表示領域を拡大する

走り書きの類語、関連語、連想される言葉

 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
走り書き字が汚い走り書き字が汚い  崩し字 ・ 金くぎ流 ・ 折れくぎ流 ・ なぐり書き(に近い) ・ 字が下手 ・ 乱雑な書き方 ・ くせ字 ・ 禿筆 ・ 字が汚い ・ 下手くそな字 ・ みみずの這ったような(字) ・ 筆下手 ・ (△本人にしか[本人にも])読めない ・ 読みにくい(筆跡) ・ 達筆 ・ 筆跡が子どもっぽい ・ 悪筆 ・ 下手な字 ・ 拙筆 ・ 象形文字 ・ 乱筆(乱文) ・ 謎の線 ・ 踊ったような字 ・ 脱字 ・ 嘘字 ・ 誤字 ・ てきぱきと進まない ・ (文字の)筆致 ・ (独特の)書き癖 ・  ・ 縁台将棋 ・ (動きが)スムーズでない ・ (することが)滑らかでない ・ 借り物のような(△不自然な印象[小手先の技巧]) ・ しっくりこない ・ しっくりしない ・ 墨跡 ・ 古拙 ・ 文字 ・ ぎこちない(手つき) ・ ぎごちない ・ へぼ(絵描き) ・ (文字の)書きぶり ・ (女)手(の手紙) ・ 書き方 ・ 書体 ・ 感心できない ・ スマートでない ・ 下手 ・ まずい(言い訳) ・ 筆づかい ・ 空っ下手 ・ 弱い(チーム) ・ 筆の調子 ・ できない ・  ・ 下手くそ ・ つたない ・ 慣れない ・ 墨付き ・ (見ていて)危なっかしい ・ 危うい ・ たどたどしい(日本語) ・ (仕事ぶりが)様にならない ・ (動作が)板につかない ・ 空下手 ・ 見劣りする ・ 不堪 ・ 不得手 ・ 得手でない ・ 体が言うことを聞かない ・ 用字 ・ (やり方が)うまくない ・ 手際が悪い ・ 筆調 ・ ぎくしゃく(した歩き方) ・ ざる碁 ・ 手跡 ・ 墨痕 ・ 自信がない ・ 自信をもって出来ない ・ 稚拙(な文章) ・ (独特の)書体 ・ 拙速 ・ (ダイナミックな)筆跡 ・ 不細工(な手作りの机) ・ ぶきっちょ ・ 水茎の跡 ・ (私には)向かない(仕事) ・ もどかしい ・ 巧拙 ・ 素人っぽい ・ 素人くさい ・ 形にならない ・ 無器用 ・ なじまない ・ (どこか)場違い ・ 筆の運び ・ 芳墨 ・ (計算が)苦手 ・ 拙劣 ・ 筆墨 ・ 不得意 ・ 得意でない
走り書き(のメモ)すばやく書く走り書き(のメモ)すばやく書く  (一気に三十枚の原稿を)書き飛ばす(文章を)書き流す ・ さらさら(と)(書く) ・ (感想を)書き連ねる ・ すらすら(と)(書く) ・ 筆を走らせる ・ (講演を)速記(する) ・ すばしこい ・ さっさと ・ (原稿を)執筆(する) ・ 活発 ・ こまめ(に動く) ・ 風のように ・ 風のごとく ・ はやてのように ・ 機敏 ・ 簡捷 ・ 文字を並べる ・ 電光石火 ・ (動作に)無駄がない ・ 高速化 ・ 反射的 ・ スピード感(がある) ・ (どこへでも)ひょこひょこ(と)(出かける) ・ とっとと ・ つっと ・ ひょいと ・ 軽快 ・ 尻軽 ・ しゃきしゃき ・ 腰が軽い ・ 猛烈な勢い ・ 疾風迅雷(の勢い) ・ (理由を)明記(する) ・ (書道家に)揮毫きごう(を求める) ・ (小学生の)書字(能力) ・ 勢い(がある) ・ 手ばしこい ・ (感情を詩に)書き表す ・ 身軽 ・ 染筆せんぴつ(料) ・ 手早 ・ きびきび(と) ・ 筆を動かす ・ つと ・ 敏活 ・ 一筆(したためる) ・ 速力 ・ (忙しく)立ち働く ・ 敏捷 ・ ロケット(スタート) ・ てきぱき(と進める) ・ 短時間(で) ・ すばやい動き ・ 筆をふるう ・ 書する ・ 風林火山 ・ こまめ(に)(掃除する) ・ 一瞬(の出来事) ・ 瞬時(の出来事) ・ 疾走感(のある曲) ・ 早い事 ・ 生き馬の目を抜く ・ さっと ・ (手紙を)したためる ・ 加速 ・ はきはき(と答える) ・ 脱兎 ・ 筆談 ・ (詳細は次章で)述べる ・ ついと ・ 身軽い ・ 甲斐甲斐しい(働きぶり) ・ しがらみがない ・ 疾きこと風のごとく ・ ひらりと ・ ぐいと(飲み干す) ・ はしこい ・ スピーディ ・ ダッシュ ・ (一文を)叙する ・ 書き物(で忙しい) ・ 手早い ・  ・ 筆をとる ・ ペンをとる ・ (文字を)書く ・ 素早い
走り書き乱暴に書く走り書き乱暴に書く  下書き ・ 筆に任せて書く ・ 散らし書き ・ 書きなぐる ・ 書き捨てる ・ 乱筆 ・ いたずら描き ・ 落書き(する) ・ (街角の)グラフィティ ・ 乱暴に書く ・ ぬたくる ・ 書き流す ・ (下手な字で)書き散らす ・ なぐり書き ・ 戯書 ・ 粗削り(な原稿) ・ くずした文字 ・ 思い切り(引っ張る) ・ ワイルド(な音楽) ・ 野性的 ・ プリミティブ(な作風) ・ 迫力がある ・ 勢いだけ(の漫画) ・ 剽悍 ・ 丁寧でない ・ (監視が)ゆるい ・ 目分量 ・ 目の子(勘定) ・ むずと ・ ぐんと ・ 勢いよく(キーボードを叩く) ・ 手荒てあら(に扱う) ・ 手荒い(扱い) ・ 乱暴(に扱う) ・ 荒い ・ ちぐはぐ(な言動) ・ ざっくり(とした話し合い) ・ 雑駁ざっぱく(な論文) ・ ラフ ・ 大きな部分だけ扱う ・ 礼儀も作法も知らない ・ 適当 ・ あらまし(片付いた) ・ (金銭に)無頓着 ・ 繊細さに欠ける ・ おろそか(になる) ・ 書する ・ ずさん(な仕事) ・ きちんとしていない ・ 男っぽい(料理) ・ 豪快(な盛り付け) ・ 筆を動かす ・ おおよそ ・ およそ ・ 乱雑(な書き方) ・ ばたん(とドアを閉める) ・ 粗暴(な振る舞い) ・ 生硬(な訳文) ・ 硬い(文章) ・ 不備(がある) ・ 荒法師 ・ 平均的(な市民) ・ 筆をとる ・ ペンをとる ・ ま、いっか ・ 若書き(の作品) ・ 粗い ・ 未熟(な文章) ・ 獅子奮迅(の活躍) ・ 野趣に富む(味) ・ 生のまま(味わう) ・ (書類に)ひと渡り(目を通す) ・ (あえて)細部を省略する ・ (やることが)粗雑 ・ ぐっと ・ 大体(でいいよ) ・ (手紙を)したためる ・ (感情を詩に)書き表す ・ 大づかみ ・ 筆をふるう ・ 慎重でない ・ 無造作(△に置く[な筆遣い]) ・ 暴力的(なキス) ・ 腕力に訴える ・ 大ざっぱ ・ 文字を並べる ・ ラフ(プレー) ・ 荒さ(が目立つ) ・ (やり方が)荒い ・ 粗い(仕事ぶり) ・ 粗っぽい ・ 粗さが目立つ ・ ごつい(印象) ・  ・ 力任せ ・ (原稿を)執筆(する) ・ 大筋では問題ない ・ 悍馬かんば(のような若者) ・ 染筆せんぴつ(料) ・ (野菜を)ざくざく(に)(切る) ・ 粗め(に刻む) ・ 強引(に開ける) ・ 一筆(したためる) ・ 鬼神のごとく(暴れる) ・ (一文を)叙する ・ 波乱(の生涯) ・ (詰めが)甘い ・ 甘い(ボール) ・ 甘さ(が目立つ) ・ (細部に)とらわれない ・ 力強い ・ 筆談 ・ (いささか)乱暴(なまとめ方) ・ 神経が行き届かない ・ (だらだらと長い)水っぽい(文章) ・ (小学生の)書字(能力) ・ 