表示領域を拡大する
(情報化社会の光と)影の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
(震災の)(落とした)影(はまだ色濃い)何かが終わっても、その気配や影響があとに残る(震災の)(落とした)影(はまだ色濃い)何かが終わっても、その気配や影響があとに残る  (自然災害の影響が)影を落とす(経済) ・  ・ (ずっと)後まで続く ・ (影響を)後に残す ・ (不況が)長引く ・ (光の)残像 ・ (いまだ)ほとぼりの冷めやらぬ(面持ち) ・ (栄耀栄華の)残映 ・ 影響(△が残る[を残す]) ・ (景気対策の)後遺症(としての財政赤字) ・ (正月気分が)抜けない ・ (親の)余光をこうむる ・ (面影が)揺曳ようえい(する) ・ 余熱が残る ・ (従来の)惰性(で漫然と続く) ・ 遺制 ・ (三年前の事故が)後を引く ・ (過去を)引きずる ・ 余情(を味わう) ・ ほとぼり(が冷めるまで~) ・ (余震が)続く ・ 根に持つ ・ 後々まで(響く) ・ 名残 ・ 余韻(を残す) ・ 尾を引く ・ (前時代の)尻尾(△が残る[を引きずる]) ・ 去らない ・ (状態が)停滞(する) ・ 揺り戻し ・ 問題が残る ・ (悪習が)存続(する) ・ 消えない ・ (ある出来事の)残響 ・ 余波 ・ 波紋 ・ 余熱 ・ ほてり ・ ほとぼり ・ 潜熱 ・ (余韻)嫋々じょうじょう(として尽きず) ・ 残響 ・ 余韻 ・ (鐘の音が)(しばらく)響く ・ (鐘の)響き ・ 響かせる ・ 轟々 ・ 響動く ・ 鳴り渡る ・ 轟然ごうぜん(たる大音響) ・ うなる ・ 音響 ・ とどろく ・ とどろかせる ・ とどろき ・ とどろき渡る ・ 響き ・ 高鳴る ・ 響き渡る ・ 響動き ・ 響動む ・ 殷々 ・ 鳴り響く ・  ・ 響動す ・ 響く ・ 後味 ・ 後口 ・ 惰性 ・ 余威 ・ 慣性 ・ 惰力 ・ 弾み ・ 回転力 ・ 余勢 ・ 慣性(の法則) ・ モメンタム ・ 釈然としない ・ 後味が悪い ・ 悪影響(が残る) ・ (懸念が)去らない ・ (あとには)何か嫌なものが残る ・ 悶々(とする) ・ (不満が)くすぶる ・ (怒りの)余燼よじんがくすぶる ・ (満たされない思いが)くすぶり続ける ・ 思い切れない ・ わだかまる ・ 火種(が残る) ・ ほとぼりが冷めない ・ (台風の)爪あと(が残る) ・ (戦争の)傷あと(を残す) ・ (心の奥が)いがらっぽい ・ (△問題[疑問]が)くすぶる ・ 長引く ・ なお続く ・ 割り切れなさが残る ・ 後味の悪い ・ (まだ)腑に落ちない ・ 心理的な影響(が残る) ・ 心の奥に消えずに残る ・ (不信感が)消えない ・ すっきりしない ・ (感情的)しこり(△が残る[を残す]) ・ 禍根(を残す) ・ もやもや(する) ・ 癒えない(心の傷) ・ 後々の厄介 ・ あとの面倒 ・ 納得できない ・ じくじたる思い ・ (思いが)後を引く ・ (心の傷が)癒えない ・ (過去の恋愛を)引きずる ・ (心の)整理がつかない ・ 疑わしい ・ (震災の)(落とした)影(はまだ色濃い) ・ (気持ちが)吹っ切れない ・ 後腐れ(がない) ・ 未消化(のまま) ・ すっきりしない(胸中) ・ (疑いが)晴れない ・ 未解決のまま ・ (不安が)(頭から)離れない ・ (気持ちが)晴れない ・ うつうつ(とする) ・ 発散しきれない ・ 心残り(がある) ・ 諦めきれない ・ 憂うつ ・ 後ろ髪を引かれる(思い) ・ 返す返す残念 ・ (いつまでも)ぐずぐず(言う) ・ 燃焼しきれない ・ 敗北を抱きしめる ・ 悲しみを抱える ・ 思いを残す ・ 屈折した(感情) ・ うっ屈(する) ・ (△気分[思い]が)くすぶる ・ 未練(が残る) ・ 未練を残す ・ 後ろ髪を引かれる思い ・ うじうじ(と煮え切らない) ・ 癖がない ・ (後口が)すっきり(する) ・ 淡泊(な味) ・ さっぱり(した)(味) ・ (味に)嫌味がない ・ (胃が)もたれない ・ 胃もたれしない ・ 口当たりがいい ・ 後味(がいい) ・ (後悔が)澱のように(沈む) ・ (思い出すと)気分が悪い ・ (うそをつくのは)気がとがめる ・ 苦い(結果) ・ じくじたる(思い) ・ さっぱりしない ・ (後遺症が)後を引く ・ (過去の行為に対する)罪の意識(が消えない) ・ 割り切れない(思い) ・ (むごい仕打ちをした後は)寝覚めが悪い ・ 気まずい(思い) ・ 自己嫌悪(する) ・ 苦渋(の決断)(だった) ・ ほろ苦い(思い) ・ (気分が)晴れない ・ (事件は解決したが)後味が悪い ・ (△文化[思想]を)受け継ぐ ・ (代々)受け継がれてる ・ (先例を)踏襲(する) ・ 生き延びる ・ (時代を超えて)(暮らしの中に)息づいている ・ (天皇の)系譜(に連なる) ・ (~に)連なる ・ 生き残る ・ (△伝統[精神]が未来に)引き継がれる ・ 続ける ・ (技能を)伝承する ・ (師の)精神を継承する(弟子) ・ (家族の)歴史をつなぐ(家) ・ (象徴派の)流れをくむ ・ 伝統を継ぐ ・ (師匠)譲り(の芸) ・ (ものづくりの)(精神が)脈打つ ・ (伝統として)生きる ・ 生き続ける ・ (先人の教えはなお)有効である ・ (先人に)追随(する) ・ (いにしえの技を)後世に伝えるべく(努める) ・ 維持する ・ (美風が)維持される ・ (現代に)息づく(古典) ・ (先人の)夢をつなぐ ・ (師の)衣鉢を継ぐ ・ (△伝統[精神]が)生きている ・ (伝統を)守っていく ・ (古くから)脈々と(伝わる風習) ・ 脈々(と)(生きている) ・ 命脈を保つ ・ 命をつなぐ ・ (武道の奥義を)師承(する) ・ 存続する ・ 勝利の美酒に酔う ・ 余韻に浸る ・ 余韻が残る ・ 興奮冷めやらぬ ・ 余剰を味わう ・ 余す ・ 剰余 ・ 余りある ・ 余白 ・ 残る ・ 多すぎる ・ 余分 ・ 多い ・  ・ あふれる(ほど)(の情熱) ・ 氾濫はんらん(している) ・ はみ出す ・ はみ出る ・ (にせものの)横行 ・ 過ぎる ・ 有り余る ・ 浜の真砂まさごは尽きるとも世に盗人の種は尽きまじ ・ 使いきれない ・ 使いこなせない ・ だぶつく ・ 過剰(な供給) ・ 余力がある ・ 有余 ・ 残り ・ 余裕(がある) ・ 飽和(状態) ・ 余地 ・ 以上 ・ 湯水のように(使う) ・ 掃いて捨てるほど ・  ・ (供給)過多 ・ 必要以上(にある) ・ 余剰 ・ 余る ・ 不必要なほど(の広さ) ・ 十分すぎる ・ 十分以上(の性能) ・ 十二分(の報酬) ・ ありすぎる ・ 残余 ・ 余り ・ 遊休(施設) ・ (暇を)持て余す ・ 立錐の余地 ・ ゆとりがある ・ 行き場を失う(未利用食材) ・ (粗製)濫造らんぞう ・ 余計 ・ 乱立(する) ・ しばらくして ・ その ・ そののち ・ 事後(に) ・ 後代 ・ (△終戦[事件])直後 ・ (それから)先 ・ 夜来(の雨) ・ アフター(△サービス[ファイブ]) ・ 次期 ・ 朝来 ・ 結果 ・  ・ 以来 ・ その時より後 ・ あとになって ・ のちになって ・ 追って ・ 続いて ・ (生まれて)このかた ・ (ある時より)遅い ・ これまで ・ あげく ・ 将来 ・ 後日 ・ 病後 ・ 後日談 ・  ・ 後年 ・ 後(になって) ・ (三時間)後 ・ 晩発性(の症状) ・ 後期 ・ (それ)以後 ・ 爾来 ・ 今まで ・ (十年の歳月を)経て ・ 次代 ・ 後世の(人々) ・ 後嗣(の代) ・ 時代が下る ・ (それ)以降 ・ 爾後 ・ 以往 ・ 先日来 ・ 残留 ・ 途中でやめる ・ なくならない ・ 残存 ・ 余蘊 ・ 残っている ・ 書き残す ・ 取り残す ・ 売れ残る ・ 燃え残る ・ 浮く ・ 残す ・ し残す ・ 焼け残る ・ 剰員 ・ 残部 ・  ・ 消え残る ・ (お)こぼれ ・ (死体を)遺棄(する) ・ (脱落者を)顧みない ・ (後に)残す ・ 目を背ける ・ 残して去る ・ 置いていく ・ 見殺し(にする) ・ (貨車を)切り離して(進む) ・ (生徒を)見放す ・ 見捨てる ・ 忘れ去られる ・ 置いてけぼり(にする) ・ 去る ・ (道ばたに)放置(する) ・ (一人)残す ・ (自分だけ)先に行く ・ 差し置いて ・ 水をあける ・ 無視(する) ・ (山中に子供を)置き去る ・ うば捨て(山) ・ 先に行く ・ 置き去り(にする) ・ ほったらかし(にする) ・ (無責任に)逃げる ・ 残党 ・ 余党 ・ 余類 ・ 燃えた後の残りかす ・ 焚き殻 ・  ・ がら ・  ・ 灰燼 ・ 死の灰 ・ 燃え残り ・ 余燼 ・ 木灰 ・ 燃え殻 ・ 吸い殻 ・  ・ 藁灰 ・ 灰神楽 ・ 焚き落とし ・ 燃え差し
(不気味な)影悪さをする魂(不気味な)影悪さをする魂  もののけ ・ 邪霊 ・ 亡霊 ・ 災いをもたらす ・ 幽鬼 ・ お化け ・ 妖気 ・ 邪気 ・ 化け物 ・ 悪鬼 ・ デーモン ・ 怨霊 ・ 亡魂 ・ ゾンビ ・ 悪霊 ・ 亡者 ・ 生き霊 ・ 悪しき霊 ・ 悪魔 ・ 死霊 ・ 災いをなす ・ 憑依霊 ・ 動物霊 ・ 憑き物 ・ 恨みを飲んで(死ぬ) ・ 恨みを残す ・ 恨めしい ・ (死して)浮かばれない ・ (故人の)魂が迷う ・ 幽霊 ・ 安らかに眠れない(彼我ひがさかいを)さまよう ・ 貞子 ・ 伽耶子 ・ (この世に)未練を残す ・ 化けて出る ・ この世に迷い出る ・ 成仏できない ・ 無念(の死) ・ 浮遊霊 ・ 執念深い ・ (死者の)恨み ・ 無駄死に(する) ・ 犬死に(する) ・ 死霊しりょう ・ もののけ(と化す) ・ 地縛霊 ・ 霊が迷う ・ たたり ・ 怨念(を残す) ・ 亡者となる ・ (落ち武者の)怨霊おんりょう ・ (ファラオの)呪い ・ 燐火 ・ 青白い火の玉 ・ きつね火 ・ きつねの嫁入り ・ 鬼火 ・ 不知火 ・ 人魂 ・ 陰火 ・  ・ 火の玉 ・ 怪火 ・ 精霊 ・ 心霊 ・ (死者の)霊 ・ 新仏 ・  ・ 幽魂 ・ (死者の)魂 ・ 死者 ・ 魂魄 ・ 超常的存在 ・ 超自然的存在 ・ 霊魂
光を受けてできるものの形光を受けてできるものの形  物影 ・ 人影 ・  ・ 片影 ・ 隻影 ・ 孤影 ・ 虚像 ・ 映像 ・ 実像 ・ 残像 ・ シャドー ・ シャドウ ・  ・ 幽霊 ・ イリュージョン ・ 夢幻 ・ 見える ・ 仮の姿 ・ 幻影 ・ 幻像 ・ 幻覚 ・  ・ 気体のように消える ・ 幻視  ・ 像を結ぶ ・ 蜃気楼 ・ 静止画 ・ (写真に撮った)景色 ・ ポジティブ ・ フォト ・ 光画 ・ 画像 ・ 印画 ・ フィルム ・ ポジ(フィルム) ・ 写真 ・ 陽画 ・ プリント ・ (姿を)似せて作る ・ 影像 ・ 人物像 ・ 似姿 ・ 肖像 ・ ポートレート ・ 輪郭 ・ ゲシュタルト ・  ・ フォーム ・ 具象 ・ 有形 ・  ・ 形状 ・ 格好 ・ 形態 ・ 恰好 ・  ・ 姿 ・ 形象 ・ 心証 ・ 見た目 ・ 様形 ・ (身体的)印象 ・ 風貌 ・ 押し出し ・ 姿形 ・ 態度 ・ (作者の)息遣い(が伝わってくる)(デッサン) ・ 体たらく ・ ぶざま ・ 姿勢 ・ 全姿 ・ (交渉相手の)トーン(が変わる) ・ 顔つき ・ 様子 ・ 見るからに(まじめそう) ・ 姿容 ・ (しまいには泣き出す)始末 ・ 体つき ・ 外見 ・ (人間)模様 ・ 姿態 ・ (△話し[意気消沈])ぶり ・ (サラリーマンの)生態 ・ 容姿 ・ 見目形 ・ (写真に撮った)(家族の)景色 ・ 風格 ・ スタイル ・ (這う這うの)てい ・ (立ち居)振る舞い ・ (貧乏)たらしい
光の当たらない、暗い部分(かげ光の当たらない、暗い部分(かげ  シャドー ・ シャドウ ・ 陰影 ・ 倒影 ・ 形影 ・ 斜影 ・ 火影 ・ 影法師 ・ 人影 ・ 黒い影 ・ 暗影 ・ 暗い影 ・  ・  ・ 物影
影(の部分)表に現れない、内部の事情影(の部分)表に現れない、内部の事情  闇の部分 ・ 内実 ・ 裏事情 ・ 裏の裏(まで知っている) ・ 全貌の一部 ・ 暴露話 ・ (事件にかかわる)新情報 ・ (後で分かった)新事実 ・ 非公式情報 ・ (事件の)裏 ・ 裏(の事情) ・ (事件の)いきさつ(を知る人) ・ ひと皮むけば(問題だらけ) ・ ひと皮めくると(恐るべき実態がある) ・ (我が家の)台所事情 ・ (二人が付き合っているのは)有名な話(だよ) ・ (社会の)断面(を描く) ・ 内情 ・ (政界の)裏話 ・ 内容 ・ (考えの)底(を知ることができない) ・ 実際(は)(どうなのか) ・ 特殊事情 ・ 隠蔽情報 ・ 闇の情報(に詳しい) ・ いわく(付き)(の物件) ・ 表面化しない ・ (事態の)裏側(が見えてきた) ・ (政界の)裏面りめん ・ 裏情報 ・ 秘められた(大人の事情) ・ (芸能界の)うわさ(に通じている) ・ (うまい話には)裏(がある) ・ (生命の)神秘 ・ 内部の事情 ・ 楽屋(話) ・ 楽屋裏(を話す) ・ 内幕(を語る) ・ 内幕話 ・ (夜の世界の)底の底 ・ (あの話には)からくり(がある) ・ (経営の)実態 ・ 水面下(の動き) ・ 内部事情 ・ (関係者以外)誰も知らない(話) ・ 秘密情報 ・ (業界の)内側(を暴露) ・ 隠れた部分 ・ 隠された(真実) ・ 後ろ暗さ(がつきまとう) ・ 内在(する) ・ 真相 ・ 家庭の事情 ・ 表に出せない(話) ・ 表に出ない部分 ・ (航空業界の)舞台裏(に迫る) ・ (事件の)背後(を洗う) ・ 知られざる(真相) ・ △世間に[一般には]知られていない ・ 秘密の事柄 ・ 閉ざされた(世界) ・ 暗黒(街) ・ (警察力の入らない)暗黒地帯 ・ 暗黒大陸 ・ (政界の)裏面 ・ (政界の)うみ ・ (監視の届かない)ブラックボックス ・ 希望が持てない ・ (帝国の光と)影 ・ 失われた(大陸) ・ 絶望(的な状態) ・ 闇夜(が続く) ・ 暗い(時代) ・ 隠された部分 ・ (大企業の)闇 ・ (社会の)暗部 ・ (特定業界における)伏魔殿 ・ 毒巣 ・ (社会の)暗黒面 ・ (日本の抱える)黒歴史 ・ 圧政(による息苦しさ) ・ 底なし(の腐敗ぶり) ・ (社会的底辺の)悲惨な実態 ・ 百鬼夜行(の内部) ・ 悪夢(のような状況) ・  ・ 真実 ・ 不明部分 ・ 覆い隠された部分 ・ 裏側 ・ ひそむ ・ ひそめる ・ 忍びやか ・ アンダーカバー ・ (経営者の)隠れた(愛読書といわれる「韓非子」) ・ 包む ・ 秘密のベール(につつまれたまま) ・ 