表示領域を拡大する
真にの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
程度が普通の状態をはるかに超えている(おおいに)  真に ・ したたか(打ちつける) ・ 全く ・ (意気)盛ん ・ 計り知れない・(とてつもなく)深い(愛) ・ 異常(に)(眠い) ・ 異常なほど(おならが出る) ・ ずいぶん(な値段) ・ 大きな ・ 絶大 ・ いかばかり ・ 厚い ・ はなはだ ・ はなはだしい(被害) ・ はなはだしく(無礼) ・ 至大 ・ 死ぬほど(食べる) ・  ・ 特別(に)(かわいい) ・ 特別の(寒さ) ・ 至極(上等な品) ・ 底知れない(不気味さ) ・ 病的(に)(細い) ・ 大いに ・ いやに ・ まれに見る(被害) ・ 過大 ・ 至って(△健康[陽気な性格]) ・ ひどく(△気分がいい[ぶつける]) ・ 予想した程度を越える ・ 著しい ・ 強く ・ 言い知れない(不安) ・ 筆舌に尽くしがたい(無念さ) ・ 深甚 ・ 少なからず ・ 最も ・ うんと ・ 博大 ・ 心から(喜ぶ) ・ めっちゃ(嬉しい) ・ それは ・ いとも ・ ひどい(雨) ・ 本当に(面白い) ・ 嫌というほど(聞かされる) ・ 飽き飽きするほど(説明する) ・ 大変(面白い) ・ 大変に(気分がいい) ・ 最大 ・ 猛烈 ・ (思っていたより)ずっと(いい) ・ 強烈(に)(惹かれる) ・ 一方ならず ・ 相当(に)(変わったデザイン) ・ 遠大 ・ 誠に ・ 痛く ・ 痛いほど ・ 痛切(に) ・ 親のかたきのように(酒を飲む) ・ 思った以上に ・ 非常(に)(うれしい) ・ 非常(な)(△才能[充足感]) ・ 大きい ・ 大幅(な遅れ) ・ 驚くほどに ・ これ以上ない ・ 偉い ・ 深厚 ・ 極めて(紳士的な態度) ・ 恐るべき(パワー) ・ 計り知れない ・ 並外れて(優れている) ・ この上ない ・ この上なく ・ ただならぬ ・ 千万 ・ 深い ・ マンモス(うれピー) ・ 理屈を超えた(怖さ) ・ とても ・ 無慮 ・ すこぶる(元気) ・ 大層 ・ (元気)いっぱい ・ 恐ろしい ・ 大きに ・ 手放しで(喜ぶ) ・ はるかに ・ 恐ろしく(こだわる) ・ 世にも ・ したたか ・ 全然 ・ 実に(美しい) ・ 実もって(けしからん) ・ すごく ・ 驚くほど(軽い) ・ 必死になって(探す) ・ すごい ・ ものすごい ・ いと ・ すさまじく(強い台風) ・ 大した ・ 根深い ・ から ・ 限りない(喜び) ・ 千万無量 ・ 異様(に)(寒い) ・ 浴びるほど(飲む) ・ 激しく(損傷する) ・ 遊びのレベルではない ・ めちゃ ・ スーパー ・ 非常(に)(いい) ・ むやみ ・ 過剰(に)(驚く) ・ あきれる(ような) ・ あきれる(ほどの) ・ みだり ・ べらぼう ・ 目を見張る(ような) ・ 滅法界 ・ (今は深夜アニメの)インフレ(状態)(にある) ・ バブル(景気) ・ 超(満員) ・ 超絶(技巧) ・ 必要以上(に)(責める) ・ ウルトラ ・ 分外 ・ あまりにも(寂しい) ・ 行き過ぎる ・ 行き過ぎ(た)(装飾) ・ 無下に ・ めったやたら ・ やたら ・ 滅法 ・ 底抜け ・ 闇雲 ・ 一線を越える ・ 滅多 ・ 桁外れ(のお金持ち) ・ 程度を超えている ・ 想像以上(の) ・ 法外(な値段) ・ 圧倒的 ・ 度肝を抜かれる(ような) ・ 断然 ・ 肥大化(した)(組織) ・ 過当 ・ 度外れ ・ 過分 ・ 段違い ・ むやみやたら ・ 格段(に) ・ 極端(に)(けち) ・ 驚くほどの ・ いかにも(高くて手が出ない) ・ 無性に ・ いくら何でも(ひどすぎる) ・ 想像を絶する(悲しみ) ・ 聞きしに勝る(豪華なホテル) ・ 過度 ・ 神(のような)(存在) ・ 奇跡(のような) ・ 桁違い ・ しぶとい ・ とびきり ・ 特に(かわいい) ・ この世のものとは思えない(美しさ) ・ 過熱(社会) ・ めちゃめちゃ ・ びっくり(するような) ・ 程度を超している ・ 度が過ぎる ・ 度を越した(冗談).