表示領域を拡大する
刹那的に(物を売る)の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
刹那的に(物を売る)あくせく働く刹那的に(物を売る)あくせく働く  今この時を精一杯生きる ・ 今を生きる ・  ・ 激務 ・ (営々と)働く ・ のんびりできない ・ コマネズミのように(動き回る) ・ 大車輪で(働く) ・ 身を転がすようにして(働く) ・ 月月火水木金金 ・ 土日返上(で働く) ・ せわしなく(働く) ・ 汲々(と) ・ (金儲けに)憂き身をやつす ・ 休みなく(働く) ・ (スポンサー捜しにあちこち)飛び回る ・ 東奔西走(する) ・ あくせく(働く) ・ 息せき切って(生きる) ・ (厳しい)労働をいとわない ・ 貧乏暇なし ・ 勤勉に ・ (仕事に)追いまくられる ・ 一生懸命(になる) ・ 企業戦士 ・ モーレツ社員 ・ 早回し(の毎日) ・ 身を粉にして(働く) ・ 馬車馬のように(働く) ・ 高密度の(労働) ・ 世知辛く(生きる) ・ 髪を振り乱して(働く) ・ 忙しく ・ 過密スケジュール ・ 力を尽くす ・ 大わらわ ・ ガツガツ(働く) ・ 大忙し(の毎日) ・ しゃかりきになって ・ (応接に)いとまがない ・ 働き詰め(の毎日) ・ (職場全体が)うなりを上げている(ようだ) ・ 湯気が立ちかねない ・ ねじり鉢巻き(の毎日) ・ 慌ただしい(毎日) ・ 激職(をこなす) ・ 仕事人間 ・ (大)汗をかく ・ 汗だくになる ・ 汗水を流す ・ 汗水たらして(働く) ・ 細く長く ・ 営々(と)(働き続ける) ・ 愚直に ・ こつこつ(と)(続ける) ・ 着実(に)(こなす) ・ 足を使った(捜査) ・ どぶ板(△営業[選挙]) ・ 骨身を惜しまず ・ 足で稼ぐ ・ 縁の下の力持ち ・ (問題を)虫の目で見る ・ 一生懸命に(取り組む) ・ 日課(としている) ・ 一軒ずつ訪ねて回る ・ 地道に ・ 労苦をいとわず ・ (ビジネスの)王道 ・ (必要なのは)地道な努力 ・ (成功に)近道なし ・ 額に汗して(働く) ・ 必死に ・ 地べたを這い回って(情報収集する) ・ まじめに ・ 泥臭い(営業活動) ・ 土の香りのする(仕事) ・ 青い鳥を追わない ・ 労苦を惜しまず ・ (堂々と)正面から(取り組む) ・ 身が入る ・ 一極集中的 ・ 一目散 ・ 心を奪われる ・ ひた押し(に攻め立てる) ・ 熱狂(する) ・ 全身全霊を傾ける ・ 全身全霊を傾けて(試合に挑む) ・ むさぼる(ようにして本を読む) ・ 思い詰める ・ 没頭(する) ・ (野球)気違い(毎日酒に)浸る ・ (政治活動に)終始(する) ・ 肩ひじを張る ・ かかずらう ・ 寸暇を惜しんで ・ 夢中(になる) ・ 浮かされる ・ (研究を)事とする ・ 専一 ・ 一本気(な性格) ・ 丹精(を込める) ・ (畑仕事に)精を出す ・ (意欲が)旺盛 ・ (そのことだけに)関わる ・ しゃかりき(になる) ・ 脇目も振らず(に) ・ 倦むことなく(働く) ・ (強い)思い入れ(を抱く) ・ 睡眠時間を削って(頑張る) ・ 精魂(を)込める ・ 精魂(を)込めて(作り上げる) ・ 精魂を傾ける ・ (全てを)なげうって(一つのことに専念する) ・ 惑溺 ・ (目先のことに)汲々きゅうきゅう(と)(する) ・ (ゴルフに)血道を上げる ・ 理性を失って(暴れる) ・ (△目標に向かって[奔放に])突き進む ・ まっすぐ(に) ・ (夢に向かって)一直線(に)(突き進む) ・ 直線的 ・ 猪突猛進(する) ・ (資金集めに)狂奔(する) ・ (それ以外)見向きもしない ・ (他を)顧みない ・ (日夜)努力(する) ・ 激しい思い ・ (愛情を)そそぐ ・ せっせと(働く) ・ 愚直(に)(頑張る) ・ 盲目的(にのめり込む) ・ 気を入れる ・ 他のことが留守になる ・ 熱を入れる ・ 必死(になる) ・ 鋭意(研究に努める) ・ (こけの)一念(、岩をも通す) ・ (テレビに)かじりつく ・ (勉強の)鬼 ・ 熱心(に) ・ 商売熱心 ・ 仕事熱心 ・ 勉強熱心 ・ (研究)熱心 ・ 熱病にかかったように ・ (実現に)心を砕く ・ 沈湎 ・ リキが入る ・ 懸命(に) ・ (家業に)徹する ・ (今は)それどころではない ・ (一つの物事に)こだわり続ける ・ 好きこそ物の上手なれ ・ (どこか)狂気を漂わせて ・ 狂気の人 ・ 取りつかれたように ・ かれたように(~する) ・ 熱烈 ・ (学問)ひと筋(に)(生きる) ・ 切々 ・ (欲の)かたまり ・ 腕まくり(する) ・ 飽くなき(挑戦) ・ 飽くことのない(知識欲) ・ 血まなこ(になる) ・ (女に)入れあげる ・ (特定の思想に)とらわれる ・ 真面目(に) ・ こつこつ ・ うつつを抜かす ・ ムキになる ・ ムキになって ・ ひたぶる(な努力) ・ (難問と)格闘(する) ・ 見える視界が限定されてる ・ (勉学に)いそしむ ・ かまける ・ (そのこと)だけ(を) ・ (そのこと)しかない ・ まっしぐら(に) ・ (家に)飛んで(帰る) ・ すっ飛んで(帰る) ・ 病みつき(になる) ・ 情熱的に(打ち込む) ・ 憑き物がついたように(没頭) ・ (女に)のぼせ上がる ・ 大車輪(で仕上げる) ・ 視野が狭い ・ (一種の)視野狭窄(に陥る) ・ ストイック(に取り組む) ・ 恥も外聞もなく(懇願する) ・ 一徹(な性格) ・ ひたすら(務める) ・ (仕事を)面白がる ・ (海外進出に)力を入れる ・ (自伝の執筆に)余念がない ・ (情熱を)傾ける ・ (ゴルフに)のぼせる ・ (文学)かぶれ(の女) ・ (クラシックに)かぶれる ・ たゆみなく(続ける) ・ (押し入れで)ごそごそ(と探し物をする) ・ よく(勉強する) ・ 迷いなく ・ (式典の準備に)大わらわ ・ ほれる ・ 熱を上げる ・ (ホテルに)缶詰め(になって執筆する) ・ 一心(に)(励む) ・ (物事に)一心になる ・ 二心のない ・ フリーク ・ (激しく)入れ込む ・ (△一つのことに心を[練習に])打ち込む ・ 大変な打ち込みぶり ・ (浸食も忘れるという)打ち込みよう ・ 頑な(△な態度[にこだわる]) ・ 無邪気 ・ 目の色を変えて ・ ひとえに ・ 熱い(△思い[男]) ・ (家業に)身を入れる ・ いちず(に) ・ 精神一到(何事か成らざらん) ・ 傾倒 ・ (額に)汗する ・ 汗を流す ・ (サッカー)命 ・ 雑念なく ・ 心血を注ぐ ・ 虚々実々 ・ 虚実(を尽くす) ・ 本気(で)(取り組む) ・ 全力(で)(取り組む) ・ しゃにむに(突き進む) ・ あくせく ・ 骨を埋める(覚悟) ・ (名演奏に)酔う ・ (切手)マニア ・ (仕事)オンリー(の人) ・ 専心(する) ・ 一意専心(に) ・ しきりに ・ (読書)三昧 ・ 変わらない ・ 諦めない ・ 真剣(に) ・ (学ぶ態度は)真剣そのもの ・ ナチュラルハイ(になる) ・ (議論が)熱する ・ 取り紛れる ・ (読書に)淫する ・ 専念(する) ・ 前向き(に)(努力する) ・ 寝る間も惜しんで(取り組む) ・ 心酔(する) ・ (ロックに)しびれる ・ 孜々 ・ 営々(と)(働く) ・ (部活に)燃える ・ (叶わない恋に)燃え上がる ・ 献身的(に)(働く) ・ はまる ・ 専ら(~する) ・ (研究に)埋没(する) ・ (問いと私の)一対一の真剣勝負(の様相) ・  ・ (全力を)傾注(する) ・ そればかりして日を送る ・ (成果に)こだわる ・ (物作りに)こだわり(が強い) ・ 没入(する) ・ 徹底(する) ・ 本腰 ・ 明け暮れる ・ 取り組む ・ 根を詰めて(取り組む) ・ 熱に浮かされる ・ 烈々 ・ 熱っぽい(誘い) ・ (精力を)集中(する) ・ (神経を)集中させる ・ 無二無三 ・ (野球)ひと筋(の高校生活) ・ 凝り固まる ・ (宗教に)固まる ・ 一本槍 ・ 情熱のおもむくままに・(何かに)突き動かされるように ・ やたら(に)(頑張る) ・ 貪欲(に取り組む) ・ あの入れ込み方は半端じゃない ・ (真実)一路 ・ (ギャンブル)狂い ・ 無心に(遊ぶ子供) ・ 心が奪われる ・ 励む ・ 命がけ(でやる) ・ (被災地の復興に)命を懸ける ・ 身命を賭する ・ (食い)道楽 ・ 捨て身で立ち向かう ・ 