表示領域を拡大する

余の類語、関連語、連想される言葉

 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
もう一方もう一方  片一方(で)は ・ 反面 ・ 片や ・ こなた ・ ところで ・ (三月)とはいえ(まだ寒い) ・ 翻って(わが国の現状を見るに) ・  ・ 他面 ・ 他方 ・ 其の外 ・ もう一方(では) ・ (根気強い)一方(短気なところもある) ・ 一面(では) ・  ・ 半面 ・ 其の他 ・ 以外 ・ 部面 ・ 片方 ・ 分野 ・ 一面的 ・ 前者 ・ 後者 ・ (もう)一方 ・  ・ 西側 ・ 片っぽう ・ 生き別れた(双子)(の姉) ・  ・ 東側 ・ 新生面 ・ (腕) ・ 一生面 ・ 片面 ・ 方面 ・ 片一方 ・ 南面 ・ 一面 ・ 片側 ・ (屏風の)半双 ・ (二人組の)連れ ・ (残りの)半分 ・ (△一対の物[靴下]の)片割れ
ある数量より多くてあまる(余る/多すぎる)ある数量より多くてあまる(余る/多すぎる)  余剰(農産物) ・ だぶつく ・ 剰余 ・ 余白 ・ 有り余る ・ (暇を)持て余す ・  ・ 過剰(な供給) ・ 必要以上(にある) ・ (ひとつ)余計(にある) ・ (にせものの)横行 ・ (供給)過多 ・ 飽和(状態) ・ 多い ・ 余分 ・ 多すぎる ・ 以上 ・ 乱立(する) ・ 立錐の余地 ・ 湯水のように(使う) ・ 残る ・ 残り ・ (栄養化) ・ 有余 ・ ゆとりがある ・ 余力がある ・ 過剰(な生産物) ・ はみ出す ・ はみ出る ・ 使いきれない ・ 使いこなせない ・ 余る ・ 余す ・ 余り(が出る) ・ 余りある ・ (深夜アニメが)インフレ(状態)(にある) ・ 飽和状態 ・ 浜の真砂まさごは尽きるとも世に盗人の種は尽きまじ ・ 余地 ・ (粗製)濫造らんぞう ・ 不必要なほど(の広さ) ・ (なお)余裕(がある) ・ あふれる(ほど)(の情熱) ・ 氾濫はんらん(している) ・ 残余 ・ 掃いて捨てるほど ・ 十分すぎる ・ 十分以上(の性能) ・ 十二分(の報酬) ・ (文字数)オーバー ・ 遊休(施設) ・ 行き場を失う(未利用食材) ・ 過ぎる ・ (アイドル)戦国時代 ・ ありすぎる ・ 問題が残る ・ 消えない ・ 余香 ・ 残された人生 ・ 身に余る(お言葉) ・ 無用の用 ・ 洗い物 ・ 後々まで(響く) ・ (悪習が)存続(する) ・ 残生 ・ (余震が)続く ・ (三年前の事故が)後を引く ・ (面影が)揺曳ようえい(する) ・ 影響(△が残る[を残す]) ・ (栄耀栄華の)残映 ・ 売れ残り ・ (いまだ)ほとぼりの冷めやらぬ(面持ち) ・ (利用後の)残り(の部分) ・ 移り香 ・ 余地(がある) ・ (心に)ゆとり(を持つ) ・ (力を)温存(する) ・ 余生 ・ 爪あと(を残す) ・ (引き算しても)(十分)プラスになる ・ 残香 ・ (親の)余光をこうむる ・ 半端物 ・ (万一に備えて)取り置く ・ (差し引きして)得になる ・ 余臭 ・ 余り ・ 余資 ・ (△バネ[クッション/タイヤ]が)ショックを吸収する ・ 尾を引く ・ 見切り品 ・ 余裕(を見せる) ・ (従来の)惰性(で漫然と続く) ・ (まだ)余裕(がある) ・ (光の)残像 ・ 