表示領域を拡大する
いつの間にか引き込まれるの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
(いつの間にか)引き込まれるその物からそれとなく感じられるいい意味での特徴(深いあじわい)(いつの間にか)引き込まれるその物からそれとなく感じられるいい意味での特徴(深いあじわい)  色合い ・ 風雅な ・ 意味の深い ・ (芝居が)上手い ・ 詩情(△が感じられる[豊かな]) ・ (異国的な)フィーリング(があるレストラン) ・ (何とも言えない)(生地の)風合い ・ 肌触り ・ (独特の)肌合い ・ 印象深い ・ (作品の)方向性 ・ ひねりのきいた(セリフ) ・ 奥深い ・ 含蓄(のある話) ・ 胸に染みる(音楽) ・ 心に染みる(物語) ・ 風情がある ・ いぶし銀(の演技) ・ (作者の)こだわり ・ 静かで深い(和の香り) ・ 風趣 ・ 面白い ・ 面白み(のある) ・ (街の)繊細な表情(を描く画家) ・ 妙味(がある) ・ 幽玄(の美) ・ いい味(を出す) ・ 風格のある(文章) ・ 想像をかきたてる ・ 円熟(した人間味) ・ 機微に通じた(言葉) ・ (内容に)深みがある ・ (先代の)芸風(を受け継ぐ) ・ 情趣がある ・ 大人の△文章[休日;チョコレート] ・ 独特(のやり方) ・ 噛めば噛むほど味が出る ・ スルメのような ・ にじみ出るもの(がある) ・ 苦労人 ・ 味(のある絵) ・ 味がある ・ いい雰囲気の(お店) ・ (言いようのない)魅力 ・ 魅力的(な) ・ (下町の)香り(が漂う) ・ フレーバー ・ (作者の)味付け ・ (△独特の[深い])味わい(のある) ・ 味が深い ・ 味わい深い ・ 味わい豊かな ・ じんわりくる ・ 深い ・ 秘すれば花 ・ 悪くない ・ 特色 ・ (色彩の)ニュアンス ・ 陰影(のある文章) ・ (言葉の)あや ・ 感性を刺激する(アート) ・ (話に)色つや(を添える) ・ 色つやのある(話) ・ 雰囲気がある ・ とろりとした(歌声) ・ 捨てがたい味(の映画).温かみのある(イラスト) ・ 温かい(感じの)(色調) ・ 落ち着いた(△雰囲気[色調の壁紙]) ・ 人肌感がある ・ 手作り感がある ・ 深みのある ・ スロー(ライフ) ・ (物語が)ゆっくり(立ち上がる) ・ 魅力を内に秘める ・ (破調の)美 ・ 趣がある ・ 余韻(△が残る[;のある作品]) ・ 余韻を残す’終わり方) ・ しみじみとした ・ 一面的でない ・ 質感 ・ 作風 ・ 奥行きがある(作風) ・ 奥行きを感じさせる ・ 快味 ・ 醍醐味 ・ 渋い(△映画[二枚目]) ・ いい味が出ている ・ 想像力に訴える ・ (本来の)持ち味 ・ (哀愁)漂う(旋律) ・ 小味(△をきかす[な仕上がり;きいた話]) ・ 調子 ・ (古式)ゆかしい(催し) ・ 情緒がある ・ 微妙な(節回し) ・ (都会の)哀愁 ・ 重厚(な作品) ・ (独特の)個性 ・ 時代がついた(家具) ・ 時代がつく ・ 古雅な(文体) ・ 豊かな(人間性) ・ コクがある ・ コクのある(文) ・ 傾向(がある) ・ (ボサノバ)風味 ・ ラテンっ(ぽい) ・ 情感(△あふれる詩[に訴える]) ・ (作者の)嗜好 ・ 潤いのある(表現) ・ 通好み(の△音楽[時計]) ・ そこはかとない(△懐かしさ[おかしさ]) ・ (独自の)テイスト ・ 滋味(△掬すべし[豊かな詩文]) ・ 小粋な(日本画) ・ 示唆に富む ・ (優しく)包み込まれるような(ハープの音色) ・ しっとり(と)した(感じの住まい) ・ 成熟した(日本文化) ・ よさ ・ (気持ちを)豊かにさせる ・ 感覚的な要素 ・ いぶし銀 ・ 歌風 ・ 画風 ・ 芸風 ・ 手作り(感)(がある) ・ ぬくもりを感じる ・ ぬくもりを感じさせる(家) ・ 心がこもった ・ 心がこもる ・ (作品に)味がある ・  ・  ・ 妙所 ・ 妙味 ・ 霊妙 ・ 玄妙 ・ 妙趣 ・ 渋い(色目) ・ 抑制された輝き ・ 古くなった ・ つや消しの銀色 ・ 黒光りのする ・ にぶく光る ・ 飽きのこない ・ くすんだ輝き ・ 古雅(な味わい) ・ ロマンスグレー ・ 味のある ・ 年輪を刻む ・ 落ち着いた美しさ ・ さびた(美しさ) ・ 地味 ・ 渋みのある ・ 古色のついた(茶器) ・ 美しい ・ 抑制された美しさ ・ 古びた ・ 底光りする ・ 時代のついた(茶道具) ・ 老巧 ・ 年季が入っている ・ 奥行きがある ・ 渋い(バッティングができる) ・ 玄人好み(の渋さ) ・ 技巧派 ・ 渋い味 ・ 熟練(の技) ・ 何ともいえない(味) ・ (浪曲の)名調子 ・ 練達 ・ 安定している ・ 渋い魅力 ・ 魅力的 ・ 甲羅を経る ・ 甲羅を経た(存在感) ・ 本物の味わい ・ 甘さがない ・ 古武士を思わせる ・ (演技が)渋く光る ・ 深みがある ・ 渋みがある ・ 磨かれた(技) ・ (今年六十になる)老練(な弁護士) ・ 頑固一徹(の職人) ・ 円熟 ・ 重みがある ・ 経験豊か ・ ベテラン ・ 枯れた味わい ・ 秘すれば花(なり) ・ (亀の甲より)年の功 ・ 名人芸 ・ ダンディ ・ (芸の)つや ・ 完成された芸 ・ 言うに言われない ・ 滋味あふれる ・ 名うて(の剣客) ・ 陰影 ・ 様子 ・ (敗北の)色(が濃い) ・  ・ (△様子が[状況が不利だと])見て取れる ・ (改善の兆しが)見える ・ 情調 ・ (いやな)ムード ・ (社会の)様相 ・  ・ 気分 ・ 気味 ・ 感じ ・ (時代の)空気 ・ 情緒 ・ 雰囲気 ・ 気色 ・ ニュアンス ・ 気配 ・ (落ち着いた)トーン(の店内) ・ (北欧が)テーマ(のレストラン)
キーワードをランダムでピックアップ
日並内外痔疾とことこごろごろ馬力協会変性寝しな一網打尽雅語俗歌カレーうどんえぐれた秘密が漏れる気遣いはない多くの人の言うところ問題がくすぶる見たい番組がかち合う網羅するDVD
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. (いつの間にか)引き込まれるその物からそれとなく感じられるいい意味での特徴(深いあじわい)