表示領域を拡大する
早くからの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
早くから過去早くから過去   ・ 古くから ・ とうに ・ 既に ・ すでに終わったできごと ・ 最古(の人類) ・ 最古級(の建造物) ・ その昔 ・ 先(日) ・  ・ 過去 ・ 去る ・ 一度(見たことがある) ・ 一昨々 ・ 在りし日 ・ 以前(に) ・ 既往 ・ 一昨 ・ (ずっと)前 ・ つとに ・ ある日 ・ とうから ・ とっく ・ 昔日(の面影はない) ・ 近古 ・ 往時 ・ 先刻 ・ 経過 ・ 旧時 ・ 日が経っている ・ 来し方 ・ 一時(はだめかと思った) ・ ひと時(は大変景気がよかった) ・ 一時期(はやった歌) ・ ひと頃(栄えた町) ・ 去んぬる ・ 終ぞ ・ 時分 ・ あの時(は死ぬかと思った) ・ いにしえ ・ 当時 ・ 往年 ・ 元(は)(野原だった) ・ 其の上 ・ 昔々 ・ 今は昔 ・ 過ぎ去る ・ 過ぎ去った(△日々[時]) ・ 過ぐる ・ (時が)流れる ・ 一昔(前) ・ 一時代前 ・ (この道は)いつか(来た道) ・ いつだったか ・ いつぞや ・ かつて ・ 往古 ・ 従前(より) ・ (過ぎ去った)昔 ・ 大昔 ・ 神話時代 ・ 神代の昔 ・ 去年の春 ・ 昨春 ・ 昨夏 ・ 昨年の夏 ・ 昨秋 ・ 去秋 ・ 昨年の秋 ・ 去年の秋 ・ 昨冬 ・ 去年の冬 ・ 旧冬 ・ 去年 ・ 前年 ・ 一昨年 ・ 行く年 ・ 一昨昨年 ・ 昨年 ・ 旧年 ・ 先年 ・ 客年 ・ 先月 ・ 前月 ・ 前の月 ・ 去月 ・ 後月 ・ 客月 ・ 先週 ・ 前週 ・ 先々(周) ・ 昨日 ・ 一昨日 ・ 先日 ・ 過日 ・ 前日 ・ 一昨昨日 ・ 他生 ・ 三世 ・ 過去生 ・ 前生 ・ 過去世 ・ 前世 ・ 宿世 ・ 空き家 ・ 旧宅 ・ 旧居 ・ 古巣 ・ もぬけの殻 ・ 古いいわ ・ いわれ(がある) ・ (民間)伝承 ・ 口承(文学) ・ 俗伝 ・ 訛伝 ・ (その土地にまつわる)言い伝え ・ 物語 ・ 伝説 ・ 怪談 ・ 昔語り ・ 虚伝 ・ 神話 ・ 今に伝わる(英雄譚) ・ 民話 ・ 故事.古言 ・ 古言こげん ・ 所伝 ・ 口碑 ・ 史実 ・  ・ 歴史 ・ 史話 ・ 昔話 ・ 俗言 ・ 迷信 ・ 古風 ・ スタイル ・ やり方 ・ 視野が狭い ・ 素朴(な△人柄[考え]) ・ 時代遅れ ・ 昔風 ・ 奥ゆかしい ・ とっくに ・ そもそも ・ (その時より)前 ・ (お)先に ・ 前々 ・ 前々(から) ・ かねて ・ 練習 ・ まず ・ 前回 ・ 以前 ・ 先代 ・ 前代 ・ 上古 ・ 先史 ・ 文字が発明される前の時代 ・ 太古 ・ 上代 ・ 原始 ・ 千古 ・ 古代 ・ ずっと以前 ・ 上世 ・ 知る人も少ない ・ 万古 ・ 遠い過去 ・ 多年 ・ 長年 ・ 以前から今まで ・ 旧来 ・ 古往今来 ・ 元来 ・ これまで ・ もともと ・ 在来 ・ 大体 ・ 年来 ・ 有史以来 ・ 今まで ・ もとより ・ 先般来 ・ 従来 ・ 従前 ・ 一体(に)(丈夫な体ではなかった) ・ 全体 ・ 根っから ・ 由来 ・ 本来 ・ 古来 ・ ただいま ・ 先頃 ・ せんだって ・ さっき ・ この頃 ・ 先度 ・ 先般 ・ 今し方 ・ この所 ・ 今日この頃 ・ 最近 ・ ほんの少し前 ・ 過般 ・ 近頃 ・ 近時 ・ 昨今 ・ 最前 ・ 先程 ・ この節 ・ 例の(件だが) ・ 昨日今日 ・ この程 ・ 近来 ・ たった今 ・ 輓近 ・ この間 ・ 中古 ・ 南北朝時代 ・ 鎌倉時代 ・ 中世 ・ 室町時代 ・ 近世 ・ 江戸時代 ・ 安土桃山時代 ・ 戦国時代 ・ 幕末 ・ 明治(時代) ・ 大正(時代) ・ 近代 ・ 昭和(時代) ・ 古傷 ・ 原罪 ・ 過去の過ち ・ 前科 ・ (過去の)悪行 ・ 過去(を清算する) ・ いわく(付き)(の女) ・ 往事 ・ 原名 ・ 旧名 ・ 旧称 ・ 旧姓 ・ こうべを巡らす ・ (記憶を)呼び起こす ・ 遡及 ・ 思い出される ・ 思い出 ・ 一顧 ・ 回想 ・ 過去に立ち返る ・ (当時を)振り返る ・ (記憶の)糸をたぐる ・ 想起 ・ (全盛期を)彷彿とさせる(プレイ) ・ 思い出す ・ 思い当たる ・ 回顧 ・ 記憶が蘇る ・ 走馬灯のように ・ (過去に)遡る ・ 追懐 ・ (半生を)顧みる ・ 思い起こす ・ 後顧 ・ 記念(写真) ・ 思い返す ・ (注意)喚起 ・ (忘れていたことを)思いつく ・ 追憶 ・ 追想 ・ 思い浮かべる ・ (面影がまぶたに)浮かぶ ・ 前非 ・ 積悪 ・ (日本の抱える)黒歴史 ・ 旧悪 ・ 先非 ・ 宿悪 ・ すねに傷を持つ ・ かつての姿 ・ ビフォア ・ 以前の状態 ・ 古巣(に戻る) ・ 本来(の力が出せない) ・ 元のさや(に収まる) ・ 旧制 ・ 遺制 ・ 古(時計) ・ 古色 ・ 常套 ・ がたがた ・ おんぼろ ・ 代々伝わる ・ かび臭い ・ かびの生えた(ような)(古い話) ・ 文明的でない ・ 古臭い ・ よれよれ ・ 古びている ・ お決まり ・ 古い ・ 古めかしい ・ 時代後れ ・  ・ 洗練されていない ・ 大げさ ・ マンネリ ・ マンネリズム ・ ぼろ ・ 過ぎ去りつつある ・ ひね ・ 大時代 ・ 干からびた(内容) ・ 陳腐 ・ 陳套 ・ 二番煎じ ・ 時代 ・ 蒼然 ・ 古流(の生け花) ・ 古式(のマッサージ) ・ ぼろぼろ ・ がた ・ 時代錯誤 ・ 旧式 ・ お定まり ・ 古くさい ・ 刻む ・ (年を)越す ・ 時が過ぎていく ・ (季節が)移ろう ・ (時が) ・ 年月を重ねる ・ けみする ・ 散る(花) ・ 月を重ねる ・ 過ごす ・ 時の流れ ・ 時間を重ねる ・ 過ぎ行く ・ 行く(年来る年) ・ (季節の)移ろい ・ 週を重ねる ・ (時間が)推移(する) ・ 推移 ・ 時が変わる ・ (季節が)移り変わる ・ 時間の移動 ・ 地球は回る ・ (時を)移す ・ 行く(春) ・ 季節が巡る ・ 日を重ねる ・ (時間の)経過 ・ (秋が)暮れる ・ (時代の)流れ ・ (日々を)送る ・ (年月を) ・ (幾星霜を)経て(今日に至る) ・ る(年月) ・ 年を重ねる ・ (時代が)移る ・ (△時間[季節]が)過ぎる ・ (時間が)経過(する) ・ 後頭部 ・ 後任 ・  ・  ・ 後ろ姿 ・ 尻っぽ ・ 後部 ・  ・ 跡継ぎ ・ 後方 ・ 後ろ手 ・ (物語の)後段 ・ 背部 ・ (車両の)後寄り(に扉がある) ・ バック(サイド) ・ 背中(の部分) ・ (ゴルフの)イン(コース) ・ 後ろ(の部分) ・ 裏手 ・ 真裏 ・ (扉の)向こう側 ・ (峠を)越えた先 ・ (物の)陰(から~) ・ 物陰 ・ 背後 ・ 後背 ・ (港の)後背地 ・ 後ろ側 ・ 終局 ・ 背面 ・ (親友に)後事(を託す) ・ 終盤(戦) ・  ・ 後継者 ・ 今昔 ・ 古今
