表示領域を拡大する

思い当たるの類語、関連語、連想される言葉

 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
(失敗の原因について)思い当たる(ふしがある)前にあったことを(懐かしく)思い出す(思い出す)(失敗の原因について)思い当たる(ふしがある)前にあったことを(懐かしく)思い出す(思い出す)  (往時を)追憶(する) ・ 追憶にふける ・ 遡及 ・ (学生時代を)回想(する) ・ (過去を)追懐ついかい(する) ・ (戦争)記念(館) ・ (あの頃を)想う ・ (当時を)振り返る ・ (半生を)顧みる ・ (故人の)(面影を)しの ・ 感慨(にふける) ・ 往時を思う ・ (時間を)巻き戻す ・ ノスタルジー ・ (師の言葉を)反芻はんすう(する) ・ (記憶が)呼び覚まされる ・ 昔に帰る ・ 思い出される ・ (災害の)記憶を新たにする(写真展) ・ (記憶を)まさぐる ・ (故人を)追慕(する) ・ (ふるさとの味を)連想(させる)(みそ汁) ・ 連想(する) ・ 昔懐かしい(ナポリタン) ・ (懐かしく)思い出す ・ 走馬灯のように ・ (記憶を)点検(する) ・ 眼底に再現される ・ 記憶を探る ・ (△昔のこと[亡き母]を)思う ・ (幼いころを)想起(する) ・ (走馬灯のように)去来(する) ・ 過去に立ち返る ・ (当時の様子が)目に浮かぶ ・ (故郷を)恋しがる ・ (記憶を)喚起(する) ・ フラッシュバック(する) ・ 親の意見と冷や酒は後で効く ・ 昨日のことのように(思い出す) ・ (在りし日のことに)こうべを巡らす ・ (学生時代に)思いをはせる ・ (今年のニュースを)総ざらい(する) ・ 脳裏に浮かぶ ・ (面影がまぶたに)浮かぶ ・ (ふるさとの情景が)思い浮かぶ ・ 思い浮かべる ・ (走馬灯のように)浮かんでは消える ・ (記憶の)糸をたぐる ・ (いろいろと)思い合わせる(と彼女の行動も理解できる) ・ (記憶を)繰る ・ 記憶が蘇る ・ (過去の出来事を)思い返す ・ (今年の音楽シーンを)総決算(する) ・ (学生時代を)懐古(する) ・ 思い起こす ・ (母の言葉が)(頭を)よぎる ・ 一顧いっこ(だにしない) ・ (あの頃が)思い返される ・ (過去を)思う ・ (過去に)遡る ・ (往時を)懐かしむ ・ (故人を)追想(する) ・ (全盛期を)彷彿とさせる(プレイ) ・ 自伝 ・ (忘れていたことを)思いつく ・ (匂いによって)(記憶が)呼び起こされる ・ (往時を)回顧(する) ・ (古い記憶を)呼び起こす ・ (記憶が)胸をかすめる ・ 記憶をたどる ・ 懐旧(の情) ・ 昔はよかった ・ (振る舞いを)思い返す ・ 心付く ・ (自身の)心の中をのぞき込む ・ (学生時代を)思い起こす ・ 自己分析 ・ (ある考えが)脳裏をかすめる ・ (自らを)省みる ・ (わが身を)顧みる ・ 思い出を美化する ・ (初恋の人というと)意識にのぼる(のは彼女だ) ・ (殺意が)芽生える ・ (不安が)忍び込む ・ (わが身を)三省さんせい(する) ・  ・ (誤りに)気付く ・ 石碑 ・ 気が向く ・ ふと思う ・ 記念碑 ・ 振り返ってよく考える ・ 