過度 ・ (心配)(し)過ぎる ・ (やり)過ぎ ・  馬鹿(でかい) ・ ばかばかしい(ほどの) ・ 滅相 ・ (どうにも)手が付けられない(ほどに)(△怒る[酔う]) ・ 限度を超えている ・ 限界を超えている ・ とんでもない(計画) ・ 驚く(ような) ・ 比べ物にならない ・ ひどく(疲れる) ・ とてつもない ・ むちゃくちゃ ・ 段ち ・ めちゃくちゃ ・ 極度(のストレス) ・ 突拍子もない ・ どう考えても(乱暴な意見) ・ どう見ても(合成写真だ) ・ 恐るべき ・ 途方もない ・ むちゃ(な飲酒) ・ あまり(の驚きに言葉も出ない) ・ (そのやり方は)あんまり(だ) ・ あまりに(も)(△でかい[忙しい]) ・ あまりの(うまさに感嘆) ・ あまりといえば(あまりの)(厳しい仕打ち) ・ とんでもない ・ 常識を外れる(勇気) ・ 寝込み ・ 眠りこける ・ 寝過ごす ・ 熟睡 ・ 昏睡 ・ 寝込む ・ 快眠 ・ 寝過ぎる ・ 白河夜船 ・ 安眠 ・ 寝入る ・ いぎたない ・ すやすや ・ よく眠る ・ 泥のように眠る ・ ぐっすり(と) ・ 昏々 ・ 眠り込む ・ 熟眠 ・ よく眠っている ・ 霄壌の差 ・ 桁が違う ・ 格外 ・ 大差(がある) ・ 超える ・ 雲泥の差 ・ 月とスッポン ・ 並外れる ・ かけ離れる ・ 大違い ・ 飛び離れる ・ 並外れ ・ 話にならない ・ 絶する ・ 規格外 ・ 責任が重い ・ 重大である ・ 重責 ・ 重要である ・ 意味が大きい ・ 目も当てられない ・ これでもかというほど(やられる) ・ 思い知らされる ・ こってり ・ 嫌というほど ・ 見るも(無残な姿) ・ はなはだしい ・ はなはだしく ・ 我慢できないほど ・ 手ひどく ・ 骨身に染みる ・ 散々 ・ 思い切り ・ ひどい ・ 甚大(な被害) ・ さんざっぱら ・ 目に余る ・ こてんこてん ・ さんざ ・ (そう)単純ではない ・ (何とも)言いようがない ・ 何とも言えない ・ なんとも言いようがない ・ うまく言えない ・ いわく言いがたい ・ 言い知れない ・ 言うに言われぬ(味わい) ・ 言うに言われない ・ 言葉では(言い)表せない ・ 簡単に言いがたい ・ 説明がむずかしい ・ 一口で言えない ・ 言葉では言えない(思い) ・ 微妙なニュアンス(の色) ・ 筆舌に尽くしがたい ・ 言語に絶する ・ 形容しがたい ・ 言いようのない ・ 言葉では表現できない ・ 盲愛 ・ 寵愛 ・ 猫かわいがり ・ 鍾愛 ・ 寵する ・ (末娘への)愛情は別格(である) ・ 熱愛 ・ 溺愛 ・ 君寵 ・  ・ 圧倒的(大きさ) ・ 大振り(なパフォーマンス) ・ 巨大(な)) ・ 非常に大きい ・ 急成長 ・ 進境著しい(選手) ・ 長足(の進歩) ・ 際立っている ・ 光る ・ 段違いに(向上する) ・ 格段(の進歩) ・ 目に見えて(成長) ・ 目覚ましい(発展) ・ 目覚ましく(進歩する) ・ めきめき(力をつける) ・ 光彩を放つ ・ (また)一段と(成長した) ・ △進歩[台頭]が著しい ・ 飛躍的(な成長) ・ 驚くほど(の)(成長) ・ びっくりするほどの(上達) ・ (相手の)裏をかく ・ 隙をつく ・ ゆくりなくも ・ 思いがけない(△ことが起こる[展開]) ・ 思いもかけない ・ 思いがけず ・ 思わざる(結果) ・ 思わぬところから(姿を現す) ・ 不意に起こる ・ 起こり得ないことが起こる ・ (過去に)例を見ない ・ 不本意(な結果) ・ 肩透かしを食わす ・ 