表示領域を拡大する
民間人の犠牲者(が出る)の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
民間人の犠牲者(が出る)まわりの状況の変化で思わぬ災難や影響を受ける(あおりをう)民間人の犠牲者(が出る)まわりの状況の変化で思わぬ災難や影響を受ける(あおりをう)  逆風にさらされる ・ (同僚が休んだ)せいで(残業になる) ・ (おかげで)ひどい目にあう ・ 割を食う ・ 泣きを見る ・ 犠牲(を強いられる) ・ 貧乏くじを引く ・ (大雪の)影響を受ける ・ 悪影響を受ける ・ (負担を)押しつけられる ・ (国民に)犠牲を強いる ・ 火の粉が飛ぶ ・ 低迷を余儀なくされる ・ (衝撃を)身に受ける ・ スムーズにいかない ・ 不利な(立場) ・ あおりを食う ・ (△強風[突発的変化]の)あおりを受ける ・ しわ寄せ(△を受ける[が及ぶ]) ・ きしみ(が生じる) ・ 白羽の矢が立てられる ・ (おかげで)災難に遭う ・ (情報化社会の光と)影 ・ お鉢が回る ・ 肩代わり(する) ・ (台風の)余波の影響で ・ (事故の)余波で(風評に苦しむ) ・ 不運にも ・ (嫌な役目を)引き受ける羽目になる ・ とばっちり(を受ける) ・ 虐げられた(人々) ・ 衝撃を受ける ・ 巻き添え(を食う) ・ (他人の)ツケが回ってくる ・ (強風に)煽られる ・ (思うように船が)進まない ・ (~の結果)迷惑する ・ 累が及ぶ ・ 尻ぬぐい(をさせられる) ・ 髪が激しく乱れる ・ (風が髪を)巻き上げる ・ (木が大きく)揺れる ・ 強風にあおられる ・ (窓が)ガタガタ鳴る ・ 戸が動く ・ (風で)動く ・ (風波が小船を)翻弄(する) ・ あおりを受ける ・ (激しく)揺り動かされる ・ 風に(激しく)揺り動かされる ・ (旗が)ばたばたする ・ (高度経済成長の)ひずみ(に泣く中小企業) ・ (台風の)爪あと ・ (高度経済成長の)名残(により依然として長時間労働) ・ (過去の)亡霊(に△取りつかれる[悩まされる]) ・ 弊害(が生まれる) ・ 悪弊(が生じる) ・ 積み残したの問題 ・ (スキャンダルが)尾を引く ・ (朝鮮出兵が日韓に)(深い)傷(を残す) ・ 負の遺産 ・ (長びく戦争が国民生活に)影を落とす ・ 痕跡 ・ (旧体制の)遺物 ・ 放置された問題 ・ (戦争の)落とし子 ・ 鬼子 ・ 負の影響 ・ しわ寄せ ・ ダメージ(を与える) ・ (低金利政策の)成れの果て ・ 後遺症(が残る) ・ (円高の)あおりを受ける ・ (収益が)圧迫される ・ 増税にあえぐ ・ (締め切りという)制約 ・ (古いしきたりが)かせになる ・ (仕事をする上での)妨げ ・ デメリット ・ (消費者にとっての)不利益(をもたらす) ・ 足を引っ張る ・ 障害(となる) ・ (米中関係悪化の)悪影響を受ける ・ ハンディキャップ ・ ハンデ(を抱える) ・ (反対勢力から)抵抗(を受ける) ・ つらい ・ ける) ・ (~が)不安材料 ・ 条件が悪すぎる ・ 悪条件(を抱える) ・ 条件が悪い ・ 悪い条件 ・ 不都合 ・ 深刻な(事態) ・ 向かい風(を受ける) ・ 障り ・ 逆境にある ・ (円高は輸出企業の)マイナス要因 ・ 支障 ・ 思わしくない(天気) ・ 壁にぶつかる ・ 余波 ・  ・ 側杖 ・ (渦に)巻き込む ・ とばっちり ・ 巻き添え ・ (汚職事件が各方面に)飛び火(する) ・ (行政の)ひずみ(を是正する) ・ (腰に)負荷(がかかる) ・ あおり(を受ける) ・ (ストの)あおりで(客足が伸びない) ・ 被害(△が及ぶ[を被る]) ・ (周辺が)ざわつく ・ (コロナが世界中に)暗い影(を落とす) ・ 余震(が広がる) ・ 弊害が生じる ・ (マイペースな性格が)災いして ・ 逆効果 ・ 因果応報 ・ (△肌[環境]への)負担(が大きい) ・ ネガティブな結果(をもたらす) ・ 副作用 ・ (長い休みは景気への)かく乱要因(となる) ・ (不摂生の)ツケ(が回る) ・ 火の粉(△をかぶる[が及ぶ]) ・ (人心を)毒する ・ 毒される ・ 悪い作用 ・ 悪影響(を及ぼす) ・ 揺り戻し ・ 余波(△が及ぶ[を受ける/を広げる]) ・ (列車事故の)余波(で)(観光客が減る) ・ 害(を与える) ・ (思わせぶりが)罪作り ・ 当たり障り(のない返事) ・ 返り血(を浴びる) ・ 差し障り(がある)(ので名前は伏せる) ・ (あいつの)おかげ(で)(面倒なことになった) ・ 人聞きの悪い(こと言わないで) ・ (大臣の発言が)物議を醸す ・ 負の連鎖 ・ しわ寄せ(△が及ぶ[を受ける]) ・ バックラッシュ ・ (大変な)迷惑 ・ 影響 ・ (経験が)邪魔をする ・ (グローバル化)(に)よる(失業) ・ (精神を)侵す ・ (△徹夜が仕事に[増税が家計に])響く ・ (~が)水をさす ・ 反発を呼ぶ ・ 有害 ・ (制度変更による)不利益 ・ (人手不足に)起因(した)(値上げ) ・ (職場全体に)伝染する ・ (不況の)波をかぶる ・ (時代の)大波をかぶる ・ 親の因果が子に報う ・ (子どもには)目の毒 ・ 波及効果 ・ 制約を受ける ・ (物価高が家計を)圧迫(する) ・ 悪条件となる ・ (無理が)たたる ・ (不況に)たたられて(さんざん) ・ (悪い考えに)汚染(される) ・ (年の)せい(で)(忘れっぽくなる) ・ (親切のつもりが)あだ(になる) ・ はた迷惑 ・ 打撃(を与える) ・ (悪い)結果 ・ (退職)したため(に)(ローンが組めない) ・ (差別による)被害 ・ 後腐れ(がないように) ・ わずらわされる ・ (物質的な豊かさの)代償(として)(精神的な豊かさを失う) ・ 負の効果 ・ 害悪(を及ぼす) ・ マイナス効果 ・ (人を)ダメにする(ソファ) ・ 悪い影響 ・ 踏みつけにさせる ・ (資源高が製品コストに)跳ね返る ・ (増税による景気への)跳ね返り(がある) ・ (夫婦の関係に)波風を起こす(女性) ・ マイナスの作用 ・ (マイナスに)作用(する) ・ (自由は他人の)迷惑 ・ (将来に)るい(を及ぼす) ・ (嘘をついた)報い(で嫌がらせを受ける) ・ (市街地へ)延焼(する) ・ 災難 ・ 苦難(に遭遇する) ・ 嵐(に見舞われる) ・ 奇禍(に遭う) ・ 災禍 ・ 障害 ・ ご難 ・ トラブル ・ 不幸な出来事 ・ 困難 ・ 後難 ・  ・ 困った変化 ・ 不慮(の事故) ・ 危難 ・ 小難 ・ 心外 ・ 急難 ・ 禍害 ・ 艱難 ・ 災厄 ・ 不測の(事態) ・ (好事)魔(多し) ・ 月にむら雲、花に風 ・ アクシデント(に見舞われる) ・ 厄難 ・  ・ 凶事 ・ 災い ・ 支障(が生じる) ・ 禍事まがごと ・ (神の)たたり ・ (コロナ)禍 ・ 事故 ・ 難儀 ・ (富豪の)遺産 ・ 反応 ・ 刺激を受ける ・ (文学は時代精神の)投影(である) ・ 響く ・ 誘発(効果) ・ 痕跡(が残る) ・ 波紋(を投げかける) ・ 働きが他に及ぶ ・ あおり ・ 響き ・ (太陽の)反射 ・ (夏の日の)照り返し ・ 波及(する) ・ (他に)影響(を与える) ・ 波(が立つ) ・ アナウンス(メント)効果 ・ 反映 ・ 風が吹けば桶屋が儲かる(の理論) ・ 反響 ・ 同化作用 ・ 共振(する) ・ 力が及ぶ ・ (ホルモンの)働きによって(心身が変化する) ・ 差し響く ・ 相互作用 ・ 名残 ・ (他からの)働きかけ(がある) ・ (目に見えない)共鳴現象 ・ (渋滞に)引っかかる ・ 被害 ・ 直面する ・ (事件に)巻き込まれる ・ (痛い目を)見る ・ 襲われる ・ 災難に遭う ・ (変化の大波を)かぶる ・ (被害を)被る ・ (先輩からプロの)洗礼を受ける ・ 打ちのめされる ・ 渦中の人(となる) ・ トラウマ(になる) ・ 罹災 ・ 傷を負う ・ 受難の(年) ・ (惨事に)遭う ・ (危機に)見舞われる ・ (災害のあとを)目の当たりにする ・ (震災という)経験をする ・ (困難に)ぶつかる ・ しわ寄せを受ける ・ 被災 ・ (隣の火事の)巻き添えになる ・ (危機的状況に)追い込まれる ・ 遭難 ・ 山で吹かれる ・ (基盤を)揺さぶられる ・ (時代の)尻馬に乗る ・ (情報を)無批判に受け入れる ・ (風に)あおられる ・ (先入観に)とらわれる ・ 引力圏にある ・ 影響圏(にある) ・ (情報に)かく乱(される) ・ 流される ・ (アメリカ)かぶれ ・ (政府の)牽制を受ける ・ 影響を受ける ・ 影響は否めない ・ 歌は世につれ世は歌につれ ・ (価値観が)刷り込まれる ・ (設計者の精神が)投影された(人型ロボット) ・ (拝金思想に)毒される ・ (株式市場に機関投資家の)影がちらつく ・ (うわさに)踊らされる ・ (流行に)つられる ・ (少子化の)あおりを受ける(大学) ・ (見えない力に)動かされる ・ (雰囲気に)引きずられて(承諾してしまった) ・ (ナチス占領の)影を引きずる(パリ) ・ 振り回される ・ (無意識のうちに)影響される ・ 左右される ・ (間接的な)つながりを否定できない ・ 朱に交われば赤くなる ・ (無意識に)誘導される ・ (予算の)制約を受ける ・ (荒波に)翻弄される ・ (雰囲気に)飲まれる ・ 火の粉をかぶる
キーワードをランダムでピックアップ
朝霞素振り黄禍人山新居薬礼押し広める峙立協議機関紙朝三暮四防腐三方傷あと知れ渡るファイト満々手込めにする次期会長.アフター糸がもつれる
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. 民間人の犠牲者(が出る)まわりの状況の変化で思わぬ災難や影響を受ける(あおりをう)