現れる ・ 姿を現す ・ 想起(される) ・ (過去を)内省(する) ・ 後世に伝える ・ 内観(する) ・ (不安が頭の隅を)よぎる ・ いしぶみ ・ 自己診断(する) ・ (自分自身に)目を向ける ・ モニュメント ・ 自照 ・ 胸に手を当てて考える ・ (スイスというとアルプスを)連想する ・ (自らの)心の声に耳を傾ける ・ はたと思う ・ (詩の一節が)胸に浮かぶ ・ (ふとした疑念が)頭をもたげる ・ 心が動く ・ (自らを)省察せいさつ(する) ・ (自分の行いを)振り返る ・ 思い浮かぶ ・ 昨日のことのように ・ いまさらながら ・ 実感(する) ・ 生々しい(記憶) ・ 手に取るように(思い出す) ・ 生き生き(と)(△蘇る[描き出す]) ・ (青春)グラフィティ ・ (青春の)一ページ ・ 返す返す(残念なことだ) ・ (自らの)過去 ・ 鮮やか(に思い出す) ・ 改めて(思い知る) ・ 記念(の品) ・ つくづく(感じる) ・ 武勇伝 ・ 記録的(な体験) ・ イメージ ・ 鮮明に(思い出される) ・ ありあり(と)(△覚えている[目に浮かぶ]) ・ 苦労話 ・ 苦心談 ・ (悲しい)記憶 ・ (母の)面影 ・ 懐旧(談) ・ 記憶 ・ (災害現場を)目の当たり(にする) ・ (決定的な)(一瞬を)切り取った(写真) ・ やはり(あれは正しかった) ・ くっきり(と)(浮かび上がる) ・ 衝撃的(な出来事) ・ まざまざと(思い出す) ・ トラウマ ・ 忘れられない ・ いまさらのように(思い出す) ・ しみじみ(思う) ・ 明瞭(に)(記憶する) ・ 思い出 ・ (心にある)原風景 ・ はっきり(と)(覚えている) ・ 経験 ・ 強烈(な体験) ・ 鮮烈(△な印象[に覚えている]) ・ (時が)流れる ・ (いつまでも)忘れない ・ (明治は)遠くなりにけり ・ (ずっと)前 ・ (JRの)前身(は国鉄) ・ 先(日) ・ (忠告を)(胸に)畳み込む ・ 最古(の人類) ・ 最古級(の建造物) ・ 日が経っている ・ 記銘(力) ・ 終ぞ ・ 昔日せきじつ(の面影) ・ 牢記 ・ りし日(の祖父の思い出) ・ 旧時 ・ (脳裏に)刻み込む ・ 銘記(する) ・ 過ぎた昔 ・ 従前(より) ・ あの時(は死ぬかと思った) ・ 往年(の名選手) ・ 当時(の流行歌) ・ すでに終わったできごと ・ 一時(はだめかと思った) ・ ひと時(は大変景気がよかった) ・ 一時期(はやった歌) ・ ひと頃(栄えた町) ・ 昔々 ・ (終身雇用も)今は昔 ・ (過ぎ去った)昔 ・ 大昔 ・ いにしえ ・ (顔に)覚え(がある) ・ 一昨々 ・ これまで(の道のり) ・ 既往 ・ 去んぬる ・ 思い出せる ・ (この道は)いつか(来た道) ・ いつだったか ・ いつぞや ・ かつて ・ 去る(三日の朝) ・ ぐる(十五日) ・ ぐる日 ・ 一昔前 ・ かた(を振り返る) ・ つとに ・ 既に ・ 往古 ・ 時分 ・ とっく ・ 頭に入れる ・ (情報を)(頭に)叩き込む ・ 早くから ・ (目に)焼き付ける ・ ある日 ・ その昔 ・ 元(は)(野原だった) ・ (心に)銘じる ・ (単語を)覚える ・ 覚えている ・ 見知り置く ・ 一度(見たことがある) ・ (節電を)心がける ・ ひと昔(前) ・ 一時代前 ・ 経過 ・ (戒めを)服膺ふくよう(する) ・ 過ぎし日 ・ 過ぎ去る ・ 過ぎ去った(△日々[時]) ・ (思い出を)心にしまう ・ 胸の奥にしまい込む ・ 先刻 ・ 物覚え(がいい) ・ 古くから ・ (頭から)離れない ・ 一昨(年) ・  ・ 古き良き時代 ・ とうから ・ 以前(に) ・ 記憶(する) ・ 過去 ・ 心覚え(△する[がある]) ・ 心にとどめる ・ 記憶にとどめる ・ (心に)しる ・ (プロジェクトを成功させたという)前例(がある) ・ 近古 ・ 近過去 ・ 昨日(の人) ・ (胸に)刻む ・ 心に刻む ・ 古い(時代) ・ (胸に)刻みつける ・ 肝に銘じる ・ 心に焼き付ける ・ (知識を)インプット(する) ・ 往時(を追想する) ・ とうに ・  ・ (心に)刻印(された戦争体験) ・ 神話時代 ・ 神代の昔 ・ そのかみ
思い当たる(ところがある) 心にこれと思い当たることがある(心当たり)思い当たる(ところがある) 心にこれと思い当たることがある(心当たり)  思い半ばに過ぎる ・ (写真を見て)ピンとくる ・ (犯人の)見当(がつく) ・ (瞬間的に)思い出す ・ 思い当たるふしがある ・ 心当たり(がある) ・ 連想(する) ・ (忘れていたことを)思いつく ・ (ホシが)浮かぶ ・ 親の意見と冷や酒は後で効く ・ 見通し ・ 期待感 ・ 予想(がつかない) ・ 思惑(が外れる) ・ (将来を)意識(する) ・ 見込み ・ (鮮明な)到達点 ・ (将来の)当て ・ (明確な)目的 ・ あてど(なくさまよう) ・ 見当 ・ 目算 ・ 目標(を失う) ・ 必然的(な結果) ・ (行く末を)にらむ ・ 見通し△をつける[立てる] ・ 長期的視野(を持つ) ・ (千人集まると)見なして(会場を押さえる) ・ (運命からは)逃れられない ・ (流行を)先取り(した)(デザイン) ・ 多分(帰りが遅くなる) ・ 先を読んで(計画) ・ (合格するのは)確実だろう ・ だろう ・ 火を見るより(も)明らか ・ (渋滞を)勘定(に入れて)(行動する) ・ (もはや)決まり ・ (彼は断るに)相違ない ・ 約束された(未来) ・ (先ざきを)見通す ・ 回避できない ・ 必ずそうなる ・ あながち ・ (今後を)分析(する) ・ (今後の行方を占う)試金石(となる) ・ 必ずしも ・ 先を見据える ・ (危険性を)思い設ける ・ (計画に)狂いはない ・ (当選)確実 ・ 読み(が深い) ・ (△先行き[行動]を)読む ・ (生き物は死ぬ)宿命(にある) ・ 宿命的(な縁) ・ (未来を)遠望(する) ・ (次のような)計算(が働く) ・ (外注でコストを削減できると)計算(する) ・ (結婚を)前提とした(お付き合い) ・ 必定 ・ (将来を)見越して(計画する) ・ 備えあれば憂いなし ・ (当選は)堅い ・ (まずい結果になるのは)確か ・ 動かせない ・ (~するに)違いない ・ 転ばぬ先の杖 ・ 未来を描く ・ きっと(~だろう) ・ (先行きを)シミュレーション(する) ・ (先行きを)判断(する) ・ 遠くを見る ・ (景気後退は)不可避 ・ 先回り(する) ・ 当て ・ (将来の成長性を)織り込んだ(株価) ・ (利上げは)織り込み済み ・ 必ず ・ (はるかな)先を見る ・ (結果を前もって)推し量る ・ 予期 ・ (彼女に静養が必要なのは)必然 ・ (おおよその)見当(をつける) ・ (明日は晴れの)見込み ・ 布石を打つ ・ 推して知るべし ・ 目鼻がつく ・ 目鼻をつける ・ 確定的 ・ 推測(する) ・ 予断(を許さない) ・ 思惑 ・ (失敗するのは)目に見えている ・ 将来に思いを巡らす ・ 決まりきっている ・ (△売り切れ[解散は])必至 ・ 必ずや ・ 予想(する) ・ (勝利は)決定的 ・ (グローバル化の)(流れは)動かしがたい ・ 想定(する) ・ 恐らく(雨が降るだろう) ・ (方針が)固まる ・ 見通し(が△つく[立つ]) ・ (将来を)展望(する) ・ (行く末を)見渡す ・ 予測(する) ・ (見積もり額を)算出(する) ・ (社会情勢の変化を)加味して(算出) ・ (年金を)当てにした(資産形成) ・ (渋滞を)計算に入れて(行動) ・ (損失を)見込む ・ 予定(する) ・ (日本経済の)(今後を)占う ・ 逆睹 ・  ・ 見定める ・ 目先 ・ 看破 ・ 洞見 ・ 見抜く ・ (物事の)(本質を)洞察(する) ・ 見て取る ・ 山が見える ・ 見破る ・ すぐれた観察力 ・ 見え透く ・ 核心をつく ・ (△真相[正体]を)見極める ・ 達観 ・ 看取 ・ 予見 ・ 見透かす ・ 見受ける ・ 見通す ・ 幽霊の正体見たり枯れ尾花 ・ 先見
思い当たる思い浮かぶ思い当たる思い浮かぶ  脳裏に浮かぶ ・ 頭をもたげる ・ (故郷の景色が)目に浮かぶ ・ 胸の内に現れる ・ (意識に)のぼる ・ 思い描く(全盛期を)彷彿(とさせる)(プレー) ・ 気付く ・ (教訓を)思い出す ・ (間違いに)気がつく ・ 思い至る ・ (恩師の教えを)思い返す ・ 意識する ・ (アイデアが)ひらめく ・ ひらめく ・ 神様が降りてくる ・ ぱんと生まれる ・ 気がつく ・ (脳裏を)去来(する) ・ 思い出す ・ 想起される ・ 像を結ぶ ・ (思い)浮かぶ ・ (目を閉じると様々な出来事が)思い返される ・ 思いつく ・ ふと思う ・ (おかしいのではないかと)思わないでもなかった ・ (△脳裏を[思いが])かすめる ・ 頭をかすめる ・ (母の言葉が)(頭を)よぎる ・ 一抹の不安を感じる ・ ちらっと(思う) ・ (ふと)思い直す ・ 心が動く ・ 案出(する) ・ (新しい案を)思いつく ・ (いい)思いつき(が浮かぶ) ・ (△成功事例[料理の写真]から)アイデアを得る ・ 編み出す ・ (詩的な文が)紡ぎ出される ・ (それはいい)才覚(だ) ・ 思い浮かぶ ・ 捻出 ・ (壮大な計画を)考えつく ・ (詩の一節が)胸に浮かぶ ・ (殺意が)芽生える ・ ひねり出す ・ 気付き ・ 新案 ・ イメージが膨らむ ・ (初恋の人というと)意識にのぼる(のは彼女だ) ・ 着意 ・ (ある仮説に)思い至る ・ (~という)考えを得る ・ (学生時代を)思い起こす ・ たくむ ・ 着想を得る ・ (思わず)ひざを打つ ・ (すばらしい計画を)発意(する) ・ 想起(される) ・ 天啓を得る ・ (イメージが)思い描かれる ・ はたと思う ・ そうだ(京都へ行こう) ・ 趣向 ・ (ひとつの仮説に)行き当たる ・ (アイデアが)転がり出る ・ (アイデア)が生み出される ・ (面白い)アイデアが沸く ・ 心付く ・ (アイデアが)思い浮かぶ ・ 気が向く ・ 思い立って(出かける) ・ (デザインを)考案(する) ・ 奇想 ・ (うまい)考え(が浮かぶ) ・ 想起(する) ・ (ふとした疑念が)頭をもたげる ・ (不安が)忍び込む ・ (アイデアが)(頭に)浮かぶ ・ (ある考えが)脳裏をかすめる ・  ・ (メロディーが)天から降ってくる ・ (ヒントが)浮かぶ ・ 案じる ・ (スイスというとアルプスを)連想する ・ 発案(する) ・ インスピレーション(を得る) ・ (不安が頭の隅を)よぎる ・ 想到 ・ (名案が)ひらめく ・ イメージが湧く ・ 考え出す ・ 現れる ・ 姿を現す ・ (誤りに)気付く
(言われてみれば)思い当たる(ふしがある)なるほどそうかと気がつく(言われてみれば)思い当たる(ふしがある)なるほどそうかと気がつく  (母の言葉が)(頭を)よぎる ・ なるほど ・ そうか ・ 気付く ・ (恩師の教えを)思い返す ・ (なるほどそうかと)気がつく ・ (先人の教えを)噛みしめる ・ 悟る ・ (自分の愚さに)思い至る ・ (教訓を)思い出す ・ (思いが)至る ・ 親の意見と冷や酒は後で効く
もしかしてログインすると表示されますもしかしてログインすると表示されます
思い当たる(未分類)思い当たる(未分類)  閃く ・ 着想 ・ 思い当たる ・ ピンとくる ・ 天啓 ・ アイデア ・ 思い及ぶ ・ 心に及ぶ ・ 頭を掠める ・ ぴんと来る ・ 胸に当たる ・ 思い付く ・ 嗅ぎ当てる ・ 感付く ・ 勘付く ・ 気が付く ・ 気取る ・ 感知する ・ 嗅ぎ分ける ・ 感じ取る ・ 推し当て ・ 思い当て ・ 考える ・ ユーレカ ・ 横手を打つ ・ 膝を叩く ・ 指を鳴らす ・ 直観する ・ はっとする ・ 休まらない気がつく ・ 気が向くまま ・ 考えが及ぶ ・ 着眼する ・ 感情が芽生える ・ 見いだす ・ アイデアが湧く ・ アイデアが降りてくる ・ 感情が沸く ・ ~であることに気付く ・ 舞台装置 ・ 策略 ・ 道具だて ・ 仕掛け ・ 巧み ・ 仕立て ・ 道具立て ・ 手はず ・ 背景 ・ プラン ・ 新技術 ・ だます ・ ヒント ・ 計略 ・ 絵柄 ・ 伏線 ・ トータルデザイン ・ 計画 ・ 設計 ・ 設計思想 ・  ・ 構想 ・ 見取り図 ・ 術策 ・ 工夫 ・ しつらえ ・ 事前準備 ・ マジック ・ 手口 ・ 技法 ・ 観客の意識をそらす ・  ・  ・ 思想 ・ せりを利用した演出 ・ 姿 ・ 目くらまし ・ 陽動作戦 ・ フォーマット ・ 画期的な ・ テクニック ・ 企画する ・ グランドデザイン ・ 構成 ・ 大道具 ・ ハイテク化 ・ 価値の創造 ・ 革新的手法 ・  ・ モチーフに ・ 技術革新 ・ 新式 ・ 発明 ・ 革新 ・ 新機軸 ・ イノベーション ・ 進歩 ・ 合理化 ・ てこ ・ 目覚しい向上 ・ ~によって喚起される ・ 暗示を受ける ・ 曙光がさす ・ 想を得る ・ 察する ・ 直感的に ・ 