表示領域を拡大する

細事の類語、関連語、連想される言葉

 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
細事取るに足らないささいな事柄細事取るに足らないささいな事柄  小事 ・ 雑事 ・ 本筋でない ・ 徒事 ・ 枝葉 ・ 枝葉末節 ・ 細かな部分 ・  ・ 雑件 ・ 第二義 ・ 本題から離れている ・ (物事の)端 ・ あまり重要でない ・ 末節 ・ 根本的でない ・ 些事 ・ 言葉尻(を捉えて咎める) ・ 補助的(な仕事) ・ 末梢(的)(な問題にこだわる) ・ 周辺的(な話題) ・ 小さなこと・さまつ(な問題) ・ (本)末(転倒) ・ 細部 ・ 些細(なこと) ・ 付随的(業務) ・ (事の)本質を見失う ・ 二義的(な部分) ・ 単純(ミス) ・ ケアレス(ミス) ・ 手続き上(の誤り) ・ ベタ(な展開) ・ 空気のような(存在) ・ 呼吸をするような(もの) ・ ワンパターン(のストーリー) ・ パターン通り ・ 見慣れた(パターン) ・ 並(の人間) ・ たわいない ・ たあいない ・ 標準的(な家庭) ・ 三流(作品) ・ 世の習い ・ どうということのない(出来事) ・ 無料 ・ 安っぽい(△世辞[映画]) ・ 進歩がない ・ (浅瀬の)あだ波 ・ 三文(小説) ・ 物事 ・ 良くも悪くもない ・ 取り立てて問題にする点がない ・ 常並み ・ 常套(△の手法[句]) ・ ありふれている ・ ありふれる ・ ありふれた(事件) ・ ありきたり(の意見) ・ 慣れがある ・ マニュアル的 ・ 定型(郵便物) ・ 論ずるに値しない ・ 《誤用》語るに落ちる ・ いつもの(こと) ・ くず ・ かす ・ 非生産的(な時間) ・ 平均的(な顔) ・ 出来合い(の思想) ・ 既成(的)(な言葉) ・ (批判するだけでは)(何の)プラスにもならない ・ 目になじんだ(光景) ・ (読むに)堪えない ・ 日常的(な光景) ・ 二階から目薬 ・  ・ 意外性がない ・ 取るに足りない ・ 論ずるに足りない(存在) ・ 言うに足りない(人物) ・  ・ 画一的(な教育) ・ 価値を感じない ・ 差し障り(の)ない(話題) ・ 見え透いた(お世辞) ・ 相変わらず(のやり方) ・ (その社会に)共通している ・ 並み一通り ・ 古手(の手法) ・ 屁のような(人生) ・ 可もなく不可もない(男性) ・ (使い道がない)死蔵(特許) ・ 中間的(な所得の世帯) ・ 重要でない ・ 世間一般と同じ ・  ・ 存在理由がない ・ 箸にも棒にもかからない(企画書) ・ がち ・ どこにでもある ・ (駅前の風景は)どこも同じ(だ) ・ 公式通り(の解答) ・ 日常茶飯(である) ・ 日常茶飯事 ・ オーソドックス(な展開) ・ 死んで花実が咲くものか ・ 時事 ・ いまさら(の告白) ・ 利用不能 ・ いつもの通り ・ ナンセンス ・ 広く認められる ・ よくある(△やつ[話]) ・ 事物 ・ (いつもと)変わらない ・ 恒常化(している) ・ 常態化(している) ・ 習慣化(している) ・ 下手の考え休むに似たり ・ おなじみ(の)(味) ・ 一面的(な見方) ・ 紋切り型(の発想) ・ ステロタイプ ・ ステレオタイプ ・ お約束(通り)(の展開) ・ 特に変わっていない ・ 建設的でない ・ 非建設的 ・ 常套句 ・ たかが知れている ・ (ごく)平均的な水準を保っている ・ 本来 ・ 退屈(な毎日) ・ 形式化した(やり方) ・  ・ (なんの)変哲もない ・ 陳腐(なストーリー) ・ あるある(ねた) ・ 面白くない(映画) ・ 他と異なる性質を持たない ・ 形だけ(の友達) ・ 事柄 ・ 何度も聞いた ・ 聞き古し(のジョーク) ・ 聞き古した ・ 干からびた(内容) ・ (これといった)特徴がない ・ 新味のない(計画案) ・ バカ ・ 分かりきった(結末) ・ △(報復[課金]しても)何も残らない ・ 出来事 ・ 前と変わらない ・ 何でもないこと(だ) ・ 一顧の価値もない ・  ・ (どこにでも)転がっている(話) ・ 些事さじ ・ ぼろかす ・ 褒めるところが(一つも)ない ・ (その程度の作品なら)ざら(にある) ・ ばかばかしい ・ 話にならない ・ 普遍 ・ なみなみ ・ いつもながら ・ 王道 ・ 特徴がない ・ (怒っても)始まらない ・ おざなり(の計画) ・ 手あかにまみれた(表現) ・ 当たり前 ・ レームダック(の首相) ・ 無意義(な存在) ・ 大したことではない ・ (別に)珍しいことではない ・ くそ(みたいな日々) ・ うんざり(する) ・ 的外れ ・ 絵はがきのような(富士山) ・ ひと通り ・ 一応(準備はできた) ・ 様子 ・ 克服できない ・ 負け癖が抜けない ・ 知恵が足りない ・ (沼から)抜けられない ・ 弊履へいり ・ 何でもない ・ 凡庸(な△人物[回答]) ・ (例の)件 ・ くだん(の人物) ・ 特別でない ・ 無内容(の本) ・ 何が言いたいのかわからない ・ いつもの ・ 通俗的(な読物) ・ 型通り ・ 無価値 ・ ご多分に漏れず ・ (同様の失敗例は)枚挙にいとまがない ・ 平常 ・ 金太郎飴(のような)(新入社員たち) ・ 平常の ・ お仕着せ(の祝辞) ・ (お前に指導者の)資格はない ・ 通常 ・ 二束三文(の品) ・ とりとめのない ・ (関心の)らち外(にある) ・ 無意味(な討論) ・ (研究するほどの)意味はない ・ (読む)意味がない ・ 意味をなさない ・ 鼻くそ ・ 意味不明(なことを言う) ・ 対象 ・ 阿呆の鳥好き貧乏の木好き ・ (こんな物に大金を払うなんて)(とんだ)お笑いぐさ(だ) ・ ありがち ・ (辺りを見回せば)いずこも同じ秋の夕暮れ ・ (努力しても)甲斐がない ・ 役に立たない ・ 役立たず ・ 物の数ではない ・ (単なる)気休め ・ 並み ・  ・ 価値がない ・ (参加する)価値はない ・ 価値のない(土地) ・ 商品価値がない ・ ろくでもない(番組) ・ 典型(的)(な日本人) ・ 普遍的な広がりを持つ ・ しがち ・ いくらでもどこにでもある ・ バカらしい ・ 絵に描いたような(家庭) ・ 月並み(な表現) ・ (複数の中の)その他大勢 ・ 麻痺△する[が生じる] ・ 代わり映え(の)しない(毎日) ・ 尋常 ・ 無駄(な△行為[出費]) ・ 時間の無駄 ・ (見るに)値しない ・ 驚くにはあたらない ・ (~など)何のことはない ・ 通常(の反応) ・ 予測を越えない ・ 不毛(な議論) ・ 通例 ・ 個性がない ・ 没個性(的) ・ 本末 ・ 一般(社員) ・ 一般的(な考え方) ・ むなしい(△努力[かけ声]) ・ 紙くず(同然)(の株券) ・ ジャンク(ボンド) ・ 新鮮味がない ・ 平凡(な家庭) ・  ・ 使い出がない ・ (それは)瓦石がせき(に等しい) ・ (日本人)通有(の心理) ・ 青い鳥を探す ・ 由無い(長話) ・ 大抵 ・ 珍しくない ・ 珍しくもなんともない ・ 並み大抵 ・ 事象 ・ 俗っぽい(デザイン) ・ (ごく)当たり前(の人間) ・ 使い道がない ・ 内容 ・ (こんな事例は)浜の真砂ほど(ある) ・ 数に入らない ・ 通りいっぺん ・ 普通(の現象) ・ 普通に見かける ・ つまらない(考え) ・  ・ 標準(家庭) ・ 実のない(話) ・ 普通 ・ 定常(の) ・ マンネリ(化している) ・ ぼろくそ ・ 尋常(の手段) ・ 一般 ・ (底が)浅い ・ 駄品 ・ つまらない ・ (夫婦喧嘩は)犬も食わない ・ 猫もまたいで通る ・ 平均の姿 ・ 世間並み ・ 値打ちがない ・ 三文の値打ちもない ・ 古めかしい(作品) ・ 古典的(手法) ・ 形式だけ(の定例会議) ・ 使い古した ・ 使い古し(の言葉) ・ 空疎(な議論) ・ 類型的 ・  ・ へったくれ ・ 空疎(な議論) ・ 愚劣(な文章) ・ ちりあくた ・ ケチ(な商品)
細事(未分類)細事(未分類)  細故 ・ 細事 ・ 細行 ・ 軽い ・ ラチもない ・ ささやかな ・ わずかな ・ 毛のはえた程度 ・ 区区 ・ 小さく本質的でない ・ 末事 ・ 微微 ・ 軽微な ・ くだらない ・ ささいなこと ・ さ事 ・ 事件 ・ 瑣事 ・ 取るに足らない
キーワードをランダムでピックアップ
緑土水鶏千里眼始動弓術口金しわアリバイを用意する過剰な表現興趣の薄い連絡が入る梨うり自分の存在の小ささを思い知らせる砂場地帯いかにしましょうか長らく愛用偏狭でない~を求めて争う一本の動画が話題になる引きつけを起こす
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 2