余情(を味わう) ・ (ある出来事の)残響 ・ おこぼれ(にあずかる) ・ (動力伝達には直接関係しない)遊び車 ・ (正月気分が)抜けない ・ 切れ端 ・ (革の)端 ・ 余熱が残る ・ 予備 ・ スペア ・ (経済的な)ゆとり ・ ほとぼり(が冷めるまで~) ・ (ずっと)後まで続く ・ 遺制 ・ (ハンドルの)遊び ・ (費用が)浮く ・ 浮いた(お金) ・ 十分すぎる(広さ) ・ 根に持つ ・ お払い物 ・ 余得 ・ 余韻(を残す) ・ 残り物 ・ 不感帯 ・ 中立帯 ・ (お)こぼれ ・ 余力 ・ (失敗を補ってなお)余りある ・ 余らせる ・ (なお)余裕がある ・ 余分(な部分) ・ 余り(の部分) ・ 余剰 ・ 自由度(が高い) ・ 余力を残す ・ 揺り戻し ・ 残物 ・ (能力の)伸びしろ(が大きい) ・ 糊代 ・ (影響を)後に残す ・ (過去を)引きずる ・ (マイナス面を差し引いても)お釣りがくる(ほどの魅力) ・ (必要な)ゆるみ ・ (△一定の[規則に])幅(を持たせる) ・ 十分に補うことができる ・ 縫い代 ・ お釣り(の人生) ・ (人生の)余白 ・ 余分(な時間) ・ プラスアルファ(分) ・ 名残 ・ (状態が)停滞(する) ・ (不況が)長引く ・ 去らない ・ 残り香 ・ 遺産 ・ (経費を)浮かす ・ 余財 ・ (収入)(より)多い(出費) ・ (賛成意見)(の方が)多い ・ (年収一千万円)超(のサラリーマン) ・ (五十の)坂を越える ・ 少なくとも ・ (九割)強 ・ (二歳)上(の人) ・ (百万では)足りない ・ (三位)以内(に入る) ・ (三年を)下らない(期間) ・ (合格)ライン(に届く) ・ (大会で)メダル(を目指す) ・ (2勝1敗と白星が)先行(する) ・ (三万人を)超える(観衆) ・ (一つや二つ)(では)きかない ・ 上回る ・ (二時間を)下回らない(時間) ・ (二十歳)以上(の男性) ・ し残す ・ 角をめて牛を殺す ・ いくつも(ある) ・ しこたま(貯め込む) ・ (品数が)豊富 ・ ファウル ・ 豊富(な資源) ・ 残っている ・ (元気)旺盛 ・ 大部たいぶ(の辞書) ・ 越権(行為) ・  ・ 桁外れ(ともいえる数字) ・ 絶大なる(信頼) ・ 無限大(の数) ・ ふんだん ・ わんさ(と) ・ やり過ぎる ・ 満ち足りている ・ (身に)余る(光栄) ・ (着ていない服が)あるわあるわ ・ (経済の)オーバーキル ・ (ライス)大盛り ・ (牛丼)特盛り ・ 山盛り ・ (ご飯が)てんこ盛り ・ やり過ごす ・ 残留 ・ 数え切れない(ほど) ・ たんまり(と)(ため込む) ・ いく(千万) ・ (制限から)はみ出す ・ 多め ・ 残存(兵力) ・ 数え切れない ・ 豊潤(に実る) ・ 多量 ・ 過ぎたるはなお及ばざるがごとし ・ (日本映画が)豊作(の年) ・ 億兆 ・ 多大(な迷惑) ・ 残部 ・ 億万 ・ 夥多 ・ 莫大(な費用) ・ (音程が)外れる ・ (数が)むちゃくちゃ多い ・ 幾千万 ・ 幾万 ・ 百千万 ・ (滑走路を)オーバーラン(する) ・ たくさん(ある) ・ 使い出のある(量) ・ (定員を)越す(応募) ・ 雲霞うんかのごとき(大軍) ・ 数多い ・ 数多く(の) ・ 大幅(な値上げ) ・ (チューリップが)花盛り ・ 足が出る ・ 途中でやめる ・ 剰員 ・ もも ・ (十は七より)大きい ・ (規定重量を)過ぎる ・ 取り残す ・ (範囲を)オーバー(する) ・ 範囲外 ・ 範囲の外 ・ 範囲を超える ・ 不足がない ・ 星の数ほど ・ (その影響は)計り知れない ・ 次々(と)(登場する) ・ (名曲の)オンパレード ・ 行き過ぎ ・ いっぱい ・ 余るほど(ある) ・ 残るほど(ある) ・ (規定数量を)上回る ・ (縁談は)降るほど(ある) ・ (ボール)アウト ・ 数限りない ・ (限界を)超える ・ (食料品を)どかっと(買い込む) ・ 大量 ・ 多数 ・ 大多数 ・ 絶対多数 ・ 行き過ぎる ・ (範囲を)オーバー ・ 十指に余る(功績) ・ 無尽蔵 ・ 途方もない(時間) ・ (数量的に)限りない ・ うんざりする(ほど) ・ 非常に多い ・ 数知れず ・ (宝石を)ちりばめた(冠) ・ (限界を超えて)他の領分を侵す ・ 余蘊 ・ どっさり(取れる) ・ 浜の真砂まさご(ほど)(ある) ・ 入超 ・ 途方もなく多い ・ 数々(の賞状) ・ (制限量を)超過(する) ・ 必要以上(に多い) ・ 途方もない(数) ・ 潤沢(な資金) ・ 数え切れない(ほど多い) ・ (宿題の)山 ・ 焼け残る ・ 枚挙にいとまがない ・ 百千ひゃくせん ・ 百千ももち(鳥) ・ 八千やち(草) ・  ・ うんと(稼ぐ) ・ たんと(召し上がれ) ・ 多分(の寄付) ・ 盛りだくさん(のごちそう) ・ らち外 ・ (見どころ)満載 ・ 売るほどある ・ (限度を)越える ・ やたら多い ・ もじゃもじゃ ・ 出超 ・ 少なからず ・ 線を超える ・ (欠点は)多々(ある) ・ 分量 ・ 山ほど(の仕事) ・ (問題が)山積 ・ (欲が)深い ・ 幾多いくた(の困難) ・ (使われなくなった信号機の)墓場 ・ よろず(の人々) ・ ふんだん(△に使える[な資源]) ・ 中途半端な数でない ・ (数が)多い ・ 多く(の人) ・ (恋)多き(女) ・ 千万せんまん ・ 千万ちよろず ・ (そこらじゅうに)転がっている ・ (仕事)以外(の話) ・ 過剰 ・ 少なくない ・ (一定の)(枠から)はみ出す ・ うじゃうじゃ ・ いっぱい(ある) ・ 手厚い(もてなし) ・ (人数) ・ 取りも取ったり(初回に十五点) ・ (お)徳用 ・ 基準を超えている ・ (言いたいことは)100(ほどある) ・ 通り越す ・ 線の外 ・ 線の外側 ・ 浮く ・ 限界を超える ・ (通常量に)数倍する(量) ・ 仰山ぎょうさん ・ 万余 ・ 万斛 ・ 格外 ・ 尽きることがない ・ (腹が)はちきれそう ・ ミリオン ・ 燃え残る ・ アウトサイド ・ 抱え切れない ・ 莫大(な数) ・ たっぷり(と)(注ぐ) ・ どっさり ・ あれもこれも(欲しい) ・ 番外 ・ 枠外 ・ 枠の外側 ・ 圏外 ・ 盛りだくさん ・ 多め(に入れる) ・ 貸し越し ・ 融通が利く ・ (自然が)豊か ・ おびただしい(数) ・ 別格 ・ なくならない ・ (夫婦)(の)数だけ答えがある ・ (害虫が)はびこる ・ 売れ残る ・ 浩瀚こうかん(な蔵書) ・ 型破り ・ (金が)うなる(ほど)(ある) ・ 残す ・ 等外 ・ 無量(大数) ・ (そんな例は)ざら(にある) ・ 