック界の)レジェンド ・ (暗黒街の)帝王 ・ 雲の上の存在 ・ (広告界の)ガリバー(である電通) ・ (銀盤の)女王 ・ (ジャングルの)王者 ・ 名人位 ・ 王将位 ・ (出世の階段を)上り詰める ・ スーパーパワー ・ (将棋界の)横綱 ・ (全国)屈指(の強豪校) ・ (グランド)チャンピオン ・ 孤高(の作曲家) ・ 第一人者 ・ トップ(アスリート) ・ 双璧をなす ・ (スポーツ界の)雄 ・ 後口 ・ 二番目 ・ 二の次 ・  ・ 二番 ・ お次 ・ 第二 ・  ・ 後半 ・ 後手 ・ 後回し ・ 二次 ・  ・ 
いちいち  ひい(、ふう、みい) ・ ワン ・ 一つ ・ ひと(△晩[握り]) ・ 単複 ・ ぽつり(と) ・ 単一 ・ 個体 ・ 唯一 ・ 単独 ・ 単数 ・ ぽつねん(と) ・ シングル ・ ぽつん(と) ・  ・ いくつあるか ・ 
正の整数(自然数しぜんすう正の整数(自然数しぜんすう   ・ 正の整数 ・  ・  ・ 自然数 ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・ いくつあるか
一(から出直す)物事の始まりの部分(はじめ)一(から出直す)物事の始まりの部分(はじめ)  (話の)糸口 ・ たん(を発する) ・ 序幕 ・ 第一(試合) ・ (解決の)とばくち(にたどり着く) ・ 滑り出し ・ 皮切り ・ 始まり ・ 振り出し ・ 初めて ・ 初め ・ 初期の段階 ・ 起源 ・ 二葉 ・ お初 ・ 濫觴 ・  ・ 初頭 ・ 初歩 ・ 出始め ・ 出はな ・ 第一段階 ・ いろは ・ (事の)発端 ・ 当初 ・ 初っ切り ・ 取りつき ・ とっつき ・ 初っ端 ・ 口切り ・ てんから ・ 始め ・ いまさら ・ (会社の)揺籃ようらん(期) ・ 冒頭 ・  ・ のっけから ・ 開闢 ・ 処女 ・ 頭から ・ ぶっつけ ・ (ダンスの)ABC ・ 口開け ・ 手始め ・ (物語の)入り口 ・  ・ はつ ・ うい ・ 初手 ・ (開会)劈頭へきとう(から紛糾する) ・ 序盤 ・  ・ 太初 ・ アルファ ・ 端緒 ・ (会社の)創成(期) ・ (まだほんの)序の口(だ) ・ 序開き ・ 最初 ・ 出だし ・ 水源(地) ・ (うどんの)ルーツ(を探る) ・ (人類の)起源 ・ 根元 ・ スタート ・ 勃興(期) ・ (悪の)根(を絶つ) ・ (噂の)出どころ ・ (神社の)由来(を調べる) ・ 本元 ・ (音楽ゲームの)先駆け(となる)(作品) ・ (事件の)源 ・ 出発点 ・ もと ・ (事件の)元(をさぐる) ・ 淵源えんげん(にさかのぼる) ・ (事件の)よってきたる所(を説明する) ・ (この会の)母体(は同窓会だ) ・ 本源 ・ 発祥(の地) ・ (宇宙の)原初 ・ (これをもって)嚆矢こうし(とする) ・ (知識の)泉 ・ (蘭学)事始め ・ 草創(期) ・ (宗教思想の)根源(を探る) ・ 豊鉱 ・ (日本文化の)源泉 ・ 原型 ・ (全集の)劈頭へきとう(を飾る)(名作) ・ (日本人の)原像(を描いた作品) ・ (文明の)源流(を探る) ・ 鉱脈 ・ 大もと ・ (宗教の)起こり ・ (国の)始め ・ (近代医学の)始まり ・ (文明の)萌芽 ・ (嘘に)たね(がいる) ・ 弾み ・ (規制緩和が企業誘致の)誘い水(となる) ・ 呼び水 ・ (二人の)馴れ初め ・ (これを)(ご)縁(によろしく) ・ きっかけ ・ 勢い ・ (文化交流の)窓口 ・ (解決の)糸口(をつかむ) ・ 機縁 ・ 手がかり ・ (反撃の)のろし ・ (事件の)引き金(になる) ・ (△行動[問題解決]の)ヒント(になる) ・ (化学反応を起こす)触媒 ・ (話の)接ぎ穂(を失う) ・ 取っ掛かり ・ (国交回復の)道(をつける) ・ 足がかり(を得る) ・ 火付け役 ・ 書き出し ・ 初句 ・ 上の句 ・ 起句 ・ 寝ばな ・ 寝入りばな ・ 原語 ・ (王政)復古 ・ (節約疲れの)反動 ・ リバウンド ・ 元の木阿弥 ・ 新規まき直し ・ 出発点に戻る ・ (赤ちゃん)返り ・ 先祖返り ・ 回帰 ・ (景気が)後戻り(する) ・ 後返り ・ (景気が)後退(する) ・ 振り出しに戻る ・ 時間の無駄 ・ 逆戻り ・ 退歩 ・ やり直し ・ 魔物の住みか ・ (全ての)元凶 ・ 禍根 ・ 諸悪の根源 ・ (根本の)問題 ・ 災いの原因 ・ 湯元 ・ (川の)源 ・ 火元 ・ 熱源 ・ 光源 ・ 語源 ・ 震源 ・ 電源 ・ 第一幕 ・  ・ 風が吹けば桶屋が儲かる ・ (事の)起こり ・ 原因 ・ (地名の)由来 ・  ・ 生い立ち(を語る) ・ (行事の)由緒(をたずねる) ・ 故事来歴 ・ 因縁 ・ (そもそもの)馴れ初め ・ (寺の)縁起(を話す) ・ (物事の)起こり ・ 経緯 ・ 創立事情 ・ (昔からの)言い伝え(によれば) ・ 結成された理由 ・ (石碑の)いわれ因縁(を探る) ・ 嚆矢こうし ・ 来由 ・ 拠点 ・ スタートライン ・ スタート地点 ・ (東海道の)起点 ・ 基点 ・ 原点 ・ スターティングポイント ・ 下部構造 ・ 礎石 ・ 基底 ・ 下地 ・ 基礎 ・ よりどころ ・ (生命の)源 ・ 大本たいほん ・ 柱石 ・ 岩盤 ・ 基礎(の部分) ・  ・ 最重要(の部分) ・ 足腰(の強い企業) ・ 中心(部分) ・ (日本の)原風景 ・ (社会の)背骨 ・ 縁の下の力持ち ・  ・ 基壇 ・ 立脚点 ・ もと ・ (大)前提 ・ 大黒柱 ・ (落ちないように)支える ・ 基調 ・ (懐疑こそ知識の)母胎(である) ・ もとい ・ 基底部 ・  ・ 根幹 ・ (日本国憲法を支える三本の)柱 ・ 根底 ・ 重要部分 ・ 支える ・ 踏まれる ・ 基部 ・ 土台(石) ・ 基幹 ・ 根本 ・ インフラ ・ 根基 ・ 屋台骨 ・ 素地 ・ 大切なところ ・ ベース ・ 基本(部分) ・ 基盤 ・ 土台(部分) ・ 土地 ・ 一(から)(教わる) ・ (ダンスの)ABC(から教わる) ・ 入門編(にはちょうどいいコース) ・ (生け花の)いろは(を習う) ・ 基礎(から)(教わる) ・ (茶道の)手ほどき(を受ける) ・ 初歩から(教わる) ・ 始めから(習う) ・ (バブル崩壊の)とばくち ・ 突破口(を開く) ・ (将来を見据えた)一歩 ・ (遠大な計画の)一里塚(ともなる事業が成功) ・ (実現に向けての)第一歩 ・ 最初の段階 ・ (演奏家の)登竜門 ・ (第一)(の)関門 ・ (事業が)緒に就く ・ (地獄の)一丁目 ・ 一番手 ・ 陣頭 ・ 急先鋒 ・ 最前 ・ 第一 ・ 露払い ・ 先端 ・ 一番 ・ 筆頭 ・ 一(の鳥居) ・  ・ トップ ・ 一次 ・ 機先 ・ 先陣 ・  ・ 先鋒 ・ ファースト ・ 互い先 ・ 音頭(を取る) ・ 先頭 ・  ・ 先手 ・ 先頭を切る ・ 先鞭 ・ 嚆矢 ・ 一番乗り ・ 一番槍 ・ 巻頭 ・ イニシアチブ ・ 一番前 ・ 真っ先(に知らせる) ・ いの一番 ・ 
同じ(同一どういつ同じ(同一どういつ  同上 ・ (これでは子供のすることと)選ぶところがない ・ 同様 ・ 同一視できる ・ 同断 ・ もともと ・ (本質的に)変わらない ・ 同前 ・ (両者の間に)違いはない ・ 分かず ・ 軌を一にする ・ 一つ ・ (傍観者は加害者と)同罪 ・ 相違するところはない ・ (誰でも)大なり小なり(悩みがある) ・  ・ 等しい ・ (寸分)たがわない ・ 以外の何物でもない ・ まさにそれである ・ (主語と補語は)イコール(の関係) ・ (日本の首都)つまり(東京) ・ (千グラム)すなわち(一キロ) ・ (英語)即(国際語とは限らない) ・ (日本の表玄関)である(成田国際空港) ・ 同じ ・ おんなじ ・ 同じく ・ 同列(に扱う) ・  ・ 一事が万事 ・ (それ)にほかならない ・ 共通 ・ (経験は百の知識に)値する ・ (死んだも)同然 ・ 均等 ・ 粒が揃っている ・  ・ 同一(人物) ・ 同等 ・ 一如 ・ (今年も)ご多分に漏れず(忙しい) ・ 合同 ・ 同工異曲 ・ (その成功は努力の結果に)他ならない ・ (AとBは)一緒 ・ 不公平でない ・ 同一視(する) ・ 無差別(に扱う) ・ いいことはいい、悪いことは悪い ・ 公明正大 ・ 正しい ・ 中立(の立場) ・ (大人も子供も)等し並みに(扱う) ・ 公正 ・ (どちらかに肩入れせずに)二股をかける ・ フェア ・ 不偏不党 ・ えこひいきなく ・ 偏らない ・ (福利厚生は社員に)準じた(扱いとする) ・ 是々非々 ・ 均衡を保つ ・ 公平(に) ・ 