表示領域を拡大する
火だるまになって(突っ込む)の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
火だるまになって(突っ込む)思い通りにならずに投げやりな行動をとる(やけくそ)火だるまになって(突っ込む)思い通りにならずに投げやりな行動をとる(やけくそ)  自殺行為 ・ 自分自身を見捨てる ・ やけっぱち ・ やむにやまれず ・ やけっ腹 ・ 自嘲 ・ 心の平静を失う ・ 後は野となれ山となれ ・ やけ酒(を飲む) ・ 希望が抱けない ・ 現実社会への適応に嫌気が差す ・ 勢いに任せる ・ 〔ユニーク〕(すべてを)なげうつ〔/ユニーク〕 ・ (~するとは)よくよくの事情がある(のだろう) ・ (もう)どうにでもなれ ・ 自暴自棄 ・ やけ(になる) ・ やけを起こす ・ 思い切って(する) ・ 破れかぶれ ・ なげやり(な行動をとる) ・ 暴挙(に出る) ・ (すべてが)どうでもいい ・ 当たって砕けろ ・ 玉砕(戦法) ・ やけのやん八 ・ (やけくそになって)事件を起こす ・ やけくそ ・ (もう)なるようになれ ・ 適当(になる) ・ 矢でも鉄砲でも(持って)来い ・ なりふり構わず(突き進む) ・ 苦肉の策 ・ 破滅的な行動に出る ・ 捨て鉢 ・ 自棄 ・ 〔ユニーク〕愚か(な行為)〔/ユニーク〕 ・ (すべてを)顧みない ・ ふてくさる ・ ふてくされる ・ ふてる ・ 独裁(国家) ・ 独裁的(な経営) ・ 放縦 ・ (説明終了後)適宜てきぎ(解散とする) ・ ブレーキが効かない ・ 勝手な行動をする ・ 手前勝手 ・ 剛腕(政治家) ・ 勝ち逃げ ・ 食い逃げ ・ 思うがまま ・ 法界 ・ (世間を)押し渡る(タイプ) ・ 鉄則を平気で破る ・ 専制的 ・ 遠慮しない ・ 遠慮なく ・ 放れ駒 ・ 放れ馬 ・ 肩で風を切る ・ 自由自在(に振る舞う) ・ 型にはまらない ・ 目いっぱい(遊ぶ) ・ 思い通り(にする) ・ じゃじゃ馬(娘) ・ お手盛り ・ (自分の)感情に忠実 ・ 独立不羈どくりつふき ・ 不覊ふき(奔放) ・ 無法 ・ 勝手 ・ 子ども(か) ・ (相手の都合など)お構いなし(に) ・ 身勝手(な生き物) ・ (世間に)気兼ねしない ・ (軍部が)独走(する) ・ とっぴ(な発想) ・ 突拍子もない(考え) ・ (ぜいたく)三昧 ・ 心任せ ・ 放恣 ・ 欲望むき出し ・ 好きにする ・ 好きなように ・ 感情を解放(する) ・ 気まぐれ ・ (△感情[欲望]の)赴くまま(に)(好きなことをする) ・ その日の風の吹き回し次第で ・ 勝てば官軍(とばかりに)(やりたい放題) ・ 気任せ ・ 独断的(な態度) ・ 放漫 ・ (ばれないのを)いいことに(悪事を働く) ・ 俺が俺が(の人) ・ 好き放題(~する) ・ 常軌を逸する ・ 思うまま(に) ・ (子どもが)伸び伸び(と)(育つ) ・ (不如意を)如意(にする) ・ 専断(的)(に業務を行う) ・ 自分ファースト(な人) ・ (権力を)ほしいまま(にする) ・ 我意を通す ・ 跳ね上がる ・ 他人のことなどどうでもいい ・ 暴君 ・ 俺が良ければいい ・ 自分勝手 ・ (人間の)エゴ(でしかない) ・ 思いつくまま ・ 勝手次第 ・ 利己的 ・ 檻から解き放たれた獣 ・ 鬼の居ぬ間に洗濯 ・ 自己中 ・ 自己中心的(な人) ・ 自分中心(に生きる) ・ 手放し(で)(喜ぶ) ・ (し)放題 ・ したい放題 ・ 誰の指図も受けない ・ 