巨億 ・ 無理がかかる ・ とめどなく(涙が流れる) ・ (限界)突破 ・ 尽きない ・ 尽きせぬ(思い出) ・ (夜の十二時を)またぐ ・ 長じる ・ 恵まれる ・ 消え残る ・ 数多すうた ・ (先例が)あまた(ある) ・ 少々で(は)ない ・ 過ごす ・ (メーターの)(針が)振り切れる ・ (量が)多い ・ 膨大ぼうだい(なデータ) ・ 巨万(の富) ・ (コップの水が)こぼれる ・ (が多い) ・ ごろごろ ・ (家族) ・ 書き残す ・ 無尽(にある) ・ 無数(の星々) ・  ・ 満々(と水をたたえる) ・ (毛虫が)うようよ(と)(いる) ・ 十分(揃っている) ・ 最多 ・ 立て続け(に) ・ どんと(持ってこい) ・ 過密(状態) ・ 天文学的(数字) ・ 飽食(の時代)
だいたいの数量(ほど)だいたいの数量(ほど)  くらい ・ 目分量(で計る) ・ 大体 ・  ・ ほぼ ・ ざっと(千人集まった) ・ 概数 ・ 見当 ・ (五十)がらみ(の女性) ・ 通り ・ およそ ・ 前後 ・ およそ(の数字) ・ 物の ・  ・ 大約 ・ かれこれ(五年になる) ・ ほど ・ 格好 ・ 内外 ・ 約(一メートル) ・ 合理的 ・ 皮算用 ・ (途中を)飛ばす ・ 省略 ・ (一部を)割愛(する) ・ つづめる ・ 目の子勘定(で千人ほど) ・ 目の子算(で計算) ・ 目の子(で数える) ・ 目分量(で△計算する[計る]) ・ 省く ・ 目算 ・ 約する ・ 満(二歳) ・ 満年齢 ・ はしょる ・ 推算 ・ 省ける ・ (数量を)推し量る ・  ・ 目積もり ・ およその計算 ・ 積もる ・  ・ 見積数字 ・ 近道 ・ 足かけ(三年) ・ 端数を一として概算する ・ 見積もる ・ 胸算用 ・ 簡単にする ・ 簡略化 ・ 推計(する) ・  ・ (手を)抜く ・ 合理化 ・ 見積もり ・ 略する ・ (投票前の)票読み ・ 懐勘定 ・ それなしで済ませる ・ 概算 ・ 省力 ・ 手抜き ・ (堅苦しいあいさつは)抜き(にする) ・ 要約 ・ 胸積もり ・ つづまる ・ 大事な点をかいつまむ ・ 大要 ・ (ドラマの)ダイジェスト(版) ・ 荒っぽく(まとめる) ・ ほとんど ・ 要略 ・ 大抵 ・ (手数料は無料なのが)普通 ・ (内容を)大づかみ(に説明する) ・ (休日は)専ら(部屋で過ごす) ・ (一年を)通じて(暖かい) ・ 大意 ・ 十中八九 ・ 九分通り ・ (今夏は)一体(に)(暑かった) ・ およそ(考えられない) ・ 摘要 ・ (計画の)大筋(を説明する) ・ 概略 ・ 大体(のところ) ・ 大体において ・ (仕送りは七万円台が)平均的なところ ・ 平均して(二時間かかる) ・ 概要 ・ 粗々 ・ ひと通り(説明する) ・ 大概 ・ 大ざっぱ(な家計簿) ・ (法案の)骨子こっし(を説明する) ・ 包括的(に)(捉える) ・ 原則(合意) ・ あらかた ・ 主要な部分だけに目を向ける ・ 細かい点は問題にしない ・ ふわっとしている ・ おしなべて ・ (現在の)傾向として ・ (組織の)骨組み ・ 要点 ・ 九分九厘 ・ 大まか(に計算する) ・ そろそろ(帰る時間だ) ・ 全体的な印象 ・ 総体(に) ・ 輪郭 ・ おぼろげ(に分かる) ・ 厳密でない ・ 基本的(に)(賛成) ・ 