不公平なく ・ 同一 ・ 同一労働同一賃金 ・ 公平無私 ・ 平等 ・ 偏見なく(接する) ・ 公明 ・ 機会均等 ・ 同級(生) ・ 同位 ・ 同列 ・ 朋輩 ・ 同輩 ・ 同点 ・ 同量 ・ 等分 ・ 等量 ・ 均一 ・ 釣り合う ・ 同数 ・ 等価 ・ 同値 ・ 等値 ・ ぞろ目 ・ 等温 ・ 同い年 ・ 同年(齢) ・ 同年配 ・ 同級生 ・ タメ ・ (野菜)類 ・ (飲むヨーグルトという)大きなくくり(の中にラッシーが含まれる) ・ 同格 ・ 同類 ・ 共通(する) ・ 同じカテゴリーに△分類される[分けられる] ・ 共通点がある ・ 一類 ・ (狼と犬は)親類 ・ (カリフラワーはブロッコリーと)親戚(の野菜) ・ (アルコールの)種類(に分類される) ・ 同種 ・ 一種 ・ 一種類 ・ (それに)類する(話) ・ 同種類 ・ (種類が)同じ ・ (ぶどう)品種 ・ (みかんの)たぐい(の果物) ・ 同系 ・ (ライオンは猫の)仲間 ・ 通り ・ その通り ・ 文字通り ・ 型の如く ・ そのまま ・ 型通り ・ 同義 ・ 同意 ・ 同名 ・ 同姓 ・ 手応えのある(相手) ・ (ドラクエと)双璧(をなす)(RPG、ファイナルファンタジー) ・ どんぐりの背比べ ・ 一寸法師の背比べ ・ 対抗できる ・ 劣らない ・ 劣っていない ・ (比べても)遜色がない ・ (玄人)そこのけ(の出来ばえ) ・ (両者が)(よく)似る ・ おっつかっつ(の勝負) ・ (他と比べても)負けない ・ (彼の腕に)立ち並ぶ(者はない) ・ 敵う(者はいない) ・ タイ(に持ち込む) ・ 同レベル ・ 目移り(がする) ・ (十分)通用する ・ 相星あいぼし(決戦) ・ 兄たり難く弟たり難し ・ 五分 ・ 五分五分 ・ 五分と五分(の対決) ・ 対(の力量) ・ 人後に落ちない ・ (プロ)並 ・ 勝るとも劣らない ・ (いずれも)すばらしい ・ (二人の成績は)ちょぼちょぼ(だ) ・ 二大(巨頭) ・ (日本)三大(夜景) ・ 見くびられない ・ バカにされない ・ 優劣の差が△ない[少ない] ・ (いずれか)優劣つけがたい ・ 張り合う ・ (美女たちが)妍を競う ・ 引けを取らない ・ 選びようがない ・ 帯に短しタスキに長し ・ どっこいどっこい(の実力) ・ 譲らない ・ (男に)なめられない ・ (比べて)見劣りしない ・ いずれ劣らぬ(強者ぞろい) ・ 肩を並べる ・ 比肩(する) ・ 比類 ・ 対等(に△戦う[渡り合う]) ・ 相手に不足はない ・ 相手にとって不足はない ・ 大差はない ・ 敵する ・ 面白い勝負が期待できる ・ 及ぶ ・ 似たり寄ったり ・ 互角 ・ いずれアヤメかカキツバタ ・ (両者間に)差はない ・ 伍する ・ (実力、人気ともに)並ぶ ・ 相手としてふさわしい ・ 甲乙なし ・ 甲乙つけがたい ・ (酒に)く(ものはない) ・ 侮られない ・ 優劣がない ・ 匹敵(する) ・ 同着 ・ 見分けがつかない ・ 追いつく ・ 負けず劣らず ・ 同房 ・ 同室 ・ 一面(△の銀世界[に霧が立ち込める]) ・ (品質を)均一(にする) ・  一定の割合で(生じる) ・ (肥満は世界中で増加しており日本も)(その)例に漏れない ・ 千篇一律 ・ むらなく(塗る) ・ 例外なく ・ (全員に)均等(に)(割り当てる) ・ (どれをとってもほとんど)変わらない ・ 同じように(仕上がる) ・ まんべんなく(愛嬌を振りまく) ・ 一律(に)(二割引) ・ (今年の稲作は)おしなべて(出来がいい) ・ 個性がない ・ 分け隔てなく(扱う) ・ すべて(削除される) ・ (どれも)同じ(様子) ・ 猫も杓子も(花見に繰り出す) ・ (誰もが)一様(に)(反対する) ・ 規格品 ・ (誰もが)皆 ・ (毎月)固定的に(かかる費用) ・ 画一的(な教育) ・ 金太郎飴(のような)(新入社員たち) ・ 金太郎飴的(なショッピングモール) ・ (前の事件と)同様(の手口) ・ 平均的に(力を入れる) ・ 単一(の民族による国家) ・ 一律(に扱う) ・ 一貫(して)(携わる) ・ (万人)等しく(仰ぐ) ・ 同じ具合 ・ (どれも)同じ ・ いずこも同じ秋の夕暮れ ・ (どのメーカーも)軒並み(値上げ) ・ (ここの生徒は)概して(礼儀正しい) ・ (歓迎ムード)一色 ・ 共色ともいろ ・ 同系色 ・ 同色 ・ 分身 ・ (娘に亡き妻の)姿を重ねる ・ 区別できない ・ どっちもどっち ・ そっくり ・ (有名人の)そっくりさん ・ ~のように見える ・ (年寄り)じみる ・ (本物)らしく見える ・ 見分けられない ・ ものまね ・ (日本列島を)型抜きしたような(雨雲) ・ 似つく ・ 一見すると(~に似ている) ・ 見せかける ・ 面影がある ・ 紛らわしい ・ (見た目が)(△まったく[ほぼ])同じ ・ 重なる部分がある ・ めく ・ (哲学者)めいた(風貌) ・ (芝居)がかる ・ 丸写し(の答案) ・ 血は争えない ・ 似通っている ・ 類縁(関係)(にある植物) ・ 様子を帯びる ・ 類同 ・ 和製(プレスリー) ・ (言うなれば)日本版(ウエストサイドストーリーだ) ・ 目新しさがない ・ 原寸模型 ・ 足して二で割ったような ・ (エー)ダッシュ ・ 連想させる ・ (モデル)ばり(の)(美脚) ・ 似寄り(の品) ・ 相似 ・ (とてもよく)似る ・ (ロレックス)譲り(の無骨なデザイン) ・ (児戯に)類する ・ 亜種 ・ 変種 ・ 派生種 ・ うり二つ ・ (刃物)様(の凶器) ・ (味も香りも)ほぼ(松茸) ・ (同じではなく)似ている ・ (学者)のようなもの ・ かえるの子はかえる ・ (醤油を)ベースにした(ソース) ・ 著作権侵害 ・ (過去作の)焼き直し ・ 見間違える ・ 酷似(する) ・ 似姿 ・ なりきる ・ (判別するのに)紛らわしい ・ (父親を)彷彿(とさせる) ・ 類似(の建築物) ・ (怪物を)思い起こさせる(奇岩) ・ 双子(のように似た造り) ・ 一卵性(の姉妹) ・ 兄弟(のようによく似る) ・ 近似(した図柄) ・ (各産業)濃淡(の差)はあっても(どこも人手不足だ) ・ 印刷(された) ・ 置き換え可能 ・ 置き換えることができる ・ ノットイコール(≠) ・ ニアリーイコール(≒) ・ (昔の祭りを)そのまま(に再現) ・ めおと茶碗 ・ 様相を呈する ・ (京都そっくりの町並みの)小京都 ・ 一致する ・ リメイク ・ (ウォークマンの)発展型(のスマートフォン) ・ 幽霊の正体見たり枯れ尾花 ・ (大人)びる ・ あやかる ・ あなたの幸運にあやかりたい ・ まがう ・ (他人の)空似 ・ 派生(商品) ・ 目くそ鼻くそを笑う ・ 似通う ・ 工夫がない ・ (彼氏と)(お)そろい(の服) ・ おそろ ・ 本物に見える ・ 疑似(コレラ) ・ 疑似餌ぎじえ ・ 似た者同士 ・ (味の)再現度が高い ・ 伯仲 ・ 二番煎じ ・ (どこかで)見たことがある ・ 近い ・ 色違い ・ (両者間に)違いがない ・ (黄)ばむ ・ (この二つの分野は)重なり合う部分がある ・ 似せる ・ もどき ・ 通じるところがある ・ (母親に)生き写し(の顔) ・ (地球に)最近(の状態にある天体) ・ 憑依 ・ 似て非なる ・ (両者)似たようなもの ・ 五十歩百歩 ・ ほとんど同じ ・ ほぼ同じ ・ (自分探しは)形を変えた(承認欲求) ・ 大同小異 ・ 類似(している) ・ (素人に)少し毛が生えた程度 ・ 同型(の犯罪) ・ 代わり映えのしない ・ 少しの違い ・  ・ 同趣(の作品) ・ わずかに違う ・ 紙一重(の差) ・ 多かれ少なかれ(みな生きづらさを抱えている) ・ 小異 ・ (大して)違わない ・ ほとんど一緒 ・ ほぼ一緒
(△世界[クラス])一高い等級(高級こうきゅう(△世界[クラス])一高い等級(高級こうきゅう  上級(国民) ・ 最上 ・ (日本の百名湯にも選ばれた)折り紙つき(の温泉宿) ・ 一位 ・ とびきり(の品) ・ 特級 ・ エグゼクティブ(カー) ・ 高等 ・ 次位 ・ 王座 ・ Aクラス ・ 優秀 ・ (庶民には)縁遠い(店) ・ (松茸は庶民とって)高嶺の花 ・ (我々とは)無縁(の代物) ・ (高過ぎて)手が出ない ・ 指折り(の) ・ ハイクラス(な宿) ・ 本物(の)(おもてなし) ・ 高品質 ・ (世界に)冠(たる)(国) ・ 特等 ・ 一流 ・ 第一流 ・ 上等 ・ (日本でも)指折り(の旅館) ・ 月(とすっぽん) ・ 雲(泥) ・ 天(地) ・ A級 ・ 一級(品) ・ えりすぐり(の品) ・ 