熱中(する) ・ 黙々(と)(筆を走らせる) ・ 思い込んだら百年目 ・ (思いが)凝り固まる ・ 前後を考えない ・ (思索に)沈潜(する) ・ 躍起(になる) ・ (会社の再建に)腐心(する) ・ 寝食を忘れる ・ すべてを忘れて ・ (一つのことに)熱くなる ・ 一心不乱(に) ・ 力が入る ・ (どっぷり)つかる ・ 一辺倒 ・  ・ のめり込む ・ 耽る ・ 邁進(する) ・ (練習の)虫 ・ (賭け事に)憂き身をやつす ・ 生きがい(を感じる) ・ 真摯 ・ 寝もやらず(絵筆をふるう) ・ 容易に崩せない ・ 意欲的に取り組む ・ (仕事に)我を忘れる ・ 我を失う(ほどはまる) ・ 忘我 ・ (それ以外)眼中にない ・ 信じて疑わない ・ (遊び)ほうける ・ 鬼気迫る(表情) ・ (研究を)自らの使命と思う ・ (△愛に[息もできないほど])溺れる ・ がむしゃら(に)(進める) ・ 他を忘れる ・ ひたむき(△に[な姿勢]) ・ 食い入る(ように)(見つめる) ・ 耽溺(する) ・ 病膏肓に ・ 無我 ・ 無我夢中 ・ (耳を)凝らす ・ (盆栽に)凝る ・ (凝りに)凝る ・ 背水の陣(を敷く) ・ けなげ(に)(頑張る) ・ (目標達成のためには)労を惜しまない ・ (一方に)偏る ・ 非妥協的 ・ ラジカル ・ 倉皇 ・ 短慮 ・ 飛び回る ・ 怒濤(の日々) ・ 急進的 ・ こせつく ・ こせこせ(と動き回る) ・ せわしい ・ せわしない ・ じっとしていられない ・ 性急 ・ ばたばたと過ぎていく(毎日) ・ (食事も)そこそこ(に)(出かける) ・ 短気 ・ 落ち着かない ・ 落ち着きがない ・ がさがさ(した)(人) ・ 気ぜわしい ・ ゆっくりしていられない ・ 気ぜわしく ・ 焦る ・ (一刻も早くと)心急く ・ せかせか(と動き回る) ・ 泥縄(式)(の試験勉強) ・ おっとり刀 ・ (小さな虫が)わらわら(と湧く) ・ からすの行水 ・ そそくさ(と出かける) ・ くるくる(変わる) ・ 目まぐるしい(変化) ・ 急き込む(ような)(テンポ) ・ 心急かされる(季節) ・ 忙しげな(姿) ・ 気早 ・ 気早い ・ 気が早い ・ せっかち ・ 性急な心 ・ せせこましい ・ (1日中)ばたばた(する) ・ あたふた(する) ・ 忙しい ・ 慌ただしい ・ 余裕がない ・ 気が休まらない ・ 気短 ・ 気が短い ・ 倉卒 ・ 繁劇 ・ (雑事が)山ほど(ある) ・ 立ち働く ・ 書き入れ時 ・ せわしなく ・ 忙中 ・ 殺人的(忙しさ) ・ あれこれ(忙しい) ・ (現場では)湯気が立っている ・ あっぷあっぷ(する) ・ (ご)多用(中すみませんが) ・ 休みなく(~しなければならない) ・ 限界を越える ・ めちゃくちゃ忙しい ・ 寝る間も惜しんで(働く) ・ 急いで ・ 大急ぎで ・ 多端 ・ 息もつけないほど(忙しい) ・ 繁雑(な日々) ・ 火を吹くような(忙しさ) ・ (もう)火を吹きそう ・ (いっときも)解放されない ・ (仕事が)立て込む ・ (朝から)立て込んでいる ・ (組織が)フル回転する ・ たくさん(の予定) ・ 時間がない ・ なんだかんだ(することがある) ・ 忙しいという字は心を亡ぼすと書く ・ きりきり舞い(する)きりきり(と)(立ち働く) ・ (応対に)てんてこ舞い(する) ・ やることが多い ・ (瞬時も)休めない ・ 修羅場のような(職場) ・ おちおち(食事も)(していられない) ・ 満足に(食事も)できない ・ (仕事が)押せ押せ(になる) ・ 息切れ状態 ・ 予定がびっしり ・ かかりきり(になる) ・ かかりっきり ・ (これでは)身が持たない ・ (超)多忙 ・ (仕事で)多忙を極める ・ (かたときも)気が抜けない ・ (これ以上)引き受け切れない ・ 目を吊り上げて(事に当たる) ・ 躍起になって ・ 刹那的(に物を売る) ・ せっせ(と)(働く) ・ (私の前には)やらなければならない仕事が山積み(になっている) ・ (難題が)(次々と)押し寄せる ・ 心せわしい ・ 気ぜわしい(年の瀬) ・ 急き込む ・ (朝から)ばたばたする ・ (あれこれの取り組みが)待ち構える ・ 