一概に ・ (事件の)あらまし(を話す) ・ 大方(は理解できた) ・ 総じて(不満なし) ・ 大略 ・ 大枠(で合意する) ・ (計画の)枠組み ・ 一般(に)(女性のほうが寿命が長い) ・ 一般的に(見て) ・ 一般的(な日本人) ・ (全体の)骨格 ・ (わが社の沿革を)点描(する) ・ (新役員の横顔を)素描(する) ・ おおよそ ・ 全体的に ・ 全体として ・ アウトライン ・ 大局(を見渡す) ・ 大局的(に見て) ・ (情勢を)概観(する) ・ ざっくり(と)(言えば) ・ なべて ・ 要約(する) ・ 大部分(の場合) ・ アバウト(な見積もり) ・ あらすじ ・ (計画の)基本線(が固まる) ・ 共通している(印象) ・ (計画の)大綱たいこう(を示す) ・ 概して(秋には雨が多い) ・ (これくらいの値段が)通り相場(である) ・ (全体の)見取り図 ・ 全般の傾向として ・ おおむね(良好) ・ 提要
(未分類)(未分類)  あまし ・ 乃公 ・  ・  ・ 我輩 ・ 麿 ・ 吾輩 ・ 余輩 ・  ・ 麻呂 ・  ・ 予輩 ・ 乃翁 ・  ・  ・ 別の ・ ほか ・ そのほか ・ それがし ・  ・ はみ出した ・ 隠された ・ 目に見えない ・ 目に触れない ・ 別口 ・ 他の ・ 我が輩 ・ 拙者 ・ ワシおれ ・ ミー ・  ・ 手前 ・  ・ あたくし ・ 当方 ・ わが輩 ・ 本職 ・ こちら ・ 愚生 ・  ・ 吾人 ・ あたし ・ 小官 ・ 自分 ・ 小生 ・ わっし ・ わし ・ あたい ・ その他 ・ 自余 ・ その外 ・ 本官 ・ こちとら ・ ぼく ・ 当職 ・ おれ ・ わたくし ・  ・ あっし ・ 不肖 ・ こちら側 ・ ここいら ・ 弊郷 ・ 当県下 ・ この辺り ・ こっち ・ 当地 ・ ここらへん ・ 弊地 ・ この場所 ・ 指示代名詞 ・  ・ 自称詞 ・ おら ・ 自称 ・ おいら ・ われ ・ わが身 ・  ・ 爾余 ・ 埒外 ・ 想像以上 ・ このほか ・ 蚊帳の外 ・ この他 ・ 想定外 ・ 対象外 ・ 公吏 ・ 小吏 ・ 官吏 ・ 吏員 ・ 公僕 ・ 下僚 ・ 官公吏 ・ 属官 ・ 木っ端役人 ・ 官員 ・ 役人 ・ 公官吏 ・ あらぬ ・  ・ かたがた ・ 私たち ・ ここら辺 ・ ここ ・ 一人称 ・ 愚老 ・ 小弟 ・ 謙称 ・ 愚輩 ・ 本員 ・ てまえ ・ ポーション ・ 半ば ・ 二分の一 ・ セミ ・ 部分 ・ 一方で ・ ピース ・ 一部 ・ ハーフ ・ 一半 ・  ・ 向き ・  ・ 傍ら ・ はんめん ・ 一方では ・ 半端 ・ 自分 ・ 
日本語WordNetによる、余の類義語

意義素類語・同義語
他の部分が取り去られた後に残った物取りのこし剰余余り物余り余物余剰取のこし残りあまり残物零物取残し残り物残余取残残留物取り残し零れ物余りもの余分
キーワードをランダムでピックアップ
若盛り無自覚大知闇路走り読み茶の湯通好み木造家屋まだ若いいつとはなくお針を習うはじけるように明るい仮想の空間退屈でも平穏な生涯醜い・ぎょっとするような継続する伝統の技すばらしい人材法律を適用する上つらをかいなでしただけに過ぎない心ゆく
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 4