上位 ・ (握りずしの)じょう ・ 高段 ・ (当代の)名優 ・ 完成度が高い ・ 極上(のワイン) ・ 一等 ・ 二等 ・ (業界で)一二(を争う) ・ (今世紀)最大級(の発見) ・ 首位 ・ トップ(クラス) ・ 高級(官僚) ・ 五つ星 ・ 最高水準 ・ 優位 ・ 序列が上 ・ 栄位 ・ 高位 ・ 首席 ・ 上席 ・ (会社の)偉い(人) ・ 次席 ・ 高い地位 ・ (地位が)上 ・ 要路(の人物) ・ 追われる(立場) ・ 位人臣くらいじんしんを極める ・ 他者を出し抜いて報道する ・ 他紙に先がけて報道した重大なニュース ・ 初公開 ・ 特ダネ ・ 新聞 ・ スクープ ・ 誰も報じていない ・ オートクチュール ・ 特別製 ・ プレタポルテ ・ 品質がいい ・ 製品 ・ 別製 ・ 上製 ・ 謹製 ・ 特製 ・ 精製 ・ 優品 ・ 天下一品 ・ 掘り出し物 ・ (△黒い[黄色い])ダイヤ ・ 上物 ・ (美術界の)金字塔(といわれる作品) ・ 芸術品(ともいえる逸品) ・ 特上(の肉) ・ 極み(の逸品) ・ 得がたい(品物) ・ 上玉 ・ 傑作 ・ (映画史に)燦然と輝く(傑作) ・ 一品 ・ 折り紙つき(の美術品) ・ 国宝 ・ ブランド(物) ・ 質がいい ・ 一級品 ・ 絶品 ・ 逸品 ・ 良品 ・ 高級(品) ・ えり抜き(の品物) ・ 名品 ・ 不朽(の名車) ・ (語り継がれていく)タイムレス(な作品) ・ ハイエンド(スマホ) ・ 舶来品 ・ (これは一万円もした)代物(だ) ・ ぜいたく(品) ・ (消費者の間で)人気が高い ・ 極上(の品) ・ 珍品 ・ 一流品 ・ 最高級(の肉) ・ 最高の品 ・ 選び抜かれた(逸品) ・ 上等(な品) ・ 折り菓子 ・ 銘菓 ・ 世界的(企業) ・ リーディングカンパニー ・ Aクラス(の大学) ・ (世間的に)評価が高い ・ (英国の)高級紙(タイムズ) ・ 巨大(企業) ・ グローバル(カンパニー) ・ 一流(企業) ・ (伝統ある)れっきとした(大学) ・  ・ (超)難関(大学) ・ 世界中にその名前を轟かせる ・ 世界に冠たる(企業) ・ 有名(大学) ・ 有力(企業) ・ ブランド(企業) ・ メガ(バンク) ・ 大どころ(の会社) ・ メジャー(の石油会社) ・ 大手(のハウスメーカー) ・ 準大手 ・ 最大手 ・ 優良(株) ・ 名の通った(大学) ・ 国際(企業) ・ (輸入車ブランド中で)一二を争う ・ 名門(校) ・ 高度 ・ 高次 ・  ・ 高い ・ 高級 ・ 段階 ・ 順位 ・ 親等 ・  ・ ランキング ・ グレード ・  ・ 品等 ・ 段位 ・ 等親 ・  ・ クラス ・ 等級 ・ 中位 ・ ミドル ・ 並等 ・ 中級 ・ 二流 ・  ・ 中等 ・ 初段 ・ 最下 ・ 三流 ・ 下等 ・ 下位 ・ 低級 ・ 二流にも及ばない ・ 初級 ・ (婉曲表現として)普通 ・ 下級 ・ 初等 ・ 
(世界)一他のどれよりも勝る(最高さいこう(世界)一他のどれよりも勝る(最高さいこう  この上ない ・ 一番 ・  ・ 超一流 ・ 一等 ・ 最高水準(にある) ・ 何よりも(愛する) ・ えも言われぬ(美しさ) ・ 比類(の)ない(美声) ・ てっぺん ・ 天下(の)(大泥棒) ・ 無上 ・ 双璧をなす ・ 至上 ・ 何と言っても(これが一番いい) ・ 極々 ・ 特選(物件) ・ 指折り ・ (特に)いい ・ (夏はビールに)限る ・ 世界に冠たる(企業) ・ 最高 ・ 一級(品) ・ 極めて ・ えりすぐり(の品) ・ Aクラス ・ それ以上のものがない ・  ・ 最も ・ 究極(の奥義) ・ 一位 ・ (三角形の)頂点(をなす) ・ (町内)きっての(美人) ・ 最上(ランク) ・ 至極 ・ 天井 ・ 絶頂 ・ ピーク ・ 突き出た所 ・ (売上高で他社を)凌駕(する) ・ 上乗 ・ 劣らない ・ 勝る ・ 赫々 ・ 見栄え ・ 一頭地を抜く ・ 目を奪われる ・ 卓抜 ・ 超絶 ・ 見上げる ・ 見上げた(度胸) ・ 立派 ・ 上出来 ・ 目を丸くする ・ (高く)評価する ・ (師より)優れる ・ すこぶる(つき) ・ 右に出る(者はいない) ・ 特筆すべき ・ 大書すべき ・ 際立つ ・ 優秀 ・ (才能が)光る ・ 優れている ・ 神がかり的(演奏) ・ キラキラした(言葉) ・ まぶしい(言葉) ・ (演歌は)日本の心 ・ 突出(している) ・ 重立つ ・ すごい ・ 高める ・ (一枚)うわて ・ 輝く ・ 輝かしい ・ 豪華版 ・ 華々しい ・ 称賛に値する ・ 声もない ・ 言葉をのむ ・ えも言われぬ ・ 迫真(の演技) ・ 秀でる ・ 抜群(の成績) ・ 抜群 ・ 美しい(音楽) ・ 優位に立つ ・ 高い ・ 高まる ・ 度肝を抜かれる ・ 穎脱 ・ しのぐ ・ (こっちの方が)断然(いい) ・ 不朽(の名作) ・ 独特の雰囲気を持つ ・ 褒める ・ 超越 ・ 振るった ・ 抜け出る ・ 感心(する) ・ 卓出 ・ 優等 ・ 至高 ・ 敬意を表する ・ 秀逸 ・ 規格外(の選手) ・ 並を超えている ・ 一流(のサービス) ・ 異彩(を放つ) ・ 天来(の妙技) ・ 長ける ・ 驚嘆(に値する) ・ 優れた ・ 映える ・ 大いなる(業績) ・ (先生を)追い越す(ほどの腕前) ・ (成績でライバルを)追い抜く ・ 長じる ・ 卓絶 ・ (目を)見張る ・ すばらしい ・ (他より)目覚ましい ・ いみじくも ・ 軽妙 ・ (仕事のあとのビールは)たまらない ・ 尤なる ・ 親勝り ・ 出来栄え ・ 偉大 ・ 傑出(する) ・ 鮮やか ・ 胸を打たれる ・ 傑(物) ・ 優越 ・ 抜きん出る ・ 群を抜く ・ 冠絶 ・ 良い ・ 飛び抜ける ・ 凄絶(な)(魅力) ・ ずば抜ける ・ ずば抜けている ・ (同業他社より)卓越(した技術) ・ ぼう然(とする) ・ 圧巻 ・ 代わり映え ・ 精彩 ・ 最高傑作 ・ (ライバルの)上を行く ・ (前作を)しのぐ(傑作) ・ 光彩 ・ 頭角を現す ・ 結構 ・ 勝つ ・ 引き立つ ・ 華麗(なダンス) ・ 見事 ・ (彼とは)格が違う ・ 心憎い(演技) ・ 驚くべき ・ 絶妙 ・ あっぱれ ・ 傑作 ・ 素敵 ・ 畢生(の大作) ・ 圧倒的 ・ 上には上がある(ものだ) ・ 水際立つ ・ 特出 ・ きらびやかで精緻(なステンドグラス) ・ 光彩陸離 ・ 豪儀 ・ 目立つ ・ 天晴 ・ 息をのむ(奇観) ・ 息が止まりそう ・ スケールが大きい ・ 比倫を絶する ・ (△能力[結果]が)上回る ・ 目もくらむ(ような)(景色) ・ 輝かす ・ 匂い立つ(美しさ) ・ 不滅(の作品) ・ 越す ・ 称賛する ・ 手いっぱい(値引きする) ・ 限り ・ 極点 ・ すれすれ ・ 極限 ・ 関の山 ・ ぎりぎり ・ 至り ・ 切り ・ 止め処 ・ (最)高潮(に達する) ・ 頂上 ・ それ以上は超えられない ・ 極み ・ (責任を)負担できない ・ 骨頂 ・ 極まり ・ (人生の)どん底 ・ (失意の)底(で) ・ 頂点 ・ 限界 ・ 極致 ・ 限度 ・ 際限 ・ 果て ・ 方図 ・ それで終わりとする ・ 最大 ・ 最大限 ・ マキシマム ・ トップ(アスリート) ・ (現代科学の)すい ・ (現代科学が)凝縮されたもの ・ (最先端技術を結集した)フラッグシップモデル ・ 磨かれた(技) ・ 磨き抜かれた(技術) ・ (汗と涙の)結晶 ・ 努力の成果 ・ 最高の結果 ・ 独走する ・ 王座につく ・ (西洋占星術界の)第一人者 ・ 大勝(する) ・ 首位(に立つ) ・ (店の)筆頭(である遊女) ・ 優勝(する) ・ (月間売上の)MVP ・ 首席(に選ばれる) ・ (安全が)第一 ・ トップに立つ ・ (画壇の)頂点(に立つ) ・ チャンピオン(になる) ・ (コンクールで)一席(になる) ・ 一に~(二に~、三四がなくて、五に~) ・ (頭一つ)抜け出す ・ ず抜ける ・ 主席(で卒業) ・ 高度 ・ 高次 ・ 高級 ・  ・ 高等