心境の変化 ・ 突拍子もない(考え) ・ 奇想天外(な物語) ・ 期待していなかった ・ (自分の)耳を疑う(ほど驚く) ・ (見る者を)あきれ返らせる ・ 逆転(の発想) ・ 想像以上(の速さ) ・ まさか(の敗退) ・ わりかし(うまい) ・ 意表(を突く) ・ 意表を突かれる ・ 時期外れ ・ 型破り(な言動) ・ 不意 ・ 偶然 ・ 思いも寄らない ・ 出はなをくじかれる ・ 唐突(な発言) ・ ゲリラ(的)(な方法) ・ もってのほか ・ とんだ ・ あにはからんや ・ 望外(の喜び) ・ 思ってもみない ・ 予想が外れる ・ 突飛とっぴ(な発想) ・ びっくりさせる ・ 定石にとらわれない ・ 大胆(な手口) ・ 期せずして ・ てっきり(辞めると思ってた) ・ 破天荒(な試み) ・ 予想外(の事態) ・ なかなか(立派だ) ・ わりかた(面白かった) ・ 図らずも ・ あきれる ・ 時ならぬ ・ ことのほか(手間取る) ・ たじろぐ ・ 期待以上(の成果) ・ 慮外 ・ 時ならぬ(時に)(花が咲く) ・ 何と(まあ) ・ どうしたわけか ・ 誤算 ・ 奇策 ・ どんでん返し(を食う) ・ 違算 ・ ショッキング(な出来事) ・ (周囲を)けむに巻く ・ 物怪 ・ 人を食った(態度) ・ 案ずるより産むがやすし ・ トリッキー(なボクシングスタイル) ・ やられた(!) ・ あっと言わせる ・ 仰天する ・ サプライズ(△ニュース[人事]) ・ ひょうたんから駒(が出る) ・ 案に相違する ・ 案に相違して ・ (周囲の)予想を裏切る ・ (と)思いきや ・ 思いもしなかった(変化) ・ わが目を疑う ・ 想定外(の展開) ・ 夢にも思わない ・ めっそうもない ・ はしなくも ・ 思いもしない ・ 拍子抜けするほど(簡単) ・ ユニーク(なアイデア) ・ 驚かせる ・ 意想外 ・ 予想もしない ・ 予想と違う ・ 予想と違って ・ 予想に反して ・ 予想以上に ・ 予想を上回る ・ 予想を下回る ・ 反則(を犯す) ・ (人の)目を引く(デザイン) ・ (甲子園には)魔物が棲む ・ なかなか(むずかしい) ・ からめ手から攻める ・ 出し抜く ・ (見かけと)違って ・ びっくりする ・ 存外 ・ 案外 ・ 計算外 ・ 足をすくう ・ 自由自在(に振る舞う) ・ 不覚 ・ あらぬ ・ 奇襲(をかける) ・ とんでもない手(を使う) ・ 妙手 ・ (計画に)齟齬(が生じる) ・ 意外(△にも[な展開]) ・ 意外の念に打たれる ・ 意外や意外 ・ 目をむく(ような価格) ・ 取り越し苦労(だった) ・ 予想しがたい(人生) ・ 予定外 ・ 突拍子もない(言動) ・ 割合(に)(よくできている) ・ 割と(元気だ) ・ 驚かす ・ 奇手を放つ ・ あっと言う ・ (あっと)驚く(伏線回収) ・ 柄にもなく(照れる) ・ 驚いたことに ・ 驚き(の洗浄力) ・ 驚くべき(事実) ・ 思いのほか ・ 奇抜(な髪形) ・ ふと ・ 予期せぬ(結果) ・ 予期せず(して)(出会う) ・ 予期しない(出来事) ・ (行き違いが)悪意なし(に生じる) ・ (図体に)似合わず ・ 意図しない ・ どういう風の吹き回しか ・ よもや(の)(敗退を喫する) ・ 波乱(が起きる)起こり得ないことが起こる ・ セオリーから外れる ・ 風の吹き回し ・ (大)番狂わせ(が△起きる[生じる]) ・ あんばい ・ 割り当て ・ 程合い ・ 良い悪い ・  ・  ・ 頃合い ・ 加減 ・ 具合 ・  ・ 強弱 ・  ・  ・ 様子 ・  ・ 程度 ・  ・ 度合い