野放図(に)(振る舞う) ・ 型破り ・ 強引(に進める) ・ 気の向くまま(に) ・ やりたい放題 ・ わがまま(△を通す[に生きる]) ・ 恣意的決定 ・ 恩を仇で返す ・ 放逸ほういつ(の振る舞い) ・ 思うように(生きる) ・ 自由(に)(振る舞う) ・ 太平楽(を並べる) ・ 意のまま ・ 独断専行(のやり方) ・ 奔放(に振る舞う) ・ 自由奔放(に生きる) ・ (世間の)常識にとらわれない ・ (何ものにも)とらわれない ・ 漫然 ・ 傍若無人(に振る舞う)直情径行ちょくじょうけいこう(型)(の人間) ・ 見境なく(ナンパする) ・ 思うさま(行動する) ・ 専横(な△振る舞い[領主]) ・ 勝手気まま(にふるまう) ・ ちゃらぽこ ・ 自由勝手(な行動) ・ 甘やかされて育った(という感じ) ・ 辺り構わず(しゃべる) ・ 思いのまま(に)(振る舞う) ・ 尻暗い観音 ・ 得手勝手 ・ (自分の)快楽のためだけに(腰を振る) ・ エゴをむき出しにする ・ エゴイスト ・ エゴ丸出し ・ 存分(に)(体を動かす) ・ (自分の)思う通りに ・ 盗んだバイクで走り出す ・ (大臣の)食言 ・ 我先に(逃げる) ・ あるがまま(に生きる) ・ 自分らしく(生きる) ・ ワンマン(△的[経営]) ・ 暴走(する)(経営者) ・ 俺がルールだ ・ 気随(が過ぎる) ・ 気随気まま(に)(生きる) ・ 気まま(な一人旅) ・ 自分で決める ・ 横暴 ・ 我田引水(の議論) ・ 強気一辺倒 ・ 自儘 ・ そこのけそこのけ(お馬が通る) ・ 心の声に従う ・ (金の力で世の中を)闊歩かっぽ(する) ・ マイペース(を保つ) ・ (思った)まま(を書く) ・ 思い切り(表現する) ・ 暴君(的) ・ 放埒 ・ 誰はばかることなく ・ 好き勝手(に) ・ 無軌道 ・ 無責任 ・ 破滅型(人間) ・ 専ら
火だるまになって(突っ込む)命を捨てる覚悟で物事を行う火だるまになって(突っ込む)命を捨てる覚悟で物事を行う  (この一球に)命を懸ける ・ 熱誠あふれる(説得) ・ 決死(隊) ・ 使命第一に(行動する) ・ 危険を顧みず ・ 命を削って(働く) ・ 最大のリスクを負う ・ 〔ユニーク〕目を吊り上げて(挑む)〔/ユニーク〕 ・ (問題を解決するに当たって)手段を選ばない ・ (大切な人のためなら)命もいとわない ・ 覚悟を決める ・ (両親宛に)遺書を書く ・ 向学心に燃える ・ 全身全霊を傾ける ・ 史を賭す ・ 死を賭して(戦う) ・ 〔ユニーク〕虎穴に入らずんば虎児を得ず〔/ユニーク〕 ・ (気持ちは)半端ではない ・ 命を的に懸ける ・ (危険など)ものともしない ・ 悲壮(な覚悟) ・ 悲壮な決意(で臨む) ・ 引き返せない ・ 体を張って(進める) ・ 鼎の軽重を問われる場面 ・ (国難に)殉じる ・ 綱渡り(の毎日) ・ (仕事と)討ち死に(する) ・ 死力(を尽くす) ・ (武士の)面目(にかけて) ・ 死ぬほど(勉強する) ・ (何かに)憑かれたように(突き進む) ・ 水杯みずさかずきを交わして(出陣する) ・ (危険を)いとわない ・ 思い切って(事に当たる) ・ 死ぬ気でやる ・ 死活的 ・ 必死の思い(で) ・ 退路を断つ ・ 豪胆(な性格) ・ (生きるために)命を削る ・ 首をくくる(ような覚悟で) ・ 身を挺して(守る) ・ 冒険に挑む ・ (国のために)命を捧げる ・ 首を賭ける ・ 失敗は許されない ・ 必死(に) ・ 決死の覚悟(で) ・ (国のために)死ぬ覚悟(である) ・ 命を的に(して)(働く) ・ 生か死か(の分かれ道) ・ 命を投げ出しても(戦う) ・ 一生懸命 ・ のるかそるか(の大勝負) ・ 天地神明に誓って(恥ずることはない) ・ 危険な任務 ・ 身命を賭して(祖国を守る) ・ 死闘(を繰り広げる) ・ 体当たり(攻撃) ・ 命を投げ出す(覚悟) ・ 大胆に ・ たとえ火の中水の中 ・ 身を捨てる(覚悟) ・ 捨て身(の戦法) ・ 一身を投げ出す ・ 不退転の決意で臨む ・ 死に物狂い ・ 身命を賭す ・ 犠牲的精神(で尽くす) ・ 死力を尽くす ・ 命を懸ける ・ 命がけ(で頑張る) ・ (他人のために)命を張る ・ 一生の大事として(取り組む) ・ 血涙を絞って(訴える) ・ (ここが)正念場(だ) ・ 矢でも鉄砲でも(持って)来い ・ 背水の陣(で臨む) ・ 万一を恐れず ・ 自分を犠牲にする ・ 挺身(する) ・ 身を捧げる ・ 捨て身(でかかる) ・ 身命をなげうつ ・ 骨を埋める(覚悟) ・ 命を投げ出す ・ 一死報国 ・ 命を捨てる(覚悟) ・ 命を捧げる ・ (復讐の)鬼と化す ・ (会社に)魂を売る ・ (敵を)道連れ(に心中) ・ 自爆テロ ・ 自爆(攻撃) ・ 体当たり(△攻撃[戦法]) ・ 刺し違えて(死ぬ) ・ 人間魚雷 ・ カミカゼアタック ・  ・ 特攻(兵器) ・ 特別攻撃 ・ 神風特攻隊 ・ 肉を切らせて骨を断つ(作戦) ・ (自らの)命運(をかけて) ・ 生き残り(をかけた戦い) ・ 生存(を賭けた戦い) ・ 逃げ場がない ・ (仕事の)鬼になる ・ 心を鬼にする ・ 不惜身命 ・ 果敢に取り組む ・ 決死の覚悟 ・ 狂気の様相 ・ 止むに止まれぬ思い ・ 死ぬ思い(で) ・ 死んだ気になって(取り組む) ・ 捨て身(△で立ち向かう[の戦法]) ・ 悲壮な決意(で出陣する) ・ 死に身 ・ 危険をいとわない ・ (身命を)なげうつ ・ (祖国のために)命を捧げる ・ 肉を切らせて骨を断つ ・ 思い詰める ・ 板子一枚下は地獄 ・ (危険に)立ち向かう ・ 命からがら(逃げる) ・ 命がけ(でやる) ・ わが身を顧みず ・ 必死(の△努力[形相で]) ・ 延命を図る ・ 自らの命も顧みない ・ 大事な局面 ・ 天下分け目(の戦い) ・ 乾坤一擲けんこんいってき(大一番) ・ (絶対)負けられない ・ (人生の)岐路 ・ 大詰め(を迎える) ・ 重要なゲーム ・ 正念場(を迎える) ・ ここ一番(のとき) ・ (人生の)大事な場面 ・ 大事な勝負 ・ (ここ一番の)大勝負 ・ 大試合 ・ (運命の)分かれ目(に差し掛かる) ・ 緊褌一番(の取り組み) ・ 危急存亡のとき ・ (今大会における)天王山 ・ 腕の見せどころ ・ 勝負どころ ・ (前半の)山場 ・ 生死を分ける ・ 生きるか死ぬか ・ (際どい)節目 ・ (重大な)岐路 ・ 今後を左右する ・ (人生における)大一番 ・ 空元気 ・ 勢いだけはいい ・ 威勢がいい(だけ) ・ 蛮勇 ・ 大胆不敵(な行動) ・ 幼稚(な議論) ・ (危険を)ものともしない ・ 義勇 ・ 果敢(△な行為[に挑む]) ・ 勇壮(な神事) ・ 猪突猛進 ・ (勇敢に)挑みかかる ・ (世間を)はばからない ・ 義勇(軍) ・ 恐れずに立ち向かう(気力) ・ 恐れない ・ 恐れることなく(前進する) ・ 勇武 ・ 猛者 ・ 物おじしない ・ けなげ(に立ち向かう) ・ 突進(する) ・ (迷わず)突き進む ・ (国家のためには)命もいとわない ・ (壮大な構想を)ぶち上げる ・ 突っ張る ・ 幅を利かせる ・ ドンキホーテ的 ・ 覚悟を決めた(姿) ・ (悪天候を)突いて(出発) ・ ひるむことなく(立ち向かう) ・ 攻勢をかける ・ 武断派 ・ 毅然(として)(立ち向かう) ・ 尚武(の気風) ・ 〔連〕目を吊り上げて(挑む)〔/連〕 ・ タカ派(の発言) ・ 野蛮(な部族) ・ 古今無双(の豪傑) ・ 堂々(とやってのける) ・ 血気にはやる ・ 意気軒昂 ・ 猛勇 ・ 勇気(がある) ・ (真の)勇気を持つ ・ 猪突猛進(の行為) ・ 剛の者 ・ (危険など)平気 ・ 小勇 ・ 鼻息が荒い ・ 豪気 ・ 威勢がいい ・ 恐れを知らない ・ 敢然かんぜん(と)(難局に当たる) ・ 立ち向かう ・ 真勇 ・ 壮烈(な体当たり作戦) ・ たけだけしい(武将) ・ 大風呂敷を広げる ・ 身の危険も顧みず ・ 豪傑 ・ (ひたすら)前のめり ・ 敵対的 ・ 豪勇(無双) ・ 行け行けどんどん ・ 弥猛心 ・ 勇躍(として臨む) ・ (意気や)壮 ・ 知性がない ・ (あんた)(本当の)侍(だ) ・ 無謀な(作戦) ・ 短絡的(な思考) ・ 命知らず ・ 骨太(の精神) ・ 勇猛果敢(に挑む) ・ 逃げない ・ 不退転の決意(で臨む) ・ 戦闘的 ・ (大胆な政策に)踏み出す ・ まっすぐ前を見る ・ 血気盛ん ・ 年寄りの冷や水 ・ (体力の)衰えを考えない ・ 粋がる ・ 意気盛ん ・ ヒロイック(な行動) ・ 男らしい ・ 力強く ・ (難局に)雄々しく(立ち向かう) ・ あと先を考えない ・ 竹やり精神(を振り回す) ・ 壮絶(な戦い) ・ 英雄(的)(な行為) ・ 勇気を奮って(突き進む) ・ 攻撃的(な態度) ・ 悲壮(な△最期を遂げる[決意をを示す]) ・ 勇猛(な将軍) ・ どうとでもしやがれ ・ さあ殺せ殺せ ・ 肝っ玉(が据わっている) ・ 勇ましい ・ 勇ましく ・ 豪勇 ・ (政界の)暴れ馬 ・ 力む ・ (負けてたまるかと)力み返る ・ 自信満々 ・  ・ 大勇 ・ 殉教的 ・ (選手が)さっそう(と登場) ・ 心が強い ・ 思い切って(する) ・ 物事を恐れない ・ 千万人といえども我行かん ・ たじろがない ・ 知勇 ・ 臆さず(する) ・ 勇敢(に)(立ち向かう) ・ (周囲の声など)気にならない ・ 好戦的な(集団) ・ 死を恐れない ・ 武勇 ・ 豪胆(な振る舞い) ・ 恥を忍んで(お願いする) ・ 野性的(な男) ・ 沈勇 ・ 勇を鼓して(告発) ・ 匹夫ひっぷの勇 ・ 攻撃的 ・ 立派(な行動) ・ 忠勇 ・ アジ(テーション)演説 ・ いのしし武者 ・ 向こう見ず ・ 猛勇(の将) ・ 身命を ・ 身を挺する ・ 度胸がある ・ 度胸が据わっている ・ 型破り(な人物) ・ 怖いものなし ・ 怖いもの知らず ・ 心意気(を示す) ・ 危険を冒す ・ 一命を投げだす ・ 死の淵に臨む ・ ゾウに挑むアリ(のよう) ・ 危険を顧みない ・ 調子づく ・ 気後れしない ・ 勇者 ・ 反知性的(な振る舞い) ・ りりしい(姿)
キーワードをランダムでピックアップ
黒雲夢枕魂胆思いの限り飢餓感専門知識特異体質諦めさせる弱みを握られる悪事に加担するあらぬ方角またぞろ兵役につく今までとは別の考え方見栄えのする働き破局に陥る大人の風情とっぴな言動他人の家を訪れる天助によるものだ
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 3