表示領域を拡大する
有余の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
有余ある数量より多くてあまる(余る/多すぎる)有余ある数量より多くてあまる(余る/多すぎる)  余剰 ・ 残る ・ 余る ・ (粗製)濫造らんぞう ・ 乱立(する) ・ ゆとりがある ・ 余白 ・ 湯水のように(使う) ・ 余分 ・ 余裕(がある) ・ 過剰(な供給) ・ 余力がある ・  ・ ありすぎる ・ 残り ・ (にせものの)横行 ・ 掃いて捨てるほど ・ あふれる(ほど)(の情熱) ・ 氾濫はんらん(している) ・ 行き場を失う(未利用食材) ・ (暇を)持て余す ・ 余地 ・ 不必要なほど(の広さ) ・ 有り余る ・ 余りある ・ だぶつく ・ 以上 ・ 余り ・ 剰余 ・ 十分すぎる ・ 十分以上(の性能) ・ 十二分(の報酬) ・ 飽和(状態) ・ 立錐の余地 ・ 余す ・ 過ぎる ・ 遊休(施設) ・ 多すぎる ・ 必要以上(にある) ・ (供給)過多 ・ 残余 ・ 多い ・ はみ出す ・ はみ出る ・ 浜の真砂まさごは尽きるとも世に盗人の種は尽きまじ ・  ・ 余計 ・ 使いきれない ・ 使いこなせない ・ (ある出来事の)残響 ・ (三年前の事故が)後を引く ・ (親の)余光をこうむる ・ 余韻(を残す) ・ 問題が残る ・ (過去を)引きずる ・ 根に持つ ・ (景気対策の)後遺症(としての財政赤字) ・ (正月気分が)抜けない ・ (影響を)後に残す ・ 尾を引く ・ (従来の)惰性(で漫然と続く) ・ (不況が)長引く ・ 余情(を味わう) ・ 去らない ・ (ずっと)後まで続く ・ 揺り戻し ・ 影響(△が残る[を残す]) ・ (面影が)揺曳ようえい(する) ・ 後々まで(響く) ・ (光の)残像 ・ 遺制 ・ (栄耀栄華の)残映 ・ ほとぼり(が冷めるまで~) ・ (悪習が)存続(する) ・ 消えない ・ (状態が)停滞(する) ・ (自然災害の影響が)影を落とす(経済) ・ (震災の)(落とした)影(はまだ色濃い) ・ 名残 ・ 余熱が残る ・ (いまだ)ほとぼりの冷めやらぬ(面持ち) ・ (余震が)続く ・ 余財 ・ 遺産 ・ 微香 ・ 残香 ・ 移り香 ・ 余香 ・ 残り香 ・ 余臭 ・ 残された人生 ・ 余生 ・ 残生 ・ お払い物 ・ 売れ残り ・ 見切り品 ・ 洗い物 ・ 残り物 ・ 残物 ・ 自由度(が高い) ・ (必要な)緩み ・ 無用の用 ・ (△バネ[クッション/タイヤ]が)ショックを吸収する ・ 余分(な部分) ・ 余り(の部分) ・ (一定の)幅(を持たせる) ・ 不感帯 ・ 中立帯 ・ (ハンドル)の遊び ・ (能力の)伸びしろ(が大きい) ・ 余地(がある) ・ プラスアルファ ・ (経済的な)ゆとり ・ (まだ)余裕(がある) ・ (動力伝達には直接関係しない)遊び車 ・ 余力を残す ・ 余らせる ・ 予備 ・ スペア ・ (心に)ゆとり(を持つ) ・ (経費を)浮かす ・ 余裕(を見せる) ・ (力を)温存(する) ・ (万一に備えて)取り置く ・ (食べ)かす ・ (利用後の)残り ・ 古材 ・ おこぼれ(にあずかる) ・ お釣り(の人生) ・ (人生の)余白 ・ 余分(な時間) ・ 廃材 ・ 不用品 ・ 解体ごみ ・ 切れ端 ・ (革の)端 ・ 使用済み(の乾電池) ・ 残存物 ・ 半端物 ・ 食べ残し ・ 切りくず ・ 余資 ・ 余得 ・ (費用が)浮く ・ 浮いた(お金) ・ (失敗を補ってなお)余りある ・ (マイナス面を差し引いても)お釣りがくる(ほどの魅力) ・ (なお)余裕がある ・ 十分すぎる(広さ) ・ 十分に補うことができる ・ (差し引きして)得になる ・ 身に余る(お言葉) ・ (引き算しても)(十分)プラスになる ・ (合格)ライン(に届く) ・ (大会で)メダル(を目指す) ・ (三万人を)超える(観衆) ・ (二十歳)以上(の男性) ・ 少なくとも ・ (一つや二つ)(では)きかない ・ 上回る ・ (九割)強 ・ (三位)以内(に入る) ・ (三年を)下らない(期間) ・ (百万では)足りない ・ (収入)(より)多い(出費) ・ (賛成意見)(の方が)多い ・ (二時間を)下回らない(時間) ・ (年収一千万円)超(のサラリーマン) ・ (2勝1敗と白星が)先行(する) ・ (二歳)上(の人) ・ (五十の)坂を越える ・ 分量 ・  ・  ・ わんさ(と) ・ もう(これ以上)いらない ・ ふんだん ・ 幾多(の困難) ・ 幾千万 ・ 幾万 ・ 百千万 ・ 枚挙にいとまがない ・ 多め ・ (縁談は)降るほど(ある) ・  ・ どっさり(取れる) ・ いっぱい ・ (害虫が)はびこる ・ 数々(の賞状) ・  ・ いくつも(ある) ・ 数多い ・ 数多く(の) ・ (言いたいことは)100(ほどある) ・ 無限大 ・ (宝石を)ちりばめた(冠) ・ ミリオン ・ 億兆 ・ 億万 ・ たんまり ・ なくて七癖あって四十八癖 ・ やたら多い ・ 桁外れ ・ 膨大ぼうだい(なデータ) ・ 中途半端な数でない ・ 多数 ・ 大多数 ・ 絶対多数 ・ 非常に多い ・ ごろごろ ・  ・ 十指に余る(功績)浜の真砂まさご(ほど)(ある) ・ 巨億 ・ 尽きない ・ 尽きせぬ(思い出) ・ 少なからず ・ 無数(の星) ・ 立て続け(に) ・ (夫婦)(の)数だけ答えがある ・ 数限りなく ・ 大部たいぶ(の辞書) ・ (毛虫が)うようよ(と)(いる) ・ (使われなくなった信号機の)墓場 ・  ・ 融通が利く ・ あれもこれも(欲しい) ・ 多分 ・ 星の数ほど ・ たくさん(ある) ・ (欠点は)多々(ある) ・  ・ 百千 ・ 仰山 ・ 数え切れない(ほど) ・ 巨万 ・ おびただしい(数) ・ 万余 ・ 山ほど(の仕事) ・ (問題が)山積 ・ 浩瀚 ・ 自由になる ・ 最多 ・ 多き ・ (品数が)豊富 ・ (日本映画が)豊作(の年) ・ (着ていない服が)あるわあるわ ・ 多く ・ 売るほどある ・ 千万せんまん ・ 千万ちよろず ・ 莫大(な数) ・ 途方もない(数) ・ 過密(状態) ・ 無量 ・ (そんな例は)ざら(にある) ・ 天文学的(数字) ・ 無尽蔵 ・ (金が)うなる(ほど)(ある) ・ (情報の)大海原(を泳ぐ) ・ 数多すうた ・ (先例が)あまた(ある) ・ うんざりする(ほど) ・ (数が)多い ・ 少なくない ・ 必要以上(に多い) ・ (十は七より)大きい ・ 無尽 ・ うじゃうじゃ ・ 最大 ・ 夥多 ・ 雲霞うんかのごとき(大軍) ・ 盛りだくさん ・ もじゃもじゃ ・ 数知れず ・ もも ・ 満々(と水をたたえる) ・ とめどなく(涙が流れる) ・ (その影響は)計り知れない ・ たっぷり(と)(注ぐ) ・ 途方もない(時間) ・ (量が)多い ・ うんと(稼ぐ) ・ たんと(召し上がれ) ・ 豊富(な資源) ・ (食料品を)どかっと(買い込む) ・ (自然が)豊か ・ 手厚い(もてなし) ・ 盛りだくさん(のごちそう) ・ いっぱい(ある) ・ 万斛 ・ 潤沢(な資金) ・ 大量 ・ 多大(な迷惑) ・ (通常量に)数倍する(量) ・ しこたま(貯め込む) ・ 不足がない ・ ふんだん(△に使える[な資源]) ・ 次々(と)(登場する) ・ (名曲の)オンパレード ・ 大幅(な値上げ) ・ 少々で(は)ない ・ (見どころ)満載 ・ 余るほど(ある) ・ 残るほど(ある) ・ 十分(揃っている) ・ 恵まれる ・ 多め(に入れる) ・ どっさり ・ 多量 ・ どんと(持ってこい) ・ 飽食(の時代) ・ (欲が)深い ・ 豊潤(に実る) ・ (元気)旺盛 ・ 絶大なる(信頼) ・ 満ち足りている ・ (腹が)はちきれそう ・ (ライス)大盛り ・ (牛丼)特盛り ・ 山盛り ・ (ご飯が)てんこ盛り ・ 莫大(な費用) ・ 別格 ・ 枠外 ・ らち外 ・ 基準を超えている ・ 番外 ・ 線を超える ・ (仕事)以外(の話) ・ 限界を超える ・ 範囲外 ・ 範囲の外 ・ 範囲を超える ・ (音程が)外れる ・ アウト ・ 圏外 ・ 格外 ・ (枠から)はみ出す ・ ファウル ・ (限界を超えて)他の領分を侵す ・ 等外 ・ 残留 ・ 残部 ・  ・ (お)こぼれ ・ し残す ・ 途中でやめる ・ 余蘊 ・ 剰員 ・ 残っている ・ 残す ・ 焼け残る ・ 取り残す ・ 消え残る ・ 書き残す ・ 浮く ・ 売れ残る ・ 残存 ・ 燃え残る ・ なくならない ・ 出超 ・ 貸し越し ・ (予算を)オーバー(する) ・ 超過 ・ 通り越す ・ 過剰 ・ 過ごす ・ (予想を)越える ・ 入超 ・ 行き過ぎ ・ 越す ・ 長じる ・ 足が出る ・ 突破 ・ やり過ごす
有余(未分類)有余(未分類)  有余 ・ 余力 ・ 優に ・ 軽く ・ ~余 ・ はみ出した ・ 半端
キーワードをランダムでピックアップ
牧師意地倥偬道程比類意識を取り戻す液肥豆まき金曜日おめでたふけ革命主義してやられるレイジーな節回し注文先に仕向ける遊閑地権柄ずくのやり方研究するほどの意味はない区役所にお百度を踏む先生が生徒を当てる
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. 有余ある数量より多くてあまる(余る/多すぎる)
  2. 有余(未分類)