(未分類)  真に ・ 寔に ・ 洵に ・ げにも ・ 正に ・ 実や ・ 本真に ・ 本に ・ 実に実に ・ 正しく ・ 嫡嫡 ・ 真箇 ・ 真個 ・ 現実 ・ 事実 ・ 現に ・  ・ 実際は ・ 本当 ・ 本当は ・ 実は ・ 真実 ・ げに ・ 実際 ・ 厳密に ・ 厳格に ・ 根源的 ・ 完全に ・ 理性的に ・ 正確に ・ 実質的には ・ 徹底的に ・ 原理的な ・ 理論的に ・ 本質的 ・ 実存的 ・ 絶対に ・ 最重要 ・ 根本的 ・ 基礎的 ・ 本気で ・ じっくり ・ 正統的な ・ 直球勝負で ・ オーソドックスな ・ 腰を据えて ・ 無欲恬淡と ・ 実直に ・ 本源的 ・ 自若として ・ 真摯に ・ まさに ・ 純粋に ・ 道徳的に ・ 規律正しく ・ まさしく ・ 重要ポイント ・ 清潔な ・ 間違ってもない ・ どんなことがあっても ・ 実際に ・ まさに間違いなく ・ 断じて ・ 一切 ・ どうしても ・ 本質的に ・ 根本的に ・ 二度とない ・ 太鼓判を押される ・ ウソいつわりなく ・ 確かに ・ 確実に ・ 問題なく ・ 間違いなく ・ 紛れもなく ・ ウソをつかない ・ 一点の曇りもなく ・ 明確に ・ 文字どおり ・ 練習の結果は正直 ・ ~なのは論をまたない ・ 雄弁に ・ 努力はウソをつかない ・ 決定的に ・ 明白に ・ 紛れもなく疑いもなく ・ 目に見えている ・ 純然たる ・ 冷厳な ・ 疑いなく ・ 当然のことながら ・ まじめな ・ 腰のすわった ・ 浮つかない ・ 正しい ・ 地道な ・ まっすぐな ・ 定石どおり ・ 地に足のついた ・ きちんとした ・ 絶対的な ・ 決定的な ・ 極北 ・ 構造的な ・ 致命的 ・ 本来的な ・ 普遍 ・ 絶対的に ・ 基本的 ・ 抜本的な ・ 分野で純粋に ・ 根底的に ・ 根底から ・ 奇をてらわずに ・ 本格的に ・ まじめに ・ 正面から ・ 地に足をつけて ・ 地道に ・ 重心を低くして ・ 節度をもって ・ 良心的に ・ 品行方正に ・ 過ちなく ・ 清く、 ・ 天地神明に誓って ・ 二度と再び ・ 金輪際 ・ 決して ・ 名実ともに ・ 否むべからざる紛れもなく ・ 紛れなく ・ これほど確かなことはない ・ 疑いもなく ・ 明らかに ・ 文字どおりに ・ 掛け値なしに ・ はっきり違う ・ 正直 ・ 火を見るより明らか ・ 実証ずみ ・ 疑いの余地なく ・ 言うまでもなく ・ 歴然と ・ まごうかた無き ・ 歴然と示す ・ 雄弁に物語る ・ 誤りなく ・ 決定的に変えた ・ 大きく異なる ・ 見てわかる通り ・ かたぎとして生きる ・ まっとうな ・ 正道を歩む ・ 人として恥ずかしくない ・ 間違いのない ・ 真面 ・  ・ 心ある ・ 健全な ・ 真摯な ・ 随分 ・ 一方ならぬ ・ とてもとても ・ 最たる ・ さんざん ・ 甚だしい ・ それはそれは ・ 物すごい ・ ごく
日本語WordNetによる、真にの類義語

意義素類語・同義語
実際に本当に現実事実上本当現に事実実際実際に
実は(しばしば強調につながる)とっと実にや実際其れは現に嘸やそれはそれは実に余り全くいかにも本に実以てさぞかし其は嘸かし如何にもさぞやほんに其れは其れは其は其は実に実に誠にじつに実際に寔に実にもまったくまことに
真実、事実または現実に従って実際に実にや神以て全く本当実に誠に神以って本に如何にもとっと現実悉皆神もって寔に現に正しくさね本当にじつに実際実以てまさしく然も純粋事実真実実にもほんにまことにまったく
強意語として使われるはなはだずいぶん大層とっとおもいきり酷くとんだ甚だ然ばかり随分迚もひどくさんざっぱら極々何とも世にもいやに至って思い切り堪らなく甚もやけに痛も思切り大変とっても転た思切善く善くなんとも然許よくよくたいへん能く能く極極然許り
必要不可欠な度合いの極めて絶対この上なく
真剣なさままじめにおおなおおな真剣に
キーワードをランダムでピックアップ
女史競技出場者木陰二の腕社宅収斂含める永続話し込む蒸す肖像削り節魚肉慨世手がかり左右へ押し分ける技術を錬磨する反乱を鎮める脅威にさらされる