程度が少しばかりである程度が少しばかりである  限定的ながら(意思疎通ができる英会話力) ・ あるか無きか(の風) ・ ほんのり ・ たかが ・ ちっと ・ ちょっとした ・ 浅い ・ 少しく ・ いささか ・ ささやか ・ 一端(の責任を感じる) ・  ・ 少々(つらい) ・ 若干(涼しい) ・ 控えめ ・ かすか(ににおう) ・ 一つ ・ どこか(おかしい) ・ どこかしら(面影がある) ・ 僅かに ・ かすかな ・ 一縷(の望み) ・ わらにもすがる(思い) ・ 最小 ・ 軽少 ・ 一部 ・ 心持ち(大きい) ・ そこそこ ・ せいぜい ・ いくばく(か)(残っている) ・ 少し(ばかり) ・ 淡い ・ 淡く ・ ほのか ・ ちょっぴり ・ 心なし(か)(顔色が悪い) ・ 大したことはない ・ 大した~でない ・ 一風(変わっている) ・ 薄々 ・ (△汗[悔しさ]が)にじむ ・ 高々 ・ わずかに ・ わずかな ・ わずか(ながら) ・ 少々 ・ 多少 ・ ほんの ・ 大して ・ うっすら(と) ・ まばら(△に生える[な人通り]) ・ 弱々しく(光る) ・ おまけ(が付く) ・ 色をつける ・ 僅か ・ 何か(変だぞ) ・ 薄い ・ 過小 ・ 一抹(の)(寂しさ) ・ 一脈(の)(不安) ・ 毛筋ほど(の)(迷いもない) ・ ちっとやそっと ・ ある程度 ・ 薄ら ・ じんわり(温かい) ・ ちょっと ・ 小さな ・ やや(△暑い[好転する]) ・ 何らか(の)(影響があるだろう) ・ いくぶん(気が引ける) ・ いくぶんか(分けてやる) ・ 軽く(踏み込む) ・ 軽い(病) ・ (よく)分からない ・ いくらか(気分が良くなる) ・ 余り~ない ・ 小さい ・ 足が届く ・ 深浅 ・ 底が見える ・ △底[奥]までの距離が短い ・ (底が)浅い ・ 手が届く ・ 平型の(箱) ・ フラットな(容器) ・ 深くない ・ 平底の(船) ・ 浅み ・ トレイ ・ 平い(鍋) ・ 薄紙 ・ (金)箔 ・ (紙に)コシがない ・ 厚みがない ・ ぺちゃんこ ・  ・ (厚みが)薄い ・ フィルム状(のバイアグラ) ・ 極薄 ・ 薄目 ・ 薄手(のジャケット) ・ ぴらぴら(している) ・ 薄っぺら ・ 薄っぺらい ・ ぺらぺら ・ 透ける(ように薄い) ・ (向こうが)透けて見える ・ 痩せた(胸) ・ 紙のように薄い(ハム) ・ 薄型(テレビ) ・ 寝聡い ・ とろとろ ・ うつらうつら ・ うとうと ・ とろりと ・ 眠りが浅い ・ すぐ目が覚める ・ こくりこくり ・ うつうつ ・ 目ざとい ・ こっくり ・ 寝苦しい ・ 蠕動 ・ ぴくぴく ・ 脈動 ・ 微動(だにしない) ・ 不活発に動く ・ うごめく ・ うごめかす ・ 蠢動 ・ うずく ・ もぞもぞ ・ わずかな揺れ ・ 脈打つ ・ もぐもぐ ・ 胎動 ・ 小品 ・ ちらり(と)(見せる) ・ 隠し味 ・ 目立たない効果 ・ (知性の)(一端を)のぞかせる ・ (才知を)ひらめかす ・ 小出し ・ 雑事 ・ 雑用 ・ 小用 ・ いい気分 ・ (宴会の前からすでに)下地が入っている ・ 生酔い ・ ほろ酔い ・ ほろほろと酔う ・ 微酔 ・ 微醺 ・ 寸志 ・ (ご)芳志(をいただく) ・ 松の葉 ・ わずかな謝礼 ・ 薄謝 ・ (ご)厚志(をいただく) ・ 心ばかりの贈り物 ・ (ほんの)志(ですが) ・ 微意 ・ 薄志 ・ 弱志 ・ 寸心 ・ 少欲 ・ 多くを望まない ・ 寡欲 ・ それほど(重要ではない) ・ さほど(大きくはない) ・ そんなに(楽しくない) ・ あまり(~ではない) ・ あんまり(~ではない) ・ さのみ ・ さまで(気にかけてはいない) ・ (素人に)毛の生えたようなもの ・ 少しは(理解できる) ・ 大して(魅力的ではない) ・ (~については)あまり(~られない) ・ かすかな希望 ・ わずかな望み ・ 風変わり ・ 少し(変) ・ ちょっと(変わっている) ・ 違和感がある ・ 一抹(の不安) ・ 秋毫 ・ 一つまみ ・ 形ばかり ・ いくぶん ・ 細い ・ ないわけではない ・ 厘毛 ・ (ごく)わずか(な) ・ 一片 ・ ほんの少し ・ 蚊の涙 ・ 二三 ・ たった ・ 希少 ・ 心ばかり ・ 寸分 ・ 一点 ・ 微少 ・ なけなし ・ 九牛の一毛 ・ 一部分 ・ (全体の)一部 ・ 部分的(に手直しする) ・ 最少 ・ 微々 ・ 小幅 ・ 雀の涙 ・ 毫末 ・ 鮮少 ・ 僅少 ・ ちょいと ・ 万分の一 ・ いくらか ・ 融通が効かない ・ 少ない ・ 些細 ・ 寥々 ・ ちと ・ 少しある ・ みじん ・  ・ 一紙半銭 ・ 僅々 ・ いくつか(ある) ・ ぽっちり ・ 一二 ・ 些少 ・ 有るか無し ・ 極少 ・ 一掬 ・ 露(ほども疑わない) ・ あってないような(△もの[金利]) ・ (彼より二つ)下 ・ 一縷 ・ 数個 ・ 複数個 ・ 一分一厘 ・ 爪の垢 ・ なきにしもあらず ・ 寸毫 ・ 零細 ・ 不自由する ・ 数える程(しかない) ・ 少しはある ・ さざ波 ・ 紙一重 ・ 少量 ・ 微量 ・ 少し ・ わずかしかない ・ 一毫 ・ 小刻み ・ 軽い ・ 取るに足りない ・ 軽微 ・ さまつ(な雑務) ・ 軽度 ・ 些々 ・ 微弱 ・ 区々 ・ 一面で ・ ある部分で ・ 部分的に ・ どこか ・ 一脈(通じる) ・ 程度 ・  ・ 度合い ・ 具合 ・  ・ 割り当て ・  ・ 頃合い ・  ・  ・ 程合い ・ 加減 ・ 様子 ・  ・ あんばい ・ 良い悪い ・  ・ 強弱