甲斐甲斐しく(働く) ・ (諸問題が)手ぐすね引く ・ 息つく間もない ・ 息つく暇もない ・ 仕事仕事仕事(の毎日) ・ 席の暖まる暇もない ・ (すごく)忙しい ・ 大忙し ・ (殺人的)忙しさ(に明け暮れる) ・ 過忙 ・ あくせく(と)(暮らす) ・ 過密日程 ・ 殺人(的)スケジュール ・ 分刻みのスケジュール ・ 余力がない ・ 時間に縛られる ・ 怒濤(の△毎日[一週間が過ぎる]) ・ てきぱき(こなす) ・ (支度もそこそこに)あたふた(と)(家を出る) ・ 効率至上主義(の職場) ・ 目まぐるしい(毎日) ・ 目まぐるしく(動く) ・ (△仕事[時間]に)追われる ・ (予定に)追い回される ・ (ノルマに)追い立てられる ・ ゆとりがない ・ (山のような仕事を一人で)さばく ・ 取り込み(中) ・ 目が回る(忙しさ) ・ 目を回す ・ 繁多 ・ (論文執筆に)余念がない ・ オイソガ氏(職員) ・ (忙しさが)ギリギリの状態 ・ 時間が足りない ・ (忙しく)跳ね回る ・ 駆け足(で見て回る) ・ 必死(の毎日) ・ (ひとときの)気の緩みも許されない ・ 怱忙 ・ 寸暇を惜しむ ・ 働きすぎ ・ せかせか(と)(動き回る) ・ 身辺多忙 ・ 忙しげ ・ 次から次へと(仕事が舞い込む) ・ 無休 ・ (予定が)詰まっている ・ 急き立てられる(ように)(準備する) ・ (あまりの忙しさに)悲鳴を上げる ・ おちおち飯も食っていられない ・ (開店の準備に)大わらわ ・ (業務に)翻弄される ・ (宴会の準備で台所は)てんやわんや(だ) ・ 神経をすり減らす ・ 戦場のような騒ぎ ・ 多事(多難) ・ (馬車馬のように)働かされる ・ 火事場のような騒ぎ ・ (仕事が)押せ押せになる ・ 早回し(の生活) ・ 紺屋こうやの白ばかま ・ いっぱいいっぱい ・ 心急こころせかれる(季節) ・ (一刻も早くと)心急かれる ・ おいそが氏 ・ (開発の)追い込み時期 ・ 落ち着けない ・ (資金集めに)東奔西走(する) ・ 西へ東へ(東へ西へ) ・ (世界を)飛び回る ・ (雑務に)忙殺(される) ・ 繁用 ・ 怱々 ・ 多事多端 ・ (毎日仕事だけで)手いっぱい(だ) ・ 手がふさがってる ・ (後輩の世話まで)手が回らない ・ 手が足りない ・ 猫の手も借りたい(ほど) ・ 倥偬 ・  ・ 息が抜けない ・ 受け入れられない ・ 繁忙はんぼう(期) ・ 農繁のうはん(期) ・ 脇目も振らず(働く) ・ (△忙しさ[雑事]に)取り紛れて(返事が遅れる) ・ (忙しさに)かまけて(いて)(勉強する暇がない) ・ 小骨を折る ・ 身を粉にする ・ 貫徹(する) ・ 何が何でも ・ 断じて(やり通す) ・ 粘る ・ 老骨に鞭打つ ・ 打ち克つ ・ 勉強(家) ・ 骨折り ・ 熱いハート(の持ち主) ・ (バーベルを持ち上げようと)力む ・ (仕事に)邁進(する) ・ 尽瘁 ・ 気根 ・ 腕によりをかけて(作る) ・ 奮励 ・ 粘り抜く ・ 犬馬の労(をとる) ・ 性根 ・ 下唇を噛む ・ 汗水(たらして) ・ 汗水たらす ・ 汗を△かく[流す] ・ 大汗をかく ・ 一汗も二汗もかく ・ 汗と努力の(結晶) ・ 汗と涙の(結晶) ・ 汗みずく(で取り組む) ・ 力の限り(を尽くす) ・ 目いっぱい(頑張る) ・ 粉骨砕身(する) ・ 絶対に(するつもり) ・ 粒々辛苦(する) ・ 務めに励む ・ 決死の覚悟 ・ 他のすべてを投げ出す ・ ねじり鉢巻き(で取り組む) ・ 命を懸ける ・ 命がけ ・ 使命感に燃える ・ やらなければならない ・ 賭する ・ 全力投球(する) ・ ストイック(な男) ・ 必死(に△なる[する]) ・ しゃかりきになる ・ 奮闘(する) ・ 奮戦(する) ・ 徹底 ・ 力を入れる ・ (早寝早起きを)励行れいこう(する) ・ (叶わぬ恋に)憂き身をやつす ・ 重心を低くして(ふんばる) ・ 手を尽くす ・ 精根(を傾ける) ・ (計画実現に)打ち込む ・ みっちり(勉強する) ・ 悲壮な決意(で出陣する) ・ 尽くす ・ (創作活動に力を)傾注(する) ・ (職務に)徹する ・ △苦労[面倒]をいとわない ・ 歯を食いしばる ・ (何かに)突き動かされるように(絵を描き続ける) ・ (日夜)研鑽(を積む) ・ (計画実現に)熱を入れる ・ (仕事と)討ち死に(する) ・ 腰骨(が強い) ・ 骨折る ・ 貫徹 ・ 倒れて後已む ・ (真実のために)闘う(活動家) ・ (理想と現実の)ギャップを埋める ・ 熱心(に)(調べる) ・ 骨を折る ・ 怠りなく(励む) ・ 精励(する) ・ 自彊 ・ 馬力をかける ・ 悔しさをばねに(頑張る) ・ 労(をいとわない) ・ (仕事の)手を抜かない ・ 尽力 ・ 石の上にも三年 ・ (不安を)払いのける ・ 人事を尽くして(天命を待つ) ・ 率先して(行う) ・ (仕事)一点張り ・ 気を緩めることなく ・ 何としても ・ 何がなんでも ・ 石にかじりついても ・ どんなことがあっても ・ 万難を排して ・ どんな苦労があっても ・ どんな困難があっても ・ 是が非でも ・ (目的達成に)まっしぐら ・ 骨身を惜しまず(働く) ・ △骨身[力]を惜しまない ・ (苦労を)嫌がらない ・ 労する ・ 寝食を忘れて(取り組む) ・ 身を砕く ・ (欲望を)超克(する) ・ 刻苦勉励 ・ 精出す ・ 精を出す ・ 精力的(に働く) ・ 骨に刻む ・ 骨に刻み込む(ようにして)(しっかり覚える) ・ 入魂(の作品) ・ 精魂込めて(作り上げる) ・ 他を犠牲にする ・ (計画実現に)夢中になる ・ 乗り越える ・ (人生と)切り結ぶ ・ 耐え忍んで続ける ・ 血と汗(△の結晶[で築いた地位]) ・ 喜んで(する) ・ 頑張る ・ 頑張り屋 ・ あがく ・ (初志)貫徹 ・ (貧乏を)苦にしない ・ (終わりまで)筋を通す ・ 水火も辞せず ・ いそしむ ・ いそいそ(と)(帰り支度をする) ・ 涙ぐましい(努力) ・ 奔走(する) ・ 勉励 ・ (完成に)努める ・ 押し通す ・ 一生懸命 ・ 懸命(な努力) ・ 懸命さ(を感じる) ・ せっかく(の努力) ・ 鋭意(製作中) ・ 克己 ・ (会社の発展に)献身(する) ・ 力こぶを入れる ・ ベストを尽くす ・ (会社再建に)心を砕く ・ なりふり構わず(取り組む) ・ 一貫 ・ 刻苦 ・ ムキになって(反論する) ・ (一つのことに)取り組む ・ ふんばる ・ 根気(よく続ける) ・ (不安を和らげることを目的とした)強迫観念(にとらわれる) ・ 精勤(する) ・ 根(を詰める) ・ 詰める ・ 粘り強い ・ 肩肘張って ・ 弱音を吐かない ・ (努力は)裏切らない ・ (仕事に)鬼になる ・ 中途半端でない ・ (目的達成に)燃える ・ 身命を賭す ・ あひるの水かき ・ (誘惑に)克つ ・ 精力家 ・ (困難に決して)負けない ・ 臥薪嘗胆 ・ 進んで(する) ・ (最後まで)手を抜かない ・ (研究に)精進(する) ・ 苦労する ・ 苦労をいとわず ・ (娘のためなら)苦労もいとわない ・ 労をいとわない ・ (実現に)努力(する) ・ 照る日も降る日も(~を続ける) ・ 血のにじむような(努力)
刹那的(に物を売る)いそがしい刹那的(に物を売る)いそがしい  髪を振り乱して(働く) ・ たくさん(の予定) ・ 忙中 ・ (私の前には)やらなければならない仕事が山積み(になっている) ・ いっぱいいっぱい ・ 息せき切って(生きる) ・ てきぱき(こなす) ・ (△仕事[時間]に)追われる ・ (仕事に)追いまくられる ・ (予定に)追い回される ・ (ノルマに)追い立てられる ・ 戦場のような騒ぎ ・ 時間がない ・ (支度もそこそこに)あたふた(と)(家を出る) ・ (開店の準備に)大わらわ ・ 怱々 ・ 仕事仕事仕事(の毎日) ・ 心急こころせかれる(季節) ・ (一刻も早くと)心急かれる ・ 休みなく(~しなければならない) ・ 必死(の毎日) ・ おいそが氏 ・ (朝から)ばたばたする ・ 繁忙はんぼう(期) ・ 農繁のうはん(期) ・ 修羅場のような(職場) ・ 繁劇 ・ 殺人的(忙しさ) ・ せわしい ・ せわしない ・ せわしなく ・ (今は)それどころではない ・ (毎日仕事だけで)手いっぱい(だ) ・ 手がふさがってる ・ (後輩の世話まで)手が回らない ・ 紺屋こうやの白ばかま ・ 受け入れられない ・ 忙しいという字は心を亡ぼすと書く ・ 書き入れ時 ・ 目が回る(忙しさ) ・ 目を回す ・ 効率至上主義(の職場) ・  ・ ゆとりがない ・ あっぷあっぷ(する) ・ (雑事が)山ほど(ある) ・ あくせく(と)(暮らす) ・ 手が足りない ・ 猫の手も借りたい(ほど) ・ 駆け足(で見て回る) ・ 取り紛れる ・ (開発の)追い込み時期 ・ (忙しさが)ギリギリの状態 ・ (山のような仕事を一人で)さばく ・ 甲斐甲斐しく(働く) ・ 限界を越える ・ めちゃくちゃ忙しい ・ (いっときも)解放されない ・ 息切れ状態 ・ 繁雑(な日々) ・ (資金集めに)東奔西走(する) ・ 西へ東へ(東へ西へ) ・ (世界を)飛び回る ・ 取り込み(中) ・ 落ち着けない ・ (雑務に)忙殺(される) ・ (超)多忙 ・ (仕事で)多忙を極める ・ 倉卒 ・ 多事多端 ・ (組織が)フル回転する ・ 過密日程 ・ 過密スケジュール ・ 殺人(的)スケジュール ・ 分刻みのスケジュール ・ (ご)多用(中すみませんが) ・ (これでは)身が持たない ・ やることが多い ・ (仕事が)立て込む ・ (朝から)立て込んでいる ・ 無休 ・ 繁用 ・ (忙しく)跳ね回る ・ 倥偬 ・ (予定が)詰まっている ・ 働きすぎ ・ 火を吹くような(忙しさ) ・ (もう)火を吹きそう ・ 息つく間もない ・ 息つく暇もない ・ (あまりの忙しさに)悲鳴を上げる ・ 火事場のような騒ぎ ・ (現場では)湯気が立っている ・ 湯気が立ちかねない ・ オイソガ氏(職員) ・ (瞬時も)休めない ・ (難題が)(次々と)押し寄せる ・ 多端 ・ おちおち飯も食っていられない ・ (すごく)忙しい ・ 忙しく ・ 大忙し ・ (殺人的)忙しさ(に明け暮れる) ・ 過忙 ・ (宴会の準備で台所は)てんやわんや(だ) ・ 多事(多難) ・ 立ち働く ・ かかりきり(になる) ・ かかりっきり ・ 心せわしい ・ 気ぜわしい(年の瀬) ・ 急き込む ・ (諸問題が)手ぐすね引く ・ 繁多 ・ 寝る間も惜しんで(働く) ・ 神経をすり減らす ・ 息が抜けない ・ 身辺多忙 ・ 怱忙 ・ 急き立てられる(ように)(準備する) ・ せかせか(と)(動き回る) ・ 慌ただしい ・ 寸暇を惜しむ ・ なんだかんだ(することがある) ・ (かたときも)気が抜けない ・ (△忙しさ[雑事]に)取り紛れて(返事が遅れる) ・ (忙しさに)かまけて(いて)(勉強する暇がない) ・ 怒濤(の△毎日[一週間が過ぎる]) ・ きりきり舞い(する)きりきり(と)(立ち働く) ・ (応対に)てんてこ舞い(する) ・ 席の暖まる暇もない ・ (馬車馬のように)働かされる ・ おちおち(食事も)(していられない) ・ 満足に(食事も)できない ・ (仕事が)押せ押せ(になる) ・ 目まぐるしい(毎日) ・ 目まぐるしく(動く) ・ (仕事が)押せ押せになる ・ ゆっくりしていられない ・ 時間に縛られる ・ 忙しげ ・ (業務に)翻弄される ・ 余力がない ・ あれこれ(忙しい) ・ せっせ(と)(働く) ・ 予定がびっしり ・ (ひとときの)気の緩みも許されない ・ 目を吊り上げて(事に当たる) ・ 躍起になって ・ (論文執筆に)余念がない ・ 早回し(の生活) ・ 息もつけないほど(忙しい) ・ 脇目も振らず(働く) ・ 馬車馬のように(働く) ・ (これ以上)引き受け切れない ・ 次から次へと(仕事が舞い込む) ・ (あれこれの取り組みが)待ち構える ・ 時間が足りない ・ 急いで ・ 大急ぎで ・ 性急な心 ・ せっかち ・ 貧乏暇なし ・ 千変万化(する) ・ 変化が早い ・ 山あり谷あり(の人生) ・ 激動(の生涯) ・ 猫の目のように変わる ・ 立ち続ける ・ 突っ立つ ・ 佇立 ・ 立ち詰め ・ 立ち通す ・ 立ち尽くす ・ 立ちん坊 ・ 棒立ち ・ 佇む ・ 鞅掌 ・ てんてこ舞い ・ ばたばた(する) ・ 駆け巡る ・ 走り回る ・ 飛び回る ・ 南船北馬 ・ 立ち回る ・ 駆けずり回る ・ 東奔西走 ・ 悪あがき ・ 忙殺 ・ 馳駆 ・ 駆け回る ・ 不休 ・ 櫛風沐雨 ・ 奔命 ・ (子どもたちが)どたばた(と走り回る) ・ 奔走 ・ 使い走り ・ 走り使い ・ (資金集めに)狂奔(する) ・ (ねずみが)ちょろちょろ(と)(走り回る) ・ 手足を擂り粉木にする ・ 放れ馬 ・ 放れ駒 ・ きりきり舞い ・ 馳せ回る ・ ガツガツ(働く) ・ (スポンサー捜しにあちこち)飛び回る ・ 東奔西走(する) ・ 早回し(の毎日) ・ 月月火水木金金 ・ 土日返上(で働く) ・ (職場全体が)うなりを上げている(ようだ) ・ 汲々(と) ・ (営々と)働く ・ 一生懸命(になる) ・ のんびりできない ・ 仕事人間 ・ 激務 ・ 企業戦士 ・ モーレツ社員 ・ コマネズミのように(動き回る) ・ 大車輪で(働く) ・ 身を転がすようにして(働く) ・ 大忙し(の毎日) ・ せわしなく(働く) ・ 慌ただしい(毎日) ・ (厳しい)労働をいとわない ・ 激職(をこなす) ・ 力を尽くす ・ 勤勉に ・ 大わらわ ・ (金儲けに)憂き身をやつす ・ ねじり鉢巻き(の毎日) ・ 今この時を精一杯生きる ・ 今を生きる ・ 刹那的に(物を売る) ・ あくせく(働く) ・ (応接に)いとまがない ・ 高密度の(労働) ・ 休みなく(働く) ・ 身を粉にして(働く) ・ しゃかりきになって ・ 働き詰め(の毎日) ・ 大慌て(で)(出かける) ・ 慌ただしい(スケジュール) ・ (準備に)大わらわ ・ 急ぎ足(△で[の審議]) ・ せかせか(と)(支度をする) ・ (おっとり刀で)飛んでいく ・ (対応に)きりきり舞い(する) ・ 泡を食って(△逃げ出す[飛んでくる]) ・ 時間に急かされる ・ 急遽(出発する) ・ (弁明に)追われる ・ あたふた(と)(家を出る) ・ 気ぜわしく(荷物をまとめる) ・ けつまろびつ(しながら)(逃げ去る) ・ 拙速(に事を運ぶ) ・ 急(な転勤) ・ おっとり刀(で)(駆けつける) ・ いち早く(逃げ出す) ・ (~に)急き立てられる(ように)(準備する) ・ さっさ(と用事を済ませる) ・ (異常事態に)大騒ぎ ・ 取る物も取りあえず(駆けつける) ・ 足元から鳥が立つ(ように)(帰っていく) ・ 慌てふためいて(言う) ・ 急き込んで(聞く) ・ (現場に)急行(する) ・ そそくさ(と)(出かける) ・ 大急ぎ(△で行う[の旅程]) ・ 足早(に去っていく) ・ 慌てて(逃げ出す) ・ 何もかも放り出して(逃げ出す) ・ 風を食らう ・ 風を食らって(逃げる) ・ 身の置き所もない(有り様) ・ 這う這うの体(で退散する) ・ 早足(で進める) ・ 大至急 ・ すたこらさっさ(と) ・ 逃げるように(去る) ・ 一目散に(逃げる) ・ (家臣が)馳せ集まる ・ 駆け込み(△の採決[でふるさと納税]) ・ すたこら(逃げる) ・ 駆け足(で説明する) ・ 急ぐ ・ 先を急ぐ ・ 慌ただしく ・ 取り急ぎ(処理する) ・ (知らせを聞いて)すっ飛んで(行く) ・ 泥縄(式)(の受験勉強) ・ 急いで(~する) ・ ばたばた(と)(△廊下を走る[準備を整える]) ・ 騒々しく(階段を降りる) ・ (あいさつも)そこそこ(に)(出かける) ・ (苦情の対応に)汗だく ・ 息せき切る ・ 息せき切って(駆けつける) ・ すぐに(取りかかる) ・ 居たたまれず(に家を出る) ・ にわか(の出発) ・ 早く(仕上げなければ) ・ (気持ちが) ・ (△早く早くと[使用者に])追い立てられる ・ プレッシャーをかけられる ・ 急がされる ・ 降りかかる火の粉は払わねばならぬ ・ 重い腰を上げる ・ 急き立てられる(ばかり) ・ せっつかれる ・ 忙しい ・ はっぱをかけられる ・ 急かされる ・ 駆り立てられる ・ 尻を叩かれる ・ やいのやいのと言われる ・ やいやい言われる ・ 盛時 ・  ・ 季節(のフルーツ) ・ (夏野菜が)出盛る ・ 元気 ・ シーズン中 ・ 衰えの兆しさえ含んでいる ・ 全盛期 ・ 思春期 ・ (人生の)盛り(を迎える) ・ (華やかな)うたげの時 ・ (王権)華やかなりし(頃) ・  ・ (折れ線グラフの)頂点 ・ 往年(の長嶋茂雄) ・ 季節の(花) ・ (夏)まっ盛り ・ 黄金時代 ・ 最盛期 ・ オンシーズン ・ (紅葉が)見頃(を迎える) ・ 食べ頃 ・ 爛熟(した文化) ・ 絶頂期 ・ ((活動の))ピーク ・ 刈り入れ時 ・ 元気がある ・ エネルギーを持て余す ・ 盛代 ・ 至急(連絡ください) ・ 巻き(でお願いします) ・ 巻く ・ 一散(に)(駆けつける) ・ 一目散(に駆け戻る) ・ 緊急(に) ・ 先走って ・ 風を食らって(逃げ去る) ・ 一刻も早く(しなければならない) ・ 急き込んで(話す) ・ 先を急ぐ(タクシー) ・ 昼夜兼行(の突貫工事) ・ 早足(で)(説明する) ・ 急ぎ足(で)(進める) ・ 切迫している ・ 素早く ・ 慌てる ・ 大慌て ・ 慌ただしい(動き) ・ 走って ・ つるべ落とし(の日没) ・ 駆け込み(で)(申請する) ・ にわか仕立て(のチーム) ・ 慌ただしく(駆けつける) ・ 突進するかのように(急ぐ) ・ 駆け込み(で間に合わせる) ・ いそいそ(と出かける) ・ 泡を食って(逃げ出す) ・ 早々に ・ 駆け足(で)(見て回る) ・ (主張先から)とんぼ返り(する) ・ 機を見るに敏 ・ (食事も)そこそこ(に)(出かける) ・ (合理化を)推進(する) ・ 早手回し(に会場を押さえる) ・ 早急さっきゅう(に)(対応する) ・ 早急そうきゅう ・ 早い者勝ち ・ 早速(の対応ありがとう) ・ 蹴立てる ・ (席を)蹴立てて(帰る) ・ 前のめり(になる) ・ 前がかり(に進める) ・ 取る物も取りあえず ・ 遅れ取り戻す ・ 寸秒を争う ・ 寸刻を争う ・ 速い ・ 転がるよう(に)(走る) ・ 全速力 ・ 焦眉の急 ・ (ひどく)急ぐ ・ 急ぎ(△の用[対応する]) ・ 急(を要する問題) ・ 寝食を忘れる ・ 寝食を忘れて(没頭する) ・ (天候が)にわか(に)(変化する) ・ 高速 ・ 悠長にしてはいられない ・ (可及的)すみやか(に)(決断する) ・ 先に行く ・ 取り急ぎ(報告する) ・ 急務 ・ すっ飛んで行く ・ 急激 ・ 足早に歩く ・ (時間に)急かされる ・ フルスピード ・ つんのめるように(前進する) ・ 期限が差し迫る ・ 緊切 ・ (呼ばれて)飛んでいく ・ 早く(終わらせる) ・ 手早く(済ませる) ・ おっとり刀(で駆けつける) ・ そそくさ(と) ・ たったたった(と)(歩く) ・ 間に合わせる ・ 間に合わせようと(急ぐ) ・ 情緒を欠く ・ 大急ぎ(で) ・ 特急 ・ 超特急(で)(仕事をする) ・ まごまごしてはいられない ・ 何はともあれ(連絡を入れる) ・ (インフレに)拍車がかかる ・ 火急(の用事) ・ 急場 ・ 早ばや(と)(店じまいする) ・ すぐ ・ すぐさま ・ パッと(やる) ・ ぱっぱ(と)(済ませる) ・ さっさ(と)(持ってこい) ・ ちゃっちゃ(と)(やれ) ・ 性急(に)(進める) ・ 短慮 ・ 気短 ・ (一刻も早くと)心急く ・ ばたばたと過ぎていく(毎日) ・ (1日中)ばたばた(する) ・ 急き込む(ような)(テンポ) ・ 泥縄(式)(の試験勉強) ・ 気が短い ・ 怒濤(の日々) ・ 短気 ・ 気ぜわしく ・ せせこましい ・ 余裕がない ・ 心急かされる(季節) ・ (小さな虫が)わらわら(と湧く) ・ 性急 ・ そそくさ(と出かける) ・ 急進的 ・ 気ぜわしい ・ がさがさ(した)(人) ・ 落ち着かない ・ 落ち着きがない ・ 気が休まらない ・ じっとしていられない ・ 気早 ・ 気早い ・ 気が早い ・ ラジカル ・ おっとり刀 ・ からすの行水 ・ せかせか(と動き回る) ・ こせつく ・ こせこせ(と動き回る) ・ 倉皇 ・ 忙しげな(姿) ・ 焦る ・ あくせく ・ あたふた(する) ・ くるくる(変わる) ・ 目まぐるしい(変化)
キーワードをランダムでピックアップ
ひれで泳ぐ駅手浜伝い漸騰縮刷飛翔官話入室遊弋予言抗論兼務子守歌研究さつま揚げ別珍こねる泣く泣く別れる泣く子も黙る大悪党チームが一丸となる
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. 刹那的に(物を売る)あくせく働く
  2. 刹那的に(物を売る)(未分類)
  3. 刹那的(に物を売る)いそがしい