表示領域を拡大する

ぎくしゃくした歩き方の類語、関連語、連想される言葉

 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
ぎくしゃく(した歩き方)下手ぎくしゃく(した歩き方)下手  (どこか)場違い ・ 感心できない ・ (見ていて)危なっかしい ・ 危うい ・ 体が言うことを聞かない ・ スマートでない ・ なじまない ・ 下手 ・ 稚拙(な文章) ・ 不得手 ・ 得手でない ・ 無器用 ・ もどかしい ・ ざる碁 ・ 下手くそ ・ 自信がない ・ 自信をもって出来ない ・ (気持ちと体が)けんか(する) ・ 拙速 ・ (演技に)違和感(がある) ・ 慣れない ・ 手際が悪い ・ てきぱきと進まない ・ へぼ(絵描き) ・ (やり方が)うまくない ・ ぶきっちょ ・ 巧拙 ・ 拙劣 ・ ぎこちない(手つき) ・ ぎごちない ・ 素人っぽい ・ 素人くさい ・ しっくりこない ・ しっくりしない ・ 調子外れ(のギター) ・ 空っ下手 ・ (私には)向かない(仕事) ・ (仕事ぶりが)様にならない ・ つたない ・ 弱い(チーム) ・ (動作が)板につかない ・ 縁台将棋 ・ 不堪 ・ 形にならない ・ (動きが)スムーズでない ・ (することが)滑らかでない ・ 古拙 ・ できない ・ たどたどしい(日本語) ・ 空下手 ・ (計算が)苦手 ・ 不細工(な手作りの机) ・ 見劣りする ・ 借り物のような(△不自然な印象[小手先の技巧]) ・ 不得意 ・ 得意でない ・ まずい(言い訳) ・ 真面目(な作品) ・ 音の感覚が鈍い ・ 見よう見まね(の技術) ・ 高踏的 ・ 猿芝居 ・ 肩肘張った(演技) ・ 禿筆 ・ 冗文 ・ (まだ)子ども ・ 子どもっぽい ・ 子どもくさい ・ (まだまだ)お子様(だな) ・ 形だけ ・ 表層をなめた(程度) ・ ガキ ・ 駆け出し ・ 茶番 ・ 青侍 ・ 小侍 ・ 温室育ち(のお嬢様) ・ 未成熟 ・ 下手な文章 ・ 真面目(すぎる)(文章) ・ 若い(身空) ・ 推敲不足 ・ 面白くない ・ 書生(論) ・ 棒読み ・ 三文小説 ・ 達筆 ・ (△文章[話の])(構成が)甘い ・ 口脇が白い ・ 若書き(の文章) ・ 習作時代 ・ 円熟していない ・ 若造 ・ 拙文 ・ ぎこちない ・ にわか ・ (文章に)勢いがない ・ 音程が取れない ・ 意図が伝わってこない ・ 緊張を余儀なくされる ・ 悪筆 ・ 世慣れない ・ 世慣れていない ・ たどり読み ・ 音痴 ・ 抑揚がない ・ 苦労を知らない ・ 大人でない ・ 大人になっていない ・ 大人になり切れていない ・ 思慮が足りない ・ 正しい音程で歌えない ・ 新参(者) ・ (だらだらと長い)水っぽい(文章) ・ 衍文 ・ お涙ちょうだい(の三文芝居) ・ (フランス)かぶれ ・ もたもた(している) ・ 三文芝居 ・ 崩し字 ・ キャリア不足 ・ キャリアが浅い ・ 筆下手 ・ (まだ)青い ・ 音程が外れる ・ 経験不足 ・ 締まらない(話) ・ 緩みのある ・ ぴりっとしない ・ 貧弱(な腕前) ・ 安物のドラマ(を見せられる) ・ 生硬(な訳文) ・ (二回読んでも)分かりづらい ・ (無駄な)力みが感じられる ・ 気負いが目立つ ・ 不慣れ(な手つき) ・ 情緒(に流れる) ・ 字が下手 ・ がんぜない ・ 美辞麗句を並べただけ ・ 幼稚 ・ (表情が)固い ・ 筍医者 ・ 生兵法(は大けがのもと) ・ 実力はまだまだ ・ 鍛えられていない ・ (義太夫を)うなる ・ 金くぎ流 ・ 折れくぎ流 ・ 経験値が低い ・ 青臭い ・ 文章を読み上げるだけ ・ 散漫(な話) ・ (固い)つぼみのような(ところがある) ・ 修行が足りない ・ 成熟していない ・ 表面をなぞっただけ ・ 世間知らず ・ 白面 ・ 書き散らし(の文章) ・ 説得力不足 ・ かじっただけ(の) ・ 大人気ない ・ 発達が遅い ・ 経験の乏しい ・ 乳臭い ・ 一人前のつもり ・ 経験がない ・ 稚拙 ・ 調子外れ ・ 乱筆(乱文) ・ 歯応えのある(文体) ・ 慣れていない ・ 走り書き ・ 年甲斐もない ・ 茶番劇 ・ 若気の至り ・ まだまだだな ・ 十年早い ・ 筆跡が子どもっぽい ・ 謎の線 ・ くせ字 ・ 代替医療 ・ よちよち歩き(の若造) ・ (自立も)おぼつかない ・ 駄文 ・ 乱雑な書き方 ・ 表面的(な言葉) ・ 歌を正確に歌えない ・ 軽い(文章) ・ ライト(ノベル) ・ 象形文字 ・ お経読み ・ ジャイアン(リサイタル) ・ くちばしが黄色い ・ ホメオパシー ・ 脱文 ・ (△本人にしか[本人にも])読めない ・ 読みにくい(筆跡) ・ 下手な字 ・ 戯文 ・ 踊ったような字 ・ 難文 ・ やぶ(医者) ・ 棒演技 ・ 演技は棒 ・ みみずの這ったような(字) ・ 村芝居 ・ 青二才 ・ (人間として)未熟 ・ こせがれ ・ 迷文 ・ 悪文 ・ 欠文 ・ 藪井竹庵 ・ (△精神的[社会的]に)幼い ・ 字が汚い ・ 歯の浮くような(セリフ) ・ (上つらを)かいなで(しただけ)(に過ぎない) ・ しょんべん臭い(ガキ) ・ なぐり書き(に近い) ・ 無造作(な終わり方) ・ 下手くそな字 ・ うぶ(な) ・ 拙筆 ・ 安心できない ・ (細かいところまで)意識が向かない ・ 一人前でない ・ 小僧(からたたき上げる) ・ 小僧こぞっ子 ・ (こ)わっぱ ・ 無邪気(な対応) ・ 感覚がにぶい ・ でくのぼう ・ アマチュア ・ 見習い ・ 世に出る前(の)(夏目漱石) ・ 感情に任せた(言動) ・ 見ていられない ・ 修業中 ・ 危なっかしい(手つき) ・ 危なかしい ・ 不調法(者) ・ 初心者 ・ ビギナー ・ 失敗 ・ ひょろひょろ(歩く) ・ (包丁を持つ手が)心もとない ・ 大事にしない ・ 気がつかない ・ (社会人)一年生 ・ 慣れない(手つき) ・ 不安がいっぱい ・ 気が回らない ・ はなたれ(小僧) ・ しゃれが分からない ・ 手慣れない ・ 気が利かない ・ (医者の) ・ (足が)ふらつく ・ 素人しろうと ・ 藤四郎 ・ 昨日や今日なったばかり(の新米ではない) ・ (断られることなど)思いも寄らない ・ 板についていない ・ 趣のない(店内) ・ 行き届かない ・ 危うい(状況) ・ 不行き届き ・ 身もふたもない(言い方) ・ 及ばない ・ 工夫がない ・ 気働きがない ・ 粋でない ・ へっぽこ ・ 問題がある ・ (駆け出しの)ぺいぺい ・ 無粋(な質問) ・ (見ていて)はらはら(する) ・ ひやひや(する) ・ 習い始めたばかり ・ スリリング(な試合展開) ・ 頭が回らない ・ 優柔不断(の態度) ・ しっかりしない ・ (まだ)無名(の画家) ・ (なんとも)頼りない ・ 入門のころ ・ ひよっこ ・ ひよこ ・ 不安定(な状態) ・ (雲行きが)怪しい ・ 野暮(な質問) ・ 若輩じゃくはい(者) ・ 初学者 ・ 鈍感 ・ (勘が)にぶい ・ 柔軟性がない ・ 融通が利かない ・ 礼儀作法に通じていない ・ なりたて(の行政書士) ・ 殺風景(な△話題[人]) ・ さえない(話) ・ よろよろ(する) ・ ひんしゅくを買う(振る舞い) ・ 半人前 ・ (周囲への)配慮がない ・ 売り出し前 ・ ほやほや(の一年生) ・ 大丈夫かと思う ・ 無神経 ・ 下積み(時代) ・ 危なげ ・ (他者の対応が)面白くない ・ 豎子 ・ 右も左もわからない ・ 無防備(な振る舞い) ・ ふつつか(者)(ですが) ・ 品がない ・ アマ ・ つまらない(人) ・ 退屈(な夫) ・ 残念(な旦那) ・ (細かい)配慮に欠ける ・ 配慮が足りない ・ じれったい ・ (人の)機微に通じない ・ 繊細でない ・ 粗末(な扱い)(を受ける) ・ 初心(の人) ・ へなちょこ ・ 新前 ・ 粗野(なふるまい) ・ 心配 ・ ぶま ・ つや消し(なことを言う) ・ 石部金吉 ・ (監督が)草野球レベル ・ (見るからに)危ない ・ 未熟者 ・ がさつ ・ 抑制のない(振る舞い) ・ 新人 ・ 新入り ・ 生真面目 ・ 新米(の店員) ・ (どこか)たどたどしい ・ 露骨(な性描写) ・ 初学のころ ・ 独りよがり(の考え) ・ 独善的(行動) ・ 至らない(点はお許しください) ・ (足元が)おぼつかない
キーワードをランダムでピックアップ
夏雲某氏くすり重詰め英和無駄骨塗る占う長袖ある限り鬼手陳列窓救いの手乾ききった自説を譲らない傷みやすいつきたてのもち両者の意見に齟齬が生じる才覚をつける政府所有会社
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 1