一(から)(教わる)基本から習う一(から)(教わる)基本から習う  (生け花の)いろは(を習う) ・ 初歩から(教わる) ・ 始めから(習う) ・ (ダンスの)ABC(から教わる) ・ 入門編(にはちょうどいいコース) ・ 基礎(から)(教わる) ・ (茶道の)手ほどき(を受ける) ・ 縁の下の力持ち ・  ・  ・ 大黒柱 ・ 基部 ・ 根底 ・ 土台(石) ・ 屋台骨 ・ 大本たいほん ・ 大もと ・ 岩盤 ・ (懐疑こそ知識の)母胎(である) ・ 根本 ・ 柱石 ・ 基礎 ・ 基底 ・ 土台(部分) ・ 下地 ・ 基盤 ・ 基底部 ・ 立脚点 ・ 下部構造 ・ 基本(部分) ・ 基幹 ・ 出発点 ・ 重要部分 ・ (日本国憲法を支える三本の)柱 ・ 基壇 ・ (社会の)背骨 ・ 基調 ・ インフラ ・  ・ もとい ・ ベース ・ 素地 ・ よりどころ ・ 支える ・ 踏まれる ・ (生命の)源 ・ 土地 ・ 礎石 ・ 大切なところ ・ 根幹 ・ 足腰(の強い企業) ・ 根基 ・ もと ・ 中心(部分) ・ 基礎(の部分) ・ (落ちないように)支える ・ もと ・ (大)前提 ・ 最重要(の部分) ・ (日本の)原風景 ・ 皮切り ・ 口切り ・  ・ 二葉 ・ 冒頭 ・ 初めて ・ (会社の)揺籃ようらん(期) ・ 第一(試合) ・ お初 ・ 端緒 ・ たん(を発する) ・ (事の)発端 ・ 頭から ・ (会社の)創成(期) ・  ・ 振り出し ・ 序幕 ・ 初手 ・ いまさら ・ 第一段階 ・ (開会)劈頭へきとう(から紛糾する) ・ 序盤 ・ アルファ ・ はつ ・ うい ・ 一(から出直す) ・ 始まり ・ (ダンスの)ABC ・ (話の)糸口 ・ 滑り出し ・ 口開け ・ (まだほんの)序の口(だ) ・ 序開き ・ 起源 ・ 濫觴 ・ のっけから ・ 手始め ・ 開闢 ・ (解決の)とばくち(にたどり着く) ・ ぶっつけ ・ 初め ・ いろは ・ てんから ・ 出だし ・ 取りつき ・ とっつき ・ (物語の)入り口 ・  ・ 初っ端 ・ 初っ切り ・ 出始め ・ 初期の段階 ・ 当初 ・ 出はな ・ 初頭 ・ 始め ・ 初歩 ・ 太初 ・ 最初 ・  ・ 処女
一(から)(教わる)(未分類)一(から)(教わる)(未分類)  ソロ ・ ピン ・ I ・  ・  ・  ・ モノ ・ 幾分か ・ 有るか無しか ・ それっぽっち ・ ひとつ ・ ほんのわずか ・ さ細 ・ 残り少ない ・ これっぽっち ・ ささい ・ 少少 ・ 幾分 ・ こころもち ・ ちょっとやそっと ・ 軽め ・ はした銭 ・ 不足 ・ 小口 ・ 申し訳ばかり ・ 少数 ・ 高が ・ はした金 ・  ・ 端た金 ・ 幾つか ・ 不十分 ・ 乏しい ・ 軽傷 ・ 端金 ・ いちる ・ 微か ・ 少なめ ・ 軽視 ・ 幾らか ・ 甚小 ・ なにがしか ・ 何がしか ・ プラスアルファ ・ ただ ・ いく分か ・ 幾ぶんか ・ 1つ ・ 数え方 ・ ちょこっと ・ 一寸 ・ ちょこっとした ・ 無きにしもあらず ・ あるかなし ・ その方 ・ どなた ・ 人類 ・ マン ・ 個人 ・ どの方 ・ 失名氏 ・ 無名氏 ・ この方 ・ single ・ パラサイト・シングル ・ 単試合 ・ シングルス ・ 何がし ・ なにがし
日本語WordNetによる、一の類義語

意義素類語・同義語
この数を表わす最も小さな整数あるいは数字ワン
単一の人あるいは物一個一つもの
広告を非表示
広告を非表示
キーワードをランダムでピックアップ
今週山中に住む怨霊馬鹿丁寧数ならぬ一義廃る質疑遷都業務長編志す知育障子死後の世界空欄つむじを曲げる悪逆非道すぐ飽きられる案を持ち寄る