機密 ・ (大きな)謎に包まれる ・ 隠し込む ・ 不都合(な意図) ・ 内分 ・ 包み隠す ・ 他聞をはばかる(話) ・ 秘する ・ 不透明 ・ 閉鎖性 ・ 言わず語らず ・ まる秘 ・ 楽屋落ち ・ (情報を)囲う ・ 囲い込む ・ 秘匿(事項) ・ (胸に)秘める ・ 隠蔽 ・ 開示しない ・ (自分の罪を)覆う ・ 隠密(行動) ・ 葬る ・ 忍ぶ ・ 隠し立て ・ 暗に ・ 公開しない ・ 非公開(の情報) ・ 未公開(情報) ・ 秘めやか ・ (秘密を)握り込む ・ 厳秘 ・ 秘密(にする) ・ 私事 ・ 秘め事 ・ 猫かぶり ・ (起こった出来事を)胸の内に封印し続ける ・ 一人で抱え込む ・ 隠し事 ・ 隠蔽(体質) ・ 黙秘(する) ・ 覆い隠す ・  ・ 陰ながら ・ 対外秘 ・ 密室性 ・ 口外しない ・ 口を割らない ・ 秘中の秘 ・ 闇の(組織) ・ 黒い~ ・ 掩蔽 ・ (家族には)黙っている ・ 無断 ・ (△言論[情報]を)統制(する) ・ 煙幕を張る ・ 未発表(の情報) ・ 部外秘 ・ (~のことを)隠す ・ 枢密 ・ 隠れ(△ミッキー[キリシタン]) ・ 隠し(△金庫[味]) ・ 知らないふり(をする) ・ (知っていて)知らんふり ・ それとなく ・ 忍ばせる ・ 隠す ・ 表に出てこない ・ 極秘 ・ 裏(番長) ・ (その話には)裏(がある) ・ 隠れる ・ 伏せる ・ 陰に ・ 内聞 ・ (事実を)伏せる ・ 伏せ字(にする) ・ ほにゃらら ・ 秘し隠す ・ 不明朗 ・ 内密(に事を運ぶ) ・ 胸の内に留めておく ・ 胸奥に収める ・ (固く)口を閉ざす ・ (トップ)シークレット ・ (不都合な部分を)黒塗り(にする) ・ ひた隠し(にする) ・ 秘密にする ・ 人に知られては困る ・ 沈黙を守る ・ 仮面をかぶる ・ あるがまま(の状態) ・ 事実(婚) ・ (世の中の)真情(を垣間見る) ・  ・ 原状 ・ 消息 ・ 現実 ・ 現状 ・ 現況 ・ 裏(の顔) ・ 実態 ・ アクチュアリティー ・ そのよう ・ (人生の目的地と)現在地 ・ この分 ・ 実相 ・ 実際 ・ 実状 ・ このよう ・ 場面 ・ 実況 ・ 実情 ・ 水面下(の部分) ・ (事件の)深層部分 ・ 深層部 ・ (ホワイトハウスの)奥の院 ・ (巨大組織の)聖域(に踏み込む) ・ (社会の)隠微(な側面) ・ 汚い部分 ・ (経済発展の)陰(で広がる貧富の格差) ・ (芸能界の)裏 ・ 裏側(の現実) ・ (社会の)深部 ・ (政界の)暗流(に迫る) ・ 奥(の部分) ・ (醜い欲望が心の中で)脈打つ ・ (地下に)潜行(する)(秘密組織) ・ (森の)奥深く(で起こる) ・ 暗黒面 ・ (ネット社会の)ダークサイド ・ 影の部分 ・ 醜い部分 ・ 暗闇 ・ 人知れない ・ 光の届かない部分 ・ 不明朗(なやり方) ・ ダーティ(ー)(な部分) ・ 暗部 ・ 裏街道(を行く) ・ 裏面 ・ (企業の)恥部 ・ (巨大組織の)腐敗部分 ・ 水面下(でのやり取り) ・ 不透明な部分 ・ (うかがい知れない)暗がり ・ (実相に)からめ手(から迫る) ・ (すべては)やぶの中 ・ (現代社会の)闇 ・ 深奥 ・ アングラ(ビジネス) ・ サブ(カルチャー) ・ マイナー(な文化)
(前途に不安な)影(が差す)悪いことが起こる前兆(前途に不安な)影(が差す)悪いことが起こる前兆  暗影(が差す) ・  ・ 靴のひもが切れる ・ (家運が)傾く ・ (長びく戦争が国民生活に)影を落とす ・ (衰亡の)予兆 ・ (感染者の三日連続の上昇は)嫌な動き(だ) ・ (没落を)暗示(する)(出来事) ・ 不気味(な様相)(を呈する) ・ 凶兆 ・ (どうりで)夢見が悪かった(はずだ) ・ 夢騒がし ・ 地震雲 ・ (怪しい)雲行き ・ いやな徴候 ・ (勢いが)衰える ・ ケチがつく ・ (衰運の)(影が)忍び寄る ・ 陰り(が見える) ・ 悪い前兆 ・ (これでは)先が思いやられる ・ 不吉(な予感) ・ (忍び寄る)黒い影 ・ もろい(バランス) ・ (世相が)荒れる ・ 危機的(状況) ・ 危機に直面している ・ 危機が迫る ・ 雲行きが怪しい ・ (災いに)見舞われそう ・ ものものしい(雰囲気) ・ 待ったなし(の状況) ・ ぎりぎり(の△ところに来る[状態]) ・ (先行きが)不安 ・ ただならない(気配) ・ 不穏(な△空気[情勢]) ・ 治安が悪い ・ きな臭い(△においがする[国境地帯/問題/空気]) ・ きな臭さ(が漂う) ・ 重大な ・ 危険と隣り合わせ(の生活) ・ 波乱含み(の幕開け) ・ 有事 ・ 一歩誤れば(一大事となる) ・ (前途に)暗影(を投げかける) ・ にらみ合い(が続く) ・ 物騒がしい ・ 危険な(状態) ・ 騒々しい(世の中) ・ ぎすぎす(した職場) ・ (対立がいよいよ)極まる ・ 楽観を許さない(情勢) ・ (社会の)不安がつのる ・ 戦雲(が低く垂れこめる) ・ 緊張感が漂う ・ 危険な橋を渡る ・ 地雷原を行く(ようなもの) ・ 不安を誘う(雰囲気) ・ 行き着くところまで行く ・ (今にも)(△悪いこと[事件/物騒なこと]が)起こりそう(な気配) ・ 剣呑(な雰囲気) ・ 多事 ・ 穏やかでない(世情) ・ (怒りの)マグマがたまる ・ (安定性が)崩れる ・ 血のにおいがする ・ 生臭い風が吹いてくる ・ あわや(のところ) ・ (停学に)リーチがかかる ・ 赤信号が点滅(する) ・ (一旦)緩急あれば(ただちに駆けつける) ・ (世情)騒然 ・ (信用不安の)足音 ・ 軍靴の響き(が聞こえる) ・ (誰もが)殺気立っている ・ 一歩誤ると(大変なことになる) ・ 一つ間違えば(命にかかわる) ・ 平静でない ・ 危うい(ところ)(だった) ・ 危険 ・ 風雲急を告げる ・ まかり間違えば取り返しのつかないことになる ・ (前途に)暗流(が横たわる) ・ 開戦前夜(の状況) ・ 一触即発(の国際情勢) ・ (社会が)騒がしい ・ 騒然とした(社会) ・ とげとげしい(やり取り) ・ 容易ならざる(事態) ・ 物騒(な)(世の中) ・ (情勢は)楽観を許さない ・ (女房の機嫌が)臨界点(にある) ・ (何やら)恐ろしいことが ・ ぴりぴりとしたムード(が漂う) ・ 瀬戸際(に立つ) ・ 険悪(な空気) ・ 嫌な雰囲気 ・ 油断できない ・ 気が抜けない ・ (国際情勢に)暗雲(が△漂う[垂れ込める/かかる]) ・ 暗雲に包まれる ・ 重苦しい空気に包まれる ・ うっとうしい空気 ・ 暗色に覆われる ・ 際どい(岐路) ・ 薄氷を踏む(思い) ・ 予断を許さない ・ 悪い予感 ・ 状況は(極めて)悪い ・ ざわざわ ・ (周囲が)ざわつく ・ 嫌な予感 ・ (何か)引っかかる ・ 恐れ ・ 胸騒ぎ(△がする[を覚える]) ・ 縁起でもない(話はやめろ) ・ 大凶 ・ 不吉 ・ (カップルで行くと別れるという)ジンクス(がある観光地) ・ 厄日 ・ み言葉 ・ まわしい(夢) ・ まがまがしい(出来事) ・ 縁起が悪い ・ げんが悪い ・  ・ 不祥 ・ 虫の知らせ ・ 不吉(な出来事) ・ 不祝儀 ・ 凶事 ・ 表れる ・ 兆し(が見える) ・  ・ 芽生え ・ (結末を)想像させる ・ (前途を)暗示(する) ・ 縁起 ・ 前兆 ・  ・ (成功の)しるし(が見える) ・ (事の)起こり ・ 先触れ ・ 気配(を感じる) ・ 知らせ ・  ・ 症状(が出る) ・ (前途を)予感させる ・ 前触れ(を思わせる凶事) ・ (破局の)前奏 ・ (未来を)感じさせる ・ (将来を)予想させる(出来事) ・ (水難の)相(が出ている) ・ (悪の)萌芽(を摘む) ・ (神の)お告げ ・ (危険が)ひたひた(と)(迫る) ・ 予見させる ・ 兆候(が見える) ・ 催い ・ (禍根が)胚胎(する) ・ 瑞光 ・ (真犯人の)手がかりを得る ・ 吉相 ・ 明るい兆し(が見える) ・ 瑞兆 ・  ・ 一陽来復(の兆し) ・ 瑞祥 ・ 瑞相 ・ 縁起がいい ・ 吉兆 ・ 栄光 ・ 吉祥 ・ 祥瑞 ・ 曙光 ・ ほうき星(が流れる) ・ 奇瑞
