表示領域を拡大する
よくよくの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
よくよく細かい点まで気を配るよくよく細かい点まで気を配る  細かく(気を配る) ・ 遺漏なく ・ 丁寧 ・ 綿密 ・ じっくり ・ 勘が鋭い ・ 周到(に) ・ 神経を使う ・ こまごま ・ つくづく ・ 気の利いた ・ 漏れなく ・ みっちり ・ 芸が細かい ・ 心憎い(演出) ・ 厳密 ・ 念入り(に) ・ ユーザー目線で作られた(サービス) ・ (準備を)怠らない ・ 怠りなく ・ 事細か ・ 先回りして(いろいろやってくれる) ・ 心して ・ 如才ない ・ 痒い所に手が届く ・ 微に入り細にわたり ・ 至れり尽くせり ・ しらみ潰し ・ 事を分けて ・ 手取り足取り(面倒を見る) ・ 念の為 ・ 二段構え(の審査) ・ くれぐれ ・ 余念がない ・  隅々まで(行き届く) ・ 入念 ・ 丹念 ・ きちんと(掃除) ・ きちっと(ふたをする) ・ きっちり ・ 温かい対応 ・ とくと ・ 細かい点まで気を配る ・ 万端(整える) ・ 緻密 ・ 克明 ・ 周密 ・  ・ みっしり ・ くれぐれも ・ 気が利く ・ 用意周到 ・ とっくり(と考える) ・ 万全(の態勢で) ・ 細密 ・ 油断なく(進める) ・ 抜かりなく ・ 細心 ・ 注意深く ・ 精密 ・ 委細 ・ 子細 ・ 精妙(な手芸品) ・ 委曲 ・ 詳細 ・ つぶさに ・ 細かい ・ (病状を)こまごま(と書き出す) ・ 細か ・ つまびらか ・ 細緻 ・ 明細 ・ 詳しく ・ 巧緻 ・ 詳密 ・ 巨細 ・ 精巧 ・ 精細 ・ 精緻 ・ 詳しい ・ いちいち(文句をつける) ・ 一つひとつ ・ 逐一 ・ (王の前に)膝を折る ・ (相手に対して)気を使う ・ 端然(と)(座る) ・ 低姿勢 ・ 腰が低い ・ 深く(頭を下げる) ・ 崇拝(の態度) ・ (態度が)きちんとしている ・ しかつめらしい(あいさつ) ・ (王に)恭順(の意)(を表する) ・ 大切 ・ 折り目正しい(青年) ・ 敬意を込めて(頭を下げる) ・ 粛然(△とする[と襟を正す]) ・ うやうやしい ・ うやうやしく(迎える) ・ 最敬礼(のあいさつ) ・ 丁重(にもてなす) ・ ありがたく(頂戴する) ・ 行儀作法を(よく)わきまえている ・ 格式張る ・ 礼儀正しい ・ 慇懃いんぎん(に対応する) ・ 丁寧(な応対) ・ 具陳 ・ 縷述 ・ 縷言 ・ 詳言 ・ 詳述 ・ 縷陳 ・ 浄書 ・ 浄写 ・ 清書 ・ 麗筆 ・ 謹書 ・ 細論 ・ 詳論 ・ 縷説 ・ やさしい言葉を使う ・ 噛み砕く ・ 砕く ・ 丁寧に言い聞かせる ・ 絮説 ・ 噛んで含める ・ 詳説 ・ 細説 ・ わかりやすく説明する ・ ウィット ・ おしゃれ ・ 機知 ・ 当意即妙の機知 ・ そうきたか ・ 言語表現 ・ (これは)一本取られた ・ 機転 ・ 憎い(ことを言う) ・ 諧謔 ・ 予想外の切り返し ・ 面白く切り返す ・ エスプリ(をきかす) ・ ユーモア ・ おかしみ ・ 気のきいた文句 ・ センスがある ・ 洞察 ・ 見え透く ・ 見破る ・ 看取 ・ 見透かす ・ 洞見 ・ (△真相[正体]を)見極める ・ 見定める ・ 達観 ・ 目先 ・ 見受ける ・ 幽霊の正体見たり枯れ尾花 ・ 見て取る ・ 見通す ・ 看破 ・ 山が見える ・ 見抜く ・ 予見 ・ すぐれた観察力 ・ 先見 ・ (社長の)影となって(支える存在) ・ 意をくむ ・ (相手の)意をくんで(動く) ・ 巧み(にリードする) ・ 軽妙なトーク ・ スマートな応答 ・ 気の利いた(セリフ) ・ 大人の(会話) ・ エスプリに富んだ(会話) ・ 過保護 ・ 心のこもった(もてなし) ・ 親身(の△世話[もてなし]) ・ 何もかも心得た(世話) ・ (相手の)言いなり ・ 心憎い(ばかりの気配り) ・ 下にも置かない(歓待ぶり) ・ ちやほや(する) ・ 精一杯もてなす ・ (相手に)尽くす ・ 心尽くし(の歓待) ・ 万全の用意のもとに(もてなす) ・ 親切(なもてなし) ・ おんぶにだっこ(の状態) ・ 上げ膳下げ膳 ・ これ以上ない(歓待) ・ 至れり尽くせり(の世話) ・ 手厚い(看護) ・ (人)当たりがいい ・ 神(対応) ・ 和顔愛語 ・ (満面の)笑み ・ 口当たりのいい(人) ・ 愛想がいい ・ 人あしらい(がうまい) ・ 調子がいい ・ △表情[反応]が明るい ・ (人を)受け入れる ・ 気さく(な人) ・ 人当たりが柔らかい ・ にこにこ(と) ・ 上手者 ・ 体よく ・ △表情[反応]が晴れやか ・ 人当たりよく ・ 如才がない ・ 世慣れている ・ 心安く(承知する) ・ いい顔 ・ 人をそらさない ・ 人の気持ちを損なわない ・ (相手の)気持ちをそらさない ・ ソフト(な物腰) ・ 角のない(人柄) ・ 愛想よく ・ にこやか(に応対する) ・ 調整型(の人間) ・ おためごかし(の親切) ・ 親切ごかし(に勧める) ・ 《誤用》愛想を振りまく ・ 人づきのよい ・ 人なつっこい ・ 人当たりがいい ・ 愛嬌 ・ (幹事を)気軽に引き受ける ・ (人に接する)態度がいい ・ 朗らかな(表情) ・ 愛想(あいそ)よく ・ 手厚いもてなし ・ 体裁よく ・ 人がいい ・ (みんなから)好かれる ・ (人)受けがいい ・ 本音を建前でくるむ ・ 感じがいい ・ 八方美人 ・ 座持ちがうまい ・ (愛想が良く)受け入れられる ・ 善人(風) ・ ちやほや ・ 当たりが柔らかい ・ 情け深い ・ 懇ろ ・ 懇篤 ・ 懇切 ・ 優しさ ・ 親切 ・ 心尽くし ・ 温かい ・ 優しい ・ 優しく接する ・ 世話好き ・ 優渥 ・ 人情に厚い ・ 思いやり(がある) ・ 通り一遍でない ・ 麗しい(友情) ・ 陰になり日なたになり ・ 陰に陽に ・ こまやか ・ 友好的 ・ 懇到 ・ (愛を)そそぐ ・ (恵みを)施す ・ 手厚い ・ 困っている人を放っておけない ・ 献身的 ・ 思いやる ・ 好意的 ・ 温か ・ 細かい説明 ・ 詳しい事情 ・ 細かい部分 ・ 詰めの部分 ・ 突っ込んだやり取り ・ (代わりに)宣伝する ・ (社長の)意を体して(出向く) ・ 先を予測して ・ (気を回して)先走り(する) ・ 早手回し(に)(会場を押さえる) ・ (他者の意向を)代弁して(伝える) ・ (藩主の)草履取り ・ 繊細(な感覚を持つ) ・ 先見の明(がある) ・ (感覚的に)鋭敏 ・ (感覚が)鋭い ・ (行動が)俊敏(である) ・ 飛耳長目ひじちょうもく ・ さとい ・ センス(がある) ・ 地獄耳 ・ 勘がとぎすまされる ・ 炯眼けいがん(を持つ) ・ (流行に)敏感 ・ 鋭利(な洞察力) ・ 感受性が△鋭い[豊か] ・ 犀利(な感覚) ・ 感性 ・ 目ざとい ・ 動物的な勘(が働く) ・ 耳ざとい ・ (神経を)研ぎ澄ます ・ シャープ(な感覚の持ち主) ・ 洞察力に優れる ・ 感度が増す ・ 気が付きすぎて疲れる ・ 見つける ・ 目が早い ・ 遠目が利く ・ 耳が早い ・ どうやら(失恋したらしい) ・ (相手の)意をくむ ・ 推測(する) ・ 心を読む ・ 大方(寝坊でもしたのだろう) ・ 意を体する ・ 瞳を覗いて(心を読む) ・ (希望的)観測 ・ 察し(をつける) ・ 同情 ・ ははーん(、さては何か隠してるな) ・ もしかしたら ・ (相手の体面を)おもんぱかる ・ (相手の方を)気にして見る ・ (心の中で)深読みする ・ (相手の意図を)見通す ・ (自分なりに)解釈(する) ・ (苦しい心中を)汲む ・ (相手の気持ちを)くみ取る ・ 推し量る ・ 推論 ・ (彼の立場を)察する ・ (ご)賢察(ください) ・ 了察 ・ 察知(する) ・ 人の思念が通じる ・ 推考 ・ 端倪 ・ 勘が働く ・ 多分こうだろう ・ (相手の)事情を汲む ・ 想像(する) ・ 思いをはせる ・ (胸中を)推量(する) ・ 推理 ・ (心中をを)思いやる ・ (別の意味に)取れる ・ (いい意味に)取る ・ 行間を読む ・ 余白を読む ・ 読み取れる ・ 恐らく ・ 多分 ・ 瀬踏み(する) ・ (皮肉として)受け取る ・ (本質を)見抜く ・ こうではないかと考える ・ (私とて)木の股から生まれたわけではない ・ 斟酌しんしゃく(する) ・ 推察(する) ・ てっきり(独身かと思ってた) ・ (相手の人間性を)言葉の端々から感じる ・ 推して(知るべし) ・ (△手の内[胸の内]を)読む ・ (相手の考えが)読める ・ (真意を)読み取る ・ 思いなし ・ (人間の心理を)洞察(する) ・ (表情から)(感情を)うかがい知る ・ (情に)ほだされる ・ (得意先の意向を)忖度(する) ・ (相手の気持ちを)はかる ・ 計る
よくよく足りている(十分じゅうぶんよくよく足りている(十分じゅうぶん  足りる ・ 重ね重ね ・ なるべく ・ たくさん ・ 満幅 ・ 徹底的(に) ・ 幾重にも ・ (受け入れる)余地はない ・ 十二分 ・ 百パーセント ・ 遺憾なく ・ 優に ・ 万々 ・ なるたけ ・ (十分)備わる ・ とっぷり ・ 重々 ・ フル ・ しっかり ・ 徹頭徹尾 ・ 十分 ・ 結構 ・ 足りている ・ 至れり尽くせり ・ (保険なら)間に合ってる ・ 存分 ・  ・ 可及的 ・ 完膚なきまで(に) ・ たんまり ・ よく ・ 文句なし ・ 文句のない(結果) ・ 満足のいく(結果) ・ 心行く(まで楽しむ) ・ 飽かす ・ 結構(な眺め) ・ 上々(の結果) ・ 飽満 ・ 満足感 ・ (夏を)満喫(する) ・ うはうは(気分) ・ 自己満足 ・ (芝居を)堪能(して帰る) ・ 飽き足りる ・ やり尽くす ・ (無事に解決して)何よりだった ・ レベルが高い ・ 合格 ・ 合格点(だ) ・ 意に適う(就職先) ・ 満額回答 ・ (望みが)適う ・ 悦に入る ・ 万感(の思い) ・ 気持ちが安定する ・ (なかなか)良い ・ 上等(な品) ・ 納得顔(を△見せる[浮かべる]) ・ 満ち足りた気持ち ・ 不足がない ・ 充足 ・ 充足感(△を感じる[に浸る]) ・ 充実感 ・ 満ち足りている ・ いい気分(になる) ・ もって瞑すべし ・ 会心(の一撃) ・ 達成感 ・ (喜びに)包まれる ・ 両手一杯(の幸せ) ・ 当たり ・ (その考えは)いただける ・ 気持ちがおさまる ・ (デザインを)気に入る ・ お気に召す ・ (お前に殺されるなら)本望(だ) ・ 悪くない(出来) ・ 納得 ・ 満ち足りる ・ (ポジティブに)評価できる ・ リッチ(な気分) ・ 重畳 ・ 不満はない ・ 順風満帆 ・ 溜飲を下げる ・ すっきり(する) ・ 溜飲が下がる ・ (まことに)喜ばしい ・ (ここまでやったら)思い残すことはない ・ (要求を)満たす ・ 飽きる ・ (夜の倉敷も)乙なもの(だ) ・ それ以上を求めない ・ 申し分ない ・ (認められたいという)欲求が満たされる ・ (喜びに)満たされる ・ いける(味だ) ・ イケてる ・ 心ゆくまで(堪能する) ・ ほくそ笑む ・ (これなら)おんの字(だ) ・ まんざらでもない ・ 足る ・ (眠りが)足りる ・ 足れりとする ・ 気が済む ・ 満足(△する[できる/に浸る]) ・ 満悦 ・ 願いが叶う ・ 言うことなし ・ (一人で)よがる ・ 過不足がない ・ (現状に)安んじる ・ 満腹 ・ 腹いっぱい ・ 両全 ・ すばらしい ・ すべてオーライ ・ 文句のつけようがない ・ 満点 ・ 完璧 ・ (全くの)文句なし ・ 完全 ・ 金甌無欠 ・ 完全無欠 ・ ばっちり ・ 悪いことなし ・ 万全 ・ すべて良し ・ 見事 ・ 無難 ・ 満足 ・ 欠点がない ・ 十全 ・ 円満 ・ どうにか ・ それなり ・ ようやく ・ まずまず(の成果) ・ かすかす ・ なんとか ・ 辛うじて ・ 曲がりなりにも(進歩している) ・ どうなりこうなり ・ やっとの事で ・ ようやっと ・ せめても ・ 命からがら(逃げ出す) ・ (雨の京都も)乙(な物だ) ・ どうやらこうやら ・ やっと ・ やっとの思い(で) ・ まあまあ(の出来) ・ 十分ではないが ・ 部分的ながら(も色づく紅葉) ・ 少なくとも ・ これはこれで(美味しい) ・ せめて ・ そこそこ(の)(水準にある) ・ なんとかかんとか ・ 辛くも ・ 一定(の)(評価を受ける) ・ 最低限の条件は満たしている ・ どうにかこうにか ・ 少なくも ・ ある程度(の)(金はある) ・ どうやら ・ 全部そろっている ・ 最初から最後まで完結している ・ コンプリート ・ 思い巡らす ・ 思いを巡らす ・ 考えを巡らす ・ 思索 ・ 思い詰める ・ 肺肝を砕く ・ 千思万考 ・ 悩む ・ (新しい構想に)思いを凝らす ・ 考え込む ・ とつおいつ(思案する) ・ おもんぱかり ・ 勘考 ・ 思案(を巡らせる) ・ (あれこれ)思い合わせる ・ 深慮 ・ 勘案 ・ 思い余る ・ 思案に余る ・ 長考 ・ 沈潜 ・ 思惟 ・ (問題を深く)掘り下げる ・ 沈思 ・ 深謀しんぼう)遠慮 ・ 思量 ・ 一心に考える ・ 脳漿のうしょうを絞る ・ 頭を絞る ・ 熟考 ・ 思弁 ・ 考察 ・ よくよく考える ・ 思慮(を△巡らす[深める]) ・ おもんみる ・ 煎じ詰める ・ 苦心(する) ・ 思い見る ・ おもんぱかる ・ 連想(する) ・ 熟思 ・ 商量 ・ 潜心 ・ 深く考える ・ つらつら(考える) ・ 考慮 ・ いろいろ考える ・ よく考える ・ 心を砕く ・ 考量 ・ 突き詰める ・ 千慮 ・ 熟慮 ・ やたら多い ・ うんざりする(ほど) ・ 少なくない ・ 山ほど(の仕事) ・ (問題が)山積 ・ わんさ(と) ・ 無尽 ・ 多き ・ 余計 ・ (情報の)大海原(を泳ぐ) ・ (使われなくなった信号機の)墓場 ・ ごろごろ ・ 星の数ほど ・ 多数 ・ 大多数 ・ 絶対多数 ・ なくて七癖あって四十八癖 ・ 融通が利く ・  ・ 売るほどある ・ 途方もない(数) ・ もう(これ以上)いらない ・ 立て続け(に) ・ (欠点は)多々(ある) ・ 幾千万 ・ 幾万 ・ 百千万 ・ 非常に多い ・ 万余 ・ (縁談は)降るほど(ある) ・ 仰山 ・ 数え切れない(ほど) ・ 膨大ぼうだい(なデータ) ・ 十指に余る(功績)浜の真砂まさご(ほど)(ある) ・ 億兆 ・ 夥多 ・ もも ・ 無量 ・ 無尽蔵 ・ (数が)多い ・ (日本映画が)豊作(の年) ・ 中途半端な数でない ・ 巨億 ・ 自由になる ・ 百千 ・ (毛虫が)うようよ(と)(いる) ・ 枚挙にいとまがない ・ あれもこれも(欲しい) ・ 無限大 ・ 大部たいぶ(の辞書) ・ 最大 ・  ・ ミリオン ・ いっぱい ・ 過密(状態) ・ 幾多(の困難) ・ (そんな例は)ざら(にある) ・ 千万せんまん ・ 千万ちよろず ・ 多分 ・ 多すぎる ・ 莫大(な数) ・ ふんだん ・ (夫婦)(の)数だけ答えがある ・ 数多すうた ・ (先例が)あまた(ある) ・  ・ 多め ・ 無数(の星) ・ 天文学的(数字) ・ 盛りだくさん ・ 浩瀚 ・ (金が)うなる(ほど)(ある) ・ いくつも(ある) ・ (品数が)豊富 ・ 最多 ・ 少なからず ・ 雲霞うんかのごとき(大軍) ・ 数多い ・ 数多く(の) ・ 億万 ・ 必要以上(に多い) ・ 多く ・ もじゃもじゃ ・ (言いたいことは)100(ほどある) ・ 数知れず ・ 巨万 ・ うじゃうじゃ ・ (害虫が)はびこる ・ 数々(の賞状) ・ どっさり(取れる) ・ (着ていない服が)あるわあるわ ・ おびただしい(数) ・ (十は七より)大きい ・ (宝石を)ちりばめた(冠) ・ 掃いて捨てるほど ・ 尽きない ・ 尽きせぬ(思い出) ・ 数限りなく ・ 桁外れ ・ たくさん(ある) ・ 
よくよく(未分類)よくよく(未分類)  ほとほと ・ 充分に ・ よくよく ・ しみじみ ・ とびっきり ・ 抜きんでる ・ ず抜けて ・ とびきり ・ 飛び抜けて ・ めぼしい ・ 並外れて ・ バツグン ・ ずばぬけて ・ 群を抜いて ・ 極度 ・ 際立って ・ 極め付け ・ 極めて ・ 底抜けに ・ 水際立って ・ 極端 ・ 際限なく ・ ひときわ ・ 極限まで ・ 究極 ・ 限りなく ・ 格別 ・ とりわけ ・ 取り立てて ・ 目立って ・ 特筆すべき ・ 特に ・ 格段に ・ 中でも ・ 特別に ・ 殊更 ・ なかんずく ・ 殊に ・ チョー ・ すっ飛んだ ・  ・ 絶対 ・ スーパー ・ 全くもって ・ 実際 ・ 誠に ・ 本当に ・ 実に ・ 非常に ・ げに ・ 無下に ・ やたらめったら ・ むやみ ・ 無性に ・ めったやたら ・ やたらと ・ やけに ・ 闇雲 ・ 是非とも ・ 否でも応でも ・ あくまで ・ なんとしても ・ 是が非でも ・ 否応なしに ・ 何が何でも ・ どうあっても ・ めちゃんこ ・ しっちゃかめっちゃか ・ めちゃ ・ ムチャ ・ 滅茶苦茶 ・ 支離滅裂 ・ 