連想されるピンとくる ・ 直感する ・ 見逃さない ・ カンが働く ・ 確認する ・ 過去の情景が思い浮かぶ ・ 考証する ・ 不鮮明な記憶をたどる ・ 旧懐を覚える ・ たどる ・ 評価をおこなう ・ 実証的 ・ 跡付ける ・ 旧交を温める ・ 懐かしく思う ・ 調査する ・ 想起させる ・ 歴史を紐解く ・ 思い出に浸る ・ 検証する ・ 足あとをたどる ・ 旅して回る ・ 行き着く ・ 突き当たる ・ たどり着く ・ 直面する ・ 遭遇する ・ 伝わる ・ ぶつかる ・ 漂着する ・ 行き渡る ・ 伝来 ・ 出合う ・ 元気づけられる ・ 勇気づけられる ・ 降りてくる ・ 着想する ・ 勇気がもりもり ・ 経験から思い浮かべる ・ 自覚する ・ 覚醒する ・ はたと気がつく ・ 思いいたる ・ 気もそぞろ ・ ~をふと覚える ・ 思いが及ぶ ・ わき出る ・ ~であることに思い当たる ・ コロンブスの卵 ・ 着目する ・ 思いつく思い当たる ・ 目をくらます ・ 魔術 ・ 手段 ・ からくり ・ 裏技 ・ 巧妙なやり口 ・ 仕組み ・ 舞台回し ・ タネ ・ 演出 ・ 仕込み ・ 意志 ・ はめる ・ いんちき ・ コンセプト ・ たくらみ ・ 屋台崩し ・ 形象化 ・ 用意 ・ 立案 ・ 小道具 ・ 青写真 ・ 発想 ・ アート ・ 意匠 ・ 段取り ・ 見せかけ ・ 将来ビジョン ・ マスタープラン ・ 欺瞞 ・ ごまかし ・ トリック ・ 大わざ ・ 装置 ・ 術中 ・ だまし ・ デザイン ・ 悪だくみ ・ 欺き ・ ごまかす ・ ブレイクスルー ・ 新しいやり方 ・ 新手口 ・ 飛躍的発展 ・ 新奇な ・ 近代化 ・ 奥の手 ・ 新工夫 ・ 独創的な ・ ヒントを得る ・ モチーフにした作品 ・ 察知する ・ 感じる ・ 予感がする ・ つかむ ・ 感づく ・ 引っ掛かる ・ 懐かしいと思う ・ 点検する ・ 過去を振り返る ・ 郷愁を感じる ・ 往時を偲ぶ ・ 故郷を偲ぶ ・ 父母を思う ・ 変遷をたどる ・ 軌跡をたどる ・ 確かめる ・ 温故 ・ 追跡調査する ・ 記憶をまさぐる ・ 懐かしがる ・ 昔を振り返る ・ 捜査を重ねる ・ 訪ねて回る ・ 跡をたどる ・ ~が頭の隅をよぎる ・ 追憶に浸る ・ 旧友と歓談する ・ 過ぎし日を振り返る ・ 行き合う出合う ・ 達する ・ 到達する ・ 及ぶ ・ 到着する ・ 舶来 ・ 行き合う ・ 着く ・ のぼり詰める ・ 出る ・ みなぎる ・ 励まされて ・ 勇気凛々勇気百倍 ・ 沸き上がる ・ 沸く ・ 奮い立つ ・ あて ・ 心あたり ・ 思い当る ・ 目星 ・ 目あて ・ 目当て ・ お目当て ・ 気づく ・ 心当り ・ 当たり ・ ため ・ 思い寄る ・ 心に思い浮かべる ・ なるほどと気づく
キーワードをランダムでピックアップ
黄濁言葉の意味をくみとろうとする覚める新刀ときめき微調整血をたぎらせる不審者と思われる水中を進む片手間に初期不良高度な難聴言葉を交えるそこが評価の分かれ目になるチープなデザイン理論的に追い詰められるその道では達者末恐ろしい新人わいろを握らせる勇気を奮って突き進む
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 6