(震災の)(落とした)影(はまだ色濃い)物事がすんだあとでも気分がすっきりしない(震災の)(落とした)影(はまだ色濃い)物事がすんだあとでも気分がすっきりしない  (不安が)(頭から)離れない ・ なお続く ・ 疑わしい ・ 後味が悪い ・ もやもや(する) ・ (△問題[疑問]が)くすぶる ・ すっきりしない(胸中) ・ 癒えない(心の傷) ・ 心理的な影響(が残る) ・ 未消化(のまま) ・ 割り切れなさが残る ・ (不信感が)消えない ・ じくじたる思い ・ (感情的)しこり(△が残る[を残す]) ・ (まだ)腑に落ちない ・ (台風の)爪あと(が残る) ・ (戦争の)傷あと(を残す) ・ (過去の恋愛を)引きずる ・ 禍根(を残す) ・ 未解決のまま ・ (気持ちが)吹っ切れない ・ (あとには)何か嫌なものが残る ・ 悶々(とする) ・ (心の)整理がつかない ・ 長引く ・ 釈然としない ・ ほとぼりが冷めない ・ 後腐れ(がない) ・ 納得できない ・ 火種(が残る) ・ 思い切れない ・ 心の奥に消えずに残る ・ (心の奥が)いがらっぽい ・ すっきりしない ・ (懸念が)去らない ・ (疑いが)晴れない ・ 尾を引く ・ (思いが)後を引く ・ (不満が)くすぶる ・ (怒りの)余燼よじんがくすぶる ・ (満たされない思いが)くすぶり続ける ・ 後味の悪い ・ (心の傷が)癒えない ・ 後々の厄介 ・ あとの面倒 ・ わだかまる ・ 悪影響(が残る) ・  ・ 満たされない(気持ち) ・ 暗うつ ・ 屈託(を抱える) ・ (心中)穏やかでない ・ 心が沈む ・ 俗念(を払う) ・ (不満が)たまる ・ 気持ちが塞ぐ ・ 浮かない顔(をする) ・ うっとうしい(気分) ・ (精神的に)参る ・ うつ(状態) ・ (思いが)屈折(する) ・ 屈折した(感情) ・ 楽しめない ・ (絶望に)とらえられる ・ くさくさ(する) ・ うつ念 ・ いらいら(する) ・ いらだつ ・ いらだち ・ 気重きおも(な毎日) ・ (胸の内の)気重さ ・ フラストレーション(がたまる) ・ (期待を)重荷に感じる ・ (素直に)喜べない ・ 気分がよくない ・ せいせいしない ・ くよくよ ・ 抑うつ(状態) ・ ダーク(な気分) ・ どんより(とした気分) ・ 気うつ(が続く) ・ 気分が晴れない ・ 気持ちが晴れない ・ (心が)晴れない ・ 晴れ晴れしない ・ スカッとしない ・ △心[気持ち]が弾まない ・ 面白くない(気分) ・ 何かを溜め込んだ(顔) ・ (気持ちが)沈む ・ (気が)重い ・ 飽き足りない(ものを感じる) ・ (気持ちの)わだかまり ・ (気持ちが)どよん(とする) ・ (気持ちが)わだかまる ・ (心が)屈する ・ (嫌なことばかりで)むしゃくしゃ(する) ・ 癇が立っている ・ 陰うつ ・ やりきれない(思い) ・ 煩(に堪えない) ・ (不満を)ため込む ・ 沈む ・ なんだかなぁ ・ メランコリー(な気分) ・ ストレスを感じる ・ 暗澹あんたん(とする) ・ (気分が)くしゃくしゃ(する) ・ 欲求不満 ・ 不定愁訴 ・ いい気分ではない ・ (△気持ち[不満]が)くすぶる ・ 重たい ・ (気持ちが)よどむ ・ 憂さ ・ 暗い(気分) ・ 腹ふくるる(思い) ・ うつうつ(と)(する) ・ (悩みを)かかえ込む ・ 不透明な気分 ・ 胸のあたりが重たい ・ うっ屈(△する[した心情]) ・ 大儀 ・ 思い沈む ・ 複雑な(胸の内) ・ (気が)めいる ・ 荒涼とした(精神世界) ・ ローテンション ・ 灰色(の気分) ・ やるせない(思い) ・ 辛気 ・ 億劫 ・ (気分が)塞ぐ ・ 重苦しい(気分) ・ 憂うつ ・ 陰々滅々 ・ 憂悶 ・ 沈鬱 ・ 物憂い ・ (胸の内が)もやもや(する) ・ 心がおさまらない ・ 憂いに沈む ・ 鬱然 ・ 鬱積(する) ・ 気になる ・ 気にかかる ・ うっぷん ・ (△不満[憤り]を)かかえる ・ 気が進まない ・ 息苦しい(気分) ・ 息がつまる ・ (不安に)息を詰まらせる ・ センチメンタル(な気分) ・ 気が滅入る ・ 煩累 ・ 眉間にしわを寄せて(座り込む) ・ 塞ぎ込む ・ 気塞ぎ ・ (気持ちが)ふさ ・ いらだたしい(思い) ・ 憤懣やるかたない ・ 言いたいことがいっぱいある ・ (怒りが)冷めやらない ・ (気持ちの)解決がつかない ・ (不満)しきり ・ (両者の間に)しこりが残る ・ (不満が)しこる ・ 心が休まらない ・ 内向する ・ (怒りが)膨らむ ・ (怒りが)膨れ上がる ・ (重い気分が)とぐろを巻く ・ (怒りの感情が)渦巻く ・ やり場のない(気持ち) ・ やるせない ・ (怒りが)くすぶる ・ (憎しみが)(内に)籠もる ・ 興奮冷めやらぬ ・ 余剰を味わう ・ 勝利の美酒に酔う ・ 余韻に浸る ・ 余韻が残る ・ (親の)余光をこうむる ・ 余熱が残る ・ (状態が)停滞(する) ・ (正月気分が)抜けない ・ (従来の)惰性(で漫然と続く) ・ 名残 ・ 問題が残る ・ 根に持つ ・ (不況が)長引く ・ (面影が)揺曳ようえい(する) ・ 消えない ・ (余震が)続く ・ 遺制 ・ (栄耀栄華の)残映 ・ 後々まで(響く) ・ (いまだ)ほとぼりの冷めやらぬ(面持ち) ・ ほとぼり(が冷めるまで~) ・ (影響を)後に残す ・ (光の)残像 ・ 去らない ・ (自然災害の影響が)影を落とす(経済) ・ (震災の)(落とした)影(はまだ色濃い) ・ 揺り戻し ・ (悪習が)存続(する) ・ 影響(△が残る[を残す]) ・ (三年前の事故が)後を引く ・ (ずっと)後まで続く ・ (過去を)引きずる ・ (ある出来事の)残響 ・ 余韻(を残す) ・ 余情(を味わう) ・ (景気対策の)後遺症(としての財政赤字) ・ 難色を示す ・ いや(な気分) ・ 敵意(を抱く) ・ よく思わない ・ いい気がしない ・ いい気はしない ・ 気分のいいものではない ・ 気分が悪い ・ 気分が悪くなる ・ 感じが悪い ・ 許しがたい ・ おぞましい(光景) ・ おぞましい ・ (胸が)むかつく ・ 苦い(気分) ・ 歯が浮く(ようなセリフ) ・ あさましい(根性) ・ 受け入れられにくい ・ 気障り ・ 心穏やかでない ・ 汚い ・ 心外(な思い) ・ 聞き苦しい(中傷) ・ 気疎い ・ (思い出すだけでも)胸が悪くなる ・ 背徳(的)(行為) ・ 腹が立つ ・ (思い出しても)腹立たしい(思い) ・ 