無茶苦茶 ・ ハチャメチャ ・ ぐちゃぐちゃ ・ 根っから ・ ひたすら ・ 専ら ・ 偏に ・ 頗る ・ ベラボウ ・ 滅法 ・ 心底 ・ 心から ・ とことん ・ 言いようもなく ・ 言語を絶する ・ 底知れぬ ・ 筆舌に尽くし難い ・ こよなく ・ 思いもよらない ・ この上なく ・ 想像の外 ・ 果てしなく ・ いたく ・ とにかく ・ なんとも ・ 途方もなく ・ とんだ ・ 法外 ・ 途轍もなく ・ 突拍子もなく ・ とんでもなく ・ 甚だ ・ 甚だしく ・ ごっつう ・ 物凄く ・ 凄い ・ すんごく ・ 酷く ・ 凄まじく ・ えらく ・ すっごく ・ 凄く ・ すごーく ・ 突き詰めて ・ ゆっくり ・ 落ち着いて ・ 熟考する ・ 言われるまでもなく ・ 肝に銘じて ・ 痛切に ・ 十分に ・ 噛んで含めるように ・ こんこんと ・ 骨身に染みる ・ 実感する ・ めぐらす ・ こらす ・ 胸に手を当てて ・ 切に ・ 身に染みて ・ 色濃く ・ まじまじと ・ ていねいに ・ 念を入れて ・ 一心に ・ 綿密に ・ しげしげと ・ 省察する ・ 気持ちを集中などしてよく ・ 拙速を避けて ・ 練る ・ 粘り強く ・ 熟慮する ・ 骨身にしみて ・ くれぐれも重々 ・ 強く感じる ・ 心ある ・ 余すところなく ・ よくよくるる ・ しみじみ芯から ・ いまさらながら ・ 返す返す ・ あれこれ ・ 耽る ・ ひしひしと ・ ひどく ・ 強く ・ 芯から ・ 慎重に ・ とっくりと ・ やり遂げる ・ 目的を遂げる ・ 目的を果たす ・ 遣り遂げる ・ 全うする ・  ・ しこなす ・ 仕出かす ・ し遂げる ・ 成し遂げる ・ 既遂 ・ 実行 ・ 達成 ・ 達する ・ 好く
日本語WordNetによる、よくよくの類義語

意義素類語・同義語
非常に大きい程度や範囲まで大いに至って能く能く余っ程ぎょうさんうんとぐっと随分思切り思切ずいぶん少からず万々万万頗る大きに痛もすこぶる余程ドンと大分ずんと思い切りおもいきり大層仰山極極どんと強か極々至りてしたたか世に健か善く善く甚も
強意語として使われる迚も極々はなはだ何ともさんざっぱらとってもとんだ堪らなく思い切りよくよくとっと然許なんとも酷く至っていやにおもいきり極極随分痛も大層世にも思切りやけに大変ひどく転た善く善く甚も然ばかり甚だ然許り思切たいへんずいぶん
強意語として使われる極極堪らなく善く善くやけに迚も至っていやに能く能く何とも極々思切思い切り甚だひどくはなはだ酷く然許甚も世にも大変然許り痛もさんざっぱらとってもたいへんなんとも然ばかりとんだおもいきりとっと思切り大層転たずいぶん随分
極端に船外へ
非常に大きい程度や範囲まで大いに万万ずんと強か思切余程頗るおもいきり大層余っ程極極至りて仰山大きに極々甚も思切りドンと痛もしたたか善く善くすこぶるずいぶん随分健かどんとよくよく万々思い切り至って世に大分うんとぎょうさんぐっと少からず
キーワードをランダムでピックアップ
思春期老妻語順共和下獄少しずつ処理する最高潮罪悪押し戻す明かすどた靴線香花火引き下げ青物野菜攻撃性団子状口当たりのいいしようと考える避けられる生なまの
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. よくよく細かい点まで気を配る
  2. よくよく足りている(十分じゅうぶん
  3. よくよく(未分類)