表示領域を拡大する

一度(見たことがある)の類語、関連語、連想される言葉

 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
一度(見たことがある)過去一度(見たことがある)過去  ベルエポック ・ 先(日) ・ (JRの)前身(は国鉄) ・ 古い(時代) ・ 去んぬる ・  ・ 時分 ・ 近古 ・ 近過去 ・ 昨日(の人) ・ 過去 ・ 去る(三日の朝) ・ ぐる(十五日) ・ ぐる日 ・ とっく ・ 神話時代 ・ 神代の昔 ・ つとに ・ 盛時(の面影) ・ 古くから ・  ・ りし日(の祖父の思い出) ・ (~という)いきさつ(がある) ・ (この道は)いつか(来た道) ・ いつだったか ・ いつぞや ・ かつて ・ 過ぎた昔 ・ 既往 ・ 従前(より) ・ 過ぎし日 ・ 過ぎ去る ・ 過ぎ去った(△日々[時]) ・ (明治は)遠くなりにけり ・ ひと昔(前) ・ 一時代前 ・ 一昨々 ・ (ずっと)前 ・ 往時(を追想する) ・ その昔 ・ 旧式(な考え) ・ (時が)流れる ・ かた(を振り返る) ・ 古き良き時代 ・ 旧時 ・ とうに ・ 当時(の流行歌) ・ いにしえ ・ 一時(はだめかと思った) ・ ひと時(は大変景気がよかった) ・ 一時期(はやった歌) ・ ひと頃(栄えた町) ・ 日が経っている ・ 往年(の名選手) ・ あの時(は死ぬかと思った) ・ 既に ・ 終ぞ ・ 経過 ・ 一昔前 ・ そのかみ ・ 以前(に) ・ 事情(を打ち明ける) ・ すでに終わったできごと ・ 最古(の人類) ・ 最古級(の建造物) ・ (過ぎ去った)昔 ・ 大昔 ・ 一昨(年) ・ 昔日せきじつ(の面影) ・ (事件の)背景 ・ 元(は)(野原だった) ・ 先刻 ・ 昔々 ・ (終身雇用も)今は昔 ・ 往古 ・ 経験(を積む) ・ とうから ・ これまで(の道のり) ・ 早くから ・ (プロジェクトを成功させたという)前例(がある) ・ ある日 ・ 昨今 ・ 昨日 ・ 遡及 ・ 近代 ・ 過去生 ・ もぬけの殻 ・ これまで ・ 往時を思う ・ 宿世 ・ 先程 ・ 先日 ・ 原罪 ・ 上世 ・ 多年 ・ 先頃 ・ (半生を)顧みる ・ 先般来 ・ 視野が狭い ・ (ふるさとの味を)連想(させる)(みそ汁) ・  ・ 昨年の夏 ・ 歴史 ・ 根っから ・ (記憶を)繰る ・ 古風 ・ (走馬灯のように)去来(する) ・ 後ろ向き(の思考) ・ 原名 ・ 明治(時代) ・ (その土地にまつわる)言い伝え ・ 鎌倉時代 ・ 古事記 ・ 前生 ・ 年来 ・ 前日 ・ 江戸時代 ・ 昨秋 ・ 在来 ・ 去月 ・ 所伝 ・ 今に伝わる(英雄譚) ・ 有史以来 ・ 大河ドラマ ・ 文字が発明される前の時代 ・ ビフォア ・ 原始 ・ 旧居 ・ そもそも ・ 古来 ・ 旧来 ・ (忘れていたことを)思いつく ・ せんだって ・ 過去(を清算する) ・ 思い起こす ・ 古言 ・ 客月 ・ 先非 ・ 旧年 ・ 過去の過ち ・ 先週 ・ 最前 ・ (あの頃が)思い返される ・ 寺伝 ・ おとぎ話 ・ 近時 ・ ほんの少し前 ・ 上古 ・ 去年の冬 ・ 先月 ・ 宗教(画) ・ (故人を)追想(する) ・ (災害の)記憶を新たにする(写真展) ・ (往時を)回顧(する) ・ 記憶をたどる ・ 元来 ・ (記憶が)呼び覚まされる ・ 一昨昨日いっさくさくじつ ・ 三日前 ・ さきおととい ・ この所 ・ (今年の音楽シーンを)総決算(する) ・ (学生時代を)回想(する) ・ 先史 ・ 安土桃山時代 ・ (△昔のこと[亡き母]を)思う ・ この頃 ・ 