悪感 ・ 不快(に思う) ・ 散々(な思い)(ををする) ・ (話し方が)鼻につく ・ ストレス(を感じる) ・ 臭い(演技) ・ ぞっとする ・ (素っ気ない態度が)(どうも)気になる ・ (咀嚼の音が)(ひどく)気になる ・ 忌むべき ・ 見苦しい ・ 鳥肌(が立つ) ・ 刺激的(な光) ・ 虫酸が走る ・ 醜い ・ 怖い(事件) ・ 暗い(ニュース) ・ 鼻持ちならない ・ ひどい ・ ひんしゅくを買う ・ 吐き気がする ・ けがれている ・ けがらわしい ・ (人の目が)うっとうしい ・ かんにさわる ・ かんが高ぶる ・ 不快感(を持つ) ・ 喜べない ・ 苦々しい(思い) ・ いらっとする ・ 気分を悪くする ・ 厭わしい ・ 不満 ・ 気持ちが悪い ・ (言い方が)神経を逆なでする ・ 耳にたこができる ・ 卑しい ・ まがまがしい(絵柄) ・ まとい付く ・ 不愉快(に感じる) ・ (うるさくて)やりきれない ・ (見てると)悪寒(がする) ・ 薄ら寒い ・ うそ寒い ・ 寒々しい(光景) ・ 面白くない(△胸の内[気分]) ・ 忌まわしい(記憶) ・ 悪感情 ・ (のどに)違和感(がある) ・ 不道徳的 ・ 震えがする ・ ヘドが出る ・ 反感(を持つ) ・ 卑劣(な手段) ・ ダーティー(な事件) ・ 嫌悪(△感[を催す]) ・ 愉快でない
黒ずくめの服装黒ずくめの服装  黒衣こくい ・ 上下ともに黒い服装 ・ 黒支度 ・ 喪服 ・ 黒装束 ・ 墨染め(衣) ・ 黒ずくめ(の服装) ・ からす ・ なりかたち ・ 装い ・ 身なり ・ なりふり(構わず) ・ スタイル ・ 服装 ・ (男の)なり(をする) ・ 風俗 ・ 人体 ・ 風采 ・ 風姿 ・ いでたち ・ おしゃれ(に気を使う) ・ 姿 ・  ・ 姿態 ・ 身だしなみ(に気を配る) ・ つくろい ・ 風体 ・ ファッション ・  ・ 黒光り ・ グレー ・ 黒々 ・ ブラック ・ 黒味 ・ 真っ黒 ・ 墨色 ・ か黒い ・ 真っ黒い ・ くすんだ ・ 薄黒い ・ 漆黒 ・ 黒色を帯びた ・ どす黒い ・ 灰色 ・ 鉄色 ・ 黒い ・ 青黒い ・ 黒色 ・ 黒っぽい ・ 赤黒い ・  ・ 浅黒い ・ 目につきにくい ・ 着るもの ・ ローブ ・ お召し物 ・ 服飾(デザイナー) ・ 被服 ・ アパレル ・ 着衣 ・ 衣類 ・ 衣服 ・ 着物 ・ 着衣(のモデル) ・  ・ 着類 ・  ・ 衣料 ・ 衣料品 ・ 衣料製品 ・ 身の皮
(情報化社会の光と)影まわりの状況の変化で思わぬ災難や影響を受ける(あおりをう)(情報化社会の光と)影まわりの状況の変化で思わぬ災難や影響を受ける(あおりをう)  肩代わり(する) ・ 巻き添え(を食う) ・ 火の粉が飛ぶ ・ (他人の)ツケが回ってくる ・ (強風に)煽られる ・ (おかげで)ひどい目にあう ・ 民間人の犠牲者(が出る) ・ スムーズにいかない ・ 不利な(立場) ・ 不運にも ・ 犠牲(を強いられる) ・ 白羽の矢が立てられる ・ (おかげで)災難に遭う ・ 貧乏くじを引く ・ 衝撃を受ける ・ お鉢が回る ・ 累が及ぶ ・ 泣きを見る ・ (衝撃を)身に受ける ・ 逆風にさらされる ・ (大雪の)影響を受ける ・ 悪影響を受ける ・ (嫌な役目を)引き受ける羽目になる ・ (思うように船が)進まない ・ (同僚が休んだ)せいで(残業になる) ・ 尻ぬぐい(をさせられる) ・ しわ寄せ(△を受ける[が及ぶ]) ・ きしみ(が生じる) ・ (負担を)押しつけられる ・ (国民に)犠牲を強いる ・ (~の結果)迷惑する ・ 虐げられた(人々) ・ 割を食う ・ (台風の)余波の影響で ・ (事故の)余波で(風評に苦しむ) ・ とばっちり(を受ける) ・ 低迷を余儀なくされる ・ あおりを食う ・ (△強風[突発的変化]の)あおりを受ける ・ (窓が)ガタガタ鳴る ・ 戸が動く ・ 強風にあおられる ・ (風波が小船を)翻弄(する) ・ (風で)動く ・ 風に(激しく)揺り動かされる ・ (木が大きく)揺れる ・ 髪が激しく乱れる ・ (風が髪を)巻き上げる ・ あおりを受ける ・ (激しく)揺り動かされる ・ (旗が)ばたばたする ・ 悪弊(が生じる) ・ 負の影響 ・ (高度経済成長の)ひずみ(に泣く中小企業) ・ (旧体制の)遺物 ・ (台風の)爪あと ・ しわ寄せ ・ 負の遺産 ・ (朝鮮出兵が日韓に)(深い)傷(を残す) ・ (戦争の)落とし子 ・ 鬼子 ・ (低金利政策の)成れの果て ・ (高度経済成長の)名残(により依然として長時間労働) ・ 積み残したの問題 ・ 放置された問題 ・ 後遺症(が残る) ・ 痕跡 ・ ダメージ(を与える) ・ (長びく戦争が国民生活に)影を落とす ・ (過去の)亡霊(に△取りつかれる[悩まされる]) ・ (スキャンダルが)尾を引く ・ 弊害(が生まれる) ・ (円高の)あおりを受ける ・ (収益が)圧迫される ・ 増税にあえぐ ・ 障害(となる) ・ 苦しい(時期) ・ 拘束性 ・ (古いしきたりが)かせになる ・ 問題 ・ 足を引っ張る ・ (米中関係悪化の)悪影響を受ける ・ 厳しい状況に見舞われる ・ 不利な条件 ・ 障り ・ 悪条件(を抱える) ・ つらい ・ (費用が)重荷になる ・ 束縛(を受ける) ・ 逆境にある ・ 不都合 ・ 困難 ・  ・ ハンデ(を抱える) ・ 条件が悪い ・ 悪い条件 ・ 側杖 ・  ・ (渦に)巻き込む ・ とばっちり ・ 余波 ・ 巻き添え ・ (汚職事件が各方面に)飛び火(する) ・ 人聞きの悪い(こと言わないで) ・ 差し障り(がある)(ので名前は伏せる) ・ マイナスの作用 ・ (マイナスに)作用(する) ・ (悪い考えに)汚染(される) ・ (不摂生の)ツケ(が回る) ・ (あいつの)おかげ(で)(面倒なことになった) ・ 影響 ・ 余波(△が及ぶ[を受ける/を広げる]) ・ (列車事故の)余波(で)(観光客が減る) ・ 当たり障り(のない返事) ・ 負の効果 ・ 悪い影響 ・ (行政の)ひずみ(を是正する) ・ (夫婦の関係に)波風を起こす(女性) ・ (△徹夜が仕事に[増税が家計に])響く ・ (子どもには)目の毒 ・ (将来に)るい(を及ぼす) ・ (無理が)たたる ・ (不況に)たたられて(さんざん) ・ 踏みつけにさせる ・ (長い休みは景気への)かく乱要因(となる) ・ 悪条件となる ・ しわ寄せ(△が及ぶ[を受ける]) ・ (思わせぶりが)罪作り ・ (マイペースな性格が)災いして ・ (制度変更による)不利益 ・ 後腐れ(がないように) ・ 被害(△が及ぶ[を被る]) ・ 制約を受ける ・ (悪い)結果 ・ 打撃(を与える) ・ 悪い作用 ・ 揺り戻し ・ (物質的な豊かさの)代償(として)(精神的な豊かさを失う) ・ 因果応報 ・ 害(を与える) ・ 逆効果 ・ (経験が)邪魔をする ・ (不況の)波をかぶる ・ (時代の)大波をかぶる ・ マイナス効果 ・ (グローバル化)(に)よる(失業) ・ (物価高が家計を)圧迫(する) ・ (周辺が)ざわつく ・ 副作用 ・ (~が)水をさす ・ はた迷惑 ・ (人手不足に)起因(した)(値上げ) ・ 火の粉(△をかぶる[が及ぶ]) ・ バックラッシュ ・ (資源高が製品コストに)跳ね返る ・ (増税による景気への)跳ね返り(がある) ・ (差別による)被害 ・ 返り血(を浴びる) ・ (人を)ダメにする(ソファ) ・ (自由は他人の)迷惑 ・ (△肌[環境]への)負担(が大きい) ・ 害悪(を及ぼす) ・ 波及効果 ・ (親切のつもりが)あだ(になる) ・ ネガティブな結果(をもたらす) ・ 負の連鎖 ・ (嘘をついた)報い(で嫌がらせを受ける) ・ (年の)せい(で)(忘れっぽくなる) ・ (コロナが世界中に)暗い影(を落とす) ・ (職場全体に)伝染する ・ (大臣の発言が)物議を醸す ・ (腰に)負荷(がかかる) ・ (大変な)迷惑 ・ 親の因果が子に報う ・ (退職)したため(に)(ローンが組めない) ・ 余震(が広がる) ・ わずらわされる ・ 悪影響(を及ぼす) ・ 弊害が生じる ・ 有害 ・ (市街地へ)延焼(する) ・ (人心を)毒する ・ 毒される ・ 反発を呼ぶ ・ あおり(を受ける) ・ (ストの)あおりで(客足が伸びない) ・ (精神を)侵す ・ 禍事まがごと ・  ・ ご難 ・ 厄難 ・ 心外 ・  ・ (好事)魔(多し) ・ 月にむら雲、花に風 ・ 苦難(に遭遇する) ・ 障害 ・ (神の)たたり ・ 後難 ・ 急難 ・ 凶事 ・ 禍害 ・ (コロナ)禍 ・ 支障(が生じる) ・ 災難 ・ 艱難 ・ 不測の(事態) ・ 危難 ・ 事故 ・ 奇禍(に遭う) ・ 災禍 ・ 困った変化 ・ 難儀 ・ 災い ・ 小難 ・ 不幸な出来事 ・ トラブル ・ アクシデント(に見舞われる) ・ 不慮(の事故) ・ 災厄 ・ 嵐(に見舞われる) ・ 反響 ・ (富豪の)遺産 ・ 刺激を受ける ・ 痕跡(が残る) ・ (目に見えない)共鳴現象 ・ 風が吹けば桶屋が儲かる(の理論) ・ 響き ・ アナウンス(メント)効果 ・ あおり ・ (他に)影響(を与える) ・ 反応 ・ (文学は時代精神の)投影(である) ・ (ホルモンの)働きによって(心身が変化する) ・ 同化作用 ・ 相互作用 ・ 共振(する) ・ 名残 ・ 響く ・ 波(が立つ) ・ 波紋(を投げかける) ・ 力が及ぶ ・ 波及(する) ・ 働きが他に及ぶ ・ 差し響く ・ (他からの)働きかけ(がある) ・ (太陽の)反射 ・ (夏の日の)照り返し ・ 反映 ・ 誘発(効果) ・ 受難の(年) ・ 遭難 ・ 山で吹かれる ・ 襲われる ・ 災難に遭う ・ (痛い目を)見る ・ (先輩からプロの)洗礼を受ける ・ 被災 ・ トラウマ(になる) ・ (被害を)被る ・ 打ちのめされる ・ 渦中の人(となる) ・ 罹災 ・ 被害 ・ (危機に)見舞われる ・ (変化の大波を)かぶる ・ (震災という)経験をする ・ しわ寄せを受ける ・ (困難に)ぶつかる ・ (災害のあとを)目の当たりにする ・ 直面する ・ (危機的状況に)追い込まれる ・ 傷を負う ・ (事件に)巻き込まれる ・ (惨事に)遭う ・ (渋滞に)引っかかる ・ (隣の火事の)巻き添えになる ・ 歌は世につれ世は歌につれ ・ (風に)あおられる ・ 影響を受ける ・ (政府の)牽制を受ける ・ (先入観に)とらわれる ・ 引力圏にある ・ (少子化の)あおりを受ける(大学) ・ (拝金思想に)毒される ・ 左右される ・ (流行に)つられる ・ (時代の)尻馬に乗る ・ 影響圏(にある) ・ 朱に交われば赤くなる ・ 影響は否めない ・ (雰囲気に)引きずられて(承諾してしまった) ・ (無意識のうちに)影響される ・ (雰囲気に)飲まれる ・ (無意識に)誘導される ・ (荒波に)翻弄される ・ (ナチス占領の)影を引きずる(パリ) ・ (価値観が)刷り込まれる ・ 流される ・ (うわさに)踊らされる ・ (情報を)無批判に受け入れる ・ 火の粉をかぶる ・ (情報に)かく乱(される) ・ (予算の)制約を受ける ・ (株式市場に機関投資家の)影がちらつく ・ (見えない力に)動かされる ・ (間接的な)つながりを否定できない ・ 振り回される ・ (基盤を)揺さぶられる ・ (アメリカ)かぶれ ・ (設計者の精神が)投影された(人型ロボット)
(帝国の光と)影表からは見えにくい、悪事や不安がはびこる世の中(帝国の光と)影表からは見えにくい、悪事や不安がはびこる世の中  闇夜(が続く) ・ 圧政(による息苦しさ) ・ (特定業界における)伏魔殿 ・ 失われた(大陸) ・ 絶望(的な状態) ・ 希望が持てない ・ (日本の抱える)黒歴史 ・ 百鬼夜行(の内部) ・ 毒巣 ・ 悪夢(のような状況) ・ 閉ざされた(世界) ・ (大企業の)闇 ・ (社会の)暗部 ・ 隠された部分 ・ (監視の届かない)ブラックボックス ・ 暗黒(街) ・ (警察力の入らない)暗黒地帯 ・ 暗黒大陸 ・ (政界の)裏面 ・ (社会的底辺の)悲惨な実態 ・ 底なし(の腐敗ぶり) ・ (政界の)うみ ・ 暗い(時代) ・ (社会の)暗黒面 ・ 治外法権(の一画) ・ 犯罪の温床 ・ 放火が絶えない(土地) ・ 裏街道 ・ 暗黒街 ・ 裏稼業の世界 ・ 売春街 ・ 退廃した社会 ・ やくざの世界 ・ マフィアの世界 ・ (ギャングに支配される)独立王国 ・ 無法地帯 ・ ダーティな部分 ・ 危険な街 ・ 治安が悪い ・ 弱肉強食(の世界) ・ 法律の及ばない(世界) ・ (社会の)裏 ・ 港の倉庫 ・ 秩序を失った ・ (華やかな世界の)裏 ・ 裏社会 ・ 闇の世界 ・ 裏世界 ・ 学級崩壊 ・ 魔窟 ・ 裏側 ・ 表面化しない ・ 不明部分 ・  ・ 隠れた部分 ・ 真実 ・ 覆い隠された部分 ・ 内在(する) ・ (経営の)実態 ・ 内部事情 ・ (あの話には)からくり(がある) ・ 水面下(の動き) ・ (考えの)底(を知ることができない) ・ 闇の情報(に詳しい) ・  ・ 実際(は)(どうなのか) ・ 全貌の一部 ・ 楽屋(話) ・ 楽屋裏(を話す) ・ 隠された(真実) ・ (事態の)裏側(が見えてきた) ・ (業界の)内側(を暴露) ・ 非公式情報 ・ (我が家の)台所事情 ・ △世間に[一般には]知られていない ・ 影(の部分) ・ 闇の部分 ・ 裏事情 ・ いわく(付き)(の物件) ・ 後ろ暗さ(がつきまとう) ・ (事件の)裏 ・ 裏(の事情) ・ ひと皮むけば(問題だらけ) ・ ひと皮めくると(恐るべき実態がある) ・ 家庭の事情 ・ 内情 ・ (航空業界の)舞台裏(に迫る) ・ 隠蔽情報 ・ 裏の裏(まで知っている) ・ 知られざる(真相) ・ (事件の)背後(を洗う) ・ (政界の)裏面りめん ・ (関係者以外)誰も知らない(話) ・ 裏情報 ・ 真相 ・ (夜の世界の)底の底 ・ 内幕(を語る) ・ 内幕話 ・ (社会の)断面(を描く) ・ 表に出せない(話) ・ 表に出ない部分 ・ 内部の事情 ・ 特殊事情 ・ (事件の)いきさつ(を知る人) ・ 暴露話 ・ 内実 ・ (政界の)裏話 ・ (うまい話には)裏(がある) ・ 秘密の事柄 ・ (芸能界の)うわさ(に通じている) ・ 秘められた(大人の事情) ・ 秘密情報 ・ (経済発展の)陰(で広がる貧富の格差) ・ (社会の)深部 ・ 裏側(の現実) ・ (芸能界の)裏 ・ 奥(の部分) ・ 人知れない ・ (ホワイトハウスの)奥の院 ・ 裏街道(を行く) ・ 水面下(の部分) ・ (巨大組織の)聖域(に踏み込む) ・ (事件の)深層部分 ・ 深層部 ・ (社会の)隠微(な側面) ・ 深奥 ・ 汚い部分 ・ (現代社会の)闇 ・ 裏面 ・ (地下に)潜行(する)(秘密組織) ・ (政界の)暗流(に迫る) ・ アングラ(ビジネス) ・ サブ(カルチャー) ・ マイナー(な文化) ・ 暗黒面 ・ (ネット社会の)ダークサイド ・ 影の部分 ・ 醜い部分 ・ 水面下(でのやり取り) ・ 不透明な部分 ・ (企業の)恥部 ・ (巨大組織の)腐敗部分 ・ (すべては)やぶの中 ・ 光の届かない部分 ・ (醜い欲望が心の中で)脈打つ ・ (うかがい知れない)暗がり ・ (実相に)からめ手(から迫る) ・ ダーティ(ー)(な部分) ・ 不明朗(なやり方) ・ 暗闇 ・ (森の)奥深く(で起こる) ・ 暗部
