表示領域を拡大する
(いまだ)ほとぼりの冷めやらぬ(面持ち)の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
(いまだ)ほとぼりの冷めやらぬ(面持ち)何かが終わっても、その気配や影響があとに残る(いまだ)ほとぼりの冷めやらぬ(面持ち)何かが終わっても、その気配や影響があとに残る  根に持つ ・ 尾を引く ・ (状態が)停滞(する) ・ (影響が)残る ・ (余震が)続く ・ 余韻(を残す) ・ (不況が)長引く ・ (悪習が)存続(する) ・ (三年前の事故が)後を引く ・ 名残 ・ 余波 ・ 波紋 ・ ほてり ・ ほとぼり ・ 潜熱 ・ 余熱 ・ 残響 ・ 余韻 ・ (鐘の音が)(しばらく)響く ・  ・ 響かせる ・ 響動く ・ 鳴り渡る ・ 響く ・ 響き渡る ・ 響動す ・ 響動む ・ 轟々 ・ 殷々 ・ うなる ・ 響き ・ 高鳴る ・ 響動き ・ 鳴り響く ・ 轟然 ・ とどろく ・ とどろかせる ・ 後味 ・ 後口 ・ 惰力 ・ 余威 ・ モメンタム ・ 回転力 ・ 弾み ・ 余勢 ・ 慣性 ・ 惰性 ・ 後味の悪い ・ (不満が)くすぶる ・ (怒りの)余燼がくすぶる ・ (満たされない思いが)くすぶり続ける ・ なお続く ・ 後を引く ・ 後味が悪い ・ 火種(が残る) ・ しこり(が残る) ・ 納得できない ・ (不信感が)消えない ・ (まだ)腑に落ちない ・ (心の奥が)いがらっぽい ・ (疑いが)晴れない ・ 後々の厄介 ・ あとの面倒 ・ すっきりしない ・ 未解決のまま ・ 悶々(とする) ・ (心の傷が)癒えない ・ すっきりしない(胸中) ・ じくじたる思い ・ 後腐れ ・ もやもや(する) ・ 悪影響(が残る) ・ 割り切れなさが残る ・ 釈然としない ・ (△問題[疑問]が)くすぶる ・ ほとぼりが冷めない ・ 疑わしい ・ (あとには)何か嫌なものが残る ・ (不安が)(頭から)離れない ・ 長引く ・ 禍根(を残す) ・ (懸念が)去らない ・ 屈折した(感情) ・ 未練(が残る) ・ 未練を残す ・ (いつまでも)ぐずぐず(言う) ・ 後ろ髪を引かれる思い ・ 思いを残す ・ 燃焼しきれない ・ うじうじ(と煮え切らない) ・ 後ろ髪を引かれる(思い) ・ 思い切れない ・ 敗北を抱きしめる ・ 悲しみを抱える ・ 諦めきれない ・ 心残り(がある) ・ うつうつ(とする) ・ 発散しきれない ・ 憂うつ ・ (気持ちが)晴れない ・ うっ屈(する) ・ (△気分[思い]が)くすぶる ・ (胃が)もたれない ・ 胃もたれしない ・ 後味(がいい) ・ 淡泊(な味) ・ 口当たりがいい ・ (後口が)すっきり(する) ・ 癖がない ・ さっぱり(した)(味) ・ (味に)嫌味がない ・ じくじたる(思い) ・ ほろ苦い(思い) ・ 苦い(結果) ・ 割り切れない(思い) ・ 気まずい(思い) ・ (後遺症が)後を引く ・ (うそをつくのは)気がとがめる ・ (思い出すと)気分が悪い ・ 苦渋(の決断)(だった) ・ (気持ちが)ふっ切れない ・ 自己嫌悪(する) ・ (気分が)晴れない ・ (むごい仕打ちをした後は)寝覚めが悪い ・ (後悔が)澱のように(沈む) ・ さっぱりしない ・ (事件は解決したが)後味が悪い ・ (過去の行為に対する)罪の意識(が消えない) ・ (先人の)夢をつなぐ ・ (師の)衣鉢を継ぐ ・ 維持する ・ (美風が)維持される ・ (家族の)歴史をつなぐ(家) ・ 命脈を保つ ・ 命をつなぐ ・ 生き続ける ・ 続ける ・ 伝統を継ぐ ・ (△文化[思想]を)受け継ぐ ・ (代々)受け継がれてる ・ (△伝統[精神]が未来に)引き継がれる ・ (現代に)息づく(古典) ・ 存続する ・ (伝統を)守っていく ・ (先例を)踏襲(する) ・ (武道の奥義を)師承(する) ・ (古くから)脈々と(伝わる風習) ・ 脈々(と)(生きている) ・ (師の)精神を継承する(弟子) ・ (技能を)伝承する ・ (先人に)追随(する) ・ 生き残る ・ (象徴派の)流れをくむ ・ (△伝統[精神]が)生きている ・ (伝統として)生きる(ものづくりの)(精神が)脈打つ ・ (天皇の)系譜(に連なる) ・ (~に)連なる ・ (師匠)譲り(の芸) ・ (いにしえの技を)後世に伝えるべく(努める) ・ 生き延びる ・ (時代を超えて)(暮らしの中に)息づいている ・ (先人の教えはなお)有効である ・ 余韻に浸る ・ 余韻が残る ・ 興奮冷めやらぬ ・ 余剰を味わう ・ 勝利の美酒に酔う ・ 余剰 ・ 余計 ・ 余る ・ 剰余 ・ 使いきれない ・ 使いこなせない ・ 余りある ・ 余分 ・ 立錐の余地 ・ だぶつく ・ 過ぎる ・ 余白 ・ 余す ・ (暇を)持て余す ・ はみ出す ・ はみ出る ・ 以上 ・ 湯水のように(使う) ・ 遊休(施設) ・ ありすぎる ・ 余地 ・ 行き場を失う(未利用食材) ・ 残る ・ ゆとりがある ・ 不必要なほど(の広さ) ・ 残余 ・ 余力がある ・ 十分すぎる ・ 十分以上(の性能) ・ 十二分(の報酬) ・ 多すぎる ・ あふれる(ほど)(の情熱) ・ 多い ・ 余り ・ 過剰(な供給) ・ 残り ・  ・ 必要以上にたくさんある ・ 有り余る ・ 余裕(がある) ・  ・ 有余 ・  ・ 今まで ・ (三時間)後 ・ その ・ そののち ・ 次代 ・ 後世の(人々) ・ 後嗣(の代) ・ あとになって ・ のちになって ・ アフター(△サービス[ファイブ]) ・ (十年の歳月を)経て ・ 事後(に) ・ 爾来 ・ (ある時より)遅い ・ 後日談 ・ (△終戦[事件])直後 ・ 晩発性(の症状) ・ 朝来 ・ 以来 ・ 後期 ・ (生まれて)このかた ・ あげく ・ 以往 ・ (それから)先 ・ しばらくして ・ 後日 ・ その時より後 ・ これまで ・ 病後 ・  ・ 後代 ・ (それ)以後 ・ 爾後 ・ (それ)以降 ・ 次期 ・ 追って ・ 続いて ・ 将来 ・ 結果 ・ 時代が下る ・ 後(になって) ・ 後年 ・ 先日来 ・ 夜来(の雨) ・ 残っている ・ 取り残す ・ 燃え残る ・ 消え残る ・ 書き残す ・ 途中でやめる ・ 浮く ・  ・ 残留 ・ 残部 ・ 余蘊 ・ なくならない ・ 残存 ・ 焼け残る ・ 残す ・ 売れ残る ・ 剰員 ・ (お)こぼれ ・ し残す ・ 遺棄 ・ 置き去り ・ 余類 ・ 残党 ・ 余党 ・ 灰神楽 ・  ・  ・ がら ・ 吸い殻 ・ 焚き殻 ・ 灰燼 ・ 燃えた後の残りかす ・ 焚き落とし ・ 余燼 ・ 燃え殻 ・ 燃え差し ・ 死の灰 ・ 燃え残り ・ 藁灰 ・  ・ 木灰
キーワードをランダムでピックアップ
知音配下あくどい死に場所発表花盛り略装寝過ごすラグビー回避絞り上げる小鉤繰り上げ最後尾まさに漏れ出るやりくりする予想が外れる歴史をとどめる言葉巧みに丸め込む
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. (いまだ)ほとぼりの冷めやらぬ(面持ち)何かが終わっても、その気配や影響があとに残る