口碑 ・ 旧称 ・ 前々(から) ・ 親の意見と冷や酒は後で効く ・ 脳裏に浮かぶ ・ 昔話 ・ 輓近 ・ (師の言葉を)反芻はんすう(する) ・ (過去の)悪行 ・ (学生時代を)懐古(する) ・ 先々(周) ・ 古いいわ ・ いわれ(がある) ・ 去年の秋 ・ 訛伝 ・ 長年 ・ 先代 ・ 三世 ・ 古言こげん ・ 近来 ・ 万古 ・ 時代遅れ ・ 太古 ・ 古巣(に戻る) ・ すねに傷を持つ ・ 思い出される ・ (当時を)振り返る ・ 過般 ・ (お)先に ・ (あの頃を)想う ・ さっき ・ 去秋 ・ 最近 ・ 旧名 ・ 大正(時代) ・ 今し方 ・ (過去に)遡る ・ (戦争)記念(館) ・ (その時より)前 ・ ただいま ・ 昨春 ・ (幼いころを)想起(する) ・ 他生 ・ 遠い過去 ・ 古代 ・ 前科 ・ 行く年 ・ 一体(に)(丈夫な体ではなかった) ・ 先般 ・ 本来(の力が出せない) ・ 旧冬 ・ (いろいろと)思い合わせる(と彼女の行動も理解できる) ・ 知る人も少ない ・ 近頃 ・ 元のさや(に収まる) ・ 記憶が蘇る ・ (往時を)追憶(する) ・ 追憶にふける ・ 前回 ・ 幕末 ・ 一昨年 ・ (故人の)(面影を)しの ・ 以前 ・ 上代 ・ やり方 ・ かねて ・ 昨年の秋 ・ (学生時代に)思いをはせる ・ 去年 ・ 記憶を探る ・ (記憶の)糸をたぐる ・ 室町時代 ・ 迷信 ・ 前代 ・ 大体 ・ (記憶が)胸をかすめる ・ (今年のニュースを)総ざらい(する) ・ 今日この頃 ・ 従来 ・ 近世 ・ 客年 ・ 前の月 ・ 往事 ・ 奥ゆかしい ・ 過日 ・ (故人を)追慕(する) ・ 史実 ・ 昔に帰る ・ 南北朝時代 ・ 素朴(な△人柄[考え]) ・ 先度 ・ 昔語り ・ とっくに終わった ・ (在りし日のことに)こうべを巡らす ・ 感慨(にふける) ・ 物語(で知られた名所) ・ 練習 ・ 虚伝 ・ (当時の様子が)目に浮かぶ ・ ずっと以前 ・ 昨夏 ・ 空き家 ・ まず ・ この節 ・ かつての姿 ・ (過去の出来事を)思い返す ・ 伝説 ・ 神話 ・ もとより ・ 古往今来 ・ (往時を)懐かしむ ・ (古い記憶を)呼び起こす ・ (日本の抱える)黒歴史 ・ 昨日今日 ・ 一昨昨年 ・ いにしえぶり ・ 過去に立ち返る ・ (記憶を)喚起(する) ・ 俗言 ・ たった今 ・ 宿悪 ・ (民間)伝承 ・ 口承(文学) ・ 古巣 ・ 旧姓 ・ 史話 ・ 昔はよかった ・ 前週 ・ 前世 ・ いわく(付き)(の女) ・ 本来 ・ (全盛期を)彷彿とさせる(プレイ) ・ 戦国時代 ・ この間 ・  ・ 積悪 ・ 旧悪 ・ 去年の春 ・ 昔風 ・ 過去世 ・ 俗伝 ・ 民話 ・ 民間説話 ・ 以前から今まで ・ とっくに ・ 以前の状態 ・ 先年 ・ 前非 ・ (面影がまぶたに)浮かぶ ・ (ふるさとの情景が)思い浮かぶ ・ 思い浮かべる ・ (走馬灯のように)浮かんでは消える ・ 昨年 ・ 由来 ・ 今まで ・ スタイル ・ 昭和(時代) ・ 後月 ・ (寺の)縁起(を話す) ・ 旧宅 ・ 前年 ・ 走馬灯のように ・ (故郷を)恋しがる ・ 一昨日 ・ おととい ・ 古傷 ・ 例の(件だが) ・ 故事 ・ 前々 ・ (懐かしく)思い出す ・ 前月 ・ 中世 ・ (失敗の原因について)思い当たる(ふしがある) ・ 従前 ・ もともと ・ (母の言葉が)(頭を)よぎる ・ 昨冬 ・ 懐旧(の情) ・ 千古 ・ 前(がある) ・ 中古 ・ (過去を)追懐ついかい(する) ・ この程 ・ 昨日のことのように(思い出す) ・ 全体 ・ 時代 ・ マンネリ ・ マンネリズム ・ 文明的でない ・ 年代物 ・ 枯れた(野菜) ・ 遺制 ・  ・ オールド ・ 昔からある ・ 過ぎ去りつつある ・ がたがた(のミシン) ・ 古色 ・ よれよれ(の千円札) ・ 見劣りのする(設備) ・ 古(時計) ・ ひね(しょうが) ・ 旧式(の機械) ・ 旧型 ・ オールドファッション(の家具) ・ 時代錯誤 ・ 古臭い ・ かび臭い ・ かびの生えた(ような)(古い話) ・ こけが生える ・ 大時代 ・ 古めかしい ・ (時間と共に)陳腐(になる) ・ 代々伝わる ・ 昔(の)(テレビ) ・ 古流(の生け花) ・ 古式(のマッサージ) ・ 干からびた(内容) ・ 陳套 ・ 旧制 ・ 二番煎じ(の映画) ・ 古びている ・ 古い ・ (古色)蒼然そうぜん(とした寺) ・ 原始的(な手法) ・ 洗練されていない ・ 前時代(の建物) ・ (時が) ・  ・ 跡継ぎ ・ 反対(側) ・ 年を重ねる ・ バック(サイド) ・ 後方 ・ 後ろ手 ・ 時が過ぎていく ・ 古今 ・ 後ろ(の部分) ・ (ゴルフの)イン(コース) ・ (大仏の)背中(側) ・ 背面 ・ 後継者 ・ 終盤(戦) ・ 背後 ・ 時の流れ ・ (時代の)流れ ・ 後頭部 ・ 月を重ねる ・ 推移 ・  ・ (城の)からめ手 ・ 終局 ・ (季節が)移り変わる ・ 過ぎ行く ・ 真裏 ・ (建物の)裏側 ・ 尻っぽ ・ 後任 ・ (時を)移す ・ 地球は回る ・ 後ろ姿 ・ 裏手 ・ (日々を)送る ・ (年を)越す ・ 陰の部分 ・ けみする ・ (親友に)後事(を託す) ・ 週を重ねる ・ 背部 ・ 刻む ・ (港の)後背地 ・ (時間の)経過 ・ 後背 ・  ・ (時間が)推移(する) ・ (△時間[季節]が)過ぎる ・ (年月を) ・ (幾星霜を)経て(今日に至る) ・ る(年月) ・ 時間の移動 ・ (物の)陰(に隠れる) ・ 物陰 ・ 年月を重ねる ・ (扉の)向こう側 ・ (峠を)越えた先 ・ (季節の)移ろい ・ (時代が)移る ・ 時が変わる ・ 行く(年来る年) ・ 時間を重ねる ・ (時間が)経過(する) ・ 今昔 ・ 日を重ねる ・ (物語の)後段 ・ 季節が巡る ・ 去る ・  ・ 過ごす ・ (秋が)暮れる ・ 路地裏 ・ 辺りが暗くなる ・ (季節が)移ろう ・ 後ろ側 ・ (車両の)後寄り(に扉がある) ・ 後部
(ただ)一度(回数の)一度(ただ)一度(回数の)一度  (これで)ひとまず(落ち着ける) ・ (ただ)一度 ・ ひとたび ・ ひと差し(舞う) ・ かつて(来たことがある) ・ オンリーワン ・ 一回 ・ 一遍 ・ 一席 ・ (拳銃)発射 ・ 一撃(を見舞う) ・ 回帰(する) ・ 痛撃(を与える) ・ とどめの一撃 ・ 殴打(する) ・ 一回転 ・ (みぞおちへの)強打 ・ 一飲み ・ (必殺)パンチ(を沈める) ・ 逆転の一打(を放つ) ・ 号砲(が鳴る) ・ アッパー(カット) ・ 一考 ・ (血液の)循環 ・ 回帰 ・ (町内を)巡回(する) ・ 単発 ・ 一回(撃つ) ・ 一突き(する) ・ 一周 ・ ガツン(とやる) ・ 一発(沈める) ・ 一回り ・ (△十二支が[ループを/打者が])一巡(する) ・ パーン(という発射音) ・ (流行の)サイクル ・ ひと太刀(浴びせる) ・ 空手チョップ ・ ぐるり(と)(回る) ・ ぐるっと(回る) ・ 一食 ・ なぐりつける ・ 一矢(を)(報いる) ・ 一打ち ・ (名所)巡り ・ 巡る ・ (また)自分の番になる ・ △振り出し[もと]に戻る ・ 一巡り ・ ぽかり(とやる) ・ (槍で)ぐさり(と突く) ・ 鉄ついを下す ・ (目標に向かって)引き金を引く ・ 一口 ・ (地球の)(周りを)回る ・ (どてっ腹に)穴をあける ・ 片食 ・ ずどん(と一発撃つ) ・ 一刀両断 ・ 一発 ・ (ヨーロッパを)周遊(する) ・ 発砲 ・ ぽつり(と) ・ シングル ・ 単一 ・ ぽつん(と) ・ 単独 ・  ・ 一つ ・ 唯一 ・ 単数 ・ 個体 ・ 単複 ・ ぽつねん(と)