(権力の)影(におびえる)他を威圧して自分の意志通りに動かすことのできる力や雰囲気(権力の)影(におびえる)他を威圧して自分の意志通りに動かすことのできる力や雰囲気  (飛ぶ鳥を落とす)勢い ・ 輝き ・ 支配力 ・ 影響力 ・ (台風が)猛威(をふるう) ・ 統率力 ・ 権力 ・ 威令(が行き届く) ・ (政治的)実力 ・ 威勢 ・ 威(を張る) ・ 勢威 ・ (権力者の)威力 ・ (上から)睨み(を利かす) ・ 栄光 ・ 脅し(をかける) ・ (王権)華やか(なりし頃) ・ (社長の)鶴の一声(で決まる) ・ (妻の)発言力 ・ 権勢 ・ 強制力 ・ 武力 ・ (逆らえない)脅威 ・ 神通力(を持つ) ・  ・ 武威 ・ 威光 ・ 強勢(を誇る) ・ 国威(の発揚) ・ 威信(を高める) ・ 権威 ・ 締めつけ ・ (隠然とした)力 ・ (衣の下の)よろい ・ 勢力 ・ (圧倒的)存在感 ・ (言うことを聞かないと)痛い目見る(ぞ)強面(△に出る[に意見する]) ・ (△強く[鬼の顔で])迫る ・ ひれ伏させる ・ (周囲に)睨みを利かせる ・ (辺りを)睥睨へいげい(する) ・ どう猛な目 ・ 呪縛(する) ・ (間接的に)規制する ・ 誠意を見せろ ・ 不安をあおる ・ 畏怖させる ・ 気後れさせる ・ (前面に)(威圧的に)立ち塞がる ・ (ライオンが)うなる ・ 恐喝(する) ・ 戦いを挑む ・ (人々を)恐怖させる ・ まっ青にさせる ・ 顔色(を)なからしめる ・ はったり ・ カツアゲ(する) ・ 萎縮させる ・ 萎縮効果を狙う ・ 大げさな見せかけ ・ (権力者が弱者を)黙らせる ・ 威圧的態度 ・ 指をポキポキ鳴らす ・ (強く)けん制(する) ・ (金を)ゆする ・ (相手を)恐れさせる ・ 恐怖(政治) ・ (行動を)封じ込める ・ 腕まくり(する) ・ 強い出方(をする) ・ すごむ ・ すごんでみせる ・ すごみがある ・ すごみ(を利かせる) ・ 毛を逆立てる ・ 脅迫(する) ・ 挑発(的)(な態度) ・ 高圧的(態度) ・ 攻撃的(な態度) ・ 示威的態度 ・ 口をつぐませる ・ 見ざる聞かざる言わざる(の世界) ・ 圧迫(する) ・ 威喝 ・ 睨み(を利かせる) ・ (敵の行動を)抑止(する) ・ (力で)抑えつける ・ 恐怖政治を敷く ・ (力を)萎えさせる ・ (ゆすり)たかり ・ (チンピラが)たかる ・ 臆させる ・ 威厳がある ・ こけおどし ・ 二の足を踏ませる ・  ・ 抵抗を許さない ・ 戦意を喪失させる ・ 脱帽させる ・ (次はお前の番だと)警告(する) ・ すくみ上がらす ・ すご文句(を並べる) ・ (権力を)笠に着る ・ (制裁を)振りかざす ・ 上手に出る ・ いかめしい(顔つき) ・ 脅しをかける ・ (おびえる相手に)舌なめずり(する) ・ (サークル内で)幅を利かせる ・ 尻込みさせる ・ プレッシャーをかける ・ 居丈高 ・ (身を)すくませる ・ 威を張る ・ 縮み上がらせる ・ (周囲を)圧する(軍事力) ・ (すごい剣幕で)圧倒(する) ・ 威勢を張る ・ ドスを​利かせる ・ ぞっとさせる ・ 鬼面人を脅す ・ 鬼面人を驚かす ・ 脅す ・ (金を)脅し取る ・ 戦慄させる ・ ひるませる ・ 居直る ・ (背中に銃口を)擬する ・ (喉元に)(あいくちを)突きつける ・ はったり(をかける) ・ ブラフ(をかける) ・ (威風)辺りを払う ・ 怖がらせる ・ (頭上に)こぶしを振り上げる ・ 強迫 ・ 歯をむき出し(にする) ・ 牙をむく ・ ドスのきいた声(で迫る) ・ こわ持て(に意見する) ・ びびらせる ・ 入れ墨(を見せる) ・ (虎の)威(を借る狐) ・ 射すくめる ・ 心胆を寒からしめる ・ (相手が)逃げ出したくなる ・ (世界を)恐怖に陥れる ・ しっぽを巻かせる ・ (目の前に)立ちはだかる ・ (すごすごと)引き下がらせる ・ 危害を加えるふりをする ・ 恫喝(する) ・ 脅しつける ・ 及び腰にさせる ・ (軍事力を)示威(する) ・ 震え上がらせる ・ 緊張させる ・ 威嚇(する) ・ 自主規制させる ・ 脅し文句(を並べる) ・ 性格が荒い ・ 揺さぶりをかける ・ (攻撃の)身構え(を見せる) ・ 因縁をつける ・ 威圧(△する[を与える/的な態度に出る]) ・ おびやかす ・ 脅威 ・ 脅かす ・ 脅かし ・ 危害を加える意思を見せる ・ 力を見せつける ・ (反戦)デモ ・ デモンストレーション(する) ・ 示威運動 ・ 執拗(△に口説く[な値下げ交渉]) ・ 異論を許さない ・ (地方を)圧する(中央政府) ・ (ゴネる相手を)黙らせる ・ 沈黙させる ・ ハードな姿勢(で交渉に臨む) ・ 強硬(△な姿勢[方針]) ・ 力をもって(譲歩を)迫る ・ 封じ込め(を図る) ・ 力ずく(で従わせる) ・ 抑止力 ・ (気迫が)辺りを包む ・ 外堀を埋める ・ 包囲網(が縮まる) ・ 力を行使する ・ 空気(で人を動かす) ・ (他を)圧倒する ・ 影響力を行使する ・ 威力(△を示す[業務妨害]) ・ 硬(軟両様の構え) ・ (反対意見を)潰す ・ (反対運動)潰し ・ 優位を示す ・ (黙って)平伏(させる) ・ (△心理的に[力で])従わせる ・ 押さえ込み ・ (相手の△動き[発言]を)抑える ・ 威圧(する) ・ 威圧感を与える ・ 攻撃的(物言い) ・ (周囲を)睥睨へいげい(する) ・ (心理的)揺さぶり(をかける)締めつける ・ 締めつけ(を加える) ・ 締め上げる ・ 隠然たる力(で△恐れさせる[従わせる]) ・ (経済界に)隠然たる勢力(を持つ) ・ (国民の上に)君臨(する権力機関) ・ 眼光人を射る ・ (無言の)圧力 ・ 無言の睨み ・ (退陣するよう)(心理的)圧力をかける ・ けん制(する) ・ (上から)見下ろす ・ (思想の)押しつけ ・ (行動を)駆り立てる ・ 力を誇示する ・ 圧倒的(存在感) ・ (他を)圧する(存在感) ・ (言論)統制 ・ 脅迫 ・ 風圧(が強まる) ・ (崖っぷちへと)追い立てる ・ 排除の圧力 ・ プッシュする ・ パワーを見せつける ・ 力を振りかざす ・ (力で)押さえつける ・ (威力で)押さえる ・ 顔を利かせる ・ 攻勢を強める ・ 威迫(する) ・ 示威(する) ・ (同化への)強要 ・ 眼光炯々(として辺りを圧する) ・ (無言の)アピール ・ 信頼性 ・ (人間の)尊厳 ・ 信用 ・ インパクト(のある存在) ・ (目に)見えない力 ・ 隠然とした力 ・ 信頼感 ・ (周囲を)睥睨(する) ・ 面目 ・ (実力者の)影響力 ・ (大統領の)権威 ・ (国家の)信認 ・ 名実 ・ 名と実 ・ (高い)評価 ・ (権力の)求心力 ・ 威ありて(猛からず) ・ 体面 ・ (国の)プライド ・ (国家の)誇り ・ 信頼 ・ 国威(発揚) ・ 威信 ・ 存在感 ・ プレゼンス ・ (外部からの)敬意(の念) ・ メンツ(がかかる) ・ (宣伝の)訴求力 ・ (周囲に)インパクト(を与える) ・ 磁力線 ・ (恋人の)影響を受ける ・ (マルクスの)亡霊に取りつかれた(時代遅れの活動家) ・ 引力 ・ 統合力 ・ (商店街の)集客力 ・ (抵抗不能の)魅力 ・ 惹きつける(力) ・ 吸引力 ・ (国の)威信 ・ 求心力 ・ (安倍)色(を払拭する自民) ・ 誘導効果 ・ 威信(の失墜) ・ (業界団体の)働きかけ(によって実現) ・ (問題への)関与 ・ 政治力 ・ (隣国を)圧迫(する) ・ (周囲に)睨み(を利かせる) ・ (~に及ぼす)感化の力 ・ (親族から)横やり(が入る) ・ 重鎮として振る舞う ・ (特定方向への)同化作用 ・ (政界の)実力者 ・ 幅を利かせる ・ (武力)干渉 ・ 求心力(の維持) ・ 神通力 ・ 鶴の一声 ・ 感化力 ・ 同調圧力 ・ (未来を)左右する力 ・ (歴史を動かした)陰の主役 ・ (隠然とした)勢力 ・ 圧力(をかける) ・ 効力(を発揮する) ・ (関係者を)振り回す ・ (社会的)力 ・ (各国の)発言力
(権力の)影(におびえる)(未分類)(権力の)影(におびえる)(未分類)  後ろ暗い ・ 脛に疵持つ ・ 曖昧 ・ シルエット ・  ・ シェード ・ ほの暗い ・ 杯中の蛇影 ・ はかない ・ 虚と実 ・ 頼りにならない ・ 掴みどころのない ・ うつろいやすい ・ 空虚な ・ 暗い影を投げかける ・ 死の影 ・ 吹き出もののようなもの ・ 弱者の受ける痛み ・ 必要悪 ・ 裏の闇 ・ 負の部分 ・ 負の側面 ・ 醜悪さ ・ うしろ暗いところがある ・ ダーティな分野 ・ 血塗られた過去 ・ 陰の部分 ・ うさんくささ ・ ツメ跡を残す ・ 残滓 ・ 空無 ・  ・ 空しさ ・ 空虚 ・ 実体がない ・ 虚無 ・ うぶげ ・ 剛毛 ・ わき毛 ・ 鼻毛 ・ 胸毛 ・ ヘアー ・ 熱帯雨林 ・ アンダーヘアー ・ まつ毛 ・ 性毛 ・ 雰囲気 ・ 感じ ・ 臭跡 ・ 気色 ・ 影気配 ・ 気のせい ・ ファンタジー世界 ・ 想像の産物 ・ 幻視 ・ イメージ ・ 夢想 ・ はかなさ ・ 砂上の楼閣 ・ 妄想 ・ 空想の産物 ・ 夢魔 ・ 悪気 ・ 生あたたかい風 ・ 影絵 ・ 映り込み ・ 映り ・ 鏡像 ・ 体のライン ・ 横顔 ・ デザイン ・ 引き替えに ・ 有名税 ・ はね返りがある ・ 支店 ・ 代貸し ・ 分身 ・ 操り人形手先 ・ 傀儡 ・ 大幹部 ・ 出前もち ・ 回し者 ・ 黒雲が沸く ・ 症状が現れる ・ 合わせ鏡 ・ 影を投げかける ・ 影のような ・ 空蝉 ・ 一炊の夢 ・ 一場の夢 ・ 夢はかない ・ 全て夢のごとし ・ つわもの共が夢の跡 ・ つかの間 ・ あっけない ・ 仮初め ・ たまゆら ・ 滅び ・ 超自然 ・ 現実離れした ・ 別世界 ・ 現実にはあり得ない ・ 超現実 ・ 怪鳥 ・ 搭乗機 ・ 銀色の矢 ・ 銀翼 ・  ・ 惨めな ・ 極貧 ・ 惨苦 ・ 哀れ ・ 辛酸をなめる ・ オリ ・ 不合理 ・ グロテスクな部分 ・ ネガティブな側面 ・ マイナス ・  ・ ネガ ・ 痛み ・ 白日夢 ・ 夢見る ・ 蜃気楼のような ・ 夢まぼろし ・ 現実感がない ・ 夢のような ・ 錯覚 ・ 心に浮かぶ容姿 ・  ・ 面影 ・ 青い影 ・ 逆さ富士 ・ 夢の ・ 夢幻泡影 ・ 幻夢まぼろし ・ 幻想 ・ バーチャル ・ 当てにならない ・ 非現実 ・ 暗さ ・ 反面教師として ・ 谷間 ・ ネガの部分 ・ マイナス面 ・ 隠れた側面 ・ 光と闇 ・ 汚名 ・ 表と裏 ・ 影響が及ぶ ・ 空漠 ・  ・ 太虚 ・ 虚空 ・  ・ 草むら ・ すね毛 ・ 眉毛 ・  ・ 秘毛 ・ 恥毛 ・ 陰毛 ・ むだ毛 ・ 下萌え ・ 体毛 ・ 節がある ・ そぶり ・ 匂い ・ 顔色 ・ あらぬ影 ・  ・ ファンタジー ・ 魔物 ・ 解像 ・ 心像 ・ 画面 ・ 光のいたずら ・ 外形 ・ 失う ・ 損失 ・ 代価 ・ 損害 ・ コスト ・  ・ ダミー ・ 代理 ・ トラの威を借る狐 ・ ロボット ・ 意を体して ・ マウスピース ・ ゴム印 ・ 前駆症状 ・ 変わりが見える ・ 不吉な ・  ・ 子は親を映す鏡 ・ むなしい無常 ・ 寂しい ・ 露の世 ・ 人生は暇つぶし ・ 宴のあと ・ 短い間 ・ 有為転変 ・ うたかた ・ あの世 ・ 死後の世界 ・ 飛行機 ・ 機影 ・ 乗機 ・  ・ 愛機 ・ 機体 ・ 困窮を極める ・ 目も当てられない ・ 暗黒時代 ・ 悲惨 ・ 裏の部分 ・ ボロボロ ・ ヒリヒリするような ・ 不健全な ・ 非生産的いがみ ・ 負の ・ 格差 ・ 矛盾 ・  ・  ・  ・ 幽玄 ・ 白昼夢 ・ 実体感がない ・ 迷夢 ・ そっと寄り添う ・ 付き添う ・ かげ ・  ・  ・ silhouette ・ 帆影 ・ 輪郭線 ・ アウトライン ・ 影ぼうし ・ 人陰 ・ ひとかげ ・ 反影 ・ 射影 ・ 写し ・ 表現 ・ 映し出す ・ 投げる ・ 映す ・  ・ ひかげ ・ 日影 ・ 日光 ・  ・ 星影 ・ 星明かり ・ 先ぶれ ・ 前兆現象 ・ 暗翳 ・ ムーンライト ・ 月の光 ・ 月影 ・ 月明かり ・ 月光 ・ 灯影 ・ ライト ・ 照明 ・ ライティング ・ 電気 ・ 燈影 ・ 明かり ・ アフタヌーンシャド ・ アフタヌーン・シャドー ・ 政治的陰影 ・ アフタヌーン・シャド ・ シャド ・ アイシャド ・ 陰翳 ・ アフタヌーンシャドー ・ 明暗 ・ 暗い ・ 明るい ・ 明度 ・ 明るさ ・ コントラスト ・ 対比 ・ 対照 ・ 鮮明 ・ 陰陽 ・ 体つき
キーワードをランダムでピックアップ
七曜長生き冷ます細大漏らさずお初事象定義轟沈領収激化する色づく悪だくみ水がめ放射線を照射する隈々相手の人格を尊重する出ばなをくじく敵も無傷ではない粘りなく負ける
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. (震災の)(落とした)影(はまだ色濃い)何かが終わっても、その気配や影響があとに残る
  2. (不気味な)影悪さをする魂
  3. 光を受けてできるものの形
  4. 光の当たらない、暗い部分(かげ
  5. 影(の部分)表に現れない、内部の事情
  6. (前途に不安な)影(が差す)悪いことが起こる前兆
  7. (震災の)(落とした)影(はまだ色濃い)物事がすんだあとでも気分がすっきりしない
  8. 黒ずくめの服装
  9. (情報化社会の光と)影まわりの状況の変化で思わぬ災難や影響を受ける(あおりをう)
  10. (帝国の光と)影表からは見えにくい、悪事や不安がはびこる世の中
  11. (権力の)影(におびえる)他を威圧して自分の意志通りに動かすことのできる力や雰囲気
  12. (権力の)影(におびえる)(未分類)