筆を走らせる ・ 激しく(踊る) ・ 繊細さがない ・ 無関心 ・ 過激 ・ 大まか(に述べる) ・ むんずと ・ 粗削り(な若者) ・ 欠点の多い ・ (時間に)ルーズ ・ 緻密でない ・ 大様おおよう(に深く追求しない) ・ 狂ったように(踊る) ・ ヤクザまがい(の取り立て) ・ (詳細は次章で)述べる ・ 小事にこだわらない ・ 腕ずく ・ アバウト(な議論) ・  ・ 大ぼっかい ・ (設定の)穴(が目立つ脚本) ・ 書き物(で忙しい) ・ 果敢(に攻める) ・ ブルドーザー(のような)(仕事ぶり) ・ ラフ(なスケッチ) ・ 隙がある ・ 細かいことは気にしない ・ 男性的(な大ざっぱさ) ・ 荒っぽい ・ 融通むげ ・ 大局的(な見方) ・ (結果が)大味 ・ (文字を)書く ・ こだわらない ・ いい加減(な作り) ・ (書道家に)揮毫きごう(を求める) ・ 荒木を利用した(宮居) ・ 無謀(な運転) ・ 荒技師 ・ 力ずく ・ 荒々しい ・ 荒々しく(ドアを閉める) ・ (理由を)明記(する) ・ 雑(な仕事ぶり)
走り書き思いつくままに書いたとりとめのない文章走り書き思いつくままに書いたとりとめのない文章  写生文 ・ 漫筆 ・ 書き散らす ・ 随筆 ・ コラム ・ 閑文字 ・ 雑記 ・ 俳文 ・ エッセイ ・ 随想録 ・ 雑考 ・ 筆すさび ・ 筆のすさび ・ つれづれの記 ・ 小品 ・ 徒然文 ・ 絵手紙 ・ 漫文 ・ 雑感 ・ (近事)片々へんぺん ・ 書き散らし(の文章) ・ (書き流しの)雑文 ・ 散文 ・ 偶感 ・ 紀行文 ・ 雑録 ・ 感想文 ・ つれづれ(の記) ・ 雑筆 ・ こんな話あんな話 ・ 随感 ・ 随想 ・ (とりとめもなく)想念(が浮かぶ) ・ 印象記 ・ (軍部が)独走(する) ・ (△感情[欲望]の)赴くまま(に)(好きなことをする) ・ 思うまま(に) ・ 存分(に)(体を動かす) ・ 勝手気まま(にふるまう) ・ 鉄則を平気で破る ・ (自分の)感情に忠実 ・ (し)放題 ・ したい放題 ・ 独裁(国家) ・ 独裁的(な経営) ・ (世間の)常識にとらわれない ・ (何ものにも)とらわれない ・ ちゃらぽこ ・ 他人のことなどどうでもいい ・ 我意を通す ・ 俺が良ければいい ・ 専制的 ・ 法界 ・ 誰はばかることなく ・ やりたい放題 ・ 専横(な△振る舞い[領主]) ・ (世間を)押し渡る(タイプ) ・ 型破り ・ 意のまま ・ 自由勝手(な行動) ・ とっぴ(な発想) ・ 突拍子もない(考え) ・ わがまま(△を通す[に生きる]) ・ エゴをむき出しにする ・ エゴイスト ・ エゴ丸出し ・ (相手の都合など)お構いなし(に) ・ (思った)まま(を書く) ・ お手盛り ・ 勝てば官軍(とばかりに)(やりたい放題) ・ 跳ね上がる ・ (大臣の)食言 ・ マイペース(を保つ) ・ 野放図(に)(振る舞う) ・ 遠慮しない ・ 遠慮なく ・ 手放し(で)(喜ぶ) ・ 太平楽(を並べる) ・ じゃじゃ馬(娘) ・ 放恣 ・ 詞藻 ・ (自分の)快楽のためだけに(腰を振る) ・ 独断的(な態度) ・ 専ら ・ 横暴 ・ 専断(的)(に業務を行う) ・ 誰の指図も受けない ・ 我先に(逃げる) ・ 手前勝手 ・ 盗んだバイクで走り出す ・ (不如意を)如意(にする) ・ 暴君(的) ・ 恣意的決定 ・ 文面 ・ 欲望むき出し ・ あるがまま(に生きる) ・ 自分らしく(生きる) ・ 思うさま(行動する) ・ (自分の)思う通りに ・ 無責任 ・ ブレーキが効かない ・ 自分で決める ・ 子ども(か) ・ 強気一辺倒 ・ 勝ち逃げ ・ 食い逃げ ・ 気まぐれ ・ 好きにする ・ 好きなように ・ そこのけそこのけ(お馬が通る) ・ 辺り構わず(しゃべる) ・ 利己的 ・ 尻暗い観音 ・ (ぜいたく)三昧 ・ 独断専行(のやり方) ・ 思いつくまま ・ 我田引水(の議論) ・ 無軌道 ・ 好き放題(~する) ・ 放逸ほういつ(の振る舞い) ・ 気任せ ・ 感情を解放(する) ・ 型にはまらない ・  ・ (説明終了後)適宜てきぎ(解散とする) ・ (世間に)気兼ねしない ・ 勝手次第 ・ 自分勝手 ・ (人間の)エゴ(でしかない) ・ 奔放(に振る舞う) ・ 自由奔放(に生きる) ・ 自己中 ・ 自己中心的(な人) ・ 自分中心(に生きる) ・ 放縦 ・ 漫然 ・ 心の声に従う ・ 自儘 ・ (金の力で世の中を)闊歩かっぽ(する) ・ 好き勝手(に) ・ 暴君 ・ 文章 ・ 見境なく(ナンパする) ・ (子どもが)伸び伸び(と)(育つ) ・ 気随(が過ぎる) ・ 気随気まま(に)(生きる) ・ 気まま(な一人旅) ・ 常軌を逸する ・ 鬼の居ぬ間に洗濯 ・ 放れ駒 ・ 放れ馬 ・ (ばれないのを)いいことに(悪事を働く) ・ 目いっぱい(遊ぶ) ・ 勝手な行動をする ・ 俺が俺が(の人) ・ 自由自在(に振る舞う) ・ 無法 ・ 檻から解き放たれた獣 ・ その日の風の吹き回し次第で ・ 思いのまま(に)(振る舞う) ・ 肩で風を切る ・ 放漫 ・ 思い切り(表現する) ・ 思い通り(にする) ・ (権力を)ほしいまま(にする) ・ 自由(に)(振る舞う) ・ 独立不羈どくりつふき ・ 不覊ふき(奔放) ・ 気の向くまま(に) ・ 得手勝手 ・ 放埒 ・ 強引(に進める) ・ 自分ファースト(な人) ・ ワンマン(△的[経営]) ・ 暴走(する)(経営者) ・ 俺がルールだ ・ 勝手 ・ 傍若無人(に振る舞う)直情径行ちょくじょうけいこう(型)(の人間) ・ 甘やかされて育った(という感じ) ・ 思うように(生きる) ・ 破滅型(人間) ・ 剛腕(政治家) ・ 身勝手(な生き物) ・ 恩を仇で返す ・ 思うがまま ・ 心任せ
走り書き(のメモ)ちょっとした書き物走り書き(のメモ)ちょっとした書き物  メモ ・ 断簡零墨 ・ なぐり書き ・ 小書き ・ (手帳に)控える ・ 小書き(する) ・ 書き写す ・ 書き抜く ・ こんな話あんな話 ・ (欄外に)別記(する) ・ 雑筆 ・ メモ(する) ・ つれづれ(の記) ・ 書き残す ・ (要点を)抄録しょうろく(する) ・ 雑記 ・ (手近の紙に)書きつける ・ 簡記(する) ・ 署名(する) ・ (欄外に)注記(する) ・ 雑録 ・ メモする ・ 心覚え(として) ・ 荒木を利用した(宮居) ・ 粗い(仕事ぶり) ・ 粗っぽい ・ 粗さが目立つ ・ 男性的(な大ざっぱさ) ・ ちぐはぐ(な言動) ・ 小事にこだわらない ・ (詰めが)甘い ・ 甘い(ボール) ・ 甘さ(が目立つ) ・ 粗削り(な原稿) ・ 大局的(な見方) ・ (時間に)ルーズ ・ (設定の)穴(が目立つ脚本) ・ 未熟(な文章) ・ (書類に)ひと渡り(目を通す) ・ ごつい(印象) ・ 欠点の多い ・ 隙がある ・ 丁寧でない ・ (金銭に)無頓着 ・ 融通むげ ・ 大づかみ ・ 勢いだけ(の漫画) ・ 大まか(に述べる) ・ こだわらない ・ 大筋では問題ない ・ いい加減(な作り) ・ あらまし(片付いた) ・ 大きな部分だけ扱う ・ (あえて)細部を省略する ・ 無関心 ・ 生硬(な訳文) ・ 硬い(文章) ・ 細かいことは気にしない ・ 不備(がある) ・ (やることが)粗雑 ・ 乱雑(な書き方) ・ 粗い ・ ざっくり(とした話し合い) ・ 目分量 ・ 目の子(勘定) ・ 男っぽい(料理) ・ 豪快(な盛り付け) ・ ブルドーザー(のような)(仕事ぶり) ・ (監視が)ゆるい ・ (結果が)大味 ・ 大ざっぱ ・ おおよそ ・ およそ ・ 慎重でない ・ (だらだらと長い)水っぽい(文章) ・ おろそか(になる) ・ アバウト(な議論) ・ (細部に)とらわれない ・ 雑駁ざっぱく(な論文) ・ ま、いっか ・ ラフ(なスケッチ) ・ 野趣に富む(味) ・ 生のまま(味わう) ・ 適当 ・ 荒さ(が目立つ) ・ (やり方が)荒い ・ きちんとしていない ・ 大体(でいいよ) ・ 神経が行き届かない ・ 荒っぽい ・ ずさん(な仕事) ・ 大ぼっかい ・ 雑(な仕事ぶり) ・ 無造作(△に置く[な筆遣い]) ・ (いささか)乱暴(なまとめ方) ・ 緻密でない ・ 平均的(な市民) ・ 若書き(の作品) ・ (野菜を)ざくざく(に)(切る) ・ 粗め(に刻む) ・ 繊細さに欠ける ・ 大様おおよう(に深く追求しない)
走り書き遺言を書き記した文書走り書き遺言を書き記した文書  言い置く ・ (家族に宛てた)手紙 ・ 言い残す ・ 遺書 ・ (全財産を相続させると)書き残す ・ (自らの)死後始末書 ・ ダイイングメッセージ ・ 書き置き ・ 絶筆 ・ 遺言状 ・ 遺稿 ・ 遺言 ・ 捨てゼリフ(を言う) ・ さようなら ・ 言い捨てる ・ 言って去る ・ 言い置いて(去る) ・ 言い残して(去る) ・ 書き残す ・ 遺筆 ・ 遺著 ・ 遺文
走り書き(未分類)走り書き(未分類)  書き飛ばす ・ 走り書く ・ 早書き ・ 乱雑な ・ 汚い ・ 乱れた ・ 乱暴な ・ なぐり書きメモ ・ 別刷り ・ 書き付け ・ 文書 ・ チラシ ・ 紙爆弾 ・ 案内状 ・ 画讃 ・ 書き抜き ・ 抜き書き ・ 説明文 ・ 為書き ・ 乱筆乱文による ・ ミミズが這ったような ・ 踊った文字 ・ ぞんざいな ・ グシャグシャ ・ はやく書く ・ 早筆 ・ 速筆 ・ 字が踊っているなぐり書き ・ 踊っている ・ 乱雑な字で ・ 招待状 ・ 書面 ・ 書状 ・ 刷り物 ・ 印刷物 ・ 謀略文書 ・ 血書 ・ 別紙 ・ 怪文書 ・ 連判状 ・ 恵存 ・ 書きつけ ・ 添え書き ・ 置き手紙 ・ 覚書 ・ 確認書 ・ 脇付 ・ 判読の難しい ・ 書きなぐり ・ 崩し字による ・ 落書きのような ・ よく読めない ・ カナクギ流 ・ はしりがき ・ 走り書 ・ 走書 ・ 走りがき ・ 崩し ・ くずし書き ・ 殴り書き ・ 書風 ・ 崩書き ・ 崩し書き ・ 殴り書 ・ 殴書き ・ 書き殴る ・ 走書き
日本語WordNetによる、走り書きの類義語

意義素類語・同義語
細部をあまり気にせずに、すばやく書き留める書き殴る書殴る書きすてる殴書きなぐり書き書捨てる殴り書き書き散らす書散らす書散す書きなぐる走書き走書殴書書き捨てる書き散す
キーワードをランダムでピックアップ
指示語放題リスト生揚げ筋道を立てる田舎くさいなり手つり革空洞化思いはかるのんきに構えるひどく急ぐ怪異な現象はぐらかされるこの評価では浮かばれない悪書が氾濫新人候補擁立求めているものとは少し違う考え方が進んでいる航時機
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 7