一度(何かが起これば)(最初の)一回(ひとたび)一度(何かが起これば)(最初の)一回(ひとたび)  一再 ・ ひとたび ・ 一度(何かが起これば) ・ 一旦(し始めると) ・ 一朝
一度(だけでも会いたい)一回見ただけ一度(だけでも会いたい)一回見ただけ  ぱっと見(には) ・ 一見(したところ) ・ ちょっと見(には) ・ (出会った)瞬間 ・ 一目いちもく(瞭然) ・ ひと目(会いたい) ・ 一回(会っただけ) ・  ・ 打ち見る ・ 瞥見(する) ・ 一瞥いちべつ(△する[をくれる]) ・ 覗き窓 ・ (さっと)目を通す ・ 偶然見る ・ ちらり(と)(見る) ・ ちらっと(見る) ・ 透き見 ・ (答えを)盗み見(する) ・ 一顧(だにしない) ・ サングラスの隙間から(ちらりと見る) ・ 一覧(する) ・ (他人の答案を)盗視とうし(する) ・ のぞき穴 ・ 見残す ・ (隙間から)垣間見る ・ (部屋を)覗き込む ・ (ちょっと)目をやる ・ ざっと見る ・ 見るからに(強そう) ・ 一端を見る ・ ちょっと見 ・ (傍らの人を)見やる ・ 一見(する) ・ 尻目(に見る) ・ (顔色を)うかがう ・ 横目(を使う) ・ (騒動を)横目に(通り過ぎる) ・ (私生活を)覗く ・ 瞬間的に目にする ・ 一目いちもく(△して分かる[瞭然]) ・ ひと目(見ただけで通り過ぎる) ・ 余所目 ・ 抜く手も見せず ・ (滑った)弾み(に)(足首をひねる) ・ 造次顛沛 ・ ちょっと(の間) ・ 時の間 ・ (ほんの)わずかな時間 ・ 一足(遅かった) ・ 瞬時(の出来事) ・ とっさ ・ 瞬間 ・ 刹那 ・ 一瞬(の出来事) ・ まばたきする間 ・ あっという間(の出来事) ・ つかの間(の時) ・ またたく間
一度(見たことがある)(未分類)一度(見たことがある)(未分類)  一世一代 ・ ラストチャンス ・ チャンス ・ 又と無い機会 ・ 千載一遇のチャンス ・ グッドチャンス ・ 千載一遇 ・ いったん ・ ときもとき ・ 暁には ・ 席上 ・ 折も折 ・ ~する段になって ・ ~した時点で ・ その都度 ・  ・ 一応 ・ とりあえず当面 ・ 一度ひとまず ・ 機会に ・  ・ 際して ・ 臨んで ・  ・ ~する度 ・  ・ 今のところ ・ 差し当たり ・ まずは ・ ひとたびは ・ 一度は ・ いっとき ・ いっときは ・ 一時は ・ いちど ・  ・ たび ・ 回数 ・  ・ 度数 ・ いったんは ・ いっぺん ・ 一たび ・ 毎度 ・ 頻度 ・  ・ 再度 ・ 毎回 ・ 無限回 ・ ラウンド ・ 三度 ・ テンポラリー ・ 少時 ・ いちじ ・ 小暇 ・ 少しの間 ・ 一旦は ・ 一時的 ・ 当座 ・ テンポラリ ・ 臨時 ・ 時間 ・ 一過性
キーワードをランダムでピックアップ
横根大恩兵権揉みピーチクパーチク縄張り意識活け魚皆殺しにする損失が出る改善型血を沸かせる阿修羅のような輝くばかりマンネリの打破生殺与奪の権地雷原を行くようなもの鋭角的に曲げる秘密が暴露鶏鳴暁を告げる意味を取り違える
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 5