早くから過去から現在に至るまで状態が引き続いている早くから過去から現在に至るまで状態が引き続いている  以前から ・ 旧来より ・ もとより ・ もとから ・ もともと ・ 在来(線) ・ 前から ・ 前々から ・ 従来から ・ 昔から ・ かねがね ・ (ある時より前から)ずっと ・ 元来 ・ かねてから ・ かねてより ・ かねて ・ つとに(名高い) ・ 今まで(の間) ・ 最前から ・ 最前より ・ 常々 ・ 宿志 ・ 素志 ・ 本懐 ・ 悲願 ・ 本望 ・ 宿意 ・ 念願 ・ 本願 ・ 宿望 ・ 素懐 ・ 翹望 ・ 宿願 ・ 遥か ・ 長期間 ・ 長い間 ・ ずっと ・ 長たらしい ・ 久しい ・ 長い ・ ロング ・ 長時間 ・ 安定 ・ 長期 ・ 遠い ・ 終身(刑) ・ 長い時間 ・ 隔世 ・ 長い期間 ・ 長らく(お待たせしました) ・ 長々と ・ 長の ・ 絶えず ・ 寝ても覚めても ・ 恒常 ・ 毎回 ・ 毎日 ・ 日々 ・  ・ 常に ・ いつでも ・ 連続した ・ 時無し ・ 毎年 ・ 昼夜 ・ 夜昼 ・ いつも ・ 日常(用いる道具) ・ 日常的(に) ・ ぶっ通し(で) ・ 平生 ・ 連日連夜 ・ 一年中 ・ 通年(営業) ・ 起き伏し ・ 旦夕 ・ 常住 ・ 始終 ・ 年百年中 ・ 毎度 ・ 毎々 ・ どんな時にも ・ 間断なく ・ (お噂は)かねがね(伺っている) ・ 相変わらず ・ 朝晩 ・ 絶え間なく ・ 普段(テレビはあまり見ない) ・ 常時 ・ 毎次 ・ 日夜 ・ 朝に晩に ・ 休みなく ・ 片時も(忘れない) ・ 時(を)分かたず ・ 欠かさず ・ 不断 ・ 朝夕あさゆう ・ 朝夕ちょうせき ・ (部活)漬け(の生活) ・ 随時 ・ 年中 ・ 万年(補欠) ・ 常住坐臥 ・ いっときも(離さない) ・ 日頃 ・ 朝な夕な ・ 年がら年中 ・ しょっちゅう ・ 経常 ・ 常日頃(主張している) ・ 明け暮れ ・ 明けても暮れても ・ 平素 ・ 通常 ・ 折に触れて(くり返される) ・ まず ・ (お)先に ・ つとに ・ 練習 ・ 前々 ・ 前回 ・ (その時より)前 ・ 前々(から) ・ 以前 ・ そもそも ・ とっくに ・ とうに
早くから(未分類)早くから(未分類)  とっくの昔に ・ 疾うに ・ 早くに ・ 早くから ・ ずっと前に ・ すっかり ・ 以上 ・ 今までに ・ 初めから ・ 今迄 ・ 以前より ・ これ迄 ・ いままで ・ これまでに
キーワードをランダムでピックアップ
死に物狂い危険が迫る暗然刺し違える思い違い下ごしらえ巻き寿司きしみ飾り師絶えない怪物的な不足が出る当てのない人生たじたじとさせる出口を求めてあがく夕方に吹く風小さい音胸の内に留めておく大ジョッキを空ける主張のよりどころ
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. 早くから過去
  2. 早くから過去から現在に至るまで状